FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

この時期、いつもの年は、京都にはいない。
         (今年は、歯の治療で、緊急に亀岡市に戻っている)
せっかくだから、今でなければ見られない、行事を追っている。

今日は、祇園新橋と誓願寺での、2つ。

放生会(ほうじょうえ)は、初めて聞く言葉。
魚などの生き物に感謝して、放流する、と云う中身。

謡曲誓願寺は、和泉式部の伝説を、謡っている。
娘を失った式部は、仏に救いを求める。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

赤〇が、放生会の会場。    祇園新橋の中心の場所。   巽(たつみ)橋がある。
印は、誓願寺。

s-15年6月7日 (44)ppp

30分ほど前に行ったら、人が集まっていた。  写真撮ってる人も。

少し向こうの右に、巽橋。

s-15年6月7日 (3)

途中でアジサイを見た。   ガクアジサイも。   吉井勇が愛した風景。(命短し恋せよ乙女、って歌った)

s-15年6月7日 (1)  s-15年6月7日 (2)

舞妓さんが、最初に、魚を放す。 今日の主役。   今やってきた。

今回は、第31回の放生会。

s-15年6月7日 (4)    s-15年6月7日 (5)

この場所で、比叡山の阿闍梨がお経を唱えるが、その時、撮影は出来ない。

去年は金魚、今年は、アユを放す。 

s-15年6月7日 (6)    s-15年6月7日 (7)

ここに座って。

s-15年6月7日 (8)    s-15年6月7日 (9)

奉納の音楽や、あいさつがあった。   挨拶は偉い人のよう。

※ とっても立派な人だけど、準備している人の不手際を、多くの人の前で、冷たくしかった。
  挨拶の途中で。   教えてあげればいい事なのに。

  どんなに人の上に立っても、その人には、どうしても身に付かないものがある。
  例え、お坊さんでも。  

  挨拶の言葉は、私の心を、素通り。

二湖(胡弓)の演奏などがあった。  まあまあ。

s-15年6月7日 (10)

延暦寺から、修業した阿闍梨さんたちが来た。

右写真の先頭は、光永圓道と云う人。  比叡山の荒行をやった人。

s-15年6月7日 (11)    s-15年6月7日 (12)

お経を唱えたが、撮影は出来ない。   声だけ少し。  一人の時の声は、上の光永と云う人。



※ 光永と云う人は、こんな人。  (大きく見る時は、右下の方をクリックして、YouTubeで)



読経の後、魚の放生(ほうじょう)。  放流。

放生には、元気に生きるんだよとの、願いが入っている。 (写真は、京都新聞からお借り)

s-15年6月7日 (45)   s-15年6月7日 (43) 

人人人。  最後の方の人のを、やっと撮影。

s-15年6月7日 (13)    s-15年6月7日 (14)    s-15年6月7日 (15)

白川。   祇園に近いので、一帯は祇園白川。   重伝建地区。   昔の祇園の雰囲気。

大きくなって戻ってこい、って言ったら、食べちゃうぞ、って言ってるのと同じ。
捕まるなよ、がいいかな。



何してるか分からない。  阿闍梨さんたちが、引き揚げる。   みんな座っている。

s-15年6月7日 (16)

四条大橋から、三条大橋を見る。  左は、夏の風物詩。   ここでビールを飲む。
先斗町沿いのお店。

s-15年6月7日 (17)

新京極を入っていくと、誓願寺。
通りから本堂まで、歩いて10秒。  こんなお寺も珍しい。  なんでも無料。   写真撮影もいい。

近くに誠心院がある。  そこに、和泉式部の墓。
ずっと昔は、誠心院も、誓願寺の境内だった。  誠心院に、式部は住んだ。

誓願寺と云う謡曲では、その墓から式部の幽霊が出て、ここに来た。

s-15年6月7日 (18)    s-15年6月7日 (19)

謡曲は、本堂で。

s-15年6月7日 (20)

和泉式部の歌はいい。  ※ 関連ブログで、いくつか紹介。

s-15年6月7日 (21)    s-15年6月7日 (22)

法要が始まった。  右奥に、式部の戒名が見える。

s-15年6月7日 (23)

最後の場面。  法要の中で、右のを畳の上に、まいた。  それをいただいた。

s-15年6月7日 (24)    s-15年6月7日 (25)

そして、謡曲。
左から2人目と3人目が、今井親子。  謡曲では、有名な人のよう。

本尊の如来さんは、穏やかな温かな表情で、見守っている。

s-15年6月7日 (27)    s-15年6月7日 (29)

和泉式部は、寺の額を一遍に、「南無阿弥陀仏」変えなさいと言った。
法然や親鸞が登場する、ずっと前のことなのに。

以来、下のように。

DSCF7842cccc.jpg 

不思議な、厳かな雰囲気が、堂内に広がる。   同じ内容のを、能や浄瑠璃でも見られたらいい。

謡曲誓願寺の全文は、右に。   現代語訳は見つからない。
どこを読んでいるかは、聞いてたら、分かる。

s-15年6月7日 (26)    s-15年6月7日 (28)

話しの概略は、下に。  誓願寺のHPからお借り。

seigannzi77777.jpg

短いですが、紹介。





この寺には、芸能関係のからのお参りが多い。   それで、扇塚。

s-15年6月7日 (31)    s-15年6月7日 (32)

誠心院。

s-15年6月7日 (33)

和泉式部絵巻、だったか。   以前紹介している。

s-15年6月7日 (34)

いくつかだけ載せます。

性空(しょうくう)上人が出てきますが。
彼女は、性空上人を頼って、播磨の円教寺に行く。

※ この性空上人は、鹿児島の霧島神宮を整備した人でも。
  冬に、何度も出会った。

s-15年6月7日 (37)    s-15年6月7日 (38)    s-15年6月7日 (39)

s-15年6月7日 (40)    s-15年6月7日 (41)    s-15年6月7日 (42)

本堂。

s-15年6月7日 (35)

裏に宝篋印塔の墓。   以前は、新京極の通り沿いにあった。
そこは今工事中。   また、そこに作られたらいい。

s-15年6月7日 (36)

どっちも初めての行事でした。
日常見ないものだから、それだけでも、面白い。

和泉式部の幽霊を見たいものです。


【関連ブログ】 新京極を歩く。  和泉式部の、誓願寺他。~京都市~  他  (2014/1/4)
        誓願寺と誠心院。  和泉式部縁起絵巻(上・下)~京都市~  他  (2013/4/10)
        貴船もみじ灯篭。 和泉式部恋の道。  牛若丸 修行の地、鞍馬寺。~京都市~  他  (2012/11/21)
        大江山 いく野の道は遠ければ まだふみもみず 天の橋立 ~生野の道、細野峠~   他  (2010/5/18)

【今日の一句】   「 残さず  大事に食べてもらっても  食べられる魚にとって  関わりないこと 」   命を失った時、すべてが終わって。

【今日の歌】    Lichner : Forget Me Not



【道の駅】     ガレリアかめおか

【明日の予定】     京都府立植物園    洋ランの展示をしている。    週末は、コチョウラン。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行1位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.    

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。