FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

学校は安全と、保護者はみな思っていた。
しかし、108名のうち、56名が死亡、18名が行方不明。 助かったのは、34名。

なぜこうなったのか、その原因をはっきりさせないと、子供の命が大事にされない状態が続く。
そういうことで、考えてみます。

津波は、校舎の屋根を乗り越えた。

ookawasyougakkou9989099.jpg

その時、何が起きたかは、読売新聞の記事が詳しい。

yomiurikizippllo9900.jpg

※ 車で帰った子が何人かは、はっきりしない。 この子たちは、助かっている。
※ 読売の記事も、今後修正されるかもしれないが。

① 地震発生、午後2時46分。 津波警報発令、2時49分。
  記事では2時49分にはグランドに出ているが、避難開始は、3時10分頃。
  グランドに、20分。 何があったのか。

 ・大きな揺れの後、直ぐ出たよう。
  1クラス約20人なので、2時50分にはグランドに集合して、人数の確認も終えている。
  無理のない時間。

 ・間もなく保護者がやってくる。 どんな対応だったのか。
  これは、避難訓練では起きないから、時間のロスがあったかもしれない。

 ・グランド自体が避難場所なので、更に上にという発想が生まれるのに、少しの時間がかかった可能性も。
  教頭はいたという記事もあるが、はっきりしない。
  全体を動かしたのは、誰なんだろう。
  決断に時間がかかったことも、考えられる。

② 学校の防災計画で、避難場所は決めてなかったのか。
  裏山に行かないで、橋に向かった。 そこを通って高い所に行こうと。
  襲われる直前、裏山に逃げて助かった子がいる。

 ・市の防災マニュアルには「高台に上る」。
  それを受けて、学校では、高台をどこにするかを決める。

 ・学校の防災計画には、それを決めていなかった可能性がある。
  もしそれが決まっていて、避難訓練で実際に訓練していたら、グランドで児童の人数の確認が終わった時、
  すぐに、そこに向かって出発する筈。
 
 ・結果的に、先生方が瞬時に動けなかった。 その責任は、校長にある。

 ・防災計画は、学校の経営の計画の中に必ずある。
  それは、教育委員会に提出される。
  教育委員会は、学校の管理を校長に任せているから、中身が不十分なら指導できる。
  でも、実際は、言われているように、教育委員会制度は形骸化されてる部分があり、校長に任せきりになっている。
  防災計画の部分だけ、消防に提出されるが、そこまでのチェックは少ない。

 ・遅くても、2時55分にグランドから動いていれば、どこに逃げても助かっていた。 高台なら。

③ どうして低い所に校舎を建てたのか。 だれも、疑問を持たなかったのか。

 ・ここは、北上川の河口から4㌔の所。 過去の地震でどうだったのか。
  学校を避難場所にしていたから、危険な場所と言う認識は少なかったかもしれない。

 ※ 津波予測がもっと進歩していたら、今回、どれだけの人々を救えたか分からない。
      (いつか来るかもしれない津波の、大きさの予測)
   昔の教訓の方が、ずっと役に立った。

④ 教頭また副校長の名前が出てこない。 児童数108名。 いるはずだが。

 ・いたという情報もあるが、はっきりしない。
  もしいたら、いざという時、校長に代わって動かなければならない。

⑤ 校長は休暇を取っていたが、地震直後から、どんな動きをしたのだろう。

 ・校長がどこで何してたかは、全て分かっています。
  ただ、道が寸断されていて、直ぐには戻れなかった。

 ※ 校長の頭の中には、「想定外」があるように感じる。
   自分の経営次第で、一人の犠牲者も出さずに済んだのに。
   教育委員会にも、同じものを感じる。 

裏山に倒木があって、と言うことで行かなかった。
でも、ある学校では、避難が間に合わないと、柵を無理やり越えさせた学校がある。
命を守るためには、多少の怪我は仕方ないと考えた。
臨機応変な発想と思う。

下の記事は、釜石でのこと。(北海道新聞)
どんなことがあっても、命だけは、と考えた。

  東日本大震災で1200人を超す死者と行方不明者を出した岩手県釜石市では、
  3千人近い小中学生のほとんどが無事に避難した。

  背景には、古くから津波に苦しめられてきた三陸地方の言い伝え「津波てんでんこ」
  (自分の責任で早く高台に逃げろの意味)に基づいた防災教育がある。

  釜石市北部の大槌湾を望む釜石東中学校(生徒数222人)は、同湾に流れ出る鵜住居(うのすまい)川から
  数十メートルしか離れていない。

  11日午後の地震発生時は、各教室で下校前のホームルームが行われていた。
  立っていられないほどの横揺れが生徒たちを襲った。
  1階にいた3年生の栗沢正太君(15)は避難口を確保しようと、とっさに窓を開け、机の下へ。

  揺れが一段落すると、担任教師が「逃げろ」と叫び、栗沢君が校庭に出ると、2、3階にいた1、2年生も
  非常階段を下りてきた。

  校庭に出た生徒たちは、教師の指示を待たず、高台に向かって走りだした。
  途中、同校に隣接した鵜住居小学校(児童数361人)の児童も合流。
  小学生の手を引く中学生の姿も目立ったという。

教師の決断の速さと生徒の行動は、見事と言っていい。

下は、越喜来(おきらい)小の避難状況。(岩手日報) 
    ※ この地域には、ボランティアで行った。 海に近い所に学校はあった。

  越喜来小は第1避難所に三陸駅、第2避難所に南区公民館を設定。
  通常は揺れが収まってから避難するが、今回はあまりにも揺れる時間が長すぎた。
  細心の注意を払いながら、揺れている間に避難を開始した。

  大津希梨さん(4年)は「大きな揺れのときにしゃがみ、小さい揺れのときに急ぎ足で逃げた。
  揺れが止まるのを待っていたら、波にのまれたかもしれない」と振り返る。

  大きな揺れに泣きだす子もいたが、昨年整備した県道との連絡通路などを使って避難。
  校舎を破壊する津波の猛威に危険を感じ、南区公民館からさらに背後の山に登らせた。

  遠藤耕生副校長は「津波到達まで30分ないと想定すると、揺れが収まってからでは間に合わないと思った。
  校舎が壊れることも考えた」と説明する。

上にある連絡通路は、ある議員さんの努力により生まれた。
2階から、高台に逃げることが出来る通路。
避難開始の判断が児童の命を救った。
  ※ 津波は、早いところでは、15分でやってきた。

okiraisyou112211.jpg

教育委員会と校長にだけ責任があるとは言わないが、被災後の姿勢を見ていると、
何が自分たちに足りなかったか、それに気づいていないように見える。
また、責任回避の姿勢も。

今後、校舎の場所も、防災計画も変わると思う。
でも、そのために払った犠牲は、余りにも大きすぎる。

【その他】 今日、ある所で見た、自衛隊のホバークラフト。

IMG_0417kkpp09088.jpg

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

    
【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で10位です。  放浪の旅は13位です。         
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
           

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



遠野市で、全ての用事を済ませ、陸前高田市に戻った。
道は、途中から、気仙川沿いになった。
一本橋があった。 それも、流れ橋。

石巻市立大川小の児童数は、108名。 津波に襲われた。
その内、56人が死亡、18人が行方不明。  助かったのは、34名。
また教諭については、11人のうち9人が死亡、1人が行方不明。
今日は、疑問だけを少し整理してみた。


一本橋を見たのは、住田町。 
この町にある鍾乳洞が、滝観洞(ろうかんどう)と白蓮洞(びゃくれんどう)ですね。


一本橋は、四国で見ていた。 似てる。

11年4月9日 (1)

説明には、江戸時代からあるとあった。 四国のと同じ、流れ橋。
流れても、ワイヤーが付いてるので、どこまでも流されない。

11年4月9日 (2)

これが面白いですよ。 こんな木を見つけたんですね。 人が支えているみたい。

11年4月9日 (3)

使わなくなったのを、立てかけてあるのかな。

11年4月9日 (4)

手すりがある。 今の川の深さは、大人の腰くらい。 小さな子供には、危険。

11年4月9日 (5)

横に崩れそうだけど、大丈夫。

11年4月9日 (6)

人の足に、似てる。

11年4月9日 (7)

四国の津野町にあった、早瀬の一本橋。 四国カルストから戻る時に、見た。

mmppipponnbasi.jpg

この日は、国道のパーキングに停泊した。
その近くでお弁当が売っていたので、買いに行った。 そうしたら無料で配っていた。
お金は、受け取ってもらえなかった。 お店の名前は、ほっかほっか亭。

IMG_0410ppp09890p


大川小で、多くの子供たちと先生が、津波に流された。
どうして子供たちの命を守れなかったのか。
先生方の責任をどうこうでなく、考えてみたいと思う。 
  ※ 責任は、石巻市教育委員会と学校の管理を任されていた校長にある。 これは、動かないですね。

被災後の、大川小の様子。(写真は、フリッカー・カモメさんより)
左に北上川がある。 右に山が。 山の方に、逃げなかった。

5098907678.jpg

大川小の位置。




どうしてかなと思う部分を整理してみた。
   ※ このことについては、明日書きますね。 もう少し調べて。

① 地震発生、午後2時46分。 津波警報発令、2時49分。
  2時49分にはグランドに出ているが、避難開始は、3時10分頃。
  グランドに、20分。 何があったのか。

② 学校の防災計画で、避難場所は決めてなかったのか。
  裏山に行かないで、橋に向かった。 そこを通って高い所に行こうと。
  襲われる直前、裏山に逃げて助かった子がいる。

③ どうして低い所に校舎を建てたのか。 だれも、疑問を持たなかったのか。

④ 教頭また副校長の名前が出てこない。 児童数108名。 いるはずだが。

⑤ 校長は休暇を取っていたが、地震直後から、どんな動きをしたのだろう。

ポイントは、避難開始まで、どうして20分かかったのか。 なぜ、橋に向かったのか。
この2つでしょうか。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

    
【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で10位です。  放浪の旅は40位です。         
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
           

スポンサードリンク

 
 

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。