キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

先日、旭川駅の裏で、山野草の花壇を見た。
山野草は、少し控えめで、いいなって感じた。
嵐山に、北邦野草園があると分かって、行くことに。

花畑とは違って、自然に近い。
花は、探さないと見つからない。
蚊に悩まされながら、歩き回った。

いい花が、いくつか見つかった。
     ※    ※    ※    ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

目的地は、嵐山公園の中にある。
   ※ 面倒見てもらっている姉夫婦の家は、上川神社の、社の字の辺り。



石狩川の、そば。   支流の川は、オサラッペ川。  
  ※ オサラッペって、面白い名前。  人バカにした感じでも。
                 意味は、「オ・サル・ペツ(O-sar-pet)⇒川尻・葦原・川」。(Wikipedia)
     オサラッペに河童がいたって、言ってみたくなる。
     そう思っていたら、かっぱの里だった。   河童伝説があるようだが、分からない。



野草園は、山の下だが、間違って、嵐山の頂上近くに、行ってしまった。
駐車場から、旭川市街の北西部にある、鷹栖(たかす)町が見えた。
   ※  嵐山は、正確には鷹栖町にある。  でも、旭川市が管理している。

14年6月29日 (1)

100㍍行った所に、展望台。  そこから、800㍍下って、北邦野草園。

14年6月29日 (2)     14年6月29日 (3)

展望台。

14年6月29日 (7)

道を間違ったおかげで、この風景。
全体の左方面。   高速道路が見える。  鷹栖インターチェンジ。

14年6月29日 (4)

中央。   旭川市の中心街。   山は、高い部分が、大雪山連邦。   

14年6月29日 (5)

思い出した。   大学時代、花見で、ここにやってきた。   未成年でも、酒飲む風習。
中央に、旭橋。     右端が、主峰の旭岳。   北海道で一番高い。 
                                                                                   夏の旭岳~カムイミンタラ~  他  (2009/07/30)

14年6月29日 (36)     14年6月29日 (37)

右方面。    石狩川。    中央右、遠くに、十勝連峰。   昨日は、あっちにいた。

14年6月29日 (6)

まだ雪がある。   1年の真ん中にやって来てるのに。

14年6月29日 (38)

クマはいないと思うけど、はっきりしない。   
森が、他の広い森から、切り離されていたら、いない。   ここは、つながっている。

今日は、800㍍下って、また登って戻ってくる。
  ※ 登って下ったら、登山したという。   反対なら、登山したというのか。  もしかしたら、下山かな。
     今日は下山したさ~、って。

案内に従ってたら、着いた。

14年6月29日 (8)     14年6月29日 (9)

1時間コースの赤を歩く。    期待した、一面花、ではなかった。

14年6月29日 (10)     14年6月29日 (11)

※ 地図の左上に、六花亭。   六花は、雪の結晶のこと。  元々は、りっか、と読む。
   だから、りっか亭か。 
  
   帯広のお菓子の会社は、六花亭(ろっかてい)。
   包装紙に、十勝六花(とかちろっか)の花が描かれている。   肥後六花をヒントに。
        (エゾリンドウ、ハマナシ、オオバナノエンレイソウ、カタクリ、エゾリュウキンカ、シラネアオイ

※ 上の包装紙の絵を描いたのは、坂本直行(ちょっこう)。
   坂本龍馬の姉(乙女)の子孫。   龍馬には、北海道開拓の夢があった。 姉の子孫が叶えた。 
                          六花の森は、北海道ガーデン街道の南の端。 坂本直行記念館。~中札内村~  他  (2013/9/5)

さっそく、シラネアオイ。   花は終わっている。  日光白根山でよく見られるので、この名前。
日光白根山に登ってみたけど、花は・・・。   夕張岳でも・・・。
     日光白根山に登る。 頂上直下で、強風のため引き返す。  ヒカリゴケ。~片品村~  他  (2013/10/9)
ここのが咲いたら、こう。   美しい花。   いつか見られるでしょうか。

14年6月29日 (12)

これも、花は終わって、実。

14年6月29日 (13)

蚊が群れでやって来る。   カメラを構えたら、どこかにすぐに、くっ付く。
写真は、一瞬だけ立ち止まって、撮る。  ずっと、歩き続けて。  パンフレットを振り回して。

14年6月29日 (14)     14年6月29日 (39)

クリンソウ。  九輪草。   花は、峠を越えていた。   ※ この後、大きな群落を見たが、写真を失敗。
名前は、塔の九輪に似ているからだそう。  (全体は、相輪。 九輪はその一部)
花が、鮮やかに、目立つ。

14年6月29日 (15)     14年6月29日 (40)     14年6月29日 (41)

花は無いな~って、思いながら、歩いている。  人には、たまに会うだけ。

14年6月29日 (16)

地図の上の方にある、洗心亭。

14年6月29日 (17)

下が、見えた。    花は、ヤナギラン。    よく見る花。    函館の方の、駒ヶ岳で、このように

14年6月29日 (18)     14年6月29日 (42)

イヌエンジュ(犬槐)とある。  木彫りのお店で、この名前を見ることが。
  ※ イヌエンジュのフクロウ。   エンジュの、時計

14年6月29日 (19)

六花亭に、出て来た。
エゾクガイソウ。   蝦夷九蓋草。  蓋は、ふたの意味。  
葉っぱがまるく集まって、ふたのよう。   それが、9つほどあるので、九蓋草。
小さな花が咲くと、むらさきになる

14年6月29日 (20)     14年6月29日 (43)

ジャコウアオイ。   じゃ香の匂いがするそうだが、この時は、知らなかった。
  ※ ジャコウジカから採れる匂いのよう。  現在は、科学的に作られる。   どんな匂いだろう。

14年6月29日 (21)

花の色は2つ。  淡紅色か白色。

14年6月29日 (44)     14年6月29日 (45)

カキツバタかなと、思うんだけど。   ハナショウブみたいでも。
右は、チシマザクラ。  桜前線、最後に咲く。 5月の末に、根室で

14年6月29日 (46)     14年6月29日 (22)

ムラサキセンダイハギ。   右は、エゾアジサイ。

14年6月29日 (47)     14年6月29日 (48)

北邦野草園の正面は、こうだった。

14年6月29日 (49)     14年6月29日 (23)

資料館があって、無料で見学できる。
先住民族のアイヌは、北海道の極寒の冬を乗り越えていた。   知恵に、驚きます。
ゴザですね。

14年6月29日 (24)     14年6月29日 (25)

カワラナデシコ。    咲いてるのが、別の所にあった。

14年6月29日 (26)     14年6月29日 (50)

コウホネです。   水面から、きゅって、首を出して。

14年6月29日 (27)     14年6月29日 (28)

先日見た、オダマキですね。

14年6月29日 (51)

アイヌの、復元した家があった。

14年6月29日 (29) 

竪穴住居は、13世紀の前まで。  アイヌだけでなく、本州もそうなんですね。

14年6月29日 (30)pplpp     14年6月29日 (31)

※ 上の説明に、秋山郷とある。   秘境はたくさんあるけど、秋山郷は、そこに行くまで、一番苦労した。
   奥の奥の奥、って感じ。
   明治時代の途中まで、孤立していた所も。  平家の落人。
   人が尋ねたら、「源氏はまだ栄えているのか」って聞いてきた。
        秋山郷最奥の切明で、アッカムイの足湯に入る。~栄村、津南町~   他  (2010/10/26)

食べ物を保管。   ネズミが上がれないように、工夫しますね。

14年6月29日 (32)

貧しくても、苦労が多くても、家族はいつも一緒。
   ※ 囲炉裏の灯りで、語り合ってみたい。   酒を飲みながら。

子どもたちの、日々の喜びは、何だったんでしょう。
生きる知恵を、学ぶ中で、なんですけどね。

14年6月29日 (33)     14年6月29日 (34)

この後、戻る。  登ってきた。  右に上がると、展望台。

14年6月29日 (35)

花壇のマリーゴールドなんか、春に植えたら、秋遅くまで咲いている。
でも、自然の花は、時期にしか咲きませんね。

この北邦野草園は、月に2度ほど行くと、いろんな花に、巡り合える。
そうやって、リンドウの咲く、秋まで楽しめばいい。
ここは無料。  それも、いい。

【今日の歌】    久しぶりに、J。   2番目に歌う人が好き。



【停泊場所】    姉の家の前

【明日の予定】     旭山動物園

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
.         

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト
ここ数日天気が良かったけど、それだけでは、ダメだった。
完璧になる条件は、何なんだろう。
とにかく、雨水が入らない方がいいみたい、なんだが。

上流の美瑛川が、真っ青になると、青い池も良くなる。
だから、白(しら)ひげの滝の下の美瑛川も、今日は、今一だったでしょうか。
どっちも、昨年の方が良かったか。

そうは言っても、それなりの魅力は、十分に。
    ※    ※    ※    ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

青い池は、白金(しろがね)温泉の少し手前。





ここは、青い池の10㌔手前。   三沢という所。   ここのパーキングで、前日のブログを書いた。

14年6月28日 (1)

少し走って、また撮影。   十勝連峰に、雲。
入道雲が発達して、毎日、どこかで雨。    
青い池に雨が降ったら、よくない。    雨水が流れ込んでも。   青い水が、 薄まる。

14年6月28日 (2)

駐車場には、100台ほどの車が。  バスは手前の駐車場。
ここから、1~2分歩く。

14年6月28日 (3)

この付近の、衛星写真は、こう。

pppp0pp.jpg

十勝岳が噴火したら、泥流が流れるかも知れない。
それを止めるために、堤防の様な、堰堤(えいてい)を作った。
水が溜まって、それが青かった。

見えたのはこれ。   白っぽく、薄まった感じ。   そんなに悪くはないが。
ある観光客が、こう言った。  「写真で見たのと違う」って。

14年6月28日 (4) 

本当に美しいと、驚きの声が出る。  私も出なかった。  
立ち枯れた木が、白くなっている。

14年6月28日 (5)     14年6月28日 (6)

どのくらい青かったら、完璧かが、問題ですね。  この感じでしょうか。    感動の写真ではないが。
   ※ ネットには、たくさんの青い池の写真がある。
      パソコンで、写真を青くしてるのもある。  白い木が青くなってる写真は、美しくても、インチキ。

感動まで行かなくても、美しいことは、美しい。

14年6月28日 (7)     14年6月28日 (8)

2年目に見たのは、こうです。  今日よりは、濃いでしょうか。

今日の青は、ミルキーブルーって、名付けたくなる。

14年6月28日 (9)

水の色が、感動のブルーになることがある。
私が見たのは、たったの2度。    青でない感動が、1回。
   ① オンネトーブルー  ② 積丹ブルー   ② 阿寺(あてら)渓谷で見た、川の色。(長野県)
       ※ ①と②は、カメラとレンズが、そんなによくない。
            積丹ブルー 福原漁場  他 (2009/08/26)
            オンネトー 釧路湿原 竹老園 他 (2009/08/05)

やわらかな、ブルー。

14年6月28日 (10)

オンネトーブルーは、こんなのも見た。 雌阿寒岳が、むらさきに。  20秒ほど前は、山が燃えた

魚は棲めない。   美瑛川は、私が子供の時から、青かった。

14年6月28日 (21)

この女性は、タッタッタと下りて、ここで撮った。
やわらかな雲に、今日の青は、ちょうどいい。

14年6月28日 (22)     14年6月28日 (25)

青い池が、青くない時があるのか。
あるんですね。  
3年前は、こうでした。   まったく、青くない。

光の加減でしょうか。  この写真は、上の方より、少しいいですね。

14年6月28日 (11) 

人でいっぱい。
青い池は、緑に包まれると、美しさが増します。

14年6月28日 (12)     14年6月28日 (13)

美しい青が生まれるには、条件がある。
底が、白いこと。

青い池も、積丹の海も、底が白い。   何かが沈んで白い。
積丹の海は、美しいけど、死の世界の感じ。

青い池がなぜ青いか、100㌫までは、解明されていないよう。

14年6月28日 (14)

池の底の落ち葉などを、取ったという情報がある。  それを取ると、真っ白に。
木が無くなったら、池は、物足りなくなる。

14年6月28日 (26)     14年6月28日 (27)

オンネトーのほかでは、摩周湖と、襟裳の摩周湖と言われる、豊似湖が、まあまあいいでしょうか。

木の隙間から、山。  数日前、姉夫婦が、十勝岳に登った。   まだ、残雪が。

14年6月28日 (29)     14年6月28日 (28)

美瑛川も、そんなに青くない。   川原の石が、白っぽい。

14年6月28日 (15)     14年6月28日 (30)

人は、次から次と。   別の道を戻る。

14年6月28日 (16)

5分ほど走って、白金温泉。   橋の上から、白ひげの滝を見る。

14年6月28日 (17)

何となく青いけど、青さが弱い。

14年6月28日 (18) 

昨年は、もっと青かった。    橋の下だって

14年6月28日 (24)     14年6月28日 (32)

ひげのように、落ちてくる。



山の麓の、木が無くなる所まで、行ける。  そこは、望岳台。
行く予定だったが、札幌のTさんが、旭川に来た。
急いで、戻ることにした。

14年6月28日 (19)     14年6月28日 (20)

上の、右の写真は、温泉街の中心。
中学1年の時、バスでここにやってきたのを、覚えている。
町内会の行事かな。  そして、上にも行った。
噴火の次の年だから、大きな石が、転がっていた。

調べたら、噴火したのは、52年前の明日。
1962年6月29日。 午後10時40分。  朝起きたら、天に届くような、噴煙を上げていた

大正時代の噴火では、泥流が発生して、上富良野の町が、こんな風に
       ファーム富田 泥流地帯の舞台に・・。 他 (2009/07/26)

今日の青い池は、確かに、完璧ではなかった。
ただ、以前のと比べてみたら、そんなに悪いわけでは、ないみたい。

今度行くときは、美瑛町に電話して、青くなる条件を勉強してからですね。
いつの日か、真っ青の青い池を、見てみたい。

※ 最後に気付いたことがあるんだけど、
   青い池に、雲が映ると、白っぽくなる。
   青空が映ると、青くなる。
   当たっているだろうか。   

【今日の歌】    心はぐれた日から/とんぼちゃん



【停泊場所】    姉の家の前

【明日の予定】    市内のどこか。  動物園は、今日は混んでいる。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
.         

スポンサードリンク

 
 
旭川駅の裏に、花壇が出来たという。
花なら、何でもいいかと思って、行ってみた。

そうしたら、何と、山に行かなければ、見られない花だった。
もうけた気分になった。

オダマキの花は、いい。   色に姿に、魅了される。
名前の分からない、不思議な姿の花もあった。

晩は、Mさんの家に呼ばれた。
遅くまで、飲んだ。
いっぱい、ご馳走になって。
    ※    ※    ※    ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

目的地は、ここ。   駅裏。



旭川駅周辺が、再開発されいる。   左に駐車場。   
向こうは、15丁目辺り。  10分ほど真っ直ぐ行くと、蜂屋の本店。

駅は、8丁目辺り。   左の方。

14年6月27日 (1)     14年6月27日 (2)

右遠くに、旭川駅。   左に、忠別川にかかる、鉄橋。  富良野線。

14年6月27日 (3)

走ってる人が、通り過ぎた。   どんな足か、見てしまった。
左足の筋肉が、ぽこんと出てない。  右と違う。
そう言えば、私の右足は、元々、左のようには、太くなかった。  思い出した。  左の、95㌫くらい。
今は、80㌫。

橋は、神楽橋。  右から、渡ってきた。   右に行ったら、上川神社。  
昔、その近辺に、離宮を造る計画があった。   天皇の立派な別荘の感じ。

14年6月27日 (26)     14年6月27日 (4)

富良野線。  高校・大学と、7年間、美瑛から通った。   毎日乗った。
忠別川の上流に、天人峡温泉と旭岳温泉。  旭岳温泉から、旭岳に。
旭川市は、この川の、上流の水を、水道に使っている。   だから、旭川市の水道水は美味しい。
   天人峡~羽衣の滝・敷島の滝~  他 (2009/07/31)
   旭岳に登ったが、8合目で雨に。 引き返して、花を見た。~東川町~  他  (2013/8/9)

14年6月27日 (5) 

いつだったか、少し書いたことだけど、
富良野線の歴史には、大事な時代があった。
札幌から釧路に行くとき、札幌⇒旭川⇒富良野⇒釧路、って行った時代があった。

明治40年(1907年)から、大正2年(1913年)まで。  6年間。
それ以降は、滝川から富良野に行った。  新しく鉄道が。 近道。

石川啄木がここを通ったのは、鉄道が出来た、2年目の春。  明治41年(1908年)
根室まで線路はまだなく、釧路が終点だった。 啄木は、そこに降り立った。
   「さいはての駅に下り立ち 雪あかり さびしき町にあゆみ入りにき」 って、歌った。
        ノロッコ号に乗って、釧路の街へ。  幣舞橋、そして、石川啄木と小奴。~釧路市~ 他 (2013/9/2)



ヒメジョオン(姫女菀)。  雑草の花って、イメージ。   女菀(女苑・じょおん)って花が、中国にあるよう。

14年6月27日 (25)     14年6月27日 (6)

旭川駅。   工事が続いている。    

14年6月27日 (7)

氷点橋。   昔は無かった。   ずっと行くと、突き当りに、三浦綾子記念館。(3年前に撮影)  
氷点は、彼女の代表作の1つ。
最初の橋の上流辺りが、「銃口」の中に、登場する。 炊事遠足だったかな。
     ※銃口は、とにかく面白い。  銃口が生まれる瞬間  カナダの音楽 他  (2008年11月11日)

14年6月27日 (8)

駅の、向こう隣りにも、橋が。   クリスタル橋。        昨年の秋に、開通。   

14年6月27日 (9)

駅裏です。    花畑があった。   遠くから見たら、分からなかった。

14年6月27日 (10)     14年6月27日 (11)

普通の花壇と違う。

14年6月27日 (12)

山野草みたい。

14年6月27日 (13)     14年6月27日 (14)

去年来た時、気づかなかった。

14年6月27日 (15)

名前は、分からない。

14年6月27日 (16)

反対から見たらこう。

14年6月27日 (17)

ニッコウキスゲ。   北海道では、エゾカンゾウ。
今月の13日、福島県の雄国沼に行った。   咲き始めだった。   
あれから2週間。   2日前の雄国沼は、こう。 満開。

14年6月27日 (24)     14年6月27日 (39)

オダマキ。   いい花。  久しぶり。  早池峰山で見た、オダマキ。   八甲田山で見た、ミヤマオダマキ
漢字で書くと、苧環だそう。  機織りの際に麻糸をまいた、こんな道具。   
似てると言えば、似てるかな。

  ※ 上の山2つは、花の宝庫だった。  驚き。 強烈。 ウスユキソウを見たくて、みんな早池峰山に。
      ハヤチネウスユキソウ(早池峰薄雪草)の咲く、早池峰山 ~北上山地の最高峰~  明日岩手山へ  他  (2010/7/26)
      八甲田山は、稜線と湿原が美しい。 そして、多くの花。~青森市~  他  (2013/7/14)

14年6月27日 (28)

左は、分からない。  初めて見るような。   
右は、オオバギボウシ。  若葉は、山菜のウルイだそう。 こんな酢味噌料理などに。 食べてみたい。

14年6月27日 (29)     14年6月27日 (30)

これは、よく見る、タチギボウシ。   立擬宝珠。   立木帽子ではない。
蕾(つぼみ)が、擬宝珠(ぎぼうしゅ)に似ている。

14年6月27日 (31)     14年6月27日 (32)

ここから下は、分からない。

14年6月27日 (34) 

14年6月27日 (33)     14年6月27日 (36)    

駅に入ってみた。   美瑛の丘の写真があった。    一番手前は、四季彩の丘。
   美瑛の丘と花。 ぜるぶの丘、四季彩の丘、他。~美瑛町~ 栄冠は君に輝く。 (2013/8/7)

14年6月27日 (18)

上を線路が通っているので、吹き抜けの天井が作れない。  開放感がないかな。

14年6月27日 (19)

正面に、緑橋通り。     西武の建物の左が、買物公園の通り。

14年6月27日 (20)     14年6月27日 (21)

駅の中に、お菓子屋さん。  旭川、札幌、帯広には、お菓子屋さんが多い。

14年6月27日 (22)

戻っている。

14年6月27日 (23)

花の名前をもっと知っていたら、花を見ても楽しい。
この夏は、新しい名前を、10個くらいは、覚えたいもんです。

今日調べていたら、嵐山の方に、北方野草園がある。
一度行ってみましょうか。

大雪森のガーデンも、一度は行かなければ。
入園料800円と、安くはないけど。
昨年は、作っていた。 だから、無料。
   「大雪 森のガーデン」、プレオープン。  道北の新たな観光地へと。~上川町~ 他 (2013/8/20)

【今日の歌】    吉田拓郎    素敵なのは夜
             Mさんから、拓郎の新しいアルバムのコピーを頂いた。
             気に入った曲は、上に書いたの。 YouTubeにはない。
             それで、アップした。
             曲名を入れると、消されやすいので、入れなかった。
               ※ 音楽のアップは、いつも、札幌のTさん。
                  教えてもらって、やってみた。



【停泊場所】   Mさんの家の横

【明日の予定】    青い池と白鬚の滝。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
.         

スポンサードリンク

 
 
元々、旭川市には、大きな観光地は無かった。
みんな素通りして、美瑛を見たり、層雲峡に行った。

ところが、旭山動物園が出来た。
道北の、一大観光地に。

そして今、上野ファーム。
観光バスがやって来る。

今年の春、近くの上川町に、大雪森のガーデンもオープンした。
とても広い。
そこの花を担当したのは、上野ファームの、上野砂由紀さん。

1つの小さなイングリッシュガーデンが、道北の観光を変えようとし、
今はもう、変えてしまったかも知れない。

日本には、たくさんの花園がある。
バラ、ショウブ、ダリヤ、ヒマワリ、コスモス、シバザクラ等々。
今年も、たくさん見てきた。

でも、私の一番好きな所は、今日見学する、上野ファーム。
    ※    ※    ※    ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

旭川市永山にある。



動物園から、車で5分。



この山が、見えてくる。   目印。   永山の開拓は、明治24年から。   屯田兵による。

14年6月26日 (1)     14年6月26日 (30)

お店やレストランは無料。   花の方は、500円。

14年6月26日 (3)

入り口前の庭。   家庭なら、この広さ。

14年6月26日 (29)     14年6月26日 (2)

入った所に、これが。
上野さんの入植は、1906年。   明治39年。  
24年が最初だから、まだ、13年しか経っていない。   早い時期に入植している。
   ※ 上野ファームから、少し離れた所に、国道39号線。   北見に行く道。
      この道が出来たのは、明治24年。  熊はどこにでもいた時代ですね。

14年6月26日 (4)     14年6月26日 (5)

レンガが、イングリッシュガーデンの特徴。
ここから、花園の中に。

14年6月26日 (6)

イングリッシュガーデンとしてスタートしたが、今は、北海道ガーデンと呼んでいる。
それでも、イングリッシュガーデンを学ぶ人は、全国からやって来る。

今年も夏が来て、花が咲いた。

14年6月26日 (7) 

私は、毎年見に来ている。  3年前から。
花の種類が、とにかく多い。   ブログの最後の写真が、今咲いている花の写真。

14年6月26日 (8)

花は、多年草が基本。   
バラ園など、他の花園との違いは、花の種類の多さですね。
それがあるため、イングリッシュガーデンは難しい。

雑草に見えるのもあるけど、みんな花。

14年6月26日 (9)     14年6月26日 (10)

射的山に行ってみる。    今日もいい天気。   夏本番。

14年6月26日 (11) 

上盆地の中。   広い。
右の写真の、右遠くに、山。   あっちの方に行くと、北見かな。

14年6月26日 (12)     14年6月26日 (13)

遠くに、旭川市街。    旭山動物園は、左の方。

14年6月26日 (14)

花によって、咲く時期、背丈などの特徴は、みんな違う。
6月の後半の今頃に、何を見せたいか。
設計図を作る時は、それを考えて作る。

1つの学問と言えるほどの内容を、勉強しないと出来ない。

花の中には、今日は暑すぎると思ってるのもある。
夕方まで、少し葉をしなっとさせて、我慢。

14年6月26日 (15)     14年6月26日 (16)

花壇をつくる難しさは、乗り越えた時に、花壇の魅力の大きさとなって、戻ってくる。
バラ園の魅力は大きい。  菖蒲園もそう。
      伊豆のローズガーデン、河津バガテル公園。  バラが、ちょうど満開。~河津町~  他  (2014/5/31)
それでも、上野ファームに来たら、魅力の大きさは、それらを越えてしまう。

バスが来ると、人がどっとやって来る。
ガーデン街道を巡る、ツアーがある。

14年6月26日 (17)

あるツアーの人が言った。  ここが最後でよかったね、って。
ここを最初に見ていたら、みんなつまらなくなる、って意味。

花の世話をしている人が、今日は、2名いた。
何かを聞いたら、丁寧に説明してくれる。

14年6月26日 (18)     14年6月26日 (27)

白樺。   暑い夏でも、涼しい。

14年6月26日 (19)

奥に、世話してる人。   草取りだけではない。
終わった花は、根の上で切る。   そんな作業も。  いろいろ、教えてもらった。

14年6月26日 (20)

別の区画。   サークルボーダーと、呼んでいる。

14年6月26日 (21)

バラが咲いている。   北海道は、何とか持っている。   本州は、終わり。

14年6月26日 (22)     14年6月26日 (28)

上野ファームの魅力は、人にもある。   今日はそれを感じた。
誰と話しても、みんな温かい。  

これは、上野砂由紀さんの雰囲気と思っている。
彼女の性格と、花に対する考えが、生み出したもの。
その中には、北海道人だなって感じる、おおらかさのようなものも。

ここに来る、魅力。

いい感じ。

14年6月26日 (23)

少し前に、小町の郷で見た、芍薬(しゃくやく)。   この花の前で、みんな立ち止まった。

14年6月26日 (24)     14年6月26日 (31)

右はテッセン。   誰かが、言ったので分かった。

14年6月26日 (26)     14年6月26日 (32)

いいバラがあった。  私が撮影した後、別の人がすぐに撮り始めた。
バラは、私により、いい表情をしている。  ・・・。

14年6月26日 (33)     14年6月26日 (34)

密を吸う管を、ヒュッて、伸ばしている。   いつもは、丸めて。   右は、ジギタリス。

14年6月26日 (35)     14年6月26日 (25)

フォックステール。

14年6月26日 (36)     14年6月26日 (37)

左は、ラムズイヤー。   意味は、子羊の耳、だそう。

14年6月26日 (38)     14年6月26日 (39)

ジギタリス。

14年6月26日 (40)     14年6月26日 (41)

左は、アリウム・ヘアー。   変わった花。   右はバラでいいかな。

14年6月26日 (42)     14年6月26日 (43)

小さな花です。   この庭は、虫たちの楽園。

14年6月26日 (44)

花の名前は、ここで知ることが出来る。

14年6月26日 (45)     DSCF0852ppp.jpg

花の名前は、全部は、調べきれませんでした。
もしかしたら、売店に、本が売っていたかも知れません。
1冊あってもいいかな。
私が持ってるのは、山の花の本、だけ。

上野ファームは、今年も良かったです。

  ※ 美瑛、上富良野の花も、これから咲き始めますね。
     十勝岳の花も、気になります。

【関連ブログ】
   「大雪 森のガーデン」、プレオープン。  道北の新たな観光地へと。~上川町~ 他 (2013/8/20)
   ガーデニングの聖地、上野ファーム。  季節によって変わる、花々。~旭川市~ 他 (2013/8/10)
   北海道ガーデン、上野ファームは、花が満開。~旭川市永山~  他  (2012/8/19)
   北海道ガーデン 上野ファーム ~旭川市~  他  (2011/8/23)

【その他】   昨日、病院に行ってきました。
        骨折の部分はすっかり治って、今問題の部分は、それとは関係ないよう。
        どうも、骨折した時、アキレス腱の少し上の部分を、傷めたよう。
        足自体が、そこを治すために、固くなって、ガードしているという。  
        治るまで、1年とか、それ以上かかるそう。
        することは、運動と、ストレッチ。  痛くなったら、やめる。
        100㌫は、戻らないかも知れない。

        治すために、歩くのを続けます。 
        厳しい登山は、出来ない。

        足の筋肉も、鍛え直すしかない。
        自分の不注意から。  仕方ない。

【今日の動画】    上野さんは、こんな感じの人。



【停泊場所】     姉の家の前

【明日の予定】     市内のどこか。  近く。  晩は、お世話になっている、Mさんの所に。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
.         

スポンサードリンク

 
 
国道12号線を走った。
三笠市を過ぎたら、滝川市まで、道は真っ直ぐだった。
29.2㌔。   直線道路の、日本一。
眠くなるほど、どこまでも、真っ直ぐ。

旭川に着いたら、再び、真っ直ぐ。
蜂屋の、ラーメン屋へ。

食べ終わって、買物公園に。
そこには、佐藤忠良さんが作った、若い女・夏が立っていた。
背筋を、真っ直ぐに伸ばして。
   (中島みゆきの、北の旅人の動画の写真は、38枚。  その中で1番好きなのが、上を撮った写真。
    メロディに合わせて、横に動く時の、雰囲気が好き)

今日は、みんな、真っ直ぐ。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

ここに、直線道路。

14年6月25日 (2)

下の、左の人が、空知の三笠にある、空知集治監に送られた。
囚人として、道づくりをする。

14年6月25日 (1)

※ 北海道の道には、囚人道路と言われる道が、いっぱい。
  トンネルから幽霊が出る。  掘ってみたら、骨が出た。  供養したら、出なくなった。
  そんな話が、新聞をにぎわしたことがある。   遠軽に近い、常紋トンネルもそう。    常紋トンネル

全体は撮れないので、最初と最後を撮ってみました。



最後を少し。



町を通ったので、30分以上です。
運転が飽きてきます。  眠くもなって、上の動画とあと、パーキングで休憩。
1時間ほど走って、着いた。

旭川に帰った時、忘れっぽい私が、うっかり蜂屋を忘れたことは、一度もない。
駅からなら、7~8分でしょうか。



私は、下の写真の右の駐車場に停めた。  有料。
正面の信号の所に、12号線が右から来た。   ここでお終い。
そこから左は、北見に行く、39号線。

14年6月25日 (9)

※ 上の信号から、こっちへは、40号線がスタート。   稚内へ。
   私は、車の免許を取る時、仮免の練習は、ここから数㌔行った所の、40号線だった。
   40の数字が、40制限に見えた。
   教官が、なんでゆっくり走るんだ、と言った。   制限速度を守って、40ですと答えた。
   バカって、教官に言われた。  50制限だった。

ここは、それなりの観光地の、小路。   ふらりーと。   蜂屋は、この中に。
最初に食べた、中学の時も、この入口から入った。

14年6月25日 (6)     14年6月25日 (5)

若いころは、面固め、脂っこく、大盛り、チャーシューメン、を食べていた。
今日は、普通だけど、それでも、しょっぱく、油っぽく感じた。
今度から、薄くにしようかなと。

豚骨と、アジで取ったスープを、ブレンド。   麻薬的な味。
文句なし。
それでも、今まで出会ったラーメンでは、2番目。  どうしょうもない。 幻のラーメンが、札幌にあったから。
                           幻のラーメン 「富公」 の思い出 (10月5日)

14年6月25日 (3)     14年6月25日 (4)

ラーメンは、満足。

直ぐ近くに、この通り。    買物公園。   ずっと行ったら駅。

下の写真は、中島みゆきの、北の旅人の中に使った写真の1枚。
一番好きな部分に、この写真を使った。

ppkppp090p.jpg 

今日も、このように。
私が学生の頃は、車が通っていた。  その少し後から、今の形。
この一帯は、高校時代、毎日歩いた道。

佐藤忠良さんの像は、大好き。   
  ※  忠良さんは、3年前になくなった。 仙台 ~広瀬川・青葉通・定禅寺通・佐藤忠良記念館 ~   他  (2009/10/09)

14年6月25日 (7)

別方向から。

14年6月25日 (8)

忠良さんの像が出て来るのは、3ふん48秒から。   
   ※ 動画全体は、編曲を含め、札幌のTさんが作った。  私は、写真の選択と、入れ替えくらい。
中島みゆきは、この曲を歌っていない。  楽譜があると、分かっているだけ。
中に出て来る詩は、いいですよ。

自分が聴くと、メロディが、その時々の楽しかったことや、苦労を、思い出させてくれます。



(1)函館(13秒~)              (2)札幌(19秒~)               (3)ファーム富田(24秒~)  
(4)神威岬(30秒~)             (5)函館(36秒~)              (6)中標津、開陽台(41秒~
(7)サロマ湖(46秒~)            (8)利尻岳(52秒~)             (9)オンネトー(58秒~
(10)黄金道路(1分3秒~)         (11)襟裳岬(1分10秒~)          (12)小清水原生花園(1分15秒~
 (13)羅臼港(1分20秒~)           (14)小樽(1分25秒~)          (15)根室、風蓮湖(1分30秒~
(16)タウシュベツ川橋梁(1分35秒~)    (17)宗谷岬(1分41秒~)        (18)稚内、北防波堤ドーム(1分47秒~
(19)美瑛、ビルケの森(2分20秒~)     (20)女満別(2分26秒~)         (21)積丹ブルー(2分30秒~
(22)黒岳(2分36秒~)           (23)摩周湖(2分42秒~)        (24)襟裳岬の近く(2分47秒~
(25)登別(2分53秒~)           (26)美瑛(2分59秒~)            (27)北見、ピアソン記念館(3分4秒~)   
(28)落石岬(3分9秒~)            (29)黒岳頂上(3分15秒~)        (30)美瑛、青い池(3分20秒~
(31)礼文島(3分27秒~)           (32)大通り公園(3分31秒~)         (33)斜里町(3分37秒~
(34)納沙布岬(3分43秒~)         (35)旭川、買物公園(3分48秒~)      (36)礼文島、スコトン岬(3分54秒~
(37)落石岬(3分59秒~)           (38)稚内、ペチカ(4分5秒~

旭川には、何日いることになるでしょう。
病院に行っての、診察の結果ですね。
治らないって言われたら、どうしましょう。

【停泊場所】     姉の家の前

【明日の予定】   病院。   その後、どこかな。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
.         

スポンサードリンク

 
 
旭川に急ぐため、フェリーに乗った。
大きなフェリーなので、お風呂など、なんでもある。

船の旅は、のんびり。
それが普通だけど、私は、ブログが終わっていないから、いそがしい。
恵山を過ぎて、ネットがつながらなくなった。
やっと、自由に。
船内コンサートも、聴いた。

快晴。  青い空と海。
竜飛岬など、懐かしい風景が、見られた。
写真は撮れなかったが、大間のマグロが、水面を跳んだ。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

寝坊したら大変。  姉に電話して、起こしてほしいと、まず保険をかけた。
そして、フェリーに乗る車が並ぶ駐車場に、停めた。  

フェリーは、敦賀からくる。   秋田に寄る形。  昔、小樽・舞鶴間を何度か乗った。
   
pppppp000pp_201406251316101ff.jpg

新日本海フェリーの、ターミナル。

14年6月24日 (3)

朝の6時頃。   トラックが入って行く。   上と下がある。

14年6月24日 (4)

大きなフェリー。     しらかば。  20563㌧。

14年6月24日 (1)     14年6月24日 (2)

6時40分。   乗り込む。   下の、トラックの方に。



大型トラックが、186台積まさる。   船は、大きい。

14年6月24日 (5)     14年6月24日 (6) 

7時ちょうど、出航。   昨日登った、タワーが見える。

14年6月24日 (9)

適当な部屋に入った。    こうやって、パソコン。   津軽海峡を出るまで、ネットがつながった。
右の夫婦は、北海道旅行。   車で。  オホーツク方面。

14年6月24日 (7) 

※ 個室や2段ベッドは、別料金。   ホテルに泊まったつもりで、利用する人がいる。
   こんな部屋。   トイレお風呂付。

南に行くフェリーがやってきた。 この2つで、行ったり来たり。    ※  どうして、ななめに・・・。



船の中を紹介。  ここで、テレビを見て過ごしてもいい。

14年6月24日 (10)     14年6月24日 (11)

上の階に、レストランや大浴場。  

14年6月24日 (12)

奥にレストラン。   右は、個室かな。

14年6月24日 (13)     14年6月24日 (14)

この後、2時間ほど、写真の整理を。

新日本海フェリーの特徴は、料金が安いこと。  今回、2万2千円ちょっと。
ただ、食事は、安くない。  高い。

14年6月24日 (15)     14年6月24日 (16) 

9時頃、食事をした。  これで、1010円。
これだけ食べたら、昼は食べなくていい。  塩辛が、気に入っている。

14年6月24日 (17)      14年6月24日 (18)    

いい天気だ。   日本海は、いつも荒れる。   今日は、おだやか。

14年6月24日 (19) 

白神山地が見えてきた。   日本トップクラスの、ブナの森。   世界遺産。
海岸を五能線が走っている。

   五能線 ~車窓からの風景~   他  (2009/09/15)
   白神山地散策 ~鰺ヶ沢黒森 ミニ白神遊歩道~  他 (2009/09/05)

14年6月24日 (20) 

津軽海峡に入った。   北海道の、松前方面。  新幹線は、あっちの方から出て来る。

   新幹線のレール 白神岬 千軒岳 他 (2009/07/16)

14年6月24日 (21)

見えてきました。   竜飛岬。   津軽半島の先端。

14年6月24日 (22) 

珍しい、階段の国道がある。

   竜飛崎(岬)  津軽海峡冬景色  階段国道   他 (2009/09/02)

14年6月24日 (29)     14年6月24日 (30)

こっちは、下北半島。   恐山など、見所が多い。

   仏ヶ浦は、奇岩怪石が続く、人の世ならぬ処。  北限のニホンザル。~佐井村・むつ市~  他  (2012/10/8)
   地獄と極楽の風景が広がる 霊場恐山 ~むつ市~   他  (2010/9/24)
   本州最北端大間崎 大間のマグロ 他 (2009/07/14)

14年6月24日 (23)

大間沖で海を見てたら、マグロが飛んだ。  テレビに出るような、大きいのが。
イワシの群れで、海の表面が、ガシャガシャの感じの所に、突っ込んで行った。

木材を、満載。   海面上より、下の方が、重いんですね。  そうでなければ、ひっくり返る。

14年6月24日 (31) 

ぼさっとしていたら、函館山が過ぎた。  左の方。  
右に、湯の川温泉。   啄木が、カニと戯れたのは、ここ。
立待岬は、函館山の、こっち側。    函館は、見どころいっぱい。

   大間から、津軽海峡を渡る。  函館の夕暮れ時。 赤レンガ倉庫群他。~函館市~ 他 (2013/7/18)
   函館の坂道を歩く  函館山からの夜景 ~チャーミーグリーンの坂 宝石箱を・・・~   他  (2010/8/3)
   立待岬  他  (2009/07/17)

14年6月24日 (24) 

恵山が見えてきた。   思い出の温泉がある。   面白かった。  

   恵山は、地獄の中に聳え立っていた。  水無海浜温泉は、混浴露天風呂。~函館市~ 他 (2013/7/19)
   恵山岬 水無海浜温泉(無料混浴露天風呂)~函館市~   他  (2010/9/21)

14年6月24日 (25)     14年6月24日 (33)

変わった形。   日本郵船の船。

14年6月24日 (34)

恵山を過ぎたら、船は、陸から離れた。   ネットがつながらなくなった。
お風呂に入ることに。  こんなの。
湯船の湯が、揺れるから、自分も揺れる。   ゆりかごの中。

F1114.jpg

私は行かなかったが、ビンゴ大会があった。
そして、サクソフォーンのコンサート。   あべよしえさん。   プロのよう。

14年6月24日 (26)

軽やかに吹いていた。



※ 演奏の後、CDを売っていた。  みんな買わないで帰った。
   誰も買わなかったら、買おうと思っていた。
   そうしたら、買う人が現れた。   

間もなく、5時。   苫小牧港が見えた。   

14年6月24日 (27)

予定通り、5時20分に着いた。   私が、最初に出る。



北海道の空気は違う。
食べたいものが、いっぱい。   ジンギスカン。  ホッケの開き。  ニシン。

こんなに広くなくてもいいのに、と思うほど、道は広い。
停めて寝ようと思ったら、直ぐに見つかる。

旭川で、足を元に戻す。
そして、いっぱい山に登る。
右足が治ったら、右足だけ、おもりをつけて生活。
すっかり、筋肉が落ちたので。

青い空が、北海道をおおっている。
空まで、広く感じる。

【今日の歌】   水鏡 鈴木一平   この人、夕張川を歌っている。  明日渡るけど、こっちの方がいいので。 



【道の駅】   ウトナイ湖  

  

【明日の予定】     旭川まで走る。   蜂屋のラーメン。   どこを見ようか。  買物公園か。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
.         

スポンサードリンク

 
 
フェリーが次の日になった。

近くに、秋田城跡があるので、行くことに。
ただ、これは、普通の城ではない。
古代の、柵で囲まれただけの城で、政治を行った国府の役割の時も、あった。

道の駅にある、ポートタワーセリオンに上がって、秋田市の街を眺めた。

いつもお世話になってる、東風さんが、カンボジアに行ってきた。
18日から22日までの日程で、学校を視察してきた。
子供たちの生活は楽ではない。
でも、みんな、一生懸命生きている。    
写真を、何枚か紹介。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

じっとしてる訳にもいかないので、行ってみる。
歩いていたら、何か発見があると思って。

秋田城は、秋田市の市街地の中にある。      



秋田のお城と言えば、普通は久保田城。
中心街にある、秋田藩(久保田藩)のお城。

駐車場から、山の上の方に歩く。    何となく、時計回りで。
説明で分かったが、古代の城だった。
   
14年6月23日 (31)     14年6月23日 (32)     14年6月23日 (33)

左に、古四王神社(こしおうじんじゃ)。   秋田市の中では、中心的な神社。  見てきた。
齶田浦神(あぎたのうらのかみ)が、はるか昔に、祀られている。  この「あぎた」が、「あきた」になったとも。
       ※ (あぎ)は、歯茎のことのよう。
少し向こうに、駐車場があった。

14年6月23日 (21)

上の写真の、道路の向かいに、2つの案内。
左は、鳥居前にあった、茶屋。  (詳しくは、最後に動画で) 

菅江江真澄は、この土地の人ではないが、晩年は、秋田藩(久保田藩)から、出なかった。 
      ※ 彼を初めて知ったのは、手這坂(てはいざか)で。  
              撮りましたよ。 マムシです。  手這坂茅葺集落  他 (2009/09/16)

14年6月23日 (39)     14年6月23日 (40)

歩いていたら、人形を作っている家があった。
調べてみたら、土崎みなと曳山祭りの、人形だった。
土崎みなとは、道の駅がある所。   広く、秋田港だが、その中に、土崎港。
      ※ こんな祭でありこんなんでも。   あと1ヶ月。  東北の人は、祭に燃える。

14年6月23日 (19)     14年6月23日 (20)

お米屋さんの入り口に、小野小町。  百人一首の歌。
  「花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに」
      ※ 花(桜)の色は、変わってしまった。
                 雨が降って、眺めてる間に。 
        自分も年を取って、すっかり変わってしまった。  
                 月日が経(ふ)る間に。

14年6月23日 (1)

※ 上の写真について。   私は、この小町が好き。   ネット上にあった。 (たまたま、私のだった)
   秋田美人の典型は、このような、少し、うりざね顔

綾小路(あやこうじ)跡。   昔、ここに赴任した役人が、京都を懐かしんで、こう呼んだ。
綾小路通は、四条通の上の、細い道
  ※ 京都の中央上あたりに、大内裏(だいだいり)があった。  天皇がいて、政治の中心。
    役人は、その南辺りに住んで、そこにあったのが、綾小路通り。

14年6月23日 (2)     14年6月23日 (41)

やっと案内が見えてきた。

14年6月23日 (3)

秋田城は、こんな塀で囲まれていた。    一部を復元。

14年6月23日 (4)

城は、塀で広く囲む。   だいじな部分は、さらに囲む。
奈良時代からの話。  普通の城とは、全く違う。   別な呼び名に、できないのか。

穴のあるところは、土の質が違うので、分かるんですね。

14年6月23日 (5)     14年6月23日 (6)   14年6月23日 (7)

塀の外は、このように。   広く公園になっていて、池もある。   外から見た塀。

14年6月23日 (8)     14年6月23日 (9)

塀の中に入って、城の中にいる。  そうしたら、また塀があった。  
この塀で囲まれた部分が、城の中心。    政庁って呼んでる。

14年6月23日 (10)

政庁の模型。  時代と共に、変化している。

14年6月23日 (11)

東北を支配するためにつくった。   そのために、どのくらいの数の兵士がいたのでしょう。
力のない者に、誰も従わない。   

14年6月23日 (12)     14年6月23日 (13)

政庁の内部。  塀は、一部を復元。

14年6月23日 (14)

柱の跡は、こうだったということですね。
防衛の拠点だったので、城跡と呼ぶよう。
政治の中心なら、国府跡になりますね。   これなら、全国に、いくつもある。  ※ 後で紹介。

ここも、国府の役割をした時代があるそう。

14年6月23日 (15)

城跡は、神社になることが多い。  ここは、護国神社。
変わった建物があった。   齊(さい)館。   何に使われたかは、分からない。
斎場と関係あるのか。  齊院なら、京都にあったが・・。  (天皇に代わって、伊勢に)

立派な神社。

14年6月23日 (34)     14年6月23日 (16)

さざれ石。   伊吹山に多い。   石灰質の何かで、石がくっ付いた。

14年6月23日 (17)     14年6月23日 (35)

池のあった方を通って、戻った。
途中に、古代の水洗トイレ。

14年6月23日 (18) 

道の駅に戻って、上に上がった。   エレベーターで。



展望室は、高さ100㍍。  無料。
下に、秋田港。   昔の雄物川の河口。   今の河口は、ずっと向こう。   右に海が少し見える。
市街地の中心は、中央左。

14年6月23日 (36)

壁に風が当たっても、大丈夫なのか。  不安。  風速、40㍍の突風とか。

14年6月23日 (37)     14年6月23日 (38)

遠くに、市街地の中心が。

14年6月23日 (22)

久保田城が見えている。  千秋公園でも。
    千秋公園  ねぶり流し館  狐の行列 ~秋田市~  他  (2011/10/8) 

14年6月23日 (42)     14年6月23日 (43)

国道7号線。   何度も通った道。    7号線と8号線で、京都に行く。

14年6月23日 (44)

北方面。

14年6月23日 (23)

すぐ下に、フェリーターミナル。  

14年6月23日 (24)

下に降りたら、地図があった。   昔の様子も。

14年6月23日 (25)     14年6月23日 (26)    14年6月23日 (27)

今日は、時間つぶしの感じもあったけど、歩けば、何かに出会う。

秋田城を拠点に、本州の北部を治めたんですね。
具体的に、何が出来たのでしょう。
年貢を集めたとすれば、ちゃんとした組織は、あったのでしょうか。

私のおじいちゃんは、秋田市の出身。   私が生まれた時には、いないけど。
おやじが生きてる間に、ちゃんと聞いておくんだった。
詳しいことは、何も分からない。
     ※ そう言えば、今日は、おやじの命日だった。


【東風さんが、カンボジアへ行ってきた】

東風さんの会社を引退した社長さんが、npoで、カンボジアのコンポントムで、学校を作るプロジェクトを行っている。
そんな関係で、東風さんの職場の人たちが、視察に行ってきた。

旅のコースは、下の地図。   青の線は、陸路。

14年6月23日 (28)     14年6月23日 (30)

目的地が、コンポン・トム。

14年6月23日 (29)

東風さんからのメールの文の一部はこう。

   カンボジアは、ポルポト政権の影響で、まだまだ後進国。
   田舎はとても貧乏で、子供たちは満足な教育が受けられません。
   読み書きができない成人も多く、田舎には学校もなく、
   ましてや学校へ行かせる余裕など、ない状況だそうです。

こんな学校です。
建ててそれで終わりなら、どうなっているかの視察なんか、しませんね。

14年6月23日 (47)

ポルポトはひどかった。  30年以上前の話。
政権を維持するために、知識層を始め、徹底的に殺した。
結果、14歳以下が、国民の85%も占めることになった。(Wikipedia)

日本を始め、世界が監視の役割を果たせないから、カンボジア国民は、苦しむしかなかった。

小さな子供がいる。  左右どちらかの子が、面倒を見ている。 だから一緒に、学校。
こんな姿は、昔の日本でもあった。

14年6月23日 (46)

※ 上の写真で、教師をどのように育てているかが気になります。
   物をつくることは、目に見えます。  ニュースになり易い。
   でも、教師を育てるのは、難しいプロジェクト。
  
幸せは十分でない、という表情の子も、多いでしょうか。
ただ、目つきが純粋。   日本の子供と、少し違うでしょうか。

14年6月23日 (45)

この子達が、幸せをつかめたら、カンボジアのこれからは、合格と言えますね。
右の写真は、お店でしょうか。  

14年6月23日 (48)     14年6月23日 (49)

歴史上、血迷った権力者は、いっぱいいる。
ルーマニアの、チャウシェスクもそう。  一緒の写真がある。 
中央右は、ポルポト。  左が、チャウシェスク。

秋に、東風さんに会ったら、子どもたちの様子を、詳しく聞いてみたい。

【ブログ紹介】
   讃岐国分寺跡。  第80番札所國分寺。  讃岐国府跡を歩く。~高松市・坂出市~  他  (2014/4/19)
   道の駅 ふたみ で一休み ~暴風雨で動けず  伊予市~  徒然  (2011/2/12)(チャウシェスクから逃げる、コマネチ)

【動画の紹介】



【道の駅】    あきた港

【明日の予定】    朝7時のフェリーで、苫小牧に。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
.         

スポンサードリンク

 
 
菖蒲園に咲いてるのは、菖蒲(ショウブ)と思っていたら、違った。
花菖蒲だった。
アヤメもショウブも、菖蒲と書く。
でも、菖蒲と書いたら、ショウブと読みたくなるし、それでいいみたい。

似たのにカキツバタもあって、ややこしい。
ハナショウブ、アヤメ、カキツバタ、ショウブ、の4つで、頭が混乱。

県立の小泉潟(こいずみがた)公園に、菖蒲園があった。
そこで、ハナショウブを見た。

秋田港には、新しく、道の駅が出来ていた。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )     

ここぞ、という所は見つけられなく、小泉潟公園に行くことに。
秋田市街地の、少し北。



県立の施設ですね。  県立には、いいのと悪いのが。
管理にお金を使っていたら、いいですね。
管理にお金を使うということは、人を雇うこと。

雇用が増え、公園なら公園の、環境が良くなる。
最近見た、どこかの、バラ園だったでしょうか、よかった。

菖蒲園と日本庭園を見ることに。

14年6月22日 (1)     14年6月22日 (2)

駐車場から5分ほど歩いたら、菖蒲園。
菖蒲(ショウブ)がある訳ではなく、花菖蒲(ハナショウブ)があっても、菖蒲園。
   ※ 場所によっては、花菖蒲園と言ってる所もあるんだけど。

14年6月22日 (3)

ハナショウブ。   水たまりがあったり、土が乾いていない。
アヤメは、畑にあった。
これが、大きな違いなんですね。   
でも、花や葉っぱの違いは、分からない。

一斉に咲き始める、少し前でしょうか。

14年6月22日 (4) 

この前に見たアヤメより、だいぶ咲いていますね。
これがハナショウブだなって見るのは、初めて。

14年6月22日 (5)

環境がいいと、花は、より美しくなるのか。

14年6月22日 (28)

ここには名前があるけど、無いのも多い。

14年6月22日 (29)

江戸系ってある。   何でしょう。   調べたら、
ハナショウブには、江戸系、伊勢系、肥後系の3つがある。   
  ※ あと1つあって、原種の特徴を強く残す、長井古種(長井系)も。  先日、長井で長井古種は知った。

これは、そのうちの1つ、江戸系。
イメージとしては、すっきりとした感じ。
花びらが垂れたりせず、華やかな、江戸っ子の雰囲気だそう。

14年6月22日 (6)     14年6月22日 (7)

※  肥後系は、肥後六花の1つ。  肥後花菖蒲。  
    これは、鉢植えにして座敷で観賞するため、横から見た姿が美しくなるように、改良されたそう。
   例えば、こんなの

整理すると、こう。 ※ サイト名が分からないのですが。

aaaasa.jpg     eeeere.jpg  

早生(わせ)種は、早く咲くという、意味ですね。
三英咲き、六英咲きは、何でしょう。   写真の下に。

14年6月22日 (8)     14年6月22日 (9)

英は、花房の意味。

kkkkk.jpg

下のは確かに、六英咲きって、分かりますね。
右は分かりにくいけど、六英咲きみたい。

14年6月22日 (22)     14年6月22日 (23)

フロストは、霜って言う意味ですが、そのイメージでしょうか。

14年6月22日 (24)

名前は分からない。

14年6月22日 (25)     14年6月22日 (30)

花の中の方に、黄色い部分がありますね。   それが、ハナショウブの特徴。

14年6月22日 (26) 

黄色い部分は、アヤメもカキツバタも、同じでない。 違う。
ハナショウブは小さ目。  アヤメは、大きい傾向。    
いろいろ見ると、紛らわしいのもあるけど。    ショウブは、美しい花ではない。

ppop000pppp.jpg

この花を見ると、花菖蒲の魅力は、大きいなって感じる。

14年6月22日 (27) 

近くに、こんな説明。

14年6月22日 (10)   

ここは昔、金足(かなせ)って言われている。
乱橋という地名が見える。  珍しい。  
     ※ 昔、乱橋という投手がいた。 ヤクルト。 今は、コーチ。
       根室の、花咲小学校出身。  私が行く、少し前までいた。

曲がり家が見える。

14年6月22日 (12)     14年6月22日 (11)

こんな和風庭園。

14年6月22日 (13)

花いっぱいの公園なら、みんな行く。  でも、静かな和風庭園には・・・。

14年6月22日 (14)

会ったのは、1家族だけ。  子供が、鯉にエサをやった。   池の鯉が、みんなやってきた。

14年6月22日 (15)     14年6月22日 (16)

奥の方から、来た方向を撮影。

14年6月22日 (17)

庭園は、造るのが目的だったと感じる庭園。
散策して、楽しめる庭園ではなかった。

道の駅に、戻った。
新しく、道の駅が出来ていた。  2年前。

14年6月22日 (18)

ここは、秋田港。  向こうに、フェリーターミナル。

14年6月22日 (31)

1週間の中で、今日だけ、フェリーは無かった。
明日の早、7時。   苫小牧行に乗る。  大きな船。

反対側。   魚釣り。   このしろ、って魚が釣れていた。  ※ 酢でシメたのを見る魚
見える海は、旧雄物川の河口。

14年6月22日 (21)

ポートタワーセリオン。   塔の様な建物。     風で倒れないのが、不思議。

14年6月22日 (19)     14年6月22日 (20)

今日は、ショウブ、アヤメについて、少しだけですが、勉強しました。
何にでも首を突っ込んで、みんな少しだけの知識。

最後の写真のハナショウブ、あれが好き。
いい花を見ました。

【ブログ紹介】
   千秋公園  ねぶり流し館  狐の行列 ~秋田市~  他  (2011/10/8) 
   秋田国際ダリア園 ~秋田市~  他  (2011/10/9)
   康楽館 劇団龍 公演 ~大衆演劇と舞踊ショー~   他  (2010/7/30)

【今日の歌】    Quiero Bailar(踊りたい)。   歌手は、Kinzli(キンジル)。
            一昨日のと、同じ曲。



【道の駅】  あきた港



【明日の予定】   明日フェリーが出ないので、近くの見学。
            24日の早朝に、乗ります。   苫小牧まで。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
.         

スポンサードリンク

 
 
六郷の町の、いたるところから、清水が湧き出ている。
みんな、名前がある。
飲めるところも。
綺麗な水にしか棲まない、珍しい、イバラトミヨもいる。

水の流れる音が、歩いていたら聞こえる。
六郷は、豊かな水の町。

道の駅、おがちの近くで、芍薬(しゃくやく)の花を見た。
初めて。
小町を慕う深草少将に、小町はこう言った。
毎晩芍薬を1株ずつ通い路に植えて、100株になったらお会いしましょう、と。
99株までうまくいったのに、・・・。
芍薬は、その伝説の花。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )     

美郷町は、少し北に行くと、角館、そして、田沢湖ですね。
そんな位置。



名水市場湧太郎に、車を置かせてもらった。
観光情報センターがあって、地図をいただいた。

右の地図は、右が北の方。    下の方に、奥羽山脈。  この山のおかげで、湧水。

14年6月21日 (1)     14年6月21日 (2)

ここは、昔は六郷町。   他と合併して、美郷町。   時計と反対回りで歩く。
菅江真澄は、東北を歩き回って記録を残した人。   ブログに何度か。
  ※ 北海道にも、渡っていた。    大変な所に、行っている。
        太田山神社は、断崖絶壁の洞窟にあった。  泉質がいい臼別温泉。~せたな町~ 他 (2013/7/23)

養栄丸(ようえいがん)は、滋養強壮剤だけど、六郷とどんな関係があるのか。
ふざけた歌なら、見当が付きそうだけど、はっきりはしないか。   ネットでは、分からない。

14年6月21日 (4)     14年6月21日 (3)    14年6月21日 (5)

向こうから来た。   最初の湧水がこの辺りだけど、分からない。
右に店。  あった。   塀の中。    ハリザッコがいるって。   何だろう。

14年6月21日 (6)    14年6月21日 (7)

中は、こうでした。  湧水。   清水(しみず)と呼んでいる。
店の名前は、ハタチや酒店。   それで、ハタチや清水。

14年6月21日 (44)

綺麗ですね。   たまり水ではない。  流れている。  毎分、400㍑。
湧水群の中で、一番高い位置にある。

14年6月21日 (8)

こうです。  1秒間に、7㍑ほど。  こんこんと湧いている。  
                          ※ 音はしないから、こんこん。  キツネが鳴いたら、コンコン。



店にあるのを、見せてもらった。   ハリザッコ。   イバラトミヨのこと。
     ※ ハリは、針。  ザッコは、小魚の総称の、雑魚(ざこ)ですね。  針雑魚が、ハリザッコ。
水は、冷やさなくていいのかな。

14年6月21日 (9)     14年6月21日 (10)

※  トミヨとか、ハリヨとか、イトヨなんかがいる。 似てて、紛らわしい。
   Wikipedia の説明はこう。
     日本にいるトゲウオ科は、2つの属。
       ① イトヨ属が2種・・・・イトヨ   ハリヨ
       ②  トミヨ属が5種・・・・トミヨ(イバラトミヨに似てる。 写真は、見つからない)  
                    エゾトミヨ  イバラトミヨ  ムサシトミヨ  ミナミトミヨ
          みんな似ていて、何が何だか。
          とげの数や、顔かたちや生態が、違うよう。  今回は、ここまで。

突き当りの店が、今お世話になった、ハタチや酒店。  こっちに来た。   右に、久米清水。

14年6月21日 (11)

このように、池を大きくしないで、どんどん流すと、水はきれい。  右の方から出てる。  右が、山の方。

14年6月21日 (12)     14年6月21日 (13)

水が揺れると見える。



少し歩いたら、右に。  御台所(おだいどころ)清水。

14年6月21日 (14)

こうです。  いいですね。

14年6月21日 (45)

よく見たら、イバラトミヨがいっぱいいた。

14年6月21日 (53)     14年6月21日 (52)

    ※ トゲウオは、北海道には、まだたくさんいる。
      昔、根室の長節湖(ちょうぼしこ)で、ワカサギ釣りをやった。
      そうしたら、トゲウオばかりが、次々と。  みんな捨てた。

      子供の頃、捕まえて、飼って遊んだ。  
      ピンポン玉のような巣も入れて

キャペコ清水。   変な言葉。   東北は、おかしな言葉は、アイヌ語と疑っていい。
キャペもキャペコも、睾丸の意味。  昔の人は、おおらか。 

見える2つは、まるい。  それで、この名前。 きっと。

14年6月21日 (16)

上の写真の左にも、1つある。  これも、まるいか。   右の写真は、上の写真の奥の方の清水。

14年6月21日 (15)     14年6月21日 (46)

ここは、観光休憩所。

14年6月21日 (17)

右向こうから来た。  土地に傾斜があって、水は、せせらぎのように、流れていく。
町を歩いていても、水の音が、どこからか聞こえる。
六郷は、水の聴こえる町でも・・。

14年6月21日 (18)

町並みに、水があるといい。
その水が、人々の心に、きっと潤いを持たせている。
水の城下町と呼ばれる、島原市を思い出す。  寒ざらしがうまかった。

藤清水。  そばに、藤棚があった。
このくらい大きいと、飲める水の感じでは、なくなる。
昔は、もっと勢いよく流れていたかも知れない。

14年6月21日 (19)     14年6月21日 (20)

こんなのが、あったり。

14年6月21日 (54)     14年6月21日 (55)

昔は、清水が100はあったという。  今は減ったよう。
歩いていたら、穴があったりする。  昔の清水跡。

川や、下水や、そんな工事で、地下水の流れは変わる。
山の木を切ると、雨はしみ込まないで、流れるのが多くなる。

下で言ってる駅は、宿駅のことで、つまり宿場ですね。
ここに、六郷宿の西側の入り口があった。  木戸門だから、こんなのか
                   ※ 六郷宿の昔の様子は、こんな感じ。  寺が目立つ。

少し奥に、永泉寺。

14年6月21日 (56)     14年6月21日 (21)

しばらく歩いて、側(がわ)清水。  左の小さな建物の中。   中央に、お堂。

14年6月21日 (26)

中は、こう。   飲める水。   ペットボトルに、汲んでる人がいた。
一番右の写真。  いいことが書いてある。
手で飲もうとして、みんなこぼれてしまったら、悲しい。

14年6月21日 (48)     14年6月21日 (24)    14年6月21日 (22)

お堂の中には、がわしみず地蔵菩薩がある。
彼女は、お地蔵さんの水を、新しいのに取り替えた。  水の入った、入れ物が見える。
そして、自分も飲んだ。  ゆっくり、味わうように。

この後、右の写真のように、しばらく手を合わせていた。

14年6月21日 (23)    14年6月21日 (25)

しばらく歩く。   奥羽山脈が見える。   東北地方の、背骨。
山があると、雲が生まれる。  そして、雨。  それが、いつかは湧水になって。

いい水から、美味しい米が育つ。  きっと、あきたこまち。
昨日、スーパーで米を買った。 並んでいた米のほとんどが、あきたこまち。
ご飯が、大好き。   ごはんの国に、生まれてよかった。

14年6月21日 (27)    14年6月21日 (28)

ニテコ名水庵。   時間がないので、寄らなかった。
地図を見ていたけど、迷った。   自転車の男の子が、教えてくれた。  友達になった。

14年6月21日 (29)    14年6月21日 (30)

台蓮寺にも、清水があった。   
板碑(いたび)がある、とある。  でも、どの板碑も、丸っこい石だった。

14年6月21日 (31)    14年6月21日 (32)

道端の花。   花の季節。

14年6月21日 (57)

ここが、一番遠かった。  紙漉座(かみすきざ)清水。   昔、紙を漉(す)いたのか。

14年6月21日 (33)

誰かが、ちゃんと整備している。

14年6月21日 (49)     14年6月21日 (50)

湧いてるのが、見えた。



左に、六郷小学校。  グランドの近くにあった。    長栄堂清水。

14年6月21日 (34)     14年6月21日 (51)

町の中に、戻って来た。
羽州街道は、福島県の桑折(こおり)から分岐。
    ※ 下のブログの、一番下に、羽州街道から桑折を、見下ろす写真。  昔の羽州街道を歩いた。
              七ヶ宿街道     他   (2009/10/10)

14年6月21日 (35)     14年6月21日 (36)

栗林酒造。  大きいですよ。

14年6月21日 (37)     14年6月21日 (38)

寺町通り。   2つの寺を紹介。

14年6月21日 (39)

正しい読みは、どれだろう。   ほんがくじ、ほんかくじ、ほんがんじ。
白雲上人がいた。   絵の上手な人。   
亡くなる少し前に、弟子に肖像画を描かせた。  この寺にある。

山の端(は)の月ってあるけど、歌を作る人は、みんな知っていたのかな。   和泉式部の歌にも。

14年6月21日 (40)     14年6月21日 (41)    14年6月21日 (58)

照楽寺。   先祖は、平将門だという。   陣幕という証拠があるよう。
住職さんの苗字は相馬。  将門は、相馬小次郎でもあった。

本堂が、夕陽に照らされた。

14年6月21日 (42)    14年6月21日 (43)

湧水が、こんなにたくさんあるのは、初めて見たでしょうか。
飲める、清水。
これが、一番ですね。
側(がわ)清水の水を飲んだけど、美味しかった。

豊かな清水の里、六郷でした。

【ブログの紹介】
   本願清水イトヨの里  荒島岳の麓、勝原(かどはら) ~大野市~  他  (2011/7/2)
   梅の花の島原城。  水音の聞こえる城下町。 寒ざらし。~島原市~  他  (2013/3/3)
   みちのくの小京都、角館。  しだれ桜の、武家屋敷通り。~仙北市角館町~ 他 (2013/7/11)
   乳白色の湯、乳頭温泉。  玉川温泉。  ニッコウキスゲ。~仙北市~  明日、八甲田山へ。 (2013/7/13) 

【芍薬の花】    シャクヤクは、ボタンに近いんですね。
         ボタンは、木。   シャクヤクは、草。
         場所は、小町芍薬苑。

シャクヤク・小町 (1)     シャクヤク・小町 (2)

シャクヤク・小町 (3)

シャクヤク・小町 (4)

シャクヤク・小町 (19)

シャクヤク・小町 (12)     シャクヤク・小町 (11)    シャクヤク・小町 (14)

シャクヤク・小町 (18)    シャクヤク・小町 (17)    シャクヤク・小町 (13)

シャクヤク・小町 (10)    シャクヤク・小町 (15)    シャクヤク・小町 (16)

シャクヤク・小町 (5)    シャクヤク・小町 (7)    シャクヤク・小町 (6)

伝説の場所が、この一帯に、たくさんある。

シャクヤク・小町 (8) 

小町の母の、墓だという。

シャクヤク・小町 (9)  シャクヤク・小町 (20)

  小野小町 その2 ~桐木田の井戸・姥子石・長鮮寺跡・磯前神社~  他 (2009/10/01)
  小野小町 その1 ~小町像・岩屋堂・小町堂~   他  (2009/09/30)

【十文字ラーメン】    丸竹食堂    こんなに細い麺は、初めて。  細さに慣れたら、美味しい。
            慣れてなかったら、普通に美味しい。  チャーシューが薄い。   スープは、溢れるほど。
               450円。   不満は無い。

14年6月21日 (59)

【道の駅】    なかせん     ドンパン節のふるさと。



【明日の予定】    秋田への途中の、どこか。
             明後日、秋田から苫小牧に、フェリーで。
             ※ 追記  月曜は、フェリーがない。 火曜日の朝。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
.    

スポンサードリンク

 
 
鬼首は、おにこうべと読む。
恐ろしい名前の、地名。

そこに、地獄谷があるので、行ってみた。
間欠泉が、いくつもあった。   
小さな物から、それなりの物まで。

温泉卵を作って、遊んだ。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

鬼首(おにこうべ)地区は、宮城県の西北の山の中。   



国道108は、秋田県の湯沢市に行く。  山を出た所に、道の駅おがち。   小町のふるさと。
赤の〇が、駐車場。

14年6月20日 (34)

鬼首伝説がある。   
大竹丸は、東北で力のあった人でしょうね。
具体的に、誰のことかは、分からない。  
安倍氏かも知れない、という考えがあるよう。(安倍氏は、遠野のブログで紹介)

_MG_3044kk.jpg

※ 首は、こうべ、とも読むんですね。   こうべは、頭のイメージ。
  でも昔、首を取ったと言えば、頭から上、全部を取ったことだから、首をこうべと読んでも、よさそう。

駐車場。   右を下りて、正面の沢に入って行く。   

14年6月20日 (1)

桑の実があった。   今年初めて食べる。  とっても、甘い。  ミニミニ、ぶどう。

14年6月20日 (29)     14年6月20日 (2)

木道がある。   お湯が、いたるところから、噴き出している。

14年6月20日 (3)

あった。   2ヶ所。   飛び出す強さに、むらがある。   木道を濡らすときも。

14年6月20日 (4)

こんなのが1つあれば、露天風呂がつくれる。  写真手前。






ここは、間欠泉でなく、いっつも噴き出している。

14年6月20日 (23)

上の写真の、道のそばに、こんなの。    温泉卵をつくる。
ここは、むらさき地獄だった。

14年6月20日 (6)     14年6月20日 (5)

地元の人かな。   何しているか、分からない。
山菜取りの人には、何人か出会ったが。



さらに行く。

14年6月20日 (7)

左に見える。

14年6月20日 (9)     14年6月20日 (10)

向こう岸の、高い所にもあった。  まんだら地獄。

14年6月20日 (28)

まんだら地獄。  噴き出すのは、見られなかった。

14年6月20日 (27)     14年6月20日 (8)

木道のずっと向こうが、濡れている。   この場所が、一番激しく湯が飛び出した。
最後に動画を撮る。

14年6月20日 (16)

少し歩いて、とちの木湯。   根は、熱くて困らないのか。

14年6月20日 (26)

数分か、数十分で噴き出すとある。   つまり、間欠泉ですね。
この後、他に行ってた時に、噴き出した。   戻ったけど、終わりに近づいた。

14年6月20日 (20)

下に、この穴。   ここの湯が、騒ぎだしたら、上の穴から湯が飛び出すと、説明に。

14年6月20日 (22)

近くの、高い所にも。   ここも間欠泉。  上のを撮ってる時に、噴き出した。  撮れた。

14年6月20日 (21)

これが、一番奥で見たのかな。

14年6月20日 (13)

奥まで行って、戻って来た。   湯が出るのを待つことに。

14年6月20日 (14)

川には、イワナ。  

14年6月20日 (30)

この道を戻る。

14年6月20日 (15)

ここで一休み。   温泉卵を作ることに。

14年6月20日 (17)

近くに、こんなの。   この動画の、最後の部分の所に、卵を入れる。



冷蔵庫に、卵が1つしかなかった。   3つくらい、食べたかった。  ほんのりと、温泉の匂いがするような。

14年6月20日 (31)     14年6月20日 (19)

また、イワナがいた。

14年6月20日 (35)     14年6月20日 (32)

昔っぽいトンボ。   
川の温度を見てみた。   16℃よりは、何とか低そう。   下流は、もっと高い。
イワナやヤマメは、16度より高かったら、棲めない。
    ※  水槽で飼う時は、16度に。  (そのための、装置がある。 古い冷蔵庫で作ることも可能)
                  
14年6月20日 (33)     14年6月20日 (18)

そろそろかなと、撮影を開始した。  3分過ぎに、激しく噴き出す。  やっと見られた。



見終わって、秋田県に向かった。   鬼首トンネルを抜けたら、秋田県。
そして、秋ノ宮温泉郷。   昨日の、温泉番付にあった。

14年6月20日 (25)

何度も来た、道の駅おがちに、着いた。

今日の見学場所は、少し危険だけど、近づけるのがいい。
目の前で、見られる。

湯の穴の、奥深くの方が、湯の温度が高いんですね。
そこで、湯の一部が水蒸気になってしまう。
それが、だんだん広がり、上に上がる。
終いには、上の湯を吹き飛ばして、自分も噴き出ていく。

それなりに全部出ると、落ち着く。
また湯が溜まって、下の方では、高温の水蒸気が。
それの、繰り返し。
おおざっぱですが、これが、間欠泉の仕組み。

今日は、いいものを見ました。

【ブログ紹介】
   泥湯温泉。  川原毛地獄。  全体が浮島の、コケ沼。  小安峡大墳湯。~湯沢市~ 他 (2013/7/10) 
   小町伝説の里、湯沢雄勝(おがち)。  小町堂、他。~湯沢市~  他  (2013/7/9)
   鹿部間歇泉~吹き上がる仕組み~ 他 (2009/07/21)

【今日の歌】    歌と演奏は、キンジルというグループ。



【道の駅】    おがち
             ※ 北上を急ぎます。  
               7月の初めには、旭川に。 足のリハビリの出来る病院に、通います。 
               このままでは、山に登れなくなってしまいそう。 心配。
       
             ※ 7月の18日に、鹿児島から、お世話になってるUさんが、北海道に来ます。
               敦賀から苫小牧への、フェリーを使って。  キャンピングカーで。
               25日には、奥様や隣のお家の方が、飛行機で千歳に。
               一緒に、富良野・美瑛・旭川方面に行きます。

【明日の予定】    北に走って、美郷町で湧水を。  いいみたいです。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、3位。 旅行全体で、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
.    

スポンサードリンク

 
 

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 2014年06月
2014年06月30日 (月)
北邦野草園で、花を探す。  クリンソウ、ジャコウアオイ、他。~旭川市~  他  (2014/6/29)
2014年06月29日 (日)
青い池は、完璧ではなかった。  それでも・・・。  白ひげの滝。~美瑛町~  他  (2014/6/28)
2014年06月28日 (土)
山野草の花壇が、旭川駅の裏にあった。  オダマキ、エゾカンゾウなど。~旭川市~  他  (2014/6/27)
2014年06月27日 (金)
今年も、上野ファームには・・。  魅力は、花と人かも。  今は観光拠点に。~旭川市~ 他 (2014/6/26)
2014年06月26日 (木)
29㌔の直線道路。  蜂屋のラーメン。  佐藤忠良の像と、北の旅人。~旭川市、他~  他  (2014/6/25)
2014年06月25日 (水)
秋田港から苫小牧港へ、フェリーで。  白神山地、竜飛岬、函館山、恵山、他。~秋田市、他~  他  (2014/6/24)
2014年06月24日 (火)
古代の秋田城跡。  ポートタワーセリオンからの、風景。~秋田市~ 東風さんが、カンボジアに行ってきた。 (2014/6/23)
2014年06月23日 (月)
小泉潟公園の菖蒲園で、花菖蒲を見た。  秋田港に、道の駅が・・。~秋田市~  他  (2014/6/22)
2014年06月22日 (日)
六郷湧水群。  清水の散歩道を歩く。 ハタチや清水、他。~美郷町~ 小町の郷で、芍薬を見る、他。 (2014/6/21)
2014年06月21日 (土)
秘境、鬼首(おにこうべ)吹上地獄谷。  谷のいたる所から、湯が。  間欠泉。~大崎市~ 他 (2014/6/20)
次 >>
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。