FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

山本勘助の生誕の地として、一番可能性が高いので、行ってみた。
富士宮市山本は、生誕地として、大正時代に名乗りを上げ、石碑を建てていた。
   ☆    ☆    ☆    ☆

近くを、富士川が流れている。 日本3急流の一つ。



富士根駅近くの駐車場に、車を置いた。  緑の道を時計と反対回り。

11年11月7日 (32)ppp

こんな勘助が出迎えてくれた。

ksk_0099878.jpg

道が不安になった頃、こんな案内が表れる。  細い道が多い。

11年11月7日 (1)   11年11月7日 (2)

山本八幡宮。 小さな神社。 この辺りは、山本と言われる地域。
この神社は、勘助の本家の吉野家がつくった。

吉野家は、山本では、名のある家柄。

11年11月7日 (3)

南に向かっている。 よその家の庭をのぞいたり。

11年11月7日 (4)

勘助は、吉野家に生まれ、幼名は「源助」とある。 豊川市の牛窪に養子に行って、勘助と。
山本の出身だから、山本勘助。 それでいいのかな。

11年11月7日 (5)   11年11月7日 (6)

吉野家。 門は、長屋門で、江戸時代のもの。 母屋は、火事で焼けた。

11年11月7日 (7)

「山本勘助誕生地」の碑。 大正時代に作られた。 
根拠にした文書は、江戸時代末期の、「駿河志料」と説明にある。
※ 現在は、『甲斐国志』にもこのことは載っていることが分かっている。

生誕の地は、他でも名乗っているが、大河ドラマ「風林火山」を作ったNHKは、この地を生誕地としている。

11年11月7日 (8)   11年11月7日 (9)

山本勘助は、学者は伝説の人物と言っていた。
だから、大河ドラマでは扱えなかった。
昭和44年、釧路で新しい文書が見つかり、存在が現実味を帯びてきた。

NHKは実在したことを確信し、勘助が主人公の「風林火山」を作成した。
これは、2007年のこと。
そして、次の年、新しい資料が群馬県で見つかり、勘助の存在は、確かな物になっていく。

※ 学者の中で、伝説の人物と言ってた者は、資料が見つかっても、簡単に自分の学説は変えない。
  だから、現在も、勘助の存在は完璧とはなっていない。

  NHKは、勘助は存在しないと批判されても、それに答えることが出来ると自信を持っていた。
  資料が見つかったことにより、いずれは、勘助は歴史上の人物となる。

  影響力の強い学者によって、歴史の真実が、ねじ曲げられることがあると聞く。
  数日前に書いた、大善寺に泊った武田勝頼のことを書いた理慶尼記は、ある学者が認めない。
  そのため、文書の存在が大きくなっていないという。(大善寺の住職さんの話し)
                              ※ Wikipediaでは、認めているが。
  
石碑の裏には、勘助の生涯が。  右は、誰かが作った歌。

11年11月7日 (10)    11年11月7日 (11)

右は、吉野家に残っている家系図を、分かりやすく書きなおしたもの。

11年11月7日 (12)   11年11月7日 (13)

新聞記事。 資料として、載せておきます。
※ そのままでは読めないので、パソコンの字の拡大が必要。

11年11月7日 (14)   11年11月7日 (15)

なつかしい。 このドラマで、勘助と由布姫が大好きになった。

11年11月7日 (16)

次に向かった。 右手に墓地が見えてきた。

11年11月7日 (17)

勘助の母親の墓が、右奥にあった。  ※ 勘助の墓は、別のところ。 あっちこっちに。

11年11月7日 (19)   11年11月7日 (18)

時々、こんな地図。 いまはここに。

11年11月7日 (20)   11年11月7日 (21)

向こうから細い道を入って来た。
家の庭の木は、お茶の木。 お茶の産地に来ると、庭の木もお茶。 ここは、静岡県。

11年11月7日 (22)

お茶畑の向こうは、新東名高速。 工事中。

11年11月7日 (23)

勘助坂。 この坂の下に、勘助が子供のころ住んだ家があった。
祖父が、本家から離れて、こっちにきた。

11年11月7日 (24)

宗持院という寺があった。 祖父が建てた。 勘助の家は、この近くにあった。
右側に川が流れている。 橋は無い。 どこに行くにも、勘助坂を上らなければならなかった。

11年11月7日 (25)

次へ。

11年11月7日 (26)

柿の木とお茶畑。

11年11月7日 (27)

向こうは富士市。 その向こうは、海。

11年11月7日 (28)

代信寺。 ここが山本家の菩提寺。

11年11月7日 (29)

上の寺には、勘助の父母の像が安置されている。 (富士宮市のHPより)

mokuzoukiu899.jpg

この道を戻った。 県道176。  歩道が無いから、危険。

11年11月7日 (30)   11年11月7日 (31)

この山本の地で、勘助は生まれた。
そして、静岡県豊川市の牛窪を中心に、若い時期過ごした。
ずっと後に、信玄に見いだされて行く。 軍師として。

もし、勘助が長生きしていたら、由布姫の息子の勝頼の運命はきっと変わった。
勘助がいることにより、勝頼の信頼は高まった。
そうだったら、よかった。

【関連ブログ】  山本勘助の魔利支天像   他  (2009/11/15)
           山本勘助の墓 ~山梨県北杜市高根町~   峠越え  他  (2009/10/25
          小坂観音院 高島城 手仕事屋きち兵衛 他 (2009/06/19
          
【道の駅】   富士

【明日の予定】  静岡市の清水です。 Kさんに会います。
         富士山の五合目を検討中。 明日の天気はいい。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は6位、 旅行全体で13位です。            
           
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
          

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。