FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

生き物にとって、水は命の元。
湿原は、花も虫も、生き物が豊か。 大きな魅力。

ニセコから、日本海に抜ける峠に、神仙沼はあった。
そこは、チセヌプリの山の麓でも。

今はもう、滅多に見られない、トキソウが咲いていた。

峠の下で、大湯沼を見て、甘露水を汲んだ。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

地図で、道が何回も曲がると、そこは峠。



途中で見た、羊蹄山。  雲の中。

13年7月30日 (1)

駐車場があって、神仙沼入り口とある。 
クマに会いそうな道だなと思って、説明を読んだ。  1㌔先に、ちゃんとした道が。

反対側は大谷地湿原。  草が茂って、湿原が消えそう。

13年7月30日 (2)   13年7月30日 (3)

車が、10台以上あった。 人気の場所と、分かる。

13年7月30日 (4)   13年7月30日 (5)

上から出発。 木道の、遊歩道。

13年7月30日 (6)

快適な道。  海が見えてきた。

13年7月30日 (7)   13年7月30日 (8)

日本海。  岩内町。    ※ 文句は○○○○町って、言ってみたくなる。

13年7月30日 (9)

クマの出る雰囲気でない。  

13年7月30日 (10)

ハゼノキ。 名前が分かったので。 この木は、紅くなるのが、上手。 気が早いけど。
右の木は、私をにらみつけた。 こら~って。

13年7月30日 (11)   13年7月30日 (12)

千島桜は、道東かなと思っていた。   根室の清隆寺の千島桜(桜前線の終点)。
右は、広い地図。   最初、赤○から入ろうとした。

13年7月30日 (13)   13年7月30日 (14)

視界が開けた。  高層湿原に。  タチギボウシ(立擬宝珠)と、時期が終わる、ヒオウギアヤメ。

13年7月30日 (15)   13年7月30日 (16)   13年7月30日 (17)

神仙沼は、右奥に。   手前にある、湿原。

13年7月30日 (18)

沼の水は、雨水だけで、とある。

13年7月30日 (19)

木道が続く。

13年7月30日 (20)

左の方、遠くに人。

13年7月30日 (21)

コウホネ。  調べたら、ネムロコウホネ。 最初に、根室で発見された。  ヒュッって、首を出す。

13年7月30日 (22)   13年7月30日 (23)

小さな沼。  池塘(ちとう)って呼ぶ。 ※ 塘は、水の溜まっている所。  路に、塘路湖(とうろこ)。

13年7月30日 (24)

振り返って撮影。  深くない。  浮島が出来るためには、もっと深さが必要か。

13年7月30日 (25)

水も木も草も、みんな美しい。   木を見たら、冬の自然の厳しさが、分かる。

13年7月30日 (26)

小さな池塘に、コウホネ。  右は、トキソウ。 滝の上の、浮島湿原で見て以来。

13年7月30日 (27)   13年7月30日 (28)

左の2枚も、トキソウ。 接写できる距離のは、なかった。 ※ 接写できたら、こう
右は、チングルマの花が終わった後。 種かな。 こんな花。(少し前、八甲田山で) 

13年7月30日 (29)   13年7月30日 (30)   13年7月30日 (31)

ワレモコウ。  半分咲いている。   見えてきた。

13年7月30日 (32)   13年7月30日 (33)

神仙沼。   自然が自分でつくった。   人がつくった庭より、ずっとずっと、美しい。

13年7月30日 (34)

寒くて、枯れた植物は、腐らない。 それで湿原が生まれるんだが・・・。

13年7月30日 (35)

神仙沼という、いい名前がついた。

13年7月30日 (36)   13年7月30日 (37)

(1分6秒)



青い花は、ヒオウギアヤメ。  他は、ミツガシワ。  花の時期は終わって、こんな花だった

13年7月30日 (38)   13年7月30日 (39)

雨水なのに、この水面。

13年7月30日 (40)

トンボと、沼の中。

13年7月30日 (41)   13年7月30日 (42)

チセヌプリ山。   ※  チセは、家。 ヌプリは、山。  家の形をした山。

13年7月30日 (43)

神仙沼から離れて、湿原を散策。  池塘と呼ばれる沼が、散らばっている。

13年7月30日 (44)

山の上に、流れないで水が溜まっているのが、不思議。

13年7月30日 (45)

タチギボウシ。

13年7月30日 (46)

モウセンゴケ。 虫を捕まえる。

13年7月30日 (47)   13年7月30日 (48)

浮島ではない。  重そう。  浮島ならこう。(浮島湿原)

13年7月30日 (49)

花が一番多いのは、6月。 鳥の子育ても、6月。
北海道の6月は、命みなぎる季節。  今は、一休み。

13年7月30日 (50)

左は、ワタスゲが、少し。  右は、水の中。  サンショウウオの卵の跡かな。

13年7月30日 (51)   13年7月30日 (52)

湿原には、いつも誰かがいる。 

13年7月30日 (53)

向うから、戻っている。

13年7月30日 (54)

戻ってきた。  レストハウスの2階は、資料室。

13年7月30日 (55)   13年7月30日 (56)

近くに、展望台。   霞んでいる。  日本海側の、北方面。

13年7月30日 (57)   13年7月30日 (58)

遠くに、積丹(しゃこたん)半島。  うっすらと。  左奥に。

13年7月30日 (59)

ニセコに戻るとき、大湯沼がった。



池から湯気。

13年7月30日 (60)

大湯地獄と、言いたくなる。

13年7月30日 (61)

池から湧き出ている。

13年7月30日 (62)

(55秒)



お湯を触れるが、熱くない。

13年7月30日 (63)

沼の底から、噴気ガスが出ている、とある。  噴気ガスが、水を温めているのか。

13年7月30日 (64)

さらに走って、湧水。  ニセコ名水甘露水。
  ※ 昭和29年、昭和天皇が巡幸でやってきた。 この水を飲んで、甘露水と言った。
    以来この水は、甘露水。  ※ 砂糖水を沸騰して冷ましたのが、本来の甘露水。

13年7月30日 (65)   13年7月30日 (66)

神仙沼は、今の時期でも、十分に楽しめました。
花の時期の6月に行ったら、感動は、数倍でしょうね。

高層湿原の美しさでは、浮島湿原に並びます。
 ※ 雄大さでは、雨竜湿原がありますが。

【関連ブログ】     秘境! 浮島湿原 ~70の沼に多くの浮島が・・・ 滝上町~   他  (2010/8/16)
             雨竜湿原  他 (2009/08/21)

【その他】  中央アルプス・檜尾(ひのきお)岳付近で起きた、韓国人登山者の遭難事故、について。

     (毎日新聞 7月30日(火)21時58分)
       韓国からの登山者は48~78歳の男性14人、女性6人の計20人。
       一行は28日に駒ケ根市から入山し、この日は空木(うつぎ)岳(2864メートル)を登山後、
       木曽殿山荘に宿泊した。
       29日は午前6時に出発し、檜尾岳から宝剣岳を経て宝剣山荘に向かう行程だった。

DSCF1410mpppm

※ 昨年11月8日に撮影。
   ここは、菅の平(すがのだいら)。 少し手前に、駒ヶ池がある。 韓国の人達は、そこから出発。 
   真ん中は、左に宝剣岳。
   右は、右の雲の中に、檜尾岳や空木岳。 真ん中の写真の赤○から撮影。

20121108221137becあ 20121108223508191い 20121108223251292う

1日目と2日目の日程が、楽ではない。
私の持ってる本では、7~8時間のコース。 年配の人だと、1日、10時間は歩く。

亡くなった人の合羽(かっぱ)は、ポンチョのような、薄いものだった。
山専用の、上下別の合羽ではなかった。 
日本の登山者は、それを持つのは、当たり前になっている。
 ※ 合羽の下に着る、ダウンを持つ人も。 さらに、ビバーク用のミニミニテントも。
   私も、これらは、いつも持っている。 軽量で、とても小さくなる。

ホテルや帰りの飛行機を予約してたりすると、無理をするのでしょうか。
天候が悪化したんだから、山荘から出ないという判断もあった。

北海道のトムラウシの時も、夏だった。
夏山と言っても、天気が荒れたら、怖い。
     大雪山系遭難~登山者の足取り~  他 (2009/07/19) 

【今日の歌】



【道の駅】   ニセコビュープラザ



【明日の予定】  近くのどこか。  登山の準備。 羊蹄山は、時間のかかる山。
         ※ 追記 1日の天気予報が、曇り時々雨に変わった。
              羊蹄山は、今回諦めます。 
              途中の風景を撮りながら、積丹の神威岬に行きます。 
              今まで見た海では、一番美しい。
              再度見られるでしょうか。  積丹ブルーを。  
          
 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、1位、 旅行全体、1位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



洞爺湖は、カルデラ湖。
その中に、噴火してできた島がある。 中島。

散策路を、2㌔ほど、山奥に入ってみた。
巨木があって、時々花。 そして、風穴。
動物には、期待してたが、会えなかった。
 
円空の像があったという観音島が、すぐ隣にあった。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

円い湖の真ん中に、円い島がある。



遊覧船で行く。  往復、1320円。

13年7月29日 (1)

中島には、大きな山が2つ。 その間に着く。  手前に小さな島が2つ。

13年7月29日 (2)

ここは海でないのに、カモメがいる。 
かっぱえびせんを、優しく投げてやると、口で受け取る。  島まで追ってくる。

13年7月29日 (3)

(41秒)



昭和新山。

13年7月29日 (4)

※ 1944年。 畑が盛り上がった。 溶岩ドーム。  1年半後、周りより、175㍍高くなる。
  有珠山から見たら、このように

船着き場が、見えてきた。

13年7月29日 (5)

島に上がると、このように。

13年7月29日 (6)

散策コースがある。  行くには、森林博物館で、申し込む。

13年7月29日 (7)   13年7月29日 (8)

※ 上の地図に、小さな島が3つ。 左の上が、観音島。  その下は、弁天島。(2つは、つながっている)
  右の小さいのは、饅頭(まんじゅう)島。 マムシが多いので、上陸禁止。

森の中を歩きだした。  変わった名前の木。  
アメリカ東部にある木だそう。 (最初の変換は、歩き出そう)
枝の出るところが、竹の節のよう。   右の木が、分かりやすい。

13年7月29日 (9)  

オンコの木。  イチイとも。 
赤い実がなる。  美味しいけど、食べすぎたら、気持ち悪くなる。  ねっとりした食感。

13年7月29日 (10)

こんな道を。  トドマツの枝は、天にとどけと、上に向いている。  ※ エゾマツの枝は、横か下向き

13年7月29日 (11)   13年7月29日 (12)

北海道にもあるって、知らなかった。 葉っぱも、サンショウの味がする。 かじってみた。

13年7月29日 (13)   13年7月29日 (14)

イヌエンジュの木。  この木の木彫りを見ることがある。
堅い木で、外側が白い。  それで、こんな模様のが彫れる

13年7月29日 (15)

秋には赤くなるが、名前は忘れた。

13年7月29日 (16)

途中で道が分かれる。 向こうから戻れる。 外国の人。 たくさん島に来るが、歩く人は少し。

13年7月29日 (17)

クルマユリ。

13年7月29日 (18)

風穴(ふうけつ)っぽいので、あっちこっち、手を入れてみた。 涼しい風の来る穴があった。

13年7月29日 (19)

(59秒)    冷凍庫と言ってるのは、少しオーバーか。



(39秒)    



時々案内が。   クルミの実。  まだ落ちるのは早い。  先日の強風で。

13年7月29日 (20)   13年7月29日 (21)

これも花。

13年7月29日 (22)

こんな道を。  クマがいないから安心。
ところが、何度か、木の傷を見た。 クマが引っ掻いた感じ。 古い傷。
いないと決めていたから、写真は撮らなかった。

調べてみた。 過去に、この島には、クマが泳いで来ていた。 記録が残っている。
中島で豚を飼ってる人がいた。 豚は、少しずつ減っていった。 クマが食べていた。

13年7月29日 (23)

低い平地に出た。  名前は、大平原。

13年7月29日 (24)

アザミの花。 秋遅くまで、楽しませてくれる。

13年7月29日 (25)

ちょっと歩けば、バッタが、数匹飛んだ。 
雲がなければ、向こうに、ひょっこり、羊蹄山が見える

13年7月29日 (26)

さらに奥に。  右を行くと、船着き場まで3時間。 最終便に間に合わない。
突当りが、目的地。

13年7月29日 (27)

中島のアカエゾマツがあった。  森の巨人。  今は倒れている。   こんな姿だった

13年7月29日 (28)   13年7月29日 (29)

向うに倒れた。  黒い所が、根の下。  クローンの木を育てている。
※ クローン木って、接ぎ木だろうか、種だろうか、もっと高度の技術でしょうか。 ?。

13年7月29日 (30)

倒れた木を見る場所。 遠くに、湖。  水を飲んで、一休み。

13年7月29日 (31)

見えるのは、これだけ。

13年7月29日 (32)

戻った。  大草原に人がいた。  人に会うのは、、やっと、2度目。

13年7月29日 (33)

ホオノキ。(朴の木)。   
飛騨では、これで、朴葉味噌。  食べたのは、1度だけ。 美味しい味噌に。

13年7月29日 (34)

人の顔に見えた。   

13年7月29日 (35)

戻ってきたところに、ヒマワリ。  夏の花。 種の並び方は、不思議。
             男山純米大吟醸 北竜町のヒマワリ 他 (2009/08/17) 

13年7月29日 (36)   13年7月29日 (37)

森林博物館を見た。  200円。

13年7月29日 (38)

モモンガもいたけど、剥製はよくなかった。   
これは、エゾフクロウ。 自然で見たのは、一度だけ。浮島湿原で

大きなカツラ(桂)の木。
シャクシャインの乱で、若者が怪我をして、死期を悟り、湖に身を投げた。
彼の恋人も、後を追った。  その2人に、関わりのある木。

13年7月29日 (39)   13年7月29日 (40)

変わった船で戻る。 夜の花火では、この船に乗って見学ができる

13年7月29日 (41)

こんな島でした。  昔は、住んでる人がいた。  今は、鹿がいっぱいいる。 

13年7月29日 (42)

カモメは逃げない。  鳥の目は、不気味。

13年7月29日 (43)   13年7月29日 (44)

正面の島が、観音島。  ※ 左に、弁天島。
この島には、ボートでないといけない。 きっと、料金は高い。
観音堂がある。  昔は、そこに、円空の彫った観音像があった。 今は、有珠善光寺に。
こんな観音像。  

裏には、「うすおくのいん小島 江州伊吹山平等岩僧内 寛文六年丙午 七月廿八日 始山登 円空(花押)」と。
中島の観音堂は、有珠奥ノ院。 
円空は、伊吹山の平等岩のお堂で修業していた。 一人前とみられるために、書いた。
伊吹山の中腹にある、こんなお堂。(2010年撮影)

13年7月29日 (45)

真狩村に向かう途中、サイロ展望台から。

13年7月29日 (46)

左が、観音島。  遠くに、昭和新山。

13年7月29日 (47)

羊蹄山は、雲の中。

13年7月29日 (48)

真狩村の道の駅に、クマがいた。

13年7月29日 (49)   13年7月29日 (50)   13年7月29日 (51)

真狩村は、細川たかしの出身地。

13年7月29日 (52)

自然の中は、歩いているだけで楽しい。
森の木々の間を、そよ風が通り抜けていた。

エゾリスに会えたら、よかったかな。

【今日の歌】 (雨に濡れたあなたのまとめは、時間のある時に。 大したまとめではないんだけど。)

       今日は、山崎ハコの、百万本のバラ。 大好き。 編曲もギターも、みんな好き。
       バラを贈らえた女優は、生涯、贈られたことを忘れない。
       最後は、そうなるんですね。
       人生で、大きな思い出が生まれることって、ありますね。 
       誰にも言えず、言わず、心の中にそっと。 大切に。



【道の駅】 真狩フラワーセンター



【明日の予定】   朝の天気次第で、羊蹄山に。 明日だめなら、1日に登る。
          羊蹄山に行けなかったら、神仙沼。 花を見る。

         ※ 追記 真夜中まで雨が降ったので、30日の羊蹄山は諦めています。
                登山道が、歩きにくい。
                    明日、山だからって、肉をいっぱい食べた。 食べ過ぎ。 余計なことになった。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、1位、 旅行全体、1位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 

openclose

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。