FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

柿右衛門の名前だけなら聞いていたが、有田の人だった。
今は、磁器と呼ばれる白い焼き物は、普通に見るけど、有田が発祥の地だった。
焼き方は秘密だったが、一人の人間によって、外部に漏れた。 全国に広まった。
    ※    ※    ※    ※

昨日いた所から、数㌔の場所。


下の地図で、動いた。 ※ 歴史民俗資料館でいただいた資料の地図。(まちなみ探検のHPから)

aritakkiuooom.jpg

泉山磁石場(いずみやま じせきば)。
粘土を焼いても磁器は出来なく、陶石というのを焼かないと、磁器は出来ないよう。
この場所で、陶石が発見されたので、有田が日本での磁器発祥の地となった。
掘って掘って、山が消えて、穴があいた。

12年1月18日 (1)

下の2つの説明で、磁器について、大体のことが分かる。
磁器の材料の陶石には、ガラス分が多い。 だから、磁器はガラスっぽくなる。

12年1月18日 (2)   12年1月18日 (3)

豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、鍋島直茂は朝鮮半島から多くの陶工を日本へと連行した。
その中に、李参平(りさんぺい、イ・サムピョン)がいた。
この人が、この場所で磁石を発見した。 有田焼の祖となる。 この町では、神様の扱い。

12年1月18日 (4)

鉄分の少ない所は、白っぽいと、説明にある。

12年1月18日 (5)

歴史民俗資料館の中。 地図をいただき、丁寧に見所とパーキングを教えていただいた。
写真は少しで、説明を読んだ。 

12年1月18日 (6)

このように、型枠でも作れるのか。

12年1月18日 (7)

町の中を歩き始めた。 小路に入る。
下に、「~恋の願いが叶う~」とあるが、読まなかったので、何のことか分からずに終わった。
※ 調べたら、パワーストーンのお店の案内のよう。

12年1月18日 (8)

トンバイとは、登り窯を築くのに使った耐火レンガのこと。
それが壁に使われている。 いい雰囲気の壁になる。

12年1月18日 (9)

焼き物の工場。 この煙突が、町並みのアクセントになる。 大川内山(おおかわちやま)にもあった。

12年1月18日 (10)

正面の建物も、古いけど、味がある。

12年1月18日 (11)

辻精磁社という窯元(かまもと)。 家の周りは、トンバイ塀。

12年1月18日 (12)

同じ家の正面。

12年1月18日 (13)

メイン通りに、戻った。 町並みは、重伝建地区。 20年前に選定されている。

DSCF3058qqq_20120119100925.jpg

ウィンドウの中。 ガラスに映った物と、両方が写った。

12年1月18日 (14)m

いい感じ。

12年1月18日 (15)m

カラクリ人形を見るために、有田館に入った。  ※ 黒姫山の大蛇退治はの動画は、最後に。
  ※ 徳島で見た、人形浄瑠璃を思い出した。

12年1月18日 (19)m

カップなどの展示もしていた。

12年1月18日 (16)

これは、中国でつくられた皿。

12年1月18日 (17)

いいなと思うのは、高い。

12年1月18日 (18)

メイン通りではない。 左の建物は、有田異人館。 ある豪商が建てた。 外国人の宿泊所。

12年1月18日 (20)

遊びで撮った。 色んな物が、写っている。

12年1月18日 (21)

陶山神社。 有田焼の祖、李参平も、祀っている。

12年1月18日 (22)

鳥居は、焼き物。

12年1月18日 (23)

何でも焼き物。  ※ 「何でもや着物」ではない。

12年1月18日 (28)

こんな表情、よく考えたもんだ。 
左は、クシャミ直前のようにも・・。 鼻の穴に、細い草の茎を、入れてみればよかった。

12年1月18日 (24)   12年1月18日 (25)

ちょうど、列車が通った。 佐世保線。

12年1月18日 (26)   12年1月18日 (27)

メイン通りに戻った。 重伝建地区の家並み。

DSCF3097bbbnnn.jpg

戻っている。

12年1月18日 (31)

鍋島藩は、磁器生産の技術が外部に漏れるのを防ぐため、職人を一生外に出すことはなかった。
磁器の技術は守られ、有田でだけ生産は続いた。 

ところが、1806年に瀬戸の陶工加藤民吉が潜入に成功した。  技術が、漏れてしまった。 
それ以来、瀬戸でも磁器生産が開始された。 東日本の市場は、奪われて行く。
江戸末期には、全国に磁器生産が広まった。

こういう状況の中、それでも、有田の高い技術は残り、日本の磁器生産トップブランドとしての有田の名は
現在に至るまで色褪せていない、と云われる。(Wikipediaより)

町並みのほとんどの店が、焼き物に関する店だった。

【動画】    黒髪山の大蛇退治




【今日の曲】
  22歳の別れの編曲は、石川鷹彦。
  石川鷹彦が、仲間がいる場所で、編曲を考え、色々と演奏していた。
  聴いていた者が、「今のがいい」と叫んだ。 それが、この編曲。
  下で歌っている、作詞作曲した伊勢正三は、この編曲が無ければ売れなかったと語っている。
            (このことを語っている動画が、以前、YouTubeにあった)
  彼は、下の動画で、ギターを演奏している。



坂崎写真館で演奏されたSimon & Garfunkelの「ANJI」。



※ 石川鷹彦については、他にもいいのがあるので、別の機会に。
※ 明日は、カチューシャについて。
  AKB48の「Everyday、カチューシャ」がセンバツ行進曲に決まったので。  

【道の駅】    松浦 海のふるさと館


【明日の予定】  明日は天気が悪い。 平戸に行くかもしれない。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で11位です。            
            
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
          

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。