FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

昭和29年、夏のこと。
釧路に、ある人がやってきた。  宿泊は、六園荘という宿。

夕食の後半に、蕎麦(そば)を食べることになった。
作るのは、2代目を継いだ徳治。
何日も前から、準備。 心を含めて。

食べていただくそばは、「蘭切り」と、決まった。
極上のそば粉に、新鮮な卵黄をつなぎとして、作る。

その時が来た。 8月16日の、夕方。
徳治は、ある心配をした。
六園荘で用意した食事は、12品に及んでいた。
その後、そばを食べることは出来るだろうか。

作る指示が来るのを、六園荘の調理場で待った。
長い時間に感じた。 やがて、作る指示が来た。

精魂を込めて作った蘭切りそばを、担当者は運んだ。
お腹いっぱいで、食べられないかも知れない。
大きな不安の中、出した。

ところが、その人は、残さずに食べた。
それを知った徳治は、大任を果たした喜びで、呆然と立ち尽くしていた。
肩の荷が下りた。 そば屋をやっててよかったと、本心、思った。

しかし、ことは、それでは終わらなかった。
その人は、大変美味しいと言って、お代わりを望んだ。
急いで作ってほしいと、注文が来た。

徳治は、大粒の涙を流しながら、渾身の蘭切りそばを、再び作った。
そうして、召し上がっていただいた。
徳治にとって、一世一代の喜びだった。

そばを召し上がっていたのは、誰でしょう。
それを書かないと、だめですね。
それは、昭和天皇でした。

昭和29年8月16日のこと。
   (たまたま、その日は、私の4歳の誕生日)
昭和天皇は、巡幸で、北海道に来ていた。
   (留辺蘂の駅に、天皇陛下を見に行った記憶がある。 おばさんに連れられて。 10日頃。)
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

国道でなく、海側の道を通って、市街地に向かった。
この一帯は、釧路市の東側。   幣舞橋など、中心街は、右奥。

13年8月31日 (1)

竹老園(ちくろうえん)は、春採湖のそば。





東屋というそば屋が、釧路市を中心に、たくさんある。
その総本店が、竹老園。

広い庭。

13年8月31日 (27)

普通は、ここで食べる。
部屋で食べることもできる。  部屋代、300円。

13年8月31日 (2)

久しぶりに、部屋で食べることに。   こっちに、入口。

13年8月31日 (3)

昨年来たときは、休みだった。  その前は、混んでてあきらめた。
その前は、食べることが出来た。  根室にいた頃は、年に1度ほど。

13年8月31日 (4)

1階のこの部屋に、案内された。 
奥の方が、いいかなと思ったけど、ここでもいい。

13年8月31日 (6)

部屋から庭が見えるのが魅力だけど、魅力は、もう1つ。
それは、骨董品があること。  絵なども、それなりのもの。

下の絵は、岸田麗子が描いた。 
聞いたことのない名前だけど、「あれ!」て思う人は、絵に詳しい。

岸田劉生(きしだりゅうせい)の娘が、岸田麗子。
劉生が麗子を描いた絵がある。  有名な麗子立像。 

絵のモデルの麗子が描いたのが、下の絵。

13年8月31日 (8)

床の間の引き出し。 江村春暉という人。  有名ではないけど、画家。

13年8月31日 (7)

値段表。    かしわそばの、肉の多いのを食べた。
以前来たときは、コースを注文。

13年8月31日 (10)

これです。  鶏肉が軟くない。  歯ごたえがある。  これがいい。  味のいい肉。

13年8月31日 (9)

下のは、以前食べた時の写真。
左は、かしわぬき。  これは、かしわそばの、スープだけ。
右は、そば寿司と茶そば。

13年8月31日 (31)  13年8月31日 (33)

冒頭に書いた、昭和天皇が食べたのは、これ。  蘭切りそば。 
                ※ 卵切り、と書くところを、蘭切りにした。
天皇がお代わりしたということで、この店は、さらに有名になる。

13年8月31日 (32) 

店の紹介。  朝日新聞デジタルの記事。(2010年)

味を守り続ける、とある。 味が落ちたという評判がたったら、大変。
小樽、函館、釧路と動く。

創業者の伊藤文平は、鳥羽・伏見の戦いに参加。
旧幕府軍15000名の中にいた。 負けたため、武士を捨てて、北海道に渡る。

この戦いは、戊辰戦争のスタート。 戊辰戦争の最後は、函館戦争。 
土方歳三(ひじかたとしぞう)は、最初から最後まで、戦いの中にいる。
   土方歳三最期の地 ~函館市~  他  (2011/7/29)
   五稜郭 ~蝦夷地に共和国を夢見た、土方歳三。  函館市~  写真の比較  函館に1週間  (2011/7/28)

13年8月31日 (35)   13年8月31日 (38)

竹老園のあるこの場所は、2代目竹次郎の隠居の場所だった。 
     ※ 父文平に手を引かれて北海道にやってきた、あの竹次郎。
「手を抜けば、失うものは大きい」の言葉が、目を引く。

13年8月31日 (36)   13年8月31日 (37)

竹老園のそばは、そばとして美味しいだけでなく、そばを離れた料理としても、美味しい。

食べ終わって会計を済ませ、あっちこっちの写真。
突き当り左に、厨房。  広いのが特徴。

13年8月31日 (11)

庭。  橋を渡って、玄関に来る。

13年8月31日 (12)

向こうにも部屋。  以前は、あっちで食べた。

13年8月31日 (13)

上の写真の部屋へは、ここを通って。

13年8月31日 (14)

絵があった。  作者は、牧野環(たまき)。  日本画家。

13年8月31日 (15)   13年8月31日 (16)

多くの皇族が、ここのそばを食べている。

13年8月31日 (17)

私が写真を撮っていたら、お店の方が出てきた。 シャッターを押してあげるという。
聞くと、4代目の、伊藤正司社長さんだった。

自分の写真はいらないので、下の写真をお願いした。

13年8月31日 (18)

天皇に出したそばのこと、庭のことなどを話した。
庭の木が育ちすぎていることは、社長さんも気にしていた。 私も感じていた。
鶏肉は、放し飼いのを使っている。 出る出汁(だし)が違うという。
竹老園は、材料の選定には、細かく気を使っている。 繊細に。

冊子と本を、いただいた。  本は、先代が書いたもの。
冒頭の文は、本で学んだことと、社長さんから聞いたことを元に、書いた。
            ※ 竹老園は有名なので、以前から知っていたことも、ある。

13年8月31日 (19)   13年8月31日 (20)

社長さんにお礼を言って別れ、庭を見た。
少し離れて。  左に、大仏。 1976年建立。

13年8月31日 (21)

観音像も。 1971年建立。

13年8月31日 (22)

多くの皇室が、ここのそばを食べている。  皇室の中で、口コミで評判になったのかも。

13年8月31日 (23)

観音堂。  庭を作ったときは、すべてが、もっと小ぶりだった。

13年8月31日 (24)

建物の反対側。   玉川一郎という、作家のような人が、昔いた。

13年8月31日 (25)   13年8月31日 (26)

旅をしていて、美味しいそばには、滅多に出会えない。
今日は、満足。

本当は、今日、磯分内(いそぶんない)に行く予定だった。
厚岸から向かったが、少し走って、電話した。 店は2時までだという。
間に合わない。
明日行くことにして、今日は、竹老園に来た。

お世話になった竹老園を後にして、まず、手前の、標茶(しべちゃ)に向かった。

雨で、ソーラーが十分に働かない。 走って、電気を作る。
途中にあった、シラルトロ湖。 釧路湿原の中。

13年8月31日 (28)

釧路と弟子屈(てしかが)の間に、標茶。  磯分内は、その少し北に。



標茶駅。  SLのふるさと、とある。  どういうことでしょう。

13年8月31日 (29)

道東の鉄道発祥の地と。
明治20年の話ですね。 釧路や根室に鉄道が通ったのは、明治30年ころ。
硫黄山の硫黄を運んだ、とある。    硫黄山は、こんな所。(2010年)

13年8月31日 (30)   13年8月31日 (34)

4代目の社長さんに親切にしていただき、ありがたかったです。。
美味しいものを作り上げて、それを守り通すことは、大変なこととと、知りました。

竹老園東屋総本店には、歴史がある。
それは、ただの歴史ではなく、栄光の歴史と言っていいほどの。

いつかまた、寄ってみますね。

【その他】    キム・ヨナの新しいプログラムについては、明日です。 
          時間が無くなったので。

【今日の歌】   鳥羽・伏見の戦いで、長州藩が陣地を敷いたのは、東福寺のそば。  ※ 食べるそばではなく。
           東福寺は、京都駅の南東。 近い。
           下の歌は、東福寺で歌っている。



【停泊場所】   標茶(しべちゃ)駅の駐車場。



【明日の予定】  磯分内に。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、1位、 旅行全体、1位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。