FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

及位駅の読み方は、のぞき駅。
のぞきと言っても、除くのか覗くのか、意味が分からない。
お風呂を覗(のぞ)くとか、そんな意味ならいいなと思っていた。

駅では分からなかったが、調べたら分かった。
望んでいた通りだった。
※ 後で知ったが、本当は駅に説明があった。

どうしてそう読んだのか。
それは決して、想像出来るものではなかった。
問題は、何を覗くかです。 命がけ。

金山町を歩いたら、どこからともなく、水の流れる音がした。
この町は、伝建地区には、指定されていない。
でも、町並みはいい。
そして、大堰(おおぜき)と言われる用水路の周りは、優れた庭師が設計したような景観になっていた。
    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

ここが、及位駅。 のぞき駅。

11年10月13日 (1)

及位駅は山形県。 次の駅は院内駅で、秋田県。


向こうに行くと、新庄市。 南方面の上り。

11年10月13日 (2)

たしかに、のぞき。

DSCF807409889.jpg

のぞき駅の跨線橋(こせんきょう)の窓から、のぞいて撮った。

11年10月13日 (3)

赤○の所に説明があった。 気付かなかった。

11年10月13日 (4)bbb

説明は、こうだった。 (のんびり日記さんより、お借り)

riyuu33444433333_20111014003113.jpg

下の地図に、女甑山(めこしきやま)が。

pp09098890lll.jpg

女甑山には、穴があって、そこを下の写真のように覗いた。(SASAIなBLOGさんよりお借り)
この写真は、大峰山ので、現在も行われている。
※ 昔から各地で、同じような修行が山伏とかによって行われていた。 今は少ないが。
※ この修行の発祥が、及位と云う訳ではないよう。

syugyou989999555.jpg

女甑山は、こんな山。 行われた場所の写真は見つからない。 崖でしょうけど。
※ ちなみに、男甑山はこんな山。 昔の人は、山の名前でも楽しんだ。 開放的。

そんなことで、上の説明にあるように、及位(のぞき)という地名が生まれ、及位駅という駅名が生まれた。

次は、金山(かねやま)町。 



車は、役場の駐車場に。 ありがたい。 地図も役場に。
歩きだしたら、この風景。

11年10月13日 (5)

家は金山杉と白壁で作っている。

11年10月13日 (6)

その家は、「美しく古びる」を目指した金山型住宅だとある。
こんな考え、初めて。

11年10月13日 (7)

古い門が見えた。

11年10月13日 (8)

金山城の大手門と説明に。 もう一つの門は、別の所に。

11年10月13日 (9)

金山大堰(おおぜき)。 名が知られている物。 いいですよ。

11年10月13日 (10)

大堰は、人が作った用水路。 

11年10月13日 (11)

どこの風景を切り取っても、美しい。

11年10月13日 (12)

古くからあると、ある。 昭和52年度の改修で今の姿に。

11年10月13日 (13)

あの木が、あの橋が無くても物足りない、と思えてくる。

11年10月13日 (14)

水は、飲めるのでは、そのくらい澄み切っている。

11年10月13日 (15)

反対側から。

11年10月13日 (16)

魚も気持ちいい。

11年10月13日 (17)

向こうからこっちに、入って来た。 他人の家の中庭。
通り抜けしていいですよと、標示があった。

11年10月13日 (18)

山の頂上に、城跡があると云うので、行きたくなった。

11年10月13日 (19)

有名な名前の神社が、山のあちこちに。  ※ 熊野本宮大社(昨年6月8日

11年10月13日 (20)

秋葉神社。   ※ 秋葉神社の総本山は静岡県に。(一昨年11月10日)

11年10月13日 (21)

ここが頂上だけど、こんなのでお終い。 何もない。
おまけに、道はどこだか分からなくなってきた。

※ 登る時、位z元の人に道を聞いた。 途中まであると言った。

11年10月13日 (22)

この後、反対側の道を下山した。 草の露で、足が濡れた。

小さな祠が、いくつもあった。  じっと前を向いていた。

11年10月13日 (24)   11年10月13日 (23)

また門があった。

11年10月13日 (25)

白のもう一つの門は、これだった。 城門。 お寺にあったのがここに。 

11年10月13日 (26)

普通の通り。

11年10月13日 (27)

花も茎も葉っぱも、みんなあかい。

11年10月13日 (28)

正面の寺に門はあった。

リンゴを積んだ軽トラが停まったので、戻った。

11年10月13日 (29)

頂いた。 摘んだばかりの味。 

11年10月13日 (30)

お話ししていたら、家の人が、イナゴの佃煮を持ってきた。
足をつまんで、何とか1匹食べた。 強い甘みで、匂いはない。 

11年10月13日 (31)

2つ買う予定だったが、安いので、500円分買った。 10個あった。 おまけも。
毎日、1個づつ食べる。

11年10月13日 (32)

肘折温泉に行くよと言ったら、足折りでないからね、肘折りだから間違うんでないよ、と言われた。
手を曲げたり、身振り手振りで。

役場の人も通りがかって、この地方の見所はどこだとか、そんな話も。

11年10月13日 (33)pp

こんな碑があった。 この人の名前は、時々見る。

11年10月13日 (34)   11年10月13日 (35)

大堰に戻って来た。

11年10月13日 (36)

屋根付き橋を最後に見て、金山町を離れた。

IMG_1618loiiui8999.jpg

 ※ 龍馬の脱藩の道にあった、屋根付き橋を2つ。
    檮原(ゆすはら)の神幸(みゆき)橋。  檮原を出て、その日に峠を越えて脱藩。
    大洲市の山奥にあった、御幸(みゆき)の橋。 脱藩した日、この橋を渡る。

真室川町を通った。 真室川駅。

11年10月13日 (39)

この町は、真室川音頭発祥の地。 ガラスに映っているのは、駅前。

11年10月13日 (40)

停泊できる場所があれば、今日はここでもいいけど、見つけられなかった。

11年10月13日 (38)

真室川音頭。 遊びっぽい民謡。

11年10月13日 (37)

艶(つや)っぽい歌い方がいいですよ。



駅構内。 もちろん、奥羽本線。

11年10月13日 (41)

湿原の標示があったので、細い道を入って来たら、米(よね)という地域。

11年10月13日 (42)

この辺り。



山道を少し走ったら、ここに。 湿原は、奥の道を下りて行く。

11年10月13日 (50)

小さな湿原のよう。

11年10月13日 (43)   11年10月13日 (44)

4時半を過ぎており、薄暗い。 距離が分からないが、行った。 熊が出そう。

11年10月13日 (45)

小さな小さな湿原。 湿原は、植物にとっても動物にとっても、生きやすい。

11年10月13日 (49)

花は、少しだけ。

11年10月13日 (46)

秋の終わり。

11年10月13日 (47)   11年10月13日 (48)

道の駅とざわ に向かった。

薄暗くなってから着いた。
川は、最上川。 船下りの場所は、少し下流にある。

11年10月13日 (51)

こんな建物。 入っていいのか分からない。

11年10月13日 (52)

及位を「のぞき」と読ませた人は、遊び心がありましたね。

金山町は、良かったですね。
何度も町並みの景観大賞を受けているそう。

「美しく古びる」の考えが、素敵でした。
あれ、この考えは、人間にも当てはまりますよ。

いい一日でした。

【動画】  マディソン郡の橋



【関連ブログ】  最上川船下り ~五月雨を あつめて早し 最上川~    稲刈り   他 (2009/09/29)

【道の駅】  とざわ


【明日の予定】  肘折温泉かな。 この辺りで何か見つかったら、変更。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で7位です。            
           
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
           

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



小野小町を調べるため、雄勝には何回も来た。
その時はいつも、院内にある温泉「ほっと館」に。
でも、院内に銀山があることは、気にしていなかった。

秋田の千秋公園の資料館で、下のことを知った。
秋田藩の台所を大きく支えたのは、院内銀山だったということを。
その時、行って見ようと決めていた。

私が少し前から目指しているのは、山形県の肘折温泉。
そこへの、途中にある。 院内を過ぎたら、山形県。
    ☆    ☆    ☆    ☆

院内に向かう途中、名水があった。

11年10月12日 (2)

10㍑汲んだ。 直接飲める。 買わないで済むし、美味しいからうれしい。

11年10月12日 (1)

院内鉱山跡の案内があった。 場所はここ。


道を曲がったすぐの場所。 地図とかあった。

色々ある。 距離がはっきりしない。

11年10月12日 (3)

大きな町があった。

11年10月12日 (4)   11年10月12日 (5)

そばに、芭蕉の碑があった。

11年10月12日 (7)

芭蕉の150回忌に作ったとある。 人々は、ただ働くだけではなかった。

11年10月12日 (6)

昔は、道沿いにずっと、家が建ち並んでいた。 今は、跡だけ。

11年10月12日 (8)

ここに、異人館があった。 後で行く院内銀山異人館は、この建物を模して造った。

11年10月12日 (9)

墓地が見えてきた。

11年10月12日 (10)

ここは、共同墓地。 1747年の墓がある、とある。

11年10月12日 (11)   11年10月12日 (13)

お地蔵さんは、この墓地をずっと守っている。 ご苦労様。

11年10月12日 (12)   11年10月12日 (14)

弘化四年とある。 1847年。

11年10月12日 (15)   11年10月12日 (16)

石碑があった。 

11年10月12日 (17)

右は、美しい白拍子が銀山にやって来て、ある男と一緒になったが、若くして亡くなった。
その話。  ※ 白拍子は、舞を舞う芸人。 おもに女の人。 白拍子姿の静御前(義経と吉野で別れた)

11年10月12日 (18)   11年10月12日 (19)

神社の手前で、小さな川を渡った。

11年10月12日 (50)

雄物川の上流だった。 秋田市で海に出る。 珍しい所に来ていた。  ※ 四万十川源流点

11年10月12日 (20)

金山神社。 建物が残っていたのは、ここだけだった。

11年10月12日 (21)

1830年の建築とある。

11年10月12日 (22)

今は、左の方の、赤○にいる。 黄色の所までしか、この後行けない。

11年10月12日 (23)

昔のままの石段。 これがいい。  ※ 国東半島の両子寺(ふたごじ)にあった石段。 今まで見た中で、これが一番。

11年10月12日 (24)

登ったら、平らになって、再度石段がある。 このため、昔の写真を見ても、金山神社とすぐ分かる。

11年10月12日 (25)

ここに、拝殿があった。 

11年10月12日 (26)   11年10月12日 (27)

二十三夜塔。 久しぶりに見た。 庚申塔も。

11年10月12日 (28)   11年10月12日 (29)

彫り物に圧倒される。 

11年10月12日 (30)

顔はすごくても、手つきがかわいい。

11年10月12日 (31)

顔が欠けて、悲しげな狛犬もあった。

DSCF6917099900

地図の右に少し歩いたら、お寺の跡。 正楽寺。

11年10月12日 (32)

昔は、11の寺が。  人口15000人の時代があった。

11年10月12日 (34)

実を採っている人に出会った。 山芋の実。 山芋のむかご、とも云うそう。
生で食べたら、ヌルヌルした。 炒めてビールのつまみ。 ごはんと一緒に炊いてもいい、と教えてくれた。

11年10月12日 (33)

この人は、猟師さんでもあった。 熊を毎年数頭獲ると言う。
犬を連れて、一人で山に入る。 鉄砲は2つ。 一つは、ライフル。
ライフルは、ウィンチェスターのを使っている。 
  ※ レバーアクションの付いたのを。 これは、薬きょうを捨てたり、新しい弾を装填する。

11年10月12日 (46)   11年10月12日 (47)

射程距離は、500㍍という。
ただ、実際に熊を撃つ時は、100㍍に近づいた時だそう。
熊が足元にとび出してきて、それを撃ったこともあると。
父親は、村田銃の名手だった。

私が、いろいろ聞くので、教えてくれた。

可愛い顔したこの犬が、熊に向かって行く。
数日前も、熊を追っかけて、木に登らせた。

11年10月12日 (48)

駐車場のそば。 この上に、御台所と呼ばれる大きな建物があった。

11年10月12日 (35)

11年10月12日 (36)

中央の建物。

11年10月12日 (37)

さらに奥に。

11年10月12日 (38)

坑道が見えた。

11年10月12日 (39)

御幸坑と呼ばれている。 
明治天皇が、明治14年の9月21日に、ここに来た。
  ※ 国の鉱山記念日が、この日になったとある。
  ※ 秋田の北にある「きみまち阪」に着いたのは、9月12日だった。
    東北を反時計回りで巡幸していたのが分かる。
    この時、奥羽本線はまだ開通していない。

11年10月12日 (40)   11年10月12日 (43)

坑道の横。 ここに、寺があった。

11年10月12日 (41)

阿弥陀如来像は、今、別の寺にあるという。 ※ 後で、院内銀山異人館で写真を見る。

11年10月12日 (42)

山の上への道があったので、行ってみた。

11年10月12日 (45)   11年10月12日 (44)

お墓だった。 花があった。 江戸時代の墓なのに。
※ 異人館で、下のように教えてもらった。
  自分のルーツを探している人がいて、その中には、墓を見つけた人もいると言う。

さっきの実を、私も採った。

11年10月12日 (49)

この後、動画を撮って、銀山異人館に向かった。

異人館は、院内駅と同じ建物だった。

11年10月12日 (51)

事務所の人が、院内銀山について、説明してくれた。 その後、ビデオ。

2階は、資料室。

11年10月12日 (60)

真ん中上に、さっき出てきた、御台所が見える。
きっと、お店だって娯楽施設だって、何でもあった。

11年10月12日 (52)

江戸時代の様子。 金山神社が、左に。 分かりやすい。

11年10月12日 (53)

全て銀製。 銀びかり。

11年10月12日 (54)

昔の様子が分かる。 こんなのを見るのが好き。

11年10月12日 (55)

左は、明治天皇が来た時。  右は、水を抜く作業。 これが、大変。

11年10月12日 (56)   11年10月12日 (57)

この仏像が、上の寺にあったもの。 きっと、京都の仏師が彫っている。

11年10月12日 (58)

こんなのも。

11年10月12日 (59)   11年10月12日 (61)

駅のホームに行ってみた。 奥羽本線。 向こに行ったら、湯沢。
※ 鏡に、小さく私が。 知らなかった。

11年10月12日 (62)

近くの、岩井堂洞窟に。

11年10月12日 (63)   11年10月12日 (64)

この上に。

11年10月12日 (65)

縄文時代の遺跡。 貴重なものだそう。

11年10月12日 (66)

駅の近くにある温泉、「ほっと館」。  400円。
 ※ ダジャレを言いたくなる。 私はあなたを○○○○とか。

11年10月12日 (67)

温泉の前の通り。 石の蔵と並木。

11年10月12日 (68)

メタセコイヤの木。 ※ お前はメタセコイヤの木だな、って言えば通じるかな。

11年10月12日 (70)   11年10月12日 (69)

このポスターは、何年も前からある。 出来がいいから使っているのか。
※ 秋田市のブログで載せたのは、この写真。 秋田美人。 この人は、きっとモデル。

11年10月12日 (71)   11年10月12日 (72)

道の駅「おがち」に来たので、小町堂にあいさつ。

11年10月12日 (73)

晩に、山芋の実をご飯に入れて炊いた。 里芋の食感。
※ 最近は、雑穀米を圧力鍋で炊いている。 いい味。 健康のため。

11年10月12日 (74)

  ※ 最初、銅山と言っている。 間違い。



院内銀山については、詳しいことが分かっている。
それは、門屋養安という医師が、「門屋養安日記」を残したからだそう。
  ※ この人については、ここに。  わらび座ミュージカル「よろけ養安」

観光地になった鉱山跡より、こんな所の方が面白い。

【その他】  異人館で、私が北海道から来たと言った。
       そうしたら、こう言った。
       ここ院内からや、県内の他から、北海道の置戸町に多くの人が開拓に入っているんだよ、って。
       その場所は、置戸町の秋田と言われている。 秋田団体とも。
       驚いた。 私は、思い出した。
       私の祖父と父は、秋田団体にいた。 子供の頃から聞かされていた。
       
       そこに開拓に入ったから、秋田団体にいたことを、初めて知った。
       私のルーツは、そこにあった。
       今日は、いいことを教えてもらった。 感謝。 

【関連ブログ】 今日は、二十三夜待ちの夜です。  他   (2008年12月20日
        小野小町 その1 ~小町像・岩屋堂・小町堂~   他  (2009/09/30
         小野小町 その2 ~桐木田の井戸・姥子石・長鮮寺跡・磯前神社~  他 (2009/10/01
        小野小町ゆかりの寺 随心院 ~京都市山科区小野~   他  (2010/5/23)

【道の駅】   おがち

【明日の予定】  のぞき(及位)駅に。 のぞき温泉に行きたかったが、今はやってない。
         その後、金山町でしょうか。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で7位です。            
           
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
           

スポンサードリンク

 
 

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。