FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

亘理町は床上浸水の家が多い。
家の中も外も、泥で埋まった。
今日は、庭の泥を取り除く作業だった。

毎日新聞のネットの記事に、笑顔の写真があった。
よく撮ったと思う。 少し紹介。

今日の作業は、下の写真の近くの家。
家の周りの泥を出して、庭にたくさんあった木を全部切った。

実は、後で分かったことだが、そこの家は取り壊すことになっていた。
ボランティア外の仕事だった。
※ チェックを通りぬけて、たまにこういう仕事もやってくる。

11年4月24日 (1)

上の写真の、正面の家の旦那さんが昼休みに、やって来た。 震災のことを話した。
この辺りでも、人は亡くなっていた。
水は、1階の途中まで来た。

地震後の行動は、人それぞれで、大きな差があったそう。
少し時間が過ぎても、いつもと違うと考えた人は、みな助かった。
ビニルハウスを見に行ったり、忘れものを取りに戻った人達は、流された。 ※ イチゴ作りがさかん。
知らない家の2階に逃げて助かった人も、たくさんいたと言う。

旦那さんも、自分の家の2階に逃げた。 おじいちゃんと一緒に。
夜は、ロウソクがなかったから、真っ暗。

雪交じりの夜だったから、寒かった。
おじいちゃんが、「電気毛布持ってこい」と言ったそうだ。
今は、それが、笑い話になっていると言った。
私は、これから、おじいちゃんが寒いと言った時は、「電気毛布持ってくるかい」と言えばいいね、と言った。

午前の作業で、一輪車やフォークが不足していた。
旦那さんは、好きなだけ使っていいと、貸してくれた。

※ 上の写真の手前が片付いているが、ここは重機できれいにした。
  費用は、50万円かかったと言った。

町の中には、小さな公園がある。 ここの桜は、散り始めた。 それでも、桜はいい。

11年4月24日 (2)

木によっては、まだ満開でないのもある。

11年4月24日 (3)

梅かな。  お地蔵さんは、海に向いている。

11年4月24日 (4)

毎日新聞のネットの記事です。  ※ 全体は、ここにあります。(いつかは、リンク切れに)

11歳。 岩手県山田町。 行方不明の祖母が、誕生日に買ってくれた、バスケットシューズ。 
お父さんが、水の中から取って来てくれた。 

11年4月24日 (9)

8歳。 岩手県大槌町。 昨年親戚からいただいた。 自宅の裏に流されてるのを、自分で見つけた。

11年4月24日 (8)

9歳~11歳。 岩手県大槌町。 ゲーム機とカード。 泥で汚れたのもある。

11年4月24日 (5)

12歳。 宮古市。 友達と一緒に写したプリクラ。

11年4月24日 (7)

74歳。 宮古市。 何もなくなった今、宝物は孫だけ、と。

11年4月24日 (6)

子供たちの笑顔には、力強さ、たくましさを感じます。
いい写真ですね。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は9位、 旅行全体で32位です。           
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
          

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



雨のため、今日もボランティアの仕事はない。
一度は行かなければ、そう思っていた、遠刈田温泉に行って来た。

左に蔵王、下に鎌先温泉が見えます。


下の記事は、2008年12月15日のブログの一部です。
いつかは行って、湯船の中で「遠かったな~」って言ってみたいと思っていた。

kokoooyui88888.jpg

道が崖崩れで通れなかったため、遠回りした。 そのため、遠刈田温泉は、やっぱり遠かった。
下は、小さな温泉街、鎌先温泉。



こけしの里 弥治郎集落。



こけしって何なのか分からないので、いつか、この集落を歩いてみたい。
※ こけしの魅力も、分からない。

yazirou7867333.jpg   yaziroukokesi7787222.jpg

高原地帯を走っていたら、遠刈田温泉は、突然見えた。

「とおがった」と、どうして濁るかだけど、
この地方では、「とおかった」と云ってるつもりでも、「とおがった」と聞こえるので、表記も濁した。
そんな風に思います。
※ 陸前高田市は、「たかだ」と聞こえるけど、表記は「たかた」のまま。



神の湯は公衆浴場。 本当は、ここに行きたかった。 ※ ナビでセット出来なかった。



温泉旅館のある、温泉地。 そんな感じでしょうか。
公衆浴場は、2ヶ所あります。

※ 金売吉次は、金を扱う商人。 義経を平泉まで案内したと言われる人。

mapp0pp098789.jpg

ここが、公衆浴場「神の湯」。 300円。
遠刈田温泉の特徴は、湯が熱いこと。

ぬるいと書いた所が、42~43℃。 十分熱い。 熱いと書いた所は、45~46℃。
熱い所に入った時は、じっとしていないとだめ。 動くと、より熱い。
あと2度高い、47~48℃なら、私は入れない。
          ※ 十勝岳の、吹上温泉がそうだった。    そのブログ(お化けの話もある)   お化けの話の続きはここに

11年4月23日 (1)

体はすっかり温まって、少し散歩した。

観光地としてどう発展させていくか、その努力は街の中に見える。
ここも、こけしの町でもある。

11年4月23日 (2)

神の湯の裏に、神社があった。 桜は、満開を過ぎていた。

11年4月23日 (3)

桜が咲いて、いろんな花が咲きだした。 花の向こうに、神社の拝殿がある。

11年4月23日 (4)

ラーメン屋さんに入った。
スープの多いラーメンだった。 今まで食べたので、一番多い。 
麺はは、スープの表面の3センチ下に、沈んでいた。

その後、村田町にある道の駅に向かった。

下の記事があった。
この内容は、越喜来診療所で聞いていた。 ブログにも、以前少し書いた。

okiraitokuyounnknbbb.jpg

老人ホームは、右の建物で、その右にもっとある。
左が診療所で、そこより1㍍ほど低いので、水は天井近くまでになった。

診療所の人は、全員が直ぐに、左の道を上に上った。 
診療所の職員も、老人ホームに助けに行った。 何人かしか助けられなかった。

mmmppokirai.jpg 

津波の被害 大船渡市越喜来 (動画akkamui YouTube)

【今日の歌】  キャンディーズの「哀愁のシンフォニー」(YouTube)
          スーちゃんには、意志の強さを感じた。 
          実際に、そういう人だったとも思う。 だから、いい演技ができた。
        この曲には、2つの曲が入ってるように感じる。



        ※ キャンディーズの歌は、一応これでお終い。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は10位、 旅行全体で36位です。           
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
         

スポンサードリンク

 
 

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。