FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

日蓮宗の宗祖は、日蓮。
誕生寺は、日蓮の生家跡に建てられたそう。

仁王門の裏側の2階に、般若の面があった。
左甚五郎の作と伝わっている。

それを見たある人が、肉付きの面に似ているという。
肉付きの面、初めて聞く言葉。
面白そうなので、調べてみた。

少し北上した所に、鵜原(うばら)理想郷。
太平洋の荒波が生んだ、景勝地だった。
    
今日も、一日雨。
あと少しの、辛坊治郎。  って、言ったりして。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

誕生寺の場所。  港近くの道に停めて、3分歩いた。

s-15年7月4日 (38)    s-15年7月4日 (39)

周辺は、ホテルやお店。   石灯篭が並ぶ。

s-15年7月4日 (1)

仁王門。  これだけが、火事から逃れて、昔のまま。  1706年の建物。
         ※ 国の重要文化財ではない。 年代が、はっきりしないのか。

仁王像は、松崎右京大夫とある。 これを作った以外の情報は、ネット上にない。 どんな人でしょう。

左甚五郎の、般若の彫り物とある。  
これについても、証明できるといい。  彼とはっきりすれば、重要文化財。

 ※ 自分は、この説明を斜め読み。  般若の面のことは、後で知る。
   写真は、5日の朝に、撮りに行ってきた。 15㌔ほど。

門の裏側にある。   後で紹介。

s-15年7月4日 (2)    s-15年7月4日 (3)

こんな仁王像。

s-15年7月4日 (4)    s-15年7月4日 (5)    s-15年7月4日 (6)

実際に生まれた場所に、誕生寺はあった。   最初は。
地震で、その場所は、海の中。
それで、今はここに。  

s-15年7月4日 (8)    s-15年7月4日 (7)

宗教でも何でも、神様のような人がいると、組織はまとまりやすい。

これは、神様の考えだというと、説得力がある。
自分の考えとなると、信用してもらえない。

戦時中、天皇のお言葉に逆らうのかと、政治家や軍部など、上の者は口にした。
誰も反対できず、戦争の道へ。

神様、仏様、宗祖、国王、以前の天皇、など、
必要とする、また、利用する人間がいたから、生まれた。

nitirenn.jpg     s-15年7月4日 (9)    

祖師堂。 中心の建物のよう。  大きな木のところに、はるか昔、三重塔があった。

s-15年7月4日 (10)    s-15年7月4日 (44)

この地で生まれたので、幼少の日蓮。 (本当にこの地かは、異論もあるよう)

s-15年7月4日 (11)    s-15年7月4日 (12)

祖師堂。

s-15年7月4日 (35)

目を見張る彫刻。    右は何でしょう。   龍だけど羽根がある。

s-15年7月4日 (13)    s-15年7月4日 (14)

浄行菩薩を祀っている。  この菩薩は、日蓮宗だけの菩薩のよう。
水をかけて、お参りする。

浄めてくれるので、病気平癒にも。

s-15年7月4日 (15)

仁王門に向かう。   左に、鐘楼。

s-15年7月4日 (16)

※ 5日の朝8時ころ。   雨が強くて、写真が撮れない。 その時の、写真。

s-15年7月4日 (36)    s-15年7月4日 (37)

小降りになるのを待った。  20分後、やっと撮れた。
思い切った表情の、般若。    並の彫師ではないような。   左甚五郎は、ほんとうかも。

何を狙った表情なのでしょう。

s-15年7月4日 (43)    s-15年7月4日 (43)m

調べていたら、あるサイトの人が、肉付きの面に似てるという。
四国の、志度寺の肉付きの面に。

肉付きの面って、何だ?  となる。

肉付きの面の話があるんですね。
能や歌舞伎に。  また、浄土真宗の説法にもあるよう。

嫁をいじめる老婆がいた。
般若(はんにゃ)の面を付けて、おどした。

面を取ろとしたら、取れなくなった。
無理やりはがしたら、般若の面に、顔の肉がくっ付いた。
そんな話。  

左は、志度寺の肉付きの面。(お遍路つかさの会のHPからお借り)
右は、福井県の願慶寺の、肉付きの面。(日本伝承大観からお借り)

s-15年7月4日 (42)    s-15年7月4日 (45)

※ 志度寺は行ってるけど、お堂に入っていない。 お堂にあるそう。
  志度寺には、別の、驚きの伝説がある。 本当かも知れない。
        第86番札所、志度寺。  海女の玉取り伝説の、不思議。 補陀落渡海信仰。~さぬき市~ 他 (2014/4/18)

  下の動画は、ぽろっと取れる。  全体は、こんな話し。



次は、鵜原(うばら)理想郷。

s-15年7月4日 (40)

駐車場が狭かったので、少し不安。  大きな観光地は、駐車場が広い。

右のトンネルも、乗用車なら通れる。

s-15年7月4日 (18)    s-15年7月4日 (19)

アジサイの道を通って。  途中で、少し見える。

s-15年7月4日 (20)    s-15年7月4日 (21)

10分ほど歩いてここに。 この後、下る。

今日は、この木を調べようと、撮った。  こんな名前の木って、あったかな。
この後、はっきりする。  次々に、木の名前。

でも、みんな、子供の名前だった。 

s-15年7月4日 (22)    s-15年7月4日 (23)

展望台は、ここでした。  
アメリカ人のよう人が、3人。  笑顔で挨拶。(笑顔で挨拶が礼儀、と考えている感じ)
  
   ※ 以前も書いたけど、中国や韓国の人は、マイナーな観光地には来ない。
     誰もが行くとこは、一緒。   アメリカ人は、人それぞれ。  真似しない。(マフィアのよな人も)

s-15年7月4日 (24)

下に、小さな港。  ここに停泊できそう。  道の駅は近くにはない。
  ※ 昨晩、久しぶりに、ネットが弱かった。  それで、不安で行かないことに。

s-15年7月4日 (25)    s-15年7月4日 (26)

このように、浸食された風景。  声が出るほど、感動の風景ではないけど。

  ※ 声が出るほどの風景って何処だ、となると
      岸壁では、東尋坊。  湖では、摩周湖。  岬では、神威岬。 山の頂上からは、どこでも。(雌阿寒岳)

s-15年7月4日 (27)

向こうに、海中展望塔。  

s-15年7月4日 (28)    s-15年7月4日 (29)

穏やかな表情で。

s-15年7月4日 (30)    s-15年7月4日 (31)    s-15年7月4日 (32)

そんなに信心深くない自分は、寺や神社に行ったら、面白い話がないかなって探す。
寺や神社は、歴史の宝庫。

今日は、肉付きの面を知ったのが、収穫です。

【今日の一句】      「 雨の向こうの 般若  なぜ泣く 」

【今日の歌】    Morita Doji | 君と淋しい風になる (I become a lonely wind for you) | 1977     
                           ※ 石川鷹彦の、軽やかな編曲が好き。  ギターもきっと彼。



【停泊場所】     御宿まであと少しのとことにある、パーキング。

s-15年7月4日 (41)    s-15年7月4日 (33)    s-15年7月4日 (34)

【明日の予定】    御宿。   月の沙漠の舞台と。    

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行1位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。