FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

森駅で売ってる「いかめし」は、全国駅弁の王者。 人気ナンバーワン。
初めて食べた。

日本で最少と言われる、小さなカルデラがあった。
そして、その中に温泉が。

八雲に、お勧めの温泉があった。 八雲温泉、おぼこ荘。
何が良かったらいい温泉かが、何となく分かった。

    ※ 温泉の写真とかは、小さなカメラ。

せっかく森町にいるから、いかめしを食べることに。
駅に売っている。

11年8月3日 (1)

許可をもらって撮影。
いかめしは、女の人の左に並んでる。 女の人は、まだ温かいよ、と言った。
箱が、思ったより、小さかった。

11年8月3日 (2)

この大きさ。 私の手は、小さい。

11年8月3日 (9)

こういうのを撮る時は、一つを半分にして、中を見せるといいですね。

跳び上がる程、美味しいと云うものではない。 イカと、ごはんの味。
でも、イカの味が、引き立つようにしてるのかな。 くどくない。

いつだか食べたいかめしは、ご飯にも味が付いていた。 それとは、違った。

11年8月3日 (10)

イカが山ほど獲れた時、米が貴重だったので、イカに詰めて、量を増やした。
※ 雄武の沢木にいた時、イカの大漁を見た。
  電話で呼ばれて、見に行った。 船から下ろしたイカが、港に山になっていた。 高さ80㌢くらいで、広く。
  他が不漁で、自分のとこだけが大漁だったら、家が建つと云う。

カルデラの中にある、濁川温泉に向かった。


カルデラは、中の直径が、2㌔㍍。 衛星写真では、こう。 
濁川カルデラ、と呼ばれる。 カルデラの中にだけ、家がある。


カルデラは、水が溜まったら、カルデラ湖。 下のはみんな、カルデラ湖。
       ※ 摩周湖  蔵王のお釜 屈斜路湖 
       ※ 阿蘇は、巨大なカルデラ。
濁川温泉ふれあいの里。

11年8月3日 (11)

こんな露天風呂。

11年8月3日 (12)

露天風呂に入ろうとした時、車のライトが点いてますと、放送があった。
温泉から出た。

11年8月3日 (13)

カルデラの中と言っても、何があるわけではない。
  ※ 地熱発電所があったのだが、そのことを忘れていた。
小さな神社があって、樹齢2000年のオンコの木があった。 ※ イチイの木とも云う。

周りの山は、こうです。

11年8月3日 (14)

別の方。 山の高さは、この平地からで、200㍍くらい。

11年8月3日 (15)

温泉が中途半端だったので、もう一つ行くことに。

途中にあった、噴火湾パノラマパーク。

11年8月3日 (3)

展望台に行こうとして、立ち止まった。 いい感じの写真が撮れた。
この写真は、今回のカメラでないと、撮れないと思う。

11年8月3日 (4)

見える海は、噴火湾。  ※ カルデラ湖のように、噴火して出来た海ではない。 

11年8月3日 (5)

八雲町が見える。
  ※ 八雲町と、小泉八雲は、関係ない。 ただ、両方とも、「八雲立つ・・・・」の歌からとった。

11年8月3日 (6)

デントコーンは、人の背丈ほど。 北海道の風景。

11年8月3日 (7)

おぼこ荘の手前に、小さなキャンプ場があった。 
テントを張ってる人がいた。 みんな大人。 山の中だけど、携帯が通じた。

11年8月3日 (8)

こんなとこで、何日かいて、魚を釣っても面白い。 毎日、温泉に入って。


おぼこ荘。

11年8月3日 (16)

受付の人は、とても感じが良かった。
こう言った。
お風呂に入ったら、足の裏とお尻が少し赤くなります。 上がる時、洗ってくださいね、って。
私は、記念にそのままにして、帰ります、と言った。 受付の女の人は、わらった。

内湯。 少し濁っている。

11年8月3日 (17)

露天風呂。 けっこう赤い湯。 渡島半島には、このような湯の温泉が多い。  ※ 二股ラヂウム泉

11年8月3日 (18)

八雲町には、遊楽部川が流れている。  
  ※ ユーラップ川とも書く。 いい名前だ。
    アイヌ語には、いい響きの言葉が、いっぱいある。
      例えば、  オシラネップ川  ポンキキン(川) ウエンヒラリ岬
            ウエンシリ岳  オシンコシンの滝  チライアパッポ(福寿草)

その支流の上流が、この川。

11年8月3日 (19)

川は、すぐ下。  どこも、茶色っぽい。 鉄分かな。
何かが混ざってる温泉は、温まる。

11年8月3日 (20)

この温泉には、たくさんの有名人が来ていた。 高橋恵子とか。
小桧山博さんも。 この人は、滝上町出身。  上に書いた、オシラネップ川の流域で育った。

11年8月3日 (21)

どこも、清潔。
帰り際も、声をかけていただいた。

11年8月3日 (22)

外を少し散歩。

11年8月3日 (23)

温泉も、そこで働く人も、みんな感じが良かったのは、久しぶり。
津軽の、ランプの宿以来でしょうか。

山には、ガクアジサイが咲いている。

11年8月3日 (24)

北海道に来たら、道が違った。
広いだけでなく、道の側溝にふたがしてある。 道の端に、タイヤが落ちてしまう溝がない。
運転していて、気持ちが楽かな。

今日は、いい温泉に出会いました。
八雲温泉 おぼこ荘、お勧めです。





【道の駅】   あぷた


【明日の予定】  小幌(こぼろ)駅に行ってきます。 秘境中の秘境にある駅。
         トンネルとトンネルの間にある。 誰も住んでない。
         そこに行く道は、ないようだ。
           ※ あるかもしれないが、一応、無いとなっている。
         豊浦駅発11:12に乗る。 小幌駅着11:32頃
         小幌駅発15:14で戻る。 豊浦駅着15:34頃

         海岸に降りる道がある。 また、山の中に岩屋観音がある。
         探検のよう。 ワクワクする。

         夕方、伊達市に入ります。 Kさんに会う。 いつものこと。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は3位、 旅行全体で8位です。            
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
           

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



大沼の魅力が、やっと分かった。
小さな島がいっぱいあって、橋でつながっていた。
そこを歩くのが、いい。
睡蓮とコウホネが、これでもかと云うくらい、咲いていた。

芭蕉がもし見たら、きっと、一句つくった。
「大沼は 睡蓮浮かぶ、北の松島」
これで、せいいっぱい。

大沼は、函館の北の方に。


大沼公園には、大沼・小沼・じゅんさい沼 の3つがある。
全体を、大沼と言うことが多い。


島巡りをしたのは、○の中。 数えきれない島の数(正確には126)。 小さな○は橋。 もっとある。

oonumasyasinntizu.jpg

ここから、スタート。 一巡り、1時間ほど。 駒ケ岳が見える。

11年8月2日 (1)

昨年も来たけど、何を見たらいいか分からなく、帰った。

11年8月2日 (2)

迷路を歩いている気分。

11年8月2日 (3)

島は、橋でつながっている。

11年8月2日 (4)

左に、駒ケ岳の裾が見える。
大沼が出来たのは、新しい。 江戸時代。 1640年駒ケ岳が噴火して、折戸川をせき止めた。
自然が作ったダム湖のよう。

11年8月2日 (5)

こんな道を歩く。 
睡蓮(すいれん)の花が咲いている。
   ※ ここのは、ハスでなく、スイレン。 葉に切れ込みがある。
   ※ 睡蓮は未草(ひつじぐさ)とも云い、未の刻(午後2時頃)に咲くそう。
   ※ 晩になったら、花は睡(ねむ)るので、睡蓮。

11年8月2日 (6)

コウホネ。 どこにでもあった。 こんなにたくさん見たのは、初めて。

11年8月2日 (7)

水から首を出して、咲いている。

11年8月2日 (8)

橋はどこも、太鼓橋のよう。

11年8月2日 (9)

水が貯まったら島だらけになる地形って、そんなにあるかな。
葉の切れ込みが、見えますね。

11年8月2日 (10)

島の向こうは、広い沼。

11年8月2日 (11)

植物の下は、エビなどの棲み家。

11年8月2日 (12)

松島に見えてくる。

11年8月2日 (13)

駒ケ岳が見える。  ※ ここから、リコーのカメラ。 バッテリーがなくなった。

11年8月2日 (15)

江戸時代の噴火で、山の右の方が飛んで無くなった。
今の高さは、1131㍍。
昔は、1700㍍程。 富士山の形をしていた。

活動が活発なため、頂上まで登ることは出来ない。 右の崖は、垂直。 行ってみたい。  

11年8月2日 (14)

この人、網の修理をしていた。 80歳を越えている。
話を聞かせてくれた。

① この網で、エビを獲る。 カワエビ(ヌマエビとも)
  茹(ゆ)でたら、きれいなピンク。
② 佃煮にして食べる。 
  駅前の、目黒さんに下ろしている。
   (お父さんのエビはどこで買えるの、って聞いたら教えてくれた)

③ コウホウネは増えて増えて、大変。
  漁師にとっては、ほんとうは邪魔。
④ ヨシが生えて、沼がせまくなってきた。
  昔は、牛や馬がいたので、誰もが草を刈りに来た。
⑤ 島の木が大きくなってきた。 昔は、みんな小さかった。
  ヨシが育てば、木も育つそう。 ※ ここの木は、ハンノキ。

⑥ 朝の4時半頃、エビの網を見に行く。 揚げる。
⑦ 中学生(高等小学校)の時、駒ケ岳に登った。 生徒みんなで。

11年8月2日 (16)

こんな仕事は、面白そう。

11年8月2日 (17)

大沼に別荘を建てる人が多いと聞く。 ここなら、毎日散歩しても飽きないかも。

11年8月2日 (18)

さっきの父さんの船。

11年8月2日 (19)

エビを獲る網。 向こうにきっと袋がある。 そこに入ったら出られない。 
エサはあるのか?  網の仕組みも、聞けばよかった。

11年8月2日 (20)

こんな所が。

11年8月2日 (21)

こうだった。 水をきれいにする研究は、進んでいますね。

11年8月2日 (22)

正規のルートでない道を歩いている。 半分迷って。

11年8月2日 (23)

水は、青くない。

11年8月2日 (24)

熊のはく製は、ずいぶんあった。 留萌の山の中で捕ったとあった。 
      ※ 苫前で見た巨大熊 北海太郎。 重さ500㌔。   その顔

11年8月2日 (25)

父さんの獲ったエビの佃煮。 売っていた。

11年8月2日 (26)

美味しく頂くためには、ビールがいる。
いい味だった。 たまに、口の中で、チクッと刺さる。 それも、いい。

11年8月2日 (27)

大沼は、駒ケ岳の爆発によって生まれた。
その駒ケ岳も、大沼からきれいに見える。

新日本三景というのがあって、それに入っているそう。  ※ 他は、三保の松原耶馬渓。 
どこと比べても、恥ずかしくない美しさ。 
大沼は、想像していたより、ずっと良かった。

【その他】  サッカーの松田選手が、急性心筋梗塞で倒れました。
          倒れた後、5分以内が勝負ですね。
          すぐに心臓マッサージと人工呼吸。(下手でも、やらないよりはずっといい)
           ※ もしやらなかったら、ほぼ助からない。 万一助かっても、社会復帰は0%。
             やれる人間がすぐに始める。 2人で。
             やり方に不安があってもやる。 
                        
          別の人間が、AEDを探す。 さらに、別の人間が、119。
          AEDを持ってきたら、すぐに使う。
           ※ 機械が指示してくるので、その通りやる。
          救急車が来るまでが、とにかく大事。

        ただ、今回は、AEDがなかった。 
           
        救急車を呼ぶまで、6分。 もったいない時間。
        救急車が来るまで、更に、10分。

        救急車が来るまで、16分かかった。
        AEDがない中で、長すぎる時間。

        病院に着くまで、1時間7分。

       暑い中で、水を飲まないで運動すると、それが心筋梗塞の呼び水になると、ネットにはあった。
       水は、色んな意味で大事かな。

       サッカー選手が持ってる体力が、回復に役立つといいですね。
       多くの人が、奇跡が起きるのを願っています。

       倒れた後の経緯。

     matudasennsyukousoku.jpg       

【道の駅】    YOU・遊・もり


 ここから近い所に、公園がある。
   そこに、森小町、という桜の木がある。 
   昔、この町に、変わった色の花を咲かす桜があった。
   それを改良して作った。 たった1本だけ。
       こんな木。 こんな花。  ※ 花の写真は、他から。

【明日の予定】  むずかしい。 変わった温泉はあるんだが。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で10位です。            
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
          

スポンサードリンク

 
 

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。