FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

淡路島の南にいる。
海岸沿いを東に向かった。

風景を見ながら、何かあったら寄った。
見学したのは、小さな滝と山の上の公園。

午後、ある山に登ろうと、登山口に向かった。
道が細くて行けなかった。

ネットに登山記録が少ない場合は、行かない方がいいかなと反省。
時間だけずいぶん使った。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

一応、生石(おいし)公園に向かった。   途中何かあれば寄ることにして。

最初は、下の場所に行くことに。

s-16年3月23日 (1)    s-16年3月23日 (2)

谷の300㍍奥に、滝がある。

s-16年3月23日 (4)

下のがあったので、通り過ぎて停車した。  空き地に停めて、歩き出した。

真観(しんかん)寺の奥の院とある。 真観寺は、上の地図の赤〇に。

s-16年3月23日 (5)

向こうから来た。 こんなに人に会ったのは、久しぶり。   山の中では。

コンクリートの道が続く。   天気がいくても、まだハルゼミは鳴かない。

s-16年3月23日 (6)    s-16年3月23日 (7)

小さな滝。  感動すれと云われても、苦しい滝。

s-16年3月23日 (8)

雨の後ならいいかも知れない。 ちゃんと滝つぼが出来そう。

昔は森が豊かだから、どこの川も今より水は多かった。

s-16年3月23日 (9)    s-16年3月23日 (10)

お不動様がいて、不動の滝。

s-16年3月23日 (11)

この場所は、歴史があるんですね。

文久3年とある。  調べたら1863年。   幕末ですね。
その時からずっと、にらみを利かしている。

どれだけ人の願いを聞いて、叶えてあげたのでしょう。
いっぱい感謝されましたね。

左後ろの穴の中に、石仏があったのかな。   磨崖仏かも。

s-16年3月23日 (12)    s-16年3月23日 (13)

この後戻って、東に走った。

途中、ウミウがいて羽を広げていた。    カワウもこうする
乾かしているようです。 細かく振るわせて。

s-16年3月23日 (14)

潜って漁をしている人も。  いっぱい息を吸って、それって。

s-16年3月23日 (15)

生石公園に着きました。   見晴らしがいいようなので、来た。

s-16年3月23日 (3)

駐車場。   乗用車が1台。  車の人は、自衛隊の船が通るのを待っている。
1時間後くらいに、ここを通るよう。 大きな望遠レンズのカメラを持っていた。

  ※ これについて調べてみました。
    昨日まで、神戸にある海上自衛他の阪神基地隊で、護衛艦の一般公開をしていた。
    それが終わって、護衛艦と練習艦2隻が、目の前の紀淡(きたん)海峡を通って南下する。
    そんなことのよう。
    護衛艦あさぎり、という船。asagiri.jpg  (海上自衛隊のHPから)
    待って見ればよかったかな。   

公園の案内があったので、歩くことに。  山に登って。

s-16年3月23日 (17)    s-16年3月23日 (16)

明治時代の砲台跡が、あちこちに。

s-16年3月23日 (18)    s-16年3月23日 (19)

ここは、洲本(すもと)市由良町。

s-16年3月23日 (20)

同じような木ばかり。
s-16年3月23日 (21)    s-16年3月23日 (22)

少し前、瀬戸内の島で砲台を見ましたね。
     三高山の頂上は、広く砲台跡だった。  明治に、日本最大規模の砲台を造った。  今は、土木遺産に。~江田島市~ 他 (2016/2/28)    

s-16年3月23日 (23)

ウバメガシと云う木だった。

説明に、備長(びんちょう)炭の材料になるとある。
固い炭ですね。  ぶつけたら金属音。
  ※ 備長炭で焼いた焼き鳥は美味しい。  最近食べてないけど。 3298-8.jpg
  ※ こう書いたりすると、一度食べないと落ち着かない。

s-16年3月23日 (24)    s-16年3月23日 (25)

紀伊半島は目の前。  間に島。

s-16年3月23日 (26)    s-16年3月23日 (28)

紀淡海峡。  島の右奥に、和歌山市。
        紀州徳川家55万5千石の居城跡、和歌山城。~和歌山市~  他  (2014/1/12)
        大阪府最南端、とっとパーク小島にやってきた。  途中で、温泉に。~大阪府~ 他 (2013/1/5)  

橋が出来ることは、ないかな。      

s-16年3月23日 (30)    s-16年3月23日 (29)

北方面。

s-16年3月23日 (27)

飛行機。   関西空港まで30㌔ほど。  間もなく、着陸態勢。
北からの風の時は、どこから飛んできても、この向きで向かう。

s-16年3月23日 (31)

由良町。  

s-16年3月23日 (32)

島と島が細くつながっている。 砂州で。  餅を引き延ばしたみたい。 
橋がないから、行けない。   船で行くのか。  成ヶ島(なるがしま)。

s-16年3月23日 (33)    s-16年3月23日 (34)

この後、先山(せんざん)と云う山に向かった。
選んだ登山道は失敗。

上に寺があるから、車道を歩けば間違いなかったのかな。
調べ直し。

次の日行きたいとこはあったけど、駐車場が有料なのでやめた。
都会の観光地でないから、無料でいいのではと。

情報誌にない魅力の所を探して、歩いてみたい。
島に、10日はいて。

【今日の一句】 「 街並みが続くと 島にいることを忘れる 」 コンビニもいっぱい。 島の寂しさはない。

【動画】






【ブログ紹介】  北淡震災記念公園 ~野島断層 淡路市~   他  (2010/12/5)

【その他】    真田丸を演じている役者の中に、肝の坐ってる役者が1人。
         それは、演じているのではなく、血でしょうか。
         今日は、その人について少し。

         西郷隆盛は、鹿児島の錦江湾に飛び込んで、自殺未遂を起こしたことがある。
         この時、一緒に飛び込んだのが、月照(げっしょう)という、尊王攘夷派の清水寺の僧。

         西郷は助かったが月照は死んでしまった。
         この月照と共に活動していた男がいた。
         近藤正慎(しょうしん)。
         彼も、清水寺の僧。

         その近藤正慎のひ孫が、俳優の近藤正臣。
         大河ドラマで、家康の側近の本多正信を演じている。

         肝のすわった演技をしているけど、演技だけではない。
         彼には、ある血が流れていた。

         Wikipediaの説明を載せますね。
           

            安政の大獄に連座して捕縛され、六角獄舎において、
            月照の行方について拷問を交えて問われるが全く白状せず、
            獄中で舌を噛み切って壁に頭を打ちつけて自害した。
            明治維新後従五位に列せられた。

            孫に陶磁器の人間国宝である近藤悠三
            曾孫に俳優の近藤正臣がいる。

            子孫は代々、清水寺境内で休憩所「舌切茶屋」を営む。
         舌切茶屋はこう。20100520225952040.jpg (2010年撮影)
            世界遺産 清水寺  三年坂  二年坂 ~京都で人気ナンバー1観光エリア~   他  (2010/5/20)

【今日の歌】    alan / 悲しみは雪に眠る     桜田門外ノ変の主題歌    安政の大獄の後に・・。



【明日の予定】    有馬温泉に入り込めないか、調べたけど無理でした。
            それで、24日は京都に移動することにしました。
   
             有馬温泉は、ある道の駅から電車かバスで行くのがいい、と分かりました。
             遠くない将来、行けると思います。
             その時、六甲にも。

【お知らせ】     24日の夕方、京都観光の拠点にしている、亀岡市の道の駅に着いています。
            25日から、亀岡か京都の見学を始めます。
            長島のAくんがやって来るのは、29日の昼前。
            新大阪駅に。  彼との旅の準備もします。

            京都の桜は、御所の早咲きの桜がいい状態のよう。
            咲き初めは、あちこちで。
            来週末には、どこも満開になりそう。

            車折(くるまざき)神社も咲き始めました。  ここは何時も早い。
            Aくんと太秦(うずまさ)の映画村に行くので、その時、見れるかな。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
    

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



久しぶりに、淡路島を通って本州に渡る。
今日は、高速の大鳴門橋を渡って、淡路島に。

大鳴門橋とその周辺の風景は、いい。
四国側からも島側からも。

2~3日後には、淡路島から明石海峡大橋を渡って本州。
そして、桜咲く京都に。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

淡路島は大きいので、入ると島の雰囲気は無い。

赤〇は、四方見(しほうみ)展望台。  無料。  

s-16年3月22日 (1)    s-16年3月22日 (2)

向こうから上がってきた。  ここは、四方見展望台。

s-16年3月22日 (4)

手前に鳴門市、奥の方に徳島市などが見えている。

s-16年3月22日 (5)    s-16年3月22日 (6)

2つの大きな橋脚の所が、大鳴門橋。  下に渦潮の鳴門海峡。

s-16年3月22日 (7)    s-16年3月22日 (8)

高速の下に来た。  右に行って、その後、高速に入る。

s-16年3月22日 (3)

橋を渡った。  動画は、下の方に。

渡った所に、高速の淡路南パーキング。   建物の屋上から。

s-16年3月22日 (9)    s-16年3月22日 (10)

そして、道の駅うずしおに来た。   

橋の長さは、1629㍍。 2つの橋脚の間は、876㍍。 橋脚の高さは、144㍍。

s-16年3月22日 (11)

海峡の一番狭い所に、橋。

s-16年3月22日 (12)

こんな歌がある。   吉岡治は、天城越えや八月の濡れた砂を作詞。

ボタンを押したら歌が流れた。

s-16年3月22日 (13)

向こうは淡路島。

s-16年3月22日 (14)

車道の下はこのように。   鉄道がつくれるように。

  ※ 島の北の明石海峡大橋は、このようになっていない。  こっちが先にできたんだけど。

s-16年3月22日 (15)

ここまで見学できる。

s-16年3月22日 (16)

橋が生き物のよう。   龍かな。

s-16年3月22日 (17)

ケーブルの太さ。  

  ※ どんなに強くても、橋に使える長さは決まっている。 
    ある長さを越えたら、自分の重さで切れる。

細いワイヤーの束なんですね。   約2万本。

s-16年3月22日 (18)     s-16年3月22日 (19)

しばらくいた四国を出ました。

いつの日か、2週間ほどいて淡路島を紹介しなければと。
情報誌は、観光施設の紹介が多い。
      (都会でないけど、駐車場が有料だったりする)

情報誌にない細かな魅力はいっぱいある。
古い歴史を持っているし。

【今日の一句】 「 跳び越えろ 鳴門の渦潮 」  こんな校訓は、おおげさかな。 またげ鳴門海峡も、ダメか。

【動画】



【ブログ紹介】  大鳴門橋と鳴門の渦潮 ~南あわじ市~   他  (2010/12/6)

【道の駅】  福良

【明日の予定】    淡路島の東部に向かう。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。