FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

四万十川本流に架かる沈下橋で、一番上流の橋を見に行った。
他も見る予定だったが、釣りしてるおじいちゃんに出会った。
晩まで、一緒にいた。

その沈下橋は、中土佐町に入って、すぐの所にある。


川幅が狭いから、橋も小さい。 かわいい。  そして、竹筒の中に、雛人形。

11年2月24日 (2)

こうです。  いいセンスですね。  かぐや姫みたい。

11年2月24日 (1)

上の取り組みは、四万十川全体でやっている。
取り組みの指導に当たっているのは、先日、鬼北町の講演会で話された方。 ※ 県庁の方。
心が、ほっとする、取り組みですね。 ポスターやパンフレットは、こんなの。

hinamaturi77899plp

車は通れない。 少し下流に、小さなダム(堰)があるので、深い。

11年2月24日 (3)

水はきれいですね。  
※ 四万十川は、どこもきれいではなく、四万十町は排水を流している。 
  だから、北にある仁淀川の方が、水はきれい。 共通理解は、むずかしい。

11年2月24日 (4)

家の周りに、小屋のような建物が、いっぱいある。 そんな家が多い。

11年2月24日 (5)

この写真に人は写っていないが、車で通った時はいた。 釣りをしていた。

11年2月24日 (6)

沈下橋から、700㍍くらい動いた場所。


私は、沈下橋自体は、何が何でも見たいと思っている訳ではない。
それを見に行くことによって、誰かに会えるかも知れない。 また、動物に出会うことだってある。
そっちの期待の方が、大きい。

竹林の中に道があったので、行った。

11年2月24日 (7)

ここに出たけど、いなかった。

11年2月24日 (8)

戻ったら、橋の上に、おばあちゃんが2人いた。
実は、少し前、話していた。 釣りをしていた人は、左の人の旦那さんと聞いていた。
きっと家に帰ったよって、教えてくれた。 釣った魚は、池に放していることも。
家を教えてくれた。 行くことにした。

2人に、何してるのって、聞いた。 散歩だって言った。
80過ぎたから、散歩の他には、あと死ぬよりないとも言った。

そんだけ口がたっしゃなら、死なないねって、私は言って、3人で笑った。

11年2月24日 (9)

初対面の人と話す時は、最初の30秒が勝負。
固くならず、ほわっと話しかけ、相手の性格を少しでもつかむ必要がある。
笑顔を忘れずに。 ※ 鶴瓶(つるべ)が上手。

昔から友達だったように話すと、うまくいく。 そんな感じも。

※ その力が身に付いたかどうかは分からないが、オホーツク海でのサケ釣りでは、1分間で友達になる練習をした。
  4年前から。

おじいちゃんの家に向かった。

11年2月24日 (10)

建物がいっぱいあった。 敷地内が、複雑。

11年2月24日 (17)

おじいちゃんは、いた。 おばあちゃんに教えてもらって来たと言った。
これが、おじいちゃんの池。 水は岩の隙間から出る、湧水。 それを引いている。

11年2月24日 (12)

釣った魚は、隠れてる。

11年2月24日 (11)

ミツバチの箱もあった。 1㌔、1万5千円だと言った。

11年2月24日 (13)

川の話をしたら、もう少ししたら、さっきの川の両岸に花が咲くと言った。
その表現は、べったり咲く、だった。 一面花の意味。
釣りが好きなのと聞いたら、年寄りはこれで楽しむ、べったり、釣り、と言った。 いつも釣りの意味。

おじいちゃんは、べったりが、好きだった。
私は、おじいちゃんに、べったりついて歩くことにした。

おじいちゃんは、春が待てなくて、造花の花を、木にくっつけていた。
造花でしょって、私は、少し文句を言った。

11年2月24日 (14)

おじいちゃんは、盆栽の木が好きだ。
この木は何なのって聞いたら、その木は1月に植え替えせんとならん、と言った。
最初から、自分の言いたいことは決まっていた。
私の言ったことが、聞こえているのかいないのか、分からない。
5回試したけど、同じだった。 聞こえが悪いのかなと、思った。

釣りに出かけることにした。 再度。

11年2月24日 (15)

足腰は、しっかりしている。

11年2月24日 (16)

小屋の中で、男の人が作業をしていた。 田んぼに使う機械を直している。
自分で直すとタダだから、何日も挑戦していると言う。 
窪川から頼んだら、交通費もあって高くなると言った。 直している機械は、みんなで使う。

11年2月24日 (18)

おじいちゃんの田んぼを越えて、川に。

11年2月24日 (19)

ここで釣る。 四万十川。

11年2月24日 (20)

こんなエサ。 川にいる。 頭の固いとこに引っかけると、外れないとい教えてくれた。

11年2月24日 (21)

岩場が多いため、ここも深い。 この場所では、釣れなかった。

11年2月24日 (22)

場所を変えた。 

11年2月24日 (23)

釣れた。 ウグイだ。

11年2月24日 (24)

ウグイはくわえたエサを、はき出すから、くわえた瞬間に、しゃくるのがコツと、教えてくれた。

11年2月24日 (25)

持って帰って、池に放す。 おじいちゃんにとっては、どんな魚もかわいい。
   ※ ウグイは美味しくないから、普通は釣らない。 私も釣らない。

11年2月24日 (26)

再度場所を変えた。

11年2月24日 (27)

釣れた。

11年2月24日 (28)

釣る瞬間が、楽しいと言う。

11年2月24日 (29)

魚は、右の方に。 こうやって、持ってくる。

11年2月24日 (30)

ご機嫌。

11年2月24日 (31)

うれしいね、って言ったら、うれしいと言った。 おじいちゃんの耳は、ちゃんと聞こえていた。

11年2月24日 (32)

その後、大きいのが釣れた。 おじいちゃんは、太いと表現した。

11年2月24日 (33)

とび跳ねた瞬間。 浮いてる。  ウグイは、こんな魚。 完璧な清流には、いない。

11年2月24日 (34)

今日の、収穫。

11年2月24日 (35)

川の中には、虫の巣がびっしり。 小さな固まりが、それ。 小さな石で造っている。
カゲロウなどの幼虫で、夏になって、川から飛び立つ。 
魚は、エサにする。 豊かな川の証拠。 

11年2月24日 (36)

別れる時、花が咲く時、また来いや、って言った。
気を付けて、とばさないように、って。(車を)
それが真(まこと)よって、最後に言った。

11年2月24日 (37)

湧水があったので、水を補給した。 ここの水も、岩の隙間から出ていた。
味がしないっていう、美味しさか。

11年2月24日 (38)

今日は、いい一日でした。
おじいちゃんは、もう少ししたら、田んぼで忙しくなる。
出来た米は、大阪とかにいる子供たちに送る。 それが楽しみと言った。
息子さんの嫁を、いっぱいほめた。

【道の駅】    布施ヶ坂

【明日の予定】  新荘川の源流点がある、鶴松森(かくしょうもり)に登ります。
         標高、1100㍍。 今いる所は、標高400㍍。 標高差、700㍍。
         迷ったら困るので、ナビを持ちます。
         明日の天気は晴れ。 18度まで気温が上がります。 9時には出発。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
    
【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で10位です。  放浪の旅は28位です。         
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
            

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



津野町の山の中を歩いてみた。
また、四万十川流域と新荘川流域の間にある、昔の布施ヶ坂の峠に行ってみた。

細いと聞いていた国道439を、南に十数㌔走ると面白いものがある。
川を渡るゴンドラ。 こんなの見たことはない。

斜面がゆるやかだと、石垣の畑があった。 斜面が急だと、道は細くなる。

11年2月24日 (1)

この近くと思って探したが、見つからない。
他に、大きなケヤキの木もあるはずだが、案内はないし分からない。

11年2月24日 (2)

後で知ったのだが、その木はここにあった。 この写真のように。
土地の人には、枯れたので切ったと聞いた。
上の写真に、少し大きい木が写っているが、違うのかな。

11年2月24日 (25)

戻って、お酒屋さんで聞いた。 そこの庭に、小鳥のエサ台があった。
十数羽のヤマガラが、集まってきた。 先日もブログに載せている。
口にくわえている。  3㍍くらいまで、近づくことができた。

11年2月24日 (4)

口だけだと思っていたら、足でもつかんでいた。

11年2月24日 (3)

シジュウカラも来ていた。

11年2月24日 (5)

ここで、詳しく場所を聞いた。 神社の少し向こうって聞いた。
所が、この後神社を間違ったため、少し苦労する。 でも、見つかる。

こんなのだった。 大古味(おおこみ)と言う地域なので、大古味のゴンドラと呼んでいる。 
危険なので乗らないで、って書いてあった。 残念。
増水して居る時は、とくに危険かな。

11年2月24日 (6)

場所はここです。


パンフレットにあった、乗ってる写真。 ロープを引っ張って、動く。
※ YouTubeに、動画はなかった。

11年2月24日 (26)

昔は、川の向こうに家があった。 今も、畑はある。 

11年2月24日 (7)

ゴンドラは、家の前にある。 川は、四万十川の支流檮原川の、更に支流の北川川。 川が2つつく。

11年2月24日 (12)

広く石垣があった。 棚田のほとんどに、イチョウの木があった。

11年2月24日 (8)

こんな種。 すぐに、銀杏(ぎんなん)と分からなかった。

11年2月24日 (9)

落ちてる葉っぱを見れば、分かりやすかった。

11年2月24日 (11)

切った切り株が、たくさんあった。 木はしぶとい。 こうやって、また成長する。

11年2月24日 (10)

清流四万十川。 水はきれい。 これでも、水量は少ないと言う。

11年2月24日 (13)

道沿いには、廃屋がたくさんあった。 バイクで、畑を作りに来ている人もいた。 肥料をまいていた。
写真の○の所は、排水を浄化する所。 こんな山の中でも、使った水を適当に川に流してはいなかった。

11年2月24日 (14)mm

戻って、国道197に出た。 ここは、東津野と言われる地域。 役場の支所とかある。
少し歩いて見た。

11年2月24日 (15)

橋の名前は、しんでんばし。 手前右に、歌碑。 遠くに、吉村虎太郎像。

11年2月24日 (17)

こんな歌碑だが、ネットとかには全く紹介されていない。 江戸時代の新田のことか?

11年2月24日 (16)

この人の生家まで、近い。 一本橋のあった所。

11年2月24日 (18)

向こうに行くと、須崎(すさき)で高知に行く。
昔カワウソがいた、新荘川の源流域がここ。 源流点は、左の山。
大きなこの谷は、急な斜面になっていて、布施ヶ坂と呼ばれる。

今立っている所は、旧道の布施ヶ坂の峠。 国道はトンネル。 道の駅は、下に見える道の、少し左。
旧道は、右の斜面に沿って、九十九折れで、降りて行く。
脱藩の道も、その道沿いにあった。

11年2月24日 (19)

これが地図。 今後行く道は、県道19。 走りやすいと、聞いている。  
                    ※ 昔の布施ヶ坂と書いてあるのは、布施ヶ坂の峠の意味。

121tunotyou.jpg

旧道を少し降りた。 道の駅が向こうに。 
新荘川の源流点は、写真右上に見える山、鶴松森(しょうかくもり)。 行けたら行きたい山。

11年2月24日 (20)

更に下に見える、茶畑。

11年2月24日 (21)

こんな所も。

11年2月24日 (22)

道の駅に戻って、ここに車を停めた。 左の石碑は、大町桂月のもの。 大正9年に来ている。
石碑の文の中に、勤皇豪傑の跡とあった。 これは、龍馬のこと。
脱藩の道は、今に始まったものではなく、当時から知られていたことが分かる。

11年2月24日 (23)

※ 大町桂月は、与謝野晶子との関係で、こんなことがあった。 
  結果、後の時代に、桂月の評価が下がった。 その時代に、こびた感じがするでしょうか。
  以前のブログに書いたもの。 (高知の桂浜の記事)

keigetuppllpm.jpg

小さな東屋が見える。
4時半頃から、あそこに座って、少しのつまみで、ビールと土佐鶴を飲み始めた。 
※ 土佐鶴は、若いころから好き。 自分は、淡麗辛口には、なれなかったけれど。
いい景色を眺めながら。 思いついたことなどを、ノートに書いて。
寒くはない。

11年2月24日 (24)

晩に自動販売機に、コーラを買いに行った。 店の看板に灯りがともっていた。
少しだけと思って入った。 スナックの感じのお店。 ステンドグラスの飾りとピアノが。
客は私だけ。 ママさんと、ビールを飲んで歌を歌った。 10時頃戻った。

※ ママさんが作った、ステンドグラス。

sutenndogurasu (1)     sutenndogurasu (2) 

          sutenndogurasu (4)     sutenndogurasu (3)

今日は、ゴンドラが直ぐに見つからず、たくさん歩いた。
それがまたよかった。

【道の駅】     布施ヶ坂

【明日の予定】   新荘川の源流点の山に登れるか、調査中。 天気は、雨模様。
          だめなら、県道19を、四万十川沿いに下る。

【動画akkamui】   
     大古味のゴンドラへ (1分27秒)


 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
    
【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で13位です。  放浪の旅は34位です。         
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
            

スポンサードリンク

 
 

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。