FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

葦毛(いもう)湿原は、標高300㍍程の赤岩山の麓にある。
それでも、花の百名山と言っていいのかな・・・。  ※ 葦は植物のアシですね。
  ・  ・  ・  ・  ・  ・
Wikipedia では、新・花の百名山にもなっているとあるけど、間違い。
田中澄江は、新・花の百名山を選ぶときには外した。

山そのものではないけど、魅力が大きかった。
それで田中澄江は、特別に花の百名山に入れたんですね。
    ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

住宅街のすぐ近く

s-ttt2223.jpg    s-19年4月18日 (1)

駐車場から少し歩いて、湿原への道。   自然歩道はどこまでも続く。

s-19年4月18日 (3)    s-19年4月18日 (4)

5分ほど歩けば、湿原の入り口。

s-19年4月18日 (29)

湿原見学スタートの季節。   楽しそうなポスターだ。

s-19年4月18日 (5)    s-19年4月18日 (6)

湿原の左の方に。  真っ直ぐ行ったら、ミカワバイケイソウがあると案内。

   ※ ミカワバイケイソウはコバイケイソウの変種。
     葉が細く花が小さいそう。  見た感じ、一目華奢な感じがする。 (コバイケイソウ 早池峰山) 

s-19年4月18日 (9)    s-19年4月18日 (10)

バイケイソウの下の方に、この場所。   水田だったのか。
広く湿原全体の復元に取り組んでいる。

s-19年4月18日 (8)    s-19年4月18日 (7)

中に入っている。  全体が緩い斜面。
湿原は普通、寒冷地に多く、下は泥炭の所が多い。

ここの湿原は、下は固い岩で、その上に薄く土がある。
あちこちからの湧水がそこを流れている。

変わった湿原。

s-19年4月18日 (11)

ハルリンドウはどこにでもあった。
   ※ 高い山や北海道に、ハルリンドウの変種がある。 タテヤマリンドウと呼んで。(似てるから見分けずらい)

s-19年4月18日 (12)    s-19年4月18日 (13)

水が少ない所は、湿原に見えない。
右は木が生えたので、木をはがした。  元に戻そうとしている。

大事な湿原と考えていますね。(豊橋市は)

s-19年4月18日 (17)

モウセンゴケだけど、トウカイコモウセンゴケ。 冬でも赤いのが特徴の1つのよう。
ここの植物は、他とかけ離れて育ってきたので、ちょっと違うんですね。

ねばねばした液を出して虫を捕まえる。  周りの手も閉じて。

s-19年4月18日 (14)    s-19年4月18日 (15)

ヤマツツジでしょうか。 5月になったら満開か。

s-19年4月18日 (16)

ショウジョウバカマだ。  小さい。  植物は全体に小さい。  栄養分が足りないのか。

s-19年4月18日 (18)    s-19年4月18日 (19)

戻ってきて、地図の右の方に。  水たまりが。

s-19年4月18日 (20)

黒い所は全部オタマジャクシ。

s-19年4月18日 (21)    s-19年4月18日 (22)

出発点に戻って、中央の道に来た。  右の白い花は、忘れた。 どこにでもある。

s-19年4月18日 (24)m

カナヘビだ。 普通のトカゲに比べたらめんこい。 しっぽが長い。

s-19年4月18日 (25)    s-19年4月18日 (26)

ハルリンドウの大群落。  リンドウは気品があって好き。

s-19年4月18日 (27)    s-19年4月18日 (28)

地図の右下。  写真撮ってる人がいる。

s-19年4月18日 (30)m    s-19年4月18日 (23)

葦毛(いもう)湿原は小さな湿原でした。
地元の人は、年に何度も来れますね。 その時々の花を楽しんで。

人間が環境を壊している時代。
葦毛湿原のように、植物や虫のために、人が手を貸すのもいいことでしょうね。

    ※ 余談  駐車場を出ようとしたらエアコンの調子がおかしい。 6年前に一度修理。
       気をとられていたら、岩谷観音に寄るの忘れた。 次の機会に。

【記事紹介】   湿原の紹介です。

   尾瀬ヶ原は春の花がいっぱい。 タテヤマリンドウ、ミズバショウ他。 27㌔歩いて疲れた。 歩荷さん。~片品村~ 他 (2018/5/27)
   奥裾花自然園は鬼無里の山奥に。 ミズバショウの大きな群落。 クロサンショウウオの卵。 戸隠西岳連峰。~長野市~ 他 (2018/5/17)

   戦場ヶ原を湯滝まで歩く。 水がほとばしり落ちる湯滝。 日光白根山は雲の中に。~日光市~ 他 (2017/10/14)
   須川温泉は栗駒山の麓に。 白濁の大露天風呂。 シラタマノキ湿原。 消える赤滝。 須川湖は火口湖。~東成瀬村~ 他 (2017/6/17) 

   鳥海マリモは巨大過ぎる。 獅子ヶ鼻湿原の湧水の中に。 怨霊の奇形ブナの森を通って。~にかほ市~ 他 (2017/6/12)
   浮島湿原の浮島は、どのように出来たのか。 周辺の詳しい地図。~上川町~ 他 (2016/8/8)

   乙女の滝の名前の由来は?  板室温泉を歩く。 健康の湯グリーングリーン。~那須町~ 他 (2016/5/18)
   沼ッ原湿原の春。  ハルリンドウ。  クロサンショウウオとアズマヒキガエルの卵。~那須塩原市~ 他 (2016/5/12)

   ミツガシワの咲き乱れる、矢ノ原湿原。  ツチガエルが鳴き、トンボが飛ぶ。  源兵衛清水。~昭和村~ 他 (2016/5/8)
   八島ヶ原湿原は、花が咲き乱れて。  レンゲツツジ、アヤメ、グンナイフウロ、他。  あざみの歌の舞台。~下諏訪町~ 他 (2015/6/25) 

   姫川源流自然探勝園。  親海(およみ)湿原。  ミツガシワが満開。  レンゲツツジ、他。~白馬村~ 他 (2015/5/23)
   沼の原湿原は、大雪連峰の奥深くに。  目の前に、トムラウシ。~上川町~  他  (2014/8/28)

   花咲く雲井ヶ原湿原は、愛山渓温泉の、奥にあった。  オショロコマ釣り。~上川町~  他  (2014/7/3)
   霧の中の雄国沼。  レンゲツツジは、今が盛りと。  ニッコウキスゲは、咲き始め。~喜多方市~ 他 (2014/6/13)

   秘境、浮島湿原。  浮島が動いた。~滝上町・上川町~ 上渚滑へ 他 (2013/8/22)
   暗闇に、エメラルドグリーンのヒカリゴケが浮かび上がった。~標津町ポー川史跡自然公園~  他  (2012/7/18)

   尾瀬沼を一周する ~福島県の最奥、桧枝岐村~  他  (2011/7/16)

【今日の一曲】    Jennifer Lopez - Ain't It Funny (Alt Version)       ジェニファー・ロペス。

                    ※ アメリカの人気歌手であり女優。   以前別バージョンのを紹介したことが



【道の駅】    潮見坂

【明日の予定】    御前埼灯台
  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



昨日2日分見学できなかった。 痛かった。
今日は雨で歩きまわれない。
  ・  ・  ・  ・  ・
近くに、二川本陣資料館。  ※ ふたつがわ。
そこに行くことに。

せっかくだから、1つ勉強。
旅はどんな風に始まったのか、ってことを。

江戸時代の旅を覗(のぞ)いてみることに。
    ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

豊橋市の中心街から離れて。

s-19年4月17日 (2)    s-19年4月17日 (1)

広い駐車場。 見学料は400円。

s-19年4月17日 (31)    s-19年4月17日 (3)

本陣と旅籠(はたご)屋は、元々ここにあって修理復元した。
右隣に資料館。

s-19年4月17日 (30)    s-19年4月17日 (29)

資料館から見学。  旅の様子。 荷物は多くない。
菅笠(すげがさ)は小さな傘のよう。

草履の予備はどうする。 今の時代、一番恵まれてるのは靴かな。

s-19年4月17日 (5)

江戸時代に入って、街道が整備された。  参勤交代も影響したのか。
このために、旅がしやすくなった。

二川宿は、江戸から33番目。  ※ 京都の三条大橋が終点でしたね。

s-19年4月17日 (4)ppp    s-19年4月17日 (6)ppp

旅が盛んになったのは、江戸時代の中頃とあります。
誰でもが出来たのでしょうか。

自分が思っているより、江戸時代の庶民の生活は悪くないのかな。
飢饉のときは別として。  庶民の中に農民は入っているのか。

s-19年4月17日 (9)    s-19年4月17日 (10)

自由には旅ができない。 これがいる。
江戸を守るためですね。

発行は地域の役人や寺。
寺というのが面白い。  お寺も秩序の維持に関わっていた、ということか。

右の関所は近い。

s-19年4月17日 (7)    s-19年4月17日 (8)

街道は参勤交代に使われた。 大きな宿場町の本陣に泊まって。
藩にとって大変な出費。  

s-19年4月17日 (11)

旅の持ち物。

s-19年4月17日 (12)

最後自分を守るのは自分。 刀は持っていい。
筆と墨は見えないな。 持ってたはず。  写真撮れないから、書いたり描いたり。

s-19年4月17日 (13)    s-19年4月17日 (14)

矢立が筆記用具ですね。   初めから野宿は考えていないよう。
弁当は、旅籠(はたご)で作ってもらう。

江戸から京都まで行くと2週間。  贅沢な旅。
費用がかかりそう。  

弁当を食べるのは楽しい。  作るのも楽しい。
自分は昔から弁当を作るのは好き。 

  ※ 明日は花の百名山なんだが、弁当持ったら笑われるほど低い山。(失言でなく湿原)

s-19年4月17日 (16)    s-19年4月17日 (15)

昔の旅も今の旅も、同じ。   自分の旅に、名物や買い物は少ない。
他に、伊勢へのお参りの楽しみもありましたね。  善光寺もか。

s-19年4月17日 (18)    s-19年4月17日 (17)

今も売ってるんだろうか。  通るので、売ってたら買ってみましょうか。

s-19年4月17日 (19)     s-19年4月17日 (20)

二川周辺の見所。  岩谷観音に、明日行きますよ。

s-19年4月17日 (21)

街道は、荷物の行き来もあったんですね。

s-19年4月17日 (23)    s-19年4月17日 (24)

旅籠屋に来ました。  入口。   まず足を洗う。 (悪いことしてなくても)

s-19年4月17日 (25)

自分より贅沢な食事。   玄米ですね。   弁当を作ってもらって。 朝食だろうか。

s-19年4月17日 (26)    s-19年4月17日 (27)

本陣のあるところ。   何度も通った道ばかり。

s-19年4月17日 (22)ppp

本陣の中。  こどもの日に向けて、飾りつけ。

s-19年4月17日 (28)

私の旅は、4月から11年目に入っている。
毎日がワクワクする旅をしたい。

どこを変えればいいのか。

【記事紹介】

   奈良井宿は木曽路最大の宿場町。 漆器・曲げ物・お六櫛のお店。 マリア地蔵尊。 二百地蔵。~塩尻市~ 他 (2018/10/9)
   大内宿。  江戸時代の旅人気分で散策。  ネギで食べる、高遠そば。~下郷町~  他  (2014/6/11)

   妻籠宿から馬籠宿まで、歩く。  馬籠峠を越えて。~南木曽町・中津川市~  他  (2013/11/6)
   箱根宿のあった箱根と、元箱根を歩く。  芦ノ湖、杉並木、石畳の道、他。~箱根町~ 他 (2104/6/4)

   日坂宿は、東海道五十三次の25番目。 小夜の中山の西麓に。 事任八幡宮。 高札場、他。~掛川市~ 他 (2017/4/6)

【今日の一曲】    Platina Jazz - A Moonlight Serenade (from Sailor Moon)

                    ※ 何をやってるのか分からない。 人気は世界に。



【道の駅】    潮見坂

【明日の予定】     葦毛(いもう)湿原に。   花の百名山。  (高さは自慢できない)

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。