FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

宮崎県立西都原考古博物館。 
今の時代なら、こんな立派な建物を建てるのは無理、そう思う程でした。
少し、勉強しました。  面白いことを、いくつか知りました。 それを紹介。
    ※    ※    ※    ※

考古博物館は、向こうの少し高い所にある。  今日は、自転車で動き回る。

12年3月27日 (1)

子供たちも、元気にやってきた。

12年3月27日 (2)

中は広く、今まで見てきた資料館などとは、違った。 右の人は、博物館の人。 いくつか教えてもらう。

12年3月27日 (12)

西都原古墳群から何が分かるのか。 なぞ解きをしてくれる。 そんな展示。

12年3月27日 (5)

展示してある物は、基本的に本物。 

12年3月27日 (3)

縄文顔と弥生顔の歯は、違うという。 
弥生顔の歯は、上の歯が前に出るとある。 誰もがこうかなと思っていた。

12年3月27日 (4)

※ 日本人の多くは、大陸から渡ってきた人たちのよう。 古墳時代には、行き来があった。
  朝鮮の百済が、660年に滅びる。
  その時、百済から落ち武者のように、多くの人たちがやってくる。 追われた平氏のように。
  このことは、博物館の人に質問して分かった。

ずっと同じ場所で暮らす人もいたが、動く人もいたよう。

12年3月27日 (6)

※ 上の文で、「楽園は心の中だ」と書いてある。
  博物館で知りたいことは、上のような、個人の思っていることではない。

瀬戸内海は、海の国道のように使われていた。 陸地は道が不十分だし、危険か。

12年3月27日 (7)

※ ここ日向(ひゅうが)の地と、近畿方面は、交流は盛んだった。
  大陸に渡る時、福岡方面から行くルートと、九州の南周りルートがあった。
  政治情勢で、北のルートが危険な時、南のルートが使われた。
  日向が栄えたのは、その時期と、博物館の人に教わった。

弥生時代に入って、貧富の差が出てきた。 支配する、支配されるがあって、争いが増えた。

12年3月27日 (8)

古墳の中から発見される物は、ボロボロの状態。

12年3月27日 (9)

金や銀以外は、こうなってしまうのか。

12年3月27日 (10)

本物。 赤い色は、ベンガラ。
    
12年3月27日 (11)
 
※ ベンガラは、酸化鉄顔料。 
  かつてインドのベンガル地方産のものを輸入したために「べんがら」と名づけられた。(Wikipedia)
※ 岡山県の吹屋で、ベンガラを見た。 
  先日、最古の木造小学校が閉校のニュースがあった。 あの小学校は、吹屋にある。

馬の鞍(くら)。 全体の3割が見つかって、それを元に復元したもの。
見つかった部分は、国宝。
金の成分なども同じにして復元。

12年3月27日 (13)

屋上から。 

12年3月27日 (14)

大きな桜の木。

12年3月27日 (15)

この桜は、赤い花。  知らない道を走っている。

12年3月27日 (16)

このはな館。

12年3月27日 (17)

休日ではないが、多くの人。

12年3月27日 (18)

菜の花は、コノハナサクヤヒメの、コノハナに似ているので、植えているのか。

12年3月27日 (19)

記・紀の道という散歩道を通って、街に向かった。
石貫(いしぬき)神社に、石があった。

12年3月27日 (21)

石貫の意味が分かる。 少しずるい。

12年3月27日 (20)

コノハナサクヤヒメは、産湯にこの池の水を使った。

12年3月27日 (22)

この池の水は、いつもきれいだったとある。

12年3月27日 (23)

街で用事を済ませて、木喰五智館(もくじきごちかん)に。

12年3月27日 (24)

木喰上人が、江戸時代に彫った。  普通の仏像と顔が違う。

12年3月27日 (25)

微笑んでいるのかな。 千体を目指して彫ったという。 
日本中を歩いて仏像を彫った。 そういう面、円空に似ている。
表情は、微笑んでいるで、いいのかな。

12年3月27日 (26)

5つある像を、五智如来座像と呼んでいる。

12年3月27日 (27)   12年3月27日 (28)

※ 個人的には、円空の像の表情の方が好き。

国分寺跡とあった。 奈良時代に国に一つ建てられた。 総本山は、奈良の東大寺。

12年3月27日 (29)

こんな道を戻った。

12年3月27日 (30)

2日間、古墳群の公園で楽しみました。
古墳群全体を、公園の環境にして、親しみやすい場所にしたんですね。
いい方法と、感じました。

西都市の山に入ろうとしたのですが、道が細いことが分かり、やめにしました。
北に向かいます。


【今日の歌】
異邦人です。
歌っているのは、坂井 泉水(さかい いずみ)。 ZARDのボーカリスト。
 ※ この人については、今まで、色々書いています。 いつかまた紹介。
ギターは、B'z(ビーズ)の松本孝弘。 世界が認める力の持ち主です。 作曲もする。
松本孝弘の考えで、坂井泉水が歌うことになったようです。



こっちは、本家の久保田早紀。 作詞・作曲とも、彼女。



異邦人の原曲と言われるのが、マリア・リスボア(Maria Lisboa)です。 ポルトガルの曲。
曲調やメロディ進行が似ているが、よく聴かないと分からない。
 ※ 久保田早紀が隠している訳ではないため、盗作と言われることはない。
 ※ 異邦人の収録を、彼女はポルトガルで行っている。



※ 久保田早紀は上手ですね。 今の名前は、久米小百合。
  少し前に、彼女が歌う「百万本のバラ」を紹介しました。 圧巻でしたね。

【停泊場所】   古墳群の駐車場。 昨晩と同じ。

【明日の予定】  山に入ります。 尾鈴山の麓。 大きな滝がある。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で8位です。            
         クリックするバナーは、左の下にあります。 よろしく。

            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



西都原古墳群は、広い公園になっていた。  ※ さいとばる こふんぐん
菜の花が咲いて、多くの人たちが遊びに来ていた。
ソメイヨシノが開き始め、桜祭りの準備も始まっていた。

古墳があるので、神話の地でもあった。
都萬(つま)神社には、コノヒメサクヤヒメが祀られていた。
おみくじを買ったら、大吉。 初めてかもしれない。
だいじに、神棚にかざった。
    ※    ※    ※    ※

西都市は、宮崎県の真ん中辺りにある。


今日は月曜日。 全ての施設は休み。 詳しい資料はない。
この時は、自分がどこにいるのかも、分からない。

広く菜の花が咲いている。 家族連れが多い。 学校は休みに入って、子供も。

12年3月26日 (3)

サクラの木も多い。 右奥に見えるテントは、桜祭りのお店の準備。

12年3月26日 (1)

すぐそばに古墳があった。 コノハナサクヤヒメの墓と言われている。
この墓が、西都原古墳群の中心。

12年3月26日 (2)

※ コノハナサクヤヒメは、系図ではこの位置。 神武天皇のひいおばあちゃん。 曾祖母(そうそぼ)。

20120325081752a0dm.jpg

第三古墳群。 古墳は、4~7世紀に作られた。

12年3月26日 (4)

こんな感じである。 
 ※ 西都原古墳群全体では、311の古墳がある。 日本最大級の古墳群。

12年3月26日 (5)

古墳は元々、石で覆われていた。 保存のため、土をかぶせ、芝を植えた。

12年3月26日 (6)

やっと地図があった。 上の方の、第二古墳群のパーキング。 ※ ここに停泊することになる。

12年3月26日 (7)

木陰で、お弁当を食べてる人がいる。  
多くの古墳は、まだ発掘されていない。  謎を秘めて、眠ったまま。 

12年3月26日 (8)

右に菜の花畑を囲むように、道がある。 いい環境。

12年3月26日 (9)

鬼の巌(いわや)古墳。 
説明には、ここの古墳群の中では、最後に出来たとあった。
この古墳にだけ、横穴式石室がある。 

3人家族が、すわってお休み。

12年3月26日 (10)

昔の盗掘で、横穴が見えるようになったのか。

12年3月26日 (11)

このように荒れていたのを、復元した。

DSCF9441kkk

天井の石が大きい。

12年3月26日 (12)

向こうの森の中に、コノハナサクヤヒメの墓。
 ※ コノハナサクヤヒメの墓は、宮内庁陵墓参考地。 宮内庁が、それなりに認めている状態。

12年3月26日 (13)

上の写真にも写っていた家族。 
小学校高学年か中学生くらいの女の子が、カメラで動画を撮っていた。
しゃべりながら撮っていた。 その瞬間感じたことを、ずっと。 歩きながらも。 いいなと思った。

12年3月26日 (14)

第一古墳群。 西都原古墳群は、昭和40年代に入って、整備された。

12年3月26日 (15)

この古墳の中が見学できることになっていたが、見学は出来なかった。
手前に、20分の1の模型があった。 このように、本来は石で囲まれていた。

12年3月26日 (16)

咲き始めました。 ソメイヨシノでいいでしょうか。

12年3月26日 (17)

何が人を惹きつけるのでしょう。 桜は、とくにいい。 一足先に咲いて、誇らしげ。

12年3月26日 (28)

フデリンドウが無いか探した。 探して下を見たら、すぐに見つかった。
花の直径は1㌢もない。 可愛い花だ。 
  ※ カメラはリコーのCX5。 失敗が少ないので、花は最近これで撮ってる。

12年3月26日 (26)

周りの草を少しよけた。 夕方になったら花は閉じる。 そうなったら、フデリンドウの発見は無理。
背丈は、3~4㌢。 この花を最初に知ったのは、根室にいた時。
この後いくら探しても、他には見つからなかった。

12年3月26日 (27)

この後、都萬(つま)神社に行った。 境内に、クスノキの大木。 
こんなになっても生きている。 樹齢1200年とあった。 名前は、妻のクス。

12年3月26日 (20)

コノハナサクヤヒメのことが、書いてある。

12年3月26日 (18)   12年3月26日 (19)

石橋があった。  太鼓橋。

12年3月26日 (21)

拝殿が見える。 後ろに本殿。

12年3月26日 (22)

古くからある神社で、平安時代初期の書物に、登場している。

12年3月26日 (23)

ここを通ったら願い事が叶う、とあったのでくぐった。 

12年3月26日 (24)

日本一の大太刀(おおたち)。 1450年に奉納されたものと、説明にあった。

DSCF9480ppp

部屋を片付けるがいい。 何か努力をしないと、願いは叶わないと考えた。

12年3月26日 (25)

御神籤(おみくじ)があった。 100円と200円。 100円のを買った。 吉だった。 
今のは練習・リハーサルだったことにして、200円のを再度買った。 大吉だった。
御神籤が大吉だったことは、記憶にない。
乾杯しないとバチが当たると考え、途中で酒を買った。 少しの惣菜と。

サクラの花を窓の外に見ながら、花見も兼ねて、乾杯。
西都原古墳群は、しばらくここにいたいと思う程、花と緑がいっぱいの環境。
いい所です。


【今日の歌】 
歌と共に、一つの世界を演じている。 顔で笑って、心で泣いて。
多くの人が、この曲を歌っている。 金子由香利のが、いちばんいい。
再会。

   

【停泊場所】   古墳群の駐車場

【明日の予定】  もう一日ここに。 

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で10位です。            
         クリックするバナーは、左の下にあります。 よろしく。

            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。