FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

道の駅 残石記念公園は、橘川の河口にある。
その川の、最上流部に滝があると云うので、行ってみた。
滝の名前は、御来迎ノ滝。 

山之観音というお寺から、20分ほど山を登ったら、あった。
小さいけど、銚子滝と共に、小豆島の代表的な滝だそう。
    ※    ※    ※    ※

最初は、道の駅の人に教えてもらった滝を探しに行った。
ところが、道は途中で閉鎖されていた。
 ※ 晩に調べて、別の道があることが分かった。  明日行く。

近くに、もう1つあるので、そっちに向かった。

橘(たちばな)川。  道の駅の横で、海に出る。
滝は、左のずっと奥。 源流点近くにある。

12年12月3日 (1)

山之観音というお寺があって、その奥にある。



海の近くから、歩くことに。 お寺まで、3㌔。

takitizu434.jpg

上の方にダムがある。 考えてみたら、そこまでの道は、必ずいい。
ダムまで車で行ってもよかった、と少し後悔。

道はずっと、急な上り。
25分ほど歩いたら、下が見えた。 道の駅がある、小海(おみ)地区。 川は、向こうに。

12年12月3日 (2)

さらに10分ほど歩いたら、ダムに着いた。 山田ダム。

12年12月3日 (3)   12年12月3日 (4)

碑があり、集落が沈んだことが書いてあった。 ダムの水のおかげで、水に困らなくなった。
幅が数㍍のダム。 これで大丈夫かと思うほど、薄い。

12年12月3日 (5)   12年12月3日 (42)

小さなダム湖。  山田ダムだから、山田湖でいいのか。

12年12月3日 (6)

私の鐘の音で、鳥が飛んだ。 
  ※ イノシシと猿よけに、熊除けの鐘をぶら下げている。
    今日は、鈴でなく、鐘。 賑やかに音がする。
    他の人が鳴らしていたら、きっとうるさいと感じる。 いびきのように。

12年12月3日 (7)

美しい湖。 鳥の楽園。

12年12月3日 (41)

この時、もう2時。 今日は、早く戻りたい。 野球の大谷が、気になる。

12年12月3日 (8)

葉っぱの模様。 猿が踊っているように、見えた。
右の写真は、左に何かを保管する施設があった。 危険物。 火薬とか。

12年12月3日 (9)   12年12月3日 (10)

ダムを過ぎても、道はいい。 快適な道。 1時間ほど歩いた。

12年12月3日 (11)

川の水は少ない。 滝の水は、これより少ないと、予想がつく。
小さな島の滝は、川が短い。 雨が降った時だけ、大きな滝に。

川底は、大きな石の階段が、続いている。  左の石に、ノミの跡。

12年12月3日 (12)

赤い橋が見えた。 間もなくの感じ。  右の写真は、遠くに山門。

12年12月3日 (13)   12年12月3日 (14)

山之観音は、崖の下にあった。

12年12月3日 (15)

右にも山。 滝への道は、右の方に登った。

12年12月3日 (16)

仁王門。

12年12月3日 (17)   12年12月3日 (18)

仁王像には、手彫りの跡があった。 特徴として、手がとにかく大きい。 強く見せるためか。

12年12月3日 (40)

仁王門を過ぎたところで、数匹の猿に出会った。
熊除けのスプレーを、リュックから出して、手に持った。
木の棒も用意した。 猿は、どこかに消えた。

少し上に、本堂。 駐車場に車が無かったので、人は、どこにもいないよう。
ここの観音様は、病気を治してくれることで、知られている。
ということは、山之観音のお坊さんは、病気にならない。 いいですね。

12年12月3日 (38)

滝への道。  御来迎之滝への参道と、表示があった。

12年12月3日 (39)

さあここから、450㍍。 急斜面の登りだから、厳しい。

12年12月3日 (19)   12年12月3日 (20)

途中から、道は落ち葉で隠れた。
右の写真、「がんばるわ なんて言うなよ 草の花」の俳句を思い出す。

12年12月3日 (21)   12年12月3日 (22)

※ ブログを始めた頃の、2008年の記事です。

gannbaruha32331.jpg   gannbaryha89889.jpg

あと少しです。

12年12月3日 (23)   12年12月3日 (24)

最初に、このように見えた。  山之観音から、20分。

12年12月3日 (25)

左に、もう1つ滝があった。 白糸の滝の感じ。 こっちが女滝。 さっきのが、雄滝か。

12年12月3日 (26)

雌滝の、下の方。  ※ 水が多いと、このように。(他のHP)

12年12月3日 (27)

滝の下の風景。 岩の隙間を、水が流れる。

12年12月3日 (28)

雌滝の左に、小さなお堂。  
  ※ 大谷のことをお願いした。 (願いは叶いそうと、晩に分かった)

雌滝は、せまいけど、裏に入れる。 裏見の滝。   ※ 北海道遠軽町の、山彦の滝

12年12月3日 (34)   12年12月3日 (29)

雄滝の全体。  水が少ない。   ※ 多いときはこう。(他の人のHP)
高さは、10㍍ほど。

12年12月3日 (33)

上と下。 水は確かに流れている。  水が多いときは、直瀑(ちょくばく)の滝。
最初の写真の、橘川の源流。 
滝の上は、どこで川がなくなるか分からない。

12年12月3日 (31)   12年12月3日 (32)

滝つぼに、生き物はいない。

山の上に来ている。 空が近く感じた。 手が届きそう。

12年12月3日 (30)   12年12月3日 (35)

15分ほどいて、戻る。  葉っぱの下が見えないので、転ばないように。

12年12月3日 (36)

本堂に灯りが点いていた。 駐車場に、車が1台あった。

12年12月3日 (37)

急ぎ足で下る。  この木は、葉を赤くするのが上手。 名前は、忘れた。

12年12月3日 (43)   12年12月3日 (44)

着いた。  3時間ちょっと歩いて、戻ってきた。
  ※ 正面あたりに、牛窓の町がある。 風待ち潮待ちの港だった。
       牛窓の「しおまち唐琴通り」を歩く ~瀬戸内市~  他  (2011/12/9)

12年12月3日 (45)

滝を見ることによって、他にも、いろいろ見ることが出来る。
天気のいい日の散歩は、それだけで、十分でしょうか。

晩に、いいニュースが飛び込んできました。
もう大丈夫、となりました。(野球のことです)
滝でお願いして、よかった。


【今日の歌】   今日から数日間は、メロディという人の曲です。

ゴリラ・ダンス。 子供の頃の。  画質は良くないけど、いいですよ。



大人になって。(2年前)



【道の駅】  大坂城残石記念公園

【明日の予定】  この近く。 行けなかった滝。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
【ランキング】  国内旅行 2位、12年12月3日 (46)  旅行全体 4位です。12年12月3日 (47)
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。