FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

鹿島市には、2つの重伝建地区があった。 前回来た時は、気づかなかった。
   ※ 浜中町八本木宿と浜庄津町浜金屋町。
まとめて、肥前浜宿と呼んでいた。
ある人に話が聞けて、伝建地区選定までのことが、分かった。

この町も、一人の人間が、まず動いていた。
    ※    ※    ※    ※

上の広い所が、浜中町八本木宿。  はまなかまち はちほんぎ しゅく。
右のせまい方は、浜庄津町浜金屋町。  はましょうづまち はまかなやまち。

※ どちらも、名前が長いと云う問題がある。
  命名の時に、いろんな声を聞いたから、そうなったのか。
  記憶してもらうのは、大変。

12年2月8日 (23)

車を駐車場に止めようとしたら、年配の男の人がいた。
バックする時、車の後ろを見てくれた。

一昨年も来たことを話しているうちに、作業場に案内してくれた。
椅子に座って、1時間ほどお話しを聞いた。
私は、ストーブの右の椅子に。

12年2月8日 (1)

※ 呼び名は、全体は、肥前浜宿(ひぜんはましゅく)。 
  ブログでは、こう呼ぶことにします。
  右の狭い方は、肥前浜宿の「茅葺(かやぶき)の方」。 広い方は、「酒蔵の方」。

男の方は、峰松 昭次郎さん。 銅板の加工の技術を持っている。
仕事は、神社の屋根を葺いたりするんだが、下のようなのも作る。

右は、神社で使う見本。 祐徳神社の、ある建物の屋根葺きを担当している。

12年2月8日 (2)   12年2月8日 (3)

※ 晩に調べて分かったことだが、峰松さんは、
    佐賀マイスター認定(建築板金)
    卓越した技能者(現代の名工)認定
  を、受けていた。 他に、~~1級とかも。
  現代の名工は、全国で年に150名程しか認定されない。

急須とかは特に、むずかしいと思う。
右の写真の「わ」は、わざと「わ」にしたのだろうか。
  ※ 理屈を言ってるのではなく、こう話している感じになる。
  ※ 単純に間違ったかもしれない。

12年2月8日 (4)   12年2月8日 (5)

峰松さんは、最初気になったのは、茅葺の方だった。
3人集まった。 浜川愛護協会の名前で、始まった。 昭和52年の頃。

次に取り組んだのは、旧乗田家(のりたけ)住宅。 この後、行く家。
崩壊寸前の家だったが、保存に乗り出した。

それがきっかけで、伝建地区の認定となっていく。
市、県、国との関わりで、動くことになる。

※ 最初に動いたのは、峰松さん。 でも、市役所の中にも熱心な人が、きっといた。
  そうでなければ、むずかしい。
  一昨年お会いした、鹿島市役所の人達かもしれない。

人の集まりは増えて、肥前浜宿まちなみ保存研究会と、名前を変える。
現在は、肥前浜宿水とまちなみの会。

12年2月8日 (6)   12年2月8日 (7)

旧乗田家住宅。 案内していただいた。

12年2月8日 (14)

美しい建物に戻った。 新築は、約200年前。 その時との違いは、何なんでしょう。

12年2月8日 (13)

裏側です。 コの字になっているのが、特徴。

12年2月8日 (8)

この建物は、鹿島鍋島藩に仕えた、武士の家だった。 武士の家にしては、大きい。
  ※ 鹿島鍋島藩は、鍋島藩(佐賀藩)の支藩。

12年2月8日 (11)

こうなっていた。 上の方に、シートが。 崩壊寸前。
峰松さんは、これを残したいと言い出した。 誰からも、変人に思われた。

家は、柱が大丈夫であれば、復元できる。 峰松さんは、それを見抜いていた。

12年2月8日 (9)

最近とは言わないが、人はずっと住んでいた。

12年2月8日 (10)

花です。 ボランティアでしてる人がいるんですね。 フキノトウも。

12年2月8日 (12)

※ 佐賀市から、ある放送局の人がやって来て、一緒に見学。

この後、戻る。
右の建物が、峰松さんの工場兼住宅。 峰松さんが、家に入る所。 左は、観光案内所。 最後に行く。

12年2月8日 (15)

時々、このように観光客がやってくる。

12年2月8日 (16)

後で、ここにも行く。 左に、酒粕入荷とあるので、買った。 美味しい甘酒に。

12年2月8日 (17)

問題が書いてあった。(左上に)  ミカンは、棒に刺してあった。
  この鯉は、下駄を、「はく」?「はかない」。  という問題。

裏に答えがあると、あった。 私は見なかった。 考えた方が面白いので。
ところが、分からない。 分かるまで、8時間。 まいった。
※ 鯉(こい)には足が無いから・・・というのは、小学校1年生だって言わない。
※ 答えはおしえない。 いじわるかな。 では、明日のブログに。 

12年2月8日 (18)

誰だろう。 井上陽水かな。 陽水は糸田町の人。 福岡県の真ん中辺り。  関連ブログは、最後に。
※ まさか、森田童子ということはないですね。

12年2月8日 (19)

通りには17軒の造り酒屋。 こんな通りは、他に知らない。 
全部のお店で試飲したら、満足する量、そして酔う。

12年2月8日 (20)

寒いからか、お酒の匂いはしなかった。 でも、飲みたくなる。

12年2月8日 (21)

フナは苦手。 子供の頃釣って遊んだ。 臭いを思い出す。

12年2月8日 (22)

こっちは、浜に近い、茅葺の方。 3軒並んでいる。 一昨年来た時は、改築中。

12年2月8日 (24)

恵比寿さんを祀っているが、像は無く、字だけ。

12年2月8日 (25)

峰松さんに、お礼を言いに行った。 少し話そうと、向かいの案内所に。

この写真には、何かが隠れている。 これも、問題にしましょうか。
※ ヒント  北海道ではありえない。 九州だから、ありうる。 大きい。 答えは、これも明日。

12年2月8日 (27)

たくさんの鶴が、つながっている。 この織り方は、あるんですね。 4つ位なら易しい。 

12年2月8日 (26)

近くにある、祐徳稲荷(ゆうとくいなり)に来ました。

12年2月8日 (28)

九州では、大宰府について大きいと言われる。

12年2月8日 (29)

楼門の中。

12年2月8日 (35)

峰松さんは、この建物の屋根全体をやったと思う。 先代と共に。

12年2月8日 (30)

左に、200㍍程、お土産屋さんが続く。

12年2月8日 (31)

美しくする目的はあるんでしょうか。 

12年2月8日 (32)

右に、なんでもうまくいく守、とある。 それなら、欲しい。
願い事がある人が来たら、この神社は退屈しない。 山の上まで、ず~っと小さな祠が続く。

12年2月8日 (33)

こんなのも。

12年2月8日 (34)

冬だし、5時を過ぎていたので、店は閉まっていた。 後ろにも、たくさんの店。

12年2月8日 (36)

峰松さんは、行動力のある人。
誰かが先に動かなければ、進まない時がある。
変人と言われようが、鹿島地区に重伝建地区が生まれたから、よかったですね。

峰松さんについは、下の資料で分かります。 
※ どこのHPか分からない。 子供の写真があるので、公共のものと思います。

【資料】

norirake1.jpg   noritake2.jpg

noritake3.jpg   noritake4.jpg

noritake5.jpg


【今日の歌】  
あの写真は、井上陽水ということにします。 いつまでも、上手ですね。
陽水が歌う、月の沙漠もいい。 コーヒールンバも。



ピアノがいい。 特に、前奏と間奏。  陽水の奥さまです。



歌だけなら、これがいい。
※ この曲については、書きたいことがいっぱいある。 いつか、書ける時が来るといい。



※ 関連ブログ  糸田は、山頭火が緑平さんを頼り、また陽水が育った町だった。~福岡県のほぼ中央、糸田町~  (2010/4/25)

【道の駅】    鹿島

【明日の予定】  道の駅 おおむた に向かう。 途中でどこか。
         雪の予報なので、どうなるか。 
         9日の日に、柳川の宙太さんが、大牟田市を案内してくれる。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で9位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
        

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。