FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

自分は、三高山の頂上に行けたらそれでよかった。
ところが、頂上一帯は砲台跡。

公園になっており、車で見学者がやって来る。
土木遺産の観光地だった。

普通の山と違って、頂上はあっちですとかの標示は無い。
自分で探すしかない。

三角点があったので、そこかなと思って、そこで食事。
でも、近くにはもっと高い所があった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

江田島(えたじま)市です。

s-16年2月28日 (1)

三高山は、能美島に。  江の島が近い。

車は沖見ふれあいセンターに置ける。 自分は、適当なところに置いて、出発。

s-16年2月28日 (2)    16年2月28日 (3)ppp

ここに。  ふれあいセンターは少し向こう。

s-16年2月28日 (4)    s-16年2月28日 (5)

この道を行く。  今日も車道が登山道。    12時過ぎに出発。

今日は晴れだけど、靄(もや)がかかっていて、薄日が差したのは、11時半頃から。

s-16年2月28日 (6)    s-16年2月28日 (7)

森の中の道。  花は無い。  たまに、小さな花。  スミレのような。

s-16年2月28日 (8)

中央の大きな建物が、沖見ふれあいセンター。

s-16年2月28日 (9)

上の左。  両方に港。  ずっと昔は、向こうは島だった。  今はつながった。

勝手にそのように想像できる。 トンボロに集落。

s-16年2月28日 (10)    s-16年2月28日 (11)

弁当持って、水持って、少しのおやつ。   

足取りは軽い。  いいことがあったわけではないけど。
元気に動き回れるのは、いいなって、幸せだなって思うわけ。

このこと以外は、みんな小さい。 小さなことで、悩んで悩んでなんだけど。

s-16年2月28日 (12)    s-16年2月28日 (13)

1時間近く歩いたら、山の上に何かが見えた。

s-16年2月28日 (14)

道は尾根を越えて、反対側に回った。

真っ直ぐの古い道を行ってみる。  車道から離れて。

s-16年2月28日 (15)    s-16年2月28日 (16)

もう少し。

s-16年2月28日 (17)    s-16年2月28日 (18)

頂上一帯が砲台跡だから、いちおう着いたことに。

立派な土木遺産が残っている。

s-16年2月28日 (19)

地下には見えないけど、地下。  屋根の上に木があるから、地下でいいか。

s-16年2月28日 (20)    s-16年2月28日 (21)

反対側を見た。

s-16年2月28日 (22)

向こうは、火薬庫。  手前は炊事場。

煉瓦(レンガ)は、イギリス積み。

s-16年2月28日 (23)    s-16年2月28日 (24)

壁だけ残っていたのでしょうね。

s-16年2月28日 (25)    s-16年2月28日 (26)

いい風景。 登山口の右の方。

s-16年2月28日 (27)    s-16年2月28日 (28)

この下から、やって来た。   正面に宮島。   弥山が見える。
        弥山(みせん)は、山岳信仰の修験道場だった。  山頂は、岩山。~廿日市市宮島~  他  (2013/1/7)

ここから船が出てたら、行きたくなる。  近い。

s-16年2月28日 (29)

上に行きます。

s-16年2月28日 (30)

驚く風景。   砲台跡にしては、規模が大きい。   全国トップクラスと云うのは、本当かも。

s-16年2月28日 (31)

上の写真の右の石段を上がった。  監視するところですね。

s-16年2月28日 (32)    s-16年2月28日 (34)

上は、何となく真っ平。

s-16年2月28日 (33)

下りて進むと、この場所に。  砲台跡の中心の場所。

丸い円がある。

s-16年2月28日 (35)

こんな大砲を設置する。   回転するように、円。

ここから撃った大砲の弾は、海に落ちるように計算されている。

  ※ ロシアの船が襲ってきたら、目の前の海を通ると予想。
    それで、ここに砲台。   明治の話。

  ※ 弾はただの鉄の弾か。 今のように、弾が相手にぶつかったら、爆発したのだろうか。
    本当に、船に当てることが出来たのか。
    誰かが見ていて、もっと手前とか右とか、支持を出したのかな。

s-16年2月28日 (36)    s-16年2月28日 (37)

上の写真の右について。
ここは、三高山の頂上付近の北の部分。  南の方にも、砲台跡はある。  広い。

さらに行くと、同じのが又あった。

s-16年2月28日 (38)    s-16年2月28日 (39)

こうです。

s-16年2月28日 (40)

ここでちょっと別の話。  石の上に、レンガがありますね。  その上に、土。

この石は、水に強くないのか。 水から守っているのか。
普通の煉瓦は水を吸う。  この煉瓦は、ガサガサした安いレンガではないと予想できる。

地下室に入ってみた。

s-16年2月28日 (41)    s-16年2月28日 (42)

上から見たらこう。 

明治時代だから、飛行機から見られるわけではない。
この一帯が、なんとなく山に見えればいいのか。

磁器のかけらが落ちていた。

s-16年2月28日 (43)    s-16年2月28日 (44)

山の下には、集落。   段々畑ではなく、棚田。  大きな谷だから、水には不自由しない。

s-16年2月28日 (45)    s-16年2月28日 (46)

空気口か。

s-16年2月28日 (47)

明治31年からとある。

赤の線は難しい言葉。

  ※ この文を書いた人は、素人なんですね。
    ある文の一部を、書き写しただけ。
    難しい言葉を、易しく直すには、力が必要。

播州煉瓦は、一般的な言葉でない。 赤穂の方で作られたのでしょうね。
薬焼も、普通には使われない。 これは、上薬を付けて焼いたと考えてよさそう。
そうすると、煉瓦の表面がガラスのようになる。

上の方で書いたけど、煉瓦に水は浸みこまなくなる。

掩蔽(えんぺい)という言葉は、隠すって云う意味なんですね。
煉瓦を敷いて、その上に土を盛って木を植えて、隠した。

調べてやっと意味が分かりました。

s-16年2月28日 (48)kkkk 

山を少し下って、南の山に来た。 こっちにも砲台跡。

s-16年2月28日 (49)    s-16年2月28日 (50)

こうです。

s-16年2月28日 (51)

空気穴は、一番奥にあった。

s-16年2月28日 (52)    s-16年2月28日 (53)

歩きながら、山の頂上はどこなんだとなった。  分からない。

s-16年2月28日 (54)

南への道を行ってみた。   ずっと奥まで。

s-16年2月28日 (55)

ここかも知れない。   三角点があるので。   どこにも頂上の案内は無い。

s-16年2月28日 (56)    s-16年2月28日 (58)

はっきりしない道を、さらに行ってみた。

ここが高いかなと云う所に上がった。 道は無い。
昔、ここに何かがあった。  その石碑。

この場所は、さっきの三角点より、8㍍高い。

それでも、401.8㍍は、さっきの場所かなと思ってお終い。

s-16年2月28日 (57)

東屋で弁当を食べた。
大きな山ではないので、少しのごはんの弁当。

この後、一気に下山。 急いだ。 (お風呂の後、買い物も洗濯もある。 いそがしい晩)

s-16年2月28日 (59)    s-16年2月28日 (60)

江戸幕府をやっと倒して、明治時代になった。
人々に幸せが来るかと思ったら、そうではなかった。
龍馬が願った国には、ならなかった。

明治政府は、戦争の時代のレールを敷いた。
人の命なんか、虫けらにしか思わなかった。
昭和20年まで、それは続いた。

日本の歴史上、こんなに多くの人が死んだ時代は無い。
時代が移っても、その責任はうやむや。

大好きな日本だけど、変なところもある。

砲台跡を残す価値はどこにあるのか。
平和な時代を作るためにある、と云うのが一番かな。
表現は、やわらかくていいから。

上からの風景は、絶景でした。

【今日の一句】 「 山の頂上を探す登山は 珍しい 」

【今日の歌】   Auld Lang Syne    久しぶりです。    ビビアン・リーです。



【停泊場所】    下の山の麓に。  奥小路駐車場。

【明日の予定】   古鷹山に登る。   400㍍程。   山の下の市街地の見学。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



午前中だけ天気がいい。  午後は雨。
予報通りになって、下山したら直ぐに降りだした。

夕方雨がやんで、鈴木三重吉の文学碑を見に。

今日は、山の上からの風景を見ながら、江田島市の地形を勉強した。
この町は、船を使えば、広島へは近い。
そう云う事も知った。

鈴木三重吉は、ある時期この島に来た。
面白いことを言ってるので、文学碑を見てきた。

三重吉は小説でうまくいかず、児童文学に関わった。
赤い鳥の創刊者。

彼は新美南吉の「ごんぎつね」を、勝手に直した人。
おかげで、物語は知られるが、余計なことをしてくれたと、自分は思っている。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

江田島(えたじま)市の、能美島にいる。 能美島と江田島は、干拓してくっ付いた。

中町港から出発。  江田島市で出してる登山マップで動いている。

s-16年2月27日 (1)    s-16年2月27日 (2)

中央の左側の山。 真道山。  じんどうやま。 286.8㍍。  ここから、3.7㌔。
今9時45分。  予定より遅くなった。 午後は雨。

ここは、中町港。  広島港への船が出ている。   片道、1000円ほど。

s-16年2月27日 (5)    s-16年2月27日 (6)

目の前の海は、江田島湾の中。  向こうが奥。    カキの養殖。  潮が満ちてきた。

s-16年2月27日 (7)     s-16年2月27日 (8)

ここから山に入る。   桜の咲くころが、一番のよう。

晩まで天気が良ければ、全部歩いてもいい。 今日歩いたら、ぬれねずみ。

s-16年2月27日 (9)    s-16年2月27日 (10)

こんな畑を見て。 楽しそうだけど、自分にはできそうない。  イノシシ対策が、たいへん。

サヤエンドウの花かなってのを、見た。 
明日買い物に行く。  サヤエンドウがあったら買いましょうか。 いい匂いの味噌汁。 

s-16年2月27日 (11)

ずっと車道。   案内があると、不安がない。   江田島湾の奥の方が見えている。

s-16年2月27日 (12)    s-16年2月27日 (13)

寒くはない。   どこも痛くない。   快調。  

向こうは江田島。 こっちは能美島。  少し右で、くっ付いている。

s-16年2月27日 (14)    s-16年2月27日 (15)

見えた。   あそこが頂上のよう。  道は真っ直ぐ行って、右に巻いている。

s-16年2月27日 (16)

江田島市の能美町側。  市役所の庁舎はこっちに。 港の隣に。

s-16年2月27日 (17)

茶色の建物が、市役所の庁舎。 その右が、中町港。   

s-16年2月27日 (18)

こっちは、反対側。 市街地の部分を、干拓したのかな。  大型の店は、みんなここにある。

江田島市の商店街の中心。  明日の夕方行く。

s-16年2月27日 (19)

大きな店が並ぶと、その風景は、全国どこも同じ。 そこを歩いて感動してたら、ちょっと変。

s-16年2月27日 (20)

もう少しです。   左を上がって。

s-16年2月27日 (21)    s-16年2月27日 (22)

階段を登って、振り返って。  いい風景です。

s-16年2月27日 (23)    s-16年2月27日 (24)

着きました。  11時過ぎ。

  ※ 左に石碑が見える。 五省(ごせい)の書が書いてある。
    軍国時代の遺物かな。  

       一、至誠しせいに悖もとる勿なかりしか
       一、言行げんこうに恥はづる勿なかりしか
       一、気力きりょくに缺かくる勿なかりしか
       一、努力どりょくに憾うらみ勿なかりしか
       一、不精ぶしょうに亘わたる勿なかりしか

s-16年2月27日 (25)

ここが頂上。   千本桜の碑。

右に、ぼろぼろの石像。

  ※ 変わった格好をしている。 右手、右足を上げている。
    蔵王権現(ざおうごんげん)ではと思われる。
    自分も、何回かしか見ていない。
         (三朝町の三徳山で見た、蔵王権現
                三徳山三仏寺投入堂 ~三朝町~   他  (2011/6/7)

    どうしてここにあるのか。
    ここから遠くない、四国の石鎚山の本尊が、蔵王権現。
    その関係かも知れない。
          西日本の最高峰、石鎚山に登る ~頂上は大きな岩の先っぽだった~  他  (2011/5/25)

    神仏混淆時代の像のようですね。

下への別の道があった。   不安だから、行けない。

s-16年2月27日 (26)    s-16年2月27日 (27)

能美町側。  見える山は、宇根山。 頂上近くは、登山道がはっきりしてない。 行かない。

s-16年2月27日 (28)

上の写真の右。  左奥が、湾の出口。  江田島が見えていて、その向こうは、広島。

見えるテーブルで、食事をする。

s-16年2月27日 (29)

さらに右。   下は、さっき紹介した、中心の商店街。

その向こうの左側は、本土。 右は、倉橋島。  〇で重なって見える。 音戸の瀬戸は、そこの隙間に。

手前の海をずっと右に行くと、早瀬瀬戸。   早瀬大橋がある。

ppp989799.jpg 

頂上方向。  向こうに、倉橋島。 中央右に、うっすらと火山(ひやま)。
          倉橋火山の頂上付近は、大きな岩が積み重なっていた。  瀬戸内の島々が、どこまでも。~呉市~ 他 (2016/2/22) 

右の方に、陀峯山(だぼうざん)があるけど、木の陰。(別の場所から見えたのか)

s-16年2月27日 (31)

お湯を沸かして、カップそば。 普段は、カップ麺は食べない。

時間がなくコンビニで寿司を買った。
随分と、しょっぱかった。

このコンロは、風が強いと、あまりよくない。
いつか、別なのを紹介。

s-16年2月27日 (32)    s-16年2月27日 (33)

食事が終わって下山。 いつ雨が来るか分からない。

s-16年2月27日 (34)

こんな畑を見て。

s-16年2月27日 (35)

こっちはミカン畑。   みかんは美味しい。   どんなのでも。

s-16年2月27日 (36)    s-16年2月27日 (37)

梅の花の背中を撮って。

s-16年2月27日 (38)    s-16年2月27日 (39)

着きました。

s-16年2月27日 (40)    s-16年2月27日 (41)

着替えていたら、ポツポツと雨。  次第に強くなる。

3時間ほど待つ。  寝てたんだけど。

江田島市の案内地図で、場所は分かる。
鈴木三重吉の文学碑へ。

s-16年2月27日 (3)

江田島市の能美町の市街地。   雨は上がった。

山の上が見えた。 頂上は左。  別の階段を下ったら、戻って来られたよう。

s-16年2月27日 (42)    s-16年2月27日 (43)

途中で人に聞いた。  あそこだよって云われたら、見えた。

左奥に。  個人の家だから、挨拶に行って。

s-16年2月27日 (44)    s-16年2月27日 (45)

こう。

s-16年2月27日 (46)

彼は体調を悪くして、この島にある時期来た。
この場所にあった家に、世話になって。

千鳥と云う小説を書き始めた。(残りは、広島に戻って)
彼の小説で認められているのは、これくらいか。

ここに来た理由が面白い。 それが書いてある。

   「親のそばでは泣くにも泣けぬ  沖の小島へいって泣く」

s-16年2月27日 (49)

石碑の裏にここに来たいきさつが。   明治38年のこと。

s-16年2月27日 (48)    s-16年2月27日 (47)

彼は、小説を書くのに挫折し、赤い鳥を創刊する。 児童文学を載せる。

自分の存在を確かなものにしたかったのか、送られてきた文に、手を入れ始めた。
新美南吉の「ごんぎつね」もそうだった。

三重吉を評価する人は、それがあったから、新美南吉は世に出たという。
でもそれは、結果的にそうなったという話で、やはり、余計なことをしている。
今は、そのことへの批判は小さくない。

「ごんぎつね」の主題に関する部分や、大事な部分の解釈が、微妙に変わってしまった。
鈴木三重吉には、それを理解するだけの力は無かったから、どうしようもない。

            ごんぎつねの舞台・南吉のふるさとを歩く。   他  (2009/11/18)
            ごんぎつね ~半田市 新美南吉記念館~    他  (2009/11/17)

彼は、宮沢賢治の詩の価値も理解できなかった。 見いだせなかった。

そんなことはあったけど、彼は児童文学へのそれなりの貢献はしたと、評価されている。

下の写真は、鎌倉で撮影。
三重吉は左。  真ん中は、江口章子(あやこ)。 右は、北原白秋。  下の記事で使った。

           若き日の白秋を支え、恋に生きた詩人、江口章子 ~彼女の故郷、香々地を訪ねて~  他 (2010/4/15)

s-16年2月27日 (4)

 ※ なお、「千鳥」の全文はここに

石垣の一部がこうだった。 これは、雁木(がんぎ)だそう。
港にある石段。

昔はここまで、海だった。

s-16年2月27日 (50)

※ 雁木は、鞆の浦(とものうら)にいっぱいある。
  昔、能美島や江田島近辺を通って東に向かった船は、まず鞆の浦を目指した。

       鞆の浦の港町めぐり ~龍馬がやって来ていた。 福山市~  他  (2011/12/15)

  下の歌に、雁木が。



雨を心配して、いそがしい登山でした。

山の上からの風景は、どこもいい。
江田島市の島の状態が、やっと分かって来たでしょうか。

  ※ 何せ、1つの島に2つの島があるわけですから。
        (ほんとうは3つ。   能美島は、東と西に分けたりもする。  自分は最初、それに頭が混乱)

明日もまた山ですよ。  

【今日の一句】 「 1つの島に 2つも3つも 島が 」

【今日の歌】     土井まさる  カレンダー   Photo to Movie セイ・ヤング 文化放送       いいですよ。

            ※ この歌を別の人が歌ったのがあった。 それはもっといい。 YouTubuから消えた。
              今後もし載ったら、直ぐ保存する。



【停泊場所】    中町港の駐車場

【明日の予定】     三高山に登る。  大きな魅力があるよう。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。