FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

巴波川(うずまがわ)を中心に、蔵の街並みはあった。
倉敷を、少し規模を小さくした感じでしょうか。

日光街道にあるのかと思ったら、そうではなく、日光から中山道への道にあった。
名前は、日光例幣使街道(にっこう れいへいし かいどう)。 
初めて聞く名前。
    ☆    ☆    ☆    ☆

栃木市は、宇都宮の左下。  さらに、左下に、ラーメンの佐野市がある。


駐車場で地図をいただいた。
見所は、川沿いと聞いたので、その中心の幸来橋に向かった。 
バスの後ろが、橋。

11年10月26日 (1)

巴波川。 うずま川と読む。 向こうに歩く。

11年10月26日 (2)

橋から、すこし来た。
足利市は、吉屋信子と云う人の、育った町だった。

ここに書いてある通り、もし、この川が無かったら、変化のない街かな。

11年10月26日 (4)

江戸時代から、この川を利用して、物を運んだとある。
上りは、舟を引っ張ったと。

11年10月26日 (3)

小さな広場になっていて、彼女の記念碑があった。
吉屋信子の本は読んだことないが、「徳川の夫人たち」や「女人平家」の作者。

石碑には、「秋灯 机の上の 幾山河  信子」とあった。

11年10月26日 (5)   11年10月26日 (6)

戻って、橋の上流に歩いた。 左に古い家並みが続いた。

11年10月26日 (7)

上流側から撮影。 古い建物は、塚田歴史伝説館になっている。

11年10月26日 (8)

川は、魚でいっぱい。

11年10月26日 (9)

この辺りは、うずま公園。 トイレも電話ボックスも、蔵のデザイン。

11年10月26日 (11)

遠くの橋は、幸来橋。

11年10月26日 (12)

コロリ、が面白い。

11年10月26日 (13)

少し戻った。 この後、適当な道を歩き出した。

11年10月26日 (14)

ガーデン喫茶、巴波(うずま)の小歴(これき)とあった。 いい雰囲気です。

11年10月26日 (15)

銭湯が見えた。 調べたら、明治22年創業、薪焚きの銭湯とあった。

11年10月26日 (16)

上の銭湯では、金魚を見ながら湯船に入れると、情報誌にあった。
こんな風に。(玉川の湯のHPから)

kinngyo765677.jpg

歩いていたら、こんな宣伝。 「ハリウッドの歴史はコダックの歴史」
ビビアン・りーとマリリン・モンロー。

11年10月26日 (17)

ビビアン・リーは、先日「蛍の光」で紹介しました。 好きな曲なので、再度。
いい表情です。  ※ 『哀愁』 - Waterloo Bridge (1940)
 



※ 最近、運転しながら、手仕事屋きち兵衛さんを聞いている。
  今日も聞いた。 「ねがい星」と云う曲の3番を聞いている時、ビビアン・リーを思い出した。
  この人は、激しい恋をした。 待つのではなく、攻めの恋。
  ねがい星の3番は、反対の恋。 こんな歌詞。

     サラサラ流れるあの川に
     私を流してみましょうか
     もしも あなたと結ばれる
     運命(さだめ)ができているのなら
     あなたは優しく つかまえてくれるでしょう
     サラサラ流れるあの川に
     私を流してみましょうか

  ここで聞くことが出来ます
  ビビアン・りーの恋は、ここに書かさってます

再度、下流の方に歩いた。
船頭さんは、何か、歌を歌っていた。

11年10月26日 (18)

11年10月26日 (19)

善の家土蔵。 美術館に利用している。
この建物は、「おたすけ蔵」とも呼ばれ、多くの人を助けた歴史がある、と説明にあった。

11年10月26日 (20)

小さな病院と、最初思った。 万年筆の病院だった。
「文字をしたためる」という表現があるが、これは、ボールペンでは無理。

11年10月26日 (21)

石段を水が流れている。 歩いてもいいのか?

11年10月26日 (22)

栃木市役所別館を見に行った。 水色の建物。

11年10月26日 (23)

玄関前。

11年10月26日 (24)

こんな説明があった。 これが気になって、全体の写真を撮り忘れた。

11年10月26日 (25)   11年10月26日 (26)

三島 通庸(みしま みちつね)と云う人の、判断とある。
調べてみたら、この政治家は、庶民のことは、全く考えていませんでしたね。

県庁は栃木にあったんだが、この町は自由民権運動が盛んだった。
それで、三島は栃木を嫌って、宇都宮に移した。 

※ 加波山事件というのがあったんですが、これは、三島の暗殺を企てた事件だった。
  初めて知りました。 田中正造も逮捕されている。
  秩父事件と、同じような時代かな。

事務所に、雛人形があった。(街の、あっちこっちで、飾っている)

11年10月26日 (27)

綱で船を引っ張ったので、この名前。

11年10月26日 (28)

山本有三ふるさと記念館。 この人は、路傍の石の作者。
※ 生家が、この建物の左にあった。 今は、別の建物。

11年10月26日 (29)

とちぎ蔵の街観光館。 後ろに長く、建物が続いている。 この中で、食事した。

11年10月26日 (30)

こんなお店。  ※ ここで食べると、駐車料金が無料になる。 だから、食べた。

11年10月26日 (31)

私が育った、美瑛のソバだった。 ご飯は、海老ドン。 どっちも、美味しかった。 
  ※ 後で知ったが、このお店は、評判のいいお店だった。

11年10月26日 (32)   11年10月26日 (33)

お店の前と、蔵の中。 真ん中の木が、大きすぎる。  蔵に物を仕舞ったら、お蔵入り。

11年10月26日 (34)   11年10月26日 (35)

立派な神社ではないが、栃木のお伊勢さま。

11年10月26日 (37)   11年10月26日 (36)

蔵でない所も、蔵の雰囲気。

11年10月26日 (38)

昔ながらの建物。 中身は、今風。

11年10月26日 (39)

のんびり時間を忘れて散歩するのが、似合う。 そんな街でした。

※ 日光例幣使街道について。  途中、こんな標示があった。

heisikaidou786.jpg

Wikipediaの説明では、こうでした。

○ 東照宮に幣帛を奉献するための、勅使(日光例幣使)が通った道。
  幣帛(へいはく)は、神社で、神前に奉献するものの総称。
  勅使(ちょくし)は、天皇の使い。
○ 京都をスタートし、中山道を通って、日光例幣使街道に入る。
○ 家康が亡くなった後の1647年から、江戸時代最後の年の1867まで続いた。

そう云うことでした。 家康の存在は、大きいと云うことですね。

【関連ブログ】 水のある町並みをいくつか。

    水郷佐原の大人形山車  小野川沿いの古い町並み ~香取市佐原~   他  (2010/7/9)
    水郷柳川 さげもんまつり 北原白秋 山頭火 ~福岡県柳川市~   他  (2010/3/7)
    倉敷 美観地区を歩く  大原美術館 ~倉敷市~   他  (2010/12/11)
 
【道の駅】   きたかわべ   
        ※ 目的地に来ています。 
          そばには、渡良瀬遊水地。 ここには、昔、谷中村があった。
          足尾銅山の鉱毒で、畑が作れなくなった。
          多くの人が、北海道のオホーツクの山の中に、開拓に入った。
          そこの地名は、佐呂間町 栃木。
        ※ 関連ブログ  足尾銅山鉱毒事件 と 佐呂間町栃木  他  (1月30日) 

【明日の予定】  色々歩いて、調べます。 何があって、どうなったのか。


※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は6位、 旅行全体で15位です。  放浪の旅が、45位でした。                           
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
  

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。