FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

薩摩藩の城は鹿児島にあったが、あちこちに、出張所の様なのをつくった。
出城と呼ばれ、武士が住み、藩の守りを固めた。

入来(いりき)には、その家並みが、入来麓武家屋敷郡として残っていた。
伝建地区に選定。    ※ 重要伝統的建造物群保存地区。
    ※    ※    ※    ※

入来(いりき)は、今いる道の駅から、数㌔。



 ※ 野球の好きな人へ。
    昔、巨人に入来という投手がいた。
    この人の出身は、鹿児島県ではあるが、入来ではない。
    入来を治めた、入来院氏とは、どこかで関係あるでしょうね。

入来に行くと、ここに着く。 右に駐車場。 左に市役所の支所。

13年1月18日 (2)

大まかな地図がある。

13年1月18日 (1)

適当に、歩き出した。  右に、小さな神社。

13年1月18日 (3)

石塔に、六地蔵が彫ってある。  六地蔵塔。  ※ 福江島で見た、六地蔵塔。 他でも見たことが・・。
600年も経っている。 

13年1月18日 (4)   13年1月18日 (5)

石垣の石が、まるい。 どうして崩れないかが、不思議。

13年1月18日 (6)

石垣の石は、他からは持ってこない。 きっと、畑からなんぼでも出てくる。

木の門です。 どうして、作りたいと思うのでしょう。  

13年1月18日 (7)

町の中全部が、この風景。

13年1月18日 (8)

江戸時代まで、武家屋敷が並んでいた。

13年1月18日 (9)

家並みの外れに、珍しい塔が。

13年1月18日 (10)

三十三観音塔。 観音様が彫ってある。 説明では、生前供養のためとあった。 逆修の塔と似ている。

13年1月18日 (11)   13年1月18日 (12)

山の方に、向かってみた。

13年1月18日 (13)

説明版が見えるので、行くことに。 猫ちゃんがいる。

13年1月18日 (14)

猫を手なづけるのが、一番大変。 逃げられた。

13年1月18日 (15)

山の上には、清色城(きよしきじょう)があった。 一国一城で、江戸時代に入って取り壊し。

人が作った、通り道。
岩でなく土っぽいから、崩れてきそう。 阿蘇の火山灰が積もった、シラス大地。

13年1月18日 (16)

6~7分歩いたら頂上に。 山城と云われた城があった。

13年1月18日 (17)

猫が入れるくらい大きな穴。 狸とかでしょうか。

13年1月18日 (18)

下を見下ろす場所だが、木で見えない。

13年1月18日 (19)

山を下りたら、入来小学校。 ここも城跡の中。 
江戸時代、ここに御仮屋(おかりや)という建物があった。  殿様が来たら、使用する。

13年1月18日 (20)

小学校の下には、お濠(ほり)。

13年1月18日 (21)

武士は毎日、何をしていたのでしょう。 武道の訓練の他に、畑も作っていたようですが。

13年1月18日 (22)

肝心な時に、役に立たなかったら大変。
桜田門外の変で、井伊直弼を守れなかった者たちは、大きな処分。

傷を受けて、生きている者は、切腹。
無傷の者は、全員が斬首。

生垣も美しい。

13年1月18日 (24)

昔の武家屋敷を、守っている人もいる。

13年1月18日 (25)

井戸。

13年1月18日 (26)

人には、たまに会う程度。 子
供たちが元気よく帰る姿が、見られた。 会う人みんなに、挨拶して。

管理が大変でないかと、心配する。 

13年1月18日 (27)

変わった門ですよ。   茅葺(かやぶき)門。  昔の姿を、残し続けている。
入来院家の、分家に当たる方が、ここの主人。

13年1月18日 (28)

こんなのが、道のあちこちに。

13年1月18日 (29)

どういう条件が揃った時に、昔の姿が残るのでしょう。
ここも、知覧も、出水麓も残った。
伝建地区になったから、3つとも、もう大丈夫。

【関連ブログ】 知覧武家屋敷庭園 ~薩摩の小京都を歩く~    他  (2010/1/7)
          薩摩藩最大の外城(とじょう)だった、出水麓武家屋敷群 ~出水市~  ミス・サイゴン  他  (2012/2/16)

【その他】  公営公衆浴場が、あちこちにある。 この近くに、8箇所。
       どこも、温泉。 どこも、150円。 
       洗い場では、お湯をくんで洗う。 こんな場所。 (ネットの写真)

DSCF6llkl921.jpg

 ※ 温泉は、珍しく、炭酸泉でした。 
   湯温が高いため、だいぶ抜けていますが、これは、仕方ない。
   出てくる湯に腕を当てると、泡が付きました。  温まる温泉。 どうしてなのか。
     体が泡につつまれる、七里田温泉「下ん湯」 ~竹田市~  花と、メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲  他  (2012/4/3) 

【今日の歌】   オーソレミオ   歌っているのは、イル・ヴォーロというグループ。



【道の駅】   昨晩と同じ、樋脇(ひわき)

【明日の予定】   甑島に行くことになるか。 場所は、下の地図に。
        ※ 追記 行きます。 上の島と下の島に。
          民宿に1泊してきます。 予約しました。 パソコンを持って。  



 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
【ランキング】  国内旅行 2位、1123qwe34.jpg 旅行全体 3位です。99iui876.jpg                 
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



九州の南の、薩摩半島側は、割と細かく見ている。
見てないところを、探した。
薩摩川内市の、東郷地区に行くことに。

楽しみは、石像が残っている廃寺か。

途中、小さな温泉に寄って。
    ※    ※    ※    ※

カーナビを、小路(こうじ)磨崖仏に設定した。
途中で、山道に入った。
この道は、高城(たき)温泉を通ると、思い出した。 寄ることに。



古くからある温泉。 3度目かな。  共同湯に入ることに。 200円。  ※ 詳しくは、関連ブログに。

13年1月17日 (1)

少し離れたところに、こんな店。

13年1月17日 (2)

源泉かけ流し。 いつもあふれている。 湯船の湯で、体を洗う。 浴室の中に、脱衣所。
左は、熱い。 右は、普通。  湯船は、地面より低い。

とにかく、お湯がきれい。 一人だけ。 こんな温泉も、好き。

13年1月17日 (3)   13年1月17日 (4)

車に戻っている。 左に、しだれ梅。  花が咲くとこう。(サイトのページに)

13年1月17日 (5)

小路磨崖仏は、薩摩川内市東郷町にある。



カーナビで近くまで行って、後は、案内板がたより。
ここから、100㍍行って、左側に。

13年1月17日 (6)

小さな磨崖仏。

13年1月17日 (8)

磨崖仏がある小高い山には、昔、鶴ヶ岡城があった。  彫られたのは、1517年。

13年1月17日 (7)

左下に、岩に彫った燈籠。 200年以上後の、江戸時代に。

13年1月17日 (9)

硬い石。 長い年月が経っているのに、風化していない。

13年1月17日 (10)

※ 上の写真に梵字(ぼんじ)が見えるけど、十二支にも梵字があって、それぞれ仏さんが決まっているよう。
  写真の梵字は、阿弥陀如来の意味。                                (楽天のネットの宣伝から)
bonnzi7867.jpg

石灯篭。 夜、灯篭に火が灯るのを、見たい。 ネット上に、写真はない。

13年1月17日 (11)   13年1月17日 (12)

再度、磨崖仏。  色が残っている。
写真の右下に、文字。 永正十四年と、読めるそう。 四が、むずかしい。  1517年。

13年1月17日 (13)   13年1月17日 (14)

近くに、東郷平八郎の先祖の墓があった。
          ※ 東郷平八郎~明治時代の日本海軍の司令官。 日清、日露戦争を戦う。

13年1月17日 (15)

それで、この地が、東郷町だった。

13年1月17日 (16)

相模から、こっちに来ている。 書いてあることが、むずかしい。

13年1月17日 (17)   13年1月17日 (18)

香積寺(こうせきじ)跡の手前に、古い仏塔が茂みの中にあった。

13年1月17日 (21)

集めてきたもの。 
この地方は、仏塔はどこにでもあって、珍しいものではないよう。

13年1月17日 (20)

仏塔の上が、屋根の形。  
右の板碑に、たどたどしい文字。   説明にあるように、右造立、と読める。  鎌倉時代のもの。

13年1月17日 (22)   13年1月17日 (23)

香積寺跡が分からないので、右の小さなお店で聞いた。 近くだった。
おばあちゃん2人が、いつまでも話していた。

13年1月17日 (24)

磨崖仏より、10㌔ほど内陸に。



狭い駐車場横に、地蔵堂。   中にお地蔵様。

DSCFmmmm7502.jpg   13年1月17日 (26)

栄えたり廃寺になったりした。 最後は、廃寺に。

13年1月17日 (25)

どこに、昔の寺の本堂があったかは、分からない。
石像が、1っ箇所に集められていた。

13年1月17日 (27)

これらは、元々、ここにあったのかな。 台座もあるし。

13年1月17日 (31)

自分たちの役割がなくなってしまった。 今も、先祖の霊を守っているのか。

13年1月17日 (28)   13年1月17日 (29)

おだやかな表情。 

13年1月17日 (30)

文久元年とある、お墓も。  ※ 1861年。

13年1月17日 (32)   13年1月17日 (33)

今日見たのは、国や県単位で有名なものはない。
その町で大事にしている、その町の歴史でしょうか。

【関連ブログ】  鹿児島県最古・名湯百選、川内高城温泉 ~薩摩川内市~  ハマジンチョウ  ひばりが歌う、国比べ  (2012/2/24)
           今も千燈寺跡を、仁王像が守っていた。~国東市赤根地区~   他  (2010/4/13)

【その他】   旭川の姉からの写真。 忠別川の上流。 スノーシューで歩いている。
        ずっと上流に、天人峡温泉や旭岳がある。
        寒いのに、カワガラスが飛んでいたそう。   ※ こんな鳥。(ネット上)

13年1月17日 (34)

【今日の曲】    演奏は、ラン・ラン。 中国の人。
          カンタービレの上野樹里の演奏は、全部、この人。

  

【道の駅】 樋脇 (ひわき)



【明日の予定】  この近くか。  小さな、伝建地区があるけど。
        明後日(19日)に甑島(こしきじま)を、検討中。 その日に、帰って来られない。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
【ランキング】  国内旅行 1位、1123qw3.jpg 旅行全体 3位です。9987hgy7.jpg
                 
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。