FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

国道21を走ってきた。 昔の、中山道。
多くの、歴史を動かした人が、通った道。

その道沿いに、巨岩の集まった山。
鬼が住んでいたので、鬼岩と呼ばれた。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

国道21が、ほぼ中山道と、初めて知った。 この道は、関ヶ原、米原に向かう。  
  ※ 名古屋に行くのは、国道19。



鬼岩公園の入り口に、広い駐車場。

13年6月17日 (14)

遊歩道と温泉がある。  そして、鬼も。

13年6月17日 (13)   13年6月17日 (15)

鬼岩弁天夫婦滝。  橋の上から撮ることに、気づかない。

13年6月17日 (16)

さあ、遊歩道です。

13年6月17日 (1)

道は、大まかに3つ。 川沿い、左の山の上、右の山の上。

13年6月17日 (18)

脇道だけど、壊れている。  ※ 多くの観光地が、直ぐには直せない。

13年6月17日 (19)

岩の隙間があれば、道はそこを。 狭間(はざま)を通る。

13年6月17日 (21)

右に、鬼の住む穴がある。

13年6月17日 (2)

穴に入ると、電気が点いた。  いた、鬼が。 でも、角はない。

13年6月17日 (22)   13年6月17日 (3)

この男は、太郎で、関に住んでいたんですね。
悪さをしたので、退治された。 
後白河法皇とあるから、平安時代の終わり。
 ※ 後白河天皇は、海に沈んだ安徳天皇の祖父。 崇徳上皇を、讃岐に追いやったのも、弟のこの人。
     西行法師の道を歩いて、崇徳天皇白峯の陵へ。  81番札所、白峯寺。~坂出市~  他  (2012/12/26) 
悪さは、1人でしたんですね。 たくさんでやったのは、清水次郎長。

13年6月17日 (17)

上の説明について、何点か。

① 善光が、最初ここに善光寺を建てようとしたかどうかは、確認できない。 言ってるのは、ここだけ。
  善光寺は長野にあるけど、元善光寺は、確かにあったんですね。 飯田市に。 今もある。
    奇勝絶景、天竜峡。  善光寺の本尊は、最初、元善光寺にあった。~飯田市~ ああモンテンルパの夜は更けて  (2012/11/7) 

② 石川五右衛門と、昨日見た岩村城について。
  この話は、確かにあるようです。
  石川五右衛門は、長い間、伝説上の人物と思われていた。  
  最近、新しい資料によって、存在が確認されている。
  岩村城とのかかわりは、このサイトに載っています。 悪人がやりそうなことを、やった。

③ 桜田門外の変について。
  御嵩(みたけ)は、ここから8㌔ほど。 宿場町だった。
  井伊直弼を桜田門で襲ったのは、水戸の浪士。
  現場のリーダーは、関鉄之助。
  この人たちが、江戸に向かう時、御嵩で1泊した。
  中山道を通るのは、不思議でないので、あったんでしょうね。
  襲ったとき、井伊大老の首は、刀一振りで落とされている。 
  薩摩に伝わる、示現流で。 キエーって声を出す。
  首が、雪を血に染めて、転がった。

  面白かったですよ。 関鉄之助は、変の後、北海道を目指していた。 義経を思ったのか。



  関川村には、あったかい空気が流れていた。 ここは、関鉄之介の潜伏地だった。 ~新潟県と山形県の県境~  (2010/10/12)

毛虫が歩いていた。 アリの大群に襲われたら、大変。



山の上に出たら、松の湖。   ダム湖。

13年6月17日 (4)

地図の右の道を、行ってみた。 岩の隙間を通った。
大きな岩を、1点で支えている。
いわは、何もいわないけど、すごいわ。

13年6月17日 (5)

山の上へ。

13年6月17日 (23)

谷底に突き出た、大きな岩。
問題です。 用心深いと云われる私ですが、どこまで前に行くでしょう。
   ア.2㍍前。  イ.岩の真ん中辺り。  ウ.低い姿勢で、先まで行く。
答えは、下の写真の下に。

13年6月17日 (6)

  ※ 答え。  私は、1歩も前には行かない。 すみません。

温泉街が見える。

13年6月17日 (7)

駐車場も。

13年6月17日 (24)

こういう、岩の山。 ロッククライミングの跡は、見られない。

13年6月17日 (8)

岩は、花崗岩だとある。 火山で生まれた岩ですね。 
右の絵が、人に見える。 最近は、何見てもこう。

13年6月17日 (20)

トカゲ。 嫌いな人もいるから、写真は小さく。

13年6月17日 (9)

尻尾がなかった。 何に襲われたんだろう。



元の道に戻った。

13年6月17日 (10)

スタート地点。

13年6月17日 (11)

別なところから出てきた。

13年6月17日 (12)

渓谷での、観光は難しい。
廃屋があったり、写真に撮れないところも、いっぱい。

渓谷、滝、洞窟、岬、湖など、自然を見せる観光は、どこも大変。
滝や鍾乳洞は、日本一レベルでないと、賑わいはない。

それに比べて、「花」は、どこも人気。 
バラでもダリアでも、イングリッシュガーデンでも。
北海道のラベンダーは、一大観光地。

また、マスコミで、話題になるところには、人は行く。
例えば、美瑛町の青い池。 いつも、人でいっぱい。
旭山動物園は、身動きが出来ないほど、混む。

他に、今は、山が人気。
手ごろな山は、子供も行く。
苦労して登って、美しい風景を見る。
山に登るというのは、達成感がある。

自然そのままの中では、山の上だけが、人気がある。
他は、みんな苦しい。

珍しいものを見せて、観光が成り立ったのは、一時代前のことですね。

人が集まる町並みも、決まっている。
楽しめる町並み。

観光に携わる人は、旅人の心をつかむことが、戦略を進める上での基本でしょうか。

行って来たと言って、周りから羨まれるところに、誰もが行く。
いいね、すごいね、どうだった、って。

【今日の歌】   ベサメ・ムーチョ。  メキシコのコンスエロ・ベラスケスの曲。
         今日は、ビートルズで。
         ポールは、元々、この曲が好きでした。
         
         Besame Mucho と書くけど、kiss me much に似ている。
         Besaの部分は、キス。 meは、私に。 Muchoとmuchは、いっぱい。
         私にいっぱいキスして。

         誰がそう言ったのか。 それは、
         病気で、命が燃え尽きようとしているある男が、妻に言った。 
         「いっぱいキスして」って。

         この場面を、妻の友人だった少女が、一緒に病院に見舞いに行って、見た。
         その時、詞とメロディが生まれた。 
         ベラスケス、17歳の時と、云われている。
         1941年のこと。 (二木紘三うた物語他参考)

         歌の中の「チャチャブー」には、意味はないようです。(調べても、分からない)
         ビートルズが歌うと、こうなってしまう。 他は真似できない。



【道の駅】  柳津



【明日の予定】  大垣かな。  奥の細道の、終着駅。 暑いから、記念館に入って涼しく。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、3位、 旅行全体、4位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。