FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

羅臼国後展望塔からは、羅臼の市街地が一望の元に見渡せた。
国後島は、羅臼山の上の方だけが見えた。

見ていたら、曲が流れた。
初めて聞いた。 知床讃歌。
知床の自然、そこに生きる動物と人々。
みな輝いていると、歌っていた。

小さな しおかぜ公園に、オホーツク老人の像があった。
    ☆    ☆    ☆    ☆

見える丘の上に、展望塔がある。 羅臼国後展望塔。
歩くことにした。 少し遠回りしたので、片道2㌔ほど。
 ※ 十勝岳の望岳台から旭川までの45㌔を思い出したら、すぐそばの感じがした。
   たまに無理するのも、いいもんだ。 足は、治った。

11年9月9日 (1)

歩いていたら、小刻みに風景が変わる。 気に入った時、いつでも撮れる。

11年9月9日 (2)

羅臼岳。 熊の湯は、写真の道をもう少し行く。 今日も入った。 無料だから、なお温まる。

11年9月9日 (3)

45分程で着いた。 左の建物が、展望塔。 塔という程、高くはないが。

11年9月9日 (4)

木がじゃましてなく、とっても見やすい。 羅臼の市街地。

11年9月9日 (6)

霞んでて、国後島は見えない。

11年9月9日 (7)

半島の先の方。   ※ 今日の望遠は、リコーの小さなカメラで。

11年9月9日 (31)

羅臼岳に雲がかかってきた。 25分前にはなかったのに。

11年9月9日 (5)

港。 サケで、間もなく忙しくなる。 ※ サケ釣りは始まっている。

11年9月9日 (32)

庭にあった、歌碑。  左の最初は、寒雀と読むのかな。

11年9月9日 (33)

終戦後、みんな島から逃げてくるが、命がけの脱出だった。

11年9月9日 (8)

私が昔聞いたのは、真夜中に小舟で根室港に帰ってきた話し。

11年9月9日 (9)

択捉(えとろふ)島の、紗那の町並み。

11年9月9日 (10)

ある作家のポスター。

11年9月9日 (11)

展望塔の中には、知床旅情や、初めて聞く曲が流れていた。
事務所の人に聞いた。 知床讃歌と、教えてくれた。
最初から、少し大きめの音量で流してくれた。



役場に電話して、歌詞をファックスで送ってもらって、それを頂いた。

RIMG0007gytt56

動画を撮り終わって、お礼を行って、戻った。

※ 今日は新しい靴を履いていた。 歩くための靴。 快適。
  先日、この靴を履いていたら、足を痛くしなかったと思った。

山の下の羅臼小学校の校舎の壁。 ポスターの絵と一緒。 展望塔で教えてもらっていた。
この絵を見て子どもたちが育ったら、動物に対してやさしくなりますね。
※ ピアソン館を設計した、ヴォーリズの言葉を思い出します。

11年9月9日 (12)

しおかぜ公園に向かった。 雨が落ちてきたので、車で。

11年9月9日 (13)

港を見下ろす所にあった。 小さな公園。

11年9月9日 (15)

オホーツク老人の像。 映画の主人公。

11年9月9日 (16)

この映画の歌が、オホーツクの舟唄。

11年9月9日 (34) 

森繁久弥が歌う、オホーツクの舟唄。 いいですよ。 ※ 埋め込めれない。

倍賞千恵子が歌う、オホーツクの舟唄。 これもいい。



オホーツク老人の作者は、戸川幸夫。 その人の言葉。

11年9月9日 (35)

後半に、誰にも知られず、誰にも知らせず、といい文があります。
※ 朔北に咲く、ナデシコが浮かびます。

11年9月9日 (17)

こっちにも。

11年9月9日 (14)

次は、ヒカリゴケ。

羅臼小の子供たちが、遠足で歩いていた。
道の右を歩いている3人の女の子が、挨拶をしてくれた。
サシルイ川まで行って来たそう。 片道6㌔と教えてくれた。
私は、遠足として恥ずかしくない距離だねと伝えた。 車に気を付けてね、とも。

11年9月9日 (19)

少し行った左側に、マッカウス洞窟がある。 そこに、ヒカリゴケ。

11年9月9日 (18)

ここ。 昔は、自由にどこでも歩けたが、今は少しだけ。

11年9月9日 (20)

ヒカリゴケは、無かった。

11年9月9日 (21)

※ 近くの標津にある、ポー川史跡自然公園の復元した昔の建物の中に、ヒカリゴケはある。
  こんな感じ。 一昨年撮影

※ 富山県の立山町で日本一の称名滝を見た。 その近くに、ヒカリゴケはあった

探検家の、松浦武四郎が、この洞窟に泊まった。

11年9月9日 (22)

ここは、ビジターセンター。 熊の湯温泉の少し下。 近くに、間歇泉があるので来た。

シマフクロウのはく製。

11年9月9日 (23)

国設だから、立派。

11年9月9日 (24)

オオワシとカラス。 大きさが違う。 ※ オオワシ(紋別市藻別で撮影)

11年9月9日 (25)

こっちに行ったら、間歇泉がある。 35年程前に、一度来た。

11年9月9日 (26)

吹きだす所は、左の方に。

11年9月9日 (29)

鹿がいた。

11年9月9日 (28)

1時間に1回とか噴き上がるそう。 10㍍程。 時間が無かったので、戻った。

11年9月9日 (27)

※ 鹿部の間歇泉(一昨年)  別府の間歇泉(昨年)

※ 間歇泉の所で、車で旅してる女性の方と会った。
  こう言う人と出会ったのは、初めて。 
  旅のことを、たくさん話した。
  ここの後、羅臼国後展望台に行った。
  夜の熊の湯いいよと話したら、そうするって言った。
  行動的な感じのする、素敵な女性でしたよ。

夕方、今日も熊の湯に入った。 写真の右上に建物が見える。
 
11年9月9日 (30)

今日は、羅臼のほんの一部を見ただけ。 見所いっぱい。
本当は、羅臼湖とか知西別湖に行きたいが、これが難しい。 
羅臼湖は、男2人なら何とかなりそうだが・・・。

どこかの川で、魚を釣りたい。 
別海の方で、サケ釣りもしたいが、道具は持ってきていない。

【道の駅】   知床らうす

【明日の天気】  半島の先の方に。  明後日から天気が崩れるので、どうしようかと・・。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は6位、 旅行全体で12位です。            
         
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
        

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。