FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

下の新聞記事の場所は、「此処(ここ)より下に家を建てるな」の石碑があった場所です。
写真と動画があります。

東日本大震災:津波38.9メートル 宮古・姉吉地区 (毎日新聞)

  東日本大震災で津波被害を受けた岩手県宮古市の姉吉地区で、陸地の斜面をさかのぼった津波の高さ
  「遡上(そじょう)高」が38.9メートルにまで達していたことが、東京海洋大の岡安章夫教授
  (沿岸域工学)の現地調査で分かった。

  国内の津波の遡上高としては1896年の明治三陸地震=マグニチュード(M)8.2=の際、
  同県大船渡市で確認された38.2メートルを上回る観測史上最大規模となった。

  東日本大震災ではこれまでに、宮古市の田老地区で37.9メートルの津波遡上高が確認されている。
  岡安教授は「明治三陸級の巨大津波だったことをあらためて示す記録。今後の調査で、
  さらに高い津波のデータが出る可能性もある」としている。

  現地調査は10~13日、東大などと共同で実施。海岸線から400~450メートル離れた山の斜面で
 津波によって倒された樹木を確認した。姉吉地区を流れる川の上流で、津波により海岸から流されたと
 みられる材木などが見つかっており、さらに高い位置まで海水が上がった可能性もあるという。


下の石碑は、1933年(昭和8年)の昭和三陸大津波の後、海抜約60メートルの場所に建てられた。

20110404070539699spp_20110416000408.jpg

上の写真の、50㍍向こうまで、津波は押し寄せた。
港までの距離がはっきりしなかったが、石碑からは、400㍍以上あることになりますね。
※ 資料によって、距離が違う。

家は、石碑の大分上にあった。

201104040705395a8skk.jpg

動画を撮る時は、石碑を見逃しています。
石碑の少し下から撮影開始。  新聞の記事は、この場所のことを言っています。

姉吉港への道(YouTube)

石碑の場所が高度60㍍。 これが正確なら、38.9㍍より、もっと上まで来ていたように思う。

ここの地域のは被害がなかった。
ただ、隣の地域に子供を迎えに行ったお母さんと、車に乗った子供さんが流された。

※ 今いる所は、ネットの状態が悪い。
  YouTubeに動画を載せる作業のため、早朝に移動。
  数日中に、30以上の動画が載せれそうです。
 
  そんなことで、今日のブログは、ここまでです。

※ ボランティアの仕事は、昨日も今日も、写真を元に戻す作業です。

【今日の歌】  東北地方太平洋沖地震応援ソング「名もない絆」 (YouTube) ※ 後半に、きびいい写真がでてきます。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

    
【ランキング】  国内旅行は8位、 旅行全体で29位です。  放浪の旅は18位です。        
         クリックするバナーは、左の下にあります。 よろしく。


スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



私が話を聞けたのは、一人の女性だった。
防災無線のあった防災庁舎の周りで、何かを探していた。
「この庁舎で、どなたか亡くなったんですか」と聞いた。

この庁舎で、旦那様が、防災無線で避難を呼びかけたと言った。
奥様は、その声を歌津で聞いた。
旦那様は、まだ見つかっていない。

何があったか、詳しく教えてくれた。
それは、自分がネットで知ったこととは、違っていた。

※ 次の14日、私は地元と歌津の人達十数人に、当日の放送について聞いた。
  また、地元の新聞を中心に、調べてみた。(地元の人が、載ってることを教えてくれた)
  その結果、奥さまが話してくれたことの確認ができた。


南三陸町の防災無線で、地震直後から、津波に飲み込まれるまで、避難を呼びかけた女性がいた。
遠藤未来さん。 命をかけた放送だった。
テレビ、新聞、ネット上で大きな話題になっている。

新しい情報が入ったので、正確には何があったのか、それを調べてみた。

下の記事は、産経新聞。
安藤未希産経新聞


2安藤未希 産経新聞 

毎日新聞。
anndoumikikkoop09800.jpg

防災無線は、役場の別館で、防災対策庁舎。 北側にある。 
  ※ 右の荒沢神社の近くに車を置いて、海沿いを通って、中心街に向かった。 4時半頃、スタート。
  ※ 途中で、防災対策庁舎の場所を聞いた。 その人は、車で連れて行ってくれた。
    運転しながら、色々話してくれた。
    当日、車で逃げた。 もう少しと云う時、車がふわっと浮いたと言う。 でも、なんとか脱出した。


この建物が、防災対策庁舎。 防災無線の放送室は2階。 役場の庁舎は隣にあったが、なくなった。

11年4月13日 (10)

話してくれた人の旦那様は、南三陸町危機管理課課長補佐 三浦 毅さん。
防災無線の責任者。 遠藤未希さんの上司になる。

話してくれたことは、

 ○ 何か見つかるかと思って、いつも探しに来ている。
 ○ 別の場所で旦那さんの車が見つかった。(今日ではなく)
   今日は旦那様の誕生日。 
   車の所に、お酒と大好きなつまみを置いて来た。 手紙も。
 ○ 合併する前は、歌津町の役場にいた。 合併して、職場がここになった。
 ○ 新庁舎は丘の上に建つ話もあったが、結局この場所になった。
 ○ 奥さまは、遠藤未希さんと、一緒に踊りを習っていた。
 ○ 未来さんが流されて、もし上司の夫が生きていたら、それはそれで辛い。
 ○ 未来さんは、昨年4月にこの職場に来た。
   少し前休んでいて、先月の28日に復帰した。
 
防災無線の放送については、こう話してくれた。(助かった人から、聞いていた)

 ○ 津波が迫って来た最後の最後、未希さんを屋上に避難させた。(他にも少しの人がいて、その人達も)
 ○ 非常階段は、2階だけ部屋の中を通っている。
   下から来た屋上に避難する人が、三浦さんに避難を呼びかけた。
   三浦さんは、「あと1回」と言った。
 ○ 未希さんは、何人かと手をつないで、屋上でしゃがんでいたそう。(少し、はっきりしない部分も)
 ○ 1回目の波は直ぐにやって来た。
   屋上の多くの人が流された。 
   助かったの、非常階段を上がった所の踊り場にいた人達と、流されてそこに引っ掛かった人。(下に写真が)
   屋上の柵は壊れたが、階段の柵は丈夫だった。
    (後で知ったことだが、屋上には30人ほどがいて、流されなかったのは10人)
   未希さんは、10人の中にいなかった。
 ○ 奥さまは、放送は歌津で聞いていたが、途中で「ガガッ」って切れた。


上のことを確認するため、地元の人に話を聞いた。
 
 ・市街地側(志津川)は、未希さんの声を多く聞いている。
 ・歌津側の人は、三浦さんの声を多く聞いていた。 未希さんの声を聞いたと言う人も。
 ※ 防災無線の最初のうちは、市街地が未希さん、歌津は三浦さん、と分担していたと言う情報がある。 
 ・必死で避難したので、細かく記憶してない人が多かった。
 ・歌津で、ある人が、数日前の「河北新報」に書いてあると教えてくれた。

河北新報他、もう一度ネットで調べてみた。 下のようなのが見つかった。
三浦さんの記事は少ないが、あった。

河北新報(4月12日)
  「大津波警報が発令されました。高台に避難してください」
  防災無線の呼び掛けが、多くの命を救った。だが、声の主の行方は震災から1カ月たった今も知れない。

  3月11日午後2時46分、宮城県南三陸町の防災対策庁舎2階にある危機管理課。
  町職員遠藤未希さん(24)は放送室に駆け込み、防災無線のマイクを握った。
 「6メートルの津波が予想されます」「異常な潮の引き方です」「逃げてください」

  防災無線が30分も続いたころ、津波は庁舎に迫りつつあった。
 「もう駄目だ。避難しよう」。
  上司の指示で遠藤さんたちは、一斉に席を離れた。

  同僚は、遠藤さんが放送室から飛び出す姿を見ている。
  屋上へ逃げたはずだった。 
  が、津波の後、屋上で生存が確認された10人の中に遠藤さんはいなかった。

  南三陸町の住民約1万7700人のうち、半数近くが避難して命拾いした。
  遠藤さんは、多くの同僚とともに果たすべき職責を全うした。

※ 河北新報の全文
kahokusinnbunn  1   kahokusinnbunn 2

日経新聞(3月28日)
  「6㍍強の津波が予想されます。早く逃げてください」。
  地震直後、同町危機管理課課長補佐の三浦毅さん(51)は
  後輩に代わって防災無線のマイクに向かい、声を張り上げた。
 「もう逃げろ」と同僚が袖を引っ張ったが、
  毅さんは「あと1回だけ」と放送室を離れず、その後見えなくなった。

  ※ 上の文の「地震直後」は、「津波が来る直前」が正確ですね。
  
※ 日経新聞の全文

nikkeisinnbunn 1 nikkeisinnbunn0090op2.jpg

nikkeisinnbunn98903.jpg

これで、三浦さんの奥さまが話されたことは、間違いない。

未希さんは、津波が目の前に迫る中、マイクを放さなかった。
もし、三浦さんの指示がなかったら、動かなかったと思う。
未希さんの行動は、「最後まで避難を呼びかけた」の表現で、何も問題ない。

三浦さんは、未希さんが屋上に逃げる時間を、上司として与えた。
三浦さん自身も、津波が建物を壊し始めた時は、屋上に向かおうとしたかも知れない。
でも、もう間に合わなかった。 ぎりぎりまで、避難を呼びかけた。
1回でも多く呼びかければ、助かる人が増えることを、知っていた。

防災庁舎。

11年4月13日 (13)

お花があった。 多くの人が来て、手を合わせている。

11年4月13日 (12)

放送室は、2階。  屋上の柵は、壊れた。

11年4月13日 (11)

非常階段の屋上の踊り場。 この柵が、10名の命を救った。

11年4月13日 (14)

屋上で助かった、町長さんの話し。(産経ニュース 3月15日)

tyoutyounohanasi1.jpg tyoutyounohanasi 2

tyoutyounohanasi 3

別方向から。 手前に、役場の建物の基礎が見える。

11年4月13日 (15)

奥さまからお話しを聞いた後、車まで送ると言っていただいたが、写真を撮りながら帰ります、と云って別れた。

これで、最後まで防災無線で叫び続けた人は、2人いたことが分かった。
南三陸町の人達は、いつまでも、2人のことを忘れることはないでしょうね。

防災対策庁舎は、広島の原爆ドームのように、保存する計画があるそうです。
どんな意味を持たせたらいいでしょう。
辛い思いはしたけど、助け合って復興を果たす。 それを願う、また祈念する。
こんなのも、ありますね。

この件に関しては、終わりです。

 
【今日の歌】 一人の手 (本田路津子)

       宮城県の山元町に、200人が避難している坂本中学校がある。
       その中に12名の中浜小学校の子供達がいる。
       本間裕子先生のアコーディオン伴奏で、 毎朝唄ってる。 (姉が教えてくれた)
 ※ 画面をクリックしたら、YouTubeに行きます。(貼り付けられない)

hitorinote opp09800


【その他】  

夕方、こんな道を、中心街に向かった。 
被災した場所を写さなかったら、どこもこんな風景。  三陸は、美しい。

11年4月13日 (1)

津波のことを、油断していたわけではなかった。

11年4月13日 (2)

港には、たくさんの船が沈んでいる。

11年4月13日 (3)

養殖の生簀(いけす)が、からまっている。

11年4月13日 (4)

様似は、北海道の日高にあります。 サケが入っていたのか。

11年4月13日 (5)

誰かが、こうした。

11年4月13日 (6)

やっと温かくなってきた。 明日も晴れそうです。

11年4月13日 (7)

津波は、山の高さで襲ってきた。

11年4月13日 (8)

海と共に生きてきた。

11年4月13日 (9)

チリ地震津波水位の標識。 どこかから、流れてきた。

11年4月13日 (16)

11年4月13日 (17)

日が沈みかける中、戻った。

11年4月13日 (18)

※ 今日のボランティアも写真でした。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

    
【ランキング】  国内旅行は10位、 旅行全体で40位です。  放浪の旅は17位です。        
         クリックするバナーは、左の下にあります。 よろしく。

スポンサードリンク

 
 

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。