FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

瑞泉寺は、一向宗の寺だった。
  ※ 浄土真宗の本願寺の寺と云ってもいい。

一向宗の寺だから、権力に逆らって、焼かれる。
焼かれたら、再建。

そんな時、京都の本願寺から、彫刻師がやってきた。
技は、地元の大工に伝わった。

以来、井波は、木彫りの里と呼ばれるようになっていく。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

砺波平野の中。  山が近い。

tizu1112_2015050912180771e.jpg  tizu2223_201505091218206cf.jpg

いなみ木彫りの里創遊館。  広い駐車場。  道の駅井波でもある。

  ※ 駐車場が広いので、道の駅にした感じ。
    道の駅として当初は造ったのではないので、雰囲気が道の駅と違う。

    トイレの場所が分かりにくいとか、問題も。
    買物が終わったら、いつまでもいないでほしいって心を、感じるかな。
    砺波も、ここも、福光も、同じ。
   
    庄川の道の駅が、いわゆる道の駅。
    当初から、道の駅として、造られた。 そこはいい。

s-15年5月8日 (1)

大きな木の像。  お店の彫り物は、安っぽくない。

s-15年5月8日 (2)    s-15年5月8日 (3)

プロが彫った感じ。

s-15年5月8日 (4)    s-15年5月8日 (6)    s-15年5月8日 (5)

外を散歩してたら、こんなの。
刀をくわえるのは、恐ろしいなと思った。

自分もくわえた気分になってみた。
そうしたら、誰かが、刀を引っ張った。

思わず痛いって、声を出してしまった。
不覚。
悪いのは私でなく、引っ張ったやつ。

s-15年5月8日 (7)

近くに、瑞泉(ずいせん)寺。  大きな山門。

s-15年5月8日 (9)

綽如(しゃくにょ)上人が、室町時代に建てた。
この人は、後小松天皇に認められた。

ここ瑞泉寺は、後小松天皇の勅願時として建てた。
天皇直々の許可で。

綽如(しゃくにょ)上人は、本願寺の第5世の人でも。
  ※ そのころは、東と西は、まだなかった。

※ なお、後小松天皇は、一休さんの父でも。
  金閣寺は、この時代に、造られている。

綽如上人が、勧進状を持って、寄付を集めたとある。
安宅関では、弁慶が読んだのは、勧進帳でしたね。   同じかな。

s-15年5月8日 (10)    s-15年5月8日 (8)

上の写真の右の門は、勅使門かな。 それなりの人しか、通れない。

※ 余談 後小松天皇は、第100代の天皇。
     昨日のブログの、長慶天皇は、第98代。
     よく耳にする、後醍醐天皇は、第96代。

山門から、本堂を。  木彫りは、どこにでも。

s-15年5月8日 (11)    s-15年5月8日 (12)

堂内に入るには、300円。
大きな本堂。

s-15年5月8日 (13)

右に庫裏(くり)。   
見事な、枝垂れ柳か。  八重紅枝垂桜かも。 確認はしてない。

s-15年5月8日 (15)    s-15年5月8日 (14)

本堂で、住職さんの話を聞いた。  団体さんに話していたのを。

外は暑くても、堂内は涼しい。

s-15年5月8日 (16)    s-15年5月8日 (17)

本堂の広さは、日本で4番目だと言った。
  ※ 大きさではなく、広さ。 木造の、昔風の造りの条件で言ってるのかなと。

ネット上に、信頼できる順位が、載ってる物はない。
1位は、東本願寺御影堂。  2位は、東大寺大仏殿。 3位は、西本願寺御影堂。
広さの順位は、こうかな。 ここは、その次なのか。

大きさなら、東大寺大仏殿が1位。  高さも、関係して。

本堂から太子堂に来た。

s-15年5月8日 (18)    s-15年5月8日 (22)

太子堂に、彫物がいっぱい。

下の彫刻は、蟇股(かえるかた)と云われる、屋根を支える部材の前に、彫刻。

s-15年5月8日 (19)    s-15年5月8日 (20)    s-15年5月8日 (21)

太子堂の前面。  彫刻で、埋め尽くされている。

s-15年5月8日 (23)    s-15年5月8日 (33)

左も、屋根を支える部材。  これは、斗 栱(ときょう)に装飾を。
  
右は、蟇股(かえるまた)に。  カエルの股のような形。

s-15年5月8日 (24)    s-15年5月8日 (25)

この後、宝物殿を見た。   写真は撮れない。   ここに、しゃしんが

本堂に戻る途中、屋根の銅版。   寄進者の名前が。  いつのなのか、読めなかった。

s-15年5月8日 (26)    s-15年5月8日 (27)

外に出て、太子堂を。   ※ 空海のは、大師(だいし)堂でしたね。

s-15年5月8日 (28)

今年の藤の状態は、よくないそう。
藤棚を作り替えたら、こうなった。

s-15年5月8日 (29)

山門から出て。
そう云えば、住職さんが、言った。

焼けたのは残念なことだけど、再建されるたびに、京都から技術者が来て、寺の建物はよくなった。
悪いことばかりではなかったと。

s-15年5月8日 (32)    s-15年5月8日 (30)

参道は、このように、お店が並んでいる。
田舎なのに、驚くほど大きな寺。   信心を集めている寺。

s-15年5月8日 (31)

道の駅の近くに、水道橋。

橋の上に上がってみた。  深そうに見えた。  それは、間違い。 なさけない。

s-15年5月8日 (35)    s-15年5月8日 (34)

本堂の大きさは、山門・太子堂の立派さは、信者の力なんでしょうね。
今の時代でも、同じものを造る力は、あるのでしょうか。

小さな町に、おどろくほど大きな、お堂があった。
そして、見事な彫刻。

【今日の一句】     「 今日の一句は  一向一揆の戦いで 」  意味はない。
           「 彫刻師の技 ただの木に  最後は命が 見えてくる 」
           「 水道橋を  横から見てるのに  深いと思う  浅はかさ 」

【今日の歌】    チィチィよ ハァハァよ



※ 木彫りの人形って歌がある。

【道の駅】    福光

tizu3334_201505091218106f8.jpg

【明日の予定】     城端(じょうはな)を歩く。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。