キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

とってもよく似ています。 不思議です。
まず聴いてください。 歌詞を見ながら。

下は、五木の子守唄。 



下の歌詞は、福連木の子守唄。   ※ ふくれぎのこもりうた
                       ※ 写真は、天草市役所 天草支所 福連木出張所 でいただいた、パンフレットを撮影。

13年1月30日 (23)

Wikipediaでは、根拠は示していませんが、福連木の子守唄の方が先にできた、と言っています。

子守唄の里、福連木を歩いてみました。
美味しい豆腐も、ありました。
                             ☆ ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
    ※    ※    ※    ※

停泊していた、下田の港。  橋は、下田大橋。
下の川は、下津深江川。
これから行く福連木は、この川の上流にある。

右は、丘の上から、下田温泉の街。  白鷺館の温泉は、右の方。 見えなかった。

13年1月30日 (1)   13年1月30日 (2)

市街地を通り過ぎて、福連木子守唄公園に着いた。



公園には遊具などが。

13年1月30日 (5)

毎年11月に、「子守唄&童謡まつり」が開かれる。

13年1月30日 (4)   13年1月30日 (3)

遊歩道もある。 公園の横を県道が通っていて、7㌔程行くと、先日見た轟橋がある

13年1月30日 (20)

写真を撮りながら、中心街に向かった。 
途中で、子守唄については、支所の出張所に行ったら分かるかも知れないと、教えていただいた。

時々、福連木子守唄の里、とある。

13年1月30日 (6)

静かな山里。 石垣が目立つ。

13年1月30日 (7)

古いけど、大きな家。 建てた当時の豪華さは、今の家は適(かな)わない。
大根が似合う。

13年1月30日 (8)

※ 昔は単独で、天草町(あまくさまち)。 今は、天草市天草町。
  合併しても、天草町の名前を残した。 こういうのが、いい。 
  親しみある町名がそのままだし、看板がそのままでも、不自然でない。

どうして、福連木に、そして五木に、子守唄は生まれたのでしょう。
  ※ ここから先は、支所の出張所で教えていただいたこと、パンフレット、ネットの情報を元に、書いています。

13年1月30日 (9)

福連木と五木には、共通する貧しさがあった。 
昔は、どこも貧しかったが、それにプラスする貧しさの理由があった。 ※ 理由は、後ほど。

山の中に、豆腐のお店が。

13年1月30日 (13)

小さなお店。 四角い豆腐と、寄せ豆腐を買った。 どちらも、200円。 おからは、おまけ。
晩に食べましたよ。 いい味。 
豆腐は最初、塩で。 その後は、生醤油。 醤油も豆腐も、大豆から。 親戚。 合う。 

13年1月30日 (12)   13年1月30日 (14)

13年1月30日 (10)   13年1月30日 (11)

子供たちは10歳になったら、貧しさのために、他所(よそ)に奉公に出る。 
1日いっぱい働かされて、粗末な食べ物だけ。

仕事が辛いから、唄を歌った。
それは、子守唄といっても、子供を寝かしつける唄ではなかった。
自分をなぐさめる唄に、なってしまった。

福連木の小さな中心街。 小学校があります。 ※ 今年の3月に、閉校。

13年1月30日 (15)

では、どこに奉公に行ったか。

福連木の子供たちは、島を出て、八代とか人吉。
ちなみに、五木の子供たちは、五木か八代か人吉が中心。
奉公先で歌われたのが、自分の故郷に戻ってきて、歌い継がれた。

八代や人吉に、両方からの子供がいた。 ※ 他からもいたと思う。
そのために、福連木の子守唄と、五木の子守唄が、似ることになる。

神社。 斜面全部が石垣。

13年1月30日 (16)

福連木の人達の生活は、江戸時代が終われば、ある程度良くなる。(この理由も後ほど)
※ 本当に楽になるのは、戦後の農地改革の後ですね。

下のように、立派な石垣を作ることができたのは、いつ頃でしょう。
貧しい時代に、もう作っていたのか。
 
13年1月30日 (17)

正面に、小学校が見えます。

13年1月30日 (18)

この後、支所の出張所で、天草市役所の方から、福連木の子守唄について、教えていただいた。
その内容を中心に、ブログは、書いています。

福連木の子守唄のCDはあって、希望者に販売していたのだが、ちょうど無くなったところだった。
CDについては、新たに作って、出来たら連絡をいただけることになった。
内容は、地元のおばあちゃんが歌ったのと、子供たちが歌ったもの。

出張所の前の風景。 ※ 最近、逆光の写真が好き。 暖かさを感じるので。

13年1月30日 (19)

※ ここからの写真も、福連木出張上でいただいたパンフレットを撮影。

福連木の森で採れた樫の木が、槍(やり)の柄(え)の部分に向いていた、とある。
樫の木は、こんな木。(ネットの写真) 珍しい木ではない。

字を見て分かる通り、堅い木。 頑丈なため、槍の柄(え)の部分に使われた。
※ 樫の木は、他に、スコップや斧(おの)の柄、太鼓のバチに向いているそう。

福連木の樫が特に良かったという。 他より堅かったということか。
堅さだけでない特性があったのか、その辺りは、分からない。

とにかく、いい樫の木があるということで、山は、幕府に奪われてしまった。
自分達の山ではなくなった。

炭焼きはできない、木材としての木を、切り出せない。
福連木の村は、他の村の貧しさとは、程度が違ってしまった。

13年1月30日 (22)cc

福連木の人達の生活が大変になるのは、上の事情で、江戸時代から。

五木の人たちが苦しくなるのは、鎌倉時代から。
五家荘(ごかのしょう)に平氏一族がいて、その見張りのために、武士が五木に入ってきた。
土地から農耕の道具まで、全てが、武士のものになった。
支配は、末代までずっと続いた。
五木の貧しさも、他の村とは違った。 ※ ここまで、 Wikipedia による。

※ 追記 ただ、上の文については、伝承の上に積み重ねている考え。
     「三十三人衆」と呼ばれる地主層は確かにいたが、五家荘と関係あるかは、はっきりしていない。
      五家荘との関係は、大義名分として、作ったかも知れない。

そんな中、江戸時代の終わり頃、奉公先で歌が生まれ、歌い継がれたと、下にある。

13年1月30日 (21)

どちらが先かを知りたいが、証拠が見つからない。

歌詞が、驚くほど似ていることは分かったが、メロディはどうでしょう。
普通に聴いたら、別だなと感じますね。

支所の出張上で、あばあちゃんが歌うのを聞いたとき、ある部分が似ている、と感じた。
でも、下のを聴いたら、どこが似ているか、難しい。



メロディの特徴は、五木の子守唄は、優れたメロディ。 良さが、分かりやすい。
そのために、全国に知られることになる。

福連木の子守唄は、素朴で何度も聴くうちに、良さが分かってくる。
メロディが単純でないとも、言えそう。

山は、官山(かんざん)と呼ぶようになった。

13年1月30日 (23)

下は、別の形の説明。  明日は、官山である角山(かどやま)に登る。

13年1月30日 (25)

下には、4代将軍綱吉の頃から、とある。 江戸時代は、まだ200年続く。

13年1月30日 (24)

福連木の子守唄を、さらに全国に知ってもらうためには、どうしたらいいでしょう。
まず、質の高い動画を作ることでしょうか。
おばあちゃんと、子供たちのと。 あと、誰か上手に歌える人。
おばあちゃんの歌は、福連木の風景をバックに。

人に感動を与えるだけの、優れた唄と演奏が必要になります。
それを、天草市のHPと、YouTubeに。 CDをつくるかも、検討。

春には、小学校が閉校します。
どのように歌い継いでいくかも、大事になります。

また、旅で福連木に来た人がどこかで聴けたら、いいですね。
福連木の子守唄の歌碑の前に立つと、唄が流れるように、とか。

子守唄を残す価値は何なのか、それを整理するのは、とっても大事。
はっきりすると、地域の人たちの気持ちが、1つに強くまとまります。

五木の子守歌との関係は、どっちが先か、はっきりしない。
ただ、奉公先の地で、お互いが影響し合って、それぞれの歌詞が生まれた。
どちらも、数え切れないほどの歌詞を持っている。

メロディに関しては、作り出すのは、難しい。
どちらの子守唄にも、それに貢献した人が、必ずいますね。
基本がまず出来た。 基本の良さを残しながら、変化していった。
そんな風に、考えます。

福連木の子守唄は、哀愁ただよう、そして、切なさが伝わる子守唄です。
いい唄です。 

※ お世話になった支所の出張所の方々に、感謝します。

【その他】  五木の子守歌では、私は、山口淑子が歌っているのが好きです。
       ブログの最初に載せた曲です。
       彼女は、子供になったつもりで歌ってはいないんですね。
       辛い思いをしている子供たちを、少し離れたところから見ている。
       そうして、子供たちの心情をくみとって、歌っているんですね。
       時代の悲しさまで、伝わってきます。       

【関連ブログ】
  五木の子守歌   他   (5月10日 晩) 

  ※ 美空ひばりは、『哀愁波止場』の中に、五木の子守歌の一部を入れている。
     五木の子守歌を最初に歌って世に出したのは、音丸。  (YouTubeにあります)
     ひばりは、このことを知っており、音丸にはお世話になっていた。
     彼女は、四国に巡業に行って、バス事故に遭った。 この巡業は、乙丸にくっついていったもの。
  日本一の大杉と、美空ひばりのバス事故 ~大豊町~  他  (2011/5/27) 

【停泊場所】  福連木子守唄公園

【明日の予定】 官山(角山)に登山道がある。 行ってみようかと。
        轟滝にも。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
【ランキング】  国内旅行 2位、11qw33211.jpg旅行全体 3位です。9989i98.jpg
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト
天草の道は、時代とともに変わった。
江戸時代の道から、やっと車が通れる砂利道に。
そして、舗装の国道。  今は、くねくね曲がってはいない、バイパス。

明治とは云っても、まだ江戸時代に毛が生えたようなもの。
5人が歩いた旧道は、けもの道のような、江戸時代の道だった。
                             ☆ ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
    ※    ※    ※    ※

鬼海浦(きかいがうら)の駐車場にあった地図。

13年1月29日 (37)m   13年1月29日 (38)

山に少し上がったら、あった。 南に向かう道。

13年1月29日 (2)

この場所は、今日の日程のおおよそ中間地点。 32㌔の半分。
夏の真っ盛り。 暑い。 誰もが、あびるように水を飲んでいた。
歩くの余力があるのは、鉄幹と木下杢太郎。 他は、みんなへとへと。

100㍍ごとに標示があった。 
        ※ この写真は、露出を上げてISO(感度)を高くして撮影。 後ろも前も、それなりに。

13年1月29日 (3)

石垣です。 どこも、島の斜面は大事に使われていた。 一帯が全部、段畑だった。

13年1月29日 (4)

与謝野鉄幹は、こんな道と知っていても、天草に魅力を感じていたんですね。
若者4人に、見せたかったし、会わせたかった人がいた。
この4人は、どうやって決まったのでしょう。

展望台が見えた。

13年1月29日 (5)

今回、展望台は何箇所かあったが、ほとんど海は見えなかった。
みんな木が育った。 

13年1月29日 (6)

1つ峠を越えて、集落が見えた。 下の道は、旧国道。 新しい道は、トンネル。

13年1月29日 (7)

道はここで下る。 私は、戻る。

13年1月29日 (9)

海岸の風景。

13年1月29日 (8)

戻って、出発点を越えて、下田温泉に向かった。

この日、5人は山道を32㌔歩いた。 急ぐ理由はあったのでしょうか。
途中で、行ってしまえ、ということになったのか。
鉄幹の考えは、途中で泊まる予定だった。

13年1月29日 (10)

展望台。  何も見えない。 ここから、急な坂を降りたら、下田温泉側の、入口。  後で行く。
※ 工事のため、国道を通って、鬼海浦(きかいがうら)に帰れない。 
  車しか通れない、細い工事中のトンネルがある。

13年1月29日 (11)

今私が履いているトレッキングシューズで山道を歩くのは、楽。
彼らは、どんな靴だったのか。 足に「豆」ができたとか、きっと大変だった。

昔の道の雰囲気が分かったので、戻った。 展望台。

13年1月29日 (12)

天草下島の海岸の風景は、山陰や宮崎県の海岸線に、似ている。
鬼海浦のパーキングの右が見えた。

13年1月29日 (13)

出発点のパーキングに戻った。 海に降りてみる。

13年1月29日 (1)

正面に、岩山。  登れないか、考えていた。

13年1月29日 (14)

岩の下に行ったら、ロープが下がっていた。
古いカメラだけを背中にかけて、登りだした。
足場がちゃんとあるので、大丈夫。 登りやすい。

途中から急。 そこを、10㍍ほど登って、ここに来た。

13年1月29日 (35)

幅30㌢のこの道を越えて、右上に行く。 そこに、ロープはある。
右の岩が斜めのため、つかまる所がない。
左下は、90度の崖。 落ちたら、助からない。  崖でなければ、すっと歩ける。

右上にロープがあるが、手が届かない。 どうやったら、そのロープに手が届くかを考えた。
木があったので、木につかまって、絶対に下に落ちない体制を考えて、手を伸ばした。
届いた。 通ることが、できた。

13年1月29日 (34)

ロープが100%信用はできないので、体重を全部かけないように、登った。
                 ※ 安全な場所で、一度、ぶら下がってみればいいのかな。。
登りきった時に、帰りのことを考えて、ロープが丈夫かを確認した。 
ちゃんとしていた。 体重全部かけても、大丈夫。

○の所を通るのに、苦労した。 

13年1月29日 (30)

反対側にも、ロープが下がっていた。 足場を探しながら下るのは、面倒なので、行かない。

13年1月29日 (28)

両側に、少しだけ高いところがある。 行かない。

13年1月29日 (31)   13年1月29日 (32)

※ 古いカメラの調子はよくない。 新しいのを、リュックに入れて背負えばよかった。
  これから、そうする。

五足の靴の道は、白い建物と、山頂の中間の高さにある。

13年1月29日 (29)

立っている場所は、狭い。 ロープを手から離すことはなかった。 座れば安全だが。
向こうの谷間の集落が見えるところまで行った。

13年1月29日 (33)

下る時は、足場が見えない。 登った時のを、全部覚えていない。
それがあるため、ロープを100%信用できるかを、上で確認した。

足を踏み外した時のことを考えて、ロープは、手に巻きつけるように持つ。
片手で、自分の体重を支えることは、大丈夫。
不安なく、下に降りた。

下田温泉側の出発点は、ここ。 ※ 見つけられなかったので、次の日の朝に撮影。

13年1月29日 (22)

与謝野鉄幹は、この4人に、どんな魅力を感じていたのか。
彼の予想通り、それぞれが、一気に成長している。

13年1月29日 (23)   13年1月29日 (24)    13年1月29日 (25)

少し離れたところに、五足の靴の石碑。 

13年1月29日 (26)   13年1月29日 (27)

温泉街を少し紹介。
下田温泉は、観光地というより、温泉好きな人がやって来る温泉地。
地元の人のためにもある、温泉。 だから、200円のところが。

13年1月29日 (21)

下田温泉、入口。  左は、足湯。 写ってる人が動きそうなので、撮影を急いだ。
人がいない足湯をとっても、つまらない。

13年1月29日 (18)

足湯は、真ん中。 入る温泉は、右の、白鷺(しらさぎ)館。 左端の港の○に、私はいる。

13年1月29日 (16)

五足の湯。  足を温めれば、体全体がぽかぽか。

13年1月29日 (15)

お湯かどうか、確かめるのを忘れた。 ※ 追記  温泉でした。

13年1月29日 (17)

白鷺館。 いつも、混んでいる。 
長湯したければ、41度位のところに。 じんじん熱いのがいい時は、43度くらいのところに。
私は、どっちも好き。  ※ 湯船はこう。手前が熱い。 大サービスで、もう一枚。(ネット上の写真)

13年1月29日 (36)

小さな商店街。 左の方に、数件の温泉宿。  温泉神社。

13年1月29日 (19)   13年1月29日 (20)

岩登りは、少し緊張がありました。
途中で、行くか行かないか、迷いました。
上からのロープを、やっとたぐり寄せることができました。

「五足の靴」の旅は、一般的にも評価されている。
地元が言ってるだけでなく、それがあるので、いい。
旅は人を変える。  自分は、どうなっているのだろう・・。

機会があれば、5足の靴を読んでみたい。

【関連ブログ】   どれも、山道。
  龍馬は、檮原を出発し、その日、韮ヶ峠を越え脱藩する ~檮原町~   他  (2011/2/21) 
  大江山 いく野の道は遠ければ まだふみもみず 天の橋立 ~生野の道、細野峠~   他  (2010/5/18)
  鯖街道、根来~針畑越えルートを歩く ~小浜市~   夏が来る( 大黒摩季)  他  (2012/5/27)
  野麦峠で、みねが見た飛騨の風景は、昔のままに・・・。  飛騨の匠の、古川の町並み。   他  (2010/6/19)
  熊野古道、昨日の続きを歩く。 ~継桜王子から熊野本宮大社まで。(22.1㎞)~   他  (2010/6/8)

【今日の歌】   歌ってるのは、ジュリー・ロジャース。 イギリスの人。 この人のが、一番上手。
         曲名は、ラ・ノビア。
         1小節ごとに、彼女の表情も、歌い方も、心の込め方も変わる。 
         Thisと言った後の、一瞬の表情がまたいい。
           ※ 詩を忠実に訳したのが見つかれば、載せますね。 知って聴きたい。



※ 歌っているのは、英語。 
 「白く輝く 花嫁衣装に」で始まる日本語の歌詞は、スペイン語の原詩を訳したもの。
  英語の歌詞を訳したのを探しています。

※ 私には、歌をくちずさむ習慣というか、くせがある。
  姉がそうなので、子供の頃に、うつってしまった。
  一番多いのが、このラ・ノビア。 大好きな曲。 曲の悲しさも、知らずに。

【停泊場所】  下田温泉の駐車場。 ※ 鬼海浦のパーキングは、ネットがつながらない。

【明日の予定】 内陸に。  福連木子守唄(ふくれぎの こもりうた)があると云う。 いい名前。 何だろう。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
【ランキング】  国内旅行 2位、11342wa.jpg旅行全体 3位です。9987uy7.jpg
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。  

スポンサードリンク

 
 
沖縄・・・・

ありません。


スポンサードリンク

 
 
自分のブログの、過去の記事を探すのは、大変。
県別のタイトル一覧を作ることにした。
作ってみたら、便利だと分かった。

この3日間、その作業ばっかり。
最後の鹿児島県のファイルが、開かない。
途中で、パソコンがかたまる。 ネットが動かない。 困った。 
 ※ 開けた人がいたら、日にちだけでも教えて欲しい。
 ※ 追記 保存してあるのがある。 東風さんにしていただいた。 それを見ればいい。
                             ☆ ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg               

27日に、少しだけ見学したので、それを載せます。
    ※    ※    ※    ※

五足の靴の5人は、島の北にある富岡から大江まで、32㌔を歩く。
暗くなって道に迷った。 偶然会ったおまわりさんに助けられる。

富岡までは、長崎に近い茂木港から船で。
 ※ 私は長崎を見学するとき、茂木港に車を停めて、バスで行く。

印が、泊まったところ。



大江の町に入ったのは、夜中の10時。
やっと泊めてもらったのが、旅館高砂屋。 1907年、8月9日のこと。

13年1月27日 (2)

部屋は、屋根裏部屋のような、6畳間。 普段は使っていない。 ※ その日は、満室だった。
その部屋は残っており、○のところ。

DSCF826ppkppp4.jpg

次の日、木下杢太郎(もくたろう)が、大江の浜をスケッチ。 
鳥居の柱だけが、今も立っている。

13年1月27日 (1)m

13年1月27日 (24)

十三仏公園に向かった。 海岸にあり、景色がいい。
与謝野鉄幹が、25年後の1932年(昭和7年)に、再び、晶子とともに訪れる。
歌碑がある。

ところが通行止め。 別の道を探したが、見つからない。 ※ 本当はある。
あきらめた時に、気がついた。 歩けばいいと。 1㌔ちょっと。

歩きだしたら、この風景。 天草下島の西海岸。 遠くに、長崎半島。

13年1月27日 (4)

13年1月27日 (5)

さらに歩くと、天草町の市街地。 ※ 海沿いの道に行けなかった。
5人は、あの町の中を通り抜けている。

13年1月27日 (6)

十三仏(じゅうさんぶつ)公園に着いた。 ここは、展望台。 少し離れて、十三仏堂。
与謝野夫妻の歌碑。

13年1月27日 (7)

鉄幹 「天草の十三仏のやまにみる 海の入日とむらさきの波」
晶子 「天草の西高浜のしろき磯 江蘇省より秋風ぞ吹く」

※  海のはるか向こうに、南京市がある江蘇省(こうそしょう)。
   どうして、その地に思いをはせたのでしょう。 行ったことあるかどうかは、分からない。
   でも、彼女の目は、いつも遠くを見つめていた。 シベリア鉄道で、ヨーロッパにも。

13年1月27日 (25)

断崖が続く。

13年1月27日 (8)

南の方。

13年1月27日 (9)

十三仏の他にも、白い仏様。 岬の先に、小さな灯台。 少し手前に、十三仏堂。

13年1月27日 (10)

十三仏堂。 灯台は、すぐ裏に。

13年1月27日 (16)

仏様にも、得意分野があるのか。

13年1月27日 (11)

お堂の奥に、このように。 小さな小さな、仏様。

13年1月27日 (12)

並び方が、図と違う。

13年1月27日 (13)

天井の絵。

13年1月27日 (14)   13年1月27日 (15)

十三仏は、この高台から、5足の靴の一行を、どう見ていたのでしょう。
この地を通るときは、きっと薄暗い。 
 「 大江まで道はあと2里 いそぎなされと 十三仏のほとけさま 」

13年1月27日 (26)

車に戻って、下田温泉に向かった。
ここは、妙見浦。 隙間から、やっとこの風景。

13年1月27日 (17)

さらい行くと、トンネルの手前に、この看板。

13年1月27日 (18)

5人にとって忘れられない旅になる。 この旅が、一人ひとりを、大きく成長させるきっかけに。
文を読むと、この度の価値や意義が分かる。

吉井勇と白秋は、早大生。 だから、「白秋とともに・・・」となる。
ほかの2人は、東大生。  鉄幹は35歳。(もう活躍している)

昔の道が、唯一、ここに残っている。

13年1月27日 (19)   13年1月27日 (20)

鬼海が浦展望所。 下田温泉まで、すぐ。

13年1月27日 (21)

この山の中に、細い道がある。

13年1月27日 (22)

トンネルを抜けたら、下田温泉。

13年1月27日 (23)

下田温泉の湯は、それなりに、熱い。 ぬるいのもある。 いい。 200円。
この温泉にいる間に、ブログタイトル一覧を完成させる。 あと少し。
見やすいように、直すことになりそう。
  ※ 大分県と、北海道の一部で試してみた。 見つけやすいように、前に、項目を付ける。
やろうと思った時にやらないと、やれない。

【今日の歌】 作詞、吉井勇。 8年後の大正4年に作っている。



【停泊場所】   下田温泉の港。

【明日、29日の予定】  五足の靴の道を歩いてみる。 やっと、外を歩く。 寝不足気味で。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
【ランキング】  国内旅行 2位、1123w321.jpg 旅行全体 2位です。998788uy7.jpg                 
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 
鹿児島・・・

千貫平自然公園・・・・・千貫平自然公園からの風景。 池田湖の菜の花。~鹿児島市・指宿市~ みなさん良いお年を。 (2016/12/31)

真田信繁の墓・・・・・真田信繁の墓が、頴娃(えい)町雪丸の山中に。 島津を頼って薩摩に来たのか。 可能性は。~南九州市~ 他 (2016/12/30)

可愛山陵・・・・・・新田神社の境内に、可愛(えの)山陵。 ニニギを祀り、陵(はか)が。 神代三山陵の一つ。~薩摩川内市~ 他 (2016/12/29)

長島町汐見の段々畑・・・・・長島町汐見の段々畑。 赤土の畑では、四季を通じてジャガイモを。 島の広い風景の中に。~長島町~ 他 (2016/12/28) 

川内高城温泉・・・・・・
川内高城温泉、竹屋別館の岩風呂に入る。 長島の社長さんの車で動く。~薩摩川内市~ 他 (2016/12/27)

出水平野にツル・・・・・出水平野には今年もツルが来ていた。 ナベヅルが多く、マナヅルは少ない。~出水市~ 他 (2016/12/26)




化石の下見・・・・化石情報の下見。  加世堂古墳の近くで探すが・・。  長島の風景。~長島町~ 明日は、天草に。 (2015/2/10)

獅子島・・・・・・フェリーロザリオで、獅子島へ。  Aくんと、化石探し。  ムジナがいた。~長島町~ 他 (2015/2/8)

ハマジンチョウ・・サーフボードに似た遊び。  ハマジンチョウは、今年も咲いていた。  長島町に。~阿久根市他~ 他 (2015/2/7)

山川・・・・・・薩摩の海の玄関口、山川を歩く。  山川石。  カンヒザクラ。  石敢當。  唐人町通り。~指宿市~ 他 (2915/2/6)

石油ストーブ・・
走る山小屋の紹介。  石油ストーブで、冬は楽しい。  焼き芋、コーヒー、他。~指宿市~ 他 (2015/2/5)

山川港・・・・・山川港は、噴火口が港になった。~指宿市~ 後藤さんの、いくつかの何故。  彼の願いを、後世に・・。 (2015/2/3)

開聞岳・・・・・快晴の開聞岳は、祈りの登山になってしまった。  感動のはずの風景が・・・。~指宿市~ 他 (2015/2/1)

鰻温泉・・・・・区営鰻温泉は、熱い湯のかけ流し。  菜の花の似合う開聞岳に、明日。~指宿市~  他  (2015/1/31)

石橋記念公園・・石橋記念公園。  西田橋、高麗橋、他。~鹿児島市~ ヨルダンは、遊ばれている? (2015/1/30)

後藤さん・・・・人質の後藤さんは助かるのか。  ニュースから分かること。  光がかすかに・・・。(2015/1/29)

霧島アートの森・・霧島アートの森は、野外美術館と屋内展示室。  現代美術作家の作品。~湧水町~  他  (2015/1/28)

栗野岳・・・・・栗野岳は、霧島連山の隅っこにあった。  登山道は、日本一の枕木階段からスタート。~湧水町~ 他 (2015/1/27)

真幸の幸・・・・真幸(まさき)の幸(さき)の読みについて、整理。  山用の、新しいカメラ。~鹿児島市~  クマの事故。 (2015/1/26)

三之宮峡・・・・三之宮峡を歩く。  11のトンネル。  かっぱ洞。  切り立った岩に橋満橋。~小林市~ 他 (2015/1/25)

毘沙門の滝・・・毘沙門の滝は、柱状節理の谷奥に。 元は軌道があり木材を搬出した、めがね橋。~えびの市~ 他 (2015/1/24)

京町温泉・・・・いで湯の郷、京町温泉。  京町銀天街。  山頭火が、いい歌を残す。~えびの市~ 他 (2015/1/23) 

真幸棚田・・・・いで湯の郷、京町温泉。  京町銀天街。  山頭火が、いい歌を残す。~えびの市~ 他 (2015/1/23) 

真幸駅・・・・・真幸駅は、スイッチバックの秘境駅。  山あいに幸福の鐘、鳴り響く。~えびの市~ 他 (2015/1/21)

韓国岳・・・・・韓国(からくに)岳は、霧島連山最高峰。  頂上の後ろに、深さ300㍍の噴火口。~霧島市~ 他 (2015/1/20)

太良池・・・大浪池は、日本で最も高い位置にある火口湖。(少し?)  正面に、韓国岳。~霧島市~ えびの高原、他。 (2015/1/18)

ミニ石油ストーブ・・ミニ石油ストーブは、大正解でした。  とても便利。  今後の見学コース。~霧島市~ 他 (2015/1/17)

隼人龍・・・・・
岩山に不思議な光景、隼人龍。  霧島市は、壺で作る黒酢の産地だった。~霧島市~ 他 (2015/1/16)

モンベル・・・・モンベル鹿児島店に。  自分のものではないが、いいデザインの・・・。  龍馬とお龍さんの像。~鹿児島市~ 他 (2015/1/15)

「山き」が紹介・・「ふらり旅 いい酒 いい肴」で、「山き」が紹介される。~八戸市長横町れんさ街~  他  (2015/1/14)

霧島温泉・・・・湯煙りの、霧島温泉郷丸尾温泉。  丸尾滝は、湯の滝だった。~霧島市~ 14日の晩10時、山きがBS11で。 (2015/1/13)

ミニ石油ストーブ・・これで、寒さから開放されるか。  ミニ石油ストーブの設置。~霧島市~ 他 (2015/1/12)

高千穂峰・・・高千穂峰登山は、強風のため、御鉢で引き返す。 天孫降臨の山。  かつて霧島神宮があった、古宮址。~霧島市~ 他 (2015/1/11)

鹿児島市・・晩に、鹿児島市までちょっと。  小松帯刀の像、他。~鹿児島市~ 伊根の舟屋で火事。 (2015/1/10)

霧島神宮・・・
霧島神宮の祭神は、神代三代の天皇と神武天皇だった。 神木は メアサ杉。  性空上人の墓。~霧島市~ 他 (2015/1/9)

東福院和子・・・「東福門院和子の涙」の作者、宮尾登美子さん亡くなる。  桜島の活動、活発。~霧島市~ 他 (2015/1/8)

高屋山上陵・・・高屋山上陵は、山幸彦の陵(はか)と云われるものだった。  熊襲の穴は、奥が広い洞窟。~霧島市~ 他 (2015/1/7)

鉄道員・・・・・鉄道員(ぽっぽや)を見る。  他の生き方が・・。  物語の仕掛け。~霧島市~ 他 (2015/1/6)

塩浸温泉・・・・龍馬とお龍が立ち寄った、塩浸温泉。  レトロな雰囲気、嘉例川駅。~霧島市~ 他 (2015/1/5)

花燃ゆ・・・・・大河ドラマ「花燃ゆ」、始まる。  文と小田村伊之助との出会い。~霧島市~ 他 (2015/1/4)

姶良市・・・・・姶良(あいら)市の見どころ。  龍門滝。  龍門司坂。 高倉展望所。 金山橋。~姶良市~ 他 (2015/1/3)

AZで正月・・・隼人のA・Zで正月。  白い桜島。  龍馬の新婚旅行は、直ぐ近くの港から出発。~霧島市~ 他 (2015/1/2)

おめでとう・・明けまして、おめでとうございます。  雪の花尾神社で、お参り。  花尾かくれ念仏洞。~鹿児島市花尾町~ 他 (2015/1/1) 

よいお年を・・
皆さん、よいお年を!   ありがとう! ~鹿児島市喜入~  他  (2014/12/31)

喜入肝付家・・・喜入肝付家仮屋跡。  キイレツチトリモチ、発見地。  薩摩刀。  津田式ポンプ。~鹿児島市喜入町~ 他 (2014/12/29)

頴娃町・・・・・頴娃(えい)の町を歩く。  頴娃は難しい読み。  ブログとYouTubeの動画に宣伝を。~南九州市~ 他 (2014/12/25・26)

小松帯刀の墓・・小松帯刀の墓。  帯刀(たてわき)は、薩長連合で活躍。 小松氏は禰寝氏でも・・。~日置市~ 他 (2014/12/24)

十三奉行温泉・・十三奉行(じゅさぶろ)温泉は、不思議な名前。  疱瘡(ほうそう)墓。~出水市野田町~ 他 (2014/12/23)

球泉洞・・・・・球泉洞を、Aくんと見学。  Aくんも写真を撮る。  子供の感性は、大人と違う。~球磨村~ 他 (2014/12/21)

ムツゴロウの下見・・ムツゴロウの下見をしたけれど・・。  湯の児温泉の前は、美しい砂浜だった。~水俣市他~  他 (2014/12/19・20)

ツル・・・・・・ツルは、絶滅の不安。  マナヅル、3000. タンチョウ、3000。 ナベヅル、15000。~出水市~ 川内高城温泉、他。 (2014/12/15) 

野田町・・・・出水市野田町(野田郷)は、薩摩・島津家発祥の地だった。  初代島津忠久の墓所、感応寺。~出水市~ 再会して、みんなで食事会。 (2014/12/13)

長島を歩く・・・長島の、山の上からの風景。  夕暮れ時、山道で迷う。  次の日、リベンジ。~長島町~ 他 (2014/12/10・11) 

天草へ・・・・・諸浦島から、ロザリオに乗って、天草に渡る。  冷たい雨。~長島町~ 羽生、1位発進。 (2014/2/13)

長島町・・・・・長島町指江。  黒之瀬戸大橋で島は変わった。  社長さんの車で。~長島町~  ソチ、開幕。  (2014/2/7)

川内高城温泉・・川内高城温泉に、長島の社長さんと入る。  西郷が愛した、共同湯。~薩摩川内市~  他  (2014/2/6)

鹿児島城跡・・鹿児島市街地を歩く。  鶴丸城(鹿児島城)跡。  私学校石垣の銃弾の跡。~鹿児島市~ 他 (2014/2/5)

川尻海岸・・・・川尻海岸に、宝石「ペリドット」を探す。  JR最南端の駅、西大山駅。~指宿市~  他  (2014/2/4)

開聞岳・・・・開聞岳は、低くても百名山。  途中から岩山。  見晴らしは・・・。~指宿市~  他  (2014/2/3) 

フラワーパーク・・フラワーパークから、一足早い春を。  早咲きの桜、伊豆の踊子。~指宿市~  他  (2014/2/2)

池田湖・・・・・池田湖、菜の花と開聞岳。  枚聞神社の玉手箱。  西郷と江藤が会った、鰻温泉。~指宿市~ 他 (2014/2/1)

知覧・・・・・知覧、武家屋敷通り。  武家屋敷庭園。   高田磨崖仏。~南九州市~  他  (2014/1/31)

清水磨崖仏・・清水磨崖仏群。  日本一の大五輪塔、月輪大梵字、他。~南九州市~  他  (2014/1/30)

冠岳・・・・・冠岳を、西側コースから登る。  石の積み重なった、天狗岩。~いちき串木野市~  他  (2014/1/29)

冠岳歴史自然の里・・冠岳歴史自然の里。  徐福。 頂峯院跡に建てた、冠嶽園、他。~いちき串木野市~ 他 (2014/1/28)

小野神社・・・・小野神社の磨崖「心」。  高江の水路桁橋。  車の中を、書斎風に(?)~薩摩川内市~  他  (2014/1/27)

長崎堤防・・・・ノコギリの刃の形の、長崎堤防。  種山石工が作った、江之口橋。~薩摩川内市~  他  (2014/1/26)

長島町・・・・・長島町の北部を、雨の中、車で散策。  みかん発祥の地は、長島。~長島町~  他  (2014/1/25)

紅葉城跡・・・・出水市の里山を歩く。  紅葉城跡、小僧さんの冥福を祈った磨崖仏、他。~出水市~ 他 (2014/1/24)

ツル・・・・・出水市に、今年もツルはやってきた。  珍しいカナダヅルと、クロヅルを見た。~出水市~ 他 (2014/1/23)










準備完了・・・・・・長島で、社長さんのお世話になり、準備完了。  明日、天草諸島へ。~長島町~  他  (2013/1/21)

下甑島・・・・・・・・
下甑島をバイクで走る。  観音三滝、武家屋敷通り、釣掛埼灯台、他。~薩摩川内市~  他  (2013/1/20)

上甑島、長目の浜・・・
薩摩半島の30㌔沖に浮かぶ、甑(こしき)島列島。  上甑島の長目の浜、他。~薩摩川内市~  他  (2013/1/19)

入来麓武家屋敷群・・・
玉石垣と生垣が美しい、入来麓武家屋敷群。~薩摩川内市~  温泉は、150円。  他  (2013/1/18)

河内川内高城温泉・・・
川内高城(せんだいたき)温泉。  小路磨崖仏。  石像が残る、香積寺跡。~薩摩川内市~  他  (2013/1/17)

黒之瀬戸・・・・・・
黒之瀬戸は、薩摩の隼人の瀬戸。  万葉人にも、詠われた。~長島町~  他  (2013/1/16)

エアコン修理・・・
車の整備。  エアコンの修理。  カナダヅルは、見つからない。~長島町・出水市~  他  (2013/1/15)

13138羽のツル・・・
今年も出水市に、ツルは戻ってきた。  14日現在、13138羽。~出水市~  他  (2013/1/14)
 
大川原峡・・・・・・
大川原峡悠久の森  桐原の滝 ~曽於市~  庄子眞理子「CALENDAR(カレンダー)」   他  (2012/3/15)
 
志布志の歴史・・・
志布志の歴史を散歩  山頭火句碑  ダグリ岬 ~志布志市~  さくら(森山直太朗)  他  (2012/3/14)

大崎町、横瀬古墳・・・
日本最南端の前方後円墳、横瀬古墳  七夕地蔵 ~大崎町~  北の岬が、アクセス数2万に。  他  (2012/3/13)

吾平山稜・・・・・・吾平山上陵(あいらさんりょう)  圧倒的な本数の、くにの松原 ~鹿屋市・大崎町~  雨に消えたあなた  他  (2012/3/12)

大隅半島、横断・・・・
大隅半島を横断  祢寝氏累代の墓 ~肝付町他~  百万本のバラ、そして、東日本大震災~未来への鎮魂~ (2012/3/11)

アクセス数、4万8千・・・
日本一美しい佐多岬も、今は廃墟の岬 ~南大隅町~  今日1日のアクセス数が、48000を越えた。  他  (2012/3/10)
南大隅町・・・・・・
南大隅町を散策 ~島泊の磨崖仏は山奥だった~  「マーラが与えた人生」と「百万本のバラ」、まとめ  (2012/3/9)

神川大滝・・・・・・
高さ68㍍の吊橋から見る、神川大滝  小滝は裏見の滝 ~錦江町~  マーラが与えた人生(百万本のバラの原曲)  (2012/3/8)

百万本のバラ・・・
一日雨でした。  かのやばら園を少しだけ。~鹿屋市~  百万本のバラ 「ラトビアで、ソ連で、日本で最初に歌った人達」  (2012/3/7)

桜島、埋没鳥居・・・
桜島、黒神埋没鳥居  猿ヶ城渓谷を散歩 ~鹿児島市・垂水市~  早春賦  他  (2012/3/6)

のぼる屋ラーメン・・・
2代目がつくる、のぼる屋のラーメン  桜島  錦江湾は金鉱湾(?)~鹿児島市~  巡恋歌  他  (2012/3/5)

鰻温泉・・・・・・・・
スメからの湯煙が舞う、鰻(うなぎ)温泉 ~指宿市~  タッチ  他  (2012/3/4)

フラーワークかごしま・・・
フラワーパーク かごしま、チューリップ満開・大道芸・伊豆の踊子 ~指宿市~  さよならの夏  他  (2012/3/3)

井上真央の魅力・・・
明日から元の旅に。  北方領土問題に、新たな展開はあるのか。  井上真央の魅力 ~鹿児島市喜入~  他  (2012/3/2) 
体調、回復・・・・
体長は、ほぼ回復。 テレビを見たり、本を読んだり。 ~鹿児島市喜入町~  他  (2012/3/1)

鑑真記念館・・・・
杜氏の里、笠沙黒瀬  鑑真和上上陸地に、鑑真記念館  河津桜が咲いていた~  他  (2012/2/28)

野間半島の突端・・・
野間半島の突端まで、あと少しだったのに  野間岳の頂上から、やっと野間池の全景が見えた ~南さつま市~  カスバの女  (2012/2/27)

石垣の里、大当・・・
石垣の里、大当(おおとう)  野間池は池ではなく、小さな湾だった ~南さつま市~  テネシーワルツ(その2)  他  (2012/2/26)

市比野温泉・・・・
テレビアンテナの取り付け  オイル交換  ラドンの市比野温泉 ~薩摩川内市~  テネシーワルツ  他  (2012/2/25)

川内高城温泉・・・
鹿児島県最古・名湯百選、川内高城温泉 ~薩摩川内市~  ハマジンチョウ  ひばりが歌う、国比べ  (2012/2/24)

藤川天神・・・・・・
藤川天神臥龍梅、花はまだ早かった。  藤川は、西郷どんの愛犬ツンの出身地 ~薩摩川内市~  牧場の朝  (2012/2/23)

湯川内温泉・・・・
湯船の底から湯が湧き出る、湯川内温泉 ~カジカガエルの声を聴きながら。 出水市~  ニニ・ロッソ  他  (2012/2/22)

長島町を歩く・・・
道の駅長島から、道の駅黒之瀬戸だんだん市場まで歩く ~あっちこっちに寄りながら。 長島町~  他  (2012/2/21)

ツルは飛んだ!・・・
ツルは飛んだ!  行人岳から見たツルの北帰行  ファインダーを涙で曇らせ見送った ~長島町~  他  (2012/2/20)

長島針尾公園・・・
長島針尾公園から見た、伊唐島・諸浦島・獅子島 ~長島町~  新しいバッテリー  ロクサーヌ(ムーランルージュ)  (2012/2/19)

ツルの北帰行ルート・・・
行人岳山頂から見た、ツルの北帰行ルート  明神古墳群  他 ~長島町~  シューベルトのセレナーデ(その2)  (2012/2/18)

13101羽のツル・・・
13101羽のツルを、間近に見る  黒之瀬戸大橋 他 ~出水市・長島町~  シューベルトのセレナーデ  他  (2012/2/17)
出水麓武家屋敷群・・・
薩摩藩最大の外城(とじょう)だった、出水麓武家屋敷群 ~出水市~  ミス・サイゴン  他  (2012/2/16)

ソーラーパネルの増設・・・
ソーラーパネルとバッテリーの増設完了  指江港を散歩 ~長島町~   他  (2011/5/22)

七郎山に登る・・・
獅子島の七郎山を登る ~鹿児島県最北端の島へ~   他  (2011/5/21)

花フェスタ・・・・・
夢追い長島 花フェスタ ~5月なのに、夏の暑さ~   他  (2011/5/20)

長島へ・・・・・・・・
黒之瀬戸大橋を渡って、長島へ ~鹿児島県最北の町~   車のソーラーとバッテリー  (2011/5/19)


行人岳・・・・・行人岳からの風景。 北風の時、ツルは飛ばない。 伊唐大橋を渡って。~長島町~  他  (2014/2/12) 

スポンサードリンク

 
 
熊本・・ ・放浪の旅Ⅱ】(24)

筑後川・・・・・・筑後川の源流点と、河口から一番遠い源流点は違った。 支流にも源流の碑が。~南小国町~ 他 (2017/1/23)

調音の滝公園・・・・調音の滝公園。 川の源流は、いっぱいあるのか。 吉井の町並み。 深夜から雪。~うきは市~ 他 (2017/1/22)

荒尾干潟・・・・・荒尾干潟は潮が引いてなかった。 渡り鳥の飛来地。 ミカン畑。 詩人、海達公子。~荒尾市~ 寒立馬、他 (2017/1/19)

日本一の石段・・・・・・日本一の石段(釈迦院御坂遊歩道)、3333段をAくんと登る。 野球部の生徒達も。~美里町~ 他 (2016/12/25)

通潤橋・・・・・・・通潤橋は地震の影響で近づけなかった。 霊台橋は美しい姿のまま、通れた。~山都町・美里町~ 他 (2016/12/24)

山鹿・平山温泉・・・・・山鹿灯篭民芸館。 八千代座。 平山温泉寿楽園で人情芝居を。 長島町の人達と。~山鹿市~ 他 (2016/12/23)

相良観音・・・・・・特別天然記念物、アイラトビカズラ。 豆の鞘(さや)の長さは60㌢に。 相良観音の本尊の手には怨みの・・。~山鹿市~ 他 (2016/12/21)

泗水孔子公園・・・・・
阿蘇から迂回路を通って、菊池方面に。 道の駅泗水(しすい)の隣に、泗水孔子公園が。 ~菊池市~ 他 (2016/12/20)

高森湧水トンネル・・・・・高森湧水トンネル公園。 中はクリスマス・ファンタジー。 幻想的なウォーターパール。~高森町~ 被災地を通って。 (2016/12/19)






福連木・・・・・福連木(ふくれぎ)は、子守唄の里。  官山の水。  福連木とうふ。~天草市~  他  (2015/2/12)

天草にA君と・・天草に、Aくんと渡る。  ハイヤ大橋を歩く。  﨑津天主堂のある﨑津集落は、来年きっと、世界遺産。~天草市~ 他 (2015/2/11)

日奈久温泉・・・山頭火が愛した、日奈久温泉。  宿泊した木賃宿、織屋。  ばんぺい湯、他。~八代市~ 他 (2014/12/8)

黒川温泉・・・・夕暮れ時の、黒川温泉。  地蔵の首と、地蔵湯の伝説。~南小国町~  他  (2014/3/26)

轟泉・・・・・湧水の、轟泉(ごうせん)自然公園。  午後、熊本港から島原へ。~宇土市他~  他  (2014/2/23)

長部田海床路・・海の中の電信柱、長部田海床路 ( ながべた かいしょうろ ) ~宇土市~  他  (2014/2/22)

松合・・・・・土蔵白壁の町、松合の街並み。~宇城市不知火町松合~  永尾剱神社、他  (2014/2/21)

デコポン・・・・デコポン発祥の地を歩く。~宇城市不知火町~  キム・ヨナ、ノーミスの銀。  (2014/2/20) 

三角西港・・・・明治に作られた、三角西港。~宇城市~  波乱の、女子ショートプログラム。  (2014/2/19)

上天草市・・・・雨と風で、動けない。~上天草市~  いよいよです。 明日から、女子シングル。  (2014/2/18)  

維和島・・・・・天草四郎のふるさと(?)、維和島へ。~上天草市~ ジャンプ団体、銅メダル、おめでとう。 (2014/2/17)

天草五橋・・・・天草五橋、天草松原を再び。  高舞登山登山で(??)~上天草市~  他  (2014/2/16) 

千巌山・・・・・千巌山から、天草五橋を眺める。~上天草市~  葛西、ラージヒルで、銀。  (2014/2/15)

天草市・・・・・雨と風で、見学はしない。~天草市~  羽生、金メダル、おめでとう!  (2014/2/14)


球磨村・・・・・球磨村を歩く。  鬼の口棚田。 コウモリ橋。 神瀬石灰洞窟。~球磨村~  他  (2014/2/11)

球泉洞・・・・・九州最長の鍾乳洞、球泉洞。  小さな見所が多い。~球磨村~  他  (2014/2/10)

人吉・・・・・・人吉球磨は、ひなまつり。  人吉クラフトパーク石野公園で、見る。~人吉市~  他  (2014/2/9)

青井阿蘇神社・・熊本県唯一の国宝は、青井阿蘇神社に。  相良氏の人吉藩。~人吉市~  他  (2014/2/8)



日本一の石段・・日本一の石段(釈迦院御坂遊歩道)を登る。 奥に、釈迦院がひっそりと。~美里町~ 他 (2014/1/22)

霊台僑・・・・・美里町で石橋を見る。  霊台橋、二股橋、他。~美里町~  他  (2014/1/21)







次郎丸岳他・・・・次郎丸岳に登る。  金性寺の石橋。  長さ300㍍の、観音の滝。~上天草市~  他  (2013/2/6)

天草灘・・・・・・・・林芙美子、「天草灘」全文。  天草四郎、乗船の地。  富岡切支丹供養碑。~苓北町~  他  (2013/2/2)

トンボロの町・・・トンボロの町、富岡。  林芙美子、天草への旅。  乱の激戦地、富岡城。~苓北町~  他  (2013/2/1)


官山(角山)・・・・天草下島の中央にある、官山(角山)からは、四方が見渡せた。~天草市~  ブレーキパットの交換  (2013/1/31)


福連木の子守唄・・・福連木の子守唄に、五木の子守歌は似ている。  福連木の里。~天草市天草町~  他  (2013/1/30)

五足の靴・・・・五足の靴、文学遊歩道。  鬼海浦、岩登り。  下田温泉、五足の足湯。~天草町~  ラ・ノビア  他  (2913/1/29)


十三仏公園・・・・十三仏公園。  与謝野夫妻の歌碑。  五足の靴、文学遊歩道。~天草市~  他  (2013/1/27)


大江天主堂・・・・大江天主堂。  天草ロザリオ館。  五足の靴。  お万ヶ池の伝説~天草市天草町大江~  他  (2013/1/26) 

崎津天主堂・・・・キリシタン殉教の島に立つ、﨑津天主堂。  海の天主堂とも・・。~天草市河浦町~  他  (2013/1/25)

天草コレジヨ館・・・天草コレジヨ館。 天草氏の居城だった、河内浦城跡。 轟橋。~天草市河浦町~  他  (2013/1/24)

牛深・・・・・・・・・・桜木展望所から、牛深の街並みとハイヤ大橋を眺める。  橋を渡る。~天草市~  他  (2013/1/23)

牛深、せどわ集落・・・天草最南端にある、牛深。  ハイヤ大橋。  細い路地の、せどわ集落。~天草市~  他  (2013/1/22)

神の池・・・・・・浮島神社の「神の池」は、湧水だった。  どうして、浮島?~嘉島町~  「八重の桜」を見た。  (2013/1/13)

八千代座・・・・・・明治からの芝居小屋、八千代座。  金・銀の紙だけで作られる、山鹿灯篭。~山鹿市~  他  (2013/1/12)

黒川温泉・・・・・・全国屈指の人気温泉地、黒川温泉  筋湯温泉 ~南小国町・九重町~  夏川りみ×南こうせつ 「僕の胸でおやすみ」  (2012/4/4) 

湯の鶴温泉・・・・水俣の山奥に佇む、湯の鶴温泉 ~水俣市~  本田美奈子が歌う、北の宿から  他  (2012/2/15)

水俣市・・・・・・・・水俣市立水俣病資料館  なぜ、水俣病は解決に時間がかかったのでしょう ~水俣市~  愛の終着駅、聴き比べ  他  (2012/2/14)

田原坂・・・・・・・・西南戦争最大の激戦地、田原坂 ~植木町~  遥かな轍(わだち)  他  (2012/2/13)

トンカラリン・・・謎のトンネル、トンカラリン  江田船山古墳の石棺 ~和水町~  世界一遅いマラソン記録  砂の祈り  他  (2012/2/12)

和水町・・・・・・・・江田船山古墳公園  肥後民家村  楽しい樹木の説明 ~和水町(なごみまち)~  かあさんの歌  他  (2012/2/11)

竹灯り・・・・・・・・山鹿灯篭浪漫  竹灯り  八千代座  平山温泉郷 ~山鹿市~  酔わせてよ今夜だけ  他  (2012/2/10)

三池炭鉱跡・・・・白秋生誕の地、南関  三池炭鉱万田坑跡  孫文を助けた宮崎滔天 ~南関町・荒尾市~  城ヶ島の雨  他  (2012/2/9) 

阿蘇、登山・・・・・阿蘇、中岳・高岳に登る~中岳が小規模噴火~  明日、祖母山へ   他  (2011/5/16)

小国町・・・・・・・・小国町を少し散歩   明日九重山へ   「さよならの夏」、聴き比べ   他  (2011/5/14)  

 



以上、熊本県。


放浪の旅】(41)

黒川温泉・・・・・・黒川温泉 ~阿蘇小国郷の山里に、全国屈指の温泉があった~   他  (2010/4/1)

一心行大桜・・・・一心行の大桜  白蛇のいる龍神権現  白川水源 ~熊本県南阿蘇村~   他  (2010/3/24)

阿蘇神社、火振り・・・阿蘇神社 火振り神事 ~熊本県阿蘇市~   他  (2010/3/23)

鞠智城・・・・・・・・しうさんのお父さんの山小屋  鞠智城  迫間眼鏡橋  黄砂に沈む太陽   他  (2010/3/22) 

菊池公園・・・・・・菊池神社・菊池公園の桜、しうさんの縁が和展 ~熊本県菊池市~   他  (2010/3/21)

蓮華院五重塔・・・蓮華院誕生寺奥の院五重塔 ~横綱土俵入りと大梵鐘の寺、熊本県玉名市~   他  (2010/3/20)

山鹿・・・・・・・・・・山鹿灯籠民芸館 八千代座 門前美術館 他 ~熊本県山鹿市~   他  (2010/3/5)

熊本市動物園・・・熊本市動植物園 ~キンシコウがいて大温室にはランが~   他  (2010/3/4)

東陽町笠松橋・・・白滝公園と大滝 ~球磨川上流、五木小川~  東陽町笠松橋   他  (2010/3/3) 

五木村、福寿草・・・仰鳥帽子山 満開の福寿草    五木村の風景   ダムはどうなった。   他  (2010/3/2)

人吉クラフトパーク・・・人吉クラフトパーク石野公園 ~土びなと郷土玩具展~  道の駅 子守唄の里五木   他  (2010/3/1)

人吉梅まつり・・・人吉梅まつり ~人吉市大畑(おこば)~  ループ橋   夜の真幸駅   他  (2010/2/28) 

牛深・・・・・・・・・・牛深ハイヤ大橋・海彩館 ~天草市牛深町~  フェリーで長島に。   他  (2010/2/10)

鬼の城公園・・・・鬼の城公園・切支丹墓碑公園 ~天草市五和町~  明日天草を離れます。   他  (2010/2/9)

林芙美子・・・・・・林芙美子文学碑を訪ねて・・~苓北町富岡半島~  通詞島で釣り人とおしゃべり   他  (2010/2/8)

富岡城・・・・・・・・富岡城 ~苓北町、天草・島原の乱の激戦地~  下田温泉五足の湯   他  (2010/2/7)

大江天主堂・・・・天草ロザリオ館・大江天主堂 ~天草市天草町大江~  十三仏公園   他  (2010/2/6)

崎津天主堂・・・・天草コレジヨ館・津天主堂 ~天草市河浦町~   他  (2010/2/5)

切支丹館・・・・・・「戦うしか生きる道はない」と・・~天草切支丹館~  激戦の跡と祇園橋   他  (2010/2/4)

倉岳・・・・・・・・・・天草最高峰倉岳・大えびす像 ~天草市倉岳町~  今日は節分   他  (2010/2/3)

龍ヶ岳・・・・・・・・龍ヶ岳山頂・ミューイ天文台・外平海岸 ~北天草市龍ヶ岳町~   他  (2010/2/2)

天草五橋・・・・・・天草五橋・天草松島~千巌山からの風景~    他  (2010/2/1)

島原の乱は、ここから・・・島原の乱はこの島から始まった ~天草大矢野島~  四郎の生誕地は?   他  (2010/1/31)

松合の町並み・・・白壁の町松合  みすみフラワーアイランド  海のピラミッド   他  (2010/1/30)

東陽石匠館・・・・東陽石匠館 ~種山石工発祥の地~  明日から、天草探訪。   他  (2010/1/29)

霊台橋他・・・・・・美里町は石橋の里 ~霊台橋・二俣橋・小筵橋 他~  小崎地区の棚田   他  (2010/1/28)

日本一の石段・・・御坂遊歩道「日本一の石段」~3,333段・熊本県美里町~  カウンター10万を越える   他  (2010/1/27)

不知火・・・・・・・・道の駅不知火で一休み ~不知火って?~    また、児童虐待が・・・。   他  (2010/1/26)

熊本城・・・・・・・・熊本城 ~急勾配の石垣、武者返し~   熊本ラーメン、こむらさき本店。   他  (2010/1/25)

球泉洞・・・・・・・・球泉洞 ~九州最長の鍾乳洞~   おかどめ幸福駅    他  (2010/1/24)

丸目蔵人佐・・・・剣聖丸目蔵人佐 ~宮本武蔵も一目置いていた?~   京ヶ峰横穴古墳群   他  (2010/1/23)

ひなまつり人形展・・・ひなまつり人形展 ~国内最大規模・神城文化の森(球磨郡錦町)~   他  (2010/1/22)  

肥薩線に乗る・・・・肥薩線 ~真幸駅から人吉駅~   幽霊寺    他  (2010/1/21)

道の駅阿蘇・・・・道の駅 阿蘇です。   (2009年5月22日 朝)

高千穂峡・・・・・・高千穂峡  満開のミヤマキリシマ(阿蘇)  他  (2009年5月21日 晩)

五木の子守唄・・・五木の子守歌   他   (2009年5月10日 晩)

五木・・・・・・・・・・道の駅 子守歌の里五木にいます。  (2009年5月10日 朝)

通潤橋・・・・・・・・谷間にかかった虹の橋「通潤橋」  五木の夜   他   (2009年5月9日 晩)

五木へ・・・・・・・・通潤橋、五木に向かいます。  (2009年5月9日 朝)

山小屋で・・・・・・山小屋で宴会   (2009年5月8日 晩)

道の駅有明・・・・道の駅 有明    (2009年5月8日 朝)


以上、熊本県。

スポンサードリンク

 
 
長崎・・・

塩田津・・・・・・長崎街道 塩田津(塩田宿)の町並み。  常在寺石造仁王像。  本応寺石造仁王像、他。~嬉野市~ 他 (2015/2/22)

岩屋観音の参道・・岩屋観音の参道は、昔は東側にも。  上から見た風景を探しに。  下から見た岩屋観音の場所は、やっと。~鹿島市~ 他 (2015/2/21)

岩屋観音・・・・岩屋観音は、岩をくりぬいて、お堂を。  浄土山の中腹に。  石仏がいっぱい。~鹿島市~ 他 (2015/2/20)

祐徳稲荷・・・祐徳稲荷神社は、三大稲荷かな。  大きな神社。  3つのカメラで、撮り比べ。~鹿島市~ 他 (2015/2/19)

志々伎山・・・志々伎(しじき)山に登る。  山は海から飛び出し、尖(とん)がった山頂は、空を突き刺して。~平戸市~ 他 (2015/2/18)

志々伎山下見・・志々伎山は、下見まで。  じゃがたらお春で、ヒラメの刺身を。 民宿栗山で一休み。~平戸市志々岐町~ 他 (2015/2/17) 

大村公園・・・・大村公園は、玖島城跡。  板敷櫓。  二段咲きのオオムラザクラは、4月に。~大村市~ 他 (2015/2/16)

多良岳・・・・・多良岳に登る。  前回と違うルートで。 六体地蔵。 多良岳神社。 金泉寺、他。~諫早市~ 他 (2015/2/15)

雲仙・・・・・・雲仙に、Kさんと登る。  妙見岳から国見岳へ、そして、普賢岳。~雲仙市~  久しぶりの、どぶろく。 (2015/2/14)

日野江城跡・・・島原半島に渡る。  日野江城跡は、世界遺産として大丈夫か。~南島原市~  他  (2015/2/13)


北村西望・・・・長崎平和祈念像の北村西望。 生家が記念館に。  島原素麺はどこから?  3本の釘の石像。  谷水棚田。~南島原市~ 他 (2014/12/5)

八郎岳・・・・長崎半島の主峰、八郎岳に。  爆風で壊れた伊王島灯台。  キイレツチトリモチは、まるでキノコドキヤ。~長崎市~ 他 (2014/12/3) 


富川峡谷・・・富川峡谷、岸壁に五百羅漢像(磨崖仏)。 御手水観音の磨崖仏群。~諫早市~  他  (2014/3/20)

経ヶ岳・・・・経ヶ岳は、厳しい山だった。  千㍍以上の山として、日本最西端。~大村市~  他  (2014/3/19)

黒木のモミの巨木・・山奥の急な斜面に、黒木のモミの巨木はあった。  迷いそうな、けもの道。~大村市~  他  (2014/3/18)

雲仙温泉・・・・絹笠山の頂上から、雲仙温泉を眺める。  大黒天磨崖仏。  岳の棚田~雲仙市~  他  (2014/3/17)

岳の棚田・・・・岳の棚田は、標高差250メートル。  千々石川上流に広がる、美しい景観。~雲仙市~  他  (2014/3/16)

普賢岳・・・・・普賢岳は、霧氷に包まれていた。  平成新山。  霧氷沢。  4人で。~雲仙市~  他  (2014/3/15)

神代小路・・・・神代小路(こうじろくうじ)を歩く。  鍋島邸の見学。  カンヒザクラ。~雲仙市~  他  (2014/3/14)

諫早公園・・・・諫早公園の眼鏡橋。  高城城跡。  下を向いて咲く、大寒桜。~諫早市~  他  (2014/3/13)

キリシタン史跡・・キリシタン史跡を歩く。  首塚跡。 胴塚跡。 放虎原殉教地(斬罪所跡)、他~大村市~  他  (2014/3/12)

玖島城跡・・・・玖島城跡と、武家屋敷街を歩く。  オオムラザクラ。  五色塀。~大村市~ 震災から3年。 (2014/3/11)

裏見の滝・・・・大村市の裏見の滝は、深い谷の底にあった。~大村市~  明日は、あの日から3年。 (2014/3/10)

北川内の棚田・・北川内(きたかわち)の棚田。  棚田の米が美味しいのは、どうして?~大村市黒木町~  他  (2014/3/9)

多良岳・・・・・多良岳は、信仰と花の山だった。  金泉寺。 マンサクの花。~諫早市~  他  (2014/3/8)

大崎公園・・・・大崎公園を散歩、そして、クジャク園。  道の駅彼杵の荘。~川棚町・東彼杵町~  他  (2014/3/7)

崎戸島・・・・・4つの橋を渡って、崎戸島へ。  岬の温泉で、夕陽。~西海市崎戸町~  他  (2014/3/6)

池島・・・・・・かつて、石炭で栄えた、池島を歩く。  池島炭鉱跡は、夢の跡。~長崎市池島町~  他  (2014/3/5)

大野教会堂・・・ド・ロ壁の、大野教会堂。   大野岳の頂上までは、遠かった。~長崎市~  他  (2014/3/4)

出津教会堂・・・城山からの、外海の風景。  出津教会堂。  ド・ロ神父、他。~長崎市~  他  (2014/3/3)

外海・・・・・・外海(そとめ)に来てしまった。  世界遺産候補の、教会が・・。~長崎市~  他  (2014/3/2)

グラバー園・・・レトロな洋館が集まる、グラバー園。  グラバーは、長崎の町の基礎を。~長崎市~  他  (2014/3/1)

魚見岳台場跡・・長崎港の港口にある、魚見岳台場跡と、神崎(こうざき)神社に行ってみた。~長崎市~  他  (2014/2/28)

女神大橋・・・・女神大橋は、美しい斜張橋だった。  橋から見た、長崎の風景。~長崎市~  他  (2014/2/27)

茂木・・・・・・ビワの里、茂木を歩く。  裳着神社。 一口香は、中が空洞の焼き菓子。~長崎市茂木~ 他 (2014/2/26)

千々石・・・・・雲仙市 千々石(ちぢわ)町を歩く。  千々石ミゲル。~雲仙市~  他  (2014/2/25)

普賢岳・・・・・普賢岳には、雪が残っていた。 あと少しで引き返す。~雲仙市~  他  (2014/2/24)








世知原温泉・・・黒川紀章設計の、世知原温泉 山暖簾 ~佐世保市~  黒木瞳、織江の唄  鹿児島に南下します  他  (2012/2/5) 

松浦鉄道・・・・・・
松浦鉄道で佐世保駅へ   さるくシティ4○3アーケード  三浦町教会 ~佐世保市~ 君をのせて(英語バージョン2つ)  他  (2012/2/4)

花の森公園・・・・
花の森公園から動けず ~佐世保市~  今日は節分、追われた鬼はどこに・・。  他  (2012/2/3) 

佐世保の夜景・・・
佐世保の夜景 ~佐世保市~  ブルー・ライト・ヨコハマ、奇跡のペニシリン  他  (2012/2/2)

九十九島動植物園・・・
九十九島動植物園  展海峰から望む九十九島 ~佐世保市~  美しき天然 他 (2012/2/1)

北九十九島・・・・
冷水岳と長串山から見た北九十九島  大悲観 ~佐世保市~  ショスタコーヴィチのセカンドワルツ  (2012/1/31) 

世知原石橋群・・・
世知原石橋群  巨石の間に弦掛観音 ~佐世保市世知原町~  ある曲の、曲名と歌手名がやっと分かった。 (2012/1/30)

御橋観音・・・・・・
御橋観音の橋は、自然の大きな石の橋だった。  福井洞窟  樋口橋 ~佐世保市吉井町~  Believe  他  (2012/1/29)

本陣跡他・・・・・・
本陣跡  白岳の崖の上からの風景  潜竜ヶ滝 ~佐世保市江迎町~  遠藤未希さんについて  他  (2012/1/28) 

たびら平戸口駅・・・
日本最西端の駅、たびら平戸口駅  たびら昆虫自然園 ~平戸市~ 情熱のルンバ、純情二重奏 (2012/1/27)

志々伎山・・・・・・
本土最西端の山、志々伎山に登る。 恵比寿さんが笑った。~平戸市~  別れのブルース  他  (2012/1/26)

港町田助・・・・・・
港町田助には、高杉・桂・西郷たちが集まっていた。 他 ~平戸市田助・田の浦~  ダルビッシュの魅力 他 (2012/1/25)

亀岡公園・・・・・・
平戸城のある亀岡公園を散策(山頭火の句碑・沖禎介の碑 他)~平戸市~ 大連の街から  他 (2012/1/24)

宝亀教会・・・・・・
ステンドグラスの美しい、宝亀教会。  歓楽街丸山跡。 他 ~平戸市~  涙そうそう 他  (2012/1/23) 

神浦の町並み・・・
懐かしい路地のある、神浦の伝統的町並み~平戸市的山大島~  ロス・ロボスの曲  他 (2012/1/22)

平戸・・・・・・・・・・
大航海時代の城下町、平戸(オランダ塀・三浦按針の墓・平戸城 他)~平戸市~  J. H. Clarkeの禁じられた遊び  他  (2012/1/21)

牛月島・・・・・・・・
かつては、殉教また隠れキリシタンの島だった、生月島。~平戸市生月町~  悲しき口笛 他  (2012/1/20)

平戸・・・・・・・・・・
キリシタン情緒漂う西海の港町、平戸。~平戸市~  Everyday、カチューシャ 他  (2012/1/19)

福島・・・・・・・・・・
伊万里湾に浮かぶ福島(大山公園・椿の原生林・土谷の棚田他)~ 冬のカモメ 他 (2012/1/12)

鷹島・・・・・・・・・・
元寇の激戦地、鷹島  鷹島歴史民俗資料館  開田の七人塚 他 ~松浦市鷹島町~  他  (2012/1/10)

鷹島他・・・・・・・・
元寇での激戦地、鷹島  モンゴル村  近藤石材さんの見学 他 ~松浦市鷹島町~  他  (2012/1/9)


>以上、長崎県。

スポンサードリンク

 
 
佐賀・・・


天山・・・・・・天山の登山口は、頂上に近かった。  山のふもとに、晴気(はるけ)天山神社。~唐津市・小城市~ 他 (2015/2/27)

井出ちゃんぽん・・井出ちゃんぽんは、山盛りの野菜。  道の駅厳木(きゅうらぎ)に、大きな佐用姫像。~武雄市・唐津市~ 他 (2015/2/26)

川古の大楠・・・川古(かわご)の大楠(おおくす)。  カラクリ人形による、黒髪山大蛇退治。~武雄市~ 他 (2015/2/25)

黒髪山・・・・・黒髪山は、奇岩と山岳信仰の山。  頂上は天狗岩に。  頂上直下に、西光密寺。~武雄市~ 他 (2015/2/24)

武雄温泉・・・・武雄温泉。  夕闇に浮かぶ、赤い楼門。  元湯は、昔ながらの湯。~武雄市~ 他 (2015/2/23)

多久聖廟・・・・儒学の祖、孔子を祀る、多久聖廟。  宥座の器(ゆうざのき)。~多久市~  他  (2014/3/21)





鹿嶋市・・・・・・道の駅鹿島「ミニ水族館」  手づくり野菜ジュース  夜の道の駅 ~鹿島市・大牟田市~  一人の手  他  (2012/2/8)

肥前浜宿の町並み・・・茅葺と土蔵造りの、肥前浜宿の町並み  祐徳稲荷 ~鹿島市~  リバーサイドホテル  他  (2012/2/7)

嬉野温泉・・・・・・嬉野温泉シーボルトの湯  和泉式部公園  塩田津の商家町 ~嬉野市~  恋の雪別れ  他  (2012/2/6)

有田の町並み・・・日本磁器発祥の地、有田。 町並みは重伝建地区に。 ~有田町~  石川鷹彦のギター  (2012/1/18)

黒髪山、登山・・・修験の山、黒髪山の頂上は、空に突き出た巨岩の上だった。~武雄市山内町~  森田童子の「ぼくたちの失敗」  (2012/1/17)  

武雄温泉・・・・・・楼門のある、名湯武雄温泉 ~武雄市~  森田童子の、ラスト・ワルツ  他 (2012/1/16)

カッパのミイラ・・・カッパのミイラ(松浦一酒造)  里小路の小笹生垣 ~伊万里市~  おひさまのたね  他 (2012/1/15)

伊万里・・・・・・・・古伊万里文化の香る街、伊万里(陶器商家資料館・伊萬里神社 他)~伊万里市~  鬼無里の里 (2012/1/14) 


大川内山・・・・・・伊万里 秘陶の里、大川内山 ~伊万里市~  池上線 他  (2012/1/13)

いろは島・・・・・・いろは島の風景 他 ~唐津市肥前町~  「アムール河の波」について  他  (2012/1/11)

浜野浦の棚田・・・急斜面にある、浜野浦の棚田  茅の輪くぐりの由来 ~玄海町~  他  (2012/1/8)

松島・・・・・・・・・・ロザリオの島、松島を歩く ~唐津市鎮西町松島~  他  (2012/1/7)

唐津の街並み・・・唐津の町を歩く(近松寺・曳山展示場・石垣の散歩道 他)~唐津市~  他  (2012/1/6)

虹の松原・・・・日本三大松原、虹の松原  鏡山は、領巾振山(ひれふりやま)とも・・~唐津市~  他  (2012/1/5)

加部島・・・・・・・・佐用姫(さよひめ)の伝説が残る、加部島 ~唐津市~  他  (2012/1/4)

名護屋城・・・・・・朝鮮侵略の前線基地、名護屋城 ~唐津市~  他  (2012/1/3)

波戸岬・・・・・・・・九州の北西端にある小さな岬、波戸岬 ~唐津市~  他  (2012/1/2) 


以上、佐賀県。

スポンサードリンク

 
 
宮崎・・・

五ヶ瀬町・・・・高千穂から宇城市まで走る。 五ヶ瀬町浄専寺の枝垂桜は京都から。 三ヶ所神社の彫刻。~五ヶ瀬町他~ 他 (2017/1/18)

石垣の村・戸川・・・・・石垣の村 「戸川」 は、懐かしい風景。 長い歴史の中で。 高さ11㍍の石垣。 棚田百選。~日之影町~ (2017/1/17) 

網の瀬橋梁・・・・・旧高千穂線、綱の瀬橋梁は、42連連続アーチ橋。 槇峰駅。 日之影温泉駅の温泉は今も。~日之影町~ 他 (2017/1/16)

日向岬・・・・・・柱状節理の日向岬。 馬ヶ背。 クルスの海。 米ノ山展望台からの風景。~日向市~ (2017/1/15) 

黒水家住宅・・・・高鍋藩秋月氏家老 黒水家住宅。 高鍋城址。 舞鶴神社、やぐら餅つき。~高鍋町~ 他 (2017/1/14)

大淀川学習館・・・・大淀川学習館で、絶滅が心配されるアカメを見る。 暗い所で目が赤く。 他に大淀川の生物も。~宮崎市~ 他 (2017/1/13) 

青島・・・・・
青島は、鬼の洗濯岩に囲まれていた。 青島神社。 ビロー樹(ビロウ)の森。 植物園。~宮崎市~ 他 (2017/1/12)

人形の館・・・・・山之口麓文弥節人形浄瑠璃資料館(人形の館) 。 出世景清。 武家屋敷通りの面影。~都城市~ 他 (2017/1/11)

関之尾滝・・・・関之尾滝は高さ18㍍、幅40㍍の巨滝。 悲しい伝説。 滝の上流には大規模の甌穴群が。~都城市~ 他 (2017/1/10)

御池・・・・・御池は日本で最も深い火口湖。 霧島東神社から御池全体が見えた。 天之逆鉾は・・。~高原町~ 他 (2017/1/9)

ブルーミングローズ・・・・観光ばら園 「ブルーミングローズ」で、ハウスのバラを見学。 東麓石窟仏は国道の下にあった。~小林市~ 他 (2017/1/8)

須木の山里・・・・・須木の山里を歩く。 ダム湖に架かる大つり橋。 悲しい伝説のままこ滝。 かじかの湯。~小林市~ 他 (2017/1/7)

クルソン峡・・・・・川内川源流のクルソン峡に。 月乃木川拱橋(めがね橋)。 黒木家住宅は大正初期の歴史を秘めて。~えびの市~ 他 (2017/1/6)

真幸駅・吉松駅・・・・・
真幸駅から吉松駅に行ってくる。 幸せの鐘が鳴り響くスイッチバックの駅、真幸駅。~えびの市~ 他 (2017/1/5)






六観音御池・・・・池めぐり探勝路の一部開放で、行ってみた。 白紫池、六観音御池、白鳥山、樹氷、他。~えびの市~ 他 (2015/1/19)





城山公園・・・・・・延岡の町を歩く  城山公園の桜は満開  再来軒のラーメン ~延岡市~  1~3月の思い出の曲  他  (2012/3/31)

美々津・・・・・・・・美々津の町並みを歩く(2日目) 歴史民俗資料館  権現崎 ~日向市~  Pride(今井美樹)  他  (2012/3/30) 

美々津・・・・・・・・京風の町並みが残る、重伝建地区、美々津 ~日向市~  若葉のささやき(天地真理)  他  (2012/3/29)

矢研の滝・・・・・・矢研の滝は、全体が見えなかった。~都能町~  別れの朝(前野曜子、マット・モンロー)  他  (2012/3/28)

西都原考古博物館・・・西都原考古博物館は本物の展示  木喰五智館 ~西都市~  異邦人とマリア・リスボア  他  (2012/3/27)

西都原古墳群・・・西都原古墳群  コノハナサクヤヒメの都萬(つま)神社 ~西都市~  再会(金子由香利)  他  (2012/3/26) 

綾の照葉大吊橋・・・深い渓谷に架かる、綾の照葉大吊橋  中世山城の綾城 ~綾町~  哀愁のシンフォニー  他  (2012/3/25)

弥五郎どんの館・・・弥五郎どんの館  かくれ念仏洞 ~都城市山之口町~  ぼくと観光バスに乗ってみませんか(森田童子)  (2012/3/24)

山之口町・・・・清武の大クス  山之口麓文弥節人形浄瑠璃 ~都城市山之口町~  アザミ譲のララバイ、時代  他  (2012/3/23)

猪八重渓谷・・・・猪八重(いのはえ)渓谷の終点には、五重の滝があった ~日南市~  永遠の嘘をついてくれ(吉田拓郎&中島みゆき) (2012/3/22)

鵜戸神宮・・・・・・海に映える朱塗りの本殿、鵜戸神宮 ~日南市~  掌(てのひら、森山直太朗)  他  (2012/3/21)

油津・・・・・・・・・・堀川運河によって飫肥(おび)杉で栄えた、油津 ~日南市~  マディソン郡の恋・マディソン郡の橋  他  (2012/3/20)

日南市・・・・・・・トロピカルドームで、亜熱帯の花を。  茶碗山の散策 ~日南市~  高田渡・山之口貘「生活の柄」  他  (2012/3/19)

飫肥・・・・・・・・・・九州の小京都飫肥(おび)は、見所いっぱい ~日南市~  ふるさとの木の下で(あさみ ちゆき)  他  (2012/3/18)

坂元棚田・・・・・・長方形の田んぼが整然と並ぶ、坂元棚田 ~日南市~  さくら学院「旅立ちの日に」  他  (2012/3/17)

小布瀬の滝・・・・悲しい伝説の小布瀬の滝  大谷橋 ~日南市~  ナターシャ・グジー「いつも何度でも」  他  (2012/3/16)

十根川山村集落・・・被災者への救援はなぜ遅れるのでしょう。  ※ 十根川山村集落 他 ~椎葉村~  他  (2011/3/16)

椎葉村・・・・・・・・福島原発は大丈夫なのか。  ※ 那須大八郎と鶴富姫の悲恋 ~椎葉村~  他  (2011/3/15)

おせりの滝・・・・東北地方太平洋沖地震の津波  ※ おせりの滝 他 ~美郷町~  (2011/3/14)

美々津・・・・・・・・美々津の町並み ~神武天皇の「お船出」の地 日向市~   他  (2011/3/14)

高千穂峡・・・・・・高千穂峡  西の正倉院  他 ~高千穂町・美郷町~   他  (2011/3/12)

大変です。 3月11日。・・・大変です。    大岩戸神社 ~高千穂町~  しうさん親子と合流 他  (2011/3/11)


以上、宮崎県。

スポンサードリンク

 
 
大分・・


杵築の坂道・・・・杵築は、坂道の城下町。 着物が似合い、子供たちが行き交う、酢屋の坂。 武家屋敷。~杵築市~ 他 (2017/1/31)

天念寺・・・・・天念寺の本尊は売られて、県などが買い戻した。 川の中にお不動様。 山の上に無名橋。~豊後高田市~ 他 (2017/1/30)

財前家墓地・・・・・
財前家墓地の国東塔は、重要文化財。 誰の先祖かって・・。 熊野磨崖仏は、高さ8㍍。~杵築市・豊後高田市~ 他 (2016/1/29)

文殊仙寺・・・・・文殊仙寺は、文殊山の山深くに建つ古刹。 杵築藩主の祈願所だった。 三股の花が咲き始めて。~国東市~ 他 (2017/1/28)

両子寺・・・・・六郷満山の総持院、両子(ふたご)寺。 大きな石造りの仁王像。 国東塔。 奥の院。~国東市~ 他 (2017/1/27)

香々地・・・・・・国東半島に入る。 香々地 長崎鼻で、江口章子の歌碑を読む。  真玉海岸の遠浅の砂浜。~ 他 (2017/1/26)

西椎屋の滝・・・・・西椎屋の滝は、全体が見られなかった。 下への道が・・。 ダムから出た水が、少し流れて落下。~玖珠町~ 他 (2017/1/25) 

慈恩の滝・・・・・慈恩の滝は、裏見の滝だった。 新しい道の駅 慈恩の滝くすには、雪が残っていた。~玖珠町~ 他 (2017/1/24)

白水ダム・・・・・白水(しらみず)の滝は大野川源流に。 水は白く青く。 少し下流の白水(はくすい)ダムは重要文化財。~竹田市~ 他 (2016/12/18)

明正井路・・・・・明正井路は、日本最大の水路用石造アーチ橋。 名水百選、竹田湧水群。(河宇田湧水他)~竹田市~ 他 (2016/12/17)

楢本磨崖仏・・・・由布岳が白くなって、九州にも冬が。 岩が割れ風化が進む、楢本磨崖仏。~宇佐市安心院町~ 他 (2016/12/16)

東椎屋の滝・・・・・東椎屋の滝は、高さ85㍍の直瀑の滝。 水は落ちると云うより降っている。 日本の滝百選。~宇佐市~ 他 (2016/12/15)

安心院の鏝絵・・・・・安心院(あじむ)は、鏝絵の町だった。 庶民の祈りと左官の心意気。 新しい作品も。~宇佐市安心院町~ 他 (2016/12/14)

桂昌寺・地獄極楽・・・・桂昌寺跡、地獄極楽。 手掘り洞窟の中に、地獄極楽を再現。 閻魔様も奪衣婆も。~宇佐市安心院(あじむ)町~ 他 (2016/12/13)

両合棚田・石橋・・・・・あまり谷の奥の高い所に、両合棚田と両合川橋。 あまり温泉から歩く。 途中に広い棚田。~宇佐市院内町~ 他 (2016/12/12)

院内町の石橋・・・・・宇佐市院内町は石橋のまち。 分寺橋他。 山の中を歩いて歩いて。 人面岩~宇佐市~ 他 (2016/12/11)

西椎谷・マチュピチュ・・・・・西椎屋の風景は、宇佐のマチュピチュ。 椎屋神社の大銀杏。 戻って来た大龍寺の梵鐘。~宇佐市~ 他 (2016/12/10)

青の洞門・・・・・・青の洞門は、30年かかって手掘り。 石橋の羅漢寺橋と耶馬渓橋は、山国川に。~中津市~ 他 (2016/12/9) 

羅漢寺・・・・・
羅漢寺は山の中腹の洞窟に、埋め込まれるように。 3700体以上の石仏。 古羅漢。~中津市~ 他 (2016/12/8)

中津城・・・・・・中津城は黒田如水が築く。 日本三大水城。 山国川の河口近くに。~中津市~ 他 (2016/12/7)






湯平温泉・・・・山峡にある、石畳の湯平温泉。  遊びは湯布院でも、温泉は湯平。~由布市~  他  (2015/3/8)

上村君・・・・・上村くん殺害事件。  どれほど怖く、痛かったか。  何に問題があって、防げなかったのか。~佐賀関にて~ 他 (2015/3/8)

高瀬石仏・・・・高瀬石仏は、石窟の中にある磨崖仏。  珍しい深沙大将があった。~大分市~ 他 (2015/3/6)

今市宿・・・・・肥後街道 今市宿は、石畳の道。  その道をかつて、龍馬と勝海舟が熊本に向かった。~大分市~ 他 (2015/3/5)

犬飼石仏・・・・穏やかな表情のお不動様、犬飼石仏。  智福寺跡。 六字名号。  ~豊後大野市~ 他 (2015/3/4)

満願寺・・・・・鎮西奉行の北条時貞が建てた、満願寺。  満願寺温泉共同浴場の湯は、清潔。(仕組みは?)~南小国町~ 他 (2015/3/3)

中津江村へ・・・熊本県から兵戸峠(ひょうどとうげ)を抜けて、中津江村へ。 そして、道の駅小国。~日田市、他~ メドツが出るぞ (2015/3/2)

臼杵石仏・・・・国宝 臼杵石仏は、 岩から飛び出した、優れた磨崖仏群。~臼杵市~  他  (2014/3/30)

原尻の滝・・・・満開の桜と、原尻の滝。  平地を流れる川が、突然下に・・・。~豊後大野市~  他  (2014/3/29)

九重山・・・・・快晴の空のもと、九重山に登る。  遠くに由布岳、阿蘇山。~九重町~  長湯温泉 他  (2014/3/28)

湯布院・・・・・湯布院、湯の坪街道をてくてくと。 ショップ。 由布岳。  金鱗湖。~由布市~  他  (2014/3/27)






豆田町・・・・・・・・天領として栄えた日田、豆田(まめだ)町を歩く ~日田市~  いつも通るこの道(森山良子)  他  (2012/4/8)

裏耶馬溪・・・・・・鶴ヶ原の景と磨崖仏  立羽田の景 ~裏耶馬渓 玖珠町~  川嶋あい「明日への扉」  他  (2012//4/7)

由布院温泉・・・・人でいっぱいの湯布院温泉、湯の坪街道をてくてく歩く ~由布市~  旅人うた(中島みゆき)  他  (2012/4/6)

坊ガツル・・・・・・坊ガツル、大船山(たいせんざん)、そして 法華院温泉へ ~竹田市~  坊がつる讃歌(芹洋子)  他  (2012/4/5)

七里田温泉・・・・体が泡につつまれる、七里田温泉「下ん湯」 ~竹田市~  花と、メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲  他  (2012/4/3) 

長湯温泉・・・・・・源泉かけ流し・炭酸泉で人気の、長湯温泉 ~竹田市~  鈴木一平「水鏡」  他  (2012/4/2)

御嶽流神楽・・・・御嶽流神楽大会  原尻の滝  岡城址  内山観音 ~豊後大野市 他~  荒城の月とハンガリー舞曲  (2012/4/1)
  
 
原尻の滝・・・・・・原尻の滝 ~平地にある滝、東洋のナイヤガラ~  5連アーチの石橋   (2011/5/18)

祖母山・・・・・・・・祖母山はきびしい山だった ~満開のアケボノツツジ~   他  (2011/5/17)


九州最高峰、九重山   4歳の女の子も登頂   明日、阿蘇山へ   他  (2011/5/15)


龍門の滝他・・・・龍門の滝  宝八幡宮  瑞巌寺磨崖仏 ~玖珠町~   他  (2011/3/10)

高崎山サル・・・・高崎山自然動物公園 ~大分市~  美しい昔(サイゴンから来た妻と娘のテーマ曲)について  (2011/3/9)

三崎港他・・・・・・三崎港から佐賀関港へ  龍馬と勝海舟が泊った寺 ~大分市佐賀関~  ハノイ日本人学校  (2011/3/8)


以上、大分県。

スポンサードリンク

 
 

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。