FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

群馬県に入った。
大河ドラマの紀行で紹介紹介されてる所を探訪。

最初は、名胡桃(なぐるみ)城。

            mmmk111.jpg  mmmk222.jpg         ここでちゃんと見られます

歴史の舞台には、たった10年程の登場の、小さな城。

この城が、歴史を動かすことに。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

新潟県から三国峠を抜けて、群馬県に。

山を下って、みなかみ町。

s-16年9月16日 (1)

印が名胡桃城。  赤〇は、沼田城。

s-16年9月16日 (2)pp 

城跡の隣に駐車場。  無料。

s-16年9月16日 (3)

左に駐車場。   名胡桃城址案内所。

s-16年9月16日 (4)

最後に見学する。  小松姫が。

s-16年9月16日 (5)

これを読むと、名胡桃城の大まかなことが分かる。

s-DSCF9630ppp

ここからです。

4つに分かれている。 三郭(さんのくるわ)、二郭(にのくるわ)、本郭(ほんくるわ)、ささ郭の順に。

   ※ 郭(くるわ)は、柵(さく)で囲われた所の意味。

   ※ 二郭の上下の入り口に名前。 二郭北虎口(こぐち)と二郭南虎口。

DSCF9506aaaa.jpg 

城は、信繁(幸村)の父の昌幸がつくった。  天守のない山城。

   ※ 昌幸は、父の幸隆と共に、武田信玄の元ではたらく。  幸隆が、真田家の祖。

s-16年9月16日 (6)    s-16年9月16日 (7)mmm

発掘調査を終えて、整備された。

s-16年9月16日 (8)    s-16年9月16日 (9)

三郭にいる。  前に、二郭。  橋の部分が、二郭南虎口。

  ※ 虎口は、元々は小口と書いた。 そこは戦いの場所であり重要なので、虎の字を使うようになった。

s-16年9月16日 (10)    s-16年9月16日 (11)   s-16年9月16日 (12)

虎口の説明。

s-16年9月16日 (14)     s-16年9月16日 (15)mmm

虎口の所には、深い掘がある。

s-16年9月16日 (13)   

二郭。 広い。 建物があって、多くの兵はここにいたのか。

s-16年9月16日 (16)    s-16年9月16日 (17)    s-16年9月16日 (18)

橋のこっちの部分が、二郭北虎口。

s-16年9月16日 (19)    s-16年9月16日 (20)

説明。

s-16年9月16日 (21)

橋を渡って、本郭。  

s-16年9月16日 (22)

本郭。 城の中心。  左に、碑が見える。

s-16年9月16日 (23)    s-16年9月16日 (24)

「名胡桃城址之碑」。  大正12年に。  城跡を大事にしたいという人々がいた。

s-16年9月16日 (25)

一番奥のささ(笹)郭。 

  ※ 笹郭は、小さい郭の意味。 どうして笹なのか。 笹は竹に比べて小さいからか。

ささ郭からは、広く見渡せる。

  ※ どの説明もそうだが、造りは詳しく書いてある。
    ただ、そこの郭がどんな意味を持っていたかが、書いてない。
    それがあるといい。 一番知りたい部分。
 
s-16年9月16日 (26)    s-16年9月16日 (27)    s-16年9月16日 (28)

下には、みなかみ町の中心部。  

s-16年9月16日 (29)

小さな城もあった。   誰かが、六文銭。

s-16年9月16日 (30)    s-16年9月16日 (31)

左方面。  城は、名胡桃台地に。 国道17も、台地を通っている。   下に利根川。

s-16年9月16日 (33)

左奥に、沼田市。 沼田城は写真の右。 山のかげ。

s-16年9月16日 (32)

戻る。

s-16年9月16日 (34)

クマが出たことあるので、注意とあった。  クマ除けの鐘も。

s-16年9月16日 (35)    s-16年9月16日 (36)

案内所を見学。

s-16年9月16日 (37)

お店もある。  みんないい表情。

   ※ 六文銭は、三途の川の渡り賃でしたね。
     戦死しても地獄に行かなくて済む。 命を懸けて戦える。

s-16年9月16日 (38)    s-16年9月16日 (43)

さっき見た名胡桃城之碑は、山からこうやって運んだ。

s-16年9月16日 (39)    s-16年9月16日 (45)

歴史マップ。

s-16年9月16日 (40)

ここは、今年の3月20日にオープン。

s-16年9月16日 (41)

この2人も、女性たちもやってきた。

s-16年9月16日 (42)    s-16年9月16日 (44)

寺島(てらじま)進は、演じたら別人。  大きな役をやれそう。

s-16年9月16日 (46)    s-16年9月16日 (47)

こっちにもいっぱい。

s-16年9月16日 (48)

脚本がいいのかな。  演じる俳優陣もいい。  

家康は、内野聖陽が。 風林火山の山本勘助とは、別な味。

右写真の右下に、昌幸の母。 昌幸を知将に育て上げた。

s-16年9月16日 (49)    s-16年9月16日 (50)    s-16年9月16日 (51)

昌幸の母は、風林火山にも出ていた。  演じていたのは、清水美沙。

  ※ 彼女は、昌幸の父の幸隆の妻。
    幸隆は一時、真田の地(上田)を追われる。
    山本勘助の苦労が実り、村上氏から、領地を取り返す。
    幸隆夫婦は勘助に礼を言う。 3人で、嬉しそうだった。

    あれがなかったら、孫の信繁(幸村)の活躍も、今回の大河ドラマもない。(写真はNHKから)

G2011033528SA000_x.jpg 

上の方の真ん中の写真の、左下に、武田勝頼がいる。
脚本を書いた三谷さんは、いい形で描いた。 ひ弱でなく。

勝頼が敗走するとき、昌幸は自分の所に来い、と伝えた。
でも、勝頼は真田氏に迷惑がかかるので、行かなかった。
死に場所は決めていて、そこに向かうことに。

   武田勝頼の最後は、天目山の麓の田野。 今はそこに、景徳院。~甲州市~  他  (2011/11/2)

左写真。 秀吉に不気味な迫力を感じた。

今回の大河ドラマで、石田三成像は変わった。(光成はあの世で喜んでいる?)
山本耕史は、新選組の土方歳三役もよかった。

真ん中写真の下、黒木華(はる)の演技が光った。

草刈正雄は、昌幸に魂が乗り移っている。

s-16年9月16日 (52)     s-16年9月16日 (53)mmm    s-16年9月16日 (54)mmm 

堺雅人が主人公。 NHKは、視聴率を始めから心配していない。

s-16年9月16日 (55)mmm 

ビデオを見た。

名胡桃城も秀吉の裁定で、北條氏の領地になりそうだった。
昌幸は、先祖お墓があるとかで、譲らなかった。(出まかせで言ったみたい。 先祖は、上田の真田郷)

北條氏が、名胡桃城を落とした。 
秀吉は、勝手なケンカは許さぬと決めていた。
それに反した罪(かど)で、小田原の北条氏を攻め落とした。 北條氏は滅亡。 右写真。

これがあるため、名胡桃城は、歴史を動かしたとなる。

s-16年9月16日 (56)    s-16年9月16日 (57)

石碑の前で。

s-16年9月16日 (60)    s-16年9月16日 (61)

名胡桃城は、積極的な歴史上の活躍の場にはなっていない。

攻め落とされて、落とした北條氏が、秀吉の成敗を受ける。
そのことが歴史を変え、秀吉の天下統一となる。

小さな城だけど、歴史の中では、見過ごせない城に。

関ヶ原の戦いを経て、戦乱の世は終わる。

【今日の一句】 「 名胡桃城 攻め落とされて 歴史に存在感 」

【今日の動画】

《真田紀行》歴史の舞台 再び脚光 名胡桃城址



こんなのも。   大河ドラマ「真田丸」板部岡江雪斎役・山西惇の『名胡桃城は北条のモノ!』



【道の駅】    白沢     沼田市街地の町外れに。

【明日の予定】    沼田城  ※11日の大河で、小松姫が昌幸・信繁たちを城に入れさせなかった。 
                 心の中で涙か。komatu6667.jpg  
                 (夫である信幸が家康の信頼を得ることにも。関ヶ原の後、信幸が昌幸・信繁の命を助ける)

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



旧守門村に来ている。 (今は、広く魚沼市)
ここは、豪雪地帯。

特別に大きな豪邸があるというので、見学。
大きな火災に遭ってないために、多くの資料が残っていた。

上杉景勝から与えられた杯。
彼の書いた手紙もあった。

ここを通る道は、越後から会津への道。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

新潟の山奥。 只見線が走っている。
よく廃線にならないでいる。

s-16年9月15日 (1)    s-16年9月15日 (2)

赤〇に、長鳥(ながとり)とある。

  ※ ずっと前のブログに書いたけど、中学時代、そこに住んでいた人と文通した。
    でも、自分は文を書いたことがない。 自分のせいで長続きしなかった。

    住所は今でも覚えている。   新潟県 上魚沼郡 守門村 字長鳥 。
                        まったくの偶然でした。  他  (2009/06/22)

印に目黒邸。

s-16年9月15日 (3) 

今は広く公園になっている。

s-16年9月15日 (17)

3ヶ所の見学で500円。  ※ 目黒邸だけなら300円。

最初に、守門(すもん)村民俗文化財館を見学。

s-16年9月15日 (7)

簡単に紹介。

馬でなく牛なんですね。   だから、この地方では闘牛がある。

     「小千谷 牛の角突き」を闘牛場で。  神事なので勝敗は付けない。  牛たちの目は優しい。~小千谷市~ 他 (2016/5/3) 

s-16年9月15日 (8)    s-16年9月15日 (9)

詳しく思い出せないけど、人間は雪の下で生きている、そんな内容の子どもの詩が、昔あった。

雪の捨てる所がない。 

子どもが5人。 当たり前の時代。

s-16年9月15日 (10)      s-16年9月15日 (11)

マッチが売られる前は、火を消さなかった。

s-16年9月15日 (12)    s-16年9月15日 (13)   

炭にすると運べる。 山奥に炭小屋。    ワラビやゼンマイが食べたい。 干したのは、舌触りが違う。

s-16年9月15日 (14)    s-16年9月15日 (15)

守門神楽。   目黒邸は、こういう文化も守ったのか。

s-16年9月15日 (16)

どんな雪にもつぶされない。 大きさと頑丈さを感じる。

s-16年9月15日 (18)

小さな村で、どうしてここまで大きな家が、と思う。 

理由は、割元(わりもと)庄屋。  ただの庄屋ではなかった。 事典では下のように。

  ※ 割元   江戸時代の村役人の一。
         郡代・代官などの 指揮下に名主(庄屋)を支配して十数か村から数十か村を統轄した。
         年貢の割り当てや 命令の伝達などを行った。
         割元総代。 割元庄屋。

s-16年9月15日 (19)    s-16年9月15日 (6)

家の保存のため、火を焚いている。 真っ黒にすすけたら、虫に食べられない。 乾燥の意味も。

s-16年9月15日 (20)    s-16年9月15日 (21)

夏は涼しそう。  冬は、さっき見た子供たちのような服装がいるな。

当主が2代にわたって、明治に国会議員をしている。

s-16年9月15日 (22)    s-16年9月15日 (23)

仏間。 家が建つような値段ですね。

s-16年9月15日 (24)

庄屋がこんな立派な家を建てるから、庶民はみんな苦労する。

そうは云えるんだけど、社会の仕組みがそうだから、
仕方ないと云えば、仕方ない。

個人で仕組みは変えられない。
その中で、目黒家は守門村を守ったよう。
飢饉のときは、村人を救ったという記録も。

s-16年9月15日 (25)

季節の行事があった。

昔の人は、季節を感じながら生きた。
今日は、中秋の名月だなって、空を見上げたり。 月見だんごも。

書がある。  「鳳鳴朝陽 龍翔景雲」でいいかな。  意味は?

s-16年9月15日 (26)

庭。

s-16年9月15日 (27)

箱階段。 2階には行けない。 2階は、物置と、養蚕かな。

s-16年9月15日 (28)

屋根のふき替え。   昔は、村人総出か。

s-16年9月15日 (29)

寝室。

s-16年9月15日 (30)

窓越しに。  古い、ゆらゆら見えるガラスが混ざって。

s-16年9月15日 (31)

こっちは明治時代にできた、離れの感じ。

s-16年9月15日 (32)

映画の撮影にも使われた。

s-16年9月15日 (33)    s-16年9月15日 (34)

外に出て。  兜っぽい屋根。  あそこは2階で暮らせる。  

s-16年9月15日 (35)

公園は上に続く。 資料館に行く。

s-16年9月15日 (36)

広い敷地。

s-16年9月15日 (37)

資料観は撮影できない。  重要文化財の資料とかがある。

下は、上杉景勝から、初代の当主がいただいた。

ここの道を抜けて、大変な六十里越を越えて、会津に行く。 景勝も兼続も通った道。
兼続は、魚沼の人。(他の説も)

      雲洞庵は、兼続が、「わしは、こんなとこ、来とうはなかった」と言った寺。~南魚沼市~  他  (2013/10/21)

      六十里越で田子倉ダム、そして昭和村へ。  途中、大塩温泉に。  峠はまだ冬の様相。~只見町他~ 他 (2016/5/7)
           道の駅いりひろせで、一休み。  鏡ヶ池公園を散策。  ここの道は、直江兼続が会津入りした時の道だった。~魚沼市~ 他 (2916/5/6)

s-16年9月15日 (4)

上には、スキー場。

s-16年9月15日 (38)

ここは、旧守門村の中心地。   須原。

s-16年9月15日 (39)

ほんとうに、豪農の家でしたね。
こんな大きなのは、初めてでしょうか。

長い年月かかって、今の時代に。

【今日の一句】   「 豪雪地帯にある 豪農の館は 豪邸だった 」

【その他】    今日は中秋の名月。   下のような写真が撮りたい。 夜は、曇っていた。
         右は人でなく、ウサギだったらいい。

                                        モエレ沼公園は、イサム・ノグチの遺作だった。  なぜ、彼は・・。~札幌市~  他  (2014/8/8) 

s-16年9月15日 (5)

【道の駅】   ゆのたに   魚沼市の中心街に近い。

【明日の予定】     群馬県に入る。
            大河ドラマの「紀行」で紹介された所に行く。  名胡桃城と沼田城かな。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。