FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

北海道南部は、大雨。
苫小牧のウトナイ湖の道の駅にいた時、隣の白老の方は、1時間に100㍉。
次の日、白老を過ぎて室蘭に来たら、苫小牧の方が、1時間に100㍉。

運悪く(?)、1時間に100㍉が、経験できなかった。

それでも、50mmか70㍉の土砂降りは、知った。
外に、5秒いたら、ずぶぬれ。
駐車場は、水が流れるのが間に合わず、5㌢ほどの深さ。
最後に写真で、紹介。

雨の合間に晴れた。
それって、登別に行ってみた。
今まで、温泉街を歩いていなかったので。

登別温泉は、名湯。
湯の種類が多く、湯の量も多い。 
温泉100選などでは、いつも上位。
共同湯に、入ってみた。

地獄谷があるからか、あちこちに、鬼がいた。
    ※    ※    ※    ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

下の地図に、インクラの滝がある。
検討していたが、砂利の林道と分かり、止めに。

   ※ 近くにインクラインがあったので、インクラの滝。
      インクラインは、インク(傾斜)とライン(鉄道)の合わさった言葉。
          (読むときは、インとクラインがくっついた感じ)
      だから、インクラって名前は、少し変。
            琵琶湖疎水・インクライン・哲学の道を歩く。~京都市東山~  他  (2013/4/3)

登別温泉は、少しだけ、山に入る。

地図5

写真の右に、駐車場。  420円。   駐車券で、他にも停められる。
向こうに、温泉街。    後ろの方に、地獄谷。   

14年9月11日 (1)

まず、地獄谷に。

14年9月11日 (2)

向こうの谷にある。

14年9月11日 (3)

信じられない天気になった。  今日の朝は、土砂降り。

見えるほとんどは、中国人。(台湾か)
日本人は、探さないといない。  中国人は、よくしゃべる。

14年9月11日 (4)

今回は、地獄谷と温泉街だけ。   前回、広く見学。   関連ブログで、最後に紹介。

14年9月11日 (5)

地獄谷。  この人たちも、中国人。  がっちり、記念写真。

14年9月11日 (14)

地獄谷は、地球の内部が、外に出かかっている所。  川は、お湯。
温泉の源泉は、こっちに。    

14年9月11日 (6) 

高いところに来た。
山のこっちは、爆発して、飛んでいったのでしょうか。

14年9月11日 (8)     14年9月11日 (7) 

谷にお堂があるので、行ってみる。  ずっと奥へは、通行止め。 工事中。
途中から撮影。   ナナカマドの実が、赤くなった。

14年9月11日 (13)

登別温泉の湯は、成分が濃い。  いろんな病気を治す。  目だって。   殺菌作用があるのかな。

  ※ ここから少し山の中に、登別カルルス温泉がある。
     バスクリンが「日本の名湯・登別カルルス」の名で、入浴剤を販売している。
     登別は、全国区の名前。
  ※ もし行けたら、詳しく紹介。  雨の警報は、いつまで続くのか。

14年9月11日 (11) 

奉納されたのは、石碑。   薬師如来が、いっしょに。

14年9月11日 (10)     14年9月11日 (12) 

お堂の前には、地獄が広がる。
  ※ 昔の人は、このような風景と地獄が、重なったんですね。
     恐山他、日本中にいっぱい。
       地獄と極楽の風景が広がる 霊場恐山 ~むつ市~   他  (2010/9/24)

14年9月11日 (9)

高いところに来た。  脇道。  地獄谷の説明。
はじめ、何が書いてあるか、分からなかった。
間違って、横に読んでいた。

14年9月11日 (15)     14年9月11日 (16)

円空の像があるという。

14年9月11日 (17)

鉈作(なたづくり)観音とある。  円空の作品は、鉈で削ったように、荒っぽい。
たとえば、こんな作品なんか、惚れ惚れする

説明には、黒こげとある。  もったいない。

14年9月11日 (19)     14年9月11日 (20)

本物は、ガラスケースの中に。   どんな像だったのでしょう。

14年9月11日 (21)

※ 円空の北海道の旅の、大きな目的地は、2ヶ所。  有珠善光寺と太田山神社。
                                      (太田山神社は、日本最北の修験場)
  有珠善光寺が、最終目的地。  伊吹山で修業してやってきた。
  有珠善光寺の西方にある、海岸の洞くつで、多くの仏像を彫った。  行くのは大変。
  洞爺湖とかに行ってるが、ここに来たかは分からない。
          (円空の像は、十勝、釧路にもあるが、行ってはいない)

     太田山神社は、断崖絶壁の洞窟にあった。  泉質がいい臼別温泉。~せたな町~ 他 (2013/7/23)
     有珠善光寺は、円空の蝦夷地の旅、最終目的地だった。~伊達市~  広島原爆の日  他  (2011/8/6)
      下のブログに、円空が像を彫った洞窟が。
     室蘭本線の秘境駅、小幌駅 ~全国秘境駅ランキング、NO.1。 豊浦町~  他  (2011/8/4)
     霊峰伊吹山は、花の山だった。~米原市~  他  (2011/6/30)

地獄谷の全景。

14年9月11日 (18)

車道への出口に、題目石。
この地に温泉があることは、アイヌが知っていた。 利用していた。
松浦武四郎も最上徳内も、来ている。

14年9月11日 (22)     14年9月11日 (23)

駐車場に、出てきた。  温泉街に行く。

14年9月11日 (24)

鬼がいた。 赤と青。

14年9月11日 (25)

どうして、地獄に鬼なんでしょう。  こうなんですね。
地獄で閻魔(えんま)大王に仕えて、地獄に来た人に、苦しみを与えるのが鬼
  ※ 奪衣婆(だつえば)は、その前に、服をはぎ取る

14年9月11日 (26)

瀧本金蔵とある。  ここに、最初に温泉を開いた人。 小屋の感じで。
この人については、北海道百年物語で、以前、ラジオでやっていた。
登別温泉の先駆者。  第一滝本館の開祖。

14年9月11日 (27)

温泉街を歩く。  右に、間欠泉があるけど、今は噴出していない。
左の建物が、第一滝本館。  中学の修学旅行で泊まった。  混浴の大浴場で、滑って転んだ記憶。

14年9月11日 (28)

通り過ぎて、振り返った。

14年9月11日 (45)

第一滝本館のHPから、お借り。  妻の病気を治すのが、きっかけ。

14年9月11日 (56)     14年9月11日 (57)

温泉街の、メインストリート。  今風ではなく、昔風。
登別温泉は、どこかで変わらないと、いつかは・・・。

14年9月11日 (29)

テレビの撮影をしていた。   すぐに動かないので、少し邪魔。

14年9月11日 (30)

閻魔大王がいた。

14年9月11日 (31)     14年9月11日 (32)

※ からくり人形になっていて、下のように動く。  時間が決まっている。



さらに行く。

14年9月11日 (33)

温泉番付では、いつも上位。  下は、観光経済新聞のランキング。  とりあえず、20位まで。
昨年3位。 その前は、2位。  温泉自体が、いいんでしょうね。

rannkinngu.jpg 

   名湯草津温泉は、湯けむりの中に。  湯畑は、草津のシンボル。~草津町~  他  (2013/10/28)
   湯布院、湯の坪街道をてくてくと。 ショップ。 由布岳。  金鱗湖。~由布市~  他  (2014/3/27)
   下呂温泉。  湯のまち雨情公園・温泉寺・足湯。~下呂市~  他 (2013/6/30)
   夕暮れ時の、黒川温泉。  地蔵の首と、地蔵湯の伝説。~南小国町~  他  (2014/3/26)
   道後温泉 ~日本最古の名湯~      他  (2009/12/22)
   玄武洞  多くの文人が訪れた城崎温泉 ~豊岡市~  他  (2011/6/23)
   奥飛騨温泉郷、平湯温泉。  神の湯。  平湯大滝。~高山市~  他  (2013/5/20) 
   絹笠山の頂上から、雲仙温泉を眺める。  大黒天磨崖仏。  岳の棚田~雲仙市~  他  (2014/3/17)
   白い噴気の、雲仙地獄。  小浜ちゃんぽんと温泉。~雲仙市~  他  (2013/3/4)
   高山の、さんまちを歩く。  高山陣屋。  高山ラーメン。~高山市~  他  (2013/5/7)
   修禅寺温泉。  修禅寺。  頼家の冥福を祈った、指月殿。  浄蓮の滝。~伊豆市~  他  (2014/5/26)
   乳白色の湯、乳頭温泉。  玉川温泉。  ニッコウキスゲ。~仙北市~  明日、八甲田山へ。 (2013/7/13) 

ここのお店を、ちょっと覗(のぞ)いた。

14年9月11日 (34)     14年9月11日 (35)

向こうに行ったら、クマ牧場。    昔行った。   もう行かなくていい。

14年9月11日 (36) 

可愛い鬼がいた。  フキの下のコロポックルみたい。
   ラワンブキの下で、コロポックルに。  オンネトー。  阿寒湖畔で、モモンガを。~足寄町他~ 他 (2014/7/9)

14年9月11日 (37)     14年9月11日 (38)

上の右の石碑の歌は、地獄祭りの歌の一部のよう。

   地獄谷から わき出す湯気に
   のってうかれて ソレ 鬼が出た
   ドドント ドドント 鬼が出た コリャ
   うたえ はやせよ 地獄のまつり
   ちょうしそろえて ちょうしそろえて 
   ひと踊り ハァ
   ドッコイ ドッコイ~~

夢元さぎり湯に、着いた。

14年9月11日 (39)

通り過ぎたら、温泉街は終わり。  戻る。

14年9月11日 (40)

温泉に入る。  共同湯なので、420円。 安い。

14年9月11日 (41)

こんな温泉。  さぎり湯のHPからお借り。
湯の成分が粉になって、湯船の底に、沈んでいる。
白い湯というより、濁り湯。
温まった。 別の泉質の湯もあった。

14年9月11日 (55)

大きなホテルが、あちこちに。

14年9月11日 (42)

ここを通って。  木彫りは、阿寒ほど本格的ではない。

14年9月11日 (43)

鬼の泪(なみだ)とある。   辛くて涙が出るのか。

14年9月11日 (44)     14年9月11日 (46)

※ 涙と泪は、どこが違うのでしょう。
    涙は、流れる感じ。  涙を流すって使う。
    乙女が流したら、乙女の涙。
       オショロコマ釣り 乙女の涙(フレペの滝) (2009/08/11)

    泪は、目が潤んが感じ。 また、涙が粒の感じでも。
    女の人の泪に、男はだまされる。

    芭蕉がうたった。   奥の細道に出るとき。
     「 行春や鳥啼(なき)魚の目は泪 」

    吉永小百合の泪は、「さゆりの泪」。
    美味しい芋焼酎。  飲むのがもったいない。
      (彼女の父は、吉永芳之。  薩摩士族の末裔。 鹿児島の旧制七高から東大法学部法律学科に進学。)

間欠泉が出ていた。

14年9月11日 (47)

奥の方で、グラグラと。

14年9月11日 (48)

その時によって、高さが違うそう。

14年9月11日 (49)     14年9月11日 (50)

湯の量が多いのが、特徴。



戻ってきました。

14年9月11日 (51)

室蘭市の道の駅に向かった。
着いた時、日が沈んだ。

14年9月11日 (52)     14年9月11日 (53)

目の前に、白鳥大橋

14年9月11日 (54)

下の写真は、今朝。   ウトナイ湖の道の駅。  7時過ぎ。

14年9月11日 (59)

雨の粒が大きい。

14年9月11日 (58)

浅い所を見つけて、行く。   どこもここも、川。   
この頃、40キロほど離れた白老(しらおい)は、1時間に100㍉。

14年9月11日 (60)

危険なので、どこにも行けなかった。
所が、昼過ぎたら、青空が出てきた。

山の中は、土砂崩れで危険。
それで、登別温泉に。

確かに、いい湯でした。

【関連ブログ】  登別温泉地獄谷、大湯沼  クッタラ湖 ~登別市、白老町~  他  (2011/8/7)
         泥湯温泉。  川原毛地獄。  全体が浮島の、コケ沼。  小安峡大墳湯。~湯沢市~ 他 (2013/7/10)

【今日の歌】  さよならの夏。   夏が終わったので。   クリックしたら、YouTubeに。

こくりこ 

上は、だれが歌っているか分からない。
alan (アラン)かもって、少しだけ疑っている。   自信はない。
また、下の曲と、雰囲気が似ている。 下を歌ってるのは、alan。



【道の駅】   みたら室蘭

地図6

【13日の予定】   カルルス温泉か、絵鞆(えとも)岬。
             カルルス温泉の山の中に、橘湖がある。 
             道があるようだ。  片道、40分。  秘湖。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、3位。 旅行全体で、5位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.      

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。