FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

石仏の背中が、岩にくっ付いている。
確かに、磨崖仏だなって分かる。

大きな岩から、仏像を彫り出すのは、大変でないかと。
何か工夫があったのだろうか。
気の遠くなる作業で、彫ったのか。
そのへんが、分からない。

誰が何の目的に彫ったのか。 
はっきりしているのは、美しいということだけ。

他の地域の磨崖仏とは、全てが違っていた。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

九州の西にやって来た。



臼杵(うすき)石仏は、臼杵の市街地から遠くない。

14年3月30日 (1)

広い駐車場がある。 無料。 見学料は、530円。

14年3月30日 (2)

山頭火の句碑。  ※ 昭和4年の12月に来ている。 雨が降ったり止んだりの1日。
数字の順に、歩く。

14年3月30日 (51)   14年3月30日 (44)

後半の伝説は、事実でないと分かっている。 
石仏のほとんどは、平安時代後期(末期)の物。  彫り方で分かるよう。

14年3月30日 (3)

石仏は、小さな谷の上の方にある。 4ヶ所に分かれて。

見えてきた。
完璧な修復が終わり、国宝に指定される。

14年3月30日 (4)

みんな岩にくっ付いている。 岩に彫ったから、磨崖仏(まがいぶつ)。

石仏の周りは、彫って落とすから、大変な作業。
1つの石から作るより、苦労が多そう。

石仏を彫る前、ここの岩がどうだったかは、何となく分かるでしょうか。
前の方に、大きくふくらんでいた。

14年3月30日 (5)

ホキ石仏。 ホキは、崖の意味。 この場所の地名でもあるよう。 
          ※ 一般的に、崖路(ほきじ)という言葉がある。 崖伝いの道かな。

龕(がん)は、仏像を収める場所、の意味。

14年3月30日 (11)

最初から、すごいのが出て来た。

石は、阿蘇の噴火で出来た、凝灰岩。 彫り易いけど、風化もしやすい。
そうだとしても、どれだけの石を、削り落としたのだろう。

14年3月30日 (10)

普通に見る石仏とは、全く違う。
この3つは、セットで並ぶことが多い。
  
    ※ 向かって左は、勢至菩薩。 人々が地獄に行かないように、広く照らす。
      ただ、仏教を理解していないと、勢至の意味などが難しい。 

14年3月30日 (13)

阿弥陀如来が中心。

14年3月30日 (6)

表情が分かるのもある。

14年3月30日 (7)

彫られた時代は、平安時代の後期、そして、末期、さらには、鎌倉時代。
その時々、誰かの冥福を願って、作られたのでしょうね。

願うことしかできない時代が、長く続く。

座ってるのが1つ。

14年3月30日 (8)   14年3月30日 (9)

全体を、左から。

14年3月30日 (12)

離れて、正面から。

14年3月30日 (14)

次の場所に来た。

14年3月30日 (15)

14年3月30日 (17)

傷みが激しい。  岩全体にひび割れ。  修復は、岩を含んだ全体ですね。

14年3月30日 (16)

14年3月30日 (19)

いいですね。 色が残っている。 
作られた当時の色が見たい。  レプリカで復元したら、面白い。

14年3月30日 (18)

次は、5体。

14年3月30日 (21)

手前の5体。   両脇は、破損が激しい。

14年3月30日 (20)

十王像がある。  上の写真の右の。

14年3月30日 (23)

大きな岩を、彫ったんですね。   岩の中から、仏が出てきた。   
保存状態がいい。

十王像は、地獄での裁判官。 心配な人は、何度も参りするといい。
賽銭をいっぱい渡すのも、忘れないで。  わいろとして(?)
   高松藩主の菩提寺、仏生山来迎院、法然寺。  釈迦涅槃像、脱衣婆像、十王像。~高松市~  他  (2012/12/23)

14年3月30日 (22)

高い所に、3番目の場所が。

14年3月30日 (24)

途中から、今見た、2番目の場所。

14年3月30日 (25)

この中に、3体ある。

14年3月30日 (26)

ホキでなく、山王山石仏。

14年3月30日 (27)

写真を失敗した。 全体は、これしか撮ってなかった。
    ※ 狭い場所。 広角で撮れる、小さなカメラは、持って来なかった。
      このところ、何かかにか忘れて、動いている。
      後で、もう1つの忘れものに、気づく。

中央の像はいい像。  撮りようがあった。

14年3月30日 (28)

下は、左の像です。 いい表情です。  心に中が、想像できます。

14年3月30日 (29)

次の場所へ。   下に、最初に見た所が。

14年3月30日 (30)

古園(ふるぞの)石仏。   最高傑作は、ここに。

14年3月30日 (31)

修復前。  首は落ちている。  斬首された、さらし首のよう。

14年3月30日 (32)

石像のあるところは、岩の中だった。  そこまで、掘り進んだ。

上の写真のが、下になった。   修復の技術は、恐ろしい。

14年3月30日 (33)

大日如来座像がある。

14年3月30日 (34)

右端の方に、はっきりしない部分。

14年3月30日 (35)

やっと修復した感じ。

14年3月30日 (36)

中央が、大日如来。   臼杵石仏の代表する石仏。

14年3月30日 (41)

切れ長の目。 引き締まった口元。 端正な顔に。
首を元に戻すのが、国宝の条件だった。

14年3月30日 (38)   14年3月30日 (37)

大日如来の左。

14年3月30日 (39)

全体です。   大日如来は、首がつながって、心穏やかでしょう。

14年3月30日 (40)

有料部分は見終わって、向こうの、満月寺に。

14年3月30日 (42)

お昼を食べるの忘れていて、車に戻った。
   ※ いつもは、リュックに食べ物が入っている。

出直して来た。  さっきまでは、向こうに行っていた。

14年3月30日 (43)

満月寺前に、仁王像。  変わっている。  九州で時々見る表情。
      ※ 鹿児島県の冠嶽の近くで見た、仁王像

14年3月30日 (45)

何の影響を受けて、この表情なのでしょう。

14年3月30日 (46)

最初の説明の、伝説の長者。  真名長者夫妻像。   室町時代の物。

14年3月30日 (47)

どうして、伝説は生まれたのでしょう。 真名長者の末裔(まつえい)が、作ったのか。
今の時代は、何でも分かってしまう。
そんな時代が来るとは知らず、嘘の話を作った。 伝説として。

  ※ 袴田事件の証拠は、検察のねつ造と分かった。
    DNAの検査が、見抜いた。
    検察は、ばれてしまう時代が来るとは、思わなかった。

    シャボン玉の曲は、ある讃美歌にそっくり。
    作曲者は、簡単に見抜かれる情報社会が、未来にやって来るとは、予想できなかった。

14年3月30日 (48)

花の季節が来ました。

14年3月30日 (49)

オオシマザクラ。  たまに見ます。  新緑の葉と白い花が特徴。

14年3月30日 (50)

昔の人は信心深かった。
祈るしかできない時代だから、そうなるのか。

今日は、いいものを見ました。 一級品の磨崖仏。

【ブログ紹介】   臼杵城跡  二王座歴史の道  早春賦の館 ~臼杵市~  他  (2013/3/10)

【今日の歌】   Celtic Woman - You Raise Me Up



【道の駅】   佐賀関



【明日の予定】  四国に渡ります。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
  

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



諫早のKさんと、2日間一緒だった。
湯布院を歩いて、九重山に登った。

午前中、長湯温泉の「湯処ゆの花」に入って、お昼にお別れ。
竹田市の国道57に入る所まで、送った。
Kさんは、後は1本道。  
真っ直ぐ西に、熊本港を目指せばいい。

竹田市の石橋を、いくつか見る予定だったが、雨が止まない。

苦労しないで見学できる、原尻の滝へ向かった。
何回も見た滝。 いくら見ても、いい滝。
平地から落ちる、変わった滝。

写真を撮り直すことに。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

出発前に、温泉に。  
旅館かじか庵、湯処ゆの花。  Kさんが、見つけていた。

受付は、年配のおじいちゃん。
雰囲気はいいけど、お釣りをいただくまで、ずいぶん時間がかかった。
「おじいちゃん大丈夫っ」って、言ってしまった。

炭酸泉で、湯の花が浮かぶ、濃いなって感じる湯。 (写真は、Hotel.jpと、るるぶトラベルからお借り)

14年3月29日 (1)   14年3月29日 (2)

Kさんは、こっち方面の道に慣れていないので、竹田市まで送った。
カーナビを見て、国道57を行くんだよって、伝えた。(奥様の車で、カーナビに少し不安)



車は、道の駅、原尻の滝に。

風景全体は、このように。  滝がどこにあるか、初めてなら、気づかないかも。
上の方が見えている。  上から落ちるのではない、普通から下に。

チューリップが咲き始めて、桜が満開。

14年3月29日 (4)

上の写真の遠くに、祖母山(そぼさん)がある。  南方向。
下の写真は、以前来た時の。 川の、左側から撮った。 〇印。
九州の一番の山奥は、祖母山。 

14年3月29日 (3) 
  祖母山はきびしい山だった ~満開のアケボノツツジ~   他  (2011/5/17)

滝は左に。 古民家のお店。

14年3月29日 (5)

大きな水車。   雨はやまない。

14年3月29日 (6)

お不動様が、滝を守っている。

14年3月29日 (7)

滝の上に橋。  沈下橋。  大水の時は、水の中に。

14年3月29日 (8)

滝見橋からも、見られる。

14年3月29日 (9)

14年3月29日 (10)

原尻の滝です。  幅、120㍍。落差、20㍍。  滝つぼの深さ、10㍍。
平らな所から、急に下に。

東洋のナイヤガラとも。

14年3月29日 (11)

2009年の夏、ここから車が落ちた。  2名なくなる。
人が落ちて流されても、助からない。  事故は、過去に、いくつもあったよう。

14年3月29日 (12)

はるか昔、阿蘇山の噴火で、溶岩を中心とした火砕流が、広く襲った。
固まって、柱状節理が出来た。  岩がたてにはがれるので、こんな滝が。

岩の上を歩く人もいる。  私は用心深い(臆病)。 しない。 できない。

14年3月29日 (13)

ここは、豊後大野市 緒方(おがた)町 原尻(はらじり)。

滝の上流は、広い原っぱ。 その原っぱの一番下、つまり、尻の部分が、滝のある原尻。
原尻の名前は、この滝の上の部分の、原っぱに住む人たちが考えたと、分かる。

道に上がろうとしている、男の人が、岩の上を歩いていた。

14年3月29日 (14)

右下に、ポットホールの説明。  穴の中で、石がコロコロ動いて、穴を大きくする。

14年3月29日 (15)

船で遊ぶことがあるよう。

滝の裏側に行く道をつくったら、面白い。 でも、自然を壊すことになるのかな。
滝の裏側で、こんな風に。(北海道、山彦の滝。 裏見の滝。)

14年3月29日 (16)

似ている滝が、鹿児島県にある。  曾木(そぎ)の滝。

DSCF9ppp529s_20140330094006bbd.jpg 

  曽木の滝は、東洋のナイヤガラ。  白木川内温泉。~伊佐市・出水市~  他  (2013/2/12)

たきみばし。

14年3月29日 (17)

※ 上の写真の、撮影情報。  遠近両方、ピントを合わせるために。

ggggg.jpg

吊り橋の上から。
立派な滝ですね。  雨が降って、水量が多い。  人が小さく見える。

14年3月29日 (18)

今回動画は撮っていない。  この次寄ったら、いっぱい動画を、ですね。

滝の裏側に、空間があります。  ボートで行けたら、面白い。(ライフジャケットを付けて)

14年3月29日 (19)

※ 滝の裏に、ボートで行ってる写真がありました。(右上×で戻る) 岩の上に、人がいっぱい。

少し向こうから、下に降りる。

14年3月29日 (20)

左側。

14年3月29日 (21)

昔は、夏になると、子供たちは遊んだでしょうね。 たまに事故はあっても。

14年3月29日 (22)

桜が満開。 

14年3月29日 (24)

隙間なく、満開の花。 昔から、人々の心を動かしてきた。

14年3月29日 (23)

西行は、いい歌を歌った。
 「願はくは 花の下にて 春死なむ そのきさらぎの 望月のころ」

    ※ 願わくば、桜の花の咲く下で、春に死のう。 釈迦入滅のその時節、二月(旧暦)の満月の頃に。
  
 「いかで我 この世のほかの 思ひいでに 風をいとはで 花をながめむ」

    ※ どうすればよいのか、私はあの世にへ持ってゆく思い出として、
      せめて一度くらい風の心配をせずに、心ゆくまで桜の花を眺めたい。

   ☆ 上の歌に、この世のほか、とある。 
     西行は、和泉式部の、下の歌を知っていた。 

      「あらざらむ この世のほかの 思ひいでに 今ひとたびの 逢ふこともがな」
  
         ※ もうすぐ私は死んでしまうでしょう。 
           あの世へ持っていく思い出として、今もう一度だけ逢いたいものです。

      貴船もみじ灯篭。 和泉式部恋の道。  牛若丸 修行の地、鞍馬寺。~京都市~  他  (2012/11/21)

桜と滝。
いい季節に、原尻の滝を見ました。

遅くても、明後日には、四国に渡ります。

【今日の歌】  Whispering Hope(希望のささやき)
        左の人は、ジュリー・アンドリュース。 23歳。
        サウンド・オブ・ミューッジックは、30歳の時。  現在78才
   45秒から、歌が。



【道の駅】 みえ



【明日の予定】   臼杵石仏を見ます。  国宝。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
  

スポンサードリンク

 
 

openclose

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。