FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

明日は大原三千院だ、って言って、東風さんと乾杯。
ところが、星に見惚れて、イタタタタ。
次の日、見れないで、大原から戻って来た。

今日は、テレで番組で、大原に。
行ったつもりになって、見た。

わが心の聖地の番組。
寺の住職さんは、何を言うでしょう。
それが楽しみ。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

大原は、京都の北部に。 大原や水尾は、余生をのんびり過ごす、隠棲の地と言われた。
延暦寺が近いので、つながりが強い。
  ※ 私は延暦寺には、2度ほど行っている。
    でも、ブログにはない。
    旅に出てから行ってないのかな。 

三千院と寂光院が有名。

13年12月10日 (4)

大原にやって来たのは、SPEEDのメンバー、今井絵理子さん。
お子さんがいる。  耳が不自由なので、悩んだ時期が。

13年12月10日 (1)

大原は、里山。   
先日歩いたけど、右向こうを歩いたのかな。
そうだとすれば、三千院は、後ろの方にある。

この谷を、鯖(さば)街道が通っていた。 京都と日本海を結ぶ。
北の方の山の中は、道がいくつかある。
その最短レートを、歩いたことがある。 誰も通らない、山道だった。
     鯖街道、根来~針畑越えルートを歩く ~小浜市~   夏が来る( 大黒摩季)  他  (2012/5/27)

大原は、必ずまた、歩きますよ。

13年12月10日 (2)

30代をどう生きていくか、それを考える。

SPEED(スピード)のメンバーは、小さい時から歌っていた。
上原多香子以外は、子供だから通用しているのかなって、感じることもあった。

それでも、今も、大忙しではないが、何とか芸能界で生きている。

13年12月10日 (3)

初めは、この寺に。 

13年12月10日 (5)

声明(しょうみょう)という、仏教音楽がある。
それを聞くためにのよう。

13年12月10日 (6)

本尊は薬師如来。 左手に、小さな薬壺。 助けてもらえるか。

13年12月10日 (7)

これが楽譜。   お寺の人は、みんな字が上手。
歌い方は、小さな字に。(博士)  お経の本にも、こんなのがあったかな。

13年12月10日 (8)

そう言えば、普通のお経が、音楽のように聞こえることがありますね。
何人かで唱えたら、合唱。

日本での声明の発祥地は、ここです。  奈良時代から。 (Wikipedia)

13年12月10日 (9)

耳触りのいい声。  画像は、寺を紹介。



今井さん、住職さんに質問した。
どうして神様は、息子の耳を奪ったのですか、と。

私はあれ!って思った。  ここはお寺なのに、どうして神様?

住職さんは、何も違和感がない感じで、話し出した。
悪い方に考えないで・・・、のようなことを言った。
お坊さんだけど、街中での人生相談の人のように、答えた。

ちょっと不満、って感じた。

13年12月10日 (10)

次は三千院。 天台宗。
門跡とあるので、位が高いと分かる。  ※ ずっと昔は、皇族や貴族が、住職をしていた。

13年12月10日 (11)

三千院は、広い。  見応えのある寺。 特に面白い話とかは、見つからないが。

13年12月10日 (12)

わらべ地蔵。  以前来た時に、見た記憶がある。

13年12月10日 (13)

極楽往生院。 
これは、元々ここにあって、後に三千院がやってきて、三千院の中に含まれた。

この中に、国宝の仏像が3つある。

13年12月10日 (14)

中央に、阿弥陀如来像。 
前の2つは、少し腰を上げている。 亡くなった人を、迎えに行きますよ、っていう姿勢。 

13年12月10日 (15)

この中で、護摩木を燃やす。

13年12月10日 (16)

住職さんは、いろいろ言った。

お不動さんは怒っている顔だが、人を助ける時の、必死の顔でもある。
30代は、地に足を着け、何が大切か、何が必要かを考える。
無為に過ごさない、ただ何となく過ごさない。
全てが勉強、日常が修行。 
人のために生きるが、あるがままに生きること。
これらは、仏教の教え。

彼女が何か、質問した。
そうしたら、
根底にあるのは、お子さんへの愛。 それが大事。

この住職さん、いっぱい、「知」の引き出しがあるように見えた。
その時々、どの引き出しかを、ぱっと開ける。

仏教は、人の生き方をも、学べると思う。
だから、三千院のお寺で聞きたいのは、天台仏教の教え。

護摩木を燃やす前、「わるい心が燃えていくイメージで、見ていてくださいね」と言った。

13年12月10日 (17)

邪心も迷いも、みんな燃えていった。

13年12月10日 (18)

彼女は、こう書いていた。

13年12月10日 (19)

終わって彼女は、「ふわって、肩の荷が下りた」と言った。
天川村の同じ番組でも、聞いたような言葉だった。

13年12月10日 (20)

今井絵理子さんにとっての心の聖地は、ゼロになれる場所、そして、無になること、と言った。
彼女の数年後を、見てみたい。
どんな風に、生きているでしょう。 
何をして。

【関連ブログ】
  大原の里を、少しだけ散歩。 ~京都市大原~  他  (2013/11/21)
  寂光院  夜の東山    他  (2009/11/28)
  京都大原三千院    (2009年4月18日)
  亀岡での生活、4日目。  天河大弁財天社へ、石丸幹二が行く。~亀岡市~  他  (2013/11/26)

【今日の歌】   上は、10年以上前。  





【停泊場所】  道に駅、丹波マーケス

【明日の予定】  ガレリアに戻る。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、3位、 旅行全体、5位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。