FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

旧国鉄篠ノ井線の、廃線跡を、東風さんと歩いた。
見所は、トンネル、橋梁、古い石像など。
自然の中を歩いていると、勝手に、楽しみが現れてくれる。

珍しい人達にも、出会った。
夜は、東風さんとお酒。 最初は外で。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく )

旧国鉄篠ノ井線の跡は、安曇野市にある。  



道の駅、アルプス安曇野ほりがねの里で、東風さんと待ち合わせ。  ※ 長い名前。 短く、ほりの里にすれば・・・。

13年5月25日 (37)

東風さんと2時半頃合流して、向かった。

左端に着いた。 右へ、峠を下る。

13年5月25日 (1)

旧国鉄篠ノ井線の廃線跡。

13年5月25日 (2)

朽ちた枕木。

13年5月25日 (3)

今は、隣に、新しい線路が出来た。 トンネルを長くして、もっと低いところを。

13年5月25日 (4)

ミツバチの巣箱。 蜂は人間を襲わないのか。 少し心配。 羽ばたく音が、唸ってるように。

13年5月25日 (5)



この鉄道は、名古屋と長野・新潟を結ぶ、メインの鉄道だった。
島崎藤村だって、誰だって、多くの人たちが通った。

単線なので、列車の本数が増えたとき、すれ違える場所を作った。
斜めだと、列車が動くから、スイッチバックのように、線路を作った。

13年5月25日 (6)

13年5月25日 (60)

  ※ スイッチバックについては、このブログに詳しく。
              肥薩線 真幸駅 ~幸福の鐘が響く、スイッチバックの駅~   他  (2010/1/20)

漆久保トンネルが見えた。 読み方は、うるしゃくぼ。 なまったのを、そのまま読み方にした感じ。

13年5月25日 (39)

廃屋。  昔の道を行く。 トンネルは、帰りに。 

13年5月25日 (40)   13年5月25日 (7)

説明の、石像が楽しみ。

13年5月25日 (9)

御嶽山の参道の道を作った人、2人。 
裏参道は、岐阜県側とすると、先日行った、濁河(にごりご)温泉からの道か。
後ろに、小さなお寺。

13年5月25日 (10)

測量の時、鼻が邪魔で落とされたというのは、話ではないかな。
今も、遊びに来る人を、見守っている。

13年5月25日 (11)   13年5月25日 (12)

小さな石の祠。

13年5月25日 (13)

のぞいて見て、お寺と分かった。 そばに墓地も。

13年5月25日 (42)   13年5月25日 (43)

山道を下りたら、トンネルの出口。  誰かいる。

13年5月25日 (44)

女の人たちは、撮影していた。 こんな人たちに、たまに出会う。  なり切っている。

13年5月25日 (45)

左の道を下りてきた。

13年5月25日 (46)

53㍍。 小さなトンネル。 レンガ造りは、いつまでも美しい。

13年5月25日 (15)

トンネルを出た所は、分かりずらいけど、橋梁(きょうりょう)だった。

13年5月25日 (47)

説明が分かり難い。

13年5月25日 (16)

煉瓦の向きは、2種類。  
1つは、出口の面と並行。 もう1つは、トンネルの方向と、垂直。 
これが、珍しい。 目的は、分からない。

13年5月25日 (17)   13年5月25日 (18)

こんな道を、さらに歩く。 さっきの人たちは、帰る。 松本の人。

13年5月25日 (48)

下には、集落。  谷が深いと、冬の日照時間が短い。 3時ころには、太陽が見えなくなる。

13年5月25日 (49)

家があった。 女の人がベランダから顔を出したので、お話。
初孫が出来たので、のぼりを作った。
私は「若いのに、おばあちゃんになったんだ」って言って、みんなで笑った。

お嫁に来た時は、列車が走っていた。 最初は、騒音。 慣れたら、子守唄、と言った。
大きなお家にお嫁に来られて、よかったねと、余計なことまで、言ってしまった。

13年5月25日 (50)   13年5月25日 (52)

花は、ジャーマンアイリス。   大きい。

13年5月25日 (19)   13年5月25日 (20)   13年5月25日 (21)

近くに、臥龍松が。  ※ がりゅうまつ。

13年5月25日 (22)

カーブなので、信号は、左に大きく離してある。 
こうしないと、遠くから見えない。 この時、その理由に、やっと気づいた。

13年5月25日 (23)

地滑りの多い土地なので、苦労した。

13年5月25日 (24)

踏切が、残っていた。

13年5月25日 (25)   13年5月25日 (26)

東風さんが、チョウを見つけた。 東風さんのカメラは、ズームの幅が大きいので、撮れる。
私は撮れないので、東風さんを撮って、チョウの写真は、いただくことに。

13年5月25日 (27)   IMG_3552bnk.jpg

この辺で、引き返した。

13年5月25日 (28)

レールを、埋め込んである。 レールを支えるため、だったのか。

13年5月25日 (29)   13年5月25日 (53)

傾斜が急なので、機関車は登れないことがあった。
そういう時は、ずっと戻って、勢いつけて、やり直した。

遠くに、さっきの、踏切。 今日は暑い日。

13年5月25日 (30)

トイレの方で、バタッて音がした。 東風さんが、ヘビだと、声を上げた。 上から落ちたよう。
東風さんは、ヘビが苦手、だから見ない。



小さなチョウ。

13年5月25日 (54)

トンネルに来た。

13年5月25日 (56)

トンネルの中は涼しい。
機関車が走っていたから、真っ黒な部分も。

13年5月25日 (57)   13年5月25日 (58)

トンネルから出て、スイッチバックの所に。

13年5月25日 (31)   13年5月25日 (59)

戻って近くの道の駅で、宴会。
それが頭にあるからか、足取りが軽く、急ぎ足。

13年5月25日 (32)   13年5月25日 (33)

峠を越えて、道の駅まで、数㌔。  左は、深い谷。 筑北村に。

13年5月25日 (61)

小さな東屋で、楽しい宴会。  寒くなって、東風さんの車に。

13年5月25日 (36)   13年5月25日 (34)

純米酒の、美味しいお酒。

13年5月25日 (35)

※ 東風さんの車で、BSを見た。 今日の午前中に、業者にBSのアンテナを付けてもらった。
  以前より、安い値段で、最近出てきた。 

山登りも面白いが、普通に山道を歩くトレッキングも、面白い。
今日のように、ヘビとか蜂、女の人たちとか、おまけがあるとなお楽しい。

【ブログ紹介】    雑炊橋  風穴  穂高神社  大王わさび農場 ~松本市・安曇野市~   他  (2010/6/22) 
            松本城は黒かった。  あゝ野麦峠の山本茂実  男装の麗人川島芳子   他  (2010/6/23)
            上高地は、高度1500㍍にある、小さな平野(盆地)だった。~梓川上流 松本市~   他  (2010/6/21)
            塩狩峠。 昔、自分が下敷きになって、暴走した客車を停めた男がいた。~和寒町~  他  (2012/9/12)

【今日の歌】  森田童子です。 これはこれで、いいメロディかなと。



【道の駅】  さかきた



【明日の予定】  筑北(ちくほく)村を見る。  

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、2位、 旅行全体、2位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。