FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

おわら風の盆は、立春から数えて210日の9月の初め。
全国から人が集まる。

魅力は、3つ。
 ① 哀切感に満ちた旋律  ② 洗練された艶やかで優雅な踊り  ③ 哀調のある音色を奏でる胡弓の調べ

少しだけ、資料館に行ってきた。
今回、知りたいことは、2つ。
 (1) 踊りが生まれたきっかけ  (2)どのようにして、芸術の域にまで高めたのか

おわら資料館の人は、親切だった。 車は、資料館の前に。

最初に映画を見た。 

11年7月7日 (1)

この姿勢が、大きな特徴に感じる。 ※ 漫画の「はぐれ雲」の主人公も、この姿勢をよくする。

11年7月7日 (2)

Wikipedisの写真です。 ※ パソコンで、修正したもの。 元のとは全く違う。

11年7月7日 (22)

芸能文化人を呼んだとありますね。
歌詞のレベルアップ。 質の高いアドバイス。 
振付もプロにお願いしたと、別のところに書いてあった。

田舎の踊りを、高いレベルに仕上げた中心人物は、医師の川崎順二という人だった。

11年7月7日 (3)

和紙に描いた、絵です。 いいですね。

11年7月7日 (4)    11年7月7日 (5)

11年7月7日 (6)      11年7月7日 (7)

この写真は、以前のブログに載せたことがある。 「恋心、鳴りやまず」で思い出した。
顔の表情が、十分ではないですね。

11年7月7日 (8)

これも、う~ん、って感じ。 表情から、心の中の深い何かが、想像できるもの。 そんなのがいい。

11年7月7日 (9)

見てみたい。

11年7月7日 (10)

野口雨情も書いた。

11年7月7日 (12)

11年7月7日 (11)

これが、胡弓。 演奏が難しいと云う。

11年7月7日 (13)

おわらの起源は、こうだという。

  江戸時代の元禄期のこと。 
  町外に流出していた「町建御墨付文書」を町衆が取り戻したことを喜び、三日三晩踊り明かしたことに由来する。
  ※ 町建御墨付文書というのは、何かの建物を建てるための許可書のこと。(富山大の祭りの調査の中にあった)

展示室。

11年7月7日 (14)

ロビー。

11年7月7日 (20)

舞台で踊っている。 昔の様子。

11年7月7日 (15)

ポスターが展示してあった。

11年7月7日 (21)

庄司に歌が。 こんなのが。「踊りばやしに つられて鳴いた 青い月夜の おわら キリギリス」

11年7月7日 (19)

いいけど、物足りない。

11年7月7日 (16)

YouTubeで、いい動画を見つけたいですね。 観光課で作成して、載せていればいい。

11年7月7日 (17)

人口が減ってる中、質を上げるのは大変。 更にと考えてる人は、いるのでしょうか。

11年7月7日 (18)

NHKのドラマ「風の盆から」は、実際の祭りのシーンを使ったそう。
いい場面が、切り取られていた。
もう一度見たい。

9月の初めに富山に来るのは、大変。 まだ暑いし。
実際に、見ることは出来るでしょうか。

【停泊場所】   立山山麓にある、立山駅の近くの駐車場。

【あすの予定】  立山に登る。 今朝の天気で、登ることに。
         立山は3000㍍を越えるが、出発の室堂が高いため、そんなに大変ではない。
         7時出発のケーブルカーに乗る。 次に、高原バス。
         帰りは、最終の4時半のには乗って、戻ってくる。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は9位、 旅行全体で26位です。         
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
           

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



梅雨の時期に、これほどの天気は滅多にない、そんな天気になった。

朝5時半出発。 戻って来たのは、午後の4時半。
歩いているか、写真を撮っているか、おにぎりを食べているか、他の時間はなかった。

日本三名山。 石川県、自慢の山。 山を大事にしているのが分かった。

ハクサンチドリのハクサンは、白山のこと。
根室にいた時、このことを知った。
ハクサンチドリが、この山にあることを、花を見て思い出した。

珍しいクロユリがあった。

頂上では余裕があったが、下山した時は、疲れきっていた。
少しだけビールを飲んだら、寝てしまった。

いい山だった。
もう少ししたら、この山は、人であふれる。


駐車場から、10分ほど歩いたら、ここに着いた。
橋を渡って、右に行く。 帰りは、左から下りてきた。

11年7月7日 (1)

吊り橋の上から。 真ん中の山の稜線に、登山道はある。 砂防新道。

11年7月7日 (2)

今日は、長丁場になる。 足を疲れさせないように歩いた。 1歩で、少ししか、高さを稼がない。

11年7月7日 (3)

出発して、1時間半。 ほとんど休んでいない。 
足は、快調。 朝、ドリンクと蜂蜜を飲んだ。 昨夜、いっぱい肉を食べた。

11年7月7日 (4)

ハクサンチドリ。 この花のことを忘れていた。 
漢字で書くと、白山千鳥。 白山に多いので、この名前を付けた。
美しい花。

11年7月7日 (5)

甚の助避難小屋。 見える山の、向こうに行く。

11年7月7日 (6)

ヘリコプターが、石を運んでいる。 登山道を治す。

11年7月7日 (7)

朝ご飯は、いつも食べない。 歩きながら、おにぎりを1個食べた。

中央の雪渓を渡る。

11年7月7日 (8)

こんな道。 私は、この後、雪渓でズボッて、足が埋まった。 転んだ。

11年7月7日 (9)

道を治している。

11年7月7日 (10)

上に向かう、登山道と人が見える。

11年7月7日 (11)

砂防新道と、帰り行く観光新道の、合流点。 ここまで、4時間。

11年7月7日 (12)

頂上が見えた。 その前に山があって、その山の向こうに、室堂平がある。 
たくさんの人が宿泊できる山小屋がある。

11年7月7日 (13)

向こうから、右の道を来た。 左の道でも、来れる。

11年7月7日 (14)

室堂平に着いた。 新しい建物を建てている。 こっちにも、ヘリで資材を運んでいた。

11年7月7日 (15)


11年7月7日 (16)


11年7月7日 (17)


11年7月7日 (18)


11年7月7日 (19)


11年7月7日 (20)


11年7月7日 (21)


11年7月7日 (22)


11年7月7日 (23)


11年7月7日 (24)


11年7月7日 (25)


11年7月7日 (26)


11年7月7日 (27)


11年7月7日 (28)


11年7月7日 (29)


11年7月7日 (30)


11年7月7日 (31)


11年7月7日 (32)


11年7月7日 (33)


11年7月7日 (34)


11年7月7日 (35)


11年7月7日 (36)


11年7月7日 (37)


11年7月7日 (38)


11年7月7日 (39)


11年7月7日 (40)


11年7月7日 (41)


11年7月7日 (42)


11年7月7日 (43)


11年7月7日 (44)


【道の駅】    一向一揆の里

【明日の予定】  砺波市の辺り   金沢市にちょっと、寄って。
         天気が不安定なので、今後の予定が立てにくい。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は9位、 旅行全体で24位です。         
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
           

スポンサードリンク

 
 

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。