FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

美瑛、上富良野には、たくさんの花畑がある。
みんな競い合うから、どのように見せるか、どこもレベルが高いように感じる。

花畑の向こうには、丘。 丘の向こうには、十勝連峰。
旭山動物園とセットなのか、バスで、乗用車で、多くの人が押し掛けている。
   ☆    ☆    ☆    ☆

今日行く3か所は、下の地図に。

bieitizu09009.jpg

ぜるぶの丘。 美瑛から旭川への、峠にある。
「かぜ」「かおる」「あそぶ」の後ろの三文字をとったら「ぜるぶ」となる。

11年8月17日 (1)

どこの花畑も、駐車料と入園料は無料。
収入は、食べ物やお土産を売ることと、遊びから。

11年8月17日 (2)

広い。 芝生で寝転がってもいい。

11年8月17日 (3)

ここは、かんのファーム。 ここから上富良野。
ラベンダーの季節は終わったのか、別の花が多い。

11年8月17日 (4)

チョウが土に群がってる姿は、たまに見る。 土からミネラルを含んだ水を、吸い取っているようです。

11年8月17日 (23)

美瑛や上富良野には、人がいっぱいやって来るけど、もし有名でなければ誰も来ない。
と云うことは、有名でなくても、美しい風景の所はある。

情報誌にはない、驚くような美しい風景の所を見つける。
むずかしいけど、それも面白そう。

11年8月17日 (5)

誰が、美瑛・上富良野を有名にしたのか。 それは、写真家の前田真三。

花畑が美しいと、空も美しくなる。

11年8月17日 (6)

前田真三が、最初に美瑛に来たのは、1971年。 ※ 私はまだ美瑛にいた。
写真集を出したのは、1974年。
美瑛が、全国に名を知られ始めたのは、この時から。

白いナデシコ。

11年8月17日 (24)

美瑛が観光に成功した要因は、前田真三の価値の大きさに気づいたことにあった。
彼を大事にすることが、彼の活躍を飛躍させることにつながった。
そして、美瑛をさらに有名に。

手前の花は、昨年、那須の方で見た。

11年8月17日 (7)

美瑛の拓進地区に、写真ギャラリー「拓真館(たくしんかん)」がある。
                    ※ 拓進の拓と、真三の真で、拓真館。
花と丘と空。 遠くに小さく山。 ※ 芦別岳かな。

11年8月17日 (8)

前田真三の額に入った写真を、1枚、私は持っている。
妹がくれた。 

ラベンダーでいいのかな。

11年8月17日 (9)

道は、国道237。 向こうへ行ったら美瑛町の市街地。 少し行って右に曲がったら、美瑛町美馬牛。

11年8月17日 (10)

11年8月17日 (25)

葉っぱみたいな花びら。

11年8月17日 (11)

正面は、大雪山。  町並みは、美馬牛。

11年8月17日 (12)

向こうは、富良野。

11年8月17日 (13)

四季彩の丘。 美瑛の花畑では、ここが一番広い。

11年8月17日 (14)

美瑛の丘。 十勝連峰。 去年も一昨年も、雲があったような気がする。

11年8月17日 (15)

ここから、前田真三の拓真館は近い。
  彼の写真は、こんなの。 本物と色合いの違うのもあるが。
                その①    その②    その③      

秋に向けての花を準備している。

11年8月17日 (16)

本州にも花畑はあるけど、ここまで広くない。

11年8月17日 (17)

畑に植える物は、毎年変わる。 輪作と云うのかな。 だから、丘の風景は同じでない。

11年8月17日 (18)

新栄の丘。 市街地に近い。

11年8月17日 (19)

子どもの頃、こっちの方に来ることは、なかった。 
川など、遊ぶところが無かったからかな。 他の方は、自転車で良く行った。 

11年8月17日 (20)

この駅から7年間、旭川に通う。 駅は昔と一緒。 石は、石山軟石。

11年8月17日 (21)

右の方に、道の駅がある。 

11年8月17日 (22)

この後、1時間ほど、街を散歩した。
この家は50年前もあったな、とか、色々思い出しながら。

美瑛を離れて、他の土地の風景を見て、物足りないと感じることが、よくあった。
それは、子どもの頃から。
屏風のように聳(そび)えて連なる十勝連峰を見ると、今でも心が落ち着く。

【道の駅】     びえい「丘のくら」

【明日の予定】   青い池を確認して、拓真館かな。
          数日の雨で、色は期待できないかも知れない。 でも、分からない。
          明日は、早く寝る。 明後日、たくさん歩くから。 

          ※ 一昨年に撮った、青い池

【今日の歌】    さよならの夏(森山良子)
          北海道の夏は、雨がやって来て、終わってしまった。
          雨が夏をながした。

     

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は3位、 旅行全体で8位です。            
         
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
          

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



夜の旭山動物園。
でも、正確には、雨の夜の旭山動物園だった。

夜になったら目を輝かせる動物も多い。
その代表は、オオカミ。

めんこくてめんこくて、どうしょうもない。
それは、エゾフクロウ。
  ☆   ☆   ☆   ☆
夜の動物園。 毎年、お盆の時期に。
今年は、8月12日から16日まで。

姉の車で行った。 愛別から、妹夫婦と親戚も。
東門から入った。 ここは、駐車場無料。 

6時少し前。 暗くなるまで、1時間ほど。

まず、オランウータン館。

11年8月16日 (1)

のんびり休んでいた。

11年8月16日 (2)

外に出ても、遊べるようになってる。

11年8月16日 (3)

雨は止まない。 傘をさしての見学。

エゾフクロウ。 2羽並んで動かない。
寝てる風ではない。 大きな黒目で、こっちを見ている。
こんなにめんこいとは、今まで知らなかった。

11年8月16日 (4)

飾り物みたい、と言いたくなるけど、生きてるからこれ程までになるのかな。

11年8月16日 (5)

これは、3年前、浮島湿原で見たエゾフクロウ。 自然の中で見たのは、この時だけ。

20080717011m504

旭山動物園の入場者数は、上野動物園に次ぐ。 夏なら、旭山の方が多い時も。
200万人以上。

毎年新しい施設が出来る。 ここもそう。

11年8月16日 (6)

マムシが口を開けていた。 この口でかじられたら大変。 毒がある。

11年8月16日 (7)

※ 秋田県にある道の駅「はちもり」の近くで撮った、マムシ。(逃げるところ。 この後、顔も撮影)

11年8月16日 (8)

ワニは、いつも動かない。

11年8月16日 (9)

チンパンジーの森。 建物に中。 どこに行っても、人でいっぱい。

11年8月16日 (10)

なつくように、寄ってくる。

11年8月16日 (11)

みんな楽しんでいる。 真ん中の人、寅さんみたい。
この楽しい雰囲気は、動物園の従業員によって作られる。 そんな印象を持つ。

11年8月16日 (12)

こうですから。 人間社会は、負けそう。

11年8月16日 (13)

オジロワシ。 寝ているのかな。

11年8月16日 (14)

※ 昨年夏、根室で見たオジロワシ。 北海道に、2000羽はいない。 絶滅の心配がある。

園内は、広い。 雨は気にしない。

11年8月16日 (15)

オオカミの森。

11年8月16日 (16)

ここのオオカミは、森林オオカミ。 オオカミの中では最大。 アラスカなどに住んでいる。
目つきが、犬と違う。 これが、ボスかな。

11年8月16日 (17)

昼間来たら、オオカミは寝ている。

11年8月16日 (18)

夜行性なので、せわしなく動いている。

11年8月16日 (19)

ボスではない。 
月に向かって吠えて欲しいが、月はない。 

11年8月16日 (20)

ファミリーを作るそう。 その中の順位は、はっきりしている。

11年8月16日 (21)

オオカミは、動物園での生活をどう思っているのか。
きっと満足はしていない。
もし、動物園で産まれていたら、ほんとうの自然は知らない。

山の下に、旭川市街が見える。

11年8月16日 (22)

下に行くと、正門。 昔は、ここしかなかった。

11年8月16日 (23)

ホッキョクグマ。

11年8月16日 (25)

昔は、動物のぬいぐるみを見せたら、飛びついて来た。 今は慣れたそう。

11年8月16日 (24)

アザラシ館の中。 人がいっぱいで、近づけない。 人も一緒に撮った。

11年8月16日 (27)

モグモグタイム。 ガラスに反射したものも写っている。 不思議な雰囲気。



ペンギン館。

11年8月16日 (26)

この通路が、旭山動物園の工夫の、全ての始まり。

11年8月16日 (28)

ペンギンは、ほとんどお休み。

11年8月16日 (29)

向こうの水の中に、上の通路が見える。

11年8月16日 (30)

東門に向かっている。

11年8月16日 (31)

夜の動物園最終日だったこともあり、雨だったが、人はいっぱい。
動物園が観光地になるなんて、普通はない。

【その他】 昼間、蜂屋にまた行った。

11年8月16日 (33)

普通のラーメン。

11年8月16日 (32)

※ 蜂屋の味がどうなのか、何としても知りたいし食べたい人は、メールフォームから連絡を。
  相談に応じますよ。 期限は、今月中。

【停泊地】   姉の家の前

【明日の予定】  美瑛の丘  
         青い池は、期待できない。 大量の雨で、きっと濁った。
         雨が止んで、空気が澄んでいるので、いい写真が撮れる。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は3位、 旅行全体で7位です。            
         
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
          

スポンサードリンク

 
 

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。