FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

辰野町の小野宿を検討していたが、駐車場が見つけられなかった。
2案目と考えていた、塩尻農業公園で、花を見ることにした。

花はなかったけれど、可愛い動物たちがいた。
ちょうど、羊の毛を刈っていた。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく )

チロルの森は、諏訪(すわ)湖に近く、少し北に松本市。



チロル、という言葉について。  チロルチョコでも、名前を聞く。

アルプス山脈東部の、地域の名前。 
緑の所は、オーストリアのチロル地方。 茶色は、イタリアのチロル地方。(地図は、ある旅行会社からお借り)
チロル城があったので、チロル地方と呼ばれるように。

13年5月24日 (29)

※ おまけで。
  アルプスの少女ハイジの舞台は、左の○の所。 チューリッヒの町が近くに。
  サウンドオブミュージックの舞台は、中央の○。 ドイツ。  ザルツブルグが近くに。
  どちらも、観光旅行で日本人が訪れている。

14865pppp   

入園料は800円だけど、遅かったので、割引券を使ったことにして、600円に。  
                                   
13年5月24日 (12)

園内の全体図。
途中まで来て、振り向くと、このように。 両側に薔薇(ばら)。 まだ、咲いてない。 咲くとこのように

mapkkppp.jpg   DSCF8302kkm (2)

反対側。 向こうに行く。

DSCF8302kkm (1)

森の中に、いろんなお店。  

13年5月24日 (2)

お店と遊ぶところがある。 こういうテーマパークは、30年ほど前、いっぱいあった。
ここは、1999年にスタート。

ハムのお店。 美味しいハムは、美味しいけど、滅多にない。 ※ 普通のは、添加物が多い。

13年5月24日 (3)    13年5月24日 (4)

4時を過ぎてるので、人は少ない。  ゲームができるところも。 乗り物やボートも。

13年5月24日 (6)  

山の上で、動物を見ることにした。  花は、まだ。

13年5月24日 (7)

ある家族が、先を。

13年5月24日 (8)

牛がいた。  世話してる人と、同じ目に。

13年5月24日 (9)    13年5月24日 (10)

小さな動物が、大きな建物に。 シマリス。 名前が、シマネズミでなくて、よかった。

13年5月24日 (17)   13年5月24日 (11)

暑くなってきたので、羊の毛を刈る。 久しぶりに、見る。 小さい時、自分の家で見たような。 

13年5月24日 (13)

羊は、あばれません。 ※ さわいだら、ジンギスカンにするぞ、って脅せばいい。



何の動物でしょう。 暑いのに、くっついている。  1人が好きなのも。

13年5月24日 (14)   13年5月24日 (15)

月に行ってきたかい、と聞いた。 もちろん。 もちをつきにね、と言った。

13年5月24日 (16)

ヤギは、目を開けているのか閉じているのか、分かりにくい。  かっこいいのがいいか、涼しいのがいいのか。

13年5月24日 (18)   13年5月24日 (5)

毛を刈ってもらう、順番待ち。

13年5月24日 (19)

アルパカです。 ヤギとも羊とも、雰囲気が違う。 おっとりしている。 ラクダの仲間だそう。
アルゼンチンとか、南米にいる。 毛を利用。
ただ、怒ると、臭い唾(つば)を飛ばすそう。
だから、お前は、あ るぱ か か、などど、ふざけたことを言ったら、ダメ。

13年5月24日 (20)

※ アルパカの、こんなCM。



馬もいる。 乗ることができる。

13年5月24日 (21)

展望台から、全体を。

13年5月24日 (22)

広くラベンダー畑がある。 花は、これから。

13年5月24日 (23)

戻っている。 ここでは、ビールも作っている。  作りたてのを、飲んでみたい。

13年5月24日 (24)   13年5月24日 (25)

今日の仕事は、終わりました。 みんな帰る準備。

13年5月24日 (26)

花はなくても、緑だけで十分美しい。

13年5月24日 (27)

本格的な花の時期は、まだなんですね。
でも、かわいい動物たちに出会えたので、よかったです。

※ このようなテーマパークの経営は、大変と思う。 アイディアの勝負でしょうね。
  最近、大きな魅力1つで、人気の所がある。
  例えば、イングリッシュガーデン。 小さな施設が、人で溢れることも。
     旭川市の、上野ファームが、そうです。

【今日の歌】   咲いてなかったけど、バラがあったので、この曲。
        珍しいのを見つけました。  山崎ハコです。
        詩をどのように作ったかは、分かりません。
        原曲の詩とは、違う部分がありそう。

        話の舞台は、ロシアのソチですね。 
        ソチで行われる、冬のオリンピックまで、あと、半年です。

        軽やかなタッチのギターもいい。 演奏は、旦那様の安田裕美。



下のが、百万本のバラが、日本で最初にラジオから流れたときの、録音です。
歌っているのは、ハーフロシアンの、ニーナさんという女性。  30年前。

 ※ この動画は、当初、誰が歌っているか分かりませんでした。
   私は、ニーナさんでは、と疑っていました。
   昨年、ニーナさんにお会いすることができ、ニーナさんと確認できました。
   ニーナさん自身も、初めて聞く音源でした。



  ニーナさんが歌う 「百万本のバラ」と、「大好きなあなた」 ~稚内市 ロシア料理店 ペチカにて~  他  (2012/8/29) 

【道の駅】   小坂田公園

13年5月24日 (28)



【明日の予定】   安曇野の廃線跡をトレッキングします。 東風さんが一緒。


 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、2位、 旅行全体、6位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



飛騨から木曽に抜けるのだが、山道を通ることに。
途中に、鈴蘭高原と、濁河(にごりご)温泉。

濁河温泉は、昔こんな入浴剤が売られていた
でも、正確には、ここは奥飛騨ではないので、今は売られていない。

今日は、山の風景をたくさん見ながら、走った。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

鈴蘭高原は、御嶽山(おんたけさん)の麓。   ※ 御嶽山は、御嶽とある地図も。



鈴蘭高原への道は、大丈夫なのか。
調べていたら、そこに、ゴルフ場があった。  道はいいに、決まっている。

道を登ってきたら、御嶽山が見えた。  中央少し右が、頂上のよう。
まだ雪。 登るのは、大変そう。 

13年5月23日 (1)

スズランは、どこで見ることができるのか。 道端には、咲いていない。
小さなお店があった。 飲み物を買って、聞いた。

ゴルフ場に行ったら、見られるよ、って。

ゴルフ場に行ったら、たまたま、そこの人が車で通りかかった。
スズランは、まだ小さいと言った。 
6月の初めにスズラン祭りだけど、心配だとも。

ここの高原は、寒いそう。 冬は、マイナス20度になることも。
夏は、30度にはならない。

13年5月23日 (22)

スズランは、やっと、これだけ。 それでも、花を咲かそうとしている。

13年5月23日 (2)    13年5月23日 (21)

※ こんなのが見られるかと思ったけど、仕方ない。
  子供の時、美瑛で見たスズランの風景は、小高い山の斜面に、いっぱい咲いていた。

遠く北には、乗鞍岳。  あの山の手前に、野麦峠。

13年5月23日 (3)

桜が満開。  
桜前線は北に進むが、山の上にも上がってくる。

※ 桜前線は、北海道に入ってはいるが、終着駅の根室には、今日現在着いてない。
  千島桜で知られる、清隆寺は、まだ全くのつぼみ。

13年5月23日 (4)

濁河(にごりご)温泉に向かう。 道は教えてもらった。

ゴルフ場の出口辺りに、この風景。  美しい。 御嶽山です。
見える山の、左寄りから、近づいていく。

13年5月23日 (5)

走っていたら、遠くが見えた。  北アルプスが見える。  
今いる、この辺り一帯の標高は、1200~1300㍍。
一番左が、笠ヶ岳。 平湯温泉で見た。  
中央遠く、少し左に、槍ヶ岳。  槍ヶ岳の右には、穂高、焼岳など。
右には、大きく、乗鞍岳。

13年5月23日 (6)

とんがってる山が、槍ヶ岳。 登山者に、あこがれの山。 登れる日が、来るだろうか。

13年5月23日 (23)

山肌を縫うように、道は走る。 この位置に来た。 濁河温泉も見える。



展望台少し手前からの、風景 御嶽山。

13年5月23日 (25)

この辺りは、高山市を出て、下呂市に入っている。  まだ、岐阜県。

御嶽山と云う山はたくさんあるが、木曽の御嶽山が、一番高い。 3067㍍。
日本には、御嶽山より南に、3000㍍を越える山はない。

周りに高い山はなく、独立峰。 北アルプスは、乗鞍岳までで、御嶽山は入れない。

13年5月23日 (7)

上の写真は、この展望台の近くから。 標高、1446㍍。

13年5月23日 (8)

着きました。 濁河温泉。 濁り湯が、期待できそう。

13年5月23日 (26)

市営の露天風呂。 500円。 
  ※ 九州のように、300円とか100円の温泉は、ない。
    ラーメンも、九州は安い。 そういう面で、九州は旅がしやすい。

13年5月23日 (29)

温泉は、少し色があるけど、透明だった。 これなら、入浴剤を売るほどではない。
季節や時間に、関係あるのか。  
底が見えない温泉に入って見たい。  今は売られていない、六一〇ハップ(むとうはっぷ)が、懐かしい

13年5月23日 (27)

ホテルや旅館は、7軒ほど。

13年5月23日 (28)

少し散歩した。 緋の滝。

13年5月23日 (9)  

濁河温泉は、御嶽山の岐阜県側からの、登山口だった。 今日知った。
長野県側からもある。 ロープウェーがあるので、そっちが楽のよう。

13年5月23日 (10)

頂上は、中央でいいのかな(?)。 雪が少ないけど。

13年5月23日 (11)

頂上まで、5.5㌔とある。 
時間は、4時間半と、別のにあった。 朝の6時には、出なければならない。 

13年5月23日 (12)   13年5月23日 (14)

遠くの白いところが、頂上か。  ※ 7月に、西穂高とここを何とか。

13年5月23日 (15) 

80才でも、エベレストに登る人がいる
体を鍛えたら、どこでも登れる。 何とかしたい。 考える。 何度こういうことを、思ったことか。

そう云えば、三浦さんは、足に錘(おもり)を付けて歩いていた。

温泉を出た。 見晴らしのいい所に来た。  左に、乗鞍岳。

13年5月23日 (17)

反対側。  写真の、右向こうから来た。 山は、御嶽山。

13年5月23日 (13)

上から、少しだけ走ったら、ここに。  尚子は、マラソンの高橋尚子のこと。
この一帯は、高地トレーニングの、練習場になっていた。 

薄い空気で練習して、肺を強くする。

13年5月23日 (16)

後ろには、御嶽山。

13年5月23日 (18)

長野県側に入った。 開田高原の見どころを探したが、難しく、通り過ぎた。

13年5月23日 (19)

飛騨や信州の山道は、割と走りやすい。
九州の五木や五家荘、そして、紀伊山地の山道とは、違う。

飛騨に、長くいましたね。 よかったです。
次は、数日だけ、木曽。 その後、山梨の方に。

【今日の歌】 森田童子です。  1分40秒から歌が。 
       ライブを録音したものです。 レコーディングしたのもいいけど、こっちが好きかな。
       下に、レコーディングしたのを。






【道の駅】 日義木曽駒高原

藤村は、木曽路はすべて山の中である、と言った。 
その山の中に来ました。
何度も通った道。  向こうの山は、木曽駒ケ岳。

13年5月23日 (20)

御嶽山と駒ヶ岳の間にいる。

【明日の予定】   諏訪湖に近づきます。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、2位、 旅行全体、7位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 

openclose

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。