FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

大山は、もう一度登ってもいいかな。 そう思っていた。
周りに高い山が無いから、頂上から四方が見渡せる。
見晴らしの良さは、6合目からずっと続いた。
    ※    ※    ※    ※

登山口は、大山の西側に大山寺があって、その近く。



駐車場の付く、1㌔程手前で撮影。
写真中央の、上辺りが、頂上。

12年4月27日 (1)

駐車場のそばの橋の上から撮影。
駐車場には、たくさんの車がある。 多くの人が登っている。

12年4月27日 (2)

スタートは、10時頃になってしまった。
大山は修験の山だったので、僧坊の跡がある。

12年4月27日 (3)

雪渓が危険なら戻ることにして、行けるところまで登ることに。

12年4月27日 (4)   12年4月27日 (5)

下山してくる人に、情報をもらった。 頂上に行けそうと分かってきた。

12年4月27日 (6)

この方と、しばらく話した。
上の方は危険かもしれないと、戻って来ていた。 別れる時に撮影。

12年4月27日 (7)

4合目辺りから、気の隙間から遠くが見えだした。

12年4月27日 (8)   12年4月27日 (9)

木の根を守る、土止めが見られた。 自然を大切にしているのが分かる。
莫大な費用が、きっと使われている。

標高差は、あと500㍍。

12年4月27日 (10)

五合目。

12年4月27日 (11)  12年4月27日 (12)

見晴らしは、どんどん良くなっていく。

12年4月27日 (13)

雪渓が続いた。 万一滑落しても、深い谷の方には、簡単には落ちない。 急な斜面は、左にあるが。

12年4月27日 (14)

気温は上がっている。 夏山と変わらない。 上着は来ていない。
左に見える人は、半袖。

12年4月27日 (15)

頂上の左方面。

12年4月27日 (16)

6合目。 ここまで来たら、周りがきれいに見渡せる。

12年4月27日 (17)   12年4月27日 (18)

駐車場のある市街地が見渡せる。 お土産屋さん街があって、冬はスキー場が開く。

12年4月27日 (19)

7合目。

12年4月27日 (20)

スキーを担いだ人が下りて行った。 滑るところが見たかった。
※ 6合目辺りから、滑るという。
  後で考えたんだけど、この時一緒に行けばいかった。 動画が撮れた。
  また登ればいい。

12年4月27日 (21)   12年4月27日 (22)

頂上は、高く見えてる所の、向こう側でしょうか。

12年4月27日 (23)

大山には、昨年も来ている。 山開きの2日前。

12年4月27日 (24)

奥の方に、頂上が見えた。 あと少し。

12年4月27日 (25)

山小屋の右に、頂上。 人がいっぱいいる。

12年4月27日 (26)

頂上です。 あっちでおしゃべり、こっちでおしゃべりしながら来たので、2時間40分ほどかかった。
普通に来たら、2時間くらいの山。

12年4月27日 (27)

1710.6㍍。 中国地方で一番高い山。

12年4月27日 (28)

内陸方面。 右の方に海。  見える人と、食事をしながらお話し。

12年4月27日 (29)

向こうにも山は続くが、常時崩落しているので、入山禁止。 それでも、行く人はいる。

12年4月27日 (30)

上の写真の右側。 北方面でいいかな。

12年4月27日 (31)

向こうから登ってきた。 頂上も温かい。

12年4月27日 (32)

この後食事。 
三瓶山に登った時、おにぎりだけだった。 
登る楽しみが少ない感じがしたので、今日は弁当を持ってきた。
昨晩のうちに作っておいた。 海苔と鰹節をごはんに挟んだ。 卵焼きと、サケの切り身。 それだけ。

小屋の所から、下を撮影。 駐車場や大山寺のある市街地が見える。

12年4月27日 (33)

動画を撮ったりして、しばらく頂上にいた。 1時半頃、下山開始。

12年4月27日 (34)

大山の岩は、風化が激しい。 みんな割れて、小さくなっていく。

12年4月27日 (35)

今日は天気に恵まれた。 雲はない。

12年4月27日 (36)

途中から、右の沢に下りる道を行った。

12年4月27日 (37)

途中道は消えたりしたが、足跡が見えた。 避難小屋が見えた。

12年4月27日 (38)   12年4月27日 (39)

落石の音が、しょっちゅうした。 灰色の部分は、崩落して落ちてきた石や岩。

12年4月27日 (40)

スキーの人達が、滑った跡が見えた。

12年4月27日 (51)   12年4月27日 (52)

川沿いを歩いた。 道は見えない。

12年4月27日 (41)

大神山神社奥宮。

12年4月27日 (42)

壁は白檀塗(びゃくだんぬり)とあった。  右は、石段を下りて撮影。

12年4月27日 (43)   12年4月27日 (44)

石畳が続く。

12年4月27日 (45)

大山寺の下に着いた。

12年4月27日 (46)

左は、阿波野青畝と云う人の句碑。 炎々と大山開く夜なりけり。
    ※ この句は、山開きの前日を詠っていると思います。 
      関連ブログ  大神山神社、たいまつ行列 ~大山夏山開き祭 前夜祭~  自然歩道を歩く 他 (2011/6/4) 

12年4月27日 (47)   12年4月27日 (48)

戻って来ました。

12年4月27日 (49)  12年4月27日 (50)

大山は、途中から、ずっと見晴らしがいい。 それが魅力。
今年も、夏山シーズンが、間もなくです。

【動画】



【今日の曲】
男の人は、以前紹介したことがあります。 






【道の駅】  ポート赤碕



【明日の予定】   倉吉市  
           ※ 追記 倉吉市は昨年行っていた。 人形峠を抜けてみようかなと。 道の確認が出来たので。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は9位、 旅行全体で19位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。