FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

沖縄・・・・

ありません。


スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



自分のブログの、過去の記事を探すのは、大変。
県別のタイトル一覧を作ることにした。
作ってみたら、便利だと分かった。

この3日間、その作業ばっかり。
最後の鹿児島県のファイルが、開かない。
途中で、パソコンがかたまる。 ネットが動かない。 困った。 
 ※ 開けた人がいたら、日にちだけでも教えて欲しい。
 ※ 追記 保存してあるのがある。 東風さんにしていただいた。 それを見ればいい。
                             ☆ ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg               

27日に、少しだけ見学したので、それを載せます。
    ※    ※    ※    ※

五足の靴の5人は、島の北にある富岡から大江まで、32㌔を歩く。
暗くなって道に迷った。 偶然会ったおまわりさんに助けられる。

富岡までは、長崎に近い茂木港から船で。
 ※ 私は長崎を見学するとき、茂木港に車を停めて、バスで行く。

印が、泊まったところ。



大江の町に入ったのは、夜中の10時。
やっと泊めてもらったのが、旅館高砂屋。 1907年、8月9日のこと。

13年1月27日 (2)

部屋は、屋根裏部屋のような、6畳間。 普段は使っていない。 ※ その日は、満室だった。
その部屋は残っており、○のところ。

DSCF826ppkppp4.jpg

次の日、木下杢太郎(もくたろう)が、大江の浜をスケッチ。 
鳥居の柱だけが、今も立っている。

13年1月27日 (1)m

13年1月27日 (24)

十三仏公園に向かった。 海岸にあり、景色がいい。
与謝野鉄幹が、25年後の1932年(昭和7年)に、再び、晶子とともに訪れる。
歌碑がある。

ところが通行止め。 別の道を探したが、見つからない。 ※ 本当はある。
あきらめた時に、気がついた。 歩けばいいと。 1㌔ちょっと。

歩きだしたら、この風景。 天草下島の西海岸。 遠くに、長崎半島。

13年1月27日 (4)

13年1月27日 (5)

さらに歩くと、天草町の市街地。 ※ 海沿いの道に行けなかった。
5人は、あの町の中を通り抜けている。

13年1月27日 (6)

十三仏(じゅうさんぶつ)公園に着いた。 ここは、展望台。 少し離れて、十三仏堂。
与謝野夫妻の歌碑。

13年1月27日 (7)

鉄幹 「天草の十三仏のやまにみる 海の入日とむらさきの波」
晶子 「天草の西高浜のしろき磯 江蘇省より秋風ぞ吹く」

※  海のはるか向こうに、南京市がある江蘇省(こうそしょう)。
   どうして、その地に思いをはせたのでしょう。 行ったことあるかどうかは、分からない。
   でも、彼女の目は、いつも遠くを見つめていた。 シベリア鉄道で、ヨーロッパにも。

13年1月27日 (25)

断崖が続く。

13年1月27日 (8)

南の方。

13年1月27日 (9)

十三仏の他にも、白い仏様。 岬の先に、小さな灯台。 少し手前に、十三仏堂。

13年1月27日 (10)

十三仏堂。 灯台は、すぐ裏に。

13年1月27日 (16)

仏様にも、得意分野があるのか。

13年1月27日 (11)

お堂の奥に、このように。 小さな小さな、仏様。

13年1月27日 (12)

並び方が、図と違う。

13年1月27日 (13)

天井の絵。

13年1月27日 (14)   13年1月27日 (15)

十三仏は、この高台から、5足の靴の一行を、どう見ていたのでしょう。
この地を通るときは、きっと薄暗い。 
 「 大江まで道はあと2里 いそぎなされと 十三仏のほとけさま 」

13年1月27日 (26)

車に戻って、下田温泉に向かった。
ここは、妙見浦。 隙間から、やっとこの風景。

13年1月27日 (17)

さらい行くと、トンネルの手前に、この看板。

13年1月27日 (18)

5人にとって忘れられない旅になる。 この旅が、一人ひとりを、大きく成長させるきっかけに。
文を読むと、この度の価値や意義が分かる。

吉井勇と白秋は、早大生。 だから、「白秋とともに・・・」となる。
ほかの2人は、東大生。  鉄幹は35歳。(もう活躍している)

昔の道が、唯一、ここに残っている。

13年1月27日 (19)   13年1月27日 (20)

鬼海が浦展望所。 下田温泉まで、すぐ。

13年1月27日 (21)

この山の中に、細い道がある。

13年1月27日 (22)

トンネルを抜けたら、下田温泉。

13年1月27日 (23)

下田温泉の湯は、それなりに、熱い。 ぬるいのもある。 いい。 200円。
この温泉にいる間に、ブログタイトル一覧を完成させる。 あと少し。
見やすいように、直すことになりそう。
  ※ 大分県と、北海道の一部で試してみた。 見つけやすいように、前に、項目を付ける。
やろうと思った時にやらないと、やれない。

【今日の歌】 作詞、吉井勇。 8年後の大正4年に作っている。



【停泊場所】   下田温泉の港。

【明日、29日の予定】  五足の靴の道を歩いてみる。 やっと、外を歩く。 寝不足気味で。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
【ランキング】  国内旅行 2位、1123w321.jpg 旅行全体 2位です。998788uy7.jpg                 
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。