FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

とってもよく似ています。 不思議です。
まず聴いてください。 歌詞を見ながら。

下は、五木の子守唄。 



下の歌詞は、福連木の子守唄。   ※ ふくれぎのこもりうた
                       ※ 写真は、天草市役所 天草支所 福連木出張所 でいただいた、パンフレットを撮影。

13年1月30日 (23)

Wikipediaでは、根拠は示していませんが、福連木の子守唄の方が先にできた、と言っています。

子守唄の里、福連木を歩いてみました。
美味しい豆腐も、ありました。
                             ☆ ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
    ※    ※    ※    ※

停泊していた、下田の港。  橋は、下田大橋。
下の川は、下津深江川。
これから行く福連木は、この川の上流にある。

右は、丘の上から、下田温泉の街。  白鷺館の温泉は、右の方。 見えなかった。

13年1月30日 (1)   13年1月30日 (2)

市街地を通り過ぎて、福連木子守唄公園に着いた。



公園には遊具などが。

13年1月30日 (5)

毎年11月に、「子守唄&童謡まつり」が開かれる。

13年1月30日 (4)   13年1月30日 (3)

遊歩道もある。 公園の横を県道が通っていて、7㌔程行くと、先日見た轟橋がある

13年1月30日 (20)

写真を撮りながら、中心街に向かった。 
途中で、子守唄については、支所の出張所に行ったら分かるかも知れないと、教えていただいた。

時々、福連木子守唄の里、とある。

13年1月30日 (6)

静かな山里。 石垣が目立つ。

13年1月30日 (7)

古いけど、大きな家。 建てた当時の豪華さは、今の家は適(かな)わない。
大根が似合う。

13年1月30日 (8)

※ 昔は単独で、天草町(あまくさまち)。 今は、天草市天草町。
  合併しても、天草町の名前を残した。 こういうのが、いい。 
  親しみある町名がそのままだし、看板がそのままでも、不自然でない。

どうして、福連木に、そして五木に、子守唄は生まれたのでしょう。
  ※ ここから先は、支所の出張所で教えていただいたこと、パンフレット、ネットの情報を元に、書いています。

13年1月30日 (9)

福連木と五木には、共通する貧しさがあった。 
昔は、どこも貧しかったが、それにプラスする貧しさの理由があった。 ※ 理由は、後ほど。

山の中に、豆腐のお店が。

13年1月30日 (13)

小さなお店。 四角い豆腐と、寄せ豆腐を買った。 どちらも、200円。 おからは、おまけ。
晩に食べましたよ。 いい味。 
豆腐は最初、塩で。 その後は、生醤油。 醤油も豆腐も、大豆から。 親戚。 合う。 

13年1月30日 (12)   13年1月30日 (14)

13年1月30日 (10)   13年1月30日 (11)

子供たちは10歳になったら、貧しさのために、他所(よそ)に奉公に出る。 
1日いっぱい働かされて、粗末な食べ物だけ。

仕事が辛いから、唄を歌った。
それは、子守唄といっても、子供を寝かしつける唄ではなかった。
自分をなぐさめる唄に、なってしまった。

福連木の小さな中心街。 小学校があります。 ※ 今年の3月に、閉校。

13年1月30日 (15)

では、どこに奉公に行ったか。

福連木の子供たちは、島を出て、八代とか人吉。
ちなみに、五木の子供たちは、五木か八代か人吉が中心。
奉公先で歌われたのが、自分の故郷に戻ってきて、歌い継がれた。

八代や人吉に、両方からの子供がいた。 ※ 他からもいたと思う。
そのために、福連木の子守唄と、五木の子守唄が、似ることになる。

神社。 斜面全部が石垣。

13年1月30日 (16)

福連木の人達の生活は、江戸時代が終われば、ある程度良くなる。(この理由も後ほど)
※ 本当に楽になるのは、戦後の農地改革の後ですね。

下のように、立派な石垣を作ることができたのは、いつ頃でしょう。
貧しい時代に、もう作っていたのか。
 
13年1月30日 (17)

正面に、小学校が見えます。

13年1月30日 (18)

この後、支所の出張所で、天草市役所の方から、福連木の子守唄について、教えていただいた。
その内容を中心に、ブログは、書いています。

福連木の子守唄のCDはあって、希望者に販売していたのだが、ちょうど無くなったところだった。
CDについては、新たに作って、出来たら連絡をいただけることになった。
内容は、地元のおばあちゃんが歌ったのと、子供たちが歌ったもの。

出張所の前の風景。 ※ 最近、逆光の写真が好き。 暖かさを感じるので。

13年1月30日 (19)

※ ここからの写真も、福連木出張上でいただいたパンフレットを撮影。

福連木の森で採れた樫の木が、槍(やり)の柄(え)の部分に向いていた、とある。
樫の木は、こんな木。(ネットの写真) 珍しい木ではない。

字を見て分かる通り、堅い木。 頑丈なため、槍の柄(え)の部分に使われた。
※ 樫の木は、他に、スコップや斧(おの)の柄、太鼓のバチに向いているそう。

福連木の樫が特に良かったという。 他より堅かったということか。
堅さだけでない特性があったのか、その辺りは、分からない。

とにかく、いい樫の木があるということで、山は、幕府に奪われてしまった。
自分達の山ではなくなった。

炭焼きはできない、木材としての木を、切り出せない。
福連木の村は、他の村の貧しさとは、程度が違ってしまった。

13年1月30日 (22)cc

福連木の人達の生活が大変になるのは、上の事情で、江戸時代から。

五木の人たちが苦しくなるのは、鎌倉時代から。
五家荘(ごかのしょう)に平氏一族がいて、その見張りのために、武士が五木に入ってきた。
土地から農耕の道具まで、全てが、武士のものになった。
支配は、末代までずっと続いた。
五木の貧しさも、他の村とは違った。 ※ ここまで、 Wikipedia による。

※ 追記 ただ、上の文については、伝承の上に積み重ねている考え。
     「三十三人衆」と呼ばれる地主層は確かにいたが、五家荘と関係あるかは、はっきりしていない。
      五家荘との関係は、大義名分として、作ったかも知れない。

そんな中、江戸時代の終わり頃、奉公先で歌が生まれ、歌い継がれたと、下にある。

13年1月30日 (21)

どちらが先かを知りたいが、証拠が見つからない。

歌詞が、驚くほど似ていることは分かったが、メロディはどうでしょう。
普通に聴いたら、別だなと感じますね。

支所の出張上で、あばあちゃんが歌うのを聞いたとき、ある部分が似ている、と感じた。
でも、下のを聴いたら、どこが似ているか、難しい。



メロディの特徴は、五木の子守唄は、優れたメロディ。 良さが、分かりやすい。
そのために、全国に知られることになる。

福連木の子守唄は、素朴で何度も聴くうちに、良さが分かってくる。
メロディが単純でないとも、言えそう。

山は、官山(かんざん)と呼ぶようになった。

13年1月30日 (23)

下は、別の形の説明。  明日は、官山である角山(かどやま)に登る。

13年1月30日 (25)

下には、4代将軍綱吉の頃から、とある。 江戸時代は、まだ200年続く。

13年1月30日 (24)

福連木の子守唄を、さらに全国に知ってもらうためには、どうしたらいいでしょう。
まず、質の高い動画を作ることでしょうか。
おばあちゃんと、子供たちのと。 あと、誰か上手に歌える人。
おばあちゃんの歌は、福連木の風景をバックに。

人に感動を与えるだけの、優れた唄と演奏が必要になります。
それを、天草市のHPと、YouTubeに。 CDをつくるかも、検討。

春には、小学校が閉校します。
どのように歌い継いでいくかも、大事になります。

また、旅で福連木に来た人がどこかで聴けたら、いいですね。
福連木の子守唄の歌碑の前に立つと、唄が流れるように、とか。

子守唄を残す価値は何なのか、それを整理するのは、とっても大事。
はっきりすると、地域の人たちの気持ちが、1つに強くまとまります。

五木の子守歌との関係は、どっちが先か、はっきりしない。
ただ、奉公先の地で、お互いが影響し合って、それぞれの歌詞が生まれた。
どちらも、数え切れないほどの歌詞を持っている。

メロディに関しては、作り出すのは、難しい。
どちらの子守唄にも、それに貢献した人が、必ずいますね。
基本がまず出来た。 基本の良さを残しながら、変化していった。
そんな風に、考えます。

福連木の子守唄は、哀愁ただよう、そして、切なさが伝わる子守唄です。
いい唄です。 

※ お世話になった支所の出張所の方々に、感謝します。

【その他】  五木の子守歌では、私は、山口淑子が歌っているのが好きです。
       ブログの最初に載せた曲です。
       彼女は、子供になったつもりで歌ってはいないんですね。
       辛い思いをしている子供たちを、少し離れたところから見ている。
       そうして、子供たちの心情をくみとって、歌っているんですね。
       時代の悲しさまで、伝わってきます。       

【関連ブログ】
  五木の子守歌   他   (5月10日 晩) 

  ※ 美空ひばりは、『哀愁波止場』の中に、五木の子守歌の一部を入れている。
     五木の子守歌を最初に歌って世に出したのは、音丸。  (YouTubeにあります)
     ひばりは、このことを知っており、音丸にはお世話になっていた。
     彼女は、四国に巡業に行って、バス事故に遭った。 この巡業は、乙丸にくっついていったもの。
  日本一の大杉と、美空ひばりのバス事故 ~大豊町~  他  (2011/5/27) 

【停泊場所】  福連木子守唄公園

【明日の予定】 官山(角山)に登山道がある。 行ってみようかと。
        轟滝にも。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
【ランキング】  国内旅行 2位、11qw33211.jpg旅行全体 3位です。9989i98.jpg
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



天草の道は、時代とともに変わった。
江戸時代の道から、やっと車が通れる砂利道に。
そして、舗装の国道。  今は、くねくね曲がってはいない、バイパス。

明治とは云っても、まだ江戸時代に毛が生えたようなもの。
5人が歩いた旧道は、けもの道のような、江戸時代の道だった。
                             ☆ ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
    ※    ※    ※    ※

鬼海浦(きかいがうら)の駐車場にあった地図。

13年1月29日 (37)m   13年1月29日 (38)

山に少し上がったら、あった。 南に向かう道。

13年1月29日 (2)

この場所は、今日の日程のおおよそ中間地点。 32㌔の半分。
夏の真っ盛り。 暑い。 誰もが、あびるように水を飲んでいた。
歩くの余力があるのは、鉄幹と木下杢太郎。 他は、みんなへとへと。

100㍍ごとに標示があった。 
        ※ この写真は、露出を上げてISO(感度)を高くして撮影。 後ろも前も、それなりに。

13年1月29日 (3)

石垣です。 どこも、島の斜面は大事に使われていた。 一帯が全部、段畑だった。

13年1月29日 (4)

与謝野鉄幹は、こんな道と知っていても、天草に魅力を感じていたんですね。
若者4人に、見せたかったし、会わせたかった人がいた。
この4人は、どうやって決まったのでしょう。

展望台が見えた。

13年1月29日 (5)

今回、展望台は何箇所かあったが、ほとんど海は見えなかった。
みんな木が育った。 

13年1月29日 (6)

1つ峠を越えて、集落が見えた。 下の道は、旧国道。 新しい道は、トンネル。

13年1月29日 (7)

道はここで下る。 私は、戻る。

13年1月29日 (9)

海岸の風景。

13年1月29日 (8)

戻って、出発点を越えて、下田温泉に向かった。

この日、5人は山道を32㌔歩いた。 急ぐ理由はあったのでしょうか。
途中で、行ってしまえ、ということになったのか。
鉄幹の考えは、途中で泊まる予定だった。

13年1月29日 (10)

展望台。  何も見えない。 ここから、急な坂を降りたら、下田温泉側の、入口。  後で行く。
※ 工事のため、国道を通って、鬼海浦(きかいがうら)に帰れない。 
  車しか通れない、細い工事中のトンネルがある。

13年1月29日 (11)

今私が履いているトレッキングシューズで山道を歩くのは、楽。
彼らは、どんな靴だったのか。 足に「豆」ができたとか、きっと大変だった。

昔の道の雰囲気が分かったので、戻った。 展望台。

13年1月29日 (12)

天草下島の海岸の風景は、山陰や宮崎県の海岸線に、似ている。
鬼海浦のパーキングの右が見えた。

13年1月29日 (13)

出発点のパーキングに戻った。 海に降りてみる。

13年1月29日 (1)

正面に、岩山。  登れないか、考えていた。

13年1月29日 (14)

岩の下に行ったら、ロープが下がっていた。
古いカメラだけを背中にかけて、登りだした。
足場がちゃんとあるので、大丈夫。 登りやすい。

途中から急。 そこを、10㍍ほど登って、ここに来た。

13年1月29日 (35)

幅30㌢のこの道を越えて、右上に行く。 そこに、ロープはある。
右の岩が斜めのため、つかまる所がない。
左下は、90度の崖。 落ちたら、助からない。  崖でなければ、すっと歩ける。

右上にロープがあるが、手が届かない。 どうやったら、そのロープに手が届くかを考えた。
木があったので、木につかまって、絶対に下に落ちない体制を考えて、手を伸ばした。
届いた。 通ることが、できた。

13年1月29日 (34)

ロープが100%信用はできないので、体重を全部かけないように、登った。
                 ※ 安全な場所で、一度、ぶら下がってみればいいのかな。。
登りきった時に、帰りのことを考えて、ロープが丈夫かを確認した。 
ちゃんとしていた。 体重全部かけても、大丈夫。

○の所を通るのに、苦労した。 

13年1月29日 (30)

反対側にも、ロープが下がっていた。 足場を探しながら下るのは、面倒なので、行かない。

13年1月29日 (28)

両側に、少しだけ高いところがある。 行かない。

13年1月29日 (31)   13年1月29日 (32)

※ 古いカメラの調子はよくない。 新しいのを、リュックに入れて背負えばよかった。
  これから、そうする。

五足の靴の道は、白い建物と、山頂の中間の高さにある。

13年1月29日 (29)

立っている場所は、狭い。 ロープを手から離すことはなかった。 座れば安全だが。
向こうの谷間の集落が見えるところまで行った。

13年1月29日 (33)

下る時は、足場が見えない。 登った時のを、全部覚えていない。
それがあるため、ロープを100%信用できるかを、上で確認した。

足を踏み外した時のことを考えて、ロープは、手に巻きつけるように持つ。
片手で、自分の体重を支えることは、大丈夫。
不安なく、下に降りた。

下田温泉側の出発点は、ここ。 ※ 見つけられなかったので、次の日の朝に撮影。

13年1月29日 (22)

与謝野鉄幹は、この4人に、どんな魅力を感じていたのか。
彼の予想通り、それぞれが、一気に成長している。

13年1月29日 (23)   13年1月29日 (24)    13年1月29日 (25)

少し離れたところに、五足の靴の石碑。 

13年1月29日 (26)   13年1月29日 (27)

温泉街を少し紹介。
下田温泉は、観光地というより、温泉好きな人がやって来る温泉地。
地元の人のためにもある、温泉。 だから、200円のところが。

13年1月29日 (21)

下田温泉、入口。  左は、足湯。 写ってる人が動きそうなので、撮影を急いだ。
人がいない足湯をとっても、つまらない。

13年1月29日 (18)

足湯は、真ん中。 入る温泉は、右の、白鷺(しらさぎ)館。 左端の港の○に、私はいる。

13年1月29日 (16)

五足の湯。  足を温めれば、体全体がぽかぽか。

13年1月29日 (15)

お湯かどうか、確かめるのを忘れた。 ※ 追記  温泉でした。

13年1月29日 (17)

白鷺館。 いつも、混んでいる。 
長湯したければ、41度位のところに。 じんじん熱いのがいい時は、43度くらいのところに。
私は、どっちも好き。  ※ 湯船はこう。手前が熱い。 大サービスで、もう一枚。(ネット上の写真)

13年1月29日 (36)

小さな商店街。 左の方に、数件の温泉宿。  温泉神社。

13年1月29日 (19)   13年1月29日 (20)

岩登りは、少し緊張がありました。
途中で、行くか行かないか、迷いました。
上からのロープを、やっとたぐり寄せることができました。

「五足の靴」の旅は、一般的にも評価されている。
地元が言ってるだけでなく、それがあるので、いい。
旅は人を変える。  自分は、どうなっているのだろう・・。

機会があれば、5足の靴を読んでみたい。

【関連ブログ】   どれも、山道。
  龍馬は、檮原を出発し、その日、韮ヶ峠を越え脱藩する ~檮原町~   他  (2011/2/21) 
  大江山 いく野の道は遠ければ まだふみもみず 天の橋立 ~生野の道、細野峠~   他  (2010/5/18)
  鯖街道、根来~針畑越えルートを歩く ~小浜市~   夏が来る( 大黒摩季)  他  (2012/5/27)
  野麦峠で、みねが見た飛騨の風景は、昔のままに・・・。  飛騨の匠の、古川の町並み。   他  (2010/6/19)
  熊野古道、昨日の続きを歩く。 ~継桜王子から熊野本宮大社まで。(22.1㎞)~   他  (2010/6/8)

【今日の歌】   歌ってるのは、ジュリー・ロジャース。 イギリスの人。 この人のが、一番上手。
         曲名は、ラ・ノビア。
         1小節ごとに、彼女の表情も、歌い方も、心の込め方も変わる。 
         Thisと言った後の、一瞬の表情がまたいい。
           ※ 詩を忠実に訳したのが見つかれば、載せますね。 知って聴きたい。



※ 歌っているのは、英語。 
 「白く輝く 花嫁衣装に」で始まる日本語の歌詞は、スペイン語の原詩を訳したもの。
  英語の歌詞を訳したのを探しています。

※ 私には、歌をくちずさむ習慣というか、くせがある。
  姉がそうなので、子供の頃に、うつってしまった。
  一番多いのが、このラ・ノビア。 大好きな曲。 曲の悲しさも、知らずに。

【停泊場所】  下田温泉の駐車場。 ※ 鬼海浦のパーキングは、ネットがつながらない。

【明日の予定】 内陸に。  福連木子守唄(ふくれぎの こもりうた)があると云う。 いい名前。 何だろう。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
【ランキング】  国内旅行 2位、11342wa.jpg旅行全体 3位です。9987uy7.jpg
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。  

スポンサードリンク

 
 

openclose

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。