FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

車の電気関係を見ていただくため、長島に来ました。
いつもお世話になっている、Uさんの所です。

車を数日間預けるため、Uさんの車をお借りしました。
同じ車です。

長島の写真を、少し撮りました。
黒之瀬戸大橋を中心に。
この橋が出来て、島は変わりました。

Uさんの車の中を、紹介。
工夫がいっぱいあります。

いよいよ、ソチが始まりましたね。
どんなドラマが、生まれるでしょう。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

社長さんの会社は、長島町の指江(さすえ)にある。



長島町は、このように、鹿児島県の一番北

私の車は会社に置いて、社長さんの車をお借りして、短い旅に出発。
指江全体が見える、高い所に来た。

14年2月7日  (1)

指江の市街地。 会社も見えています。

14年2月7日  (2)

お店も学校も集まっている。

14年2月7日  (3)

指江港。  港の向こうの方に、奈良時代、遣唐使の船が唐から戻る時、嵐で流れ着いた所がある。

14年2月7日  (4)

赤土に、ジャガイモが、年中育てられている。
今では、ブランド品になって。

包丁で切った時、みずみずしく、水分が多い感じ。 煮崩れしにくい。
カレーでも、肉じゃがでも、大好き。

14年2月7日  (5)

左の建物は、温泉。 右は、歴史民俗資料館。  温泉の左に、道の駅。

14年2月7日  (6)

島の中に入ったが、霧が深く、出て来た。
ここは、島の入り口、道の駅 黒之瀬戸だんだん市場。
長島みかんを買った。

  ※ 生きた魚とかもいて、他と違う道の駅なので、別の日に、詳しく紹介。

14年2月7日  (7)

長島町全体。  右上の獅子島だけが、橋でつながっていない。
長島から、天草の、牛深に渡るフェリーが。

天草と橋でつながったら、天草は、大きな観光地になりそう。   長島も。

今は、下の〇に。  指江は、上の〇に。

14年2月7日  (8)

島の人にとって悲願だった、橋。  黒之瀬戸大橋。
完成は、昭和49年。 工事に、4年かかった。

14年2月7日  (10)

トラス構造の橋。  三角形が集まっているので、トラス構造と。

  ※ トラス(Truss)は、三角の意味ではなく、集まるとか、束ねる、の意味。
    手を後ろに縛るのも、鶏の足を首と一緒に縛るのも、トラス。

三角が丈夫な形なので、橋全体が丈夫。

走っていると、横に、鉄の柱がある。 風の強い時は、それが安心感。
吊り橋は、車が倒れたら、海に落っこちる。

昭和35年からは、フェリーが。  その前は、小さな船しかなかった。

14年2月7日  (9)

フェリーは混んでいて、いつも早くに行って、並んだそう。(社長さんのお話)
ネットには、積み残す車は、しょっちゅうだったとある。

橋が出来ると、物を運ぶのが、簡単になる。
島の人たちは、橋を最大限生かすことに。

農業や、養殖などの漁業が盛んになり、豊かな島へと変わっていく。
これほど、物を運ぶトラックが、走り回っている島は、他には見ない。

※ 橋が出来て、裕福になったって感じる島は、他には、山口県の周防大島でしょうか。
  飛びぬけて甘いみかんを、栽培している。 少し平たいみかん
  他には、知らない。

橋の下にも、道が見える。  作業の道ですね。
たくさんのケーブルが、通っている。

14年2月7日  (12)

始めは、通行料がかかった。  普通自動車で、400円だったかな。
ところが、予定よりずっと早く、建設費用の回収を終える。
平成2年から、無料。

橋が、有効に活用されたことが分かる。
島の人たちにとって、橋が出来たことは、本当にうれしいことだった。

「これで、安心して、病気になれる」、と言った人がいた。

  ※ 黒之瀬戸大橋、開通式

ここの海峡は、黒之瀬戸。  向こうは、外海。  東シナ海。

14年2月7日  (13)

北方面。  八代海。
この向こうに、獅子島がある。

橋がないので、島民の悲願になっている。
橋が出来て、豊かになることが分かったから、なおさら、その気持ちは強い。

   獅子島の七郎山を登る ~鹿児島県最北端の島へ~   他  (2011/5/21)

14年2月7日  (11)

橋の見える高台は、公園になっている。  黒之瀬戸を望むうずしおパーク。
歌碑がたくさんある。

14年2月7日  (14)

こんな人のが。

14年2月7日  (15)

追門(せと)は、瀬戸ですね。  狭門とも。  流れが速いところですね。
甲斐出身の人かな。

14年2月7日  (16)

外海の方。  ジャガイモ畑も。  
港が見えます。  昔は、あそこが賑やかだった。 黒之瀬戸丸が、行ったり来たり。
  ※ 最後の黒之瀬戸丸

14年2月7日  (17)

下に道の駅。

14年2月7日  (18)

ここにも、こんなのが。  島にいっぱいある。 いろんなのが。

14年2月7日  (19)

停泊場所の、AZに来た。 スーパーセンター。
社長さんの車でブログを書いて、寝る。
私の車も、最初はこうだった。 左の椅子は取った。  ソファーの背もたれも、今はない。

社長さんが付けた物が、車の中にいっぱい。
楽しんでるのは、旅だけでなく、こんなことにも。 
社長さんの隠れ家、小さな動く別荘。

14年2月7日  (22)

自分の布団を敷いた。

14年2月7日  (21)

みんな手作り。  運転席と同じように、外からカチャッてやったら、開く。

14年2月7日  (23)

電子レンジがある。  私にはない。

14年2月7日  (24)

運転席。  運転したら、私の車と同じ。 無駄なものを積んでいないから、軽やか。

14年2月7日  (25)

数日間、人吉方面に行ってきます。
人吉は、熊本県なのに、それを忘れていて、情報誌を持ってこなかった。
ネットで調べながら、動く。

どこに行きましょう。 リクエストがあれば、どこにでも。

車も事で、社長さんには、すっかりお世話になります。


【その他】

始まりましたね。 ここぞという所では、テレビを見なければ。
何が楽しみかって?  大きな声では、言いにくくなってきた。

14年2月7日  (20)

【今日の歌】  百万本のバラのお話の舞台は、オリンピックが始まった、ソチです。
        1894年のこと。
        女優は、マルガリータ。 画家は、ピロスマニ。
        ピロスマニの想いだけの、お話。
        でも、年月が経って、それだけではなかったよう。

        物語と、歌っているプガチョワさんについては、このブログに。
           ニーナさんが歌う 「百万本のバラ」と、「大好きなあなた」 ~稚内市 ロシア料理店 ペチカにて~  他  (2012/8/29)  



【停泊場所】  阿久根市のAZスーパーセンター。

【明日の予定】  人吉市に。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                               ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。