FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

どちらの島も、知多半島の先端の、師崎港から近い。
日間賀島だけに行く予定だったが、島めぐりコースの切符が安いので、両方に。

最初は、篠(しの)島。 その後、日間賀(ひまか)島。
どちらも、細い小路が、網目のように。
地図を持っていても、迷う。 これが楽しい。 

地元の人だって、うっかり、よその家に上がりそうになると、言った。

島の海は、タコ、タイ、フグの、豊かな漁場だった。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

2つの島は、南知多町だけど、佐久島は西尾市。



師崎港、フェリーターミナル。  フェリーと高速船が出ている。
7時半頃の高速船に乗った。  島巡り。 1300円ほど。  フェリーは便数が少ないけど、安い。

 ※ 駐車場は有料。 車は、朝市の方に置いてきた。 ここまで、10分ほど。

13年11月11日 (40)

正面の小さな船に。  乗るのは、地元の人と、釣り人。

13年11月11日 (26)

モーターボートのように、速い。

13年11月11日 (27)

釣り船。  クロダイかな。  よく聞くので。

13年11月11日 (28) 

篠島の港。  あっという間に着いた。

13年11月11日 (29)

港は、地図の左に。 
島全体の左側3分の1は、干拓地。 左端の、中手島とくっ付けた。

最初は左側を歩く。  地図は、左が北。

13年11月11日 (1)

港から、中手島に向かって、歩いてきた。  遠く向こうが、昔からの家並み。

13年11月11日 (3)

中手島。 伊勢神宮の島。

13年11月11日 (4)

島の中で、干鯛(ひだい)を作る。 地元では、おんべ鯛と呼んでいる。

13年11月11日 (2)

島の東側に行ったが、ゴミがひどかった。  海からのと、勝手に捨てたゴミ。
ゴルフ場跡も、荒れ地。  ※ 再開発の予定は、あるよう。

港に戻ってきた。 山頭火の句碑。 片づけないのかなって、思う。

DSCF3338mmm

※ 山頭火は、昭和14年の春に来ている。   書いてあるのは、

    歩きつづけて荒波に洗わせてまた     春風の声張りあげて何でも十銭 
    島へ花ぐもりの嫁の道具積んで漕ぐ    出船入船春はたけなわ
    花ぐもりの病人島から載せて来た     島島人が乗り人が下り春らんまん
    波の上をゆきちがう挨拶投げかはしつつ  やっと一人となり私が旅人らしくなった

  最後の、面白い。

干拓地の家並みの道は、真っ直ぐで、広い。
    
13年11月11日 (5)

昔からの家並みの中を、歩き出した。  左に、神明社という神社。

13年11月11日 (6)

変わっている。
この神社の材料は、伊勢神宮の遷宮で古くなったお宮の材料。

島は、鯛の関係で、伊勢神宮とのつながりが深い。

13年11月11日 (30)

港の反対側の、東の浜に出た。 前浜の海水浴場。 今は、ひっそり。   美しい浜。

13年11月11日 (7)

島の南端に、散策路。  ※ 地図の右端。
その道を歩いた。

遠くに、伊勢湾の対岸。   志摩半島か。

13年11月11日 (8)

展望台があったが、崩れていた。 廃墟に。

ここは、歌碑公園。

13年11月11日 (9)

※ 万葉集の歌が。

   「夢(いめ)のみに 継(つ)ぎて見えつつ 小竹島(しのしま)の 磯越す波の しくしく思ほゆ」

  意味は、「夢にばかり絶えず見えて、高島の磯を越す波のように、しきりにあの人のことが思われる」
                                 ※ 「万葉の世界」から。
小学校と中学校が見えた。

13年11月11日 (31)

港に戻って来た。

13年11月11日 (32)

こんな道を下りて。

13年11月11日 (33)

船で、日間賀島に移った。  東港に。

13年11月11日 (34)

地図の、右から左に歩く。

13年11月11日 (22)

タコが、お出迎え。  タコの島。

13年11月11日 (10)

お土産屋さんの壁に、魚の絵。(かるた)。

ヘラヤガラ、という魚。 ヤガラという仲間。  珍しいことが1つ。
魚の名前を漢字で書くと、たいてい、魚へんが付く。  
鯛でも鮭でも。  平目とか2文字では、付かないのも。

ヤガラという魚の漢字は、。 
1文字で書く魚で、魚へんでないのは、ヤガラだけ。

13年11月11日 (11)

浪人の顔をしているので、ロウニンアジ。 にらみが効いている。

ワタリガニは、熱湯に中に急に入れたりすると、自分で足を切るという。
どんなふうに切るかが、分からない。 この絵のように、バラバラなら面白い。

13年11月11日 (12)

細い路地を、寺と神社巡り。  迷って見つけた時は、少しの感動。 これがいい。

大光院。

13年11月11日 (13)

知多半島にも霊場がある。  
遍照(へんじょう)は、広く照らすこと。 仏様は、そうするのか。
お遍路さんは、広く歩くから、この名前なんですね。

昭和乙卯としか書いてない。 調べたら、昭和50年と分かります。

どんな心をすれば、波は静かになるのでしょう。

「さやけき」、久しぶりに目にします。

「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」の、さやかと、同じ意味ですね。  清かと書くのかな。

「さやけき」を、そのまま使っている歌が、藤村のにあります。
惜別の歌の3番です。   今日の歌で。

13年11月11日 (14)

※ 惜別の歌は、中央大学の学生歌。 生まれるまでのドラマがあります。  
  詳しくはここに。 長く、少し複雑

次は、安楽寺。

13年11月11日 (36)

たこ阿弥陀様。

13年11月11日 (35)

海の中から見つかった。  タコが抱き着いていた。

13年11月11日 (15) 

マンホールもタコ。 

13年11月11日 (16)

途中に資料館があって、この写真。  タコツボを綺麗にしている。

13年11月11日 (17)

着いた港の反対側。  フェリーは、こっちに。

13年11月11日 (18)

タコツボ。   タコは狭い所が好き。  猫と一緒

13年11月11日 (19)

サンセットビーチ。  砂が飛ばないようにしているのか。 ゴミが入らないようにも。

13年11月11日 (20)

西港に来た。

13年11月11日 (21)

小路を歩いた。

13年11月11日 (37)

向こうから来た。  

13年11月11日 (23)

タコは、生きているうちに、こうする。 目いっぱい、引っ張られる。  引っ張り○○。

13年11月11日 (24)

どちらの島も、バイクが多い。 みんなヘルメットなし。

  ※ 広島県のある島のように、車のナンバーがないのに比べたら、いい方か。
    おまわりさんは、どんな態度を取るのでしょう。

郵便局だって、小路の中。

13年11月11日 (25)

朝7時から動き始めたので、早めに終了。 1時過ぎので、戻る。



西港を後にしました。  日間賀島には、霊場巡りの、観光客の団体が来ていました。

13年11月11日 (38)

広く湾の中なので、波は、それほどでもない。

13年11月11日 (39)

横切る船がある時は、スピードダウン。 用心する。



篠島は、今は、環境が良くありません。
ただ、フェリーターミナルが新しくなって、ゴルフ場跡も開発されて、数年後、よくなりそう。

 ※ 地元の人が、道に平気でタバコの箱を、捨てた。
   意識が変わらないと、島からゴミは消えないようにも。

美しい砂浜は、宝ですね。 
子供たちのためにも、島全体が、砂浜の美しさになるといいですね。

日間賀島には、こちらに来た時、また行きます。
小路を、隅から隅まで、歩いてみます。
島を大事にしているのが、感じられました。(組織が動いているようにも)

【今日の歌】   3番に、君がさやけき目のいろも、があります。



【停泊場所】 半田市の少し北の空き地。

【明日の予定】  半田市かなって。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、2位、 旅行全体、4位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。