FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

幕末、長州藩は倒幕に燃える。
そんな長州藩にしたのは、高杉晋作だった。
  ・  ・  ・  ・  ・
大きな役割を果たしたけど若くして死んだ。
それが、歴史に登場するのが少ない理由か。

数日前、近くを通っていた。
小雨だったので見学を止めていた。

東行庵(とうぎょうあん)の見学を提案したのは、タカリンさん。
ありがたい。  ※ 写真は29日に撮影。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

交通の便はいい。

s-19年11月30日 (1)    s-19年11月30日 (2)

無料の広い駐車場。

s-19年11月30日 (3)

看板の向こうに、小さな寺。 民家のように。 東行庵。
高杉晋作に関係する人の墓がいっぱい。

新しいのもあって、増えている。

s-19年11月30日 (4)    s-19年11月30日 (5)

落ちてるのも多いけど、まだ見ごろ。

s-19年11月30日 (6)    s-19年11月30日 (7)

坂を上がって。 晋作は騎兵隊を作ったと。(幕府軍と戦うための)
長州藩の考えは、1つのまとまっていなかった。

それを倒幕に向けての1つにしたのは、高杉晋作。
彼がいなかったら、龍馬の活躍場所は生まれなかったかも。

結核で27才と8ヶ月の命。

s-19年11月30日 (8)    s-19年11月30日 (9)

ここが墓。  灯篭は木戸孝允たちが贈った。

s-19年11月30日 (10)

騎兵隊の隊員とか、関係する人たちの墓。
   ※ 新しいのも。 親族からお願いされるのか。(?)

現在地の下に、晋作の愛人おうの(梅処尼)の墓が。(写真は撮ってない)
彼女が墓守のために、山県有朋からいただいた建物を寺にした。 東行庵。

s-19年11月30日 (11)    s-19年11月30日 (12)

まだまだある。

s-19年11月30日 (13)    s-19年11月30日 (14)

この墓は昭和48年に。 今後も増えるのか。

s-19年11月30日 (15)    s-19年11月30日 (16)

石段を上がって観音像。  
東行庵は曹洞宗で、長府にある功山寺の末寺。  ※ 騎兵隊は功山寺で挙兵。

s-19年11月30日 (17)    s-19年11月30日 (18)

晋作の顕彰碑。

s-19年11月30日 (19)    s-19年11月30日 (20)

またここに来た。

s-19年11月30日 (21)

山形有朋像。  彼は晋作の志を継ぐ。   東行庵のことも。

s-19年11月30日 (22)    s-19年11月30日 (23)

愛人おうの(梅処尼)。  ※ 梅処尼~ばいしょに。  初代住職。

gggytu66.jpg

晋作の像はみんな同じ表情。
彼は大柄でない。 刀を引きずるように歩いていたと云う者も。

他に人がいたら座って写真。

s-19年11月30日 (24)    s-19年11月30日 (25)

再びこの木。  東行楓だった。

s-19年11月30日 (26)    s-19年11月30日 (27)

東行庵。

s-19年11月30日 (28)

ここにも晋作の像。  この人が書いていた。 晋の字は、晋作からだった。

s-19年11月30日 (29)    s-19年11月30日 (31)

記念館があった。 中の写真は撮れない。
ピストルのことを忘れていた。

これがなかったら、龍馬は寺田屋で手の怪我だけでは済まなかった。

s-19年11月30日 (30)    s-19年11月30日 (32)    s-19年11月30日 (33)

関門橋を通って戻った。

s-19年11月30日 (34)

自分の車で1時間ほど、タカリンさんにマッサージの仕方を教えてもらった。
自分もしてもらって、タカリンさんに自分がして。

高杉晋作のことを、少しだけ学べました。

【停泊場所】    下関めかり公園駐車場。

【明日の予定】    15日前には鹿児島県の長島に入る必要があるかなと。
             連絡とってそうなりました。  タイヤの注文など。 年末は混み入って来る。
             通ったことの少ない道を通って行きたい。
             まず明日は、行橋市を通って・・。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.             

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



タカリンさんが長府に行こうと言う。
自分は昨日見学できなかったので、うれしい。
  ・  ・  ・  ・  ・
タカリンさんの仕事には夜勤がある。
それで、日中自由に動ける日が。

まず長府庭園。  広い駐車場があると知った。
長府は見所が多いので、今後使う。

今日の記事は、今日撮った写真の半分を紹介。
お昼のアサリ汁が美味しかった。  昨日今日とぜいたく。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

印の後、歴史美術館。

s-19年11月29日 (2)    s-19年11月29日 (1)

タカリンさんの車で。  関門橋。   高速の橋。

s-19年11月29日 (3)

関門海峡。 目の前は、壇ノ浦。

s-19年11月29日 (4)    s-19年11月29日 (5)

長府庭園。  毛利氏の家臣の家と庭。   
   ※ 将軍でなくても殿様でなくても、贅沢できる。 命がけで戦うけど。

中では物を売っていた。 素人っぽいお店。

s-19年11月29日 (6)    s-19年11月29日 (7)

庭の散策。  ちょうどいい季節。 
  
  ※ 北海道の山から始まった紅葉が、ここまでやって来た。 
     今年の紅葉前線は、黒岳から動き始めた。 滅多にないほどの天候に恵まれて。 遠くに雌阿寒岳。~上川町~ 他 (2017/9/22)

s-19年11月29日 (8)    s-19年11月29日 (9)

茶室があって、池があって。 

s-19年11月29日 (10)    s-19年11月29日 (11)

今とばかりに。 ここぞとばかりに。  紅葉は秋に彩りをもたらしてくれる。

s-19年11月29日 (12)    s-19年11月29日 (13)

鯉が跳ねた。

s-19年11月29日 (14)    s-19年11月29日 (15)

ガラスは古いのだった。 中からの景色は揺れるように。

s-19年11月29日 (16)    s-19年11月29日 (17)

移動して、歴史博物館。

s-19年11月29日 (31)

龍馬関係が。 土佐から脱藩したとき、目指した地は下関だった。 関りが深い。
   龍馬は、檮原を出発し、その日、韮ヶ峠を越え脱藩する ~檮原町~   他  (2011/2/21)

s-19年11月29日 (18)

初めて出会う。 田上菊舎。   江戸時代女一人旅は可能だったんでしょうか。
  ※ 全くの美人でなかったからで来たんでないかという人がいる。 はっきりしたことは分からない。

s-19年11月29日 (19)    s-19年11月29日 (20)

放浪の俳人ではないから、それなりに目的地があって旅をしてたんですね。
         ※ 自分は放浪の俳人になれたらうれしい。 放浪の廃人なら・・。

s-19年11月29日 (34)    pp

秀次が活躍した時代があった。 秀頼が生まれて一変した。
   悲運の駒姫、あと20秒早く・・・。 瑞泉寺、豊臣秀次他供養塔。 側室達30余名が三条河原で打ち首。~京都市~ 他 (2019/2/7)

s-19年11月29日 (21)    s-19年11月29日 (22)

大内氏が滅びて毛利氏の時代に。
毛利氏は中国地方広く支配していた。

関ヶ原では西軍に。 戦わないで見ていただけ。
負けたけど、何とか首をはねられないで済んだ。

その代わり領地は、周防と長門の2か国。 そこが長州藩。
幕末、長州藩は倒幕に燃えた。 恨みを晴らすように。

s-19年11月29日 (23)

壇ノ浦。  平家滅亡の地。

s-19年11月29日 (24)

下のは見ていた人がいるのでしょうか。
〇の中が安徳天皇。  左が、二位の尼か。

安徳天皇の母は徳子(建礼門院)。
建礼門院の母が、二位の尼(時子)。  安徳天皇のおばあちゃん。

建礼門院はどこにいるのか。 安徳天皇の右か。  海から引き上げられて助かる。
       寂光院  夜の東山    他  (2009/11/28)

s-19年11月29日 (25)    s-19年11月29日 (26)

昭和15年の地図。   鉄道と国道のトンネルの予定地が。
鉄道の開通は昭和17年。 国道の開通は、昭和33年。  計画通りになりましたね。

s-19年11月29日 (27)    s-19年11月29日 (28)

維新の像か。  龍馬とお龍と三吉慎蔵。

   ※ 寺田屋で龍馬は襲われた。 手に怪我。 その時一緒に高かったのが、慎蔵。
     龍馬を船のある所に隠して、慎蔵は薩摩藩に助けを求めた。 命の恩人。


s-19年11月29日 (30)    s-19年11月29日 (29)

すぐ近くに、功山寺。 
   城下町長府を歩く。  龍馬を助けた三吉慎蔵は、長府藩の人だった。  国宝功山寺仏殿。~下関市~ 他 (2015/3/13)

s-19年11月29日 (32)

大きなお店で、これを食べた。  タカリンさんが連れて行ってくれた。
貝汁が売り。

駐車場には、大型トラックがいっぱい。 温泉もあった。

s-19年11月29日 (33)

龍馬は、どこでも大事にされている。
長府は、見所が多いです。

【停泊場所】    下関市めかり公園駐車場。

【明日の予定】    高杉晋作関係を。   写真は撮ってあります。  
             天気がいいので、完成した門司港駅を見に行こうかなと。
             ついでに電車に乗って小倉に行きたい。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。