キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

新しく見られるものは、キジ舎とユキヒョウの子ども。

特に、ユキヒョウを中心に見学。

その他は、北海道の動物など。

暑い一日だけど、たくさんの人がいた。
     ※     ※     ※     ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

美瑛や上富良野、そして動物園を見る人が多い。

s-16年7月31日 (1)    s-16年7月31日 (2)

東門の建物から見た。

s-16年7月31日 (65)    16年7月31日 (10)ppp

エゾモモンガに挨拶に行った。 巣で寝ていて見られなかった。 

右のように、かわいい。

  ※ エゾモモンガは、アイヌ語でアッカムイ。 自分のakkamui は、これのこと。
    アは子供。 カムイは神様。  子供の守り神の意味。

s-16年7月31日 (11)    s-16年7月31日 (66)

下は、昨年撮影。



大きくないけど、キジ舎が出来た。

s-16年7月31日 (12)

簡単には羽を広げない。

s-16年7月31日 (14)    s-16年7月31日 (15)

下は、以前熊本市動物園で撮影。

s-16年7月31日 (9)    s-16年7月31日 (13)

キリンとカバ。

s-16年7月31日 (16)    s-16年7月31日 (17)

向こうのキリンが新しい。

s-16年7月31日 (18)

色がうすく小さい。 メス。  ろくろ首のように、どこまでも届く。

s-16年7月31日 (19)    s-16年7月31日 (20)

以前は、右のメスがいた。 足を痛めて死んでしまった。 一昨年かな。

s-16年7月31日 (5)

カバが外にいた。 水の中は気持ちいい。

s-16年7月31日 (21)

オミナエシの花。  女郎花って書く。

奥の建物は、ホタルのこみち。 夜の動物園でホタルが見られる。 お盆の頃。  混んでて見るのは大変。

s-16年7月31日 (22)    s-16年7月31日 (23)

もうじゅう館に行く。 右はペンギン館。

s-16年7月31日 (24)

ここにユキヒョウがいる。

s-16年7月31日 (25)

いたいた。 下から見てる人も。

s-16年7月31日 (30)

もう赤ちゃんではない。 少し精悍な顔。

s-16年7月31日 (31)    s-16年7月31日 (32)

厳しい自然で生きている。 高さ7㍍のジャンプ。

16年7月31日 (36)wwwww 

別の角度から。

s-16年7月31日 (26)    s-16年7月31日 (27)

寝たり起きたり、時々動く。

s-16年7月31日 (34)    s-16年7月31日 (35)

別のヒョウ。  毛皮を着てるから暑い。

s-16年7月31日 (28)    s-16年7月31日 (29)

ヒグマ。  ぐったり。  ヒグマの飼育環境は、よくないかな。 広いけど。  右は知床で撮影。  

s-16年7月31日 (33)    s-16年7月31日 (7)

今日、岩尾内ダムの停泊地の近くで見た。  ヒグマの糞。

  ※ 今朝方、車の近くで音がした。 2度ほど。 何もいなかった。  車は自分だけ。

s-16年7月31日 (67)

次は、シロフクロウ。   まぶしそうな眼をして。

s-16年7月31日 (37)    s-16年7月31日 (38)

口を開けてくれないかなって、待った。  右の顔が見たかった。  笑っている。

s-16年7月31日 (39) s-16年7月31日 (6)

タンチョウです。 

s-16年7月31日 (40)    s-16年7月31日 (41)

左が子供かな。   昨年は小さかった。

右のように子供が観察したら、連れてきた甲斐がある。  いい場面。

s-16年7月31日 (42)    s-16年7月31日 (43)

自然のタンチョウ。 標茶の原野で撮影。

s-16年7月31日 (8)

北海道の動物。

s-16年7月31日 (45)

ワシミミズク。

s-16年7月31日 (46)    s-16年7月31日 (50)

鋭い表情。

s-16年7月31日 (47)    s-16年7月31日 (48)

耳があるからミミズク。  美しい。

s-16年7月31日 (49)

エゾフクロウ。

s-16年7月31日 (51)

顔が平面。  かわいい。 首はどこまでもまわる。

s-16年7月31日 (52)    s-16年7月31日 (53)

下は、浮島湿原で撮影。  自然で見たのは、この時だけ。

s-16年7月31日 (4)    s-16年7月31日 (54)

コノハズク。

s-16年7月31日 (55)    s-16年7月31日 (56)

仏法僧って鳴く。



   鳳来寺・鳳来山東照宮 ~仏法僧(コノハズク)の鳴く山~    他  (2009/11/13)

簡単には見られない鳥。

s-16年7月31日 (57)

アカゲラ。  少し前に見ている。 三陸で。

s-16年7月31日 (58)    s-16年7月31日 (59)

オオワシです。 冬に、オホーツクにいる。 めずらしくない。

s-16年7月31日 (60)

目立つので直ぐ分かる。

s-16年7月31日 (61)

8年ほど前に撮影。

_MG_6393ddbbbbb.jpg    s-16年7月31日 (62)

キタキツネ。 目は鋭いけど、穏やかな顔。

s-16年7月31日 (63)    s-16年7月31日 (64)

下は、山の中で今日撮影。 まだ子供。  何かもらえるかなって、寄って来た。

このように、痩せてるのが多い。 動物園のとは、表情が全く違う。 自分でエサを見つける。 自分で生きる。

s-16年7月31日 (68)    s-16年7月31日 (69)

最後の職場の上渚滑で撮影。 8年前。  子ども。 話しかけたら逃げなかった。

s-16年7月31日 (3)

今日見たのは、ほんの一部。

昨年の8月に、1年間のパスポートを買っていた。
今日は、無料で見学。

夜の動物園に、再度行ってもいいかなって思っている。

※ 今日は、網越しの動物の撮影を、考えました。

【今日の一句】 「 動物園の動物を見て 野生の動物を思いやる 」  

            ※ 動物園の目的の1つだそう。(存在意義って云うのかな)
            ※ 旭山動物園の優れている所は、こういうのがはっきりしていることでしょうか。

【停泊場所】   姉の家の前。

【明日の予定】  市内のどこか。 晩は、Mさんの所にお邪魔。 

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、5位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト
第20回全日本ジュニア&レディース・サマージャンプ朝日大会が行われた。
会場は、士別市の朝日三望台シャンツェ。

高梨沙羅が出場する。
それが楽しみ。

朝日までは旭川から1時間ほど。
最近では、一番暑い日になった。
     ※     ※     ※     ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

会場は、士別市朝日に。

s-16年7月30日 (1)    s-16年7月30日 (2)

真夏のジャンプ。 今シーズンの初戦。

s-16年7月30日 (3)    s-16年7月30日 (4)

自分が行ったときは、左の台での競技は終わっていた。 小学生が飛んだ。

s-追加 (1)

出場選手。

s-追加 (2)    s-追加 (3)

伊藤有希選手の練習。



高梨沙羅さんの練習。



飛んだ後。

s-16年7月30日 (9)    s-16年7月30日 (10)

ストレッチをした。

s-16年7月30日 (33)    s-16年7月30日 (11)

みんなと話して。  下の写真の右の人が、右写真にいる。 転んだ人に、寄って行った。

s-16年7月30日 (14)    s-追加 (4)

1本目は、こっちから見た。

s-16年7月30日 (35)

沙羅さんの1本目。 62㍍。  今日の最長不倒。



彼女には、オーラがある。 表情が引き締まっている。

また、美人さんでも。
雰囲気や表情の魅力は、彼女が自分で作り上げたものに感じる。
テレビで話せば、魅力はさらに大きく。

1回目が終わった時、自分は車に戻った。
彼女は走っていた。  すれ違った。

s-16年7月30日 (5)    s-16年7月30日 (31)

2本目はこっちに来た。

s-16年7月30日 (38)

2本目。  彼女は最後。

s-16年7月30日 (7)

高い。  60.5㍍。   優勝が決まる。

s-16年7月30日 (6)

他の選手のジャンプなど。

s-16年7月30日 (8)    s-16年7月30日 (12)

鳥のように飛んで、恐ろしくないのか。 慣れてるとは言っても。

s-16年7月30日 (13)    s-16年7月30日 (15)

全国からやって来る。  飛び終わってホッとして、友達と話す。

s-16年7月30日 (17)    s-16年7月30日 (18)

飛び終わって笑顔。 この人は、白馬から来ている。 中学生。

s-16年7月30日 (19)    s-16年7月30日 (20)

スキーの板が、こんなに曲がる。

s-16年7月30日 (22)    s-16年7月30日 (23)

簡単には転ばない。

s-16年7月30日 (24)    s-16年7月30日 (25)

今日の大会は、今年を占う大会でも。

Tシャツ1枚でも、今日は暑い。  選手は大変。

s-16年7月30日 (26)    s-16年7月30日 (27)

この人は、中学生男子の二階堂 蓮くんかな。 ずいぶん飛んだ。 圧勝。

名前を憶えておきましょう。 数年後のジャンプ界を担うかも知れない。

s-16年7月30日 (29)    s-16年7月30日 (30)

全国から集まって、あっちこっちで仲良く。

s-16年7月30日 (36)    s-16年7月30日 (37)

結果はこうでした。  沙羅さんの目標は、オリンピックにある。

s-kizi8789_20160731041111504.jpg

みんな笑顔。 名簿の下の3人。

s-kkokoii_201607310057456d6.jpg

自分は冬のジャンプは見たことない。

見られる日が来るでしょうか。

朝日地区の住宅街。  どこの家も花。 イングリッシュガーデンではないけど。

s-16年7月30日 (39)    s-16年7月30日 (40)

田んぼが広い。  

s-16年7月30日 (41)    s-16年7月30日 (42)

岩尾内湖。 岩尾内ダム。

キャンプ場に行ったが、ネットの電波が弱く、アンテナのある駐車場に移動した。
ここから、2㌔ほど先にその場所。

s-16年7月30日 (43)    s-16年7月30日 (44)

60㍍飛んだら立派。
でも、40㍍のジャンプを見ても、感動。

空を飛ぶ姿が美しい。
誰もが、真似できないなって眺める。

沙羅さん、おめでとう。

【今日の一句】  「 真夏のジャンプ みんな夢に向かって 飛んだ 」

【今日の動画】    沙羅さんは上川町の人。  あの原田選手も同じ。
            彼女が2歳の時に、長野オリンピック。  
            忘れられない戦いがあった。           



【停泊場所】  岩尾内湖のパーキング。 ドコモのアンテナの下。
【明日の予定】     旭山動物園    新しいものを中心に。 ユキヒョウの子供とか。001.jpg (動物園のHPから)

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、3位。 旅行全体、5位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.

スポンサードリンク

 
 
前田真三の 『麦秋鮮烈』は、どこで撮影されたのでしょう。
今日は、そこに行ってきた。

s-16年7月28日 (14)

ヒントは、下。   新星緑ヶ丘ってある。

s-16年7月29日 (10)

現場に行って、夕日は向こうから出る。
東はあっち。

そんなことを考えながら、この一帯のどこかだなと分かった。
40年経っているから、木はすっかり別の木に。

上の写真があって、美瑛町でタクネコムギを植えていた。
少し前に刈りとっていたけど。
     ※     ※     ※     ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )


  ※ 今は、30日の午後。

     午前中、ジャンプの高梨沙羅、を士別市の朝日のジャンプ場で見て来ました。
     第20 回全日本ジュニア&レディースサマージャンプ朝日大会です。


場所はに美瑛町の、美馬牛駅から近い。

s-16年7月29日 (1)    s-16年7月29日 (2)

新星緑ヶ丘は、下の場所。  紫の〇は、前田真三の写真が展示している拓真観。

s-16年7月29日 (3)    s-16年7月29日 (4)

前田真三の経歴は、このように。

写真を撮ったのは、1977年7月20日。

s-16年7月29日 (11)

※ 上のことで。  彼は戦争に行っている。
  千葉県の館山市で訓練している。

  館山市には、昔の名残のように、海上自衛隊館山航空基地がある。 下の写真の正面向こうに。
  大きな防空壕も。
  
s-16年7月29日 (8)    s-16年7月29日 (7)

旭川から向かった。  美瑛の駅前を通って。

s-16年7月29日 (12)

ここが拓進館。

s-16年7月29日 (13)    s-16年7月29日 (14)

建物の右に、ラベンダー畑。  

写真の右向こうが沢になっており、沢を2㌔ほど行くと、緑ヶ丘。

s-16年7月29日 (15)

このように。

s-16年7月29日 (16)

左に、シラカバの森。

s-16年7月29日 (17)

麦秋鮮烈(ばくしゅうせんれつ)は、この写真。  彼の代表作になる。

s-16年7月28日 (14)

緑ヶ丘に向かった。

自分は最初勘違いした。  左の丘に西日が当たったと思った。

でも、方角を調べたら、右の斜面だと分かった。

s-16年7月29日 (18)

ここは、反対側から来た。  2㌔先に、拓真館。

  ※ 拓真館は、拓進にある。  進を前田真三の真にして、拓真館に。

彼は、1977年7月20日の夕方、美馬牛駅に近い美馬牛峠から、車でここにやって来た。

s-16年7月29日 (22)

すぐ右はこう。  

s-16年7月29日 (19)

上の右はこう。  丘になだらかな、写真のようなカーブがある。

s-16年7月29日 (20)

上の写真の奥。  40年経って、木は全く違う。

s-16年7月29日 (21)

少し行って、緑ヶ丘の丘は、ここが最後。  よく見たら、上と同じ。

s-16年7月29日 (23)

上の写真の左方面。

s-16年7月29日 (24)

上の数枚の写真を、どの方向からか見たら、麦秋鮮烈の写真が撮れた。

緑ヶ丘の場所は広くないので、そう思った。

この地点から見たという場所を探したが、分からなかった。

道沿いの木が邪魔して、見る場所が限られた。

s-16年7月29日 (25)

この後、赤い小麦である、タクネコムギを植えた場所を通って、旭川に戻った。

見える場所は、昨日見学した、マイルドセブンの丘。

s-16年7月29日 (26)

少し左に行って、この近辺のよう。 1週間ほど前に、刈った。

 ※ 7月の中頃なら見られる。 

s-16年7月29日 (27)

このように実っていた。   美瑛町のサイトより。

s-16年7月29日 (32)

新聞で、下のように紹介された。  ここに夕陽が当たると、上のように赤くなる。

何らかの条件がそろえば、きっと真っ赤になる。
  ※ 岩山の雌阿寒岳だって、夕日は魔術師のように色を変える。20100912073714661.jpg  (2010年秋)

s-16年7月29日 (5)

タクネコムギでつくったビールとお菓子。  美瑛の道の駅で売っている。

s-16年7月29日 (9)    s-16年7月29日 (6)

少し走ったら、美園(みその)地区に出た。

  ※ ここは美瑛の市街地から8㌔。
    美瑛中の1年の時、ここから通ってくる生徒さんがいた。   
    
    自転車に乗れないので、歩いて。
    朝の6時には、家を出た。

    しばらくして、自転車を練習した。
    体が小さかったので、大人の自転車を、三角乗りして学校にやって来た。
    冬は下宿。   

s-16年7月29日 (28)    s-16年7月29日 (29)

ここは、三田地区。

s-16年7月29日 (30)    s-16年7月29日 (31)

麦秋鮮烈は、ここからあの丘を見た。
それを望んでいたけど、難しかったです。

40年前に、前田真三さんがここに来たことによって、彼の人生は決まった。
そして、美瑛町新星緑ヶ丘は、彼の記念する場所に。

あの写真があって、今は美瑛に多くの人が。

【今日の一句】 「 新星緑ヶ丘は 美瑛観光の 原点の地 」

【今日の歌】    今日の場所は、四季彩の丘から近いです。  



【停泊場所】    姉の家の前

【明日の予定】      ジャンプを見る。   高梨沙羅が出る。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、4位。 旅行全体、8位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.

スポンサードリンク

 
 
美瑛の丘は、ほとんど行っている。
でも、マイルドセブンの丘は行ったのか、はっきりしない。

旭川への途中寄ってみた。
丘には、牧草のロールが転がっていた。
風景に変化を与えて。

前田真三の写真に「麦秋鮮烈」がある。   ばくしゅうせんれつ。
彼の代表作でもあって。

この写真の存在の大きさは、並ではないと最近知った。
そんな風景が実際にあったのか、それはどこなのか。
知りたいことが生まれた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

美瑛の丘は、市街地の北西と南東に、多くある。

s-16年7月28日 (1)

印がマイルドセブンの丘。

同じレベルの美しい丘は、どこにでもある。
でも、何かで紹介されて有名になったら、人が集まる。

s-16年7月28日 (2)    s-16年7月28日 (3)

人でいっぱい。

一目、台湾人。  中国人より日本人に雰囲気が近い。 喋りまくらない。 

  ※ 日本に来る中国人は、うるさい。 じゃまくさい。
    畑や花畑に平気で入る。 はんかくさい。(北海道の方言かな。 何かが足りない感じ)
    うさんくさい、しゃらくさい、あほくさい、・・・。

    エリート意識を持った者が、日本に来る。 きらい。  普通の中国人は、好き。

s-16年7月28日 (6)

この風景。  ある風景に似ていると感じていた。
でも、どこか違う。

ある風景とは、前田真三の写真「麦秋鮮烈」。

s-16年7月28日 (7)

牧草のロールが、転がっている。

あれに乗って、くるくると遊んでみたい。  失敗して下敷きになって。

s-16年7月28日 (10)

北方面。 美瑛市街は、右に。 

見える風景の右1㌔辺りに、デッカ局のアンテナがあった。 高さ100㍍。
自分が美瑛小学校の5年生の頃に出来た。

5年生の秋かな、土曜日に学校で見に行こうってなった。 
7人くらい。

午後集まって、歩いて丘に上がって来た。 
高さ100㍍には驚き。

途中、お腹が空いて畑のニンジンを食べた。
土を落としただけ。

子供の頃、農家の畑の物を食べて、叱られたことない。
ジャガイモだって。(焼いて食べる)

スイカはダメ。 スイカ泥棒って言葉があったので。

この辺の道は、遠足でも歩いた道。
遠い昔のこと。

s-16年7月28日 (8)

上の写真の左。   ずっと向こうは旭川。 動物園もあっち。

畑で育てる物は変わる。 同じものが続くと土が弱る。  輪作にする。

美瑛の畑の風景は、毎年同じでない。 
色んなパッチワークの丘を見せてくれる。

s-16年7月28日 (9)

上の見学の後は、旭川に向かった。   蜂屋に。

ここで、上に書いた、前田真三の「麦秋鮮烈」について。 (ばくしゅうせんれつ)

この写真は、昔から北海道では知られていた。
自分も持っている。   額に入れた大きなのを。(妹がくれたのかな)

「麦秋鮮烈」は、昨年、京都の美術館で紹介された。
フジフイルムのイベント。

101人の写真家を紹介。

ppp1.jpg

主な出品作品として、下の6枚が紹介。
その中に、「麦秋鮮烈」があった。

ppp8.jpg

こうです。  赤いのはタクネコムギ。 西日が当たって赤くなった。

s-16年7月28日 (14)

※ 他の5枚を紹介。

s-16年7月28日 (16)    s-16年7月28日 (15)    s-16年7月28日 (13)

秋田おばこの写真は、記事に載せたことがある。 秋田美人の記事で。

右は土門拳の室生寺の像。 写真集にある。

s-16年7月28日 (5)       s-16年7月28日 (4)

麦秋鮮烈の撮影場所を調べてみた。

vvvvcvv.jpg

下の地図の赤〇の辺り。  印は、拓進館。  前田真三の写真を展示している。
 
西日が当たっているから、東を向いて撮った写真。

kkkknmcccc.jpg     ddddfgccc.jpg

上の場所に行って、写真はこの風景だって分かるでしょうか。
すっかり変わってしまったという、情報も。

タクネコムギ、今は観光用に植えてるそう。
マイルドセブンの丘の近くに。

今年は、1週間ほど前に刈り獲っていた。  
このように育って。 sign.jpg

麦秋鮮烈については、もう少し知りたいですね。

【その他】     蜂屋の本店に行って来ました。  いつもの味。  油は薄め。

s-16年7月28日 (11)    s-16年7月28日 (12)

【今日の一句】 「 自然は時に 真っ赤になることが 夕やけ雲のように 」

           ※ オンネトーと雌阿寒岳が下のようになったのを見た。

                  まずこう。  そしてこう

【停泊場所】    姉の家の前

【明日の予定】     雨です。   上の絵の場所が分かるのか。  

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、3位。 旅行全体、6位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.

スポンサードリンク

 
 
「幸福の黄色いハンカチ」想い出の家に行ってきた。
映画が公開されて、もう40年が過ぎている。

家の中は、黄色い紙に書いたコメントがびっしり。
壁が黄色になっていた。

ロケの写真や、2人が暮らした部屋が残っていた。
懐かしい思いで見た。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

夕張市は大変な町。 破産して、借金を抱えている。

過去の首長の責任。  箱モノをいっぱい作った。

s-16年7月27日 (1)

観光施設も、ほとんど閉鎖。 ここも、有志がやってる。

s-16年7月27日 (2)    s-16年7月27日 (3)

この奥に、炭住。

s-16年7月27日 (4)

  ※ 自分は夕張の炭住に、一度だけお邪魔したことがある。 40年位前。
    根室にいた時の職場の同僚の実家。

    カレーを御馳走になった。 肉が入ってなかった。
    食べ終わった時、彼の母親が、「あ! 入れるの忘れた」って叫んだ。

    天井が高く、居間が広かった。 石炭は無料。

ここです。  想い出の家。  奥に黄色いハンカチ。

s-16年7月27日 (5)    s-16年7月27日 (63)

中はこう。   一面黄色。   たくさんの人がやって来た。

s-16年7月27日 (10)

この車が走った。  ファミリア。   武田鉄矢が運転。

s-16年7月27日 (6)

2台あった。 こんな撮影も。

s-16年7月27日 (7)    s-16年7月27日 (8)

撮影地は、道東から夕張にかけて。

s-16年7月27日 (9)

撮影の様子。  健さんは撮影してない時も、表情が変わらない。

s-16年7月27日 (11)    s-16年7月27日 (12)    s-16年7月27日 (13)

健さんは刑務所から出てきたとき、食堂でビールを飲んだ。

グラスを両手で愛おしむようにもって、美味しそうに飲んだ。
胃に浸み渡る感じで。

s-16年7月27日 (14)    s-16年7月27日 (15)    s-16年7月27日 (16)

牧草畑のシーンがありましたね。 運転がへたくそだから、こうなる。  そんな設定。

s-16年7月27日 (17)    s-16年7月27日 (18)    s-16年7月27日 (19)

山田洋二監督も、みんな若い。

s-16年7月27日 (20)    s-16年7月27日 (21)    s-16年7月27日 (22)

鉄矢は軽い感じ。 桃井かおりはのほほんとして。

s-16年7月27日 (23)    s-16年7月27日 (24)    s-16年7月27日 (25)

倍賞千恵子もいい。 庶民を演じると上手ですね。   歌もいい。

s-16年7月27日 (26)    s-16年7月27日 (27)    s-16年7月27日 (28)

山田洋二監督は、寅さんの映画もそうだけど、人間を描こうとしている。

s-16年7月27日 (29)    s-16年7月27日 (30)    s-16年7月27日 (31)

寅さんがいた。  タコ八郎がやくざっぽい役。 健さんにやられる。

やりすぎたら、また刑務所に戻りそう。

s-16年7月27日 (32)    s-16年7月27日 (33)

こっちは、パネルで映画を紹介。

s-16年7月27日 (34)

もし待っているなら、竿先にハンカチをと言った。
それは、1枚のつもりだったのに。

映画賞を総なめ。

s-16年7月27日 (36)    s-16年7月27日 (62)

実際に使われたもの。  2人とも格好をつけたつもり。 

s-16年7月27日 (35)    s-16年7月27日 (37)    s-16年7月27日 (38)

牧場での宿泊も面白かった。  鉄矢は見苦しい。

s-16年7月27日 (39)    s-16年7月27日 (40)    s-16年7月27日 (41)

健さんの魅力。 わき役陣が充実して。

s-16年7月27日 (42)    s-16年7月27日 (43)    s-16年7月27日 (44)

健さんは、夕張に行くのをためらう。 行かないといつまでも後悔する。

2人は連れて行く。  はげまして。

s-16年7月27日 (45)    s-16年7月27日 (46)    s-16年7月27日 (47)   

倍賞千恵子の足が、何とも言えない魅力。

  ※ 自分の想い出  彼女と寅さんには、1対1で会ったことが。 寅さんとは話した。
            養老牛温泉で、たまたま。

s-16年7月27日 (48)    s-16年7月27日 (49)    s-16年7月27日 (50)   

タコ八郎。

s-16年7月27日 (51)    s-16年7月27日 (52)    s-16年7月27日 (53)   

鉄矢は彼女を口説くけど、相手にされない。  しつこい。   おいしそう。

s-16年7月27日 (54)    s-16年7月27日 (55)    s-16年7月27日 (56)    s-16年7月27日 (57)   

今も時々、再放送される。

s-16年7月27日 (58)    s-16年7月27日 (59)

居間はこのように。  流産のショックの時に、健さんは人といさかい。

石炭を勢いよく燃やすと、ストーブは真っ赤に。
灯油の前は、どこの家も石炭だった。

s-16年7月27日 (60)

反対側から見るとこう。

s-16年7月27日 (61)

建物が古くなって、何時まで公開を続けられるか心配。

戻る時、お客さんがやって来た。

s-16年7月27日 (64)

懐かしい映画。  今見ても面白い。

町の財政にゆとりがあれば、いい状態で見せられる。
今の夕張市には、その力は無い。

自分は見なかったけど、中でビデオが見られます。

【動画】



【道の駅】   美瑛

【明日の予定】   美瑛のどこかを見て旭川に。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、3位。 旅行全体、6位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.

スポンサードリンク

 
 
札幌のTさんの所に向かう。
次の日、札幌市内を見学する。

それが終わって、夕張を通って富良野に。
今年の花街道の見学。
そして旭川に。 (免許証の更新を)

今後は、こんな流れ。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

今日は、赤〇の伊達市から札幌に。 (途中の見学は、終わっているので)

s-16年7月25日 (1)

ウトナイ湖の道の駅で、昨日のブログを書く。

ずいぶん走って、恵庭市に入って来た。

s-16年7月25日 (11)

日高には、恵庭のずっと手前で、海沿いの道を行く。

下は、襟裳岬、アポイ岳、競走馬の牧場。

  ※ アポイ岳は、花の百名山。 花の十名山でも早池峰山と一緒に入るでしょうね。

    チシマセンブリとかが咲いている。

  ※ 襟裳岬で、日高山脈は太平洋に。 フンベの滝。 黄金道路。~広尾町・えりも町~  他  (2013/9/8)

s-16年7月25日 (8)    s-16年7月25日 (7)    s-16年7月25日 (9)

少し手前に、千歳空港が。

富良野には、千歳近くから山に入る。 右は、ファーム富田。  北海道の花は、ここから始まった。

   ※ 長島町のみなさん、花と動物園を楽しむ。  他に、就実の丘と夜の美瑛駅。~美瑛町他~ 他 (2014/7/26)

s-16年7月25日 (10)    s-16年7月25日 (5)

北広島が近い。

s-16年7月25日 (12)

日ハムは、新球場をつくるよう。 場所は、北広島が候補になっている。

  ※ どうして作るかは、ここに詳しく。   
     
s-16年7月25日 (14)

札幌市を縦断する。 北に向かう。  高速沿いの、札幌新道を通っている。

s-16年7月25日 (13)

今までは、テレビ塔の横を通ることが多かった。

s-16年7月25日 (6)    s-16年7月25日 (4)

丘珠空港の横を通って。

s-16年7月25日 (15)

丘珠空港は、北海道内の町や島を結ぶ。 小さな飛行機で。

またこの空港は、道警ヘリ・防災ヘリの北海道の拠点。
山岳事故の救助も、ここから飛ぶ。

  ※ トムラウシの事故の時も、ここから。
               トムラウシ山で9人死亡 本州ツアー者ら遭難

s-16年7月25日 (16)    s-16年7月25日 (3)    s-16年7月25日 (2)

夕方無事にTさんの所に着いた。

ジンギスカンを御馳走になった。

【今日の歌】      季節の中で・松山千春          映像は、美瑛・富良野です。

        彼のデビュー曲。



【その他】   こんなニュースが。

高校野球は、ビデオ判定はしていない。

kkkkm.jpg

自打球なのかどうか、はっきりしないとなっている。

審判は、ワンバンドしたボールが体に当たったと言っている。
これは、間違いのよう。

打球が直接左足の太ももに当たったと考えられる。(そう指摘している人もいる)



打者は、打った後走らないで、左足を上げて、当たったと審判に告げている。
審判は正しくないけど、体に当たったのは、確かのよう。

pppp_20160726082131e66.jpg

【停泊場所】   Tさん宅前。

【明日の予定】   市内見学

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.

スポンサードリンク

 
 
今は伊達市にいる。  空は青い。
Tさんと相談し、オロフレ山に行ってみようか、となった。

途中見える山に、雲は無い。
ところが、登山口に着いたら、一面の霧。

それでも行ってみた。
上が晴れてるのを期待して。

初めてカルルス温泉に行った。
入浴剤で知られる、登別カルルスの湯。

温まって、大広間で昼寝。
日ハムをテレビで見たり。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

この一帯は、火山が多い。

s-16年7月24日 (1)

赤〇は登別温泉。 活気がある。

s-16年7月24日 (2)    s-16年7月24日 (3)

近くの山は、青空の中。 オロフレ山は、右の方に。

s-16年7月24日 (7)

登山口に着いたら、こう。  昨年と一緒。

s-16年7月24日 (8)

せっかく来たから、行ってみるかとなった。

s-16年7月24日 (10)    s-16年7月24日 (9)

このように危険な場所が、2ヶ所ほど。

s-16年7月24日 (11)

頂上が晴れてる様子がなかったら、戻ることに。

この山の魅力は、頂上からの絶景。

s-16年7月24日 (12)

途中に、岩の山がある。   周りが見えないから行かない。

s-16年7月24日 (13)    s-16年7月24日 (14)

雲が山の下だけならいい。

s-16年7月24日 (15)

子供のヘビを見た。

s-16年7月24日 (16)

正面を登れば、頂上。   あきらめ。 ツキがない。 ここでお弁当。

s-16年7月24日 (17)

頂上からは、洞爺湖がこのように見えるはず。(写真は、森林管理局からお借り)
見たことない。

tyoujyou-touyako.jpg

花を探しながら戻る。

s-16年7月24日 (18)    s-16年7月24日 (19)

シラネアオイだ。  日光白根山に多い。  白根山は、頂上少し下で、強風のため戻った。

s-16年7月24日 (20)

花の時期は終わっていた。  種だけ。  右が、シラネアオイ。(Wikipediaから)

s-16年7月24日 (21)    s-16年7月24日 (5)

戻って来た。

s-16年7月24日 (22)

羊蹄山。   他の山はこうなのに。

s-16年7月24日 (23)

カルルス温泉に向かう。

s-16年7月24日 (24)

小さな温泉地。

s-16年7月24日 (25)

登別温泉は近い。

s-16年7月24日 (26)    s-16年7月24日 (27)

この下に温泉。

s-16年7月24日 (28)

ここにした。  500円。


s-16年7月24日 (29)    s-16年7月24日 (32)

宿のHPからお借り。  ここの温泉は、登別カルルスで知られる。

  ※ 余談 入浴剤の最初は、中将湯。

     宇太水分神社(うだみくまりじんじゃ)。  中将姫伝説の青蓮寺(せいれんじ)。~宇陀市~  他  (2013/4/16)

温まる温泉。 ポカポカ。

main_visual-5.jpg     s-16年7月24日 (4)    s-16年7月24日 (6)

大広間で一休み。 寝ながらテレビ。 自分が見たら負けた。 逆転。

s-16年7月24日 (30)    s-16年7月24日 (31)

オロフレ山は、またいつかの楽しみ。  
Tさんと登る。

室蘭から日高方面は、天気が良くなようだ。

【ブログ紹介】  全国屈指の名湯、登別温泉。  地獄谷、夢元さぎり湯、他。~登別市~ 大雨だった。(2014/9/11) 

【今日の歌】    あさがお  あさみちゆき   その日だけ咲く。 



【道の駅】    だて歴史の杜

【明日の予定】   札幌に

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.

スポンサードリンク

 
 
オロフレ山からの絶景が見たい。
でも、今日はどの山もみんな雲の中。

北海道の天気は、ずっと、ぱっとしない。
オホーツク低気圧の影響か。

伊達のTさんは、テントが見たいという。
室蘭のゼビオまで行ってきた。

その後は、一番下の子と一緒に、洞爺湖のキャンプ場に。
いつかのための、下見。
最近のテント事情も、勉強できた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

知り酢はキャンプ場。

s-16年7月23日 (1)



s-16年7月23日 (2)    s-16年7月23日 (3)



s-16年7月23日 (5)    s-16年7月23日 (4)



s-16年7月23日 (6)


s-16年7月23日 (7)


s-16年7月23日 (10)


16年7月23日 (8)     s-16年7月23日 (9)



s-16年7月23日 (11)


s-16年7月23日 (12)    s-16年7月23日 (13)


s-16年7月23日 (14)


s-16年7月23日 (15)


s-16年7月23日 (16)    s-16年7月23日 (17)


s-16年7月23日 (18)


s-16年7月23日 (19)


s-16年7月23日 (20)


s-16年7月23日 (21)


s-16年7月23日 (22)


s-16年7月23日 (23)


s-16年7月23日 (24)


s-16年7月23日 (25)


s-16年7月23日 (26)



【今日の一句】  「 北海道のつかの間の夏 雲が消えてくれ~ 」

【今日の歌】

【道の駅】     だて歴史の杜

【明日の予定】     天気次第

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
. 

スポンサードリンク

 
 
今回も宝物館は、見学できなかった。
寺の都合により。

見たかったのは、小幌駅の下の洞窟で掘った仏像。
次回は、何日も前に見学出来る日の確認をする。
            (寺の説明では、1ヶ月前に分かると)

今日は、見学が少しだったので、車の中を紹介。
お客さんが来た時に、居心地がいいようにした。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

函館から、ずいぶん来ましたね。

s-16年7月22日 (1)

赤〇が有珠善光寺。 青〇が、道の駅あた。 (この地域はあただけど、アイヌ語はにごらないんですね)

黄色は、伊達の道の駅。

16年7月22日 (2)ppp     s-16年7月22日 (3)

虻田(あぶた)港。  ※ 虻は、虫のアブ。  少し前に知った。

円いのは、網の浮ですね。 

s-16年7月22日 (9)

2ヶ月したら、サケがやってきます。 遠くの山は、険しい。 海に真っ逆さま。

s-16年7月22日 (10)    s-16年7月22日 (11)

右側、山を越えたら洞爺湖。

s-16年7月22日 (12)

江戸時代に、英国船が来ている。

西欧は、植民地を探していたのでしょうか。
こんなのが続いて、ペリーの黒船が来て鎖国は終わったのかな。

小さな船で、不安でないのか。

s-16年7月22日 (4)    s-16年7月22日 (5)

この一帯の紹介。

湖や火山での観光は大変。
7月の北海道は、花に人が集まりますね。

富良野や美瑛の国道は、渋滞する。

s-16年7月22日 (6)    s-16年7月22日 (7)

羊蹄山が見える。 まだ登ってない。 一昨年、麓で待機したが、晴れの日が来なかった。

手前の山は、しょっちゅう噴火する。 

s-16年7月22日 (8)

有珠善光寺。  事前に電話したが、行事があって人が足りなく、今日は無理と云われた。

少しだけ見に来た。  江戸時代の建物。

s-16年7月22日 (13)

北海道に茅葺は珍しい。

円空は北海道に来たけど、有珠(うす)善光寺が最終目的地。

s-16年7月22日 (14)

遊歩道がずっとある。  石割桜も。  

s-16年7月22日 (15)

アジサイが、花盛り。

s-16年7月22日 (16)

今の鐘は新しい。 戦争の時に、供出したりもして。

s-16年7月22日 (17)    s-16年7月22日 (18)

この岩を見て、涙岬の乙女の横顔を思い出した。  似ている。

    涙岬から、悲しみを堪えている、乙女の横顔が見えた。  ところが・・・。~浜中町~ 他 (2013/8/30)

確かめなかったけど、まさか彫ったものではないでしょうね。

s-16年7月22日 (19)    s-16年7月22日 (20)

北海道の三官寺の1つ。    家斉の時代ですね。
さっきの船が来た後。

この頃は、多くの和人が入って来た。 寺が必要になった。
アイヌに仏教を教えて、敵にしない目的もあったよう。

s-16年7月22日 (21)    s-16年7月22日 (22)

前回詳しく見てるので、それを紹介。

   有珠善光寺は、円空の蝦夷地の旅、最終目的地だった。~伊達市~  広島原爆の日  他  (2011/8/6) 

厚岸の国泰寺も三官寺の1つ。
 
   家斉が建てた国泰寺  バラサン岬から見た、厚岸の風景  愛冠岬 ~厚岸町~  他  (2012/8/16)

様似の等澍院(とうじゅいん)は下の写真。  昨年撮影。

20150925143437cc1_2016072222360882e.jpg 

有珠善光寺を少しだけ紹介しました。

内容が少ないので車の中を紹介。

【今の車の中】

山に登るなど、お客さんが来ることも。

自分は遅くまでブログの作業をする。
お客様は退屈する。

それで、ベッドの部分を、過ごしやすい場所にした。
5月頃だったかな。

まず、カーテンを付けた。 先に寝てもいい。 薄暗くなる。 (厚手のカーテンもあり、取り換え可能)

   ※ 自分は、運転席の上のバンクベッドに。 

小さな部屋の感じになるように工夫したつもり。  山の本もある。  扇風機も。

   ※ 下の写真の奥に見える板は、折りたたみのテーブル。
     もっと大きなテーブルを何とかしたい。 布団の上に置いたらフワフワ。 落ち着かない。 

s-16年7月22日 (23)  s-DSCF1539.jpg

テレビもある。   カーテンをしたらこう。

s-16年7月22日 (26)    s-16年7月22日 (25)

こっちは変わってない。  いっつもここに座っている。  頭が疲れたら、15分ほどベッドで寝る。  すっきり。

右は左部分。  神棚もある。 信心深くないのに。 灯油ストーブも。 この場所は、視線が行きやすい場所。

s-16年7月22日 (27)    s-16年7月22日 (28)

坐ってる横。  ごちゃごちゃだけど、これが使いやすい。

  ※ 使うカメラは5台。 フジフイルムのX-T1がメイン。 
    でも最近、軽いパナソニックのLX-100を使いたくなる。   
           (これはライカD-LUX Typ109と同じだけど、半額。 山はいつもこれ)

    今日は、X-T1。
    X-T1は3つのレンズを取り替えて使う。

    X-T2が間もなく発売される。 買えないな。

走ると鐘が鳴る。

手が届くところに、何でもある。  物の置き場所は、数年変わっていない。

蛍光灯にくっ付いてるので、ネットを利用する。   契約が古いので、使い放題。

右写真は、台所の一部。 この部分も、2年ほど変わっていない。

自分の生活は、言ってみれば、小さな生活でしょうか。
鍋とか食器とか、少ししかない。

服も多くはない。 ほとんどモンベル。
毎日同じものを着ていても、誰も気づかない。
動き回っているから。

旅が安定するまで、3年ほどかかったでしょうか。

s-16年7月22日 (30)    s-16年7月22日 (29)

運転席。 空きスペースを無駄にしないため、ここにも服を。

運転席から後ろに行ける。   箱には登山靴。 

生活以外の持ち物は登山関係が多い。  釣り関係は少しだけ。

s-16年7月22日 (31)

今後は、どんな変化が考えられるでしょう。
使わないものは積まない。 これを考えるのかな。

工夫次第で、車の中は快適になります。

この車で暮らして、7年が過ぎました。

動かないと、放浪しないと、生きていけない。
泳ぎ続けるマグロに似てる。

いつまでの旅に。 
健康に、あと10年続けられたら、うれしい。
山も登り続けて。

【今日の一句】   「 美味しいみそ汁と納豆 これがしあわせ 」   ジャガイモとニンジンとワカメのが、好き。 

              ※ 野菜ジュースは自分でつくる。  
                   生活に余裕がない時は作れない。 トマトをたべるけど。

                   酒の量が多くなる時が。 困った問題。 
                   明日からやめるって強い意志。  今日にはならない。

【今日の歌】    あさみちゆき/ふるさとの木の下で...
  


【道の駅】    だて歴史の杜

【明日の予定】   天気が良ければ、Tさんと山。  
          オロフレかな。 明日、雨は降らないけど、晴れない。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
. 

スポンサードリンク

 
 
今日は一気に北上した。
特に見学は無く、味噌ラーメンを食べただけ。
途中を、過去の記事で紹介。

北海道に入って、食べてばかり。
そろそろお終い。

ラーメンを食べたので、北海道の自分の好きなものを紹介。
釧路の竹老園のソバとか。

昨日森田童子のCDを紹介した。
彼女についての情報は少ない。

2010年に、朝日新聞が彼女の特集をしていた。
その記事を紹介。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

赤〇から赤〇まで走る。

s-16年7月21日 (1)

長万部は、おしゃまんべ。  自分は、長万部で曲がる。

将来、新幹線は5号線の方を行く。 室蘭・苫小牧でなく。

s-16年7月21日 (18)

噴火湾とあるけど、普通は内浦湾。

内浦湾は円いから、大きな噴火口と考えられた時代があった。
今は、そうは考えられていない。  噴火したものが見つからない。

  ※ 噴火湾パノラマパークから見た風景

s-16年7月21日 (19)

八雲町に。

s-16年7月21日 (20)

曲がると、日本海側に出る。

   伊達市から松前町まで、走る。  円空上人帯洞跡。  静御前の姫川。  開陽丸。  かもめ島散策。~松前町他~ 他 (2015/9/27)

s-16年7月21日 (21)

のんびり走ってる車があっても、北海道人はイライラしない。
抜かせないのが甲斐性ないと思っている。

何かで、ハザードランプで「ありがとう」の合図は、基本的にしない。 少ない。
合図をされなくても、気にしない。  性格的に、鷹揚。

s-16年7月21日 (22)

長万部町近くを走っている。

s-16年7月21日 (23)

途中で、味噌ラーメンを食べた。  ちゃんぽんにした。

ひと目、食べきれないと思った。
ホッキ、ホタテ、ツブ、エビ、イカなど。  イカは、どうやって食べるんだ。
4分の1くらい残した。

s-16年7月21日 (35)

長万部の町外れで、右に。   真っ直ぐの5号線は曲がりくねっているので、遠い。
急ぐ人は、高速を使う。  室蘭・苫小牧を通って。  これも遠回り。

真っ直ぐは、途中、余市を通る。

    余市川のサケ  ニッカウヰスキー ~余市町~  寅さんのブログの作成  他  (2011/9/28)

s-16年7月21日 (24)

10㌔程、真っ直ぐな道。

万が一無理な追い越しがあっても、車は3台並ぶ。  あわてないでいい。

s-16年7月21日 (25)

海岸から離れて、峠越え。

s-16年7月21日 (26)

小幌(こぼろ)橋。  右下に、小幌駅がある。  秘境駅、日本ナンバーワン。

     室蘭本線の秘境駅、小幌駅 ~全国秘境駅ランキング、NO.1。 豊浦町~  他  (2011/8/4)

s-16年7月21日 (27)

直ぐに、礼文華(れぶんげ)橋。  小幌駅は、この右下でもある。

s-16年7月21日 (28)

豊浦町が見えてきた。  ボクシングの内藤選手の故郷。

s-16年7月21日 (29)

ここにも道の駅はあるけど、狭い。   内藤選手の家は、街中に。

s-16年7月21日 (30)

左に行けばニセコ。

s-16年7月21日 (31)

左に行けば、洞爺湖。
   
       洞爺湖の中島巡り。  アカエゾマツの巨木を見に、島の奥まで。~洞爺湖町~ 他 (2013/7/29)

s-16年7月21日 (32)

洞爺湖町が見えてきた。

s-16年7月21日 (33)

町の向こう外れに、道の駅。  もうすぐ。

s-16年7月21日 (34)

今日は、見学はしませんでした。

北海道は道も広いなって、走った。

【今日の一句】  「 北海道  走る車から見える前の風景が 大きい 」

【北海道で食べる、好きな物の紹介】

北海道の多くの物は、全国で売っている。

北海道に来なければ食べられないものは、少ない。

下は、羅臼で食べたホッケの開き定食。 とにかく、ホッケが大きい。

      羅臼での生活1日目。  羅臼港で魚釣り。 ~羅臼~  上渚滑のKさんが、突然やってきた。  他  (2012/7/14)

s-16年7月21日 (14)

※ 魚では、ナメタガレイの生干しが、他では見ない。  好き。

   pppkpp (1)

※ ぬかニシンやぬかサンマが、どこにでも売っている。
  これも美味しい。

   pppkpp (6)   

旭川で食べられる、蜂屋のラーメン。 ここだけの味。 魚と肉と取ったスープをブレンド。
焦がしラード。 人気の店。  麻薬的な味。 

     29㌔の直線道路。  蜂屋のラーメン。  佐藤忠良の像と、北の旅人。~旭川市、他~  他  (2014/6/25)

s-16年7月21日 (15)

札幌の三平の味噌ラーメン。  味噌ラーメンの元祖。   ずっと食べてない。

     札幌を少しだけ散歩  札幌味噌ラーメンの元祖「味の三平」  富公の面影   他  (2010/9/18)

s-16年7月21日 (13)

※ ラーメンは、地元の人に人気の店が美味しい。
  ラーメン横丁は、観光客相手。 高価で2流の味。 
  店を選ぶ時、地元の人が並ぶ、いつも行列の店は信用できそう。

花咲ガニ。 道東で食べられる。 根室が中心。
自分は根室に長くいた。 カニは、これしか食べなかった。 ヤドカリの仲間。

    オホーツクに沈む夕陽を見ながら、花咲ガニ。~根室市~  他  (2013/8/29)

s-16年7月21日 (12)

※ カニは、タラバガニがあるけど、高価。 北海道の人も普段は食べない。
  足1本で1人前の大きさのが好き。

   pppkpp (4)

  ズワイガニは、割と安い。 新鮮なのはどのカニにも負けない。 本州では松葉ガニ。

   pppkpp (3)

サケは、北海道産のが好き。 今は、輸入品が多い。
ベニザケは、さらに美味しい。 毎日でも飽きないほど。 高価。

下は、自分が釣った。  釣れましたよ!  90㌢のサケ。 ~小清水町~   他  (2011/9/15)

s-16年7月21日 (11)

釧路の竹老園のカシワソバ。

     竹老園東屋総本店は、明治の味を引き継ぐ老舗。  和風庭園。~釧路市~ 他 (2013/8/31) 

s-16年7月21日 (16)

松尾ジンギスカン。 こうやって食べる。  どこでも売ってる生ラムも美味しい。

     旧 赤間炭鉱 ズリ山階段  松尾ジンギスカン滝川本店 ~赤平市・滝川市~  他  (2012/9/30)

s-16年7月21日 (17)

※ 飯寿司(いずし)が北海道では、どこでも売っている。 大好き。
  怪我で京都で年越しした時、浦河のTさんが送ってくれた。

   pppkpp (5)

※ 汁物では三平汁が好き。 味噌味の石狩鍋もある。

   pppkpp (2)

※ ホテルの料理は、本州とかの方が上のような気がする。
  向こうは、食材に頼らないで、料理の腕を発揮してつくる。

  刺身と鍋が中心なら、食べる物な~い、って地元の人が言うことも。  家で食べられるから。

【今日の歌】    森田童子   ラストワルツ

              彼女は何を考えていたのか知りたい。  今のことも。

                      森田童子との出会いは、この記事に。

                 楼門のある、名湯武雄温泉 ~武雄市~  森田童子の、ラスト・ワルツ  他 (2012/1/16)

昨日、アルバムのCDが発売された。 9枚。 (以前のよりさらに音を良くして)

その日のうちに、9枚セットは完売。 隠れたファンがいる。 自分もその1人。

確かに暗い曲。 ただ、それだけではない人を惹きつける何かがある。



ぼくたちの失敗                                                                  君と淋しい風になる  編曲・ギターは石川鷹彦です。

         

ぼくと観光バスに乗ってみませんか(LIVE)                           海が死んでもいいョって鳴いている

          

※ 上の曲の歌詞に、Do You Wanna Dance とある。
  これは、Do You Want To Dance を簡略化したもの。 親しい者同士で使うよう。
  意味は「、踊らない?」っていう感じ。
  荻野目洋子の、ダンシング・ヒーローにも出てくる。

        歌詞で言ってる「 Do You Wanna Dance」 は、ビーチ・ボーイズのこんな曲

朝日新聞の記事。

「人の弱さをいとおしむ」とある。 自分も、こんな表現が出来るようになりたい。

   ※ この記事を、彼女がもし見つけて読んでくれたら、うれしい。 考えられないことだけど。
     
     北海道に旅に来ればいい。 ばったり会うなんて夢の世界か。 どこにでも案内する。

s-16年7月21日 (2)    s-16年7月21日 (3)

s-16年7月21日 (4)   s-16年7月21日 (5)

s-16年7月21日 (6)


s-16年7月21日 (7)    s-16年7月21日 (37)

s-16年7月21日 (8)  s-16年7月21日 (9)

s-16年7月21日 (10)    s-16年7月21日 (36)

※ 今回のアルバムのCD、また新聞記事は、「エムズの片割れ」さんのサイトで知りました。 感謝。

【道の駅】   あぷた

【明日の予定】   有珠善光寺で円空の彫った仏像を見る。 
            夕方は伊達市に。  Tさんに再会。  次の日、山に。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
. 

スポンサードリンク

 
 

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 2016年07月
2016年07月31日 (日)
旭山動物園は人でいっぱい。 ユキヒョウの子ども。 新しくキジ舎が。 精悍なワシミミズク。~旭川市~ 他 (2016/7/31)
2016年07月31日 (日)
夏のジャンプ大会を見学。 高梨沙羅、国内初戦で勝つ。~士別市朝日~ 他 (2016/7/30)
2016年07月30日 (土)
前田真三の代表作、『麦秋鮮烈』の撮影場所について。 タクネコムギ。~美瑛町~ 他 (2016/7/29)
2016年07月29日 (金)
マイルドセブンの丘。  前田真三 「麦秋鮮烈」の魅力。 それはどこの丘?~美瑛町~ 他 (2016/7/28)
2016年07月28日 (木)
「幸福の黄色いハンカチ」想い出の家。 あの日から40年。~夕張市~ 他 (2016/7/27)
2016年07月26日 (火)
伊達市から札幌市の北まで走る。 札幌市を縦断して。~札幌市~ 他 (2016/7/25) 
2016年07月25日 (月)
オロフレ山は、今度も雲の中だった。 シラネアオイ。 カルルス温泉。 あの登別カルルス。~登別市他~ (2016/7/24)
2016年07月24日 (日)
山には登れない。 キャンプ用テントの今。 洞爺湖のキャンプ場へ。~洞爺湖町~ 他 (2016/7/23)
2016年07月22日 (金)
虻田港の風景。 有珠善光寺のアジサイ(宝物館は見学できず)。 ~伊達市~ 車の中が変化。 他 (2016/7/22)
2016年07月21日 (木)
森町から洞爺湖町まで走る。 道沿いの風景。 美味しい物の紹介。~長万部町他~ 森田童子の記事 (2016/7/21)
次 >>
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。