FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

3月の最後の今日、四国に渡った。

  ※ 九州の玄関、門司に入ったのが、1月18日。 (足の骨折のため、九州に入るのが、遅れた)
    いろんな人のお世話になって、70日間いた。
    温かくなって、北上。 まず、四国に。

もし、真珠湾攻撃をしなかったら、戦争は変わっていた。
多くの若者が死ぬことは、なかったかも知れない。

真珠湾攻撃は、爆撃機と潜水艇による攻撃。   ※ 潜水艇は、小さな潜水艦。
潜水艇は、全部で5隻。

その訓練は、佐田岬半島の、三机(みつくえ)湾で行われていた。
湾に突き出た、須賀公園に慰霊碑があった。

四国の山の中を横断して、西に向かうことに。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

佐賀関港に行ったら、10分後に出るという。
間に合うので、乗った。  12時。



乗って、やっと写真。 

14年3月31日 (1)

佐賀関港が、遠くなる。
龍馬は、四国から長崎に向かう時、ここを通っている。 道がある。

14年3月31日 (2)

川崎汽船の、シンガポールと関係のある船。  港は、外国を思い出させてくれる。

14年3月31日 (3)

港を離れたら、関サバの一本釣り。  ブランドのサバ

14年3月31日 (25) 

佐田岬半島が、近づいてきた。

14年3月31日 (4)

佐賀関は遠くに。

14年3月31日 (5)

佐田岬灯台。  駐車場から、1時間ほど歩けば着く。

14年3月31日 (26)

1時間ちょっとで、三崎港。  写真中央に、3つ木が見える。 まるく。  後で見る。

14年3月31日 (6)

南斜面は、みかん畑でしょうか。

14年3月31日 (7)

フェリーは、ここに付ける。

14年3月31日 (8)



三崎港を少し見学。   大きなアコウの木。

14年3月31日 (10)

根は何でも、抱え込む。  恐ろしいほどに。

14年3月31日 (9)

印の場所が、三机(みつくえ)湾。  戦時中、ここで、潜水艇の訓練が。



橋の袂から、見た。 右に広く、三机湾。  〇の左に、三机港。  〇の所で、後で、釣を見る。

14年3月31日 (11)

※ 三机(みつくえ)は、変わった地名。
  説の1つに、こんなのが。  
  昔は、御着江だった。  神武天皇が、この入り江に着いた、の意味。
  伝説が地名を生んだ、ということかな。

三机湾の中の、港の部分。  上から出た所が、須賀公園。

14年3月31日 (24)

夏は海水浴客が来るのか、広い駐車場。

浜で何かを採ってる人がいた。

14年3月31日 (12)

ニナ貝。  塩抜きして茹でて食べたら、美味しい。 以前食べた。 それと、アサリ。

14年3月31日 (13)   14年3月31日 (14)

須賀公園の入り口。 

DSCF1933pp

右を見たら、港の奥。 あそこを通って来た。

14年3月31日 (21) 

公園に入ったら、和霊(われい)神社。  本社は、宇和島に。 ※ 霊が出そうな名前。 実は・・。
ここは、宇和島藩の参勤交代の中継地だった。

船で佐田岬半島を回るのは遠いので、半島の細いこの地を、山越えした。
船は、この港にも置いてあって、それに乗った。  船の置き場所が、神社の隣に。
   今日も雪、和霊神社まで散歩。 ~宇和島市~  心は、どこにある?  他  (2011/1/31)

14年3月31日 (15)

大きな碑があった。  大東亜戦争 九軍神 慰霊碑、とあった。

14年3月31日 (16)

この九人が、潜水艇に乗って、真珠湾を攻撃した。 10人のうち、1人は助かった。
5隻に、2人ずつ乗った。  軍神という神になって、祀られている。

14年3月31日 (17)

※ Wikipediaの写真はこう
  
  いつだかも書いたけど、
  日本の長い歴史の中で、一番人の命が粗末にされたのは、明治から昭和の戦争が終わるまで。
  戦国時代でも、島原の乱でも、多くの命が失われけど、比較にならないほど、小さな数。 
  
  歴史上、一番の犯罪人は、戦争を起こした者たちかなって。 腹が立つ。
  龍馬は、そんな世の中を願って、江戸幕府を倒したのではなかったのに。

  碑に大東亜戦争、とあった。  太平洋戦争でもなく、第2次世界大戦でもない。
  大東亜戦争を使う人たちは、あの戦争があって、今の平和があるとか、いろんな理屈を考えている。
  戦争の反省はない。 美化することに、熱心に見える。
  
  戦争を考える者がいて、多くの日本人は、それに賛成した。
  9人の若者を、日本人みんなで殺したとも、言えるかなと。 そんなことも。

※ 三机湾で、潜水艇の訓練をしたのは、ここが見つかりにくいと判断したから。
  訓練は、秘密だった。
  ネット上に多く見られる、三机湾が真珠湾に似ているは、間違いのよう。
  真珠湾を攻撃すると決める前に、ここでの訓練が始まっているので。  

釣をしている人がいた。  船は、小型巡視船の、たかつき。   宇和島が基地。

14年3月31日 (19)

この人は、なかなか釣れないけど、魚をいただいていた。  他の人から。

14年3月31日 (20)   14年3月31日 (18)

アジが釣れました。 ※ 諫早のKさんの、アジの刺身を思い出す。  うまかったな~。

14年3月31日 (27)

橋はこのように。   橋の上から、向こうの海も見える。    戻る途中。

14年3月31日 (22)

橋から少し行ったら、こんなのが。



途中、亀ヶ岡温泉が見えた。 
  国道九四フェリーで、四国へ。  亀ヶ池温泉。~別府市・伊方町~  他  (2013/3/11)

14年3月31日 (23)

八幡浜(やわたはま)で軽油を入れた。 明日から上がるので。

今日は、四国を、どのコースで走るか、ずっと考えていた。
決まったのは、冬には走れないコース、に。
山の中を、西に向かう。

九州の今回の旅は、中身が濃かった感じがする。
それは、旅を世話してくれた人がいたから。

みんなに、感謝。

【今日の歌】   みかんの花咲く丘



【道の駅】  清流の里 ひじかわ



※ 肱川(ひじかわ)では、「 ひじかわは つねってもいたくない ひじのかわ 」を思い出す。
  以前来た時、遊びでつくった。

  ここから山に入った所に、龍馬の脱藩の道がある。
    坂本龍馬脱藩の道を歩く  屋根のある御幸の橋 ~大洲市 川辺町~   他  (2011/2/4)
    渓流沿いの温泉宿、小薮温泉 ~有形登録文化財の建物  大洲市肱川町~   他  (2011/2/3)

【明日の予定】  梼原(ゆすはら)への途中の、渓谷かな。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
  

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。