キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

京都見学の最終日。
満開の桜は、昨年見ているので、今年は他の地域を。

今日の狙いの桜は、平野神社のサキガケ(魁)。
この桜が咲いたら、京都の花見がスタート。

嵐山の天竜寺を少しだけ見学する。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

京都駅からならバスが便利。   JRの円町駅から、2㌔程。  嵐山からは、嵐電がある。(自分はこれ)

s-17年3月30日 (2)    s-17年3月30日 (1)

こっちは、平野神社の正門ではなく、西側の門。

s-17年3月30日 (27)

花見の準備は始まっている。 夜桜見学。 こういう所で、飲んだことは無い。  

s-17年3月30日 (29)    s-17年3月30日 (28)

ここを行くと、境内の中心に。   右の人が写真を撮ってる。 何の花か分からない。 何桜か。(後で分かる)

s-17年3月30日 (30)    s-17年3月30日 (5)    s-17年3月30日 (6)

神門の前に、サキガケ(魁)。  咲き始めた。  人もやって来た。

s-17年3月30日 (32)    s-17年3月30日 (7)

枝によっては、5分咲きが。   平均したら、2分咲きか。  

s-17年3月30日 (8)    s-17年3月30日 (9)

 枝垂れ桜です。  気温は20度ほどに上がったから、数日で一気に満開ですね。

s-17年3月30日 (10)    s-17年3月30日 (11)

神門をくぐると、大きな木。 パワーをもらってる人。 

美しい拝殿。(ここでは、舞殿とは呼んでない)

   ※ この拝殿は、江(ごう)の一番下の娘の東福門院が寄進した。 天皇家に嫁いでいる。

s-17年3月30日 (31)

左奥に人がいた。    最初に見た花と同じ。

s-17年3月30日 (12)    s-17年3月30日 (13)

アーモンド(扁桃)と標示があった。   アーモンドチョコのアーモンド。 右写真は、Wikipediaから。
初めて知った。 (食べたくなってきた)

s-17年3月30日 (14)    s-17年3月30日 (15)    s-17年3月30日 (45)

紅枝垂れは、紅いつぼみ。 右のように咲く。(昨年・この木)

s-17年3月30日 (16)    17年3月30日 (3)

ジュウガツザクラはしぶとい。 まだ咲いてる。  つぼみだってある。

s-17年3月30日 (17)

これもこれから。   ヒカンザクラでいいのか。   花が丸っこい。  下向き。

s-17年3月30日 (18)

電車で、嵐山に戻った。 日本は治安がいい。 世界中から人が来る。

s-17年3月30日 (33)

観光客から離れる。 この小路が好き。  白い花は、アセビかな。

s-17年3月30日 (34)    s-17年3月30日 (19)

右写真は、向こうから来た。  

s-17年3月30日 (35)    s-17年3月30日 (36)

ジンチョウゲ(沈丁花)の花のよう。

  ※ 右の写真は、ハマジンチョウ。 九州でたまに見る、希少種。 写真のは、阿久根市で。
    別の植物だけど、ジンチョウゲに似てたので、ハマジンチョウの名に。

s-17年3月30日 (20)    s-17年3月30日 (21)    s-17年3月30日 (4)

白いモクレン。  モクレンも一気に咲きだした。    ボケ。

s-17年3月30日 (23)    s-17年3月30日 (22)

天竜寺の境内は広い。

s-17年3月30日 (37)

寿寧院。   龍馬の奥さんのお龍(りょう)さんの墓があるという。

  ※ 情報は、個人のサイトにはあるけど、公的なサイトに見られない。
    定説となってる情報が見つかれば、紹介しますね。
    確認出来たら、いつか行きます。  晩年のお龍さん。200px-Narasaki_Ryo_1904.jpg   ある人に嫁ぐが、龍馬を忘れることはなかった。

      ※ 余談  北海道に行く龍馬の姉の子の坂本家からは、冷たくされた。 助けてやればよかったのに。
            お龍さんがいなければ、寺田屋で襲われたとき、龍馬は死んでいた。

            助けたのは、西郷と勝海舟など、ほんの少しの人だけ。
              (お龍さんは、多少扱いづらい性格だったとの情報も。 西郷と勝は、器が大きい)
           
s-17年3月30日 (39)    s-17年3月30日 (38)

奥に、天竜寺の本殿や庭園など。  有料。  一度見ている。

s-17年3月30日 (40)    s-17年3月30日 (41)

塔頭(たっちゅう)と呼ばれる小さな寺が、天竜寺境内にいくつもある。  

コブシの花でしょうか。 モクレンと違って、開いている。

s-17年3月30日 (42)    s-17年3月30日 (25)

こんな雰囲気には、和服が似合う。

s-17年3月30日 (24)

線彫りの像があって。   荷物を置いて、その辺を見学。 中国からの人。

s-17年3月30日 (43)    s-17年3月30日 (26)

嵐山駅に向かう途中。  素敵なファッション。   振り返ってパチリ。

s-17年3月30日 (44)

亀岡市に戻って、琵琶湖の東に向かった。
渋滞。 昼間は大変。  
やはり、今までのように夜の移動がいいかな。

関西や東海は、桜本番の季節に突入。

【記事の紹介】   天龍寺の紅葉。  曹源池庭園は、紅葉の庭。~京都、嵐山~  他  (2013/11/18)
          夜の嵐山。  宝厳院、「獅子吼(ししく)の庭」のライトアップ。~京都市~  他  (2012/11/20)

          平安神宮の紅枝垂桜は、満開に。  平安の都を艶やかに彩って・・。~京都市~ 他 (2015/4/7)
          東山の夜桜。 丸山公園、三年坂、清水寺、祇園白川、他。~京都市~  他  (2013/3/30)

          仁和寺、遅咲きで背の低い御室桜が、満開。  白い雲のように咲き誇って。  国宝の金堂。~京都市~ 他 (2015/4/9)

【今日の歌】   IKIMONO GAKARI LIVE YELL いきものがかり

             2016年度が明日で終わる。 
             若者を中心に、多くの人が新しい世界に入っていく。
             自分も、新しい何かが欲しい。 考えてみるか。             



【道の駅】    竜王かがみの里。  
          朝、灯油が無くなったので買いに行って、東近江市のマーガレットステーションに移動。 31日は寒い。

【明日の予定】     多賀大社によって、愛知県に入る。   夕方、道の駅柳津に。 一宮からAさんが来る。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.    

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト
京都に入ったのは、3月2日。
早咲きの桜を追って、間もなく4月。

京都の満開の桜は、昨年見た。
今年は、他の地域を見学することに。

明日午後、亀岡市を出ます。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

一宮では、Aさんが案内してくれる。
 
  ※ Aさんは、たまに私の車を訪ねてくる。
    3年前、足の骨折で亀岡で冬を越した時は、買い物なんかしてくれた。

清水(静岡)では、Kさんがいつものように。 今年は、静岡の中心部のよう。

高遠の桜の美しさは、全国規模。 一度はと思っていた。
今年の満開は、4月18~19日の予想。

その後は、須坂でのんびり。 東風さんがいる。

東海地方では、チャンスがあれば、秋葉山や鳳来寺に行きたいと思っている。(7年ほど前に1度)

vvcvfgg.jpg

※ 高遠の桜は、風の桜衣(はなごろも)という歌になっている。
  きち兵衛さんが歌っている。 下の感じで。 
            (震災のボランティアで亘理町に移動している)



  由布姫(諏訪御料人)と絵島の墓に、お参り。  絵島の囲み屋敷。  高遠城跡。~伊那市高遠町~  他  (2012/11/1)

【その他】   雪崩事故について。

顧問と云う人が、今回の行事の総責任者。
   ※ ただ、学校の管理下の行事であったから、最高責任者は校長。

絶対安全と判断したと、顧問は言った。
根拠は云わなかった。  

記者会見だから、記者の誰かはどうして質問しなかったのだろう。
   (追記 質問してました。 話したことは根拠になりえない内容)

この顧問は、自分は現場に行ってない。 見てない。

話し方を見てても、賢くないなって感じる。
8人の生徒さんが亡くなった責任は、自分にあると気付いてない。

校長も何を言ってるのか。 
震災の大川小学校の校長と同じ。

どういう関わりで自分に責任があるのか、きっと分かっていない。
訓練の計画書を見て、安全に行われるか、行われているか、指導し管理する責任があった。

校長の一番の仕事は、生徒さんの命を守ること。
その基盤の上で、全ての教育活動は行われる。

2人とも、自分の反省が、口から出て来ない。

事故の責任はどこにあるのか。
とにかくそれをはっきりさせること。

うやむやにしないことが、再発防止の一番の近道ですね。

※ 2人とも、調査が全て終わったら、退職願を出さなければならない。
  生徒さん達の命を守れなかったから。
          (顧問は、懲戒免職でもおかしくない)

ghjjkjhgyu.jpg

【今日の歌】  Monkees - Daydream Believer - Great Audio Quality. Music Video From MTV.

                昨日紹介した曲は、下の曲が元々の曲です。



【停泊場所】      亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】    一宮に向かう。

歯科医院は9時から。 終ったら、平野神社に下の桜を観に行ってくる。
写真は昨年撮影。    名前はサキガケ(魁)

平野神社のサキガケが咲きだすと、京都の桜の季節は始まる、と云われる。
名前の通り、京都の桜のサキガケ。

 ※ 電車の回数券の切符が残っていたので、どこかに行くことにした。
   平野神社は嵐山から嵐電に乗るから、楽にアクセスできる。

戻って来て、亀岡市を出ます。

201503291041263ea_201703300600226d7.jpg

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.    

スポンサードリンク

 
 
  ※ ブログを書くための管理画面に入れなく、困っていました。
     FC2のトラブルと関係あるかも知れない。
     29日の午後3時前、パスワードを変更する手続きで、やっと記事が書けるように。

     電気が使えなくなったりもして、てんやわんや。
     今はみんな元に戻って。 
     普通に生活できることのありがたさが、分かった。

     4時から歯科医院。
     写真の掲載は、それが終わって。

     深夜に、京都を抜けて、琵琶湖の方に移動します。

   追記   30日の9時にもう一度、歯科医院に。
          亀岡を出るのは、その後でしょうか。

京都の見所を見つけられなかった。
近くを散歩して、紹介することに。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

京都に一番近い道の駅が、亀岡市に。

s-17年3月28日 (1)    s-17年3月28日 (2)

道の駅には、毎日はいられない。 それで運動公園に。 コンビニが目の前。 便利。
不審者に思われたことは無い。  警察の職務質問も。

17年3月28日 (3)ppp     17年3月28日 (4)bbb

バス停から撮影。

s-17年3月28日 (7)

左に球場。   桜は間もなく。

s-17年3月28日 (8)    s-17年3月28日 (9)

バス通りから入ってきた。  里山の雰囲気。

s-17年3月28日 (11)    s-17年3月28日 (10)

この一帯は、標高が少し高く、洪水になりにくい。
古くからの神社やお寺が、いくつもある。

普通の民家だけど、昔は何かをやっていた感じ。

s-17年3月28日 (12)    s-17年3月28日 (13)

金剛寺。   応挙寺と呼ばれて、親しまれる。

s-17年3月28日 (14)    s-17年3月28日 (15)

円山応挙は、足のない幽霊を最初に描いた、という説が。

s-yuurei.jpg

他の画家も幽霊を描いている。
自分は外を歩いていて、幽霊やお化けが怖いと思ったことは無い。

熊に比べたら、どうってことない。

  ※ 余談  自分は猫は苦手。 夜外を歩いていて猫に会っても大丈夫。
        ダメなのは、真夜中、車の外で泣いてる時。  出られない。 出たことない。

s-yuurer43.jpg    s-yuurei765.jpg

  ※ いつか、撮影できるお化け屋敷があれば、入ってみます。

境内には、終わりの梅。 名残の梅。

s-17年3月28日 (16)    s-17年3月28日 (17)

ボケ。 木瓜。   ボケ封じのボケは、惚け。

s-17年3月28日 (18)

立派な家の反対側。

s-17年3月28日 (19)

少し歩いて、小幡神社。

s-17年3月28日 (20)    s-17年3月28日 (21)

昨年亡くなったけど、上田正昭という歴史学者がいた。 京都大学の教授もした。 膨大な著作も。
その人は、この神社の宮司だった。

この梅は、今から咲く。

s-17年3月28日 (24)    s-17年3月28日 (22)

寺伝の説明。   江戸時代前期の建物。  二重虹梁(こうりょう)は、右の図を。

s-17年3月28日 (23)    s-17年3月28日 (32)

犬飼川。   オオサンショウウオは、上流にいるのかな。

s-17年3月28日 (25)

適当な道を戻る。

s-17年3月28日 (26)

黄色い花。 薄暗い中で見たけど、昨日コメントで教えていたさいた山茱萸(サンシュユ)。
茱はグミのこと。  萸(ゆ)は、かわはじかみ だそう。 これはサンショウのことだとう。 むずかしい。

温めた牛乳にサンシュユの枝を入れ、保温して一晩置くとヨーグルトができる。(Wikipedia)
作り方は、ここに

s-17年3月28日 (27)    s-17年3月28日 (28)

庭。  宗教法人の大本が管理。 
   
   ※ 亀岡市の亀山城は、大本の物になっている。   明治に払い下げで手に入れたよう。
     全部でなくていいから、亀岡市民に戻してくれないかな。

s-17年3月28日 (29)

枝垂桜。  一足先に咲く。  間もなく。

s-17年3月28日 (30)    s-17年3月28日 (31)

今日は散歩がてら、近くを歩いてみました。
新しい発見がいくつかありました。

【今日の歌】     高畑充希が歌う「ひるね姫」“フル尺PV”公開 名曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」カバー



【その他】  自分は、山頭火の本を読んでいる。  100円で買った単行本。
       寝る前いつも読んでたので、ボロボロ。

       具体的な勉強をしたことは無い。 下の本を買ってみた。

s-17年3月28日 (5)    s-17年3月28日 (6)

【停泊場所】  亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】  はっきりしない。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.    

スポンサードリンク

 
 
菅原道真が大宰府に左遷された。

左遷に関わった者達を中心に、崇りが起きた。
雷が落ちて、次々に人が死んで。

これは大変と、道真の怨念を鎮めるために、北野天満宮を建てた。

建てたらいいよと誰が言ったのか。
それは、道真だった。

告げられたのは、道真と乳母、多治比文子(たじひのあやこ)という若い女性だった。
今日は、道真と文子を祀る、文子天満宮を紹介。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

渉成園の北にある。(写真は、渉成園を撮った後に撮影)
小路の名前は、間之町通(あいのまちどおり)。

秀吉の時代に出来た、新しい通り。
高倉通と東洞院通の「間」に作られて、そのまま通りの名前に。

s-17年3月27日 (1)    s-17年3月27日 (2)

間之町通。   左に、文子(あやこ)天満宮。

s-17年3月27日 (3)

天神信仰発祥の神社とある。 

天神信仰の発祥に「文子」が関わっているのは、北野天満宮も太宰府天満宮も認めている。
それで、この表現でしょうか。

道真からお告げを受けたというのは、本人しか分からない。
文子がお告げを受けたというのを、周りは信じた。

道真が、乳母の文子を深く信頼していたよう。

s-17年3月27日 (4)    s-17年3月27日 (5)

文子像。   絵図から造ったのか。

s-17年3月27日 (7)

若い。  祠を構えよとのお告げは、場所も指定。

  ※ 彼女は占い師みたい。 安倍晴明のような。
    お告げと云うのは、彼女の考えかなって思いたくなる。 

    自分の考えと云っても人は動かない。
    お告げですよと云えば、別。

    つまり、お告げは彼女の願いかも。

s-17年3月27日 (8)    s-17年3月27日 (9)

右に小さな本殿。

s-17年3月27日 (6)

天神縁起絵巻。  その中に、文子が。

道真を大宰府に流した張本人は、藤原時平なんですね。
時平は頭のいい道真がいては、自分の出世が心配。
それで、謀略をたくらむ。

  ※ こういうことは、いっぱいありますね。
    義経は頼朝から。 江藤新平は大久保利通から。

    龍馬を暗殺したのも、黒幕は大久保かも。 
    一番得した人間を探せば、分かりやすい。

s-17年3月27日 (10)    s-17年3月27日 (12)    s-7年3月27日 (11)

今は、学問の神様。   崇りを抑えてほしいと、誰もお参りしない。

s-17年3月27日 (13)    s-17年3月27日 (14)    s-17年3月27日 (15)

一度座っただけなのに、後世まで残る。 義経だって、芭蕉もあるかな。

  ※ 後の世に、座ったことにしてしまえって、誰かが。
    でも、少しだけ本物の可能性も。

s-17年3月27日 (16)    s-17年3月27日 (17)

歩いていたら、こんな花。

s-17年3月27日 (18)    s-17年3月27日 (19)

亀岡に戻る時、車折(くるまざき)神社に寄った。  前回来たのは、3月4日。
太秦(うずまさ)駅から歩いた。
   
    車折神社の早咲きの桜。 河津桜。 カンヒザクラ。 枝垂れ梅。 桜と梅の花の違い。~京都~ 他 (2017/3/4)

カンヒザクラが満開。

s-17年3月27日 (20)    s-17年3月27日 (21)

いろんな桜があって、分からない。  標示は無い。

境内全体でいろんな桜が咲いてるのは、京都市内でここだけ。

s-17年3月27日 (23)    s-17年3月27日 (22)

これは、カワヅザクラと分かっている。

s-17年3月27日 (24)

真っ白の花。   冬桜か。

s-17年3月27日 (25)    s-17年3月27日 (26)

まだ咲いてない、渓仙桜。 間もなく、このように咲く。 この神社の中心の桜。

s-17年3月27日 (27)

北口に向かっている。 咲いていますね。

s-17年3月27日 (28)    s-17年3月27日 (29)

背の高い桜も。   ここぞとばかりに咲き誇ってはいないけど、咲いている。

s-17年3月27日 (30)    s-17年3月27日 (31)

今日は、どのような流れで北野天満宮が生まれたのか、それが分かりました。
一人の女性が関係していました。

京都にいつまでいるか、検討に入っています。
今回の京都は、早咲きの桜を観るのが目的。

満開の桜は、他の地で見ようかなとも。
諏訪湖に近い、高遠の桜を何とか見られないか、調べています。

【その他】 

雪崩で事故が起きた。

指導者は、生徒たちの命を最優先に考えなかった。
自分の都合を、判断の材料の中に、入れてしまった。

8年ほど前にあった、トムラウシの遭難に似ている。

学校の説明も、それでいいのかなって。
50年間事故がなかったとか、何のために言っているのか。

優秀な指導者だったとも言っている。
ほんとうに優秀なら、発信音を出す「ビーコン」を持たせるはず。

春になると日中気温が上がる。
雪の表面はとけて、夜になって氷る。

その上に降った雪は滑りやすい。
指導者は、それが予測できなかったのか。

s-17年3月27日 (32)

赤〇のスキー場の外で、事故は起きた。
当初は、那須岳の主峰 茶臼山に登る予定だった。

天候が悪化したので、山の斜面で訓練。 

  ※ 那須と呼ばれるこの一帯は、栃木県の最北。 すぐ北は、会津になる。 南の方は日光。
    最高峰の山は、三本槍岳。  青〇に、温泉など。  少し前に紹介している、沼ッ原湿原。

s-17年3月27日 (33)ppp 

雪の重みで息が出来ないという。 
ビーコンを所持していたら、どこに埋まっているかが分かる。
助かる人間が出てくる。

s-17年3月27日 (34)

   鹿の湯で47.5度の湯に入る。  那須湯元温泉を歩く。  温泉神社。  殺傷石、他。~那須町~ 他 (2016/5/14)
   那須連山の最高峰、三本槍岳に登る。  頂上は夏山の暖かさ。  四方の山が全部見えて。~那須町~ 他 (2016/5/13)
     
   沼ッ原湿原の春。  ハルリンドウ。  クロサンショウウオとアズマヒキガエルの卵。~那須塩原市~ 他 (2016/5/12)
   快晴の那須岳は、紅葉が見頃。  殺生石。  那須与一ゆかりの、温泉神社。~那須町~ 他 (2013/10/7) 

   大雪山系遭難~登山者の足取り~  他 (2009/07/19) 

【停泊場所】    亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】   決まっていない。 29日に、一度だけ歯科医院に。 
          その後動くのかな。  京都の満開は、まだだいぶ先。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. 

スポンサードリンク

 
 
昨日の渉成園は、東本願寺の一部。
そんなことで、今日の記事は東本願寺。(写真は昨日撮影)

京都の駅前に、西本願寺と東本願寺。
2つとも広大な敷地の中に。

どちらも見ごたえ十分。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

京都駅から歩いて5分ほど。  信号待ちの方が長いかも。

s-17年3月26日 (1)

南北に烏丸(からすま)通。   下には、地下鉄が。

s-17年3月26日 (8)    s-17年3月26日 (30)

大きな山門。 御影堂門。   

s-17年3月26日 (9)

門の正面に、御影堂。   親鸞の像がある。

s-17年3月26日 (10)    s-17年3月26日 (11)

人は、こんなに小さかったのか。

s-17年3月26日 (12)

修復は終わっている。  2階に見えるけど、1階。

無料なので、暑い日はお堂の中で涼むことが出来る。 
京都人の生活に溶け込んでいる。

高さとかではなく、床面の広さで、木造建築では世界一と、Wikipediaに。

s-17年3月26日 (29)

左の阿弥陀堂も大きい。

s-17年3月26日 (13)

御影堂の前。 

s-17年3月26日 (14)

御影堂門。

s-17年3月26日 (16)

本願寺は石山本願寺として、大阪城の辺りにあった。
戦う教団でもあったが、信長に負けた。

秀吉の時代に、今の西本願寺に移った。
直ぐに跡継ぎ騒動が起きる。
分かれて出た方が、後に家康に助けられ、今の東本願寺の地でスタート。

通称の西本願寺は、本願寺派。
東本願は、大谷派。

阿弥陀堂。  御影堂から渡り廊下で行ける。

17年3月26日 mpppp 

御影堂に入るけど、中は撮れない。  奥の方は、閉まっていて見えない。

s-17年3月26日 (17)

下は、YouTubeから。

s-17年3月26日 (31)    s-17年3月26日 (4)

御影堂の修復は、日建グループが施工した。 工事完了後に撮影。 そこのHPからお借り。

s-17年3月26日 (7)    s-17年3月26日 (33)

阿弥陀堂に行く。  途中に何かが。

s-17年3月26日 (18)


※ 西本願寺は世界遺産だけど、東本願寺はそうでない。

  西本願寺は、創建時の建物が残っている。
  しかし、東本願寺の建物はみんな新しい。

  幕末の禁門の変で、焼かれてしまった。 全て。
  東本願寺が、幕府と関係が深かったことと関係があるのか。

明治に入って、寺の再建。 木材がいる。
そんな中起きたのが、下の事故。

今の上越市の山の中で、木材を運ぶとき、雪崩が起きた。

s-17年3月26日 (19)    s-17年3月26日 (20)

尾神岳殉難と呼んでいる。  木は、黒姫神社にあった。

s-17年3月26日 (21)

事故現場の正確な場所は分からない。
殉難碑の場所は分かる。 その近くと、ある記事にあった。

s-17年3月26日 (2)    s-17年3月26日 (3)

赤〇に、殉難碑。 神社が2つ。

どっちの神社かな。  下の方のソリの説明から考えて、右の方の神社かなと。

s-17年3月26日 (5) 

下が、その碑。(上越観光ネットから)

右写真は、木のあった黒姫神社。  はこびだす前か。  このソリは、現在東本願寺にある。

s-17年3月26日 (32)    s-17年3月26日 (6)

髪の毛でつくったロープ。  木材の運搬に使った。

s-17年3月26日 (23)    s-17年3月26日 (24)    s-17年3月26日 (22)

説明に、刈羽郡(かりわぐん)とある。 上の地図の右の神社の辺りは、明治時代は刈羽郡だった。 今は、上越市。

このように残すことは、事故のことは決して忘れませんよ、と云う意味ですね。

s-17年3月26日 (25)    s-17年3月26日 (26)

阿弥陀堂に。

s-17年3月26日 (27)

西本願寺と東本願寺は分かれているけど、現在は仲が悪いわけではないよう。
宗教によっては、話しもしない、というところも。

  ※ 浄土真宗は、恐ろしさをあまり感じない、穏やかな宗教の印象。

阿弥陀堂前。

s-17年3月26日 (28)

建物の大きさに、圧倒されました。

誰でも、いつでもお参りに来てください。
東本願寺の、そんな姿勢を感じました。

お寺は、生き方を学ぶところでしょうか。

【今日の動画】    京都 東と西 二つの本願寺ってなぜ?



【今日の一句】   「 お東さんに行って  少し心が落ち着いて  それがご利益 」

【停泊場所】    亀岡市運動公園駐車場 

【明日の予定】    どこかを少し。 

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. 

スポンサードリンク

 
 
早咲きの桜の紹介。
今日は新しく見つけた、修善寺寒桜。  しゅぜんじかんざくら。

場所は、渉成(しょうせい)園。
東本願寺の境内だけど、離れている飛地。

いい状態で咲いていた。
たった1本だけど、十分。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

東本願寺は、駅から近い。 渉成園は、少し右に。

s-17年3月25日 (1)

東本願寺の山門前から、正面通を来ると、ここに。  500円。   立派な案内の冊子をいただいて。

s-17年3月25日 (2)

高石垣と呼ばれる。 どこかで使ってた石を再利用かな。

園内地図を見ると、池のある回遊式庭園ですね。

s-17年3月25日 (4)    s-17年3月25日 (3)

正面に庭の入り口。 ここの梅は、終わりに近づいている。  右はモクレン。 これから。

s-17年3月25日 (5)    s-17年3月25日 (6)   s-17年3月25日 (7)
    
見えました。  修善寺寒桜。   シュゼンジカンザクラ。
建物は、傍花閣(ぼうかかく)   楼門のような建物。

s-17年3月25日 (9)    s-17年3月25日 (10)

修善寺寒桜は、伊豆の修善寺温泉にたくさん咲いている。 (自分は、春に行ったことは無い)

  ※ 伊豆半島の北部に、伊豆市。 伊豆市に、修善寺温泉。
    修善寺温泉に、修禅寺がある。

  ※ 修善寺温泉は、ここより暖かいようで、下は3月5日に7分咲。(伊豆観光協会からお借り) 

      20170305_1934342.jpg

別の方から。

s-17年3月25日 (11)    s-17年3月25日 (12)
修善寺寒桜は、カンヒザクラとオオシマザクラの雑種のよう。  オオシマザクラ。1024px-Prunus_speciosa_in_the_Jardin_des_Plantes_004.jpg (Wikipedisから)
この春出会った早咲きの桜は、みんなカンヒザクラが関わっている。

なお、カワヅザクラもカンヒザクラとオオシマザクラから生まれています。
親が同じだからって、ピッタリ同じではないんですね。 

カワヅザクラは、花が混んでるでしょうか。

ここの修善寺寒桜は、剪定(せんてい)されているので、咲いている木全体の姿が美しい。

s-17年3月25日 (13)    s-17年3月25日 (14)

観光客が、次から次と。  バスの人達も後で。

s-17年3月25日 (15)

印月池(いんげつち)。     奥に屋根付き橋。 回棹廊(かいとうろう)。

  ※ 水は琵琶湖の水。  東山の琵琶湖疎水から分岐して。

s-17年3月25日 (16)    s-17年3月25日 (17)

東本願寺の土地は、家康が寄付した。
ここ渉成園の土地は、3代将軍家光が寄付。

別方向から。   傍花閣(ぼうかかく)の向こうに、修善寺桜。

s-17年3月25日 (18)

上の写真の左。  こんな建物に、国賓などを迎えた歴史がある。  ニコライ二世が皇太子の時も。(以前の記事から)

右に、ボケ。

s-17年3月25日 (19)


ボケです。 朱のような紅い色。   自分は好き。

s-17年3月25日 (20)    s-17年3月25日 (21)

終わりかけた梅かと思った。  つぼみがいっぱい。

s-17年3月25日 (22)    s-17年3月25日 (23)

右奥に、桜が。

s-17年3月25日 (24)

イブキの木。  こんなに太いのに、ねじれている。  伊吹山の伊吹は、このイブキですね。
たまに見る木です。

    恩徳寺の結びイブキは、枝が絡み合っていた。 肥中港。 道の駅から角島大橋が。~下関市~ 他 (2016/12/4)

s-17年3月25日 (25)

屋根付橋。 中央に唐破風のような屋根。

s-17年3月25日 (26)

橋の上から。

s-17年3月25日 (27)

島にある茶室。

s-17年3月25日 (28)    s-17年3月25日 (29)

広く、池の整備がなされていた。   ボケの花は、向こう右に。

s-17年3月25日 (30)

戻って来た。  修善寺寒桜が一番人気。

s-17年3月25日 (31)    s-17年3月25日 (32)

外人さんが、この部分を見てと頼んで、パチリ。

s-17年3月25日 (33)

ロウバイに似ているけど、ちょっと違う。 何だろう。 調べてみたけど分からない。  

   ※ 追記  トサミズキでした。 コメントで教えていただきました。
        花の房はもっと大きくなるのかな。

s-17年3月25日 (34)    s-17年3月25日 (35)

渉成園は、久しぶりでした。
京都の街の真ん中に、別世界。

1本の木でしたが、十分に楽しめました。
1という数字の価値は、0に比べたら、あまりにも大きいですね。

早咲きの桜は、もう見つけられないかも。

【記事紹介】  修善寺温泉。  修禅寺。  頼家の冥福を祈った、指月殿。  浄蓮の滝。~伊豆市~  他  (2014/5/26)

【今日の歌】   Serenade de Schubert, Nana Mouskouri



【停泊場所】  亀岡市運動公園駐車場。

【明日の予定】    東本願寺。 写真は、撮り終っています。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  

スポンサードリンク

 
 
賀茂川と高野川の合流地点の北に、広い糺(ただす)の森。
           ※ 糺すは、真相を糺す、などで使う言葉ですね。
その広い原生林の中に、下鴨神社。
京都最古の社と云われる。

入った所に、河合(かわい)神社。
寄ってみた。

梅が終わって、これから桜の時期。
それでもここは、世界遺産。
人は来ていた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

2つの川の合流点の北に。

s-17年3月23日 (1)    s-17年3月23日 (2)

参道を歩いていたら、旧三井家下鴨別邸。 重要文化財。
三井家は、三越ですね。   松阪市で生まれている。

   松阪を歩く。(松阪城跡~駅)  空は 悲しいまで晴れていた。~松阪市~  他  (2013/4/24)

s-17年3月23日 (5)    s-17年3月23日 (48)

広く糺の森。  ここは、京都の世界遺産の1つ。 一番右に。 
有名なところは、みんななっている。

s-17年3月23日 (6)    s-17年3月23日 (7)    s-17年3月23日 (4)

少し行って、左に河合神社。  
「ゆく川の流れは絶えずして・・・」で知られる方丈記を書いた鴨長明(かものちょうえい)は、この神社の人だった。

s-17年3月23日 (8)    s-17年3月23日 (9)

神門から入って。

s-17年3月23日 (10)

拝殿と考えていいでしょうか。

s-17年3月23日 (13)

本殿。 祭神は、玉依媛(たまよりびめ)。 下鴨神社の祭神も玉依姫。

  ※ ここの祭神が、下鴨神社の祭神と同じ。
    そのために、河合神社は下鴨神社の摂社(せっしゃ)となるよう。
     
    祭神が、同じでなかったり関係なかったら、末社。

DSCF5772aaaa.jpg 

下の社殿は、上の写真の右だった。 写っていない。  小さい。

祭神は、八咫烏(やたがらす)。

  ※ この後、下鴨神社に行くけど、本殿は2つあって。 東と西に。
    東の祭神は、玉依姫(たまよりびめ)。 神武天皇の母。 
    西の祭神は、玉依姫の父。  その人の化身が、八咫烏との説明を後に知る。

八咫烏は、神武天皇を熊野から大和に案内したということで知られる。(神話の世界の話)
右は、熊野神社の写真。(以前の記事から)  Jリーグのシンボルマークに。    

s-17年3月23日 (14)    s-17年3月23日 (3)    s-17年3月23日 (49)

拝殿から奥を。

s-17年3月23日 (15)

境内の左の方。 写真尾左は、6つの末社。
調べても分からないのもあるけど、竈(かまど)社で知られる神社は、大宰府に。

末社は、遠くまで行かなくても、ここでお参りできる便利な社。

s-17年3月23日 (11)    s-17年3月23日 (12)

鴨長明は、ここで方丈記を書いた。(復元かな)

平氏から源氏に移る、戦乱の時代が、方丈記の時代ですね。

s-17年3月23日 (16)    s-17年3月23日 (17)

糺(ただす)の森の中を通って、下鴨神社に。

s-17年3月23日 (18)

鳥居の奥に、楼門。

s-17年3月23日 (19)    vvvvlllklll.jpg    s-17年3月23日 (28)

楼門を入って、左。 ふしぎな木。   途中でくっ付いてる。

s-17年3月23日 (22)    s-17年3月23日 (21)    s-17年3月23日 (20)

境内図。  上で紹介した祭神が。

s-17年3月23日 (23)    s-17年3月23日 (24)    s-17年3月23日 (25)

舞殿。

s-17年3月23日 (26)    s-17年3月23日 (27)

古くからあるとされる、姫小松。

s-17年3月23日 (29)    s-17年3月23日 (30)

境内の左側。 いくつもの社殿が。

s-17年3月23日 (31)    s-17年3月23日 (32)

少し行って、左に入ると、本殿の正面に。

DSCF5807zzzz.jpg

工事中だった。 右奥に、東と西の本殿。  右写真がそれ。(京都の文化財から)

s-17年3月23日 (34)    s-17年3月23日 (53)

これは、橋殿。   ここで神事が。 能を奉納する舞殿でもありますね。

s-17年3月23日 (35)    s-17年3月23日 (36)

右奥に、向こうから来た。

s-17年3月23日 (38)

上の写真の左に、井上社。   祭神の瀬織津姫には、滅多に出会わない。

葵祭はここからスタートすると。

s-17年3月23日 (37)    s-17年3月23日 (39)

細殿御所。  天皇や将軍が来た時は、ここが居場所の感じだった。

s-17年3月23日 (40)    s-17年3月23日 (41)

別方向から、橋殿と楼門。 美しいですね。


s-17年3月23日 (42)    s-17年3月23日 (43)

舞殿。 右奥に本殿が。

s-17年3月23日 (44)

楼門を出た。  着物を着ているのは、高校生。

s-17年3月23日 (45)

さざれ石があった。 君が代と関わりが。  
この石は、琵琶湖の東にある伊吹山に登った時、何度も見ました。

s-17年3月23日 (46)    s-17年3月23日 (47)

どういう神社かを考えると、神話が出てくる。
理解するのが、大変だなって感じます。

糺の森にあるので、太古からの歴史を感じる神社でした。

【記事の紹介】 平安貴族が歩く、京都三大祭のひとつ、葵祭 ~京都市~  Victory( Bond and Andre Rieu)  他  (2012/5/16)  

【今日の歌】  森山直太朗 2015.6.24 @NHKホール

         鴨長明を調べていたら、森山直太朗が出てきた。
         直太郎は、時代の流れを歌うことがあるからですね。         



【その他】 決まりました。 名古屋城の木造での復元。  楽しみです。
          ※ 耐震のためには、見えない所に鉄筋ですね。

s-17年3月23日 (50)


s-17年3月23日 (51)    s-17年3月23日 (52)

【停泊場所】    亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】    大津市の皇子が丘公園のハツミヨザクラを。 満開の情報。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  

スポンサードリンク

 
 
3月の13日、長徳寺のオカメザクラは、まだ咲き初めだった
その後、寺に電話したら、彼岸の頃には咲きますよと教えてくれた。

今日行ってみたら、咲き誇っていた。
満開一歩手前の状態。

どの花も元気いっぱい。 文句なし。
となりのカンヒザクラは満開。

オカメザクラは、どのようにして生れたのか。
調べてみたら、驚きのことが。
イギリス人が生み出していた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

地下鉄の出町柳を出たら、直ぐの所に長徳寺。

s-17年3月22日 (1)    s-17年3月22日 (2)

見た目、満開の状態。 カメラを持った人が、次から次と来た。

s-17年3月22日 (7)    s-17年3月22日 (8)

少し色の濃いピンク。  片方の親が、カンヒザクラだからですね。

咲き誇ってる感じ。  2本ある。

s-17年3月22日 (9)    s-17年3月22日 (10)

もう片方の親は、マメザクラ。  だから小さめの花。

s-17年3月22日 (11)    s-17年3月22日 (12)

どちらかというと、下向き。  これも、早咲きと合わせて、カンヒザクラに似ていますね。

s-17年3月22日 (13)

一重の花。 梅と違って、花びらの先は割れている。

s-17年3月22日 (14)

この桜が、八坂神社の上の円山公園にも咲いていたら、多くの人が楽しめる。
自由に増やすことは出来ないのか。

低く咲いてる花を、上から見た。
右写真は、つぼみ。 北側の日陰の部分。

s-17年3月22日 (16)    s-17年3月22日 (15)

オカメザクラは、京都にはここと千本釈迦堂。
千本釈迦堂は、まだこのようには咲いてない。
    
   ※ 追記 千本釈迦堂の阿亀(おかめ)桜は、オカメザクラではなかった。 枝垂れ桜。 以前撮っていた。)

左に地蔵堂。 北を向いている。  中に北向地蔵尊。
「京都風光」のサイトによると、飛鳥時代に百済から伝わったとある。
         (それが事実なら、国宝級ですね。 はっきりしない部分があるのか)

s-17年3月22日 (19)    s-17年3月22日 (18)

境内には入れない。

s-17年3月22日 (17)

隣に、カンヒザクラ。  オカメザクラの、片方の親。

s-17年3月22日 (20)

早咲きで、濃いピンク。

s-17年3月22日 (23)

下向きの、釣鐘のような花。 この桜は各地にありますね。

s-17年3月22日 (24)    s-17年3月22日 (22)

オカメザクラは、イングラムというイギリス人が創り出した。
色んな苗木をイギリスに持ち帰って、そこでつくった。

だから、イギリスから日本に入ってきた桜。

下の記事は、阿部菜穂子という人が書いた記事。(英国ニュースダイジェストから)

s-17年3月22日 (26)

イングラムがつくった桜に、下のが。  太白(たいはく)。

s-17年3月22日 (29)    s-17年3月22日 (28)

これも。  白妙(シロタエ)。  大輪の花。

s-17年3月22日 (27)

下は、オカメザクラの片方の親の、マメザクラ。 平野神社で以前撮影。  右は、Wikipedikaからお借り。
小さな白い花。

s-17年3月22日 (5)    s-17年3月22日 (3)

※ 余談  マメザクラについて。(Wikipediaから)

マメザクラは、広くマメザクラ群と呼ばれる、多くの桜が。
それが2つに分かれて、マメザクラ系とタカネザクラ系。

マメザクラは、もちろんマメザクラ系。
タカネザクラ系には、チシマザクラやタカネザクラ。

初めて知ったこと。

下は、根室市の青隆寺のチシマザクラ。(以前の記事から)
自分は根室に長くいた。 印象は、白い花。  背が低い。

s-17年3月22日 (4)    s-17年3月22日 (25)

下は、タカネザクラ。 那須塩原市の沼ッ原湿原で。 
     沼ッ原湿原の春。  ハルリンドウ。  クロサンショウウオとアズマヒキガエルの卵。~那須塩原市~ 他 (2016/5/12) 

s-17年3月22日 (6)

オカメザクラについて、いろいろ知ることが出来て、良かったかなと。
イングラムのことを書いた阿部菜穂子さんは、下のように思っている。

日本の桜のほとんどは、ソメイヨシノ。
このことは、昔からそうだったのではない。
昔からある桜など、いろんな桜がもっとあってもいいのではと。

自分もそう思うでしょうか。
時期をずらして、様々な桜が咲く。

今より長い期間、多くの桜を楽しむ。
これがいいかなって。

【今日の一句】    「 オカメザクラが咲いて 満開に桜咲く京都は 間もなく 」

【今日の歌】    豆桜   城之内早苗



【今日の曲】     シューベルトのセレナーデを、ギターで。
             演奏はマルツィン・ディラ。  ポーランドの若手ギタリスト。

Marcin Dylla plays Ständchen by Franz Schubert on a 1924 Hermann Hauser I



【停泊場所】    亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】    下鴨神社の入った所にある吉田神社。 方丈記を書いた鴨長明はここの人だった。
          
  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  

スポンサードリンク

 
 
今日は見学の他に、目的が1つ。
小さなショルダーバッグを探すこと。

いつもリュックサックを背負って歩き回る。
財布などの小物は、バッグに。

3年程同じバック。 革が色あせてきた。
そんなことで、あちこちと。   結果は最後に。

見学は、河原町。
新しものの発見を中心に。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

河原町に、デパートが。

s-17年3月21日 (1)    s-17年3月21日 (2)

四条通。   突き当りに八坂神社。  寺町通や新京極は、右側に。

s-17年3月21日 (8)    s-17年3月21日 (9)

寺町通かな。  観光客。 いろんな国から。 髪を緑に染めた人も。

絵は池田屋騒動。   土方歳三は、これで名をあげた。 幕末に向かう事件。

s-17年3月21日 (4)    s-17年3月21日 (5)

京都のフクロウの森。  初めて気づいた。   1600円。  ここは新京極。

s-17年3月21日 (6)    s-17年3月21日 (7)

お茶屋さんの前を通るといい香りがする。  自分の飲んでるお茶と違う。 最近自分はお茶。

s-17年3月21日 (10)

善長寺。  家康の上洛の時の宿だったよう。(Wikipedia)
奥の右に、北向地蔵尊。  北向きは少ない。

  ※ 余談 普通は南向き。  
       京都御所も同じ。 御所から南を見ると、東山は左に。 だから左京区。 嵐山は右で右京区。
       普通の地図を見たら、左右が反対になるのは、このためですね。

s-17年3月21日 (12)    s-17年3月21日 (11)

少し行って右奥に行く。

s-17年3月21日 (13)

誠心院。 和泉式部の墓がある。 ※ 誠心院の名前は、式部の戒名から。 入ってみる。

s-17年3月21日 (20)

初めてお堂の中を見る。

s-17年3月21日 (15)    s-17年3月21日 (16)

お堂の左後ろに、墓。  墓の右に寺務所。 行事がある。 今日は和泉式部の命日とある。
                      (式部の命日は分かっていない。とりあえず今日にしたのか)

s-17年3月21日 (17)    s-17年3月21日 (19)    s-17年3月21日 (18)

少し行くと、誓願寺。  ここも和泉式部と関係ある。

s-17年3月21日 (21)

中国人は、楽しむために来た。  撮る写真は、記念写真。

s-17年3月21日 (22)    s-17年3月21日 (23)

朝からずっと雨だったが、いつの間にか止んだ。 新京極は、少し行ってお終い。   三条通まで。

s-17年3月21日 (24)

最後の所に小さな坂。 河原町一帯では、坂はここだけ。

s-17年3月21日 (25)    s-17年3月21日 (26)

天然のたいやき。 どこが違うのでしょう。   ソフトクリームとか、何かを食べてる人が多い。

s-17年3月21日 (27)

隣に移って、寺町通。

s-17年3月21日 (28)

ビルに埋もれてる寺が多い中で、ここは通りに表が面している。

s-17年3月21日 (29)s-17年3月21日 (32)    s-17年3月21日 (31)

お土産屋さん。 ほしいものが無いと、自分は入らない。

s-17年3月21日 (33)    s-17年3月21日 (34)    s-17年3月21日 (35)

寺町通は御池通まで。  少し手前右に、本能寺。  本能寺の変の時は、もっと西にあった。

s-17年3月21日 (36)

本堂右奥に、信長の墓。

  ※ 明智光秀をそそのかした人物は誰でしょう。 秀吉かも知れない。
    本能寺の変で一番もうけたのは、秀吉だから。

    本能寺からの地下道の逃げ道があった。
    でもそれは、塞がれていたことが分かっている。 犯人はきっと秀吉。

s-17年3月21日 (37)    s-17年3月21日 (38)

市役所前辺りの地下道。 地下鉄の乗り場がある。

s-17年3月21日 (39)    s-17年3月21日 (40)

今日は、河原町を少しだけ紹介しました。

ショルダーバッグは、小さいのが見つからず、2時間ほど探す。
藤井大丸で、右のを。 smokeshopgold-img427x360-1393933948wtzkft78494.jpg (吉田かばん製 高さ20㌢)
ベルトは、別なものにする。

今までのは、革の色を最初の状態にする。
これは、買った大丸で。 1ヶ月ほどかかるので、須坂の東風さんの所に送ってもらう。

そんなことでした。

【今日の歌】  高島屋の中で、シューベルトのセレナーデが静かに流れていた。 
        女性が弾いてる感じのピアノ演奏。 似てるのが下だった。

Franz Schubert: "Ständchen" / Dora Deliyska (Proben-Mitschnitt)
             ※ 好きな人と一緒になれなかった、シューベルトの悲しみ)
.


【その他】 本多真凛は2位だった。 いいコメントですね。 オリンピックに向けて、どうなるでしょう。
      1位だったのは、ザギトワ。 以前紹介しています。 ベドベージェワとほぼ同じ力。

         今後の旅のコース。 「おんな城主 直虎」が始まる。 ロシアフィギュア界に新星。 BSが映るように。~長島町~ 他 (2017/1/3)

s-17年3月21日 (41)

【停泊場所】   亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】     長徳寺・千本釈迦堂で、オカメザクラを見てくる。   ただ午前中野球がある。 どうしましょう。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  

スポンサードリンク

 
 
国道162を通って、初めて京都に入る。
京都と日本海を結ぶメインルートではないので、道は混んでない。

高山寺の高尾を通って、仁和寺の近くに出る。
道沿いの風景がよく、ドライブコースの印象。

連休の最後、温かい1日になった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

昨日は赤〇を。 今日は、黄色の〇。

s-17年3月20日 (1)

美山の道の駅は、朝からバイクの人でいっぱい。

s-17年3月20日 (3)

由良(ゆら)川を渡って、南下する。

s-17年3月20日 (22)    s-17年3月20日 (23)

茅葺の屋根を鉄板で覆った家が目立つ。  標高が高いのに、気温は15度。 桜は遅れを取り戻すか。

s-17年3月20日 (24)    s-17年3月20日 (25)

山に入った。  深見トンネルを抜けて。

s-17年3月20日 (26)    s-17年3月20日 (27)

南丹市から京都市に。 雪が残っている。 

  ※ 京都市京北(けいほく)の上弓削(かみゆげ)地区に。
    弓削川の源流。 この川には、後で出会う。

s-17年3月20日 (28)

間もなく、道の駅ウッディー京北に。

s-17年3月20日 (29)    s-17年3月20日 (30)

道の駅に着いた。  

  ※ 「ウッディ―」とある。 「ウッディ」と読み方はどう違うのか。

s-17年3月20日 (4)

ここは、京都市の京北地区の中心。  〇の中を歩いてみる。

s-17年3月20日 (5)    s-17年3月20日 (6)

弓削(ゆげ)川を渡って。  左の方300㍍の地点で、桂川に合流する。
川の合流点に発達した集落ですね。

s-17年3月20日 (7)    s-17年3月20日 (8)

現在はバイパスが国道に。  この商店街の道は、旧国道ですね。

s-17年3月20日 (9)    s-17年3月20日 (10)

バスの駅だけど、ここは昔から駅を名乗っているよう。

s-17年3月20日 (11)

上の写真の左に、古い家。  

s-17年3月20日 (12)

向こうから来た。

s-17年3月20日 (13)

桂川源流のことが。 

s-17年3月20日 (14)    s-17年3月20日 (15)

以前調べたときにつくった図。  桂川は、京都市から出て再び京都市に戻る。
今は、緑〇にいる。

  ※ 保津川下りの保津川は、桂川のことですね。

源流点に行ってみたい。  道が不安だけど。

s-17年3月20日 (2) 

橋を渡った。   橋の下で、弓削川が合流。 
桂川源流の道、とある。  九重桜コースと。 この桜は、7㌔程上流にある常照皇寺にある桜。 一度は見てみたい。

右写真は、道の駅に戻って来た。

s-17年3月20日 (17)    s-17年3月20日 (18)

さあ、南下を開始。   笠峠の笠トンネルを抜けて。

s-17年3月20日 (31)    s-17年3月20日 (32)

感じのいい家並が。

s-17年3月20日 (33)

高山杉。   それと、加工する工場。

s-17年3月20日 (34)    s-17年3月20日 (35)

清滝川沿いに下る。

s-17年3月20日 (36)

広い駐車場に。  向こうから来た。

s-17年3月20日 (19)    s-17年3月20日 (20)

反対側5分の所に、高山(こうざん)寺。   神護寺も遠くない。
桜の時期に来たことない。  間もなくです。  考えてみましょうか。  早朝に来ればいいか。

右写真は、高山寺と神護寺。 下の記事から。

            神護寺  高山寺  京都御所 ~京都市~  他  (2011/11/20)

s-17年3月20日 (21)    2011112022505554f_20170321072946833.jpg     20111120224421224_2017032107295363c.jpg

観光地なので、宿やお店・駐車場が。

s-17年3月20日 (38)    s-17年3月20日 (39)

京都の市街地に入ってきた。 左に曲がったら、直ぐに仁和寺。

右写真の山は、双ヶ岡(ならびがおか)の森。   徒然草の吉田兼好が住んでいた。
   日本最古の紫宸殿が残る、仁和寺 ~京都市~   海が死んでもいいョって鳴いている(森田童子)  他  (2012/6/7)

s-17年3月20日 (40)ppp     s-17年3月20日 (41)

国道9に。 老(おい)の坂峠を過ぎたら、亀岡市。

  ※ 明智光秀の軍は、本能寺の前日亀山城を出発。 真夜中、この峠を越えた。
    軍は3つに分かれていて、光秀は愛宕山に近い道の方に。

      亀岡市から、明智越を通って、水尾へ。  保津川沿いの風景。~亀岡市~  他  (2014/4/27)

s-17年3月20日 (42)    s-17年3月20日 (43)

2日間走った道は、快適なドライブコースだった。
京都に市街地に入ったら、どこも渋滞。

京北、高山寺の高尾までがいいですね。

【今日の歌】   下のニュースがあった。 最初は遭難したのでは、のニュースだった。
         雪だから、大けがしないで済んだのか。 

hhghyyy.jpg

まだ山は、冬山。  経験がないと、無理。
独標から先は危険。 大変。 

kkklkkkkvvvv.jpg     ku023010056562565o11.jpg

下の動画の舞台が、上の写真のどこか。

※ 上の2枚の写真は、「創楽」というサイトの、下の記事からお借り。 
    新穂高ロープウェイで行く西穂高岳・日帰り登山 ⑤8峰ピラミッドピークから4峰まで



西穂高独標。  雷鳥のつがい。 新穂高ロープウェイ。 ~高山市~ 他 (2013/7/1)

【停泊場所】    亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】    明日は雨。 困ったな。  どうしましょう。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  

スポンサードリンク

 
 
京都の山の中は道が細い。
自由に走れない。

今日と明日で、京北(けいほく)に行ってみる。
初めて。

今日は、京北の北の南丹市の美山まで。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

今日走るのは赤〇。  明日は黄色〇。

s-19年3月19日 (1)

国道9を行く。 国道9は日本海に出て門司まで。  ここは、南丹市。

s-19年3月19日 (26)

観音峠。   最初の地図にある。
越えたら、京丹波町。

また分水嶺でもあって、手前の水は桂川に流れ、大坂で瀬戸内海に。
向こうの水は、由良川に流れ、舞鶴の近くで日本海に。

小さな峠。  低い山。

s-19年3月19日 (27)  s-19年3月19日 (28)

峠を越えて、京丹波町に。

s-19年3月19日 (29)

高速の下を通って。 ※ 京都縦貫道。 京都と日本海を結ぶ。

s-19年3月19日 (30)

国道9から離れた。

s-19年3月19日 (31)

国道27からも離れて、由良川沿いに行く。   上流に向かって。

s-19年3月19日 (32)   s-19年3月19日 (33)

赤の場所に来た。   大野ダム。  ダム湖は細長い。   由良川が太くなった感じ。

右に、道の駅が見えてる。  青〇は、野々村仁清の生誕地。  後ほど紹介。

s-19年3月19日 (3) 

合併前に作った地図。 今は南丹市。   最初も南丹市を通った。  南丹市は北に長い。

s-19年3月19日 (8)    s-19年3月19日 (9)

ダムの近くが、ちょっとした公園になっている。

s-19年3月19日 (10)

ダムが見える。    桜が咲くのを待っている。  梅は終わりかけた木が目立つ。

s-19年3月19日 (11)    s-19年3月19日 (12)

右に、由良川。  まだダム湖。

s-19年3月19日 (34)

野々村仁清の生誕地。   生家が残っている
京都の焼き物の第一人者。  過去も現在も含めて。

     野々村仁清 生誕の地  須知の町並み ~南丹市・京丹波町~  他  (2011/12/2) 

s-19年3月19日 (35)    s-19年3月19日 (25)

国道162に出た。   右にずっと行くと京都に。   

s-19年3月19日 (36)

右に少し行ったら、道の駅。  左に行ったら、かやぶきの里。
少しだけ行ってみる。

s-19年3月19日 (37)    s-19年3月19日 (38)

ベニバナヤマシャクナゲの里、とある。  調べてみた。

この花は、芍薬に似てるけど、ボタンの仲間なんですね。
ヤマシャクナゲ自体、多い花ではないよう。

このベニバナヤマシャクナゲは少なく、絶滅危惧種になっている。
今すぐって程の心配ではないけど。

   ※ 普通のシャクヤクについては下に。
         六郷湧水群。  清水の散歩道を歩く。 ハタチや清水、他。~美郷町~ 小町の郷で、芍薬を見る、他。 (2014/6/21)

s-19年3月19日 (39)    s-19年3月19日 (4)

中央遠くに、見えてきた。

s-19年3月19日 (40)

ここ数年、急に観光地化されてきた。   人気スポット。

s-19年3月19日 (2)

広い、無料の駐車場がある。   遠くに、茅葺の家。

s-19年3月19日 (13)

日本の原風景のよう。 人気の秘密はそこにあるようです。

s-19年3月19日 (14)

重伝建地区に。   ※ 重要伝統的建造物群保存地区でよかったかな。

s-19年3月19日 (15)    s-19年3月19日 (16)

時間が遅いので人は少ないけど、駐車場は車でいっぱい。 みんな帰り始めていた。

s-19年3月19日 (18)

あの辺りが一番いい。  花が咲く前から人は来ている。

s-19年3月19日 (17)

のんびり散歩するのがたのしい。  半日は楽しめる。

s-19年3月19日 (19)

広い田んぼ。

s-19年3月19日 (20)

近くに、異月という山があるんですね。
有明の月は、夜が明けかけても、空に残っ ている月のことですね。  有明海の月ではない。


s-19年3月19日 (21)    s-19年3月19日 (22)

以前、桜の季節に撮影したもの。

s-19年3月19日 (7)

温かい日に、のんびり歩くのは楽しい。

   かやぶきの里 北村は、花が咲き始めていた。  里山の風景。  すっかり観光地に。~南丹市~ 他 (2015/4/18)

s-19年3月19日 (6)    s-19年3月19日 (5)

道の駅に来た。 道の駅として造ったのではないので、道の駅っぽくない。

s-19年3月19日 (23)

上の方から見た。

s-19年3月19日 (24)

気温が上がってきた。  過ごしやすい。

京都の北方面には、ドライブに適した道があるんですね。
途中に、かやぶきの里。

国道162の他に、走りやすい道はどれなのか、ちゃんと知りたい。

【今日の歌】    Аntoniо Вandеras (Desperado) - Cаncion del Мariaсhi - Igor Presnyakov - fingerstyle guitar

               ※ 40秒からのメロディが好き。   初めて聞いたのは、ハンガリーのフィギュアの選手の曲にあった。
                  ほんとうに同じか、時間のある時に確認してみます。  それが出来たら、紹介。



【道の駅】    美山ふれあい広場

【明日の予定】    国道162を京都に南下。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  

スポンサードリンク

 
 
植物園を予定していた。
東福寺駅を出て、予定変更。

歩いてない道を通って、北に行ってみるか、となった。
見所は、途中で見つけることに。

やはり京都、退屈しないで歩くことが出来た。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

赤〇を歩いた。

s-17年3月18日 (1)

右に入ったら、東福寺駅。 そこから出てきた。   向こうに行ったら、東福寺。  自分は反対に。

s-17年3月18日 (4)

上の写真の黄色〇に、下の案内。 近くに行ってるけど、見てない。

仲恭天皇はあまり知られていない。  若くして亡くなる。
後白河天皇の何代か後。

崇徳天皇の中宮の墓の案内。
保元の乱では、中宮の父は、崇徳天皇の敵方。

難しい立場にあって、崇徳天皇が讃岐に流された後は出家したよう。
どっちの墓も、東福寺の境内に。  他の天皇の墓もある。

   ※ 東福寺の記事を1つ紹介。
        ケルティック・ウーマン が、You Raise Me Up を歌った、東福寺 ~京都市~  Amazing Grace   他  (2012/5/11) 

s-17年3月18日 (5)    s-17年3月18日 (2)    s-17年3月18日 (3)

中規模の神社。 ただ、立派な感じがする。
説明を読んだ。  調べてみた。

下村家とあるのは、今の大丸の創業者。 そこがこの神社を代々面倒見てきた。
一番右の説明の大文字は、大丸のこと。  福助のことが。 

s-17年3月18日 (7)    s-17年3月18日 (6)    s-17年3月18日 (51)    ppppppggpp.jpg

近くに、この寺。 面白いこと書いてないかなって、読む。

s-17年3月18日 (8)

常盤御前のことが。 吉野に行く途中、寄っている。

  ※ 少し前、四国の引田(ひけた)で、4人が吉野に着いた時の人形を見ている。 義経はお母さんの胸に。
    子供たちの命は、平家から狙われている。

s-17年3月18日 (9)    s-17年3月18日 (11)    s-17年3月18日 (10)

大谷高校の西側。   桜が咲いている。

s-17年3月18日 (12)    s-17年3月18日 (13)

サトザクラとあった。  この桜にはいろんなのが。  詳しくは分からない。

s-17年3月18日 (14)    s-17年3月18日 (15)

大谷高校の野球部の練習。   15分ほど見ていた。 守備は1列に並んで、打球は次々に。

桜のライトアップが、間もなく始まる。 下は二条城。
    二条城ライトアップ。  桜の園、清流園、二の丸御殿、他。~京都市~  他  (2013/3/31)

s-17年3月18日 (16)    s-17年3月18日 (17)

東海道本線。 向こうは大津。  新幹線は、少し右のトンネルの中。 自分の後ろに出てくる。

s-17年3月18日 (18)

細いけど、大和大路通。  突き当りに、三十三間堂。

s-17年3月18日 (19)    s-17年3月18日 (20)

塩小路通に出た。 ナンバーのあるスバル360。  右は、南大門。  ここを入る。

s-17年3月18日 (21)    s-17年3月18日 (22)

左に三十三間堂。   隙間から中を。  仏像の数に圧倒される。
   仏像の大量生産 三十三間堂  方広寺の鐘 ~京都市東山区~   他  (2010/5/19)
  
s-17年3月18日 (23)    s-17年3月18日 (24)

右に小さな寺が並ぶ。 この辺りに、後白河天応の墓がある。 右の寺に入ってみる。

s-17年3月18日 (25)    s-17年3月18日 (26)

上の方だけ、花が赤い。  右は、カンヒザクラ。   間もなく満開。

s-17年3月18日 (27)    s-17年3月18日 (28)

お堂があって。

s-17年3月18日 (29)    s-17年3月18日 (30)

右の寺に入っていた。  法住寺。  左奥に墓。

s-17年3月18日 (31)

平日は入って行ける。 いつかは行ってみますね。  最初に紹介した崇徳天皇に勝った人。

s-17年3月18日 (33)    s-17年3月18日 (32)

少し歩いて、奥に、血天井の養源院。

  ※ 養源院は、淀殿(茶々)が建てた。 養源院の名は、彼女の父の浅井長政の法名。
    建てたけど、火事になった。 彼女の妹の江(ごう)が再建したのが今に残っている。

s-17年3月18日 (34)    s-17年3月18日 (35)

江が再建した養源院 ~京都市~  他  (2011/11/28)

s-17年3月18日 (36)    s-17年3月18日 (37)

7条通りに出た。 京都国立博物館。 

s-17年3月18日 (38)    s-17年3月18日 (40)

7条通りの突き当りに、智積院。  真言宗智山派の総本山。
    智山派の総本山、智積院。  長谷川等伯の障壁画(国宝)。 名勝庭園。  中興の祖は覚鑁(かくばん)。~京都市~ 他 (2015/11/19)

清水寺、八坂神社、銀閣寺などへ行くバスは、みんなここを通る。

s-17年3月18日 (39)

庭で催し物。  ゆるキャラが集合したのか。   考える人。

s-17年3月18日 (41)    s-17年3月18日 (42)

博物館に入ったことは無い。   写真が撮れないので。

s-17年3月18日 (43)

庭に古い物の展示。

s-17年3月18日 (44)    s-17年3月18日 (45)

橋の橋脚の石柱。   三条大橋は、東海道五十三次の終点。
五条大橋は、国道1号線が通っている。  いつも通る道。

s-17年3月18日 (46)    s-17年3月18日 (47)    s-17年3月18日 (48)

7条通りを歩いて、京都駅に戻った。

s-17年3月18日 (49)

京都駅。  この後、いくつかの店に寄って。 何も食べないで亀岡に戻る。

s-17年3月18日 (50)

京都は、見学場所が見つからなかったら、知らない道を歩けばいい。
いつかまたやってみましょう。

普通に歩いていたら、どこかで花に出会いますね。
山ほど見なくても、十分楽しめる。
  
山での花は、一輪で感動なんですから。

【今日の歌】    「夢追人」 至学館高等学校 校歌 / 歌 : KOKIA         春の選抜、第一試合に登場。 19日。



【停泊場所】    亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】    亀岡から京北の方に行って、そこから京都の市街地に入ってみようかなと。 
             2日間で。   初めてのこと。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  

スポンサードリンク

 
 
清凉寺は、天竜寺や仁和寺ほど有名ではない。
境内も広くない。

しかしこの寺には、木造釈迦如来立像がある。
全国の多くの釈迦如来像は、この寺の像を元につくられた。

そんなことがあって、けっこう知られてる寺。

河津桜が咲いていたので見学。
   (写真は、16日に撮影。 17日は車の整備があって。)
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

東山の嵯峨野にある。 愛宕山への参道の途中。

s-17年3月17日 (1)    s-17年3月17日 (2)

嵯峨野の竹林の見学の後、愛宕参道を通って。    清凉寺の西門が見えた。

参道は門の手前で右に曲がる。

s-17年3月17日 (5)    s-17年3月17日 (4)

曲がって少し行くと、右に宝筐院。

 s-17年3月17日 (7)

宝筐(ほうきょう)院。
ここに来たのは、誰かの墓があったなと思って、それを確かめに。

室町幕府2代将軍足利義詮(よしあきら)と、楠木正行(まさつら)の墓だった。 ※正行は正成の子供。

s-17年3月17日 (8)    s-17年3月17日 (9) 

楠木正行を以前紹介したことがある。
こんな話の残した人なので。(真実かどうかは別として)
戦前の教育のためにつくられたのかな。



中は有料だった。   右写真の雰囲気。

s-17年3月17日 (10)    s-17年3月17日 (3)

清凉寺に。  右奥に、桜はあった。

s-17年3月17日 (6)

宝塔の前に河津桜。   藤枝市から贈られていた。

s-17年3月17日 (11)

濃いピンクの花。 早咲きでも、冬桜とは違う。   いっぱいの花。

s-17年3月17日 (16)

いる人はみんな中国人。
ある中国人は言った。

せっかく日本に行ってもつまらない。
見るのは、中国人ばかりなので。

8分か9分咲き。 いいですね。

s-17年3月17日 (14)    s-17年3月17日 (15)

花の後ろに、源融(みなもとのとおる)の墓。 彼は源氏物語の光源氏のモデル。
彼の山荘がこの地にあった。  清凉寺は、その場所の跡にある。

s-17年3月17日 (17)

こうです。  本殿は、以前見学している。  本尊の釈迦如来立像を見ることが出来た。  

s-17年3月17日 (18)    s-17年3月17日 (12)

本堂の右側。

s-17年3月17日 (19)

このお堂に、光源氏別荘跡とある。 
お堂の裏に、宝物館がある。 一度だけ見たことが。  普賢菩薩騎象像があった

   天気が回復して、やっと愛宕山に。  清凉寺霊宝館特別公開で、普賢菩薩騎象像を見る。~京都市~ 他 (2015/11/20)

s-17年3月17日 (20)    s-17年3月17日 (25)

以前紹介したけど、新しく吉井勇の歌も。

s-17年3月17日 (22)    s-17年3月17日 (21)

書いてある夕霧太夫は、中村芳子のこと。

   ※ 最初に紹介した釈迦如来立像と、中村芳子については、下の記事に。
        源氏物語ゆかりの寺、清涼寺 ~京都市~  トルコ行進曲(モーツァルト、演奏はフェッラーティ 他)  他  (2012/6/5)         

s-17年3月17日 (23)    s-17年3月17日 (24)

経蔵。    説明は、源氏物語について。

s-17年3月17日 (27)    s-17年3月17日 (26)

正面に経蔵。

s-17年3月17日 (28)    s-17年3月17日 (29)

不思議な表情の像。  経蔵の中。 これは回転する。 回したら、みんな読んだことになるのかな。

s-17年3月17日 (30)    s-17年3月17日 (31)

南にある山門から出る。

s-17年3月17日 (32)    s-17年3月17日 (33)

大きな門。  地域の人がよく来る感じ。

s-17年3月17日 (34)

離れて。  愛宕山への道。   この道の突き当りに、最初に見た宝筐院。 

s-17年3月17日 (35)

嵯峨豆腐のお店。 1つ400円ほど。

s-17年3月17日 (36)    s-17年3月17日 (37)

この道に出てきた。  左真っ直ぐ行ったら、清滝。   愛宕山の登山口が。
    愛宕山に登る。  月輪寺を経由して。  梅雨の季節、滅多にない天気に、多くの人が。~京都市~ 他 (2015/6/10)

s-17年3月17日 (38)    s-17年3月17日 (39)

今日は見学出来なかったので、昨日撮影した清凉寺を紹介しました。
河津桜が見頃でした。

【今日の歌】    (Antonio Banderas) Cancion_Del_Mariachi - Sungha Jung



【道の駅】     ガレリアかめおか

【明日の予定】   植物園で早春の草花展か。  京都に出ます。  私用もあるので。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  

スポンサードリンク

 
 
京都で一番人気の場所は、東山一帯。
祇園、河原町がとなりに。

次に人気の場所は、嵐山。
嵯峨野を含めた一帯が、嵐山と呼ばれている。

今の季節、嵐山はどうなっているのだろう。
今日は、嵐山の北部の嵯峨野を歩いてみた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

渡月橋方面が本来の嵐山。  先日通ったので今日は行かない。

s-17年3月16日 (1)    17年3月16日 (2)ppp

渡月橋の反対方向。

s-17年3月16日 (3)

着物を着て人力車。 贅沢に笑顔いっぱい。

s-17年3月16日 (4)

竹林の方に曲がって。 

s-17年3月16日 (5)

上写真の店に、子持ちたい焼き。  調べてみたら、たい焼きのあんこの中に、白玉団子。

s-17年3月16日 (6)

人気の道。 

s-17年3月16日 (7)

少し歩いて、野宮神社。  ののみや神社。

s-17年3月16日 (8)    s-17年3月16日 (9)

黒い丸太の鳥居。

天皇に代わって、若い女性(皇女)が伊勢にお参りする時代があった。
その女性が、斎宮(さいぐう)。

斎宮は、野宮(ののみや)に住んで、身も心も汚れを落とした。
その場所に建てられたのが、野宮神社。

   ※ 実際は、野宮がどこにあったか、正確な場所は分かっていない。(Wikipedia)

s-17年3月16日 (10)    s-17年3月16日 (12)

中は狭いけど、少し歩ける。

甲賀(こうか)市は、京都と伊勢のルートの途中なんですね。

s-17年3月16日 (13)    s-17年3月16日 (11)

謡曲は能の舞の部分を無くしたもの。  謡(うたい)だけ。 ※ 声だけ。

s-17年3月16日 (14)

上は、下のがそれ。   長いので少しだけでも。   何言ってるか分からない。



野宮神社で道が分かれて、人は分散。

s-17年3月16日 (15)

新しく造られた竹林。  中を歩ける。

s-17年3月16日 (16)

下の一班ルートを離れて、小倉山の中腹の道に。

s-17年3月16日 (17)

小さなお店が続く。

s-17年3月16日 (18)    s-17年3月16日 (19)

この道は、夜に歩いたことが。  人形が不気味だった。

   京都・嵐山花灯路に再度。  竹林の小路。 コトノハ行灯恋灯篭。 法輪寺デジタル掛軸。~京都市~ 他 (2015/12/14)

s-17年3月16日 (20)    s-17年3月16日 (21)

常寂光寺の山門。  ここから山を下る。

百人一首は、この小倉山のどこかで生まれた。
定家の時雨亭で。

   嵯峨野を歩く ~常寂光寺、二尊院 他 京都~   他  (2010/11/18)

s-17年3月16日 (22)    s-17年3月16日 (23)

山を下りて、ここに出る。  ずっと行くと鳥居本。 最後は清滝から愛宕山に。

   天気が回復して、やっと愛宕山に。  清凉寺霊宝館特別公開で、普賢菩薩騎象像を見る。~京都市~ 他 (2015/11/20)

   紅葉を求めて、保津峡駅~清滝~鳥居本~嵐山、と歩いてみた。  有智子内親王の漢詩。~京都市~  他  (2012/11/19)

落柿舎の屋根が。 左に鳥居が見える。 奥に、有智子親王の墓。

s-17年3月16日 (24)   s-17年3月16日 (25)

戻る方向。   いつも見る4人の像。

s-17年3月16日 (26)

みんな同じ方を見てる。  武市瑞山は、半平太のこと。
龍馬と慎太郎は、京都で死ぬ。

半平太は土佐で、虎太郎は吉野で命を落とす。
4人とも明治政府に入っていたら、時代は変わっていたでしょうね。

      中岡慎太郎の故郷、北川村を訪ねる。~生家 慎太郎館 遺髪墓地 他~  

s-17年3月16日 (29)    s-17年3月16日 (28)

振り返って小倉山を。  小倉大納言小豆を植えている。

   ※ 余談 自分はたまに汁粉を作って食べる。
        一袋100円の、粒あんの汁粉を買い置き。 

        鍋に入れて、小麦粉の団子を入れる。 箸でちぎって。
        牛乳はないから、スキムミルクを入れる。

        これが好き。 牛乳汁粉を初めて食べたのは、小学校に入る前。

s-17年3月16日 (30)    s-17年3月16日 (31)

嵯峨野は、天気のいい日にのんびり歩くのがいい。  混雑から離れて。

s-17年3月16日 (32)    s-17年3月16日 (33)

たのしいお店が多い。   パターン化した表情は、・・・。

s-17年3月16日 (34)    s-17年3月16日 (35)

愛宕山への参詣道を戻って、清凉寺に。

嵯峨菊の発祥は、天竜寺。   秋に行ってみようと思う。

s-17年3月16日 (36)

嵯峨野は、愛宕山の参詣道として発展してきた。
今は、嵐山の延長として。

大原と同じように、静かな京都のイメージ。

  ※ 余談  今日の写真のカメラは、久しぶりにパナソニックのLX-100。
        以前は自動で撮っていた。 

        昨年の夏、バラを撮った時、フジフイルムのと大きな差が出た。
        以来使っていなかった。

        今回自動をやめて、自分で設定してみた。
        最後にパソコンで、コントラストをほんの少し調整。

        その結果の写真が、今日の写真。
        以前より良くなったかなって云う印象。

        手ぶれ補正やズームがあるので、便利なカメラ。
        時々使ってみますね。

【今日の曲】   セーラー服と機関銃      渡瀬恒彦が出ている。



【停泊場所】    亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】   車のブレーキパッドの交換。     清凉寺の紹介。 写真は撮影済み。 河津桜があった。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  

スポンサードリンク

 
 
雨が止みそうにない。
今日はのんびり休むことに。

夕方、南丹市方面に車で散歩。
途中、お風呂に。

今日は、思いついたことを少し書きますね。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

出かけないと決めた。
でも、天気がよくなって迷うかも知れない。

どうするか。
酒を飲めばいい。  昼前に、コップ2杯ほど日本酒。

昼寝したり、久しぶりにのんびり。

夕方6時前、車で散歩。
走るのは、電気を作ってくれるから、無駄でない。
      ※ 晴れてたら、電気はソーラーが生んでくれる。

下は、亀岡市の運動公園の中を国道方面に。

s-17年3月15日 (1)

地図では、右上の赤矢印を走っている。
いつもは、ピンクの駐車場に。 

道を挟んで、コンビニ。   道の駅より便利。  夜は静か。

kkknmkkkppp.jpg 

南丹市の方に向かっている。  国道9号線。  下関・門司につながる。

軽油が95円とある。  この後、93円の所で入れる。
亀岡市は、全国で最も安い地域。

右に行ったら、京北方面。
途中から国道だけど、大変な道。   離合が苦しい。
昔一度だけ行った。

京北には、京都から行くか北方面から入るしかない。
京北は詳しく見学してないので、一度入って見たい。
              (美山から下って仁和寺の近くに出てくる。 美山に下のがある)

    かやぶきの里 北村は、花が咲き始めていた。  里山の風景。  すっかり観光地に。~南丹市~ 他 (2015/4/18)

s-17年3月15日 (2)

地図ではこう。  一番下のオレンジ〇は、運動公園駐車場。
赤〇辺りはを、今日はうろうろ。   京北は、緑〇。  上から来て、下ってみたい。

17年3月15日 (5)ppp 

この近くには、ジョイフルや王将、そしてすき屋などがある。

寅さんは夜寒いから、どこかの店で過ごす。
大変な旅。

寅さんは北海道に戻る。
深夜の0時過ぎに、舞鶴港でフェリーに乗る。

小樽に行って、故郷余市に。
旅が苦しくなってるから、京都にはきっともう来られない。

夕方、今どこに着いたとか、何度もショートメールが入って来た。
  (寅さんはお金もうかるというサイトと関わっていて、心配。 億のお金が儲かる夢を私に語る。 その夢で生きられる。 
     時々お金を振り込んでいる。 本人にはまだ一銭も。 詐欺だって云うんだが。 1年以上経つ。)

s-17年3月15日 (3)

この後、山の方に入った。   道に迷った。
国道に一度出た。

ここは、スポーツ施設。 南丹市八木町にある。
お風呂が300円。

以前骨折した時、ここにきた。   右足をビニルの袋に入れて。
混んでないので、便利だった。

正月を亀岡市で過ごした。  下は、最初に入った日の記事。

   亀岡での生活、3日目。  TV「プロフェッショナル、箸」  四国のクマ。~亀岡市~  他  (2013/11/25)

s-17年3月15日 (4)

いつまで京都にいるか検討中。

京都以外の満開の桜を追ってみようかなとも。
高遠城のも見てみたいし。

   由布姫(諏訪御料人)と絵島の墓に、お参り。  絵島の囲み屋敷。  高遠城跡。~伊那市高遠町~  他  (2012/11/1)

【今日の歌】    Pursuit of The Cygnus Thief - by J. H. Clarke - Live Spanish Guitar Looping at Pier 39



【停泊場所】   亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】  桜咲く前の嵐山を歩いてみる。 


  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  

スポンサードリンク

 
 
河津桜の桜並木は見たことが無い。

電車で京阪の淀駅まで行く。
近くに淀水路があって、そこに咲いている。

2月の末には3分咲きの情報。
そろそろ、いいかも知れない。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

桂川、宇治川、木津川が、近くで合流する。

s-17年3月14日 (1)    s-17年3月14日 (2)

京都競馬場が近くに。

s-17年3月14日 (3)

駅から歩き出したら、淀城跡の石垣が見えた。

桜並木への案内は、ピンクののぼり。

s-17年3月14日 (5)

7~8分で着いた。   淀の河津桜とある。 水路沿いに。

s-17年3月14日 (6)

普通の桜より、色が濃い。  片親がカンヒザクラ。  その影響ですね。

s-17年3月14日 (7)

木が若いなって印象。

ここは15年前から始まった。 最初は2本。   徐々に増えて、今は200本。
この木は、まだ10年かそこらでしょうか。

細い枝が上に飛び出している。

s-17年3月14日 (8)    s-17年3月14日 (9)

花でびっしり。 これが桜の魅力。  梅とは違う。
右のを見たら、まだつぼみがある。 9分咲きでしょうか。  一番いい時。

つぼみが下にぶら下がっている。 カンヒザクラに似ている。

s-17年3月14日 (10)    s-17年3月14日 (11)

寒いので、花見の人はいない。

s-17年3月14日 (12)    s-17年3月14日 (13)

15年でこうなるなら、京都の中心街のどこかに、植えたらいいのに。
円山公園の一画でもいい。 鴨川沿いでもいい。

途中まで来て、橋の上から。

s-17年3月14日 (14)    s-17年3月14日 (15)

橋の上から、反対側。  木が大きい。  こっちの方がいい状態。

s-17年3月14日 (16)    s-17年3月14日 (17)

伊豆の河津町の1本の木の子供たちが、本州各地に広がっている。

s-17年3月14日 (18)

河津桜が終わるころ、普通の桜は咲き始める。   もっと白いソメイヨシノも。

s-17年3月14日 (19)

桜の花の華やかさに、圧倒される。

s-17年3月14日 (20)    s-17年3月14日 (21)

向こうから歩いてきた。

s-17年3月14日 (22)

10年後は木が育ち、さらに見事に咲き誇りますね。
楽しみです。
s-17年3月14日 (23)    s-17年3月14日 (24)

この道を戻る。

s-17年3月14日 (25)

戻って淀城跡。

s-17年3月14日 (26)

隣に稲葉神社。  春日局(かすがのつぼね)のことが。 
稲葉氏は彼女と関わりがあって、出世する。  そう云う事なんですね。

  ※ 稲葉氏の先代は、九州の臼杵藩。 そこから分かれたのか。
        臼杵城跡  二王座歴史の道  早春賦の館 ~臼杵市~  他  (2013/3/10)

s-17年3月14日 (27)

石垣がこのように。

s-17年3月14日 (28)

「ねね」に関係のある淀城はここと違って、500㍍北に。 今は石碑だけ。
淀古城と呼ばれている。

s-17年3月14日 (31)

唐人雁木(がんぎ)があったと。  雁木は、港にある石段。 
ここは、朝鮮との貿易の港だったんですね。

s-17年3月14日 (29)    s-17年3月14日 (30)

こんなお城。(Wikipediaから)  公園なので、子供たちが遊んでいる。 こんな姿、滅多に見ない。 平日。

s-17年3月14日 (4)    s-17年3月14日 (32)

隣に稲葉神社。

s-17年3月14日 (33)

上への道は、柵があって行けなかった。

  ※ ところが、子供たちはどこから上がったのか分からないが、このあと上にいた。

s-17年3月14日 (34)

稲葉神社。 屋根が前に流れているのが特徴。

s-17年3月14日 (35)

木から木への注連縄(しめなわ)。   初めて見る。  大注連縄とあるけど、細い。

s-17年3月14日 (37)    s-17年3月14日 (36)

淀駅の前。  ここにも、河津桜。  一帯は、河津桜で観光振興を考えているんですね。

s-17年3月14日 (39)

初めての河津桜の並木でした。
普通の桜より、3週間は早いでしょうか。

桜は、木が花で埋め尽くされる。
見ごたえありましたね。

【今日の一句】 「 河津桜 一足早く 満開に 」

【停泊場所】     亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】    天気が良ければ、智恩寺百万遍手作り市    
               ※ 15日の早朝は雪。   雨が降り続けたら、どうしましょう。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  

スポンサードリンク

 
 
御所の北部の様子と、出町柳駅の近くに行ってくる。
視察の感じ。

旅をしていて、手に入れたいものを探すのは、京都が便利。
記事より、そっちに気を取られてることが多い。

京都の旅は、もっと時間が欲しい。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

〇の部分。

17年3月13日 (1)  17年3月13日 (2)

御所の北西部の門。 乾(いぬい)御門。

s-17年3月13日 (3)    s-17年3月13日 (4)

広くは京都御苑という。  この建物は、御所。
御苑が言いにくいからか、全体を御所と呼ぶ人が多い。

だから、御所に行くと言って御苑に行く。

途方もなく広い。

s-17年3月13日 (5)    s-17年3月13日 (6)

一番の北に桜の木々がある。   梅が咲いてるだけ。  満開でない。

s-17年3月13日 (7)    s-17年3月13日 (8)

糸桜で知られる一帯。   あと10日はかかるか。  こうなるには

s-17年3月13日 (9)

御所の建物の北側の門。   手続きしないと入れない。   別の場所から

s-17年3月13日 (10)

東に歩いている。   これも梅。

s-17年3月13日 (11)    s-17年3月13日 (12)

中山邸跡とある。   明治天皇は、ここで生まれた。

s-17年3月13日 (14)    s-17年3月13日 (13)

井戸が残っている。

s-17年3月13日 (15)

南を見た。   京都迎賓館。   意識して見たことは無い。

s-17年3月13日 (16)

広い敷地の中に。

s-17年3月13日 (17)    s-17年3月13日 (18)

こっちは御所の建物の東側。

s-17年3月13日 (19)

近くに仙洞御所があって、国賓はそっちやここに。

公開してる日がある。

s-17年3月13日 (20)    s-17年3月13日 (21)    s-17年3月13日 (22)

南側入り口。   何の花だったか。

s-17年3月13日 (23)    s-17年3月13日 (24)

ここに清和天皇の母の御所があったと。   ※ 清和源氏と呼ばれる人たちは、先祖は清和天皇と思っている。

  清和天皇の墓がある、京都の隠れ里、水尾 ~京都市~  ききょうの花(山崎ハコ)  他  (2012/6/25)

s-17年3月13日 (25)    s-17年3月13日 (26)

広い森。

s-17年3月13日 (27)    s-17年3月13日 (28)

水場もあって。   小鳥が。

s-17年3月13日 (29)    s-17年3月13日 (30)

東側にある、石薬師御門から出た。

s-17年3月13日 (31)    s-17年3月13日 (32)

賀茂大橋から下流を。  鴨川。   橋は工事中。

s-17年3月13日 (33)

上流。   2つに分かれる。   右は高野川。  鞍馬なんかはこっち。
左は、賀茂川。   ※ 鴨から賀茂に変わる。

s-17年3月13日 (34)

出町柳駅のバス停のそばに、長徳寺。 これが、オカメザクラ。

s-17年3月13日 (35)

早咲きだけど、やっと咲き始めた状態。 ここからは一気に。   1週間もあれば。
今日は、これの下見も兼ねて。

s-17年3月13日 (36)    s-17年3月13日 (37)

中には入れない。

s-17年3月13日 (38)

近くに、カンヒザクラ。   これも早咲き。    咲きだした。

s-17年3月13日 (39)    s-17年3月13日 (40)

今日は花の下見に行って来ました。

ついでに、京都迎賓館を。  近々行ってみますね。

【今日の一句】 ※ 夢の中で出来て、ちゃんとメモしたけど、それも夢なので・・・。

【停泊場所】    亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】   淀水路の河津桜

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  

スポンサードリンク

 
 

⇒続きを読む

この春の京都は、知らない所に行く。
それで今日は、梅宮大社(神社)に。

名前の通り梅が咲いてる情報。
嵯峨嵐山駅から歩く。

  (今日の写真は、前日に撮影しています)
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

1時間はかからない。

s-17年3月12日 (1)    s-17年3月12日 (2)

駅から歩いて、桂川に出てきた。  歩いた道は、愛宕山への参詣道。

右遠くに渡月橋。

s-17年3月12日 (3)    s-17年3月12日 (4)

鯉を釣っているのか。 それともバスか。     右は凧揚げ。  外人さん。  

s-17年3月12日 (5)    s-17年3月12日 (6)

しばらく堤防の道を歩いたら、森が見えた。   きっとあれだろうと、行く。

s-17年3月12日 (7)

途中人に聞いて着いた。

s-17年3月12日 (34)

随身門。  咲いてる。

s-17年3月12日 (8)    s-17年3月12日 (9)

お酒の神を祀っているのか、酒樽がある。

  ※ 余談  自分は旅をやめたら、どぶろく作りに専念する。
        違反だって云われたって、見つからないようにやる。
        あんな美味しいものは無い。
           
梅を見るのは無料ではなかった。  550円。  何回もは来れない。
右は拝殿。 ※ 八坂神社では舞殿と。 平野神社では、拝殿。

s-17年3月12日 (10)    s-17年3月12日 (11)

本殿は中に。   拝所で拝む。

s-17年3月12日 (12)    s-17年3月12日 (13)

ここを入ったら、神苑。  神の庭。  

s-17年3月12日 (14)

池が広がっている。  白い梅の花は、大きい。

s-17年3月12日 (15)    s-17年3月12日 (16)

夏になったら、ショウブが咲きますね。

s-17年3月12日 (17)

枝垂れ梅。

s-17年3月12日 (18)

右の黄色いのは、梅ではない。  なんだったかな。

s-17年3月12日 (19)    s-17年3月12日 (20)

神苑は広い。   ここまでは池の周辺。

s-17年3月12日 (27)    s-17年3月12日 (21)

桜は、ここだけ咲いてた。  花と葉が一緒に。

s-17年3月12日 (22)    s-17年3月12日 (23)

ショウブの池ですね。   中国からの人。

s-17年3月12日 (24)

梅の枝が、激しく曲がっている。

s-17年3月12日 (25)    s-17年3月12日 (26)

梅に竹。  柔らかな色。

s-17年3月12日 (28)    s-17年3月12日 (29)

本殿前に出てきた。

s-17年3月12日 (30)    s-17年3月12日 (31)

拝所から中を。

s-17年3月12日 (32)    s-17年3月12日 (33)

この後、嵐山を通って戻る。  松尾橋の上から見た桂川。

s-17年3月12日 (35)

近くに松尾大社。   自分は右に行く。
    
     渡月橋を渡って、緑豊かな松尾山麓を散策。~京都市~  月の夜汽車(岡林信康)  他  (2012/5/7)   

s-17年3月12日 (36)    s-17年3月12日 (37)

祇園枝垂桜とある。  円山公園のあの桜の、こどもですね。 この場所は、桂川の中州。

s-17年3月12日 (38)

渡月橋の反対側。  

s-17年3月12日 (39)

桂川と渡月橋。

s-17年3月12日 (40)    s-17年3月12日 (41)

今の嵐山の魅力ははっきりしない。  それでも人は多い。

s-17年3月12日 (42)    s-17年3月12日 (43)

梅目当ての見学は、今日でお終いです。

明日からは、早咲きの桜を追ってみます。

【停泊場所】     亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】  御所方面に行って来ます。  何ヶ所か。 情報集め。 

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  

スポンサードリンク

 
 
梅の最後に季節になっている。
あと2ヶ所見て、お終いに。

梅小路公園は、列車から何度も見ている。
梅と桜の季節には、行ったことが無い。

ネットの情報では、まだ咲いている。
行ってみることに。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

丹波口駅から歩く。 

s-ttt113.jpg  s-ttt2225.jpg

南に向かう。   線路沿いから1本東に。   角屋。  桶屋と呼ばれる料亭だった。

s-17年3月11日 (5)    s-17年3月11日 (6)

幕末の志士も、ここを利用したんですね。

久坂玄瑞(さかげんずい)は、禁門の変で御所にて討死。

s-17年3月11日 (7)    s-17年3月11日 (8)    s-17年3月11日 (9)    s-17年3月11日 (10)

七条通を渡って着いた。

s-17年3月11日 (11)

緑の館。  朱雀の庭がある。  有料なので歩かなかった。 外から見ただけ。

どうして朱雀の庭の名前なのかは、この時考えなかった。

s-17年3月11日 (15)    s-17年3月11日 (12)    s-17年3月11日 (13)

公園の中に翁施設が2つ。  鉄道博物館と水族館。  どっちも行ってない。(料金が高い)

s-17年3月11日 (16)    s-17年3月11日 (17)

中央は広い芝生。   京都水族館の左半分。

s-17年3月11日 (18)    s-17年3月11日 (50)

京都駅側に、梅林園はある。   そっちに向かっている。  

紅梅と白梅。   花は元気。   勢いがある。 

s-17年3月11日 (19)    s-17年3月11日 (20)

まだつぼみの木がある。  これだから、梅を楽しめる期間は長い。

s-17年3月11日 (21)    s-17年3月11日 (22)

水族館の全体。   2012年に出来た。

新しいわりに、人気は高くない。
つくった段階で、レベルは普通。   料金は2050円。

中国人の観光客に助けられているかな。  
雨で行く所が無くなったら、いつの日か行ってみます、

s-17年3月11日 (24)

梅林円。

s-17年3月11日 (23)    s-17年3月11日 (25)

白梅の木に紅梅の枝が。   珍しくは無いのかな。

s-17年3月11日 (28)    s-17年3月11日 (27)

4人家族がいた。 子供は、小学生の女の子と入学前の男の子。

女の子がお父さんからカメラを借りた。
桜の花を撮った。  ポーズが様になっていた。

お父さんは、ほめた。
男の子は直ぐに、ぼくも写真を撮りたいと言った。

s-17年3月11日 (29)       s-17年3月11日 (30)

線路沿いを歩く。  手前は山陰線。   何度通ったか。
その向こうは、東海道本線。   今通っている。  その向こうに、新幹線。

s-17年3月11日 (31)

列車が好きな人は、ここで見る。 暖かい日は、お弁当を食べながら。

s-17年3月11日 (32)    s-17年3月11日 (33)

オオサンショウウオ。   水族館で展示している。

京都府では、絶滅危惧種。
府内にいることはいるんだが、現在どこにいるかは、はっきりしないよう。(府のHPから)

s-17年3月11日 (34)    s-17年3月11日 (35)

京都鉄道博物館。 ここも行ったことが無い。  ここもいつかですね。

s-17年3月11日 (37)    s-17年3月11日 (38)    s-17年3月11日 (51)

七条通。   適当な小路を歩いて戻る。

s-17年3月11日 (39)    s-17年3月11日 (40)

輪違(わちがい)屋。    説明には置屋と。  高島屋とは関係ないけど、瓦に高島屋のマーク。

s-17年3月11日 (41)    s-17年3月11日 (43)    s-17年3月11日 (42)

ここに、島原歌舞練場があった。 記念碑。

  吉井勇の歌  「宝暦のむかしの夢は見は見つれ 夜半の投節聴くよしもなし」

    ※ 投節を聞いてみたが、YouTubeにはない。
    ※ この辺一帯は島原と云われる遊郭街だった。
      吉井勇は、そこを舞台にした、不夜庵物語を書いている。

s-17年3月11日 (44)    s-17年3月11日 (45)    s-17年3月11日 (46)

丹波口の駅のすぐ近く。  楊梅(ようばい)小路。  向こうが東。

ここの発掘で、初めて朱雀(すざく)大路の正確な場所が分かったと。
朱雀大路は、平安京の南北の中心の道。

だいたいのことは、元々分かっていた。

s-17年3月11日 (47)    s-17年3月11日 (48)

〇の場所。     ※ 地図は(株)まぼろし、からお借り。

s-17年3月11日 (1)mpp     s-17年3月11日 (4)ppp     s-17年3月11日 (3)pp 

大きな地図です。   全部読めます。

s-17年3月11日 (49)ppp

最初に朱雀の庭を見たけど、あそこも朱雀大路が通っていた場所ですね。

梅小路公園は、一度はと思っていて、やっと見学できました。
京都の町の小路は、適当に歩いていても、何かに出会いますね。

【停泊場所】    亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】  梅宮神社   写真は撮り終っています。 ただの神社ではありませんでした。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  

スポンサードリンク

 
 
東山で歩いて楽しいのは、三年坂。
人気のお寺は、清水寺。
歩いて疲れたら、円山公園で一休み。

他にも人気の場所はいっぱい。
今日は、花灯路見学の最終日。

東山の南部分を。
戻る時、思わぬ場所に出会った。
  (今日の写真は、昨日撮影しています)
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

〇の部分を歩く。

17年3月10日 (1)    s-17年3月10日 (58)

三年坂に入った。  最後に登って、清水道(きよみずみち)に。   行灯(あんどん)に絵が。

s-17年3月10日 (2)    s-17年3月10日 (3)

三年坂は、三寧坂(さんねい)坂とも。
808年(大同3)に、清水寺が創建されたから、この名前。

s-17年3月10日 (4)    s-17年3月10日 (5)

急な坂に。  写真や絵は、ここから見た風景が多い。

s-17年3月10日 (6)

広く一帯は、重伝建地区。  その中心地。  電信柱は、数年前に無くなった。
古い感じの土産物店が並ぶ。  京情緒と言っていいでしょうか。

着物が似合う坂道。

s-17年3月10日 (7)    s-17年3月10日 (9)

上から。  日本の坂道では、ここが一番好き。

   ※ 大きな坂道では、九州の国東(くにさき)半島の杵築(きつき)の坂道が好き。
       杵築は、坂道の城下町。 着物が似合い、子供たちが行き交う、酢屋の坂。 武家屋敷。~杵築市~ 他 (2017/1/31)

s-17年3月10日 (10)    s-17年3月10日 (11)

清水道にぶつかる。  右角に唐辛子(七味)の店。 ここが発祥。

s-17年3月10日 (12)

清水道に。  紅葉の季節、この道は人であふれ、進まなくなる。

s-17年3月10日 (13)

眞福寺。  いけばなの左奥にお堂。  高田の松原の流木でつくった。  鎮魂の像ですね。
明日は3月11日。 あの日から6年になる。

   陸前高田市の今の様子と、復興計画。  奇跡の一本松の保存。~陸前高田市~ 他 (2013/10/1)     

s-17年3月10日 (15)    s-17年3月10日 (14)

大きな店が多い。 清水焼の地。  清水寺が見えてきた。

s-17年3月10日 (17)    s-17年3月10日 (18)

紅い山門と塔が、闇夜に浮かぶ。

s-17年3月10日 (19)    s-17年3月10日 (20)   s-17年3月10日 (21)

紅梅と白梅。  いいですね。

s-17年3月10日 (23)    s-17年3月10日 (22)

清水寺は、京の都と呼ばれる以前から歴史がある。
ユネスコの世界遺産。  清水の舞台で知られる。

s-17年3月10日 (24)

清水道の終点。   遠くに京都タワー。 そばに駅。

s-17年3月10日 (25)    s-17年3月10日 (26)

清水寺は高い所に。 どこからでも京都の町並みが。

s-17年3月10日 (27)

清水寺は年末に、今年の漢字を発表する。
平和を願っているとの印象が持たれる寺。

三重塔も山門(仁王門)も、建物のほとんどが重要文化財。 本堂は国宝。

s-17年3月10日 (28)    17年3月10日 (29)ppp

遠くに子安塔(こやすのとう)。   近くで見たらこう。  境内図。 (以前の記事から)
下には音羽の滝。   右は本堂の中。

舞台から見ている。

s-17年3月10日 (30)    s-17年3月10日 (31)

阿弥陀堂。  工事が続いていたので、久しぶりに見る。  小さな舞台が。

s-17年3月10日 (33)

向こうが阿弥陀堂。  右写真は、阿弥陀堂の後ろ。   地蔵堂がある。

s-17年3月10日 (34)    s-17年3月10日 (36)

阿弥陀堂前から。  右の舞台も工事中。   工事前は、このように

s-17年3月10日 (35)    s-17年3月10日 (37)

戻る時に、子安塔。

s-17年3月10日 (38)

左下に音羽の滝。  長い柄の柄杓(ひしゃくで)水を飲む。  このように

s-17年3月10日 (39)    s-17年3月10日 (40)

ずっと歩いて、舌切茶屋。  変わった名前。
   ※ 余談  真田丸に出ていた近藤正臣は、この茶屋の話の主人公の曾孫。 詳しくは右に。pppppggpp.jpg

s-17年3月10日 (41)    s-17年3月10日 (42)

出口に近づいて。

s-17年3月10日 (43)

池に映る木々。

s-17年3月10日 (44)    s-17年3月10日 (45)

寺の下では、女の子たちが踊っていた。

s-17年3月10日 (46)    s-17年3月10日 (47)

最後にもう一度見て。

s-17年3月10日 (48)

茶碗坂に向かう。 人が少なかった。 清水焼の店が並ぶ。

s-17年3月10日 (49)    s-17年3月10日 (50)

別の道に移って、松原通かな。  下って、東大路通に。

s-17年3月10日 (51)

最終日に歩いた道は、いつものように賑やかでした。
桜咲く前の寒い日でしたが、京都の魅力はありました。

闇に浮かぶものは、いつ見ても美しいですね。
暗闇が引き立てている。

【その他】 バス通りの東大路通から、ここに入った。
      ある神社だが、崇徳天皇が祭神の1つ。

s-17年3月10日 (52)    s-17年3月10日 (53)

こんな所に来た。  初めて通る道。

s-17年3月10日 (54)

崇徳天皇廟(すとくてんのうびょう)。  場所はここ。ccccvccc.jpg
崇徳天皇の墓は、香川県の坂出市にある。  ここには、髪の毛が埋葬されているという。

天皇の墓のほとんどは、京都市にある。 それで、造ったのでしょうか。
崇徳天皇の怨霊を鎮める意味もあったのか。

保元の乱で負けた悲運の天皇。
   西行法師の道を歩いて、崇徳天皇白峯の陵へ。  81番札所、白峯寺。~坂出市~  他  (2012/12/26)

s-17年3月10日 (56)    s-17年3月10日 (55)

適当に歩いて、祇園の花見小路通に出た。

s-17年3月10日 (57)

この後、京都駅に出て、電車で亀岡に。

【今日の歌】   タッチ     <タッチ>31年ぶりに上杉達也が登場 “幻”の甲子園決勝シーン描く。(ネットニュース)



【停泊場所】    亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】    梅小路公園と梅宮大社

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  

スポンサードリンク

 
 
今日は、花灯路の2日目。
雨が降らず、少し温かかったので多くの人が出ていた。

ライトアップされた八坂の塔は、美しかった。
また、ねねの道では、狐の嫁入りを見た。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

京都一番の観光地、東山。

s-17年3月9日 (1)

右地図の真ん中辺りを。
s-17年3月9日 (2)    s-17年3月9日 (4)

八坂神社から入った。

s-17年3月9日 (8)

本殿前の舞殿で、奉納舞踊が行われていた。 本殿の反対側から。 こっちを向いた時に撮影。

s-17年3月9日 (10)    s-17年3月9日 (9)

南楼門を出て、少し行って曲がって、突き当りにねねの道。

s-17年3月9日 (11)

塔のような建物は、祇園閣。  昨日は、これを見て終った。 反対側(自分の後ろ)に行く。

s-17年3月9日 (12)

ねねの道。   左に高台寺。  右に圓(えん)徳院。

s-17年3月9日 (13)    s-17年3月9日 (14)

圓徳院。  豊臣秀吉の正室・北政所( 高台院・ねね)が晩年の19年間、ここで過ごした。

  ※ ねねは、徳川といい関係をつくることで動き、願っていた。
    家康は知っていたから、彼女の面倒を見た。 それで今が。

   高台寺と圓徳院、春の夜間特別拝観。  寺照らす、生命(いのち)万華鏡。~京都市~ 他 (2014/4/28)

s-17年3月9日 (15)

祇園側に、石塀小路。

s-17年3月9日 (16)

小料理屋さんがある。 祇園の奥座敷とも。

s-17年3月9日 (17)    s-17年3月9日 (18)

ねねの道を来た。  狐の嫁入り。 面をかぶった人は、応募して決まる。
       ※ 狐火と呼ばれるものも。 嫁入りと関わりがある。 ふしぎな話し。

    元旦の東山。  高台寺大般若祈祷会。  狐の嫁入り、抽選会。~京都市~  他  (2014/1/1)

    武士の落書きがある、平等寺薬師堂。 将軍杉。 狐の嫁入り屋敷。~阿賀町~ 他 (2016/9/14)

s-17年3月9日 (20)    s-17年3月9日 (19)

高台寺に向かう。

s-17年3月9日 (21)

一年坂。  向こうから来たのかな。
  
途中に倒れてる若い男の人がいて、人が集まっていた。 救急車を呼ぼうとしていた。
誰かが、事件なんだから警察にも連絡をと。

  ※ 京都の観光地は、基本的に安全。 でも、今の時代どんな人間がいるか分からない。

一年坂は短い。 出口に、トトロの店。

s-17年3月9日 (22)    s-17年3月9日 (23)

二年坂に入った。 三年坂、清水道とお店が並ぶ。

s-17年3月9日 (24)

ハローキティのお店。  赤いリボンが可愛い猫。

s-17年3月9日 (25)

退屈しないお店が多い。

s-17年3月9日 (26)     s-17年3月9日 (27)

こうですからね。  めちゃくちゃ。  似てる。

s-17年3月9日 (28)

このお店は、竹久夢二が住んでいた家の跡に、建てられた。 

s-17年3月9日 (29)

京都ナビの説明はこう。

    東山区桝屋町、二年坂の中ほど。大正時代の代表的な画家・詩人竹久夢二が、
    京都で 下宿したのは1917年(大正6)2月。
    
    部屋は2階の2間。  愛情問題のもつれから東京を 逃れてのこと。
    2ヵ月後、北の高台寺南門前へ移り、愛人彦乃と生活した。

竹久夢二はこんな人。
    夢二生家・少年山荘(夢二郷土美術館 分館)  宵待草 ~瀬戸内市~  他  (2011/12/8)

s-17年3月9日 (30)    s-17年3月9日 (31)

二年坂を上がって来た。

   ※ 余談  二年坂から三年坂一帯は、重伝建地区の第1号。
         昭和51年のこと。(全国で7地区。 祇園白川・角館・妻籠・など)

s-17年3月9日 (32)

三年坂に入って、上に行かないで下に来た。  八坂道。  八坂の塔。  ライトアップ。

s-17年3月9日 (33)

カメラマンがいっぱいいた。

s-17年3月9日 (34)    s-17年3月9日 (35)    s-17年3月9日 (36)

1440年の建物。 重要文化財。

法観寺の五重塔だけど、寺の本堂とかは無い。 塔そのものが法観寺。 
境内に入ったことは無い。   Wikipediaに中の写真が。YasakanoTouNaibuKaidan.jpg

s-17年3月9日 (37)    s-17年3月9日 (38)

昔はこうだった。houkannzillll.jpg 八坂の塔絵図。(日本経済新聞からお借り)

s-17年3月9日 (40)    s-17年3月9日 (39)

戻っている。

s-17年3月9日 (41)

少し行って左に行けば、二年坂。

s-17年3月9日 (42)    s-17年3月9日 (43)

今日は、八坂の塔までを見学。
明日は三年坂と清水寺です。

  ※ 毎日亀岡から出てくるのは大変なので、清水寺までの写真は撮り終っています。
    これから、そうしようかなと。

【その他】 最初に、電車を下りて下の地図辺りを歩いた。
      竹中半平太と吉村寅太郎が住んでいた場所があった。

s-17年3月9日 (3)    s-17年3月9日 (7)

半平太は、龍馬と同じ志だが、脱藩しないで土佐に残った。
あることがあって、土佐藩に殺される。

大きな人物だった。 明治政府に入ってほしいと思う人。  土佐にある半平太像。(記事はあるけど、文を書いてない)

  ※ 明治政府に入った者は、将来の日本より、私利私欲に長けていたものが多い。
    長い戦争の時代の基礎をつくってしまう。

吉村寅太郎は、天誅組で戦う。
この戦いの意義は、幕府の力が弱まっていると、世に知らしめた。

   天誅組終焉の地、鷲家口(わしかぐち)を訪ねて。  最後のニホンオオカミ。~東吉野村~  他  (2013/4/15) 

s-17年3月9日 (5)    s-17年3月9日 (6)

【今日の歌】  天地真理/若葉のささやき    

              ネットの記事に今の彼女の様子が載っていた。 ファンの寄付で生活が成り立っている。
              そうだとしても、昔はよかった。  多くの人が、彼女の歌に心を癒(いや)された。



【停泊場所】   亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】     三年坂 清水寺

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.   

スポンサードリンク

 
 
京都・東山・花灯路は、3月3日から12日まで。
桜咲く前の時期、観光客に楽しんでもらう。

場所は、東山の人気スポットの集まる一帯。

雪が降りそうに、気温は下がった。
万全の格好をして向かった。

闇夜の灯りは、美しい。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

今日は、右地図の上半分を見学。  上から。
s-17年3月8日 (2)ppp    s-17年3月8日 (1)

地下鉄の三条駅からここに。  近い。

青蓮院(しょうれんいん)のこっち隣。

s-17年3月8日 (3)

おおくすの庭。

s-17年3月8日 (4)    s-17年3月8日 (5)

そして青蓮院。  天台宗の寺。  クスノキの巨木。   夜の拝観をやっている。

  ※ 余談 青蓮院は皇室と係わりが深い。 膨大な文化財を所有していた。
         しかし戦後、何の事情か、青蓮院から離れた。

         参院での文教委員会で、問題になったことが。 
         はっきりしている他にも、散逸してる物があるのではと。

         寺の維持のために、寺の宝を手放すことは、普通しない。
         手放すということは、売ったという事。
         金がどう使われたかは、調べても分からない。

s-17年3月8日 (6)    s-17年3月8日 (7)

ここは、知恩院の北の端でしょうか。

s-17年3月8日 (8)    s-17年3月8日 (9)

若い人は、見学を楽しもうとする。  ピーマンなんかが下がって。

s-17年3月8日 (10)    s-17年3月8日 (11)

知恩院。  巨大な山門。  山門の上に行ける時がある

    知恩院のライトアップ。  三年坂→二年坂→石塀小路→ねねの道→知恩院。~京都市~  他  (2012/11/26)

s-17年3月8日 (13)    s-17年3月8日 (12)

円山公園に入った。  棒タラの料理。  平野屋。shop_img1.jpg (店のHPから)
棒タラは、醤油で煮たら美味しい。 昔よく食べた。 

s-17年3月8日 (14)

いけばなプロムナードと、名前が。        踊っているかのよう。

s-17年3月8日 (15)    s-17年3月8日 (16)

橋の上から。  円山公園は、桜が咲いたら、東山の中心地に

s-17年3月8日 (17)    s-17年3月8日 (18)

竹灯りだけど、少し前雨が降って、消えたのが多い。   それでも。

s-17年3月8日 (19)

こっちにも、いけばな風のが。

s-17年3月8日 (20)    s-17年3月8日 (21)

これは何だろうっては、考えなくてもいいんですね。   ふしぎな世界。

s-17年3月8日 (22)

離れた所から。   近くに、龍馬と中岡慎太郎の像がある。 

s-17年3月8日 (23)

自分はいつも思う。  妖怪の小径をつくればいいのにと。

向こうの道を左に行くと、高台寺方面。 この後、行く。

s-17年3月8日 (24)

夜店の所に、こんなの。 素人がつくった感じ。 見て楽しむ。

s-17年3月8日 (25)    s-17年3月8日 (26)

隣に八坂神社。

s-17年3月8日 (27)    s-17年3月8日 (28)

南に行く。

s-17年3月8日 (29)

山の上方面。  奥に、東大谷。

s-17年3月8日 (30)    s-17年3月8日 (31)

反対側。 伝統の灯り展。

s-17年3月8日 (32)

黄色のは、ハスの実だったか。

s-17年3月8日 (33)    s-17年3月8日 (34)

こんなのも。

s-17年3月8日 (35)    s-17年3月8日 (36)

ねねの道に続く。

s-17年3月8日 (37)

大雲院山門前。

s-17年3月8日 (41)    s-17年3月8日 (38)

大雲院祇園閣。 他の建物と違うので、目立つ。
  ※ この寺はいつも閉まってる。 全体の姿は見たことない。 特別公開があるよう。

設計は、伊東忠太。  
この人の建物は見たことが。 山形県高畑町にある亀岡文殊堂

平安神宮もこの人。  重要文化財の建物を含めて、多数設計。

少し行って、ねねの道。 そこからは、明日の予定。

s-17年3月8日 (39)    s-17年3月8日 (40)

三条駅に戻る。  八坂神社。

s-17年3月8日 (42)    s-17年3月8日 (43)

祇園。 長い夜が続く。

s-17年3月8日 (44)

知恩院新門。  奥に、さっき見た山門。

s-17年3月8日 (45)    s-17年3月8日 (46)

例年、京都にはもっと遅い時期に入る。
今回の花灯路は、初めて見ました。

寒い日も、あと数日のよう。

【今日の一句】 「 東山花灯路 闇夜の灯りに誘われて 」

【停泊場所】     亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】    京都・東山・花灯路の続き。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.   

スポンサードリンク

 
 
京都で一番の繁華街は、四条河原町。
新京極があり、祇園そして八坂神社へと続く。
桜はまだだけど、人はいっぱい。

重伝建地区であり、祇園発祥の地の、祇園白川にも。
今日は、寒い一日。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

右の、赤〇を歩いた。

s-17年3月7日 (1)    17年3月7日 (2)ppp

青〇に、観光客は集まる。 紫〇に高級料理店が。 にぎやか。

hghhygh.jpg

地下鉄の四条駅から歩いて、大丸に入って、出てきた。 四条通。 突き当りに八坂神社。

s-17年3月7日 (3)

少し歩いて、左に入ったら、新京極。

s-17年3月7日 (4)

新京極。  観光客が多い。

s-17年3月7日 (5)

少し行って左に、錦小路。 昨日歩いた。  鳥居が家の中に入ってる。  反対側(後ろ)に錦天満宮。

s-17年3月7日 (7)    s-17年3月7日 (6)

モンベルに寄って四条通に出てきた。   右に、高島屋。

少し行って信号で左に曲がった。

s-17年3月7日 (8)

河原町通。   300㍍ほど歩いて、ここに。   坂本龍馬が襲われた場所。
ここに昔、近江屋があった。

s-17年3月7日 (9)

龍馬は中岡慎太郎と2階にいて、襲われた。
龍馬は即死。  慎太郎は2日ほど生きていた。 

そのために、詳しいことが分かっている。
大政奉還の1ヶ月後のこと。 (大政奉還を見届けることは出来ていた)         龍馬と中岡慎太郎の墓(霊前護国寺)

s-17年3月7日 (10)    s-17年3月7日 (11)    s-17年3月7日 (12)

四条通に戻って、目の前に、四条大橋。  左に入ったら、先斗(ぽんと)町。

鴨川。  人はまだ少ない。   

s-17年3月7日 (13)    s-17年3月7日 (14)

橋を渡ったら、演奏していた。



少し歩いて、祇園新橋。   桜は咲いていない。  梅。

s-17年3月7日 (15)    s-17年3月7日 (16)

和ガラスの店があったので入った。 着物の布を2枚のガラスの間に、閉じ込めた。

s-17年3月7日 (17)    s-17年3月7日 (19)    s-17年3月7日 (18)

吉井勇の、かにかくに碑。
   「かにかくに  祇園はこひし寝(ぬ)るときも  枕のしたを水のながるる」 

  ※ 余談  吉井勇の父は、薩摩藩士の吉井友実。 龍馬と行動を共にすることが多かった。
          龍馬が襲われた近江屋は危険だと、龍馬に助言していた。

s-17年3月7日 (20)

祇園新橋の中心地。  鳥がいる。   桜咲いたらこう。(夜)

s-17年3月7日 (21)

アオサギとシラサギ。  逃げない。   シラサギは小さい。 寒いのか。

s-17年3月7日 (22)    s-17年3月7日 (23)

再び、四条通に。  そこから見た、祇園の花見小路。  観光客でいっぱい。
時々、舞妓さんに会える。

s-17年3月7日 (24)

八坂神社に。   見えてきた。   中国人で和服の人もいる。

s-17年3月7日 (25)

土日は、人で埋まる。 桜の頃は、身動きが取れない。 この神社の前に発展したのが、祇園ですね。

s-17年3月7日 (26)

四条通。  祇園の町並み。

s-17年3月7日 (27)    s-17年3月7日 (28)

南楼門の改修が間もなく終わる。   屋根の銅版が美しい。

s-17年3月7日 (29)    s-17年3月7日 (30)

ここでお参り。   吊燈篭も大きい。

s-17年3月7日 (31)

本殿の裏。  梅の花。

s-17年3月7日 (32)

ここは、初めて撮った。 水を顔につけると、美人になる。   美御前社。  うつくしごぜんしゃ。

  ※ 宗像大社の女神のことが。 九州の宗像大社のこと。  ここには、国宝が8万点。 沖ノ島から出た物。
       九州国立博物館で、特別展 宗像・沖ノ島と大和朝廷を見る。 国宝、初音の調度。 太宰府天満宮。~太宰府市~ 他 (2017/1/21) 

s-17年3月7日 (33)     s-17年3月7日 (35)    s-17年3月7日 (34)

円山公園に行こうかなとしたけど、寒いので戻ることに。
地下鉄の東山駅に向かった。

途中で見た、知恩院の門。  奥に、巨大な山門

  ※ 知恩院には、秀頼の妻だった千姫の墓がある。  彼女のが一番大きい。
    夏の陣で、助け出されていた。

     知恩院で千姫に。  ねねの道、二年坂、三年坂へ。  桜咲いて、春爛漫。~京都市~ 他 (2015/4/2)

s-17年3月7日 (36)

白川の上流。

s-17年3月7日 (37)

小路の商店街を通っていたら、これ。 ライトアップ。  夜に来なければならない。

s-17年3月7日 (38)

この後、東山駅から2条駅に。 JRで亀岡市に。

今日は、四条河原町周辺を歩いてみました。
桜が咲き始める前の京都でした。

【今日の一句】  「 早春の京都 まだ 寒さの中に 」

【今日の歌】    ゴンドラの唄      カバーです。   作詞は上で紹介した、吉井勇。



【停泊場所】     亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】    今日の続き、東山。   

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. 

スポンサードリンク

 
 
平野神社は桜の種類が多い。
3月末になったら、溢れるほどの人。

ネットの情報では、3月初旬から咲くという。
何が咲いているか、確かめなければとなった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

北野天満宮の、直ぐ近く。   嵐電の北野白梅町駅から歩いた。

s-17年3月6日 (1)    s-17年3月6日 (2)

人が少ないので不安。

s-17年3月6日 (3)    s-17年3月6日 (4)

枝垂桜などは、まだまだ。   当然だけど。

s-17年3月6日 (5)

平野神社のこの風景が好き。

正面の建物は拝殿。  拝殿の後ろに離れて本殿。
誰もが、拝殿でなく本殿でお参りする。  たまに、こういうのがある。

この拝殿は、東福門院という後水尾天皇の中宮が寄進。  
彼女は2代将軍秀忠の5女。 母は、江(ごう)。  こんな人。365px-Tokugawa_Masako_20170306230808121.jpg    彼女の念持仏。(美しい。光雲寺)

s-17年3月6日 (6)    s-17年3月6日 (7)

パワースポットなのか、人気の木。  4月に入ったらだけど。

    平野神社の桜には、多くの種類が。  ウコン、楊貴妃、平野妹背、御衣黄、白雲、他。~京都市~ 他 (2015/4/11)

s-17年3月6日 (8)

拝殿の右手前に、この桜。    ジュウガツザクラ。   これは、よく見る。

s-17年3月6日 (9)    s-17年3月6日 (47)

秋遅く咲いて、この時期にも咲く。

s-17年3月6日 (10)    s-17年3月6日 (44)

今まで見たジュウガツザクラと違う。   花の質がいい。
土の状態など、庭師が管理しているのか。   チャラチャラっとしたかんじ。

八重っぽいかな。   ※ ジュウガツザクラは、木によって違いがあるのか。  

s-17年3月6日 (45)    s-17年3月6日 (46)

タチバナ(橘)。   

s-17年3月6日 (11)    s-17年3月6日 (12)

左奥にも、ジュウガツザクラ。

s-17年3月6日 (14)

振り返って。   この後、門の外に。

s-17年3月6日 (15)

ロウバイですね。   桜ではない。

s-17年3月6日 (16)    s-17年3月6日 (17)

ロウバイは、蝋梅と書く。  蝋はロウソクの蝋。 

s-17年3月6日 (48)    s-17年3月6日 (49)

黒いのは初めて見る。  何だろう。

調べてみたら、種なんですね。  右のように。

s-17年3月6日 (50)    ppppkkkhjkk.jpg

これは、梅。 花が白いから、白梅。  何梅とか、名前は無いのか。

s-17年3月6日 (18)    s-17年3月6日 (19)

花の真ん中の、オシベなんかがもじゃもじゃって、多い。  梅の花の特徴。 花びらがまるい。

s-17年3月6日 (51)    s-17年3月6日 (52)

西側の門のそばに、ジュウガツザクラか。
違った。 寒桜とある。 どんな桜でしょう。

s-17年3月6日 (22)    s-17年3月6日 (21)

秋遅くからは咲かない。 ジュウガツザクラとは違う。
カンヒザクラとオオシマザクラとの、自然交配種だという。

あれ、カワヅザクラと同じ。
こういう事でした。

カワヅザクラは、寒桜の仲間。  1つ、勉強しました。

s-17年3月6日 (23)    s-17年3月6日 (24)

ジュウガツザクラと違いますね。   花びらが、細長いか。

s-17年3月6日 (25)    s-17年3月6日 (26)

ちょっぴ物足りなかったので、バスで河原町に。

寺町通。

s-17年3月6日 (27)

上写真の左に、本能寺。   亀山城から本能寺まで ~京都市~  他  (2011/11/29)

s-17年3月6日 (28)

左隣に、新京極。  そっちは観光客が多い。  寺町通はには、地元の人が行く店が多い。

s-17年3月6日 (30)    s-17年3月6日 (29)

秀吉が寺を集めた。    本能寺の変の時、本能寺も、もっと西にあった。

s-17年3月6日 (31)    s-17年3月6日 (32)

途中で右に曲がって、錦小路。  京都の台所。

日本海の幸は、小浜から鯖街道を通って京の都に運ばれた。
鯖街道の終点は、ここ。

   京の食文化を担った、鯖街道。  京極高次(お初)の小浜城跡。~小浜市~ 他 (2014/11/2)

s-17年3月6日 (33)    s-17年3月6日 (34)

食べ物なら何でも。

s-17年3月6日 (35)    s-17年3月6日 (36)

味見が出来るから、退屈しない。   今日、自分はしなかった。

s-17年3月6日 (37)    s-17年3月6日 (38)

手羽先を揚げたのは美味しい。 小骨が柔くなるまで、かじるのが好き。

  ※ 手羽元や手羽先は時々買ってくる。 塩コショウで焼く。

ヘシコも美味しい。   ぬか漬け。

s-17年3月6日 (40)    s-17年3月6日 (41)

旭川の姉の所に送るものを買った。(夏はいつも姉の家で食事。 旦那の好きなものをさがした。)

漬物は、左に見える大丸で買った。 すぐきと、何だったかな。 どっちも、塩だけで漬けたもの。

向こうから来た。 写真の右の方に、鍋島藩の屋敷跡。

  ※ 京都に藩屋敷があると、色んな物が手に入るなど、便利なことが。
    鍋島は鍋島化け猫騒動の鍋島。
  
s-17年3月6日 (43)    s-17年3月6日 (42)

桜の魅力的な所がなかったら、どこに行きましょう。
行ったことのない所に行くか。

山の中を歩いてもみたいし。

【今日の歌】   ジェイド・イン(Jade Yin)『仰げば尊し       遠い昔のこと。



【停泊場所】   亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】  桜は一休みして、東山に行ってみようかと。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. 

スポンサードリンク

 
 
今まで、京都の早咲きの桜を見過ごしていた。
それで、今年は早めに京都に入った。

今日はまず、車折神社。  くるまざき神社。
目当ては、カワヅザクラ(河津桜)とカンヒザクラ。 梅も。

いい天気になった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

JRの嵯峨嵐山駅から歩く。

s-17年3月4日 (1)    s-17年3月4日 (2)

歩き出したら、嵐電(らんでん)嵐山駅。
これに乗ったら、2つ目の駅が車折神社。  乗らないで歩く。

北野天満宮に行くこともできる。

s-17年3月4日 (7)

15分ほどで着いた。  南側に正面の鳥居。

s-17年3月4日 (8)  

境内に芸能神社もあるので、人が多い。
左に、カンヒザクラが見えている。

s-17年3月4日 (9)

カンヒザクラ。

s-17年3月4日 (10)

釣鐘のように、下に垂れ下がるのが特徴。

この花とオオシマザクラの自然交配種が、カワヅザクラ。
カワヅザクラの原木は、河津町にある。

s-17年3月4日 (11)    s-17年3月4日 (12)

車が折れて、この名前にとある。

  ※ 自分の感じる所だけど、木とかが折れる時、裂けるという感じもするかなと。
    だから、折れるは「さける」とも読めるのかなと。

  ※ 信州に穂高神社がある。
    その神社の祭神は、宇都志日金拆命(うつしひ かなさくの みこと)」。 

s-17年3月4日 (13)    s-17年3月4日 (14)

これが、カワヅザクラのよう。 境内地図とも場所が合うので、大丈夫かなと。

s-17年3月4日 (18)

満開ではないですね。

s-17年3月4日 (16)    s-17年3月4日 (17)

下は、Wikipediaのカワヅザクラ。   上も下も、花が多少ぶら下がっている感じ。
最初に見た、カンヒザクラに似てますね。

s-17年3月4日 (3)

これは、オオシマザクラ。  この花とカンヒザクラの自然交配種が、カワヅザクラ。

  ※ ソメイヨシノも、オオシマザクラから生まれている。

s-17年3月4日 (4)

下は、自分が以前撮ったもの。   
瀬戸内の安芸灘諸島の、県民の浜の近く。

s-17年3月4日 (5)    s-17年3月4日 (6)

末社がいくつも。   清少納言は、清原氏と関係あるんですね。

s-17年3月4日 (20)    s-17年3月4日 (19)

右奥に、本殿。  咲いてる。

s-17年3月4日 (21)

桜かなと思うけど、梅ですね。  花が枝にくっ付いてる感じ。  
満開になっても、木全体が花で埋め尽くされない。

s-17年3月4日 (22)    s-17年3月4日 (23)

違いは、したに。  花びらがまず違う。 桜は花が多い。  違いが分かりやすいですね。

s-17年3月4日 (35)

カワヅザクラは、他にもあるよう。 ただ、下は、枝に花がくっ付いてるように見える。  右は、?。

s-17年3月4日 (24)    s-17年3月4日 (25)

本殿側から、さっきの梅の花を。   他にも、末社。

s-17年3月4日 (26)    s-17年3月4日 (27)

車折神社の正式なお参り方法は、変わってる。 石に願いを書く。

s-17年3月4日 (28)    s-17年3月4日 (29)

北側の入り口。   裏の門。   後に、嵐電(らんでん)の車折駅。

s-17年3月4日 (31)    s-17年3月4日 (30)

歩いて戻って来た。  JR嵯峨嵐山駅。

s-17年3月4日 (32)    s-17年3月4日 (33)

京都駅に行った。  近くのたかばし本店で食べた。  京都に来たら必ず。
せっかく来たから並んだ。 20人ほど。  時間に関係なく並ぶ店は、他では見ない。

s-17年3月4日 (34)

車折神社には、2週間ほどしたら、再度寄ってみます。

早咲きの桜は、北野天満宮の近くの平野神社でも見られるよう。
北野天満宮は、梅ですね。

【今日の一句】 「 梅が終わるころ 桜は満開に  桜は梅に少し気をつかって 」

【道の駅】     ガレリア亀岡

【明日の予定】     北野天満宮の梅    見頃

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. 

スポンサードリンク

 
 
京都のヨドバシカメラには、メーカーからの人が来ている。
忙しくない時は、話すことができる。

ビックカメラにも行ったので、車折(くるまざき)神社に行く時間は、無くなった。
明日、河津桜を見に行く。
         ※ 咲き始めたと分かっている。
寅さんの車の中は、物でいっぱい。(ごみっぽいものも)
夕方、その片付け。

朝早く、近くで十月桜を見た。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

寅さんが朝ご飯を食べようという。  メールで。
     ※ 寅さんとはいつもメール。 話したことは無い。

すき屋で卵かけごはんを食べた。
朝の6時だから、自分は眠い。

下の印の場所が近い。  亀岡市の桜の名所。  満開は、3月の末。
冬桜が咲いているよと云うので、行ってみた。   自分の車で。

s-17年3月3日 (2)

全部桜の木。

   亀岡市出雲神社  徒然草236段  七谷川の桜 ~亀岡市~  他  (2013/4/5)

s-17年3月3日 (3)    s-17年3月3日 (4)

7時だから、まだ薄暗い。    十月桜が、何本か。

s-17年3月3日 (5)    s-17年3月3日 (6)

パラパラと咲いている。

s-17年3月3日 (7)    s-17年3月3日 (8)

こんな花。  昨年の秋に、瀬戸内の百島で見ている。  ※ 氷雨のとまりれんさんが住む島。

s-17年3月3日 (9)    s-17年3月3日 (10)

山の麓に、寺が多い。  洪水を避けるためでしょうか。

   丹波七福神めぐり。  なつかしい、田舎の道を歩きながら。~亀岡市~ 他 (2015/6/4)

s-17年3月3日 (11)    s-17年3月3日 (12)

自分は、京都に出た。  久しぶり。
フジフイルムから少し前に、新しいカメラが2つ出た。

情報をフジフイルムの人から直接聞きたい。
ヨドバシカメラが、カメラの展示は一番抱負。

s-17年3月3日 (1)kkkk 

フジフイルムから来てる人がいた。   平日なので忙しくない。
何が進化したのかを中心に、自分の知らないことは何でも質問。

結果、新しいのは買う必要が無いなという感触。
カメラは便利になっているけど、写真の質は変わっていない。

 ※ 新しく発売されたのは、X-100FとXーT2。

s-17年3月3日 (13)ppp 

京都駅。   今日はラーメンは食べない。  

s-17年3月3日 (14)    s-17年3月3日 (15)

京都駅は、南側が新しくなっている。   こっちは北側。

   夜の京都駅。  空中経路は地上45㍍。  京都タワー。~京都市~  広角のレンズ、他。  (2014/4/22)

s-17年3月3日 (18)    s-17年3月3日 (16)    s-17年3月3日 (17)

駅ビルにビックカメラ。  ここでは、パナソニックの人とお話し。

 ※ 初めて知った技術。 1枚の写真を撮る。  ピントは手前の木に合わさっていたとする。
   しかし、後の人にピントを合わせたのに変更できる。 どこにでも可能。
   写真を合成すると、全てにピントが合わさったのに。

レンズフードなど、少しだけ購入。

s-17年3月3日 (19)ppp     s-17年3月3日 (20)

寅さんが早く帰ってきてほしいみたい。   車折神社は明日に変更。

亀岡に戻って、王将の広い駐車場で、寅さんの車の中の片づけ。
具体的な様子は書けない。 重いものは、寅さんは持てない。

2時間ほどかけて、なんとかましになった。

寅さんがごちそうしてくれた。
朝食べて以来の夕食。  酢豚が好き。

   ※ 自分はあんかけが好き。 カレイのから揚げの甘酢あんかけは、大好き。

s-17年3月3日 (21)

酔いのさめた深夜の2時頃、停泊場所に移動。
寅さんは朝やって来た。

京都は寒い。 0度くらい。

寅さんの体調はそんなに良くない。
旅は、今年が最後かも知れない。
北海道の余市で暮らすことに。

【停泊場所】     亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】     車折神社

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. 

スポンサードリンク

 
 
ある人に頼まれて、鈴虫寺に行ってきた。
願い事をその人に代わってするのが、役割。

鈴虫寺は、願い事が叶うという事で、大人気。
自分は今日、雨だったこともあり、15分待ちで済んだ。
ゴールデンウィークは、3時間待ちだという。

住職さんのお話を30分、まず聞く。
そのあと、幸福お守りを買う。
そのお守りを手に持って、幸福(こうふく)地蔵さんにお願いする。

願い事は1つだけ。 一願成就。
お金が儲かりますように、というのはダメ。

幸福地蔵さんは、ワラジをはいている。
お願いした人の所に、願いを叶えに行くため。
     
だから、住所を伝える必要がある。
自分はその時分からなかったので、後で遠くから伝えますと言って、お願いした。

幸福お守りは、明日依頼があった人に送る。
その人が、お守りを手に、京都の方を向いて再度お願いする。
住所を詳しく伝える。

願いが叶ったら、本人がお礼に行くのがいい。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

鈴虫寺の下は、一度通ったことがある。

嵐山から歩いて。 (その時の写真。 ブログは、最後に)

s-16年10月3日 (1)    s-16年10月3日 (2)

今日は朝からの雨。

道を調べたら車で行けると分かって、車で向かった。

s-16年10月3日 (3)

右に駐車場。 500円。 空いてたので、車が大きいけど置かしてくれた。

真っ直ぐ行く。 石段まで3分ほど。

s-16年10月3日 (4)

京都は、ただ歩くだけで楽しい。 風情が。  橋が見える。

s-16年10月3日 (5)

左に華厳寺橋と。 鈴虫寺の正式名は、華厳寺。  

右に西芳寺橋と。 左の方に、西芳寺がある。 苔(こけ)寺で知られる。

s-16年10月3日 (6)

地図があった。 京都駅からは、電車の乗り換えが必要。

s-16年10月3日 (36)    s-16年10月3日 (35)

着きました。 右にはお店。 参拝者が多いと分かる。

s-16年10月3日 (7)    s-16年10月3日 (8)

鈴虫寺だから、鈴虫がいるのかなって誰もが思う。  雨は止まない。

s-16年10月3日 (9)    s-16年10月3日 (10)

並んでいる人が動かない。 変だなと思って和服の人に聞いた。
住職さんの30分のお話が終わったら、次の人達が入るという。 15分ほど待った。

左に幸福地蔵があるけど、並んでる人は誰もお参りしない。 不思議。  後で分かる。

s-16年10月3日 (11)

上杉鷹山の言葉ですね。(米沢藩の藩主。 江戸時代の中頃) 

後で、住職さんの話に出てきた。

s-16年10月3日 (12)

入ります。 (この写真とその下は、最後に撮った)

ぞろぞろと受付に向かった。

s-16年10月3日 (24)

手入れされた、素敵な庭。

s-16年10月3日 (25)

講堂は広く、100人は入れるだろうか。

下の感じで、話が始まる。 (写真は鈴虫寺のHPからお借り)

s-16年10月3日 (39)

話の流れは、練りに練ったもの。
これを聞くのを楽しみに来る人も多い。

鈴虫は、住職さんの前のガラスの箱の中にいる。
箱は、講堂の前にずらっと並んでいる。 左横にも少し。

5000匹。 鳴き声が、講堂内に響き渡る。 大きな鳴き声ではない。
静寂の中でのお話ではない。 それがいい。 雰囲気をつくる。

s-16年10月3日 (38)

話しを聞きながら、メモを取った。 それをいくつか。

話しの基本は、人間の生き方。
ここに来た人は、生き方に影響を受ける。
そのことが、願いを叶えることを、下から支える。
そう感じた。

 ① 幸福地蔵はワラジをはいている。
   願いを叶えるために、歩いて行くため。
   だから、詳しい住所をお地蔵さんに伝えることが必要ですよと。

   メールアドレスはいらないとも。(こんなことを言ってなごませる)
   郵便番号はいりますかと、質問すればよかった。

 ② 一方的な片思いをお願いしてもダメ。
   嵐の翔くんを恋人にしたいとか。

 ② 宝くじが当たりますようにもダメ。

 ③ ここのお寺は、臨済宗。
   臨済とは今が全ての意味。 今をどう生きるかを問う。

   病気を経験した人は、今の健康の有難さが分かる。
   失敗を経験した人は、今の成功の有難さを深く感じる。

 ④ 頑張りすぎるのはダメ。 周りが見えなくなる。

 ⑤ 人生には理不尽なこと山ほど。 
   だからって下ばかり向かない。 上を向いて歩く。
   一番大事なのは表情。  笑顔。

 ⑥ イチローが3000本安打で、涙を流した。
   あの涙は、それを多くの人が喜んでくれたことへの、涙。

 ⑦ オリンピックでの日本人のメダリスのインタビューへの答える内容がいい。
   誰もが、家族やコーチなどに感謝の言葉を述べる。
   日本人のいい所。 おかげ様の心。

上のことなどを、参拝者の心に浸みるように話す。
上から目線で押し付けられるように話されたら、自分はカチンとくる。
心は、受け付けない。

30分はあっという間。
テレビの漫才より、ずっと面白かった。
なるほどねって、思いながら。

終わって、これからお守りを買う。
家内安全だとかのお札も売っている。(これはメインではない)

s-16年10月3日 (14)

お話を聞く時、お茶とお菓子が出た。 少しやわらかい落雁(らくがん)の感じ。

そして、幸福お守り。 300円。  (後で撮った)

 ※ 自分は、幸福お守りを3つ買った。 
   今日は、3人分のお参り。 1つのお守りで1つだけのお願い。

 ※ 今回依頼があった人には、明日送る。
   お菓子は箱に入ったのがあって、それも一緒に。

 ※ 他の2つは、は〇ちゃんの家のと自分。 
   自分は放浪だから、お地蔵さん困る。 追っかけて来るのかな。

s-16年10月3日 (37)

庭を散策。

s-16年10月3日 (15)    s-16年10月3日 (13)

色んな竹があると、HPには。   右は、振り返って。

s-16年10月3日 (16)    s-16年10月3日 (17)

広くは無いけど、いい。

s-16年10月3日 (18)

雨が、汚れをみんな流した。

s-16年10月3日 (19)

参拝者で賑わってるお寺の庭は、完璧。  どこもそう。 金閣寺だって天龍寺だって。

      夕陽に輝(ひか)る金閣寺 ~京都市北区~   他  (2010/11/23)

      天龍寺の紅葉。  曹源池庭園は、紅葉の庭。~京都、嵐山~  他  (2013/11/18)

s-16年10月3日 (21)    s-16年10月3日 (20)

行けないけど、道が。

s-16年10月3日 (22)

山門の所で並んでいる。 門の外に、幸福地蔵さま。

s-16年10月3日 (23)

人が少ないせいか、1人1人順にお願いする。  お願いしてる人が小さく見える。

自分は最後。

s-16年10月3日 (26)

お守りを3つ持って、順にお願いした。 住所は後で遠くからと。

お願いの後、撮影。

s-16年10月3日 (27)

願い事が叶うという事では、京都でトップクラス。 大人気。 遠くからも人は来る。

s-16年10月3日 (28)

ワラジを履いて、あなたの家までとある。   願い事は1つだけと。

s-16年10月3日 (29)    s-16年10月3日 (30)

右手に錫杖。  左手に宝珠。

お地蔵さまは、ちゃんと話を聞く。  そのために耳が大きい。

s-16年10月3日 (31)

お地蔵さんは、普通は裸足。   うすくワラジが見える。  おだやかな表情。

s-16年10月3日 (32)    s-16年10月3日 (33)

無事に終わって、戻ります。

s-16年10月3日 (34)

お守りの中には、幸福地蔵の化身のお地蔵さまのお姿が入っている。

という事は、念持仏の役割も果たせる。
日々、お礼を言ったり、話しかけてもいい。

何かをお願いするという事は、そうなりたいと自分の心に誓うことでも。
その人を、高めてくれる。

幸福地蔵には、そのことだけでも、力がある。

【今日の一句】 「 願いが叶ったら お礼にワラジをプレゼント 」  あっちこっちに行くから。

        「 雨の鈴虫寺 心も洗われて 」 
            
【関連ブログ】  渡月橋を渡って、緑豊かな松尾山麓を散策。~京都市~  月の夜汽車(岡林信康)  他  (2012/5/7)

【今日の動画】   鈴虫寺の魅力  (作成は鈴虫寺)



【停泊場所】   亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】  久度山に行きたいけど遠い。 迷う。 カメラは、木曜日に大阪に取りに。
         今日のブログを早く終わらせないと、無理。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.

スポンサードリンク

 
 
昼間は、京都府の南端にある木津市に行って来た。
息子の所です。 は〇ちゃんの顔を見に。

京都市内の見学予定だったんですが、昨晩寝不足で、頭がボー。
亀岡市に戻って、コスモス園を見ることに。

コスモスは秋を感じさせてくれます。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

亀岡市が京都観光の拠点。 明智光秀の亀山城跡がある。

s-16年10月2日 (1)    s-16年10月2日 (2)

左のセブンイレブンの向かいに、いつも停泊。 時々、道の駅にも。

s-16年10月2日 (3)

満開は、これからのよう。 下は、HPからお借り。

cosmos_top.jpg
コスモスには、どんな夢があるのでしょう。

花言葉は、少女の純真・真心。

s-16年10月2日 (29)    s-16年10月2日 (30)

入園料は、10月から600円。 平日は500円。

トンネルを抜けて。

s-16年10月2日 (31) 

コスモス以外の花も。

s-16年10月2日 (4)

園内のあちこちに、カカシがある。 楽しい。

s-16年10月2日 (5)

保津川下り。 乗ったことない。 亀岡から嵐山まで。

s-16年10月2日 (32)

クマムシ。 

若い2人連れが、クマムシは面白いよねとか言っていた。
何のことか分からない。

調べたら、お笑いコンビ。

  ※ クマムシという生物は、何も食べないで100年以上生きたという記録が。
    自分は見たことあるのかな。

s-16年10月2日 (6)

※ クマムシ 『シャンプー』    初めて見ました。



縁が濃い。  右は、八重。

s-16年10月2日 (8)    s-16年10月2日 (7)

コスモスは、キク科の花なんですね。

普通は秋に咲くけど、夏にも少しは見る。

s-16年10月2日 (9)

黄色いコスモス。 黄色のコスモスは、元々は無かった。
1998年に、下のが発表された。

イエローキャンパス。

実は写真を撮ったけど、失敗。 名前の写真もボケた。

花の写真は、Wikipediaからお借り。  青いバラのような存在でしょうか。

s-kosumosu45 (1)    s-kosumosu45 (2)

誰かな。  

s-16年10月2日 (10)

一度撮っている。

s-16年10月2日 (11)

真っ白な八重。 どんな色でも、真ん中は黄色。 それで、いいのかな。

s-16年10月2日 (12)

一休みの場所。

s-16年10月2日 (13)

誰かは、確かめなかった。 テレビはたまにしか見ない。

s-16年10月2日 (14)

これは分かる。   鶴瓶。

s-16年10月2日 (15)

一目コスモスには見えない。   小さなダリアみたい。 新品種。

s-16年10月2日 (16)    s-16年10月2日 (17)

この形が、普通に見るコスモス。  道端に咲いている。

s-16年10月2日 (18)

ヒガンバナの季節。 京都に行くとき、馬掘で車窓から田んぼのあぜ道に見える。

葉っぱがないのが不思議。

s-16年10月2日 (19)

魚は鯉しか見つけられなかった。

s-16年10月2日 (20)

これから満開に。

s-16年10月2日 (21)

この人も。  

s-16年10月2日 (22)

コスモスの新品種開発は、華やかさを求めているのでしょうか。

s-16年10月2日 (23)    s-16年10月2日 (24)

花びらが筒状。 コスモスの風車。

s-16年10月2日 (25)

この人は、マナスルに登頂している。 エベレストは、雪崩で引き返した。  筋肉隆々。

s-16年10月2日 (26)

向こうは、タモリ。  トトロの木が、東北にありましたね。

   300年前に植林した、大美輪の大杉。  小杉の大杉は、トトロの木。  トトロパン。~金山町・鮭川村~ 他 (2015/10/10)

s-16年10月2日 (27)

コスモスには宇宙の意味が。 だから、ロケットの名前にも。

s-16年10月2日 (28)

こんな花も。

s-kosumosu45 (3)

今日は、花をのんびりと見ました。

コスモスの花には、風が吹いても倒れない強さを感じます。
「一つの花」に登場します。
          コスモス  (2008年8月14日)

【今日の一句】 「 コスモス ヒガンバナ 秋ふかくなっていく 」

【今日の歌】   「コスモスの記憶」Music Video



【停泊場所】    亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】  カメラが直っていたら大阪に。 直ってなかったら、木曜日に大阪。 どっちでも、大坂城を。
         月曜日大阪に行かなかったら、鈴虫寺に。 ある人のリクエスト。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.

スポンサードリンク

 
 
真田信繁は戦乱で多くの者の命を奪った。
あの世では地獄にと思っている。

もし極楽に行けるなら、仏にすがるしかない。
身近に置いて願ったのが、念持仏。

元々は、久度山の真田庵にあった。
2つあったうちの1つが、今、京都市内の高松神明神社にある。

それを見に行ってきた。

※ その前に、LX100のカメラを修理に出した。
  大阪駅前にある、パナソニックセンターに。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

地下鉄で烏丸御池まで行って、歩く。  からすまおいけ。

s-16年10月1日 (1)    s-16年10月1日 (2)

姉小路通にある。

s-16年10月1日 (3)

大阪駅前で、変わったバレーをしていた。  それなりの大会のよう。

s-16年10月1日 (4)    s-16年10月1日 (5)

亀岡から大阪までは安売りの切符があって、往復1580円だったかな。

大阪駅。 巨大駅。  京都駅とは違って、あちこち写真を撮る雰囲気ではない。

s-16年10月1日 (6)

京都に戻って。

交差点の左右の道が姉小路通。

向こうが北なので左に行かなければ。 地下鉄から出てきて、向こうは南と思った。
間違って、右に行く。  

s-16年10月1日 (7)

姉小路通。 よく見る写真があった。 

秋田美人で、何度か紹介している。
木村伊兵衛という写真家の作品。  20世紀に活躍した人。

以前調べていたけど、記事に書いたことは無い。

美人さんの写真では、こんなのも。 img_1mmnkkk.jpg

s-16年10月1日 (8)    s-16年10月1日 (9)

歩いても神社は見つからない。  地図は持ってない。

困ったなと思っていたら、たまたま息子から電話が来た。
方向が反対だと、教えてくれた。

戻って、ここに。

s-16年10月1日 (10)

高松神明社。    たかまつしんめいしゃ。

s-16年10月1日 (11)

信繁の念持仏があることは、この神社の社伝だけでなく、一般的に認められている。

真田丸で、この表示。  知恵が授かるとある。

※ 説明について。

   ここには、高松殿と呼ばれる人の住居があった。

   平安時代の末期に起きた保元の乱では、後白河天皇の本拠地となっている。
   平清盛や源義朝らが、崇徳上皇の白河北殿へ攻め込む。
   白河北殿は、ここより鴨川の方。

   崇徳上皇は負けて、讃岐に流される。

    西行法師の道を歩いて、崇徳天皇白峯の陵へ。  81番札所、白峯寺。~坂出市~  他  (2012/12/26)

s-16年10月1日 (12)    s-16年10月1日 (13)

正面は高松神明神社の本殿。  小さいけど。

本殿の左に、右を向いて祠がある。

s-16年10月1日 (14)

この中に、信繁の念持仏である神明地蔵尊が。

s-16年10月1日 (15)

ここは元々は寺だった。  だから地蔵尊があってもおかしくない。

何度も火災に遭って、規模が小さく。 神仏分離で、神社だけに。

s-16年10月1日 (16)

久度山の真田庵から、どういう経緯でここに来たかの、詳しい説明は無い。

信繁(幸村)を一番恐れたのは、家康。
そのことが、篤い信仰につながったとある。

台座の石を触って、その手で子供の頭をなでると、知恵が授かるとある。

s-16年10月1日 (17)    s-16年10月1日 (18)

石の地蔵尊ですね。 錫杖と宝珠を持って。 向かって右の足は、下に伸ばして。

信繁は、この地蔵尊に向かって何を語ったのでしょう。

上田に戻ることも願ったかも。 父の昌幸もお願いしたかも知れない。

s-16年10月1日 (19)    s-16年10月1日 (20)

自分も、石に触った。

s-16年10月1日 (21)    s-16年10月1日 (22)

念持仏を持つというのは、珍しくは無かったんですね。

上杉謙信は、毘沙門天像。
山本勘助は、不動明王像。

秀忠に嫁いだ江(ごう)の4女の東福門院は、後水尾天皇に嫁ぐ。   ごみずのお。
政略結婚でもあったので、幸せな日々とは言えなかった。
彼女の念持仏は、聖観音像。 毎日語りかけた。  飛びぬけて美しい。  

   光雲寺 聖観音像は、やはり美しかった。  哲学の道、永観堂の紅葉、他。~京都市~ 他 (2014/11/25)

  ※ 余談 上にある後水尾天皇の水尾は、水尾に墓がある清和天皇のこと。
       尊敬していたために、後水尾天皇の名前に。 同じ形で、後の付く天皇は多い。

       清和天皇については、ここに

このような記事になっている。 

s-16年10月1日 (23)

豊国神社には、昨日行きました。

   真田丸の紀行で紹介された新日吉神宮。 方広寺の鐘。 豊国神社。~京都市~ 他 (2016/9/30)

s-16年10月1日 (24)

京都駅に戻る。 京都タワー。

s-16年10月1日 (27)

駅舎に映っていた。

s-16年10月1日 (26)

悩みを打ち明けられるのは、念持仏だけ。

あの世のことより、父の昌幸と上田に戻れることを、一番に願ったでしょうね。

 ※ 余談 念持仏は厨子(ずし)のようなものに入れておく。
      これがのちに、仏壇として広まった。

【今日の一句】 「 真田丸で あちこちが 一気に観光地 」

【その他】 昨日今日と、色々用事。
      最近、物をなくす。
      登山の時の水を飲むホースの吸い口。
      カメラのレンズの清掃用具。
      傘。(阿寒のセブンイレブンに)

      上の3つを買った。 どれも、1600円くらい。 あ~あ。

【今日の歌】    三浦文彰 / 真田丸ミュージッククリップ



【停泊場所】    亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】   京都市内のどこか。  私用が1つある。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.

スポンサードリンク

 
 
真田丸の紀行で、新日吉神宮が紹介された。   いまひえじんぐう。 

行ったことは無い。

s-16年9月30日 (37)

境内に小さな神社がある。  それが秀吉と結び付けて、人気があるという。

s-16年9月30日 (35)

歩いて行けそう。   

16年9月30日 (38)
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

東山に。

s-16年9月30日 (1)    s-16年9月30日 (2)

智積院の裏にある。  方広寺は、上の方に。   近くにはいろいろある。

s-16年9月30日 (3)kkk 

歩くつもりでいた。
駅前でバス停のそばを通ったら、ちょうどそっち行きのが出るところだった。

混んでない。 ひょいと、乗ってしまった。  ※ バスは混むから、普段は使わない。

三十三間堂前で降りた。   反対側に、博物館。

s-16年9月30日 (5)

龍馬展がある。 

徳川と関わりのある寺社は、まず知恩院ですね。 千姫の墓もある。

   知恩院で千姫に。  ねねの道、二年坂、三年坂へ。  桜咲いて、春爛漫。~京都市~ 他 (2015/4/2)

あとは、南禅寺に。 養源院には、血天井。 光雲寺もかな。
二条城を忘れたらダメですね。

   二条城は、徳川家の居城。  ここで大政奉還。  京都御所、九条邸遺構の拾翠亭(茶室)。~京都市~ 他 (2014/11/14)

s-16年9月30日 (4)

7条通りの突き当りに、智積(ちしゃく)院。  大変な苦労の歴史を持った智山派の総本山。

    智山派の総本山、智積院。  長谷川等伯の障壁画(国宝)。 名勝庭園。  中興の祖は覚鑁(かくばん)。~京都市~ 他 (2015/11/19)

s-16年9月30日 (6)

新日吉神宮は、智積院の左を上がる。   説明があった。

新日吉神宮の日吉(ひえ)は、比叡山の「ひえ」ですね。

後白河法皇が、最初に。
平家の時代ですね。 三十三間堂など、この一帯は平家の遺構も多いのかな。

s-16年9月30日 (7)    s-16年9月30日 (8)

5分ほど歩いたら、ここに。

s-16年9月30日 (9)

拝殿。  奥に、本殿。

s-16年9月30日 (10)

拝殿から本殿を。   拝殿にも本殿にも、さい銭箱はある。

s-16年9月30日 (12)    s-16年9月30日 (13)

本殿。 変わった形。   秀吉に関係する神社は、右奥に。

s-16年9月30日 (14)

狛犬の場所に、猿。 猿はこの神社の神の使い。

s-16年9月30日 (15)    s-16年9月30日 (16)

ここが、樹下社。   このもとのやしろ。 

  ※ 樹下が木の下なので、秀吉(木下藤吉郎)と関係あるようになった。

s-16年9月30日 (20)

説明。  読めないけど、祭神は秀吉とある。  豊国神社でも。

s-16年9月30日 (17)

この後、豊国神社に行く。 ここから向こうに、移ったと考えていいのかな。

s-16年9月30日 (18)    s-16年9月30日 (19)

来た道を下って。

s-16年9月30日 (21)

この一帯は広く、鳥辺野。  焼かないでそのまま放っておいたら、風葬。  烏が食べて。

京都の反対側にもあった。   化野(あだしの)

  嵐山を歩く。(渡月橋→法輪寺→亀山公園→鳥居本→化野念仏寺→清涼寺)~京都市~  他  (2012/11/24)

s-16年9月30日 (22)

適当な裏道から行ったら、ここに来た。

秀吉、秀頼が、大仏殿をつくろうとした場所。

  ※ 豊国神社も方広寺も、右にある。

s-16年9月30日 (23)

方広寺の鐘。

s-16年9月30日 (24)

この鐘が、家康の怒りを。

s-16年9月30日 (25)

国家安康、君臣豊楽とある。  家と康の字が離れていると、難癖をつけた。

 ※ 離れているぞ~って徳川家に教えたのは、南禅寺の僧。

s-16年9月30日 (26)    s-16年9月30日 (27)

ここにも真田丸。

s-16年9月30日 (28)

豊国神社。  豪華な唐門。  国宝。  元々は、伏見城にあったよう。 あっちこっちに行ってからここに。

s-16年9月30日 (29)

秀吉を祀っている。   明治に入って、今の形に。  ここは大仏殿の敷地内とある。

s-16年9月30日 (30)

奥に本殿があるけど、行けない。

s-16年9月30日 (31)

左に、今見た神社。   大きな石垣。  ただ、石は薄いかな。

s-16年9月30日 (32)

帰りは歩いた。

s-16年9月30日 (33)

小魚が、登ろうと飛び跳ねる。   それをシラサギがつかまえる。

s-16年9月30日 (34)


【今日の一句】 「 秀吉の遺構は 明治を待って 花開く 」

【今日の歌】      白い花   山崎ハコ



心の花   曲は同じ。      詞は五木寛之。



【停泊場所】   亀岡市運動公園駐車場。

【明日の予定】   午後から大阪に。  時間が少ないので、どこにしよう。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 京都
2017年03月31日 (金)
平野神社のサキガケが開花。 京都の花見がスタート。 嵐山の天竜寺にも多くの人。~京都市~ 他 (2017/3/30)
2017年03月30日 (木)
今後の旅のコース。  亀岡 ⇒一宮 ⇒ 清水 ⇒ 高遠 ⇒ 須坂。~亀岡市~ 雪崩事故。 (2017/3/29)
2017年03月29日 (水)
亀岡市の停泊場所近くを歩く。 幽霊を描いた応挙の修業した寺、他。 明後日京都を離れる。~亀岡市~ 他 (2017/3/29)
2017年03月28日 (火)
文子(あやこ)天満宮は、天神信仰の発祥?  車折神社の桜、その後。~京都市~ 雪崩事故 (2017/3/27)
2017年03月27日 (月)
東本願寺は京都駅から直ぐの所に。 御影堂は巨大な木造建築。 尾神岳殉難。~京都市~ 他 (2017/3/26)
2017年03月26日 (日)
渉成園の修善寺寒桜は、今が満開。 ボケの花。 これから咲く梅の花も。~京都市~ 他 (2017/3/25)
2017年03月24日 (金)
国宝・重要文化財の社殿が立ち並ぶ、下鴨神社。 鴨長明に関わりのある、河合神社。~京都市~ 他 (2017/3/23)
2017年03月23日 (木)
長徳寺のオカメザクラはほぼ満開。 創り出したの英国のイングラム。 カンヒザクラも満開。~京都市~ 他 (2016/3/22)
2017年03月22日 (水)
河原町を歩く。 寺町通。 新京極。 誠心院。(今日は式部の命日?) 本能寺。~京都市~ 他 (2017/3/21)
2017年03月21日 (火)
南丹市美山町から、国道162で京都へ。 京北、北山を通って。  京北の周山の家並み。~京都市~ 他 (2017/3/20)
2017年03月20日 (月)
亀岡市から南丹市美山町までの風景。 由良川。 かやぶきの里・北村。~南丹市・京丹波町~ 他 (2017/3/19) 
2017年03月19日 (日)
東福寺駅から京都国立博物館まで歩く。 瀧尾神社は大丸によって・・。 後白河天皇陵。~京都市~ 他 (2017/3/18)
2017年03月18日 (土)
清凉寺の見学。 河津桜が咲いていた。 国宝中の国宝、木造釈迦如来立像を所有する寺。~京都市~ 他 (2017/3/17)
2017年03月16日 (木)
嵐山の嵯峨野を歩く。 竹林一帯から野宮神社に人は集中。 小倉山の麓で小倉餡が。~京都市~ 他 (2017/3/16)
2017年03月16日 (木)
雨で動けず。 朝には雪が降って、春はまだまだ遠いなと。 車で散歩。~亀岡市~ 他 (2017/3/15)
2017年03月15日 (水)
淀水路の河津桜は今が見頃。 約200本、桜の名所に。 淀城跡公園。~京都市~ 他 (2917/3/14)
2017年03月14日 (火)
御所の桜はまだまだ先。 京都迎賓館を外から見る。 長徳寺のオカメザクラは咲き始め。~京都市~ 他 (2017/3/13) 
2017年03月13日 (月)
梅宮神社の梅が満開。 神苑には四季折々の植物が。 渡月橋を渡って戻る。~京都市~ 他 (2016/3/12)
2017年03月12日 (日)
梅小路公園の梅林。 朱雀の庭。 途中に料亭角屋。 朱雀通り近くを歩いていた。~京都市~ 他 (2017/3/11)
2017年03月10日 (金)
京都・東山・花灯路。 三年坂。 清水道。 八坂神社、他。~京都市~ 崇徳天皇御廟 (2017/3/10)
2017年03月10日 (金)
京都・東山・花灯路。 ねねの道。 石塀小路。 狐の嫁入り。 2年坂。 八坂の塔。~京都市~ 他 (2017/3/9) 
2017年03月09日 (木)
京都・東山・花灯路。 青蓮院、知恩院周辺。 円山公園、竹灯り・いけばな展。 他。~京都~ 他 (2017/3/8)
2017年03月07日 (火)
四条河原町周辺から八坂神社まで歩く。 新京極、四条大橋、祇園新橋、他。~京都市~ 他 (2017/3/7)
2017年03月06日 (月)
平野神社の桜は、まだ早かった。 ジュウガツザクラ。 寒桜、他。  寺町。 錦小路。~京都市~ 他 (2017/3/6)
2017年03月05日 (日)
車折神社の早咲きの桜。 河津桜。 カンヒザクラ。 枝垂れ梅。 桜と梅の花の違い。~京都~ 他 (2017/3/4)
2017年03月04日 (土)
七谷川で十月桜を。 京都でカメラの勉強。 寅さんの車の中の片づけ。~亀岡市・京都市~ 他 (2017/3/3)
2016年10月03日 (月)
鈴虫寺の幸福地蔵は、願い事を1つだけ叶えてくれる。 鈴虫の声の中で住職さんのお話し。~京都市~ 他 (2016/10/3)  
2016年10月03日 (月)
亀岡市で、「夢コスモス園」を見る。 創作かかしコンテスト。~亀岡市~ 他 (2016/10/2)
2016年10月02日 (日)
信繁の念持仏が伝わる高松神明神社。 神明地蔵尊は久度山の真田庵からここに。~京都市~ 他 (2016/10/1)
2016年10月01日 (土)
真田丸の紀行で紹介された新日吉神宮。 方広寺の鐘。 豊国神社。~京都市~ 他 (2016/9/30)
次 >>
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。