FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

今日も、takarinnさんに案内していただいた。
メインは、巌流島。 武蔵と小次郎の決闘の舞台。 
今年も、あと2日。 どうしましょう。 何を?
    ※    ※    ※    ※

8時に、門司港駅で待ち合わせ。
駅まであと少し。 レトロ地区を歩いている。 船もレトロ。

11年12月30日 (1)

門司港駅。 takarinnさんは来ていた。

11年12月30日 (2)

この船で、まず下関に渡る。

11年12月30日 (3)

唐戸市場。

11年12月30日 (4)

大きな市場。 北九州からも買いに来ると云う。

11年12月30日 (5)

小売りもやっている。 みんな、正月の御馳走を買いに来たのか。
食事をする予定だったが、混んでて食べられなかった。

11年12月30日 (6)

亀山八幡宮。 大きな石の鳥居。 金子みすゞの碑があった。

11年12月30日 (7)

金子みすゞが亡くなる前日、写真を撮ったことは知っていたが、その場所は、ここだった。
※ 20歳から亡くなる26歳まで、下関で過した。
  写真を撮って、晩に一人娘と一緒に風呂に入る。
  離婚したが、娘を自分の手元に置けないとなって、死を選んだ。

11年12月30日 (8)

亀山八幡宮のあった亀に池に、鶴が来ていた。 それを詠った。  ※ 関連ブログは、最後に。

11年12月30日 (9)

takarinnさんのガイド付きで、見学。  陸橋の上から。
右の建物が、変わっている。 屋上に庭園。 旧、秋田商会ビル。 今は、下関観光情報センター。

左の建物は、南部町(みなべちょう)郵便局。

11年12月30日 (10)

下関の市街地は、もう少し向こう。 その先は、本州の最西端。

11年12月30日 (11)

巌流島に渡るため、港に戻って来た。 足を怪我したハトがいた。
1㍍の距離まで近づいた。 
話すことと体を動かすことを止めたらダメ。 急な声や動きに、ハトは敏感。 その時、飛び立つ。
「どこで痛くしたの?」とか話した。

怪我してたのは右足。 引っ込めている。

11年12月30日 (12)

島に渡った。
昔の巌流島は、もっと小さかったとある。

11年12月30日 (13)

武蔵と小次郎は、なぜ決闘しなければならなかったのか。
何が本当のことなのか。
これらについては、よく分かっていない。 決闘があったことだけは、事実のよう。

11年12月30日 (14)

龍馬とお龍も来ていた。 決闘の場と知っていたの来たのかな。
※ 想像にお任せします、の文は余計な文。 

DSCF17ccc06

広い公園になっている。 向こう奥に、決闘の像がある。 右の建物に、下の絵があった。

11年12月30日 (15)

最初の決闘は、13歳とある。 その場所は、佐用町にあった。 ※ 関連ブログは最後に。

11年12月30日 (16)

武蔵は、木刀。 木刀の良さは折れないこと。 武蔵は知っていた。
後ろに橋が見える。

11年12月30日 (17)

ここから、全部見える。

11年12月30日 (18)

丘の上で決闘をしていた。 実際は海辺かな。

11年12月30日 (19)

武蔵は上から振り下ろす。 小次郎は、ツバメ返し。刀の持ち方、変わっている。

11年12月30日 (20)

武蔵の表情が分かる。  小次郎の像は、岩国にあったのに似ている。 

11年12月30日 (21)

武蔵の距離感は、正確だった。身に付けた物は切られても、そこまでだった。

11年12月30日 (22)

この後、真っ直ぐ門司港に。 船代は全部で、800円。
門司港駅にあった、戦前からの水道。 多くの人が飲んだ。 引き揚げ者も。

11年12月30日 (23)

今度は山に。 ずっと上の方まで、車。 
男の人にあった。 昨日も、山で会った。 自然薯(じねんじょ)を掘っている。

11年12月30日 (25)

こんなの。 かけらも大事にしている。 昨日は、3000円分掘ったと言った。

11年12月30日 (24)

30分歩いたろうか。 疲れる前に着いた。 takarinnさんも元気。

11年12月30日 (26)

右奥は、小倉区。 北九州市の中心。
小倉は、九州の北の大きな湾の奥。 その湾の中に、下関の半島が入り込んでいる。 

11年12月30日 (27)

真ん中に、巌流島。 右の方を歩いた。

11年12月30日 (28)

takarinnさんは用事があるので、一度、戻った。
私は、小路を歩いた。

11年12月30日 (34)

ここは、不動坂。 一度来たことある。 昨年か。

11年12月30日 (31)

少し下から上を見たら、こう。 雰囲気がいい。

11年12月30日 (30)

お地蔵さん。 これがあるから、不動坂か。

11年12月30日 (32)

もっと下からだと、こう。 左に酒屋さん。

11年12月30日 (29)

こんなお店。 立ち飲みのお店。

11年12月30日 (35)

中の写真を撮らせてもらうつもりが、酔ったので、忘れてしまった。

お店には、30代の男の人と、母親のおばあちゃん。
焼き鶏とかの料理はない。 枝豆か冷ややっこくらい。 缶詰やピーナッツはある。
男の人はこう言った。
この坂は、不動坂。 最近付けた名前。 昔は、美人坂。 この近辺には、昔、料亭が多かった。

年配の客が入って来た。 常連のよう。 だまって、酒が出てきた。 
いつも来るんですかと聞いたら、滅多に来ないと。 そして、週1回と、付け加えた。
30年前から来てるそう。 こんな話も。

昔は、門司港に、いろんな支店がいっぱいあった。 美人も多かった。
全部、今は、博多に行った。 美人も行った。

酒は、最初、下のように飲んだ。
写真を撮るため、減った分私の酒を足して、もう一度飲んでもらった。 

2時間程いたでしょうか。 3合ほど飲んだ。 いくら払ったか、忘れた。 驚く安さ。
ノートにメモした字は、読めない。

11年12月30日 (36)

こんなアーケード街を歩いて、車に戻った。

11年12月30日 (33)

晩に、また、takarinnさんが遊びに来た。 おばあちゃん(母親)が作った、卵焼きをもって。
何時頃まで話したか、分からない。

門司は毎年通る町。 門司の魅力は、他にもまだいっぱいある。
それは、この次のお楽しみ。 takarinnさんに感謝。

【関連ブログ】  ※   金子みすゞのふるさと仙崎 東後畑の棚田 竜宮の潮吹 ~山口県長門市~ 他 (2010/4/29)
           ※   乙大木谷の棚田  宿場町平福  武蔵初決闘の場 ~兵庫県佐用町~  他  (2010/5/15)
         

【今日の歌】
また、歌い始めました。


【停泊場所】   昨晩に同じ

【今日の予定】   西に。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で10位です。            
            
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
         

スポンサードリンク

 
 
関門海峡の下にある、海底トンネルを歩いた。
海底の国道2号線は、車道と人道の2層構造になっていた。
県境は、トンネルの真ん中に。

今日は、takarinnさんに、門司区と小倉区を案内していただいた。
    ※    ※    ※    ※ 
関門海峡には、橋の他に、国道トンネル、鉄道トンネル、新幹線トンネルがあった。


関門橋の下近くにある、和布刈(めかり)神社。

11年12月28日 (1)

平氏は、壇ノ浦の決戦前夜、戦勝祈願に来たとある。 1185年3月23日のこと。

11年12月28日 (2)

下の写真の、向こう岸の右隅が、壇ノ浦。
目の前の狭い海に、平氏の船500、源氏の船800が、ひしめき合っていた。 ※ もっと多い説もある。
こんな様子。(Wiki)

11年12月28日 (3)

関門トンネルには、人が歩ける「人道」があった。 知らなかった。

11年12月28日 (4)

エレベーターで降りて、それから歩いた。 すこしずつ下っている。

11年12月28日 (5)

中間。 県境。 ここから、ゆっくり登る。
寒くないので、マラソンの練習をしている学生さんとかがいた。

11年12月28日 (6)

壇ノ浦に出てきた。 
※ 壇ノ浦の戦いと言うが、壇ノ浦の前の海で戦ったという意味。 陸から矢を放ったりもして。

11年12月28日 (7)

長州砲のレプリカ。 ここから、外国の船に発砲した。 後に反撃されて、全部奪われた。

11年12月28日 (8)

こんな様子。

11年12月28日 (9)

安徳天皇入水の地と。 7歳で。  
母の建礼門院は助けられて、京都の寂光院で、安徳天皇と一門の菩提を弔った。

11年12月28日 (10)

この後、takarinnさんの車で動いた。 ここは、平和パゴダ。
※ 第二次世界大戦戦没者をまつり、世界平和を祈るため、 ビルマ政府仏教会と日本側有志により昭和33年に建立されたもの。
  ビルマ式寺院。 現在は、閉鎖。

11年12月28日 (11)

和布刈公園の山の上。 門司城跡。

11年12月28日 (12)

山を下りる途中にあった壁画。 壇ノ浦の戦い。

11年12月28日 (13)

手前の船に乗っているのが、安徳天皇か。 左の助けられてるのが、建礼門院のよう。 (説明はない)

11年12月28日 (14)

上の近くから見た、関門橋。

11年12月28日 (15)

レトロ地区。

11年12月28日 (16)

右奥は、下関の市街地。 ○の中に、巌流島。

11年12月28日 (17)

この後、小倉にあるTOTOの歴史資料館へ。 本社は、小倉にあった。
トイレに関する物を、展示。

11年12月28日 (18)

※ ここで思い出したことがあった。
  歌人の柳原白蓮は、九州の炭鉱王に嫁いだ。 そこで準備されていたのは、九州で最初の水洗トイレ。
  柳原白蓮は、大正天皇とは従妹の関係。
  なお、先日紹介した九条武子と一緒に、歌人の佐々木信綱に師事していた。 同人誌『心の花』を通じて親しく交流。 
  
陶器の展示館もあった。 
下のには、マッチを入れるところが。

11年12月28日 (19)

小倉城跡。 建物は、鉄筋コンクリートの城。 
 ※ 今後、鉄筋コンクリートの城は、新しくはできないのではと、思うかな。
   お金をかけて木造で復元したら、100年以上もつし、価値もある。
   鉄筋コンクリートなら、50年ほどでダメになるのでは。

11年12月28日 (20)

建物の中は、資料館だった。
昔の町並み。 望遠鏡でのぞける。 目の前なのに。

11年12月28日 (21)

籠。 乗ってもいい。 肘かけ、背もたれ、狭くても贅沢。 前にテレビがあれば、退屈しない。

11年12月28日 (22)

眼中島の決闘の説明。 小次郎の流派が巌流島、とある。

11年12月28日 (23)

手前は、武蔵の木刀。 真ん中は、小次郎の剣。 奥は、普通の剣。 
どれも重い。 相当の体力が無いと、振り回せない。

11年12月28日 (24)

天守の最上階から。

11年12月28日 (25)

この後、松本清張記念館に。 写真は撮れなかった。

手向山(たむけやま)の頂上への途中に、宮本伊織の墓があった。 この人は、宮本武蔵の養子。

11年12月28日 (26)

頂上に、宮本武蔵の碑。 宮本伊織が作った。

DSCF16ss43

※ 伊織は16歳の時、島原の乱の戦いに行って、大活躍している。
  関連ブログ  明日を信じた人々の戦い「島原の乱」  他 (5月7日 晩

門司港に戻って来た。 ○の中に、巌流島。

11年12月28日 (28)

ちょうど、日が沈む時だった。

11年12月28日 (27)

今日は、takarinnさんのお陰で、私は楽。 
晩は、私の車で夕食。 途中で買い物して。

そうそう、昼食は、うどんのお店に。 これが美味しかった。 しょっぱくない、濃い味。
肉うどんに、ごぼう天を載せて。 

【今日の歌】
心の花。 作詞は、五木寛之。  
  ※ 上の方で出てきた「心の花」とは関係ないが、同じ名前なので、今日はこの歌。 



望郷も。



【停泊場所】    昨晩に同じ。

【明日の予定】    巌流島他

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で12位です。            
            
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
          

スポンサードリンク

 
 

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。