FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

武田信玄は、軍師を採用する際に、こう聞いた。
  「占いは足利にて伝授か?」と。
軍師には、占いと兵法が必要だった。
足利学校で易学を学ぶことは、一人前と認められることに、つながった。
 ※ 武田の軍師 山本勘助が学んだかどうかは、分からない。
   ある物語では、学んでいるが。

渡良瀬橋の袂で、森高千里の曲「渡良瀬橋」が、夕日の中で爽やかに流れた。
    ☆    ☆    ☆    ☆

足利市は、栃木県の南西部。 群馬県との県境に近い。


車は、河川敷の駐車場に置いて歩いた。
正面が、足利学校。 門は、学校門。  學校と書いてある。 入館料400円。

11年10月28日 (1)

孔子廟。 この学校では、孔子の儒学を学んだ。 ※ 門もこの建物も、江戸時代の初めのもの。

11年10月28日 (2)

孔子像。

11年10月28日 (3)   11年10月28日 (4)

手前が方丈で、ここで学んだ。 向こうは庫裡(くり)で、台所。

11年10月28日 (5)

庫裡から入った。

11年10月28日 (6)

方丈。 寺小屋という感じでない。

11年10月28日 (17)

宥坐之器(ゆうざのき)。   
最初少し傾いている。 水を丁度良く入れると、真っ直ぐに。 入れ過ぎると、ひっくり返る。
これで、教訓を学ぶ。

この人も、ひっくり返るまで水を入れてみた。

11年10月28日 (7)

正面、木の向こうに、遺跡図書館がある。 大正時代の建物。
玄関から入った時、ここは入室禁止、ここも禁止と続いた。 どこに入れるんだと、他の客と顔を見合わせた。

11年10月28日 (8)

100人くらいは、座れそう。

11年10月28日 (12)

右は、仏殿と、徳川家の位牌。

11年10月28日 (9)   11年10月28日 (11)

見える建物は、さっきの孔子廟。 庫裡の後ろに、書院があって、そこから。

11年10月28日 (13)

吉田松陰と高杉晋作も来たと。
 
吉田松陰が来たのは、1852年4月3日とあった。
以前のブログに書いた、吉田松陰が、秋田と青森県の間にある矢立峠を通ったのは、同じ年の2月29日。
それで、東北からの帰りに寄ったと分かる。

11年10月28日 (15)

上杉憲実(のりざね)。 足利学校の、中興の祖とあった。

11年10月28日 (16)

※ 上の像の本物は、新潟県の雲洞庵にある。
  大河ドラマで、直江兼続が幼少時代、「わしはこんなとこ来とうはなかった!」 と言った寺。

下の門は、裏門。 普段は、ここを使ったと云う。 袖塀と云う塀がある。 珍しい。

11年10月28日 (18)

全体が、ここからやっと。

11年10月28日 (19)

足利学校で出て、まちなか遊学館に入った。
織物の機械と、夢二の絵ハガキ。 足利は、かつて、織物が盛んだった。

11年10月28日 (21)   11年10月28日 (20)

ばん阿(な)寺に向かっている。 近い。

11年10月28日 (22)

この町は、私があまり良く言わない、相田みつをの出身地だった。

11年10月28日 (23)

足利尊氏の像。 
足利市が、足利氏発祥の地と聞いていたが、そのことは、足利学校では分からなく、気になっていた。

11年10月28日 (24)

下の家系図に、源義康がいる。 この人が、この地で、足利義康を名乗る。

keizu gennzi

義康の数代後に、足利尊氏が生まれる。 そうして、金閣寺の義満や銀閣寺の義政につながる。
確かに、足利氏発祥の地だった。 やっと分かった。 源氏の流れだった。

keizuasikaga098.jpg

ばん阿寺の境内は広く、ここは、かつて足利氏の館(やかた)だった。
※ 城跡とも考えられ、日本100名城(15番)に選定されている。

11年10月28日 (25)

イチョウの大木。 建物は、多宝塔。

11年10月28日 (26)

本堂。  寺の説明では、1196年建立とあった。 Wikipediaでは、1299年。
いずれにしても古い。

11年10月28日 (27)

機械で、獅子が舞っていた。  びんづるさんかな。

11年10月28日 (28)   11年10月28日 (29)

道は、四方にある。 戦いに備えてか。

11年10月28日 (30)

経堂。   帽子をかぶった、地蔵さん。

11年10月28日 (31)   11年10月28日 (32)

境内は木が育っていて、この場所からだけ、全体が撮れた。

11年10月28日 (33)

街の中の道を歩いて、交番で聞いて、やっとここに来た。 渡良瀬橋。

11年10月28日 (34)

川は、もちろん、渡良瀬川。 いい名前。

11年10月28日 (36)   11年10月28日 (35)

歌碑があった。 ボタンを押したら曲が流れた。  ※ 音が小さかったので、動画は無理だった。

11年10月28日 (37)

11年10月28日 (38)

※ この歌が生まれた経緯は、Wikipedisに、こうあった。

  森高が1993年に新曲をリリースする際、特にイメージが沸かず困っていた頃、橋の詞を作ることにし
  地図を広げ「言葉の響きの美しい川や橋」を探し、「渡良瀬川」という文字が気に入った。
  森高は1989年に足利工業大学でライブを行っており、大学のある足利市内に渡良瀬橋という橋がある
  ことが分かった。
  その後、現地に再訪して橋の周辺を散策、そのイメージを使って詞を書いた。



城之内早苗も歌っている。



歌ってる通り、夕日も、夕日に照らされた町も、きれいだった。

11年10月28日 (39)

急に渡ると分かって、曲は間に合わなかった。  



渡良瀬川は鉱毒で苦しんだけど、渡良瀬橋の歌によって、少し助けられたでしょうか。

東京に近づいてきたので、何もかも、込み入ってきた。
川越市に行ったら、すぐ脱出する。

【その他~ダルビッシュの一言】
  野球のドラフトで、巨人入りを希望していた管野を、日ハムが交渉権を手に入れた。
  マスコミは、1位指名した日ハムを「空気が読めない日ハム」と書いた。
  世論が、その言葉に流されそうになった。

  その時、ダルビッシュが、ひとこと言った。
  『そもそも、そんな「空気」あったらいけないですよね。 全ての人、球団に平等であるべき』と。
  
  空気が再び変わった。
  管野がもし日ハムに入ったら、ダルビッシュの一言が、大きな影響を与えたことになる。
  ダルビッシュの言うことは面白いし、重い。

  ※ 話しが少しそれて、
   城之内早苗のおじいちゃんと、元巨人の城之内投手は、兄弟。 
   投手の後、スカウトをやった。 若き日の落合を入団させたのは、彼。  

【道の駅】    めぬま   ※ 群馬県を通り越して、埼玉県に入った。


【明日の予定】   川越市を考えているが、明日は無理かな。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は8位、 旅行全体で20位です。 放浪の旅は43位。           
            
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
         

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。