FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

1909年(明治42年)2月28日のこと。 
和寒を出発した旅客列車が、塩狩峠の登りにさしかかった。
夜のとばりが下り、小雪が舞っていた。

さらに列車は、急こう配に入り、登り切る少し手前まで来た。
その時、旅客列車の、最後尾の列車の連結器が外れた。
最後尾の客車は、後ろに暴走し始めた。
車内は、大混乱。

その車両には、長野政雄(ながの まさお)という男が乗り合わせていた。
鉄道院(国鉄の前身)の職員だった。 旭川の、六条教会に行くために乗っていた。

暴走する客車のデッキに出て、ブレーキのハンドルを回した。 ※ 一番後ろが、前になって暴走している。
完全に停めることは、出来ない。 この先に、急な坂がある。

長野は、最後の手段を取る。
その時、乗客の方を、一瞬見て、小さくうなづいた。 別れの挨拶だった。

直後、客車の車輪の前に、飛び込んだ。
小さな衝撃を乗客が感じた後、列車のスピードは落ち、停まった。

身をていして、事故を食い止めた。
下敷きとなった長野は殉職した。 そして、乗客の命が救われた。 (Wikipedia等を参考)

  ※ 事実関係は、ほぼ大丈夫のようです。
      ( 転倒して落ちたとの指摘はあるが、はっきりしない。)
    彼が停めたと云うことは、事実と思われる。
      ※    ※    ※    ※

塩狩峠の、北の水は天塩川に、南の水は石狩川に、流れる。 分水嶺。



峠を境に、北は和寒(わっさむ)町。 南は比布(ぴっぷ)町。

事故があった場所は、碑のある所から、300㍍程、北にある。  印とかはない。

12年9月12日 (1)

国道から入ると、このように。 向こうに線路。
右上に、塩狩峠記念館が見える。

12年9月12日 (14)

塩狩峠記念館。  三浦綾子の旧宅で、旭川の豊岡にあったのを移築した。

12年9月12日 (5)

彼女の実家は、小さな商店だった。

三浦綾子は、長野政雄をモデルにして、小説を書いた。 それが、塩狩峠。
それがあって、ここに記念館として、昔のお店を持ってきた。

12年9月12日 (4)

中を見せてもらった。 200円。
写真は撮れないので、下の写真は、パンフレットの小さな写真を撮影。

12年9月12日 (15)   12年9月12日 (16)

彼女は、氷点で、世に出た。

広い部屋もあって、資料室として、増築した部分もあった。
右は、彼女が執筆した部屋。

12年9月12日 (17)   12年9月12日 (18)

「銃口」と「泥流地帯」は、とにかく面白かった。
どっちも、最初の30ページを読んだら、必ず最後まで行く。 そんな小説。
仕掛けと言われるものが、いっぱいあって、次が知りたくなって、とまらなくなる。

12年9月12日 (19)

三浦綾子記念館は、旭川の神楽にある。  ※ 小説についても、記念館についても、今までに書いている。

向こうに行くと、和寒。 長野政雄の乗った列車は、向こうから峠を登ってきた。

12年9月12日 (6)

拡大するとこう。
列車が見える所から、約200㍍むこうが、事故現場。 坂が急になる。
左端に、殉職の地の碑が見える。 隣に、塩狩峠の標柱。

12年9月12日 (7)

反対側に、塩狩駅。

12年9月12日 (8)

標柱。 天塩国と石狩国との間にあると、ある。

12年9月12日 (11)

長野政雄 殉職の地の碑。

12年9月12日 (9)

彼は、まだ若かった。  遺書は、いつも持っていたと云う。

12年9月12日 (10)

彼が通っていた旭川の六条教会関係のHPと思うが、下の文が。

  食事も粗食で、弁当のおかずなども、大豆の煮たものを壷の中に入れておき、一週間でも一〇日でもその大豆ばかり食べていたことがあるという。
  そうして浮いたお金で、彼は国元の母に生活費を送り、また教会に多額の献金をしていたのである。

12年9月12日 (20)

こんな本。  小説の中では、彼女との結納のために、名寄から札幌に向かったとある。

12年9月12日 (2)

長野政雄、三浦綾子が通った、現在の六条教会。(昨年撮影かな)

12年9月12日 (3)

殉職の碑の前から、事故現場方向を見た。  信号まで、およそ100㍍。  下っている。
信号の所から、急な下りになる。 200㍍程向こうが、事故現場。
    ※ 距離については、塩狩峠記念館で聞いた。

12年9月12日 (12)

信号の向こうは急になりそうと、分かるでしょうか。
※ 当時の線路と今の線路は、一部違う。
  登りやすくするために、変えたという。
  駅から400㍍ほどの地点なので、当時とくらべて、場所に大きなズレはないと思う。

12年9月12日 (13)

※ 機関車は、このように登ってきた。 
  現場は、写真のカーブを曲がってから。 
  傾斜が急なので、機関車は苦しい。 それで、いっぱい煙を出す。 大きく息をするように。
  2月28日だから、このように雪があった。

和寒の方に向かう列車の動画なら、ある。 ※ 事故の列車とは、反対方向に進んでいる。
下の動画で、事故現場は、1分39秒の辺り。



※ 上の動画で、1分48秒の時、小さな橋が見える。 
  その場所には行けたのだが、現場は、カーブがあるため、見えなかった。 線路を歩くのはやめた。

※ この写真に、連結器が見える。 狭いデッキが、あるようにも見える。
  この客車では、ハンドルを回すブレーキは、見えない。

どのように考えたら、どのように生きたら、長野政雄のように出来るかは、分からない。
世の中には、普通の人が、おぼれた子供を助けたりする。 自分の命を犠牲にして。

人間、いざとなったら、結構なことが出来る人がいる。

今日は、見る所を決めていなかったし、少しだけ時間があったので、気になっていた塩狩峠に寄ってみました。

【動画】  三浦綾子の紹介は、下の動画が、いいようです。  ※ 韓国の動画かな。 貼り付けが難しい。

        Miura Ayako, 三浦綾子 

      ※ 動画の中で、「銃口」が紹介される。
        この話の中の、主人公のモデルになった人は、雄武町の生まれ。 最後は、上渚滑中の校長。
        雄武にいた時、教育長さんが、ぜひ銃口を読んでみてくださいと言った。
        読んだのは、それから10年後だった。

【今日の歌】 今日は、教会が出てきたので、讃美歌です。
       この曲は、「フランダースの犬」の最後の場面で流れた曲。
       ルーベンスの絵がある、マリア大聖堂の中で。

       

【停泊場所】  国道沿いの駐車場。

【明日の予定】  はっきりしない。 コースを検討中。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で15位です。            
         
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



旭川市にある、眼科の病院に行ってきた。
心配する症状はないので、心配しなくていいと云う。
原因は分からない。 今後、何に気を付ければいいかも、はっきりしない。

そういうことだった。
大きな心配はなくなったけど、何も解決しなかった。

飛蚊症については、研究が進んでいない印象を持った。

私の生活で目に悪いとすれば、パソコン。
原因があるとすれば、ここなんだろうと思う。

病院の先生は、女の先生だった。
別れ際に、こんなことを言った。
ストレスを持たないように、生活するんだよ、って。

あれ、ストレスは関係あるのか、と思った。
ネットの世界には、色んな事が書いてあって、確かに、老化とストレスによる、というのもあった。

思い出してみれば、旅をどうしようって考え、羅臼でのんびりするって言ったのが、7月に入ってから。
ほんの少し変だなと感じたのは、あのころかな。

はっきり、小さいが、目の前を飛ぶ、と感じたのは、旭川に行ってから。
稚内にいる時は、困ったなと、思い始めた。

6月の末だったか、涙が出たことがあったが、今は、あの時の涙が、目に残ってる感じ。
左目の左の方で、いっつも揺れながら、うるうるしている。

今後、パソコンの対策は、考えようと思う。
目にプラスになる、食生活も。
ストレスは、これからは、大丈夫と思う。  少し雑に生きる。

そんなことで、飛蚊症については、こんなとこです。


病院に行く前、旭川に着いた時、いつものように、蜂屋に向かった。
たまに、別の店にするかと、天金の本店に行ってみた。
4条9丁目にある。

旭川ラーメンの、Wikipedia の記事の、ラーメンの写真は、天金の醤油ラーメン。
ずっと昔に食べて以来、久しぶり。  ※ 店が、5条7丁目にあったとき、一度。

こんなラーメン。 美味しそう。

12年9月12日 (1)

感想。
こんないい香りのラードは、他の店にはない。 独特。
ラードの下のスープは、熱い。 こんな熱さに、出会ったことはない。
麺も、普通の旭川ラーメン。 低加水率。 縮れている。 問題ない。

問題が2つあった。
スープが、サラッとしていない。 ほんの少し、とろみがある感じ。 大きな問題。
スープがしょっぱい。 こくが、分かりずらい。

この2つを解決したら、どんな味になるのか。
食べてみたい。
もしかしたら、客が並ぶかも知れない。

アンケート用紙を置けば書いたのに、と思った。

※ やっぱり蜂屋でないとダメ、と思って、次の日、5条7丁目の蜂屋に行った。
  お昼時を外して。
  客は、外にまで並んでいた。 (店の中は広い。 50席はある)

駐車場に戻る途中、旭川信金の前に、子どもの像があった。
作者の名前とか写真に撮り忘れたが、調べたら分かった。

『希望』という名前。  作者は、笹戸千津子さん。 1989年製作。
この人は、それなりに力のある人で、旭川には、他にも作品があるよう。  例えば、こんなの。(あい像

12年9月12日 (2)

旭川の街をあるくと、このような像が多い。 佐藤忠良のも、けっこうある。
   ※ 写真をネットで探していたら、自分の写真があった。  こんなの

駐車場に戻る時、5条8丁目で、昔この辺に、定食屋があったなと、探した。
歩道に立って、左右を遠くまで見た。 ない。 もう止めたか、と思ったら、目の前にあった。

学生時代の思い出が、1つだけある。
茄子(なす)のしぎ焼き。 こんな感じの。  ピーマンも一緒だったかな。 味噌が美味しかった。
今も、茄子を焼いて食べる時、必ず思い出す。 銀嶺食堂。 昭和の初めから続いている。

12年9月12日 (3)

飛蚊症とは、これからずっと、お友達でいそう。
※ もし改善されることがあったら、どんな取り組みをしたかを書きますね。
  その時が来ればいい。


【停泊場所】    姉の家の前

【明日の予定】   北に向かうのか。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で15位です。            
         
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。