FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

熊は怖いけど、見たい。 
知床峠に、探しに行ってきた。
場所を変えて、2時間ほど、双眼鏡で探した。

今回のオリンピックで、驚いたことの一つ。
それは、競泳女子100㍍平泳ぎに出場した、鈴木聡美選手のインタビューでの話し方、また、その内容。
予選の時のは、特によかった。 銅メダルを取った後のは、短いけどいい。
現在YouTubeには、インタビューの場面はない。
2ヶ月前のジャパンオープンの時のがあるので、参考に載せます。
 (オリンピックでのインタビューがYouTubeにアップされたら、ブログに載せますね)
    ※    ※    ※    ※

知床峠は、羅臼岳の左にある。

12年7月30日 (1)

駐車可能な場所を探したが、なかった。 下る時なら、数ヶ所ある。
峠の頂上まで少しの所に、キツネがいた。

12年7月30日 (2)

このキツネは、戻る時もいたので、ずっと道端にいるのかもしれない。
何かをもらうのを、期待しているよう。
きっと、もらったことがあるから、こうしている。

12年7月30日 (12)

表情は、大人のキツネですね。  ※ 先日見たのは、これ。 少し子供っぽい
野生のキツネに、太っているのはいない。

12年7月30日 (13)   12年7月30日 (14)

知床峠の駐車場。 世界遺産になって、多くの人がやって来る。

12年7月30日 (3)

双眼鏡で、動物を探した。 木やササの少ない所にいたら、発見できる。

12年7月30日 (15)

羅臼へは、少し行ったら、一気に下る。 何度も道は曲がって。
ここから向こうに、200㍍ほど行って、左の谷でも探した。 見つからない。

12年7月30日 (4)

羅臼の港と家並みが見えた。 左上は、中学校でしょうか。

35年以上前、この知床を横断する道の工事が始まった。
一度、ウトロ側から来たことがある。 この風景が見える所で、道はストップ。 まだ、砂利道。
その時、暗かったので、遠くに羅臼の灯りが見えた。

12年7月30日 (16)

この場所の少し向こうで、右の谷を探した。

12年7月30日 (5)

知床の山々。 この風景の中では、動物は見つけられない。

12年7月30日 (6)

木々の隙間に、道も見える。

12年7月30日 (17)

雪渓や、岩場などを探した。 
動物は動くので、何ヶ所かをローテーションするように、何度も見た。
動く物を探す。

12年7月30日 (18)   12年7月30日 (19)

いたとしても、肉眼では見えない。

12年7月30日 (20)

この風景の中で、ずっと探している。
○の中に、鹿を発見。

12年7月30日 (7)

望遠で撮るとこう。 ○の中にいる。

12年7月30日 (21)m

移動しながら、草を食べている。
熊が出て来れば面白いと思ったけど、そうはならない。

12年7月30日 (22)   12年7月30日 (23)

少しして、右の山から別の1頭が下りてきた。

12年7月30日 (24)

12年7月30日 (25)

場所を移動した。

雪渓が白く見えるが、山の雪は、いつ全部消えるのでしょう。
雪の無い季節が3ヶ月しかない所には、どんな植物が育つのでしょう。
花を咲かして種を作ることは、出来るのか。

12年7月30日 (8)

手前に下って来る。

12年7月30日 (9)

道は自然にダメージを与えている。 でも、眺めたら美しい。

12年7月30日 (26)

見えるところは、中心街から遠くない。

12年7月30日 (27)

雲が湧き出てきた。

12年7月30日 (28)

道路をパトロールしている車のそばに、キツネが2匹。
このキツネは、上の写真のとは違う。 
私が登って来る時も、いた。

12年7月30日 (29)

車の前を通ったようだ。 運転手さんと、友達だったりして。

12年7月30日 (30)

運転して楽しい道。

12年7月30日 (31)

知床の熊は、平均したら、3~4平方㌔の広さに1頭いる。
この場所から海までは、直線で、7㌔程。
写真の奥の幅は、同じくらいはあるでしょうか。

もしそうだとしたら、写真に見える広さは、三角形なので、こうなりますね。
海側が三角形の底辺と考えて、 7×7÷2で計算して、24.5平方㌔になります。
と云うことは、この中には熊は、7頭くらいいることになります。

肉眼で見える範囲はもっと広いので、目の前に広がる風景の中には、10頭以上はいることになります。
山に入るのはおっかない。

12年7月30日 (10)

大自然。  ※ そう言えば、こんな名前の焼酎があった。

12年7月30日 (11)

鈴木選手も、寺川選手も、嬉しそうでしたね。
後悔するオリンピックにならないと云うのは、幸せ。
 ※ 男子体操の選手のコメントに、気になるのがあった。
   自分が失敗して周りに迷惑をかけたことは、頭にないのかな、って思ってしまう内容。

鈴木聡美選手です。  後ろの人の笑顔もいい。



こんな風に話せたらいい。 うらやましい。
きっと、中身の濃い人生を送っている。
将来、素晴らしいスポーツ解説者に、必ずなりますよ。



※ 芸能人がインタビューしているのも気になる。
  つまらないことしか聞けていない。

熊は、あきらめないで、探し続けます。

【その他】
名古屋の近くにある一宮市から来た人が、私を訪ねてきた。
その人も、一人旅。
私のブログを読んでいる人。
私の車で、お酒を飲んだ。
美味しい純米酒を、御馳走になった。

【道の駅】   知床・らうす

【明日の予定】   31日、1日と、相泊にいようかなと。 
          動物探し。 少し釣りもして。
          女子サッカーがあるので、少し迷う。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で11位です。            
         
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト
清武は、永井を信じてパスを出した。
永井は、ここぞとばかり走った。
相手キーパーも出てきた。
永井は、キーパーの目の前で、一瞬早くボールに触れた。
浮き上がったボールは、ゴールに向かった。
最後は、バウンドして、そのままGOOOOOOL!!

モロッコに勝った日本は、決勝トーナメントに。
これで、ベスト8。

卓球の石川佳純の試合もライブで見た。
2ゲームを失った後、逆転した。 
3ゲームから、自分を取り戻していた。 間に合った。

前日のブログを書き終わったのが、午後の3時。
4時頃、熊の湯に向かった。
    ※    ※    ※    ※

オリンピックを見るから、生活が乱れてきた。
いつ寝ていつ起きてるかが、分からなくなってきた。

男子サッカーの空白期間に、相泊に行こうと思う。

歩いて熊の湯に行くことに。
3.5㌔あるので、帰って来る時は、暗くなりそう。
真っ直ぐに行かないで、街の中を通ることに。
右に行く。

12年7月29日 (1)

羅臼岳は、雲の中。  羅臼川の橋から。

12年7月29日 (2)

商店街。 少し行って、左に曲がる。

12年7月29日 (3)

曲がると、このように。 右側1本隣の道に、飲み屋さんなどがある。
花は、キンレンカ。 やわらかな色がいい。

12年7月29日 (4)   12年7月29日 (5)

途中で、右に曲がった。 公民館と体育館があった。

「拓洋」とあった像。 羅臼は、海を開拓したと云うことか。
右の歌碑は、「野天風呂 ふんぞり返れば 銀河降る」。 村田芦笛。 どんな人かは、分からない。
熊の湯のことを歌っている。

12年7月29日 (6)   12年7月29日 (7)

左が体育館。

12年7月29日 (8)

羅臼神社。 湧水がある。

12年7月29日 (9)

国道に出てきた。

12年7月29日 (10)

ライダーの宿。 1泊1000円。  少し先に、湯元橋。

12年7月29日 (11)

橋から見た、羅臼川。 のんびり流れている場所はない。  一気に海へ。

12年7月29日 (12)

2㌔ほど歩いたでしょうか。 正面にホテルが見えてきた。

12年7月29日 (13)

斜面に、親子の鹿がいた。

12年7月29日 (15)

大きい方のカメラの、カードを忘れた。 こういうことは、久しぶり。 
望遠で撮れない。
今日もし、遠くに熊がいらた、後悔した。

鹿にとっては、このように、見渡しのいい所が安全なのかな。
熊は、斜面を下るのが苦手と云われている。
  ※ 走って下ったら、転がってしまうのか。 その姿が、想像できる。 
左右と下だけ気を付ければいい。

12年7月29日 (14)

2つのホテル。 若い頃、2度ほどどれかに泊った。
※ 羅臼岳に登ったことがある。 3人で。 (その時にも、泊った)
  でも、頂上にあと少しの所で、道を間違った。
  ハイマツの林になった。 雪渓を尻滑りして、戻った。

12年7月29日 (16)   12年7月29日 (17)

ホテルの前に駐車場。 ネットやテレビが不安なので、ここには来ない。

12年7月29日 (18)

ここの駐車場から熊の湯まで、遊歩道がある。
でも、朝や夕方歩くのは、危険。

12年7月29日 (19)

少し行って、湯の沢橋。 正面に、ビジターセンター。 知床を紹介している。

12年7月29日 (20)

最後に右に曲がったら、熊の湯の駐車場がある。
写真の中央に、ボーリングの櫓(やぐら)が少し見える。

12年7月29日 (21)

熊の湯は、ここからお湯を引いている。
熊の湯は、100㍍程上流にある。 近い。

12年7月29日 (22)

着きました。 この時、5時20分。

12年7月29日 (23)

右に国道。 向こうから来た。 丘の上にキャンプ場があるので、行ってみた。

12年7月29日 (24)

車中泊の人もいる。

12年7月29日 (25)   12年7月29日 (26)

テントはここに張っている。 鹿がいる。
このキャンプ場には、熊が出たことがある。
※ テントの中から熊を蹴っ飛ばした。 中学生の女の子だったかな。

12年7月29日 (27)

熊の湯は、木の隙間から見える。 左が男湯。 

12年7月29日 (28)   12年7月29日 (29)

歌碑と、温泉の説明。 歌の意味が分かりずらい。 

12年7月29日 (30)   12年7月29日 (31)

羅臼川。

12年7月29日 (32)   12年7月29日 (33)

橋を渡るとここに。 遊歩道は、ここに出てくる。

12年7月29日 (34)

女湯は建物の中。(天井はない)。 男湯は、建物の向こう。

12年7月29日 (35)

5時50分、出発。 急ぎ足で戻る。

12年7月29日 (36)

商店街に入らないで、国道を戻った。
橋の上に、熊とシマフクロウの像。
そう言えば、相泊にはシマフクロウがいると聞いた。

夜中、鳴き声が聞こえることがあるそう。
※ コンブ漁が終わってから。 乾燥室のボイラーの音がしたら、来ない。

12年7月29日 (37)   12年7月29日 (38)

右に、羅臼小学校。 暗くなる少し前に着いた。 雨も降って来た。

12年7月29日 (39)

今日は、周りを見ながら歩いた。
山の斜面も、河原も、森の中も、熊がいるかもしれない所を見逃さないように。 
途中で会った人が、最近も出てるよ、って言った。


勝ちましたね。 オリンピックが面白くなってきた。

後半の39分。 
清武がパスを出してからゴールまで、たったの10秒。
あっという間の出来ごとだった。

12年7月29日 (40)

今回の会場は、ニューカッスル。 イギリスの中のイングランドの最北部。 グラスゴーから遠くない。

何度も危険な場面はあった。 よく守った。
清武のシュートは、キーパーがはじいた。 ボールはゴールポストにぶつかった。 でも、入らなかった。
このシュートは、清武にとって、大きな自信になる。

12年7月29日 (41)   12年7月29日 (42)


 
この次に、ホンジュラス戦は、1日の深夜(2日の午前1時)。
勝つか引き分ければ、1位通過。
そうなると、決勝トーナメントの最初で、ブラジルと当たらない。
大事な1戦。


【道の駅】   知床・らうす

【明日の予定】  山の方に、動物を探しに行こうかなと。
         どこかに車を置いて、歩く。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は6位、 旅行全体で12位です。            
       
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。