FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

昨年と同じような天気になった。
気温が高く、快晴。 上着はいらない。
夏山と同じ。

諫早のKさんと、九重山に登った。
この山は、4回目。
今日は、一番楽なコース。
それでも、足は疲れた。

山を下って、炭酸泉で知られた、長湯温泉に入った。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

大分県にある。  九州で一番高い地域。



牧ノ戸峠の登山口から。  ここからが、一般的なコース。

14年3月28日 (1)

今日は、赤の〇を行く。  一昨年、ピンクの〇の道を、大船山(たいせんざん)へ。  厳しいコースだった。
この辺りの山をまとめて、九重山。 九重連山とも。

主峰は、久住山。  最高峰は、中岳。
九重山に行ってくると言えば、普通は久住山に登ることで、いいかなと。

14年3月28日 (2)

10分ほど登ったら、見晴らし台に。  遠くに、由布岳。  昨日、麓にいた。
下は、長者原(ちょうじゃばる)。  坊ガツルには、ここから行く。

14年3月28日 (3)

下に牧ノ戸峠。

14年3月28日 (4)

登りが続いて、この風景。  主峰の久住山が見えた。
目の前の山を越えなければならない。  

登るというより、しばらくは、近づくために歩く。

14年3月28日 (5)

九重山の特徴は、いつもいい景色が見えること。
それで、人気の山。 危険が少ないから、子供でも大丈夫。

九州の山では、一番人気。 登山客が多い。  山ガールの姿も目に付く。

14年3月28日 (6)

昨晩、お酒を飲みすぎた。   最後の、もう一杯が良くなかった。
足取りが重い。  酒を抜くために歩いているねって、私。

14年3月28日 (7)

谷をずっと、行く。  
左の稜線を歩くコースもある。  昨年は、それを。
  九重連山の主峰、久住山に登る。 3月なのに、夏山の天気。~九重町・竹田市~  他  (2013/3/9)

14年3月28日 (8)

昨年のコースは、ギザギザの岩山の上に、道があった。
普通の登山道は、トレッキングの道。

Kさんは、酔いがさめて、元気が出て来た。

14年3月28日 (9)

下に、避難小屋が見えた。  ここまで来たら、もうすぐ。

最高峰の中岳が、顔を出している。
最初に来た時は、あそこに行って、久住山に登った。
今日は、そんな元気はない。  元気でも、足の関係で無理そう。
  九州最高峰、九重山   4歳の女の子も登頂   明日、阿蘇山へ   他  (2011/5/15)

14年3月28日 (10)

上の写真の右に、久住山。

14年3月28日 (11)

左に下りて行ったら、坊ガツル、法華院温泉。

14年3月28日 (12)

赤〇の道を、右に行くと、法華院温泉。 遠くに、由布岳。
正面は、三俣山。  その向こうに、長者原から坊ガツルへの登山道がある。

14年3月28日 (13)

さらに登って分岐。  左に行ったら、中岳。

14年3月28日 (14) 

久住山の頂上は遠くなく、見える向こうに。

14年3月28日 (15)

着きました。  2時間半かかった。 ここは、普通に歩けば、2時間かな。

14年3月28日 (16)

頂上です。  Kさんは、座って食事の準備。  まったく寒くない。

14年3月28日 (17)

竹田市の方向か。  子供が多い。

14年3月28日 (18)

中岳と大船山。
  坊ガツル、大船山(たいせんざん)、そして 法華院温泉へ ~竹田市~  坊がつる讃歌(芹洋子)  他  (2012/4/5)

14年3月28日 (19)

気圧が低いので、パンの袋が、パンパン。

14年3月28日 (20)

弁当は作れなかったので、コンビニで買ったおにぎりを食べた。

右に、避難小屋。  左奥からやって来た。

14年3月28日 (21)

阿蘇山が見える。  普賢岳も見えるようだが、霞んでいて見えない。
  阿蘇、中岳・高岳に登る~中岳が小規模噴火~  明日、祖母山へ   他  (2011/5/16)

14年3月28日 (22)

下山開始。  左に中岳、右に大船山。  いつの日か、こっちから向こうに行ってみたい。

14年3月28日 (23)

岩山の左を行く。 前回は、岩山を下りてきた。

14年3月28日 (24)

帰りの登山道はどこなのか。  山越えなら大変だねと、Kさんと話した。
疲れているから、不安。   実際は、登らない。  登ると、扇ヶ鼻へだった。

14年3月28日 (25)

どこを歩いていても、見晴らしがいい。

ウグイスが鳴いた。 でも、鳴き止んだ。
ウグイスの真似をして鳴いてみた。  何度かやったら、ウグイスが鳴いた。
1羽鳴くと、他も鳴きだす。

動画を撮ろうとしたけど、新しいカメラの、撮り方が分からなかった。
小さなカメラは、忘れていた。

14年3月28日 (26)

ゴールの牧ノ戸峠は、もうすぐ。 すっかり疲れた。
明日、もし晴れても、由布岳は無理だなって話した。

14年3月28日 (27)

着きました。 コーラを飲んだ。 生き返った。

14年3月28日 (28)

長湯温泉に行くことにした。   炭酸泉のお湯。

共同浴場の、共生湯。  200円。 ここに入る。

14年3月28日 (29)

天満神社。

14年3月28日 (30)

鉄幹たちの歌。  この川は、芹川。   ここは昔、湯原温泉。  
錆(さび)のごとくに浮かぶの錆は、寂(さ)びの意味合いもあるよう。

14年3月28日 (31)

来る途中、すき焼きの材料を買っていた。
明日別れるから、送別会だと、Kさんは言った。

飲みすぎないようにしよと、何度も言いながら、何とか大丈夫だった。

14年3月28日 (32)

今度九重山に来たら、新しいルートを歩こうって、Kさんと決めた。
九重山には、毎年登る。 ルートを変えて。
今回の、一番楽なコースは、もう使えない。

Kさんは、明日、熊本港に向かって、島原へ。
そこは、Kさんの守備範囲。

【今日の歌】 坊がつる讃歌    この歌が、九重を有名にした。



【道の駅】  ながゆ温泉



【明日の予定】    長湯温泉を歩いて、竹田市のどこかか。 今月の終わりには、四国に。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
  

スポンサードリンク

 
 
平日でも、湯布院は人であふれていた。
黒川温泉とは別の魅力でしょうか。

湯の坪街道を、諌早のKさんと歩いた。
そこには、いろんなお店。
お店をのぞきながら歩くのが、楽しみの中心。
終点は、金鱗湖(きんりんこ)。

歩いていたらいつも見えるのが、由布岳。
耳が、ツンと、立っている。

諫早のKさんが、高速を使ってやってきた。
明日一緒に、九重山に登るため。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

Kさんとは、九重のインターチェンジで待ち合わせ。
午後1時。

山に登る時間はないので、湯布院の街を歩くことに。
道の駅も温泉もある。



私の車は、道の駅に。 Kさんの車で向かった。  駅のそばの駐車場に入れて、歩き出した。

駅前通り。  正面に由布岳。   百名山でも不思議でない山。

14年3月27日 (1)

※ NHKの大河ドラマ「風林火山」に、由布姫(ゆうひめ)が出て来た。
  原作は井上靖が書いている。  書いた場所は、この地、湯布院。
  普通は諏訪御料人と云われる人を、由布姫とした。
  由布岳が見えたので、この名前に。
   由布姫(諏訪御料人)と絵島の墓に、お参り。  絵島の囲み屋敷。  高遠城跡。~伊那市高遠町~  他  (2012/11/1)

14年3月27日 (2)

しばらく行くと、ここは、湯の坪街道。 由布院観光の中心地。
平日だけど、人は多い。  特に、若い人。 台湾や韓国からの人が、多いくらい。

14年3月27日 (3)

湯布院は温泉地。  歩いていたら、そのことを忘れる。
お祭りの出店を楽しんでいるのに、似ている。

14年3月27日 (4)

小路。  くるっと回って出て来る。  何があるんだろうって、入ってみたくなる。
足湯に浸かってる人がいた。  そう思って見たら、小さな魚が泳いでいた。
足の皮膚を突っついて、食べていた。  たまに水族館で見る魚。 突っつかれたら、気持ちいい。

14年3月27日 (5)

湯の坪街道の終点に、金鱗湖(きんりんこ)。   湧水で出来てるから、水がきれい。

14年3月27日 (6)

湧水は、この神社の、右から出ている。

14年3月27日 (8)

ここから。  もう1ヶ所他にも。

14年3月27日 (7)

若い子3人が、お参り。  少し前、きゃっきゃ言いながら、手を洗っていた。
右手前に湧水。

14年3月27日 (9)

少し歩いて、由布の細道、六面地蔵。   下に共同浴場。

14年3月27日 (10)

共同浴場、下ん湯。 読みは、しもんゆ、でしょうね。

14年3月27日 (11)

湯の坪街道の脇道を通って、ここに入りこんだ。  小さなお店がある。

14年3月27日 (12)

上の写真の、こっちの方。  若い人は、ポーズが上手。
3人組の1人。 
会話をしていても、きゃ~とかばかりなので、どこの国の人か、しばらく分からなかった。
日本人だった。

14年3月27日 (13)

脇道です。

14年3月27日 (14)

ミツマタの花。

14年3月27日 (15)

新しいカメラは、接写も、とても上手です。

14年3月27日 (17)

馬が写ってないけど、観光馬車。

14年3月27日 (16)

買物楽しんで、食べるの楽しんで、そして、歩くのを・・。

14年3月27日 (18)

駐車場に戻って、郊外にある、川内温泉へ。  道の駅から、5分。
久大(きゅうだい)本線の列車が通った。 左に行くと、大分。  右は、湯布院。

14年3月27日 (21)

100円の温泉。   湯布院に来たら、いつもここ。

14年3月27日 (19)

山の上に神社がある。  その説明。
ずっと昔、湯布院は、湖だった。  水を流したら、今のように盆地になった。
  ※ 盆地に見えるけど、正確には、扇状地のよう。

14年3月27日 (20)

晩は、私の車で宴会。  刺身は、Kさんが持ってきた。

14年3月27日 (22)

14年3月27日 (23)   14年3月27日 (24)

明日は、九重山です。
明後日晴れたら、由布岳。 でも、この日は天気があやしい。

山に登るには時間が足りなかったので、今日は湯布院を歩いてみました。
お店ばかりの観光地。
少し不思議ですが、これはこれで、楽しめるんですね。

   ※ 温泉旅館とかは、少し離れた所に。

【関連ブログ】   樹氷の花が咲いた美峰由布岳 ~由布院にそびえる豊後富士は冬だった~   他  (2010/4/7)

【今日の歌】   釜山港へ帰れ   Kさんが、釜山で生まれたというので。



【道の駅】   ゆふいん



【明日の予定】  九重山に。  私の足の調子が良ければ、法華院温泉まで。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
  

スポンサードリンク

 
 

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。