FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

山の上に巨大な岩があった。 重岩(かさねいわ)。
どうしてあるか不思議。 
弁慶がやったのではない。 ずっと昔からあるので。

山の上は、四国の石鎚山に似ているからか、小瀬石鎚神社があった。
そのご神体が、重岩。
    ※    ※    ※    ※

今日の一番の目的地は、重岩。



途中、江(ごう)洞窟に寄った。



県道に、案内板があった。 港に出てきたら、見えた、 車は、県道の近くに。 

12年12月12日 (1)

江洞窟とあるけど、洞窟そのものではなく、お寺。 札所。  山や滝と、同じですね。

12年12月12日 (2)

港の方向。 見える部分、全部小豆島。  テトラポットの代わりに、石。 

12年12月12日 (3)

仏間は、入って、少し下りていく。

12年12月12日 (4)

このようにです。

12年12月12日 (6)

江洞窟。 
隣にある港が、入りになっているので、洞窟ですね。

本尊は、何でしょう。 洞窟そのものでしょうか。

12年12月12日 (7)

この寺は、この後行く重石と共に、小豆島のパワースポットになっている。
左側。

12年12月12日 (8)

右側。 名前忘れましたが、回すのがあります。 回すと、読んだことになるんですね。

12年12月12日 (9)

私は、前と左右を見た。 でも見忘れたところがある。 上。
こんなのがあった。 (ネットにある写真)

上に行く道があった。 途中まで行ったが、道は壊れていた。

12年12月12日 (5)

上から見た、柳漁港。

12年12月12日 (10)

こんな道を、先に進む。

12年12月12日 (11)

フェリー。 四国の、高松行きです。  私は、高松に行くか岡山の方に行くか、迷っている。

12年12月12日 (12)

この近くに車を停めて、山に向かう。

12年12月12日 (13)

重岩までの道が見える。

kasaneiwa32.jpg

重岩は、左の山の上の、向こう。 見えていない。

12年12月12日 (14)

今日は、元気に歩く。 いちに、いちに、いちに、って。
どうしてそう歩くかっていうと、今日しか出来ないからです。 
今日は、2012年・・・・・。

12年12月12日 (15)

丁場跡とある。  石切り場のことで、大坂城の石が、ここからも切り出された。
海まで、けっこう距離がある。

12年12月12日 (16)

手前の島は、小豊島。 向こうが、豊島(てしま)。  観光地ではないけど、行ってみようかなと。

12年12月12日 (17)

駐車場に着いた。  ここから、階段。
重岩は、見える頂上の、少し向こう。 さらに高い。 この時は、どこかな~って、探している。

12年12月12日 (18)

登ってきた。 見晴らしが良くなる。

12年12月12日 (19)

これが、小瀬石鎚神社。  この神社のずっと後ろに、ご神体として祀っている、重岩はある。

12年12月12日 (20)

急な登りだが、つかまれば、大丈夫。

12年12月12日 (21)

神社の屋根。 岩の隙間に、めりこんでいる。

12年12月12日 (22)

こういう時、左上に行くのは危険。

12年12月12日 (23)

豊島の向こうに、岡山市。 直線で、25㌔ほど。  
   ※ 写真の色合いが、おかしいんですよ。 直せない。  他もおかしい。

12年12月12日 (24)

見えた。
   ※ 向うにも、道が見える。 どうやって行くんだろう。 岩の右側を少し上がって、行くのか。
     ネット上に、向うから撮った写真がある

どうしてこのようにあるのか、不思議。

12年12月12日 (25)

重岩の右側。 行く道があるよう。

12年12月12日 (26)

豊島の左側。

12年12月12日 (27)

この山には、やわらかい風化しやすい岩もある。
固い岩が、山の上に、残ってしまったのか。

12年12月12日 (31)

「霊峰石鎚山 三之鎖として 懸垂せしもの也」
  ※ 石鎚山は、四国の石鎚山。  三之鎖は、三の鎖場にある鎖。 懸垂はたれ下がるの意味。
    写真の鎖は、石鎚山の三の鎖場にあった鎖、という意味になりますね。
    三の鎖場は、こういう所。 
    私も石鎚山に登ったが、三の鎖場には、行かなかった。 急な鎖場とは、知らなかった。

12年12月12日 (29)

 ※ 西日本の最高峰、石鎚山に登る ~頂上は大きな岩の先っぽだった~  他  (2011/5/25)

昨日行った沖之島が見えた。 ○の所に、渡し船。

12年12月12日 (30)

霊峰石鎚山にあこがれた人たちが、重岩をご神体にして、小瀬石鎚神社を作った。
そううことですね。

下は、急な崖。

12年12月12日 (28)

この道を戻る。 安全な道。

12年12月12日 (33)

岩の表面を触ると、ポロポロと、小さな石が取れる。
右は、それを集めた。

12年12月12日 (34)   12年12月12日 (35)

重岩の「重」の字は、漢字で書くと、重そう。
でも、ひらがなで書くと、「かさね」となって、軽やか。
芭蕉と一緒に旅をした、曽良の句を思い出していた。

  「 かさねとは八重撫子の名成べし」

かさね は、女の子の名前だったでしょうか。 
その子は、奥の細道の旅で、ある所で、芭蕉たちを途中まで送ってくれた。
八重のナデシコは、こんな花ですね

夕陽に向かって歩いて、今日もお終い。

12年12月12日 (36)

最近、山に登ったりして歩き回っているので、足が疲れなくなってきた。
雪の無い山があったら、登ってみたいかな。

【その他 ①】 銚子滝です。  最初に向かった。

途中で、猿の大きな群れに出会った。

12年12月12日 (37)

銚子滝は、この建物を通らないと見られない。
こんな仕組みにして、困ったもんです。

12年12月12日 (39)

駐車場で、車から下りたら直ぐに、別の店から女の人が出てきた。
お猿の国の券の押し売り。

滝の上が見えた。 水が少ない。

12年12月12日 (38)

滝の下への道は、この時は分からなかった。
300㍍ほど下流に、行く道があると、晩に調べて分かった。

あの少しの水では、いい滝には、きっと見えない。
行かなくてもいいかなと・・・。 猿も、いっぱいいるし。

※ 小豆島では、先日見た、鳴滝がよかったです。 この写真で、全体の半分です
  行くのは大変なところにある。

【その他 ②】

 ※ カメラの調子がよくない。 半分壊れたかな。   
    写真はそのまま使えない。
    パソコンを使って、やっと見られるようにしている状態。
    困りました。
    修理に出すか。 
    1年半で、たくさん撮りました。
    今、どんなカメラが出ているのか、調べ始めています。
    欲しいと思うものは、安くない。
    こまったな~、です。

【今日の歌】   小柳ルミ子の、冬の駅。  軽快です。
         彼女には、本能寺の変で最後まで戦った、森坊丸の子孫という話がある。 ※ 坊丸の兄は、蘭丸。  生存説がある。
         子孫たちの集まる会もある。
         彼女の気性の激しさは、坊丸の血を、受け継いでいるのかも知れない。



【道の駅】    小豆島ふるさと村

【明日の予定】   土庄町の市街地に、迷路のような町並みがある。 
          歩いてみようかなと。
          小豆島の最後は、豊島(てしま)かなと。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
【ランキング】  国内旅行 1位、1121334.jpg 旅行全体 3位です。8789909.jpg
                 
                   気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
     

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。