FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

松前に、城があることは知っていた。
でも、コンクリートの城なので、今まで見なかった。

しかし、松前には、寺町を中心に、古いものが残っていた。
寺の数と豪華さで、繁栄した時代があったと、分かる。

松前を中心に、アイヌとのせめぎ合いが続く。
そして、月日は流れて、今の北海道に。

面白い話にも出会った。

町全体は、見学できなかった。
細かく見学したら、1日はかかる。
再度、来なければ。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

松前の位置は、本州最北の大間より、南にあると、分かりますね。

松前からも、フェリーが出てたら便利。   鉄道の方がいいか。

s-15年9月29日 (1)

本州が見える。  濃い方が、竜飛岬。  左向こうは、下北半島。

2ヶ月したら、津軽海峡冬景色。   竜飛崎(岬)  津軽海峡冬景色  階段国道   他 (2009/09/02)

s-15年9月29日 (2)    s-15年9月29日 (3)

道の駅、北前船松前。   松前城が見える。

s-15年9月29日 (4)    s-15年9月29日 (5)

松前の紹介。   最北の城下町。   北方の地に、文化の花が咲いた。

s-15年9月29日 (6)

江戸時代の松前。   北前船で、北の幸が都に、江戸に。  戻りは、文化を積んで。

s-15年9月29日 (7)    s-15年9月29日 (8)

道の駅に北前船。 風待ちをするから、船は家でも。  魚もいた。

s-15年9月29日 (10)    s-15年9月29日 (9)

城に向かう途中に、案内や地図が。

城は、松前の福山にあるので、福山城とも。   城の北に、寺町。

s-15年9月29日 (11)    s-15年9月29日 (12)

松前城の入り口。

説明に、コシャマインの戦、とある。 元々は、コシャマインの乱、とあったんですね。
乱なら、アイヌが悪い感じに。 戦になおした。

戦いの原因の多くは、和人の方が原因。

コシャマインを平定したのは、武田信広とある。  昨日紹介しましたね。
このことで、彼は、大きく認められる。

  ※ 彼は知略に長けていた。  この文でよく分かります

s-15年9月29日 (13)    s-15年9月29日 (14)

松前城の天守。   コンクリート。  悲しい城かな。

s-15年9月29日 (15)

中は資料館。  360円。

コンクリートは冷たい。

  ※ ただですね、いい話がある。
    現在の城は、耐震性が足りない。  震度6で壊れるかも。

    耐震の補強をするか、木造で造り直すか、教育委員会が中心になって、検討している。
    現在は、地域の意見を聞いてる状態。

    教育委員会に、ぜひ木造でと、伝えた。

200年経ったら、平成の松前城の天守として、重要文化財級の価値になる。
コンクリートで作ったら、100年持たない。  その時は、ゴミ。

s-15年9月29日 (16)

木造の城なら、復元と呼ぶことが出来る。
多くの観光客が、見に来る。

展示している物は、アイヌの感じ。   冠に、熊の爪。  熊と戦える術を持っていた。

s-15年9月29日 (17)    s-15年9月29日 (18)

ちょっと、いい話。  八甲田山の遭難の時、この人は救助隊に入った。

s-15年9月29日 (19)    s-15年9月29日 (20)

写真の中央の人。   ここに少し。  強風の八甲田山   他 (2009/09/09)

s-15年9月29日 (21)    s-15年9月29日 (22)    s-15年9月29日 (23)

さっき見たのがあった。 本物かは、確認してない。  栄えていたのが、よく分かる。
右は、当時の地図。  ※ 松浦武四郎の時代には、完璧な地図に。(道庁赤レンガ)

s-15年9月29日 (24)    s-15年9月29日 (25)

向こうが天守かな。  こっちは、何だ。   
上の絵は、江戸中期だから、天守は無い。  江戸時代の終わりに、天守が出来た。 こっちは、櫓(やぐら)か。

s-15年9月29日 (26)    s-15年9月29日 (29)

いい絵ですねって言われたら、何て言えばいい。   いいえ、って云えばいいかな。          
おだやかな表情で暮らしていたのかな。  アイヌの酋長。

s-15年9月29日 (28)    s-15年9月29日 (27)    s-15年9月29日 (30)

最上階。   窓にも、展示。  外が見えない。  でも、隙間から、撮ればよかった。

s-15年9月29日 (31)

松前藩は、新政府に付く。   だから、土方歳三率いる幕府軍に攻めらて、落ちる。
開陽丸で向かったのは、榎本武揚。  江差沖で座礁。

s-15年9月29日 (32)    s-15年9月29日 (33)

天守は、後の火事で焼失。

松前城は、どんな造りかは、分かっている。
復元は、難しくない。  復元したくても、出来ない所がある。

s-15年9月29日 (34)    s-15年9月29日 (35)    s-15年9月29日 (36)

城の北側。  森の中に寺町。

s-15年9月29日 (37)

本丸御門。   重要文化財。  いいものが、残っている。

s-15年9月29日 (38)    s-15年9月29日 (40)

門の外から。

s-15年9月29日 (39)

本丸玄関。  この向こうに、本丸御殿があった。

右は、歌。   目に浮かぶ風景。

s-15年9月29日 (42)    s-15年9月29日 (41)

下の、町並み。 歩いたら、城下町っぽい雰囲気。  

s-15年9月29日 (43)

寺町の方に。    関山(かんざん)は、八重だったかな。   この夏、京都で見ている。
松前は、桜の名所。

s-15年9月29日 (45)    s-15年9月29日 (44)

振り返って。  

s-15年9月29日 (46)    s-15年9月29日 (47)

松前神社。

s-15年9月29日 (48)

寺町に入ってきた。

この寺は、龍雲院。   

s-15年9月29日 (49)    s-15年9月29日 (50)

本堂が、国の重要文化財。

s-15年9月29日 (52)    s-15年9月29日 (51)

彫刻が見もの。

s-15年9月29日 (53)    s-15年9月29日 (54)    s-15年9月29日 (55)

義経伝説。  義経は、津軽半島の三厩(みんまや)から松前に渡ったと云われる。 ※ 上で紹介したブログに。

s-15年9月29日 (56)    s-15年9月29日 (57)

血脈桜。  ※ 死ぬ人に渡す証文。 仏になれるようにって、僧が書く。
どんな話かは、後で分かる。

s-15年9月29日 (58)    s-15年9月29日 (59)

鐘楼と門が一緒。   鐘楼捫。

s-15年9月29日 (60)    s-15年9月29日 (61)

出た所に、説明が。   私は、逆回りで、歩いた。

s-15年9月29日 (62)    s-15年9月29日 (63)

別の寺。   この門が、重要文化財。  松前は、文化財が、何気なくある。

s-15年9月29日 (64)    s-15年9月29日 (65)

説明にある、彫刻。
s-15年9月29日 (66)  s-15年9月29日 (67)

本堂。   歴史があるから、石仏の数が多い。

s-15年9月29日 (68)    s-15年9月29日 (69)

手r町の説明。  戊辰戦争で、ずいぶんと焼けた。

s-15年9月29日 (70)

法幢寺(ほうどうじ)    松前藩主の墓がある。

s-15年9月29日 (72)

本堂と、説明。   
説明の後ろに、門昌庵事件とある。  なかなか、面白い。   
崇りは、恐ろしい。   詳しくは、ここに

江戸時代は、ちょっとしたことでも、殺されたりした時代。
それでも、明治・大正・昭和の戦争の時代に比べたら、はるかに死んだ人が少ない。

戦争の時代は、日本の歴史上、最悪の時代。
反省してない人が、いっぱい。
s-15年9月29日 (71)    s-15年9月29日 (73)

この奥が、墓所。

s-15年9月29日 (74)

整然と並んでいる。

s-15年9月29日 (75)    s-15年9月29日 (76)

この人たち1人1人の時代にも、今日のような、1日1日があった。
気の遠くなるほどの、日々が去って、今に。

自分達の時代も、生きていたら長いけど、歴史の中では、ほんの一部。
あっけないほど、あっと云う間。

s-15年9月29日 (77)    s-15年9月29日 (78)

今日は、かけあしで見ました。
時間が足りないって、途中で気づいた。

松前は、最北の城下町として、魅力いっぱい。
桜の季節が一番でしょうか。

いつの日か、もう一度、のんびりと歩きます。
天守が木造で復元されていたら、完璧。

【今日の一句】  「 コンクリートの天守で  木造の天守の夢をみる 」 

【関連ブログ】    木造での復元天守は、全国に5つ。  3つを紹介。

       白石城は、木造での復元。  片倉小十郎の妻は、真田幸村の娘、阿梅(おうめ)姫。~白石市~ 他 (2014/10/12)
       木造で天守を再建した、掛川城 ~山内一豊が10年間城主だった。 掛川市~  他  (2011/11/11)
       伊予の小京都、大洲の町並みを歩く ~大洲城、おはなはん通り、臥龍山荘 他~   他  (2011/2/2)

【今日の歌】  アンジェラ・アキ 『津軽海峡・冬景色』  



【道の駅】   北前船松前

【明日の予定】     函館に向かう。   

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行1位。 旅行全体で1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



本物が見られて、写真撮影ができる。
そこまで出来たら、完璧。

今回、それが叶った。
数ある円空仏の中でも、力作。

それは、小さな観音堂にあった。
しずかに微笑んで、迎えてくれた。

上ノ国町は、古くから開けた町。
室町時代の遠い昔から。

重要文化財の上国(じょうこく)寺本堂。
中世の山城跡である、勝山館(かつやまだて)跡を見た。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

1666年の春、円空は松前にやって来る。
日本海側を北上。  太田山まで。   内陸に入って、有珠善光寺に。

掘りながらの旅。 修行。
そんなことで、この方面に円空物が多い。

印が、上ノ国観音堂。  大きな〇は、勝山館。  黄色〇は、上国寺本堂。

s-15年9月28日 (1)    s-15年9月28日 (2)

航空写真。  黄色〇は、夷王山。

s-15年9月28日 (3)    s-15年9月28日 (4)

近くまで来て、場所を聞いた。  車は、どこにでも置ける。

その人は、隣の家に入った。
見学したい人がいるよって、言ったみたい。

鍵はかかっていない。
自由に見ていいんだけど、女性の方が、説明してくれた。

説明に、122㌢徒ある。   大きい。

s-15年9月28日 (7)    s-15年9月28日 (18)

本物です。   撮影して、かまわない。   ありがたい。

s-15年9月28日 (17)

今はどうか知らないけど、触った時代があるんですね。
それで、テカテカ。

s-15年9月28日 (8)

十一面観音。   観音様。   人々を、苦しみから救ってくれる。
十一の小さな観音様は、みんな違う。
きびしい表情で、人を導くものなど、さまざま。

北海道指定文化財。

s-15年9月28日 (9)    s-15年9月28日 (10)    s-15年9月28日 (13)

円空の像は多い。 それでも、いつの時代か、国の重要文化財になるかも知れない。

ほんのりと、微笑み。 この像だけの、表情。

s-15年9月28日 (11)

明治の廃仏毀釈を乗り切った。
捨てられたのを、ある人が拾ったよう。  今は、個人の持ち物。
十一の観音様が、傷んでいる。

世の中が、廃仏毀釈で騒いだら、人々の心も、みんなそうなった。
円空のこの仏像を粗末にしたのも、普通の人々。

それを助けたのも、普通の人。

  ※ 人の心なんて、日本人の考えなんて、すぐに何かに、なびいて行く。
    安倍首相がああいえば、多くの人間が、そうなっていく。

    しかし、決して、心を動かされない人間も、今の時代は多い。
    それが、100年前と違う。 うれしいこと。

これを、一気に彫ったんですね。  鉈(なた)やまさかりで。
何日もかけないで。

細かな表情は、最後の最後にか。

s-15年9月28日 (12)

他の石仏も。  説明してくれた人は、右のも円空仏のようだと。

s-15年9月28日 (14)    s-15年9月28日 (15)

下は、東京であった円空仏彫刻展のポスター。
ここの円空仏も、展示された。  円空作であることは、確定している。

s-15年9月28日 (16)

円空の旅の、海岸沿いの最終地点は、太田山。
そこまで道があったと、思っていた。

実際は、途中から船だったそう。 説明の人が、教えてくれた。
断崖の途中にある洞窟への、鎖はなかった。

山の上から、回り込むように、入った。
これも教えてくれた。

  ※ 昨日も紹介したけど。  この日は、私の危険な旅の、ベスト3に入る。
      太田山神社は、断崖絶壁の洞窟にあった。  泉質がいい臼別温泉。~せたな町~ 他 (2013/7/23)

毎週土曜日、近所の人達が集まる。   ※ 説明にあった、観音講の人達か。
それが楽しいという。 
 
ストーブの火でお湯を沸かして。  お茶を飲んで。  おしゃべり。
幸せを守ってもらって。

私は、そうやって楽しめるのは、円空さんのお蔭だねと言った。
お礼を告げて、次に。

夷王山の斜面に、勝山館跡。  かつやまだて あと。 
中世の山城の跡。

広い駐車場の前に、案内図。  下に、上国寺もある。

s-15年9月28日 (6)

左は、旧笹浪家住宅主屋。  国の重要文化財。
今日は閉まっている。  ここは、いつの日か。

右は、上ノ国八幡宮本殿。

s-15年9月28日 (19)

旧笹浪家住宅主屋。    屋根の上に、石。

s-15年9月28日 (20)

山の上への道。  下からは遠いので、戻った。   上から下ることに。

s-15年9月28日 (21)    s-15年9月28日 (22)

夷王山の頂上近くに、駐車場。   右に、説明の施設があるけど、休み。

右下に、勝山館跡。

s-15年9月28日 (5)

この下。   中心は、木の向こう。  墓がいっぱい。

武田信広とある。   1431年から1494年の人。   戦国時代の前。

  ※ 余談 武田信玄は、甲斐武田氏の、16代目。
       そのずっと先祖の7代目に、武田信武がいた。

       この地に来た武田信広は、7代目の信武から分かれた子孫。
       どんな思いで、蝦夷(えぞ)の地に来たのでしょう。

s-15年9月28日 (23)    s-15年9月28日 (24)

こうです。  発掘は終わっていますね。

s-15年9月28日 (25)

この道を行く。   クマがいそうで、少し不安。

 ※ 蝦夷(北海道)にアイヌ文化が始まって、200年余り。 
   その前は、擦文文化。
   住む人間は同じで、文化が変わっていく。
   土器から鉄器に変わるのが、特徴。  
   
s-15年9月28日 (26)

アイヌの墓も。  和人とアイヌの関わりは、どんなんだったんでしょう。

s-15年9月28日 (27)    s-15年9月28日 (28)

見えてきた。  この辺は、勝山館の後ろの守り。

s-15年9月28日 (29)    s-15年9月28日 (30)

掘った跡がある。   空堀。

s-15年9月28日 (31)    s-15年9月28日 (32)

中世の城なので、天守とかは無い。   左に、八幡宮跡。

s-15年9月28日 (33)    s-15年9月28日 (34)

ここです。 図のように、建物があった。

どこから、どのような年貢が入ってきたのでしょう。
その年貢は、誰から?

s-15年9月28日 (35)

想像図。

s-15年9月28日 (36)

右上に、夷王山頂上。   左に建物。  そこに、駐車場。

s-15年9月28日 (37)

戻ってきた。  少し面倒だけど、頂上に行ってみる。  走った。 疲れて動けなくなるのも、少しの快感。

s-15年9月28日 (38)

夷王山神社と、下の風景。

s-15年9月28日 (39)    s-15年9月28日 (40)

勝山館。  ところで、どうして勝山?  地名かな。

s-15年9月28日 (42)    s-15年9月28日 (43)

遠くに、江差町。   昨日は、あっちに。

s-15年9月28日 (41)

山の上から、駐車場。    水道があったので、水をいただいた。

s-15年9月28日 (44)

同じ場所での停泊も何だな、と思って、江差まで走る。   強風に、車は揺れて。

s-15年9月28日 (45)

円空は何度か見てるけど、写真は、レプリカだけ。
本物を撮影したのは、初めて。

  ※ 有珠善光寺のは、レプリカ。 本物は、宝物館の中に。
       有珠善光寺は、円空の蝦夷地の旅、最終目的地だった。~伊達市~  広島原爆の日  他  (2011/8/6)

ありがたい1日でした。

上ノ国に、山城があったことも、初めて知りました。
武田信広が、希望して来てなかったら、島流しと同じですね。

【その他】    お堂が火事になったら、円空仏は消える。
          円空仏は、個人や寺社の所有が、おおい。
          火災が怖い。

          こんなものが出来ないか。
          円空仏は、お堂に置くけど、耐火金庫の仕組みの中に置く。
          もし、熱を感じたら、自動的に、扉が閉じるように。

          円空仏を守るためなら、100万でも200万円でも、500万でも、価値はある。
          どこかのメーカーで、作ればいい。
    
          このままでは、円空仏は、減っていく。

【今日の一句】  「 円空  アイヌのために  蝦夷の地に 」    そんな気が。

【今日の歌】   森山愛子 「イヨマンテの夜」 



【関連ブログ】 小千谷縮  錦鯉  微笑仏の木喰観音堂 ~小千谷市~   他  (2010/10/20) 

【道の駅】   北前船松前

【明日の予定】    松前の見学

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行1位。 旅行全体で1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。