キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

九州、そして鹿児島県は、焼酎を飲んでる人が多い、
明治30年頃までは、どこの家でも作っていた。
個人で作るのが禁止になっても、密造は続いていた。

焼酎造りには、腕の差がはっきりと表れた。
高い技術を持った者は、杜氏(とうじ)と呼ばれ、杜氏を中心に酒造会社が生まれるようになる。
そうして今は、鹿児島県に50程の酒造会社が。

鑑真は、薩摩半島に上陸していた。
最初に咲き始める、河津桜が咲いていた。 この桜は、1本の木からスタート。

 ※ 風邪が治らない。 しぶとい。 ぱっぱと見学して、ほとんど寝てた。
    ※    ※    ※    ※

写真を掲載中。

12年2月28日 (1)


12年2月28日 (2)


12年2月28日 (3)


12年2月28日 (5)


12年2月28日 (4)


12年2月28日 (6)


12年2月28日 (7)


12年2月28日 (8)


12年2月28日 (9)


12年2月28日 (21)


12年2月28日 (10)


12年2月28日 (11)


12年2月28日 (12)


12年2月28日 (13)


12年2月28日 (14)


12年2月28日 (15)


12年2月28日 (16)


12年2月28日 (17)


12年2月28日 (18)


12年2月28日 (19)


12年2月28日 (20)


12年2月28日 (22)


12年2月28日 (23)



【停泊場所】   枕崎の港駐車場

【明日の予定】  道の駅 喜入(きいれ)に移動します。
         となりに、スーパーがあるので。
         風邪が治るまで、動きません。

【明日の予定】  少しだけ。何かを。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は6位、 旅行全体で11位です。            
         クリックするバナーは、左の下にあります。 よろしく。

            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト
暑いからって、上着を着ないで歩いていたら、風邪気味になった。
寒いから、ずっと寝てた。 夕方から、次の日の午後まで。

今日も2回、迷いそうになりながら歩いた。  
    ※    ※    ※    ※

写真を掲載中。

12年2月27日 (1)


12年2月27日 (2)


12年2月27日 (3)   12年2月27日 (4)


12年2月27日 (5)


12年2月27日 (6)


12年2月27日 (7)


12年2月27日 (10)


12年2月27日 (9)


12年2月27日 (8)


12年2月27日 (11)


12年2月27日 (12)


12年2月27日 (13)


12年2月27日 (14)


12年2月27日 (15)


12年2月27日 (16)


12年2月27日 (49)


12年2月27日 (17)


12年2月27日 (18)


12年2月27日 (19)


12年2月27日 (20)


12年2月27日 (23)


12年2月27日 (21)


12年2月27日 (24)   12年2月27日 (22)


12年2月27日 (25)


12年2月27日 (26)


12年2月27日 (27)


12年2月27日 (28)


12年2月27日 (29)


12年2月27日 (30)   12年2月27日 (31)


12年2月27日 (47)


12年2月27日 (32)


12年2月27日 (33)


12年2月27日 (34)   12年2月27日 (35)


12年2月27日 (36)


12年2月27日 (37)


12年2月27日 (38)


12年2月27日 (39)


12年2月27日 (40)


12年2月27日 (41)


12年2月27日 (45)


12年2月27日 (42)


12年2月27日 (43)


12年2月27日 (44)


12年2月27日 (46)   12年2月27日 (48)


【動画】






【関連ブログ】
雪の開聞岳 ~初日は、少し遅れて~      他  (2010/1/1)
  
日本三大砂丘の一つ、吹上浜 万世特高平和祈念館 ~南さつま市~  ショートプログラムは、明後日。  (2010/2/22)


【今日の歌】






【停泊場所】   杜氏の里 笠沙の近くの展望台の駐車場。

【明日の予定】  少しだけ。何かを。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で10位です。            
         クリックするバナーは、左の下にあります。 よろしく。

            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
  

スポンサードリンク

 
 
石垣の集落。 地図の通り歩こうとしたが、すぐに迷ってしまった。
迷って楽しい、迷路だった。

池というなら池でないとダメなのに、池ではなかった。
野間池は、かわいいと言っていいほどの、小さな湾だった。
    ※    ※    ※    ※

道の駅 きんぽう木花館にある、コノハナサクヤヒメの像。 ※ 木花咲耶姫。
見える建物は、歴史交流館 金峰。 山は、金峰山(きんぽうざん)。

12年2月26日 (4)

こんな神話がある。
木花咲耶姫は、神武天皇のひいおばあちゃん。 
その、木花咲耶姫は、この地で、ニニギと結婚した。 そんなことが、下に。

12年2月26日 (5)

歴史交流館に砂の像があると書いてあったので、見ることに。
木花咲耶姫の像だった。

12年2月26日 (1)

この方向からが、まあまあの表情。 ※ 他は、よくない。

DSCF66ccc85.jpg

南さつま市には、プロの砂像彫刻家がいる。

12年2月26日 (2)

鳥取砂丘でも、この人の像は必ず展示してある。 日本での、第一人者。

12年2月26日 (3)

夏になったら、吹上浜でも鳥取砂丘でも、砂像展が開かれる。

野間岬(のまみさき)に向かった。 途中に、石垣の里。


山の斜面にあった。

12年2月26日 (6)

大当(おおとう)という地域。

12年2月26日 (7)

何とか、石垣が見えるでしょうか。

12年2月26日 (8)

赤い所が、お勧めの道。 「にほんの里百選」に選ばれてる、とあった。

12年2月26日 (9)

少し歩いて、下を見た。 もう、どこを歩いているか分からない。

12年2月26日 (10)

斜面が急なので、家の屋根に、ひょいと飛び上がれる。

12年2月26日 (13)

石垣の上の花。

12年2月26日 (12)

ねことおしゃべりしていたら、突然ころがった。 わたしの得意技ですよ、と言ってるみたい。
手の動かし方は、やはり、ネコ。

12年2月26日 (11)

少し歩いたら、すぐに分岐点。 だから、迷ってしまう。
ほとんどの道は、軽自動車も通れない。

12年2月26日 (14)

梅の花。

12年2月26日 (15)

人に出会ったのは、2回だけ。

庭先におじいちゃんがいた。 少しお話し。
「車はどこに置いてるの」とか、「冷蔵庫とか大きい物は、どうやって運ぶの」と聞いた。
何かを言って来るが、別のことだった。 
おじいちゃんは、耳が遠く、私の言ってることは、聞えないようだった。

12年2月26日 (16)

※ 坂の下に、車は、数台しかなかった。

山の上でなければ、梅は見頃になっている。

12年2月26日 (18)

先人が、苦労して作り上げた風景。 海岸沿いに平地が無いから仕方ない。

12年2月26日 (17)

野間岬までは、遠くない。
野間半島が見えた。 その先が、野間岬。 付け根に、野間池。

12年2月26日 (19)

野間岬は、薩摩半島の西の端。


ここは、南さつま市、笠沙町(かささちょう)。

12年2月26日 (20)

野間池の奥。 港になっている。 貝か何かを掘ってる人がいた。

12年2月26日 (21)

海なのに、池。

12年2月26日 (22)

野間岬への道は細いと標示してあったので、そっちに行かなかったら、別の港に出た。

12年2月26日 (23)

この町の情報が欲しかったので、九州電力の野間岬ウィンドパーク展示館に入った。

12年2月26日 (25)

町のことを、みんな教えてくれた。
※ 野間岬の突端へは、私の車では大変なこと。
  町にある店は、日曜なので、開いてないこと。
  枕崎市への海岸線の道は、一部細いけど、大丈夫。
  野間岳への登山は、2時間はかからないこと。
  近くに、ニニギノミコトの上陸地があって、ニニギが山の上から見たら、この町の小さな湾が池に見えた。 それで、野間池に。
風速15㍍を体験した。 
  ※ 紋別の潮見小で経験した集団下校の時の風は、これより大分強かった。 子供たちは、立てなかった。

せっかく来たので、風力発電を少し学んだ。
羽根をもっと太くしてもダメ。 これが一番いい。 羽根の先端の速さは、時速240㌔にもなる。

野間半島は、こうなっていた。

12年2月26日 (24)

半島の反対側の山に行ってみた。 野間池全体は見えない。

12年2月26日 (26)

野間岬への道を、少しだけ歩いてみた。 最初に行った港。 ここに夜は停泊。

12年2月26日 (27)

岬の先端。

12年2月26日 (28)

野間池。  全体は見えない。

12年2月26日 (29)

細い道を降りたら、港に出た。 遠くに、野間岳が見える。

12年2月26日 (30)

野間岳。 明日登る。 赤の○の近くに神社があると、さっきの所で教えてもらった。

12年2月26日 (31)

明日だけ天気はいい。 その後、ずっと良くない。
それで、明日は、朝から晩まで歩く。


【今日の歌】
コニー・フランシス。 この人の歌を、昔、日本で歌われた。 ヴァケイションとか。



知らない人だけど、いいですよ。



違う歌い方。 面白い。



【停泊場所】  小さな港の駐車場

【明日の予定】  野間岬まで歩く。 往復10㌔くらいか。 9時には出発。
         その後、野間岳に登る。
         ※ 開聞岳(かいもんだけ)、金峰山(きんぽうざん)、野間岳が「薩摩半島の三名山」。
           開聞岳は一昨年の元旦に、金峰山はその後に、行っている。
         ※ なお、開聞岳は、日本百名山。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は6位、 旅行全体で11位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 
長島町のUさんの所に戻って、テレビのアンテナを取り付けた。
これで、山の中でも見られる。
この次来るのは、来年かもしれない。 
事務所で、地元の農家の人と一緒に、お話し。

その後、薩摩川内市で車のオイル交換。
終わった時は、薄暗くなっていた。

今回、車は、Uさんにお世話になって、
タイヤ、バッテリー、アンテナと色々新しくなった。
万全の状態になって、新しい旅に向かえる。

暗くなって、市比野温泉に着いた。
    ※    ※    ※    ※

Uさんの会社は、農機具を売っている。
他に、農薬も。 そして、農家に対してのアドバイス。
ジャガイモをいつ植える(まく)か、ビニルはいつするか、そして収穫は・・・、と様々。
全てのアドバイスは、コンピュータで管理したデータに寄る。

競争に勝たなければ、生きていけない。
農家は、昔と比べたら、知的な産業になってる。
酪農と同じ。

テレビのアンテナは、下の写真の左上に。
このアンテナは、一般家庭で、屋根にアンテナを付けられない時に、使うそう。
※ BSのアンテナは、今後新しいのが出るかもしれない。 それを待って。

12年2月25日 (1)

出水市の鹿児島トヨタには、私の車のオイルがなかった。
それで、Uさんに教えてもらって、薩摩川内市に。
そこの大きなカーショップで交換した。

となりに、ケーズデンキがあって、大きな駐車場がある。
2年前、そこで、バンクーバーのオリンピックをテレビで見た。
キム・ヨナの記事はそこで書いた。

6時過ぎに、近くの道の駅樋脇(ひわき)に向かった。 市比野温泉にある。

ここは、グリーンランド市比野ふれあい館。

12年2月25日 (2)

※ 市比野温泉は、ラドン温泉。 
  入ってみたら、強くは感じなかった。 
  ラドンは、湯を循環したりしたら逃げて行くので、そういうのがあるかもしれない。
  調べてみたら、数値も高くはないよう。(7.78マッヘという数値)
  高い所は、長湯をしないように、などの表示がしてある。
  兵庫県の相生にある、ペーロン城だったか、そこはここより数値が高かった。

  また、恋谷橋の撮影があった、三朝温泉(みささおんせん)は、ラドンの含有量が日本で一番のよう。
  昨年行ってきた。 ラドンの湯気を吸ったら、くらくらってなる。
  ただ、ラドンは、体にとって、問題もあるそう。 (日常的な場合)
      ※ 恋谷橋の上原多香子が歌う、ブルー・ライト・ヨコハマが好きです。

温まった体で、少しだけ温泉街に。

12年2月25日 (3)

川原に小さな公園。

12年2月25日 (4)

与謝野晶子の歌碑。

12年2月25日 (5)

意味が、むずかしい。
※ 与謝野夫妻は、みどり屋旅館に宿泊した。
  旅館の川沿いに風呂があって、すぐ横に滝があったそう。 
  それを詠んだので、こんな歌になったみたい。

12年2月25日 (6)

こんなことで、来ていた。  ※ 九州には、彼女の歌碑はいっぱいある。

12年2月25日 (7)

静かな通り。

12年2月25日 (8)

道の駅、樋脇。
一昨年、ここに何日もいた。 この周りは、全部見ている。 

12年2月25日 (12)

足湯。 夜でも入れる。 向こうに、温泉を汲んでる人。

12年2月25日 (10)

島津の殿様が座った石。

12年2月25日 (9)

近くの山には、磨崖仏(まがいぶつ)がある。  ※ 岩に彫った仏。

12年2月25日 (11)

長島に来たら、いつも車が変わる。 
準備万端整って、一旦南下し、日本を北上します。


【今日の歌】
昨日、美空ひばりを調べていたら、彼女もテネシーワルツを歌っていた。
そんなことで、今日は、テネシーワルツに。

パティ・ペイジが歌ってヒットした。 1950年のこと。
テネシー州の、4番目の州歌になっている。 彼女は、今も元気です。
下の動画がすき。



これは、レコード。 一般的には、これを聴いているのでしょうか。
声が重なって聞えます。 多重録音という、録音の方法です。
  ※ ブログには書いたことはなかったけど、北の岬も、サビの部分が、多重録音です。



日本で最初に歌ったのは、江利チエミ。
高倉健と結ばれるが、後に別れる。
花嫁衣装を着て我が家を出た日は、2月16日。 若くして亡くなって、棺が我が家から出た日は、同じ日。
喜びと悲しみの日が、同じ。
高倉健は、葬儀の日、少し離れた所に車を停め、手を合わせていた。

映画「ぽっぽ屋」の中で、テネシーワルツを口ずさむ。
最初は、私的なことと断わったという。

江利チエミは、特別な美人ではない。 でも男の人を惹きつける大きな魅力を持っている。 不思議な人。
※ そういえば、ダルビッシュの相手と言われている、元ゴルファーの古閑 美保(こがみほ)も、魅力ありますよ。
  口を開いたら、魅力倍増、そんな人。 反対の人が多いのに。

後半に、高倉健の写真も。



※ 江利チエミが歌うテネシーワルツの、レコード盤。 これは、上手です。 写真もいい。
※ 追記 上の動画ですが、間違ったのを載せていました。 申し訳ありません。

【道の駅】  樋脇(ひわき)


【明日の予定】 野馬岬かな。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で10位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 
面白い温泉が、またありましたよ。

どんな温泉が名湯なのか。
それは、温度以上にあったまる温泉なのかな、と感じます。
今日の温泉もよかった。
2時間後でも、ちょっと動いたら汗が出た。

美空ひばりの、珍しい歌に出会った。
    ※    ※    ※    ※

明日25日に、テレビのアンテナの取り付けを、長島のUさんの所でします。
それがあるために、まだ、この辺にいます。

川内高城温泉。  せんだい たき 温泉と読む。 難しい読み。
薩摩川内市の北部にある。


道の駅阿久根からの風景。 このような海岸線が続く。

※ 2年前、この道の駅で、バンクーバーオリンピックを見ようとした。 もちろん、スケート。
  電波が弱く入らなかった。
  すぐに、薩摩川内市まで移動した記憶がある。

12年2月24日 (1)

海から10分程走ったら、着いた。 ここは、2度目。
温泉街の端っこに、この旅館。 

12年2月24日 (2)

西郷さんが来ていた。 ※ 西郷さんが来たんですよ、という温泉は多い。
明治6年の秋に来ている。 ウサギ狩りをしている。

藤川天神に行った前になる。
犬のツンが欲しかった理由が、これで分かった。
犬が好きだったことと、ウサギ狩りのためだった。

12年2月24日 (3)

映画のロケですね。 ※ 映画のロケは、日本中いたるところでやっている。

12年2月24日 (26)

初めて見る曲名。 今日の歌で紹介。

12年2月24日 (27)

古くからある温泉街は、ここから始まる。

12年2月24日 (4)

観光地ではなく、山奥のひなびた温泉、という感じ。  泉質の良さで、日本百名湯。

12年2月24日 (5)

お土産屋さんは、ここだけ。 とにかく、にぎやか。

12年2月24日 (8)

売りものと、非売品が、混ざっている。

12年2月24日 (6)

真ん中に小さな犬。 西郷さんの、ツンか。

12年2月24日 (7)

共同湯が見える。

12年2月24日 (9)

ここの温泉が、川内高城温泉の全ての始まり。 西郷さんが来た時は、ここに入った。
後で入る。

12年2月24日 (10)

ここを入った所に、昔、宿があった。 西郷さんが泊った。

12年2月24日 (12)

明治6年のこと、ウサギ狩りのことが書いてある。 
藤川天神で手に入れたツンは、ウサギ狩りが得意な犬だった。

12年2月24日 (11)

向こうから来た。

12年2月24日 (14)

合併によって、名前がいろいろ変わった。 昔のままの名前で、いいように思うんだが。

12年2月24日 (13)

梅の木が満開。

12年2月24日 (18)

しだれ梅。 

12年2月24日 (16)

梅は、暖かい所から順に咲いている。

12年2月24日 (15)

ここまで来たら、温泉の旅館はなくなった。 戻る。

12年2月24日 (17)

石段があったので、それって、走って登ろうとした。 登れなかった。
忘れていた。 今日は、足におもりを付けて歩いていた。
※ たまにしている。 1㌔のを、両足の足首に。

12年2月24日 (21)

熊野神社。 本社は、熊野古道を歩いたところにある。

12年2月24日 (19)

向こうから、こっちに歩いてきた。

12年2月24日 (20)

ここが、共同湯。 200円。 左は、熱くて入れなかった。 右は、ちょうどいい。

12年2月24日 (22)

一人で入っていると、この人がやって来た。 地元に人。
細い管から高温の湯が出ている。 それをこっちに入れた。

しばらくして、このように入った。
朝晩、毎日来ている。 地元に人は、1年に300円払うだけ。 それで、家族みんなが入れる。

12年2月24日 (23)

共同湯の湯船は、地面より低い。
昔はボーリングをしないで、地面から湯が出ている所に、温泉を作った。
だから、こうなる。
今は、ボーリングの湯を使用しているが、湯船は昔のまま。

右の湯船の奥に、穴が見える。 ここからは、昔のままの湯が出ている。

12年2月24日 (24)

男の人に、毎日入っていたら健康になるねと、私は言った。
そうだよ、ここに住む人の3分の1は、80歳以上。 少し前亡くなった人は、103歳。

体を温めて免疫力を高めることは、健康に大きなプラスがあるよう。
それに、ここの湯は、効能も多い。
晩に体を温めると、酒などたくさん飲まなくても、ぐっすり寝れるのか。

私も、熱い方に1分程入った。 45度くらい。

ここを通って、戻る。 温まった体は、ずっとそのまま。

12年2月24日 (25)

AZに戻る途中、阿久根市で、ハマジンチョウを見た。 小さな公園がある。 ここも、2度目。

12年2月24日 (28)

九州本土では、ここだけ。 ※ 天草で見たような気がする。

12年2月24日 (29)

花は、10円玉くらいの大きさ。 南国の花。

12年2月24日 (30)

紫と白のまだら。 それが特徴。

12年2月24日 (31)

鹿児島県は、温泉の宝庫。
いい温泉って、どんな温泉なのか。 どうして、そんな効能があるのか。
知らないことが多い。 温泉に行ったら、何か一つ学んでくる。 そんなのがいいかな。


【今日の歌】   国比べ~美空ひばり~(YouKu)   ※ 貼り付け方が、分からない。

※ 上のは、中国のYouTubeなのかな。 
※ 歌の中で言ってる「ぢゃんそ」は鹿児島弁。 そうでしょう、の意味。

※ 追記 広島の旅人さんが、貼り付け方を教えてくれた。
     この次、別な曲で出来るかは、まだ分からない。
     うまく行ってるのかな。



【停泊場所】   A・Zの駐車場。

【明日の予定】  長島町のUさんの所で、テレビのア室内ンテナを取り付ける。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で8位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
        

スポンサードリンク

 
 
梅の花は何度も見た。
どこでも咲いてると思って、藤川天神に行ってみた。 
そこには、地面を這うような、臥龍梅(がりゅうばい)と呼ばれる梅がある。
花はまだ、少しだけだった。

西郷隆盛が連れて歩いていた犬は、ここの出身だった。
藤川天神に参詣に来た時、手に入れた犬だった。
    ※    ※    ※    ※

藤川天神は、遠くはないけど、薩摩川内(さつませんだい)市。


気温が上がった。 17度くらいある。 上着はいらない。

着いてすぐ、少しがっかり。 花が咲いていない。

12年2月23日 (1)

ここは、藤川天神。 藤川と云う地域に、天神様があるので、藤川天神。
臥龍梅(がりゅうばい)で知られている。 ※ 龍が臥(ふ)せたような梅の木。

菅原道真の墓だという。 伝説。 ※ 太宰府で死んだことになっている。

12年2月23日 (13)

枝が横に伸びる。 枝が土に着いたら、そこから根が出る。 そして、新しい木になる。

12年2月23日 (2)

藤川天神と呼んでるが、ほんとうは、菅原神社。

12年2月23日 (3)

藤原時平と云う人がいたために、道真は苦労する。
大宰府で死んだことにして、ここのやって来たとある。

※ 死んだことにすると追われない。
  こういう伝説は多い。 もしかしたら、本当のがあるかも知れない。
  例えば誰でしょう。 義経、信長、・・。 情けない、2人だけ。

12年2月23日 (4)

石段の白い梅が、少し咲いていた。

12年2月23日 (5)

梅の木の枝は、桜に比べたら、ごつごつしていますね。 桜は、つるんと。
満開には程遠いけど、つぼみだって美しい。

12年2月23日 (6)

上から見たら、こう。 みんな、花を見に来たのか、お参りに来たのか。

12年2月23日 (7)

まだ、つぼみがいっぱい。 これから。 今日は暖かいから、一気に膨(ふく)らむ。

12年2月23日 (10)

桜の花は、花びらがもっと開いているかな。 

梅の木は、去年実をならせた後は、花を咲かせるための準備に入った。 体力をつけた。

12年2月23日 (9)

この枝は、まだ2つ。 全部梅の実になったら、枝は重くて大変。

12年2月23日 (8)

柵の中に、150本の梅の木がある。 
菅原道真が1本の木を植えた。 横に枝を広げて、150本になった。

12年2月23日 (11)

先ほどと似た説明がある。 暗殺という言葉が出てくる。

12年2月23日 (12)

柵の中の臥龍梅。

12年2月23日 (14)

これは、柵の外。 明治時代に植えた。

12年2月23日 (15)

こういう種類の梅なんですね。

12年2月23日 (16)

赤いのが、少しだけ咲いていた。 少しだけでも、楽しめる。

12年2月23日 (17)

まだ、花は少し。 1分咲きか。

12年2月23日 (18)

そう言えば、梅の花は、枝にくっ付いてる感じ。 
桜は、細い枝の先にある。 サクランボの実に付いてる、あれ。

12年2月23日 (19)

犬の名前は、ツン、と言うんですね。 上野公園の銅像にも、犬がいる

12年2月23日 (21)

ツンは、名猟犬とある。 西郷隆盛は、どうして欲しかったのかは、書いてない。
ただ、彼は、犬が好きな人ではあった。
江戸にいる時、十数頭飼っていたという。

西郷隆盛は、明治6年に、下野するように鹿児島に戻る。
ツンは、薩摩犬。 薩摩犬は、耳が立っている。 ツンの名前と関係あるかも知れない。

12年2月23日 (20)

ここの臥龍梅は、見応えがある。

12年2月23日 (22)   12年2月23日 (23)

帰りに、梅の花を見ることに。 このように、普通は咲いている。
※ 藤川天神の場所は、少し高いのかな。

12年2月23日 (24)

木が、ピンクに。

12年2月23日 (25)

梅の花見で、お酒を飲んだことはない。

12年2月23日 (26)

満開に見えますよ。

12年2月23日 (27)

いい色だ。 これを見て、今日は満足。

12年2月23日 (28)

A・Z。 巨大スーパーセンター。 ここの駐車場にいます。
何でも売ってる。 
夕方の4時頃から、車の中の収納の見直しをした。
必要な物があれば、すぐに買える。

食事は毎日、自分で作る。 それがしやすいようにした。
米が6㌔入る入れ物と、22㌢の深めのフライパンを用意した。

終わったら、夜中の12時を過ぎていた。
ブログの写真は、それから。 途中で寝た。

※ 布団に入ったら、いつも本を少し読む。
  その時の、読書専用の眼鏡も買った。 3000円。 とっても読みやすい。

※ 1㌔まで計れる、うすいはかりも。
  野菜ジュースを作る時、野菜を計る。 200㌘がちょうどいいよう。

12年2月23日 (29)

今日は、日溜まりの中での散歩。 今年一番暖かかった。 春本番。


【今日の歌】
牧場の朝です。 朝の6時になったら、A・Zが流します。
福島県のある牧場で生まれた歌、のようです。 作者は、何とか分かっているよう。

下の2つの動画は、たくさんある動画より、ゆっくり歌っている。
この歌い方が好きです。

小学校の音楽の教科書にあります。
私は牧場の朝が大好き。 音楽の時間は、いつも歌う。
子供たちは、この曲を私が好きなことは知ってるので、文句言わないで歌った。

途中、「霧に包まれ」の歌詞がある。 この部分が、特に好き。






【その他】
東北で書いたブログと、たくさん撮った動画は、残ることになる。
※ ブログを、別の所で、そのまま残す方法は、あるんですね。 FC2で残してるのと、同じ方法か。

12年2月23日 (30)

【停泊場所】   A・Zの駐車場

【明日の予定】  阿久根市のどこかでしょうか。  

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で9位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
         

スポンサードリンク

 
 
カジカガエルの鳴き声を初めて聞いた。
湯船に入っている時だった。
ケロケロとは全く違う声。 音楽を聴いているようだった。

湯は、泡と一緒に、足元から出ていた。 
39度と、少し温いが、不思議と温まる。
    ※    ※    ※    ※

湯川内温泉(ゆがわうちおんせん)は、紫尾山(しびさん)の北山麓にある。
 ※ 紫尾山は、1000㍍を越える。 登ってみたい。
   登山口までの道を確認中。 


湯川内温泉は、一軒宿。 かじか荘。
この建物は、湯治のための自炊部屋。

12年2月22日 (1)

240年前(宝暦4年)に発見された。
その後120年間は島津家御用達の温泉として利用された。
明治に入って、誰もが入ることが出来るようになる。

左の建物に受付があって、お土産も。 旅館としての建物になっている。

12年2月22日 (2)

旅館の方。 温泉は、300円。

12年2月22日 (3)

上の湯と下の湯があって、上の湯から入った。

12年2月22日 (4)

建物は立派とは言えないが、風情はある。 夜になったら、提灯に灯り。

12年2月22日 (5)

上から見たら、こう。 手前が、下の湯。

12年2月22日 (6)

湯船の中は、岩と小石。 右に、もう少しある。 一人入っている。
左には女湯があって、つながっている。

深い。 胸くらいまであって、石に腰かけたら、首までつかる。
39度だから、いつまで入っても、のぼせない。

私より年配の人と、30分程入っていた。 底の石の間から、湯が出てくる。 時々泡も。
その人は、いつも、1時間以上入るという。 

12年2月22日 (7)

湯の温度は39度だけど、体はあったまってくる。
湯の成分のせいだろうか。 首まで浸かっているからだろうか。
弱いラドン温泉の感じのよう。 ※ 温泉成分をちゃんと読めば良かった。

上の湯から少し歩くと、温泉神社。

12年2月22日 (8)

湯川内温泉は、山奥に少し入っただけ。 出水市の町並みが見える。

12年2月22日 (9)

今度は、下の湯。 左の陰に、おじいちゃんが一人。
上の湯もそうだったが、湯の色は、エメラルド・グリーン。 
ここの湯も、底から出てくる。

12年2月22日 (12)

壁に、こんな張り紙が。 なんか、語呂が悪い。 ぱっとは、直せないが。

DSCF64pppp05

※ 少し考えてみた。 殿様が入った湯だから、殿と湯殿は外せない。
  まだ未完成だが、こんなの。  短歌の感じで。
  「 いにしえの 殿の湯殿で 長湯する 湧き出る湯の色 エメラルド・グリーン 」

おじいちゃんが入る前に撮った写真。 深い。

12年2月22日 (10)  

冬の間は、となりに、熱い湯がある。 加温した湯。

12年2月22日 (11)

カメラを持って、熱い方に入った。 おじいちゃんは、左の陰に。
この時、カジカガエルの声が、外から聞こえてきた。
おじいちゃんが、カジカガエルだよって、教えてくれた。
本物を初めて聴いた。

12年2月22日 (13)

下の動画と、同じだった。(私が撮ったのではない)



おじいちゃんは、毎日来ている。 入る場所は、いつも同じ。
顔なじみの人は、それを知ってるから、おじいちゃんが来たら、よけてくれる。
その場所には、取っ手が付いている。 おじいちゃんは、少しだけ足が悪いので、そこに。

熱い湯船。

12年2月22日 (14)

おじいちゃんは、毎日、温泉の湯を5㍑、持って帰る。
焼酎のお湯割りの湯は、温泉の湯。 いつもそう。 焼酎4、お湯6の割合。
コップに2~3杯飲んだら眠くなる。 7時には寝る。
体は温泉で温まっているから、トイレに起きないで済む。

これを聞いて、今晩、私も飲むことにした。 鳥肉の刺身で飲むと。

脱衣場。 左に少し見えるのは、おじいちゃんが汲んだ温泉の湯。 ※ 熱くはないが。

12年2月22日 (15)

私が服を着ていたら、おじいちゃんは、こんな恰好をした。
見てごらんと、私を呼んだ。 奥にあった棒を、手前に持ってきて、足をのっけた。
こうやって、いつまでも入る。

この棒は、おじいちゃんが子供の時もあったという。 子供の時のと、同じ棒。
写真を撮るから、隠してね、とお願いした。

12年2月22日 (16)

おじいちゃんが汲んだ湯。 ※ この焼酎は、この辺りで売っている。
この湯を、おじいちゃんは、持って行きなと言った。
だめだめ、これはおばあちゃんに持って帰る、と言って、遠慮した。

12年2月22日 (17)

外にある、小さな川。 今は鳴いてない。 

12年2月22日 (18)

夕方になったので、提灯に灯りが点いた。

12年2月22日 (19)

旅館の方。

12年2月22日 (20)

坂を上がって来たら、こう見える。

12年2月22日 (21)

湯船の底から湧き出る、珍しい温泉に、久しぶりに入った。
体はすっかり温まった。 おじいちゃんと話して、心も温まった。
いい温泉だった。

【動画】

温泉までの道です。



途中通った、「野田郷武家屋敷通り」です。




【今日の曲】
ニニロッソは、苦労して苦労して、頂点に昇りつめた。 イタリアの人。
こんなにいい音って、YouTubeには、滅多にない。



トランペットは、ニニ・ロッソ。
以前、同じ演奏で、画像が「太陽がいっぱい」の映画のがあった。 今は、見つからない。
画像は関係ないけど、仕方ない。
少し吹いた後、ピアノの演奏がある。 これが好きなために、聴いている。 その部分を、ぜひ。
※ 映画の、アラン・ドロンも、マリー・ラフォレも、健在です。



【停泊場所】   阿久根市にあるA・Zの駐車場。


【明日の予定】   梅を見るかな。 藤川天神で。 臥龍梅というのがある。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で8位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
         

スポンサードリンク

 
 
雨は降りそうにないので、歩くことに。
山道を歩く予定で、出発。 10時前。
途中で、Uさんの会社に寄った。

Uさんは、海岸線が面白いよと、地図まで用意していてくれた。
正確な距離は分からないが、20㌔くらいか。
    ※    ※    ※    ※

8時頃出たかったが、10時に。 おにぎりと水と、お菓子を少し。
どこまでも歩くぞ~、って出発。  
  ※ 右の写真は、右に道の駅。 遠くに天草の牛深。

12年2月21日 (1)   12年2月21日 (2)

5分ほど歩いたら、指江(さすえ)港が見えた。

12年2月21日 (3)

指江の市街地。 左に広がっている。

12年2月21日 (4)

この後、Uさんの会社に寄る。
Uさんは、お勧めのコースの地図を、準備してくれていた。
説明もしていただいて、歩く楽しみが、ふくらんだ。

長島は、花の島。 冬でも、花がいっぱい。

12年2月21日 (5)   12年2月21日 (6)

当初は、向こうに行く予定だった。 山の中は、何も無いよって、Uさん。

12年2月21日 (7)

すべて、赤土バレイショ。 甘くて美味しいジャガイモ。

12年2月21日 (8)

おもちゃのような車。 農業用ですね。 後ろに、ナンバーのようなのがあった。

12年2月21日 (9)

長島の西海岸の、メインの風景は、これ。 指江。

12年2月21日 (10)

いつだか、島の道を見たら、島の経済の状態が見当つく、と書いたことがあります。
生産物を運ぶのも、道の役割。

12年2月21日 (11)

小さな岩の山が、海に突き出ている。 堂崎。 神社があったので、寄って、そっちに行く。

12年2月21日 (12)   12年2月21日 (13)

堂崎の北側の海岸。 上の写真では、右側。 私は、北から南下している。

12年2月21日 (14)

※ 東北の津波は、こんなのみんな壊した。 テトラポットを、何百メートルもの内陸まで運んだ。

12年2月21日 (15)

上の写真の堂崎の下に来た。 堂崎の小さな山の上には、堂崎城があった。
長島氏が城主だったが、天草を支配する相良氏の一族に追われる。
 
16世紀になって、それを島津氏が奪い取った。 以来、ここは薩摩に。 そして、鹿児島県に。

そんなことで、ここは、天草諸島には含まれない。

※ 殺された城主の「たたり」を恐れて、若宮神社を建てたとある。 ここと、汐見地区に。

12年2月21日 (17)   12年2月21日 (16)

石段や、土塁(土を盛った所)が残っていた。

12年2月21日 (18)

上に出てきた、若宮神社。 奥が、本丸跡。

12年2月21日 (19)

海に下りる道があった。 こういう道があったら、必ず行く。
 ※ 行きたくない時は、見て見ないふり。
指江と温泉は、必ず見える。
 ※ Uさんは、こうなることを知ってたから、こっちがいいよって、勧めたかもしれない。
   確かに、どこから見ても、いい風景。 

DSCF6223pppl   12年2月21日 (20)

この道を下って、戻る。  ビワの小さな実。

12年2月21日 (21)   12年2月21日 (22)

長島の花は、みんなで花の世話をしている。 植えるのも、草取りも、全部。 みんなの力で、花の島、長島に。
昔は棚田。 今は、段々畑。 ※ 段畑(だんばた)と呼んでもいいのかな。 四国の宇和島では、段畑だった。

12年2月21日 (23)   12年2月21日 (24)

美しい灯台。 長崎鼻(ながさきばな)灯台。 
  ※ お寺の塔もそうだが、美しさと大きさは、関係ない。 
    小さいと、美しいに、かわいい が、プラスされることも。 
一帯は、公園になっていた。
休憩して、おにぎりを食べた。 海苔なし。 中身は味噌。 12時15分。 

足は快調。 靴ずれが出来たら困るので、ひもをちゃんと縛り直した。
※ テレビで、靴のひもは、ちゃんと縛った方が、足のためにいいと、言っていた。
  足は、締め付けられて、苦しくないのか。

12年2月21日 (25)

指江は、遠くなった。

12年2月21日 (26)

唐隈(からくま)港が見えた。  ここに、昔、遣唐使の船が漂着した。

12年2月21日 (27)

遣唐使漂着の地記念碑。
遣唐使は、船で、海を越えた。 博多や平戸から出た。
ツルの北帰行と同じで、危険をともなう、たいへんな航海だった。

12年2月21日 (28)

正面。 小さな山の上まで、段々畑。 
    ※ これの大きいのが、和歌山県にある。  あらぎ島

12年2月21日 (29)

長島は、石垣の島でもある。
山は、どこを耕しても、石や岩だらけ。 捨てるところは無いし、遠くに運べない。
石垣を作るのが、一石二鳥だった。
長島に住む先祖の人達の勤勉さが、石垣の島を作り上げた。

ジャガイモの収穫をしていた。

12年2月21日 (30)

今度は、あの岩の「でっぱり」に行く。  板場鼻。
  ※ 岩の部分は、島の内陸から続いていると思う。
    浸食されにくいため、このように、小さな半島に。 長島に、何ヶ所かある。

12年2月21日 (31)

汐見漁港。

12年2月21日 (32)

下りる道があったので、行ってしまった。

12年2月21日 (36)   12年2月21日 (35)

観光で来る人はいなく、釣りの人が来る。

12年2月21日 (33)   12年2月21日 (34)

港を歩いていたら、若宮神社。 堂崎城の説明にあった神社。

12年2月21日 (37)

今行ってきた、汐見漁港と、板場鼻。

12年2月21日 (38)

これから、向こうに行く。 海の出た山の中を、さまようことになる。  歌碑があった。

12年2月21日 (39)   12年2月21日 (40)

新しい橋があった。 新しいのに、どうして歩道を作らないのだろう、と思った。 ※ 国道に歩道が無いからか。
旧道を少し遠回りして、ここに来た。

12年2月21日 (41)

展望台。

12年2月21日 (42)

汐見港が見える。 砂浜に、だんだん畑に、岬。 美しい風景。

12年2月21日 (43)

地図の左を、南下している。 細い道が無い所は、国道を歩く。

12年2月21日 (44)

道沿いの花壇に、花を植えてる人がいた。 
あいさつの後、私は「島は花でいっぱいになりますね」って言った。

12年2月21日 (45)

下の道を行った。  地図では、道があるはずなんだか、山道になった。
行け、行け~って、行ってしまった。 山越えの道があるのを期待して。

12年2月21日 (46)   12年2月21日 (47)

一度山に登って、下り始めた。 最後は、海に出てしまった。

12年2月21日 (49)

海岸沿いの道があったようだが、気づかなかった。 危ないと思って、下まで下りなかった。

12年2月21日 (48)   12年2月21日 (50)

遠回りしても、損したとは、まったく思わない。 いい運動だったということに、する。


12年2月21日 (51)

こうなったら、間もなく収穫。

12年2月21日 (52)

長島は、山はあっても、なだらか。 畑を作りやすい。
天草諸島の島と比べて、山が急峻でない。
薩摩藩の島津氏が、それを知っていたために、欲しくなった。 そして、手に入れた。

今は、ジャガイモの一大産地。 ※ ブリの養殖、日本一。

12年2月21日 (53)

黒之瀬戸大橋は、もうすぐ見えるかなって、歩いている。

12年2月21日 (54)

今日は途中で薄日が差して、あたたかくなった。
地図のどこを歩いているかは、分からない。 適当。 時々、行き止まりになって、戻る。

12年2月21日 (55)   12年2月21日 (56)

橋が見えた。

12年2月21日 (57)

海に、下りて行く。

12年2月21日 (58)

潮の流れが見える。 流れが、豊かな海をつくってくれる。

12年2月21日 (59)

どんな花でも、育つのかな。 まだ、寒いのに。

12年2月21日 (60)

黒之瀬戸を、船が行く。

12年2月21日 (61)

万葉歌碑があった。
長田王(ながたのおおきみ)という人は、歴史的に何かをした人ではない。 天武天皇の孫。
  ※ 天武天皇は、大海人皇子(おおあまのおうじ)だった時、壬申の乱で勝って、天皇に。
    皇后が後に、持統天皇になる。 白鳳時代で、その後、奈良時代。

12年2月21日 (62)   12年2月21日 (63)

瀬戸港でいいでしょうか。 橋が出来る前、ここからフェリーが出た。
小さなフェリーだったので、車で行く時は、何時間も並んだそう。(Uさんの話し)

12年2月21日 (64)

港の側。 賑わった時代があった。

12年2月21日 (65)

歩いて楽しい道。 曲がっているのが、いい。 向こうから来た。

12年2月21日 (66)   12年2月21日 (67)

道の駅だんだん市場が見えた。 着いた。

12年2月21日 (68)

直ぐにバスが出ると云うので、あわてて乗った。 出発したのは、5時15分。
※ 後で知ったが、バスに乗ったすぐ後、Uさんの会社の人が、私を迎えに来ていた。
  ちゃんと打ち合わせをしていなかった。

12年2月21日 (69)

指江でバスを下りた。 20分ほどかかった。 400円。
Uさんの会社で、しばらくお話し。

 ※ 長島のジャガイモの発展について、Uさんが関わっているのではと、私は疑っていた。
   それを聞いた。 こうだった。
   Uさんがまだ20代のころ、仲間と始めた。 最初は、2人で。
   相手の人は、販売ルートを担当。 Uさんは、育てる方。
   育てるための資金等は、すべて農家に貸し与えた。 収穫の後で、払ってもらう形で。
   これで、誰もが作付出来た。 仲間は増え、5年で軌道にのったという。

夜に、Uさんの車のテレビのアンテナを見せてもらうことにした。
7時半から。 温泉の駐車場で。

道の駅まで送るよと言って頂いたが、最後は歩くことに。
見えてきた。 着きました。 お疲れ様。

12年2月21日 (70)

久しぶりに歩きました。 30㌔位なら、平気で歩けるようになりたい。 短い時間で。
昨年、十勝岳から旭川まで46㌔を歩いた。 その時、足が痛くなった。
未熟な足と知った。 今年もまた、どこかで、40数㌔に挑戦。

歩くと、風景が、小刻みに変わる。  いいなと思った時、シャッターを切れる。 それがいい。

晩に、私も、同じアンテナを付けることにした。
いいアンテナにしないと、山の中に行ったら、テレビは入らない。
今の場所でも、半分の局しか入らない。

心地よい、疲れでした。 温泉で、足を休めた。 足は、元気。

【今日の歌】
朱里エイコが歌う、デライラ、です。 このように彼女は歌う。 
アメリカにいたから、英語も上手。 ウインドウの発音なんか、完璧。

彼女は晩年、心の面で不安定になる。 寄り添う人がいなかったのかな。



本家本元か。 若いころ聴いた。 柔らかい歌い方をしますね。 今と、おどりが違う。



【道の駅】   長島

【明日の予定】  小さな温泉かな。 雨模様なので。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で8位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。     

スポンサードリンク

 
 
天気予報は、ずっと曇りか雨。
その中で、20日(月)だけが、晴れの予報だった。

ツルの北帰行のチャンスは、この日しかないと考えていた。
見る場所は、行人岳。
    ※    ※    ※    ※

速報の部分

※  現在20日の9時15分。
   行人岳の頂上にいます。
   ツルが飛ぶ可能性があるということで、たくさんのカメラマンが集まっています。

   車の窓から、外の様子を見ながら、作業をしています。
   人が動きだしたら、外に出ます。

少し高い所から撮影。
車は、次々とやってきます。 頂上は、満車に近い。

今日は、東の風。
ツルは、西の海に押される。 海は危険。
それで、東よりのルートを飛ぶという予想で、駐車場の東側にカメラが多い。

つる87866 (1)

上の写真の右側。 この写真の右の方から来る。 ここにもカメラは少し。

つる87866 (2)

上の写真の場所。
みんな専用のカメラです。

つる87866 (3)

向こうから来る。
左の光ってる辺りか、山の上か、その右か、どこか。

みんな色々予想している。
でも、方程式通りにはいかないこともある。

Uさんから、きっと飛ぶよ、と電話が入った。 気圧配置から判断したよう。
楽しみが増えてきた。

つる87866 (4)

誰かがツルを見つけたら、その方向をみんな見る。
出水市のツルがいるところから、飛んだという情報も誰かに入る。
その時も、その情報も広がる。

ツルは飛びました。 
第一陣は、10時ころ。 今日飛んだのは、5~6回に分かれて、400羽ほど。
みんな、目頭を熱くして見送った。。

とりあえず、写真を一枚。

IMG_002mmmm8

※ 上の写真の、前から3番目のツルは、片足が悪いのか、真っ直ぐできない。

IMG_0mmm027

今回の九州の旅で、ツルの北帰行が本当に見られるとは、思っていませんでした。
感動の一日になりました。

最後の部分、ツルが画面からはみ出ています。 ※ モニターにツルは見えない。



追加の記事

ツルは、この1週間飛んでない。
きっと、ツルはこの日を待っていた。 必ず飛ぶ。
ツルの気持ちになって、今日を予想する人もいた。

10時頃、ざわついた。
ツルは、まっすぐこっちに向かってはこなかった。
渡来地から、近くの笠山の上空に、旋回しながら上昇した。

みんな双眼鏡で見た。 私は、カメラの望遠で見た。

これが、最初に撮影した写真。

12年2月20日 (21)

お~、いるいる。 どこよ。 米粒、米粒。
そんな会話が聞こえる。

12年2月20日 (22)

予報の北風は、東風に変わっていた。

12年2月20日 (23)

ほとんどのツルは、笠山から、黒之瀬戸大橋の上を通って、行人岳の天草側を通った。

ツルの小さな群れが、バラバラ。 上昇気流か、佐世保方面への向かいやすい風を探しているよう。

12年2月20日 (24)

立派なカメラの人は、空のツルは撮らない。 狙っているのは、行人岳の下を通るツル。
カメラを持たない人も、たくさん来た。 マイクロバスで来た人も。

12年2月20日 (2)

北に向かった。 

12年2月20日 (25)

朝鮮半島まで、7時間。

12年2月20日 (26)

佐世保方面を見ている。 遠くのツルに話しかけてる人も多い。

12年2月20日 (27)

5回か6回、今日は飛んだ。 400羽前後。 すべて、マナヅル。
実は、マナヅルは、渡来地に残っていたのは、1000羽程だった。
だから、残っているのは、あと600羽ほど。

12年2月20日 (28)

4羽の家族は何て言うか知ってるかい、と誰かが言った。 幸せ家族だそう。

12年2月20日 (29)

※ カメラのレンズの、目に見えない汚れが写る。

朝鮮半島に夕方までには着く。 その後は、急がないという。
何日かかけて、アムール川の南の辺りに。 海を越えたら、もう心配ない。

12年2月20日 (30)

やっと行人岳の天草と反対側を通った。 目の前だ。 みんな歓声。

12年2月20日 (17)

風に載ったら、羽ばたかない。 

12年2月20日 (18)

天草側。  これが、最後に通った群れだった。 11時39分。

12年2月20日 (19)

※ ツルに詳しい人がいた。 (元、博物館の館長さんと、誰かが言った)

  渡来地の分散は、難しい状態と云う。
  ニワトリを飼っている町は、絶対に無理と云う。
  鳥インフルエンザに、ニワトリは弱い。

満足して、次の場所に向かった。

以前、獅子島のブログに、コメントをくれた人がいた。
その人は、獅子島で育った。 写真を見て、なつかしく思ったと。
母親が、薄井港の、鰤王(ぶりおう)という食堂で働いるという。

ちょうどお昼なので、行ってみた。 ここが、鰤王。
  ※ 鰤王は、長島で養殖したブリの、ブランド名でもある。

12年2月20日 (4)

刺身定食。  1200円。  観光地なら、2000円はする。 美味しかった。
 ※ 養殖のブリは、たまにまずいと思うことがある。
   でも、そういう味は、まったくしなかった。 まずかったら、日本一にはなれない。

12年2月20日 (3)

※ コメントをいただいた方のお母さんは、分かった。
  少しお話し。 娘さんは、島から離れている。

薄井港から、竹島への橋。 竹島大橋。 美しい橋。 ミニ、角島大橋の感じ。 ※ 角島大橋は、山口県に。

12年2月20日 (8)

間違いなく、日本一です。

12年2月20日 (5)

橋の上から見た、伊唐大橋。

12年2月20日 (6)

養殖にいけすが、びっしり。

12年2月20日 (7)

乳之瀬橋。 渡ったら、諸浦島(しょうらじま)。  橋の下は海だけど、せまい。

12年2月20日 (9)

橋の下。

12年2月20日 (10)

本浦港。

12年2月20日 (11)

ここでも養殖。

12年2月20日 (12)

諸浦島の先の近くにある、諸浦港。 向こうに獅子島。 フェリー、ロザリオがないかなと、探した。 

12年2月20日 (13)

ロザリオではないが、小さなフェリー。

12年2月20日 (14)

12年2月20日 (20)

道を行けるとこまで行ったら、ここに。 葛輪(くずわ)という地域でいいのか。

12年2月20日 (15)

島の天草側にある、小さな港。  名前は?

12年2月20日 (16)

前回来た時は、何日か粘ったが、見られなかった。

今日は、いい一日になりました。

【関連ブログ】  獅子島の七郎山を登る ~鹿児島県最北端の島へ~   他  (2011/5/21)
        ※ 上のブログの中で、ロザリオと言ってる船は、別の船です。
          ロザリオは、こんな船。 一昨年に撮影。

【今日の歌】
朱里エイコの「北国行きで」です。
彼女は、歌をアメリカで勉強した。 力を付けていた。
でも、悩みがあった。 自分で歌いたい歌が、歌謡界で、求められていなかった。 



サエラ、というグループ(2人)。 
朱里エイコと比べることは出来ないが、テレビで見る歌手と比べて、遜色ない。
1番が終わっての間奏の、彼女の立ち姿が好き。



【その他】   光市の母子殺人事件について

判決が確定しました。 この判決でいいと思います。
人の命を何とも思わない人間が多すぎるので、これでいいかなと。
警察・検察や裁判所が、信用できなくなって来たら、考えは変わる。
まったく信用できない時代が、以前あった。 本当は、今も少しはあるが。

木村さん、少しはほっとしたかな。
死刑にならないで犯人が刑務所から出て来たら、自分の手で・・、と言いましたからね。
よく戦いました。 お疲れさまといいたい。
光市を通る時、いつも思い出していました。

【道の駅】    長島

【明日の予定】  長島の中を歩く予定。 距離は、20㌔+何㌔か。  
         天気が悪ければ、出水市に変わった温泉があるので、そこに。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で8位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
         

スポンサードリンク

 
 
長島町には、長島の他に大きな島が、3つある。 伊唐島、諸浦島、獅子島。
高台にある針尾公園から見てきた。 その後、諸浦大橋を渡って、諸浦島に。
豊かな島と云うのが、感じ取れた。

3時から、Uさんの工場で、バッテリーを新しいのに交換。 優秀なバッテリーに。
これで、電気に余裕が生まれそう。
    ※    ※    ※    ※

針尾公園は、長島の北部。 見晴らしがいい。


詳しい地図。 3つの島が見える。

12年2月20日 (1)

針尾公園の展望台から。 島は、伊唐島(いからじま)。 伊唐大橋。

12年2月20日 (2)

斜張橋(しゃちょうきょう)。 ワイヤーが、斜め。 美しい。
この橋が出来て、島は豊かになった。

12年2月20日 (3)   12年2月20日 (21)

伊唐島の向こうに、獅子島。

12年2月20日 (6)

写真の下の方は、伊唐島。 向こうに、獅子島の幣串(へぐし)港が見える。
山は、七郎山。

12年2月20日 (24)

幣串港から、右に上って行く道を行った。 頂上まで、3時間ほどかかった。(一昨年)
右は、七郎山頂上。

12年2月20日 (23)   12年2月20日 (22)

上の写真の左。 海に浮かぶ、生簀(いけす)。 ブリの養殖。   ※ タイもある。
この一帯が、ブリの養殖日本一。 東町漁協の管轄。 ※ 日本一は、資料で確認しています。

12年2月20日 (7)

上の写真の、さらに左。 中央の島は、竹島。 橋は、竹島大橋。
左の港は、薄井漁港。 東山漁協の、中心のなる港。

12年2月20日 (4)

養殖の生簀は、円か四角。 三角はない。。 
ここの海は、潮の流れによって、海水が入れ替わる。 それは、養殖にとって、とっても都合がいい。

12年2月20日 (26)   12年2月20日 (25)

竹島大橋。 小さいけど、美しい橋。

12年2月20日 (27)

一番奥は、天草。 手前は、諸浦島。 この島も、竹島も、明日行く。
諸浦島の右先に、諸浦港。 ここからフェリーが、獅子島に。 フェリーロザリオ。 名前も姿もかわいい。

12年2月20日 (30)

諸浦港。  手前は、野島という、小さな島。

12年2月20日 (28)

さらに左。 中央に小さく橋。 乳之瀬橋(ちちのせばし)。  名前の言われは? ここの海は、乳之瀬戸。 
この橋を渡ると、諸浦島。 海は狭いので見えない。

12年2月20日 (5)

乳之瀬橋。

12年2月20日 (29)

伊唐島に渡って、ここは、伊唐港。

12年2月20日 (8)

港に、大きなトラック。

12年2月20日 (9)

赤土で獲れる、ジャガイモ。 長島名産。 色んな時期に収穫している。

12年2月20日 (10)

島の奥に行ってみた。 左は、ジャガイモの畑。 ここで、引き返す。

12年2月20日 (11)

どこも、ジャガイモの畑。 ビニルの畝(うね)も。
長島のジャガイモは、そのまま茹(ゆ)でたら、皮がペロンと向ける。 新イモのように。
茹でる前も、こすったらむけるという。 便利。

12年2月20日 (12)

伊唐大橋。 伊唐島から。

12年2月20日 (13)

潮の流れが早い。 ありがたいこと。

12年2月20日 (14)

薄井漁港。

12年2月20日 (15)

長島側から見た、伊唐大橋。 斜張橋(しゃちょうきょう)。

12年2月20日 (16)

3時までに、Uさんの会社に戻った。 道の駅長島から遠くない。
タイヤは、先日新しくした。
昨年の5月に、このバッテリーを1つ増設した。 前の方に積んだ。 威力抜群だった。 外国製。
今回、それを2個積んだ。 今までのより少し大きいので、鉄の枠もつくって、新たに取り付け。

12年2月20日 (17)

※ 7割充電して、朝方まで使ってみたが、まだまだ電気は残っていた。
  これからは、野球を見ながら、パソコンを使える。
  夜にエンジンかけるのは、少なくなる。

長島町は、畑作がさかん。 会社は、いそがしい。
私の後ろの方も、農機具でいっぱい。 車の向こうに、工場と事務所の大きな建物。

12年2月20日 (18)

水仙の季節です。 左の畑は、ジャガイモ畑。

12年2月20日 (19)

停泊場所。 私の後ろに、道の駅。

12年2月20日 (20)

今日は、バッテリーの取り付けがあったので、見る時間は、少しでした。
 ※ 昨日のブログを書き終えたのが、午後の1時前。 動いたのは、2時間ほど。
 
私の車は、長島に来た時、いつも何かがバージョンアップします。
私の車の基地は、車を買った函館と、長島。 日本の北と南。

電気は、私にとって、命綱。

【動画】




【今日の歌】
ムーランルージュの中の、ロクサーヌという曲。
この映画の舞台は、パリにあるキャバレー「ムーラン・ルージュ」。
  (いつか書きましたが、若い時、ヨーロッパに研修に行ってきました。 国の短期派遣の形で。その研修は、夜はいつも遊び。 
   イタリア、フランスなど、5ヶ国。 パリに行った時、ムーラン・ルージュで料理を食べ、踊りを見ました。
   豪華さに、田舎者には、目まいがしそうでした)

叫ぶように歌う所が好きです。 



キム・ヨナです。
シニアになった最初の年の、2006-2007シーズンのショートプログラムが、ロクサーヌです。
下の動画は、グランプリシリーズの2戦目、エリック・ボンパール杯。 フランス杯とも。
このロクサーヌは、ジュニアの最後の年にも使う。 だから、2年続けて。

彼女の若い頃の滑りでは、このフランス杯のが一番いい。
滑る時の顔の表情に、マスコミは驚いた。(45秒過ぎ)

1分過ぎに、フライング・シット・スピンという、ジャンプした後、沈み込むスピンがある。
その後の滑りが、大好きです。 風に押されるように。 曲に、ピッタリ合って。 手が長い。

この大会で優勝して、世界にデビューする。 (この時、安藤美姫が2位になる)
彼女は、グランプリファイナルで優勝してしまって、世界のトップクラスに仲間入り。

キム・ヨナは、氷の上で滑るのではなく、舞う。 それが、彼女の魅力。



【道の駅】   長島(道の駅の上)

【明日の予定】 行人岳  竹島  諸浦島

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で8位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
   

スポンサードリンク

 
 

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 2012年02月
2012年02月29日 (水)
杜氏の里、笠沙黒瀬  鑑真和上上陸地に、鑑真記念館  河津桜が咲いていた~  他  (2012/2/28)
2012年02月28日 (火)
野間半島の突端まで、あと少しだったのに  野間岳の頂上から、やっと野間池の全景が見えた ~南さつま市~  カスバの女  (2012/2/27)
2012年02月27日 (月)
石垣の里、大当(おおとう)  野間池は池ではなく、小さな湾だった ~南さつま市~  テネシーワルツ(その2)  他  (2012/2/26)
2012年02月26日 (日)
テレビアンテナの取り付け  オイル交換  ラドンの市比野温泉 ~薩摩川内市~  テネシーワルツ  他  (2012/2/25)
2012年02月25日 (土)
鹿児島県最古・名湯百選、川内高城温泉 ~薩摩川内市~  ハマジンチョウ  ひばりが歌う、国比べ  (2012/2/24)
2012年02月24日 (金)
藤川天神臥龍梅、花はまだ早かった。  藤川は、西郷どんの愛犬ツンの出身地 ~薩摩川内市~  牧場の朝  (2012/2/23)
2012年02月23日 (木)
湯船の底から湯が湧き出る、湯川内温泉 ~カジカガエルの声を聴きながら。 出水市~  ニニ・ロッソ  他  (2012/2/22)
2012年02月22日 (水)
道の駅長島から、道の駅黒之瀬戸だんだん市場まで歩く ~あっちこっちに寄りながら。 長島町~  他  (2012/2/21)
2012年02月21日 (火)
ツルは飛んだ!  行人岳から見たツルの北帰行  ファインダーを涙で曇らせ見送った ~長島町~  他  (2012/2/20)
2012年02月20日 (月)
長島針尾公園から見た、伊唐島・諸浦島・獅子島 ~長島町~  新しいバッテリー  ロクサーヌ(ムーランルージュ)  (2012/2/19)
次 >>
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。