FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

美人林と云うから、どれほどの物か知りたい。
名前にもつられて、行ってきた。

ブナの木なんだけど、8等身のブナ。
見たことのない、美しさ。

秋も遅いのに、葉の緑は、まだ残っている。
新緑の頃は、いったいどんな美しだったんでしょう。

林だけど、森の感じ。
歩いてみた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

十日町にある。

s-15年10月30日 (30)

道の駅で、道は大丈夫と確認してある。 いい道だって。

s-15年10月30日 (31)  s-15年10月30日 (32)

広い駐車場。   見える木は、杉。  お店も。

s-15年10月30日 (1)    s-15年10月30日 (2)

周辺の案内。  松之山温泉が近いですね。

いつだか行ったとき、すごい山道を走った。  
南から向かったけど、国道だったのかな。   はっきりしない。

     松之山温泉を歩く。  暑いので、北にまっしぐら。~十日町市他~  他  (2013/7/8)

s-15年10月30日 (3)    s-15年10月30日 (4)

森の中で、写真展。

s-15年10月30日 (5)    s-15年10月30日 (6)

これがブナ。   美人林。   紅葉が始まっていない。

s-15年10月30日 (7)

昭和50年頃、美人林と呼ばれるようになった。

どうして、そう呼ばれるように、なったのでしょう。

s-15年10月30日 (8)

常識的に考えたら、木が美しいので、美人林。
同じ太さで、すらっとしている。   下の方に、枝がない。  8等身。

そういうことなんでしょうか。

また、どうして、こんなブナが育ったのでしょう。

s-15年10月30日 (9)    s-15年10月30日 (10)

美人林と呼ばれる、他の理由も考えてみましょう。
常識が正解とは、限りませんから。

女性がこの森で、美しい空気を吸う。 健康的な美しさが増す。
美人になれる、ブナの林。  

そんな評判が広まって、それで、美人林。

s-15年10月30日 (11)    s-15年10月30日 (12)

すらっとしているのは、枝打ちしたのでしょうか。
そうでなければ、横の枝がもっと広がる。

上の枝を大事にしての結果、このように。

白神山地のブナは、もっと、ごつごつしていた。
    白神山地散策 ~鰺ヶ沢黒森 ミニ白神遊歩道~  他 (2009/09/05)

もう少し行って、行き止まり。

s-15年10月30日 (13)    s-15年10月30日 (14)

美人林の他の理由は無いかな。

木に耳を当てたら、水の上がる音が聞こえる。
もしかして、その音が、びじんって聞こえるのか。

木に抱き付いて、木の霊気をもらう。  木霊(こだま)を。

間伐もしているそう。

s-15年10月30日 (15)    s-15年10月30日 (16)

もう一つ。
昔、この林を世話していたのは、女性だった。  とても美しい人。
ブナを見たくて行くのか、女性を見たくて行くのか、分からなかった。
それで、美人林。

人間が美しいと思う林や森は、小鳥たちも、大好き。  楽園。

春になったら、サンショウウオが卵を生む。

s-15年10月30日 (17)    s-15年10月30日 (18)

最後に、1つ。  苦しいけど。
林の持ち主の名前は、林美人(はやしよしひと)と云う人だった。
だから、美人林と、呼ばれるようになった。  めちゃくちゃか。

それなりに、葉は落ちたんでしょうね。

s-15年10月30日 (19)

木の立ち姿が、北海道の美瑛の青い池に似ています。
        上ホロカメットク山は、火山と花の山。  青い池は、本当に青かった。~上富良野・美瑛~ 他 (2013/8/13)

20130814120321f6b_20151031161843116.jpg 

春、雪が解ける時、真っ先に木の周りが解けるんですね。

s-15年10月30日 (20)

いつまで緑の葉なんでしょう。  
もういいですよって、誰か伝えればいいのに。

s-15年10月30日 (21)

写真を、あと少し。  この森では、女性は誰もが、この表情。  みんな美人さん。

s-15年10月30日 (22)    s-15年10月30日 (23)

キロロは聞いたことあるけど、キョロロは初めて。
  
  ※ キロロリゾートが、北海道にある。  ニッカウヰスキーの、余市に近い。
    放浪の旅の前に、行っている。 思い出が少し。

  ※ キロロは、歌を歌っている。 いい歌。



野鳥の王国とある。

s-15年10月30日 (24)

お金は箱に入れる。  フクロウを買った。  100円。

s-15年10月30日 (25)    s-15年10月30日 (26)

下の4枚は、十日町市のHPから

春のやわらかな緑。   冬の白。   どれもいい。

s-15年10月30日 (33)     s-15年10月30日 (34)

s-15年10月30日 (35)     s-15年10月30日 (36)

里山を通って、山をおりる。

s-15年10月30日 (29)

今まで、美しいなって森や林は、見たことがあるでしょうか。
紅葉が美しいとかは、見てるけど。

ブナの木が、すらっとしている。
美しくめずらしい、ブナの林。

今日は、美人林を見ました。

【今日の一句】 「 人が手をかけて 育てて そして美人林に 」

【今日の歌】   原大輔 秋冬   今は、季節の変わり目、心の変わり目。  美人(林)も、油断できません。



【道の駅】   信州さかえ    栄村は長野県。  信州に入りました。
 
tizu9999_20151031170855094.jpg

【明日の予定】   秋山郷の予定でしたが、変更。
            天気予報が変わったので、山に行きます。

            秋山郷は、東風さんと楽しむつもりだった。
            都合で来れなくなった。
            そんなんで、変更してもいいかなと。
            前回行った時のを載せますね。 
 
         秋山郷最奥の切明で、アッカムイの足湯に入る。~栄村、津南町~   他  (2010/10/26)

            31日の山は、斑尾(まだらお)山。    大変な山ではないけど。  景色がいいよう。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



柏崎市から、真っ直ぐ南下。
国道353。  初めて通る道。

星峠の棚田に向かった。
ところが、情報誌で示す場所が、7㌔程東になっていた。

  ※ 滅多にないけど、こういうのは、たまにある。
     ヤフーの地図だって、ナビだって、滅多にないけどある。
     情報を入力するのは、人間だからでしょうね。

そんなことがあったけど、最後は人に助けてもらって、無事に。

星峠の棚田は、広い谷にあった。
珍しく木が生えていた。
その木が小さく見えるほど、広い棚田だった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

国道353を下る。

s-15年10月29日 (1)

印が、星峠の棚田。   情報誌では、赤〇だった。 それで、緑の田野倉地区に行く。
そっちも、棚田は大きかった。

s-15年10月29日 (2)ppp     s-15年10月29日 (3)  

国道353。   センターラインは、ほとんどある。
気になるのがあったので、停車。

ここは、柏崎市女谷(おなだに)。

s-15年10月29日 (4)

綾子舞会館の案内。

s-15年10月29日 (5)    s-15年10月29日 (6)

越後国守護上杉房能は、戦いに負け、自刃。(1507年) 妻の綾子と云う人は、この地に落ち延びて、舞を伝えた。
下を見たら、品のある舞と分かる。

出雲阿国(いずものおくに)の舞に似てるそう。  
京都の4条大橋のたもとに、出雲阿国の像がある。  歌舞伎の創始者と云われる。



コンビニがあるという道ではない。

   ※ 余談 コンビニはありがたい。 自分の旅は、コンビニがあれば、何とか生きていける。

s-15年10月29日 (7)

案内があったら、停めることに。

s-15年10月29日 (8)

途中で、国道から離れた。

ここが星峠かと思った。   大きな棚田。

s-15年10月29日 (10)    s-15年10月29日 (11)

棚田は、どこにでもある。  ここは、田野倉地区。   十日町市に入っている。

s-15年10月29日 (13)

目的地は近い。   少し行ったら、この辺かなと。   でも、大きな棚田は無い。  道は、行き止まり。(工事かな)

下の写真の軽トラの側に、人。  その人に聞いた。
ここでないという。   松代(まつだい)まで行くと、案内があるという。

田野倉地区には、三九郎ぎつねの話がある。
ネットで見つけられない。  行事もある。  (分かったら、追記で)

s-15年10月29日 (14)

    s-15年10月29日 (15)

このように、棚田はどこにでも。

s-15年10月29日 (16)

道沿いの案内を見逃さずに、星峠に近づいてきた。  これを見て、もう大丈夫。

s-15年10月29日 (17)

こんな石碑があった。  詳しくは、分からない。   ネットにも無い。  観光協会も、分からない。

  ※ 石碑は個人で好きなように作っている。  ブログでは、紹介しないことが多い。
    いい雰囲気なので、写真だけ。  

s-15年10月29日 (18)    s-15年10月29日 (19)

国道403から、細い道に入って、登った。  自分の車が大丈夫な道。
小高い山に上がったら、展望台。   やっと着いた。

近くで、広い駐車場の工事。

s-15年10月29日 (20)    s-15年10月29日 (21)

こうです。  広い谷です。  棚田の中に木がいっぱいは、初めて見る。
耕作してない所も、少し。     先人が、これを造った。 石を積んで。
米のごはんを夢見て。  すごいことです。

今米を作る人はそれを知っている。
大事に育てることになる。  その結果、美味しい米が。  美味しさの他の理由は、後で。

s-15年10月29日 (22)

左の方。  

  余談  1㌔ほど向こうに、鍋立(なべたて)山がある。
      その山の下を、北越急行のトンネルが通っている。

      日本で行われた過去のトンネル工事で、一番大変だったのはどこですかの、質問があったとします。
      まず、青函トンネルがありますね。

      そうして、もう1つは、鍋立山トンネル。  
      簡単に言えば、地層がぐちゃぐちゃ。 膨らもうともしている。

      大変な工事だったので、今日の歌は、地上の星。   詳しくは、ここに

棚田の命は、水ですね。
その水は、山の上の水。  清流の水。  (この情報は、観光案内所で。  後で)

そして、山の上は涼しい。  稲は、暑いのが苦手。

2つの理由で、棚田の米は美味しい。  特別の値段になる。

s-15年10月29日 (24)

この地域は、魚沼と呼ばれる。  西の方かな。
つまり、ここの米は、魚沼産の棚田のコシヒカリ。  特上米。

水のある所は、来年に向けて、しろかきが終わった。

s-15年10月29日 (23)

昔ほど、農薬は使わない。 トンボもドジョウもアメンボも、生きていける。
生き物の楽園。  そして、自然のダム。  むだはない。

田んぼ程、自然にやさしい農業は無い。

s-15年10月29日 (25)    s-15年10月29日 (26)

大きな機械が入れないから、作業は大変。
それが、大きな問題。

右の道が、国道403。  この後、向こうから写真。

s-15年10月29日 (27)

戻る。  坂を下って来た。

s-15年10月29日 (28)

上から見えた場所に。  下から見たら、水が見えない。 
石垣が美しいと、棚田は下から見てもいい。

s-15年10月29日 (29)

この地域は、峠と云う地域。   どうして、峠の棚田にしないのか。
分からないので、観光案内所に聞いてみた。

棚田の上に行くと、星が美しい。 だから、星峠にしたのでは、と。
そうだとしたら、それを思いついた人のセンスは、並大抵のものではないですね。
夢があります。

さっきいた場所が見える。

s-15年10月29日 (30)    s-15年10月29日 (31)

※ 余談  ここは、十日町市。  十日町市は、昔は十日町という、町だった。
      普通、市になったら、町を取って市を付ける。  十日市でいいはず。

      どうして、そうしなかったのか。
      十日市より、十日町市の方が、品の良さがあるからかな。
      珍しいこと。

松代の道の駅に行く。  室野地区。

s-15年10月29日 (32)    s-15年10月29日 (33)

松代に入って来た。  合併する前は、松代町。
道の駅があるので、何度か来ている。

s-15年10月29日 (34)    s-15年10月29日 (35)

道を間違ったら、マイナスになるとは、限らないんですね。
今日はみんなプラス。

松代(まつだい)は、観光案内のパンフレットが充実。
再度来た時、細かく動いてみましょう。

知らない魅力が、ありそうです。

【今日の一句】 「 道に迷って 知らない風景に 人にも出会って みんなプラス に」

【関連ブログ】    素敵な棚田をいくつか紹介。

    岳の棚田は、標高差250メートル。  千々石川上流に広がる、美しい景観。~雲仙市~  他  (2014/3/16)
         四谷の千枚田。  千枚田 植えて天まで 水明かり。~新城市~  他  (2013/6/13)
    トンネルを抜けたら、そこに、井仁の棚田は広がっていた ~安芸太田町~  心はぐれた日から(とんぼちゃん)  他  (2012/4/23)
    急斜面にある、浜野浦の棚田  茅の輪くぐりの由来 ~玄海町~  他  (2012/1/8)
    扇形に広がる千枚田 あらぎ島 ~有田川中流、有田川町清水~   他  (2010/6/3)

【今日の歌】   地上の星 / 中島みゆき [公式]      



【道の駅】    まつだい ふるさと会館
            十日町市松代(まつだい)を歩く。 そこには、謙信がいつも通った道があった。  他  (2010/10/22)

ggggg_20151030143320c0f.jpg

【明日の予定】     秋山郷に向かいます。    手前に、美人林と云うのがある。  そこかな。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。